2008年07月13日

ホバートからの挨拶状 - The Steadfast Shepherd

The English translation follows the Japanese text.

タマス・ウェルズ症候群とでも言おうか。あの三晩連続ライヴからもう丸一週間も経つというのに、どうも他の音楽が聴けない。いや、聴いてはいるんだけど、なんだかうまく気持ちの中に入ってこなくて、ついタマスばかりを聴いてしまう日々が続いている。昨日・今日とこんなにいい天気なのに、新しい音楽を求めてCD屋に出かける気さえ起こらない。以前コメント欄で、同時にいろんな種類の音楽が聴けるなんてまるで異星人のよう、なんて言われたこともあるのに、これじゃすっかり地球人に戻ってしまったみたいだ。

リハビリのため、というわけでもないけれど、少なくとも今現在そんな状態の僕が無理なく聴けるこのCDのことを書いてみることにしよう。

The Open Sky.JPG The Steadfast Shepherd 『The Open Sky』

前回の記事を読んでくれた人には紹介は不要だろう。タマス・ウェルズ(・バンド)のドラマーであり、タマス・ウェルズの傑作セカンドアルバムやブロークン・フライトのデビューアルバムのプロデューサーでもあり、今回のタマス・ウェルズ(・トリオ)来日公演ではギターとコーラスを担当し、そして、そのほとんどの開催地で前座を務めた、ステッドファスト・シェパードことネイサン・コリンズの初EP。

より具体的には、ステッドファスト・シェパードとは、ネイサンと彼の妻であるフェアリー・コリンズのユニット。ジャケットには楽器クレジットがないので、どちらが何を担当しているのかはわからないが、いずれにせよそんなに沢山の種類の楽器が演奏されているわけではない。アコースティック・ギター、タンバリン、ハーモニカ、キーボード、といったところか。そして、ネイサンとフェアリーのヴォーカル。主にネイサンだけど。

CDのジャケは、ゲイトフォールド(見開き)と呼ぶのがためらわれてしまうような、手作り感満載の厚紙ジャケ。クレジットを見ると、今年の5月に友達の家などで録音されたばかりのようだ。

ところで、僕は数ヶ月前から彼らのマイスペースを訪れていたんだけど、ちょっと彼らのビジュアル的なイメージと音のイメージが掴みづらいところがあった。例えば、漫画っぽい羊のイラストに手書きのロゴというこの牧歌的なイメージが、彼らが2月に行ったコンサートの告知ポスター。

Feb Show Poster.jpg

そして、5月に行われたコンサートの告知ポスターはこうだ。一転して、中世風の装飾文字と馬の骨格というアーティスティックなイメージに変わる。

May Show Poster.jpg

それが、今回のEPは、上に載せたように、冬枯れの大木にシンプルなロゴという、アシッドフォークなのか、あるいはもしやゴス系なのかと思わされるデザイン。しかも、裏ジャケを見ると、一曲目のタイトルが、エクスクラメーションマーク付きの「Disaster!(災害!あるいは、大失敗!)」だ。一体どういう音を想像すればいいのか、知らない人は戸惑ってしまうことだろう。

では、早速聴いてみることにしよう。予想に反して、一曲目「Disaster!」は、ネイサンとフェアリーのリード・ヴォーカルが交互に出てくる、かなり牧歌的というか、レイドバックした曲。結局あの2月のポスターのイメージが彼らの本質だったのかと思ってしまうような。

しかし、二曲目以降へ聴き進むにつれて、次第に趣が変わってくる。あたかも、春の牧場から徐々に木枯らしが吹く枯野へと向かうように。

三曲目がこのEPのタイトルトラック「The Open Sky」。この曲は彼らのマイスペースでも聴いてダウンロードすることができるし、僕が観た両日のライヴでも必ず演奏されていた。

こちらもライヴで演奏された、四曲目「Recurring Dream」は1分ほどの小曲。よく聴くと、これは先に出てくる二曲目「Would You Tremble?」と同じメロディーを、より陰鬱にした感じ。歌詞を全部聴き取ったわけではないけれど、この短い6曲入りEPの中で、この二曲がちょっとしたプチ組曲を成しているようだ。

その短い四曲目をイントロのように使って、五曲目「Painting The Leaves Back On The Trees」が始まる。この曲もマイスペースにアップされていて、ジャケのイメージも含めて、僕はこれが(タイトル曲の「The Open Sky」は別として)このEPの核になる曲だと思っているんだけど、何故かこれはライヴでは演奏されなかった。一曲目のレイドバックした雰囲気と、それ以降の荒涼とした雰囲気がうまくミックスされた曲だと思うんだけどな。

最終曲「Thou Art My Son...」は、わずか3分の曲のうち1分強がイントロ、エンディングはふっと途切れるように終わるという、ちょっと異色な曲。低音のハーモニーが荘厳な雰囲気を醸し出している。二曲目のタイトルを思い出させる“How you tremble”なんて歌詞が出てくるあたり、ここでもまたプチ組曲風の仕掛けが。

マイスペースにずっとアップされていて、今回のライヴでもそれぞれオープニングとエンディングに演奏された「Sticks And Bones」も「Golden Point」も、このEPには収録されなかった。きっとそれらは、現在製作中だというフルアルバムに入ることになるんだろう。

それ以外にも、このEPには収録されていないが、今回のライヴで演奏された曲が(僕が聴いただけでも)通算で4曲あった。中でも、確か両日ともに三曲目で演奏された、ハーモニカを吹き、タンバリンを足で踏みながら歌った曲を僕は結構気に入ったので、おそらくそれが収録されることになるアルバムがとても楽しみだ。

それまでは、このEPを何度も聴いておくことにしよう。言っちゃ悪いが、決して「本年度ナンバーワン!」とかいった出来ではない。だけど、タマス・ウェルズの最初の二枚のEPや、ブロークン・フライトの『Ray Of Youth』も、彼らのその後のアルバムに比べると、少し物足りないあっさりした内容だったことから考えても、このEPはきっと、後にステッドファスト・シェパードのデビューアルバムが出たときにこそ、彼らのルーツとしてよりよく味わえるようになるんだと思う。

今回のタマス・ウェルズのコンサートに行けなくてこのCDが買えなかった人も、彼らのマイスペースを通じて10オーストラリアドル(+送料2ドル)で買えるよ。興味があれば是非どうぞ。

もともとタマスと同じくメルボルン出身の彼らだが、現在はタスマニアのホバートという街に移り住んでいるとのこと。タスマニア、どんなところなんだろうね。きっとこれからとても寒くなるオーストラリア最南端からの、短いけど気の利いた挨拶状を今日は紹介した。



Greetings from Hobart, Tas

Should I call it Tamas Wells syndrome? It's been a whole week since the three nights show, but I still can't listen to the other music. No, actually even if I hear the other music, they just don't reach my heart. And I stop them and play Tamas again. It's been sunny days this weekend, but I don't feel like going out to the CD shops to search for the new music. In the comment column I used to be called as an Alien since I could listen to various kind of music at the same time, but now I am an earthling.

Not exactly for the rehabilitation purpose, but let me try to write about this CD that I am able to listen to in my current mood.

The Open Sky.JPG The Steadfast Shepherd 『The Open Sky』

If you have already read my article last week, this CD doesn't need the introduction. The drummer from Tamas Wells (Band). The producer for the masterpiece second album of Tamas Wells and Broken Flight's debut album. The guitarist / backing vocalist for Tamas Wells (Trio). And the opening act for most of the Tamas Wells' shows in Japan this time. This is the debut EP from Nathan Collins a.k.a. The Steadfast Shepherd.

To be precise, The Steadfast Shepherd is a unit by Nathan and his wife Fairlie Collins. As there's no instrument credit on the CD cover, I only can guess which played what instruments. Anyway, there aren't so many of them - just acoustic guitars, tambourine, harmonica and keyboards. And of course the voices of Nathan and Fairlie. Mainly Nathan's though.

The CD is in the paper-sleeved gatefold cover. It looks like a real hand-made. According to the credit, this CD has only been recorded in May in some of their friends' houses.

By the way, since I started to visit their Myspace some months ago, I've been struggling to grasp their visual & musical images. For example, this is the poster for their concert in February. A pastoral image with the cartoonish sheep illustration and the hand-written logo.

Feb Show Poster.jpg

And this is the poster for their concert in May. Turns into an artistic image with the horse skeleton and the medieval calligraphy.

May Show Poster.jpg

And this time, the cover art of the EP is (as per the above photo) the withered big tree and the simple logo. You may wonder if this artist is an acid folk singer or maybe a goth. Not only that, the title of the first song on the back cover is Disaster with the exclamation mark. If you don't know them, you will wonder what sort of music is in this CD.

Ok, let's have a listen then. Contrary to the estimation from the cover or the exclamation mark, the first track Disaster! is rather pastoral laid-back song featuring both Nathan's & Fairlie's lead vocals. You may want to jump to the conclusion that the February poster image was their real nature.

But if you keep listening after the second tune, the atmosphere gradually changes, as if you're heading from the warm spring sheep farm to the wasteland with a wintry blast.

The third tune is the title track The Open Sky. This can be listened to and downloaded from their Myspace. And this was also played at the two shows that I saw the other day.

The fourth track Recurring Dream is a 1-minute short song. This was also played at the two shows. If you listen carefully, this song has the same melody as the second track Would You Tremble?, with more gloomy touch. I haven't caught all the lyrics, but these two songs seem to form a petit-suite in this 6-song short EP.

Using the fourth track just like its introduction, starts the fifth track Painting The Leaves Back On The Trees. This song is also posted on their Myspace. Considering the CD cover image, I think this song is the core of this EP (beside the title track The Open Sky), but this was not played at the Japan shows. I don't know why... Still I think this is a good song with the nice mixture of the laid-back touch from the first song and the desolate atmosphere from the later songs.

The last track Thou Art My Son... is a little unique song with one-minute-long introduction out of 3-minute, and the ending part suddenly fades out. The low tone harmony gives the solemn atmosphere. There's a line saying How You Tremble which reminds you of the second tune. Another trick for the petit-suite.

Two songs, Sticks And Bones and Golden Point, which have been posted on their Myspace, and were played respectively as the opener & the closer of his show, are not included in this EP. I guess they will be in the forthcoming album that Nathan told me he's making now.

Beside those two, there were 4 more songs (as far as I listened) played during his show this time. I liked the third song of both shows (if my memory's correct) that he blew harmonica and played the tambourine with his foot. I'm looking forward to hear that again in the new album.

Till I hear that, I keep listening to this EP. Sorry to say, this is not a This Year's Best! kind of CD. However, if you recall the first two EPs of Tamas Wells or Broken Flight's Ray Of Youth were very simple and not as good as their later full albums, this EP must sound profoundly as their roots when you eventually listen to the debut album of The Steadfast Shepherd.

If you didn't go to Tamas Wells' concert this time and couldn't get this EP at the venue, you still can purchase it through their Myspace. It's only A$10 (+ A$2 postage worldwide) if you're interested.

Originally they were from Melbourne same as Tamas, but now they reside in Hobart, Tasmania. I wonder how you feel to live in Tasmania. Today, I introduced a short but fancy greetings from the south-end of Australia, where the weather is getting harsher.
posted by . at 13:47| Comment(6) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

成長型記事 『Two Years In April』 - Tamas Wells

The English translation will follow the Japanese text.

Two Years In April.jpg Tamas Wells 『Two Years In April』

2008年5月15日(木)

明日が発売日のはずだったのに、今日もう入荷したとの連絡を受けた途端、いてもたってもいられなくなり、最近連日で深夜残業していたのを言い訳に、CD屋が閉まってしまう前に会社を抜け出した。

まだ二回しか聴いていないから、というよりは、ちょっとこれは下手にやっつけ仕事で適当にまとめた文章にはしたくないという気持ちが強くて、時間をかけてじっくり聴き込んで、きちんと気持ちを込めて書きたいと思った。

だけど、そうして時間をかけて後回しにしてしまった挙句に書く時間がなかなか取れず、結局記事にできたのは当初の予定から何ヶ月も経ってから、というのがもうここ数ヶ月ずっと続いていることを考えると、この大事なアルバムをそんな目に合わせるわけにはいかないと思い、まずこうして取っ掛かりの文章をしたためることにした。

これから少しずつ文章をふくらませていこう。サグラダ・ファミリアのように。



2008年5月19日(月)

 1.ブリンズリー・シュウォーツ
 2.マリリン・マンソン
 3.タマス・ウェルズ

問い:時代も国籍も音楽性も違うこれらのミュージシャンに共通するものはなんだ?

答え:三組とも、リーダーの名前がそのままバンド名になっていること。
まあ、確かに細かいことを言えば、マリリン・マンソンは当然本名なんかじゃないし、ブリンズリー・シュウォーツで頭角を現してその後ソロでブレイクしたのはニック・ロウの方だから、誰がリーダーかというとややこしい話になるんだけど(この話題を僕が出すと、すかさずコメント欄でクロムさんがスペンサー・デイヴィス・グループとJ.ガイルズ・バンドの話に振ってくれるのは最早伝統芸能級の決まりごとということで)。

タマス・ウェルズの過去2枚のアルバムは、4名からなるタマス・ウェルズ(・バンド)によって演奏されていた。どちらのアルバムにも共通して、きちんとアルファベット順にブックレットに掲載された彼ら。

 ネイサン・コリンズ(Nathan Collins):ドラムス、打楽器、キーボード
 アンソニー・フランシス(Anthony Francis):ピアノ、オルガン、キーボード
 オウエン・グレイ(Owen Gray):ベース、キーボード
 タマス・ウェルズ(Tamas Wells):ギター、ピアノ、オルガン、マンドリン

基本的にはアルバムでも穏やかに爪弾かれるアコースティック・ギターやマンドリンと端正なピアノが彼らの音楽の骨格を形作っていたとはいうものの、それらの曲がほとんどギター一本のみの弾き語りで演奏された去年のタマス・ウェルズのソロコンサートを体験した僕は、上に列記したその他の楽器がアルバムでは如何にその存在感を主張していたかということを、逆説的に気づかされたものだ。

どちらがいいとか悪いとかいう話ではない。去年の8月のあの夜、ちょっと音が不確かなミャンマー製の800円のアコースティック・ギターだけの音を頼りに、まるで瓦礫の中に立ちすくむように在った「あの声」は、他の楽器の音がなかったがために、より強く、よりストレートに僕らに届いたと言えるかもしれない。

06年のセカンド・アルバム『A Plea En Vendredi』から1年半振りに届けられたこのニュー・アルバムのブックレットには、二人の演奏者の名前しかない。ジョー・グリフィス(Jo Griffiths)というヴィオラ奏者が何曲かで色付けをしてはいるものの、今回のアルバムのクレジット“Tamas Wells”は、バンド名でなく個人を指している。これは、サード・アルバムにして初の、タマス・ウェルズのソロアルバムになる。

演奏されている楽器は、タマス自身の手によるアコースティック・ギター(その音色から、件の800円ギターだとわかる)、いつものマンドリンでなくバンジョー、打楽器(ライナーによると、ミャンマーのシーという民族楽器ということだが、ちょっと調べてみたところ、シィというのはビルマ語で太鼓というほどの意味のようだ。チェイ・シィがトライアングル、シィ・コウがシンバル、など。このアルバムに入っているのはどれだろう)、それと、先ほど書いたヴィオラ、それだけ。前二作に比べて、遥かに少ない音数。

大半の曲は、「トゥー、スリー、フォー」とカウントをするタマスの囁きで始まる。そのざっくりとした感じが、綺麗にプロデュースされたスタジオ録音と言うよりは、なんだか新規発掘されたデモ音源を聴いているような気分にさせる。

プロデュースといえば、ファースト・アルバム『A Mark On The Pane』のプロデューサーは、去年8月19日の記事にも書いたとおり、ゴー・ビトゥイーンズ、フードゥー・グルズ、ハンターズ&コレクターズなど、オーストラリアのバンドを数多く手がけた、ティム・ウィッテン(Tim Whitten)、セカンド・アルバム『A Plea En Vendredi』は、タマス・ウェルズ・バンドのドラマーでもあるネイサン・コリンズのプロデュース作。そして、ヤンゴンの自宅で録音された今回のアルバムをプロデュースしたのは、タマス・ウェルズ本人。そりゃ確かに、混乱のヤンゴンにわざわざ来てくれるようなプロデューサーはいなかっただろうからね。

以前のアルバムと聴き比べると、オーストラリアで録音された前二作では、きちんとした作りの立派なアコースティック・ギターを使っていたんだなというのがよくわかる(800円以上のね。笑)。それに、やはりネイサン・コリンズというのは、地味ながら実に味わい深いいいプロデュースワークをしていたんだなあと感心させられる。昨年9月8日の記事に書いた、ブロークン・フライトのアルバムと同様に。

そうそう、蛇足ながら、ネイサンのマイスペースに、ブロークン・フライトが新作を製作中というニュースが載っているんだけど、そこでブロークン・フライトを紹介している一文が、がんばって英語でも書いた先の記事からの引用なんだ。プロデューサー直々に推薦文として使ってもらえて、嬉しいよ。

閑話休題。昨年のソロコンサートで、唯一タマスの歌とギターをサポートしていた楽器があった。タマスの奥さんブロンウィンが数曲で弾いていた、ピアノだ。

あの素朴なソロコンサートを髣髴とさせるこの新作に一つ物足りないものがあるとすれば、それはやはりピアノの音だろう。前作、前々作にそれぞれ2曲ずつ収められていた物悲しいピアノ・インストが、今作には未収録となっている。それも、今回のアルバムの印象を以前の2作と違ったものにする原因になっているはずだ。

やれやれ、まだ一曲一曲にも触れず、歌詞にもタイトルにも全然言及していないのに、もうこんな量になってしまったよ。とりあえずまだ月曜だし、今週もちょっと忙しい日が続くから、今日のところはこれぐらいにしておこうかな。



2008年5月25日(日)

前2作を通じてタマス・ウェルズの音楽を形作っていたものといえば、かの“天使の歌声”と、デリケートというよりはフラジャイルと形容したくなるような美しいメロディ、そして、抽象的で難解な歌詞だろう。

先週書いたとおり、アルバムが録音された状況は前2作と違ってはいるものの、今作『Two Years In April』にも基本的にはその3つの要素が全て揃っている。

声については何も述べることはないだろう。CDであれ、ライヴであれ、彼の歌声を一度でも聴いたことのある人にならわかってもらえるであろうあの声は、もちろん今作でも健在。

名曲「Valder Fields」を筆頭に、きらめくような珠玉のメロディを持った曲の数々のみで構成されていた前作『A Plea En Vendredi』に収められていたとしても全く遜色のない曲が、今回のアルバムにもいくつもある。質量のない球が坂道を弾みながら転がり落ちる光景を見ているようなオープニング「Fine, Don't Follow A Tiny Boat For A Day」の朗らかなメロディ。続く「I Want You To Know It's Now Or Never」のメロディは、まるで半音ずつ刻まれた永遠の階段をせわしなく駆け上ったり駆け下りたりしているかのよう。

もちろん、去年のコンサートで書かれたばかりの新曲として演奏され、一体この人の頭の中からはどれだけ無尽蔵にこれほどの瑞々しいメロディが湧き出てくるんだと、会場にいた誰もを魅了した「The Northern Lights」も、まさにあのとき披露されたそのままの姿で、このアルバムの中心に据えられている。

そして、抽象的で難解な歌詞。

例えば、去年の東京ライヴの記事に書いたけれど、前作収録の「I'm Sorry That The Kitchen Is On Fire」のようにかなり具体的な物語について書かれたような曲でも、歌詞をそのまま読んだり聴いたりしているだけでは一体それが何についての歌なのかさっぱりわからないほど。いっそのこと、あのときのように、自分の曲がそれぞれどういうことについて歌われているのかタマス本人に解説してほしいものだ。

ところが、今回のアルバムは、こともあろうにコンセプト・アルバムである。デニース・ロックヘッドという名の少女にまつわる物語。全10曲につけられたやたらと長いタイトルは、きっとこの30分強に亘る物語をそれなりに説明しているのだろうと思いきや、曲のタイトルから具体的に何かがわかるのは、その余りにも生々しい描写がこの物語が楽しいものではないということを明示している8曲目「The Day That She Drowned, Her Body Was Found」ぐらいのものだ。

ブックレットを開くと、それぞれの曲のタイトルに続いて、サブタイトルのようなものがつけられている。やたらと長い割りにいまいち状況をかいつまんでいないタイトルと、それほど難しい単語を使っているわけでもないのに相変わらず何のことを歌っているのかはっきりと掴みづらい歌詞の間を埋める橋渡し的な役割を、それらサブタイトルが担っているようだ。こんな風に。

1.4月 極東を巡る彼女らの旅の始まり
2.サンクチュアリ・グリーン・テニス・クラブ。外科医とデニース
3.エレベータのドア。病院の匂い
4.1月 旅はさらに中東へ
5.そして、スカンジナビアでの別離
6.9月 郊外からの通勤についての微妙な問題
7.嫉妬、地方選挙、堰についての論議
8.3月20日午前10時30分、デニース・ロックヘッド行方不明となる
9.寒くなると彼らは外でゴミを燃やす
10.この4月で2年に


前半は特に、「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」や「ねじまき鳥クロニクル」の各章に付けられたサブタイトルのようだね。なんだか、わかったような、わからないような。もちろんこれらはサブタイトルだから、これらを読んだだけで内容が全てわかるはずがない。とはいえ、歌詞を全て読んだところで、頭に浮かんでくる具体的な情景は、これらのサブタイトルだけを読んだ場合とそう変わらない。少なくとも僕の場合は。読解力に難があるんだろうか。

さっき余りにも生々しい描写のタイトルと書いた8曲目から、サブタイトルのトーンも変わっているのに気づかれただろうか。難解な歌詞で綴られたこの物語も、その曲中で主人公のデニースが海で溺れ死ぬ場面で風雲急を告げる。

ヴィオラによるドローンと、ぽつぽつと爪弾かれるギターだけを伴奏に訥々と歌われる9曲目「Signs I Can't Read」。僕はこれを聴く度に、白装束のデニースが立つ三途の川の光景が目に浮かんで仕方がない。これだけの少ない音で、こんなに質素な録音で、こんなことができるアーティストが他にいるだろうか。

そしてここで明らかになる、簡単な単語の羅列なのに僕にはいまいち掴めていなかったアルバム・タイトル『Two Years In April』の意味。彼女が4月に最初に旅に出てから、不慮の死を遂げてしまった後に、最終曲「Grace And Seraphim」で天使に囲まれながら永遠の旅に出る4月までがちょうど2年ということだったんだ。

そういえば、先週書いた、このアルバムでタマスが演奏しているというミャンマーの民族楽器シー。あちこちの曲のエンディングで、チーン、チーンと、まるで仏具の“りん”のような音を立てている、ちょっと響きのくぐもったトライアングルみたいな楽器がきっとそうなんだろうね。

そう思うと、さっき“朗らかなメロディ”なんて書いた1曲目「Fine, Don't Follow A Tiny Boat For A Day」のエンディングで既にその音が鳴らされていることから、この二つの4月の物語は、その出だしの4月から既に不吉な予兆を内包していたことが見事に暗示されている。繰り返すテーマのメロディもなく、歌詞が壮大な叙事詩になっているわけでもないが、そんなほんのささやかなシーの音で綴られた、タマス・ウェルズらしい実に繊細なコンセプト・アルバムだと僕は思う。



2008年5月31日(土)

今日はちょっと手短に、CDのアートワークの話でもしよう。この記事も、冒頭にアルバムジャケットの写真を載せただけで、あとはいくらスクロールしても延々と白とオレンジの文字が出てくるだけなので、読んでくれてる人も相当うんざりしてきた頃だろうから、そろそろここらでまた写真でも載せてみようか。

A Mark On The Pane.gif 『A Mark On The Pane』
Plea en Vendredi.jpg 『A Plea En Vendredi』
Two Years In April.jpg 『Two Years In April』

今作を含む、タマス・ウェルズの3枚のアルバムジャケット。意識的なのかどうかはわからないけれど、雰囲気的にどれもかなり似通ってるよね。くすんだ青を基調にした無機的なデザイン。

ファースト『A Mark On The Pane』のジャケは、僕の持っているオリジナルのオーストラリア盤ブックレットの内側に載っている数枚の写真と併せて考えると、おそらくこのアルバムが録音されたスタジオ内の風景だと思う(シドニーとメルボルンの計3つのスタジオで録音されているので、そのうちのどれかということまではわからないけど)。

僕が初めてタマス・ウェルズについて書いた06年10月29日の短い記事にもあるように、セカンドアルバム『A Plea En Vendredi』の一見何が写っているのかわからない無機質なジャケットには、何故だか妙に僕の興味を引くものがある。今作のライナーによると、そのジャケはタマスのおじいさんが書いた壁画の写真だそうだ。と言われてもなお、これが一体何が描かれた壁画なのかさっぱりわからない。あれ?先週の追記でタマスの歌詞について同じようなこと書いたよね。さすが、この祖父にしてこの孫あり、ということか。

そして、今作。数ヶ月前にネットでこのジャケの小さな写真を初めて見たとき、僕はそれが『A Plea En Vendredi』の贋作、もしくはパロディかと思ったほど、色合いも構図も前作と似通っている。実物を手にとって見ると、油絵の描かれたキャンバスのクローズアップである今作は、おそらく水彩絵の具が使われている前作の壁画とはかなり趣が異なったものだったけど。

ここには写真を載せていないけど、水平線(または地平線)を思わせる両者の裏ジャケのデザインも、僕はそっくりだと思う。この2枚のCDを持っている人は、是非見比べてみてほしい(「別に似てない」と思った人はその旨コメント欄までどうぞ)。

くすんだ青、赤、白からグレーを経て黒。その単純な色で構成されたジャケットの絵の解釈に関しては、ライナーで大崎さんが深く考察されているので、あえて僕はそれには触れないでおこう。代わりに、見開き10ページのこのブックレットについて少々。

開いたページのどちらかに、ジャケットの油絵の一部分のクローズアップが載っていて(その中にはジャケットにはない部分もあることから考えると、これは元々もっと大きな絵の一部だとわかる)、その反対側のページにそれぞれ1曲〜3曲分の歌詞が掲載されている。

それらの歌詞の背景の色もまたジャケットと同じ色合いを使っているんだけど、それがまたこのコンセプト・アルバムの流れにうまく沿っているように思える。全ページの写真が載せられれば、このアルバムを持っていない人にもよくわかってもらえるんだけど、うちにはスキャナーがないので、なんとか文章で表現してみよう。

まず、先週の追記で軽く触れたアルバムのオープニング2曲の背景の色は、黒から濃い青へのグラデーション。暗い舞台の幕が開き、青を基調にしたこの物語への導入部のようだ。見開きの右側のページには、このアルバムのジャケットで唯一目を引く雲(のようなもの)が大きく写っている。

続く3曲の背景も、先ほどのページをそのまま引き継いだような濃い青から明るい青へのグラデーション。見開きの右側のページと合わせて、青の物語の主要部分を成している。

スカンジナビアでの別離を経た後の、(もしこのアルバムがLPならB面の冒頭にあたるはずの)6曲目〜7曲目のページは、一転して暗雲が立ち込めたような黒。見開きの左側のページにはグレーの雲も見られるし、歌詞の載っている右側のページも、黒からグレーへのグラデーションが見られ、その暗雲が長く続くものではないことが暗示されているのだが…

続く、問題の8曲目だけが左端にぽつんと掲載されたページの中央部分で、黒からグレーを経たグラデーションが、白や元の青の物語に戻るのではなく、突然に血の色へと変わってしまう。この赤い余白(余「白」なのに赤なのはおかしいと一瞬思ってしまったけど、そんな話がしたいわけではないので却下)が、この物語の中でこの8曲目がどれほどの意味を持っているかを端的に表している。見開き右側のページを一言で表現するとすれば、「混乱」か。

そして、デニースが天へと旅立つエンディングの2曲は、葬儀の際に彼女が着せられていたという白装束の色が背景だ。見開き右ページの、白だけが塗られた部分のキャンバスに残る筆の跡が、昇天する魂を表しているようにも見えるし、この物語を締めくくる、僕ら現世の人間には読めないエンディングクレジット(「Signs I Can't Read」…)を象徴しているようにも見える。

あまりにも深読みのしすぎだろうか。まあいいや、ライナーの大崎さんもきっとそうだろうけど、こういう作品って、どれだけ自分が深読みしてその物語の中に入っていけるかで、愛着の持ち方が随分変わってくるものだからね。

ところで、3枚のアルバムのアートワークを見ていて他にも気づいたことがあるんだけど。表ジャケの名前の表記が、ファーストでは全て小文字(tamas wells)、セカンドでは大文字と小文字の組み合わせ(Tamas Wells)、サードでは全て大文字(TAMAS WELLS)になっている。これにも何か意味が…?とふと思ったけど、そこまでの深読みをしても誰もついてこられないだろう。なのでこれも却下。

じゃあ今回はこのへんで。僕のブログをいつも読んでくださっている人なら、冒頭に書いた「手短に」という言葉に何の意味もなかったというのは予測の範囲内だったはず。いつもすみませんね。



Growing article - Tamas Wells 「Two Years In April」

Two Years In April.jpg Tamas Wells 『Two Years In April』

15 May 2008 (Thu)

It was supposed to be tomorrow, but when I got the news that it was already in-store, I sneaked out of the office to get to the CD shop before it'd be closed. I didn't care whatever workload I had. I've been working overtime every night anyway.

Not just because I have listened to it only twice, but because I didn't want to write an easy article on this album, I decided to listen to the CD over and over again first so that I may be able to write something in-depth.

But how many albums that I wanted to write in-depth had finally resulted to be the article after many months due to my recent busy schedule? I just didn't want to treat this important album like that, so I've opened this article with this short essay, so that it'd keep remind me to continue writing about it.

I will make this grow little by little - just like Sagrada Familia.


19 May 2008 (Mon)

1. Brinsley Schwarz
2. Marilyn Manson
3. Tamas Wells

Q: What's in common among these 3 bands who are totally different in their musical style, in various times, from different countries?

A: These bands were named after their respective leaders.

Well, Marilyn Manson is of course not his real name. And you would argue who's the real leader when Nick Lowe wrote most of the songs for Brinsley Schwarz and finally made his own successful solo career.

There were 4 members in Tamas Wells (the band) in the last two albums. On both CD booklet listed their names alphabetically;

Nathan Collins: Drums, Percussions, Keyboards
Anthony Francis: Piano, Organ, Keyboards
Owen Gray: Bass, Keyboard
Tamas Wells: Guitar, Piano, Organ, Mandolin

Though the music in the albums were played by the band, they were largely formed by the quiet acoustic guitar and mandolin, and the noble piano sound. However, when I heard the same songs being played almost by one acoustic guitar in last year's Tamas Wells' solo concert in Tokyo, I paradoxically realized how much the other instruments listed above actually asserted themselves in the albums.

I'm not saying which is better. That August night in Tokyo, "the voice" reached straight and strongly to our heart, accompanied only by the precarious sound by the Myanmar-made 8-dollar acoustic guitar, as if his voice was solely standing in the midst of the ruins.

There are only two players' names on the booklet of this new album, which was released 1 1/2 years after the second album A Plea en Vendredi in 2006. Though the viola player Jo Griffiths adds the colour on a few songs, the album credit "Tamas Wells" in this album represents Tamas Wells himself, not the band. This third album by Tamas Wells is the first solo album by Tamas Wells himself.

The musical instruments used in this album are; the acoustic guitar by Tamas (I'd guess it's the 8-dollar guitar by the sound), Banjo not the Mandolin, Percussion (according to the liner notes, it's the folk instrument in Myanmar called Se. As I checked, Se meant the percussion in Burmese. Kyey Se is a kind of triangular gong. Chu Se is like a jingle bell. I wonder which is the one used in this album), and then the Viola, as I mentioned earlier. That's it. Far sparser sound than the previous albums.

Most of the songs start with Tamas whispering "two, three, four..." The rough make makes me imagine as if I'm listening to the newly-found demo recordings, not the properly produced studio recordings.

Talking about the producer, the first album A Mark On The Pane was produced by Tim Whitten, who used to produce many Aussie bands' albums such as Go Betweens, Hoodoo Gurus, Hunters & Collectors, etc (see my previous article on the album - but sorry it's not translated in English yet). The second album A Plea en Vendredi was produced by Nathan Collins, who was also the drummer of the band. And the producer of this new album, recorded at Tamas' own house in Yangon, was Tamas Wells himself. I would guess no producer would be willing to go to the chaotic Yangon.

If you compare this album with the previous ones, it's easy to tell Tamas was using the well-crafted acoustic guitars (cost more than 8 dollars!) in the Aussie-made albums. And I'm amazed again to realize how much Nathan Collins produced simple but exquisite albums, like I wrote about Broken Flight's album (see my previous article - this one's in English).

Oh, by the way, when I saw the news article about Broken Flight recording the new album on Nathan's MySpace, I found a part of the article quoted from my blog. Though the news has gone already, I'm glad the producer chose my words as the introduction. Good that I translated that with great difficulty.

Let's go back to the subject. At the last year's concert, there was one instrument which supported Tamas' voice & guitar. It was the piano occasionally played by Tamas' wife Bronwyn.

If I point out something missing from this album, which greatly reminds me of the naïve solo concert, it's the piano sound. There were two sadly-sounded piano instrumentals respectively in the previous albums. This new one doesn't have one. That should be another factor why it sounds so different from the previous ones.

Well, I haven't touched upon each song yet, not talking about the lyrics or the song titles too. But look how much I've already written! It's only Monday and the busy week's coming through. I think I should stop it for now.


25 May 2008 (Sun)

What formed the music of Tamas Wells throughout the past albums were; the famous "angelic voice", the beautiful melody that I would describe as fragile not just delicate, and the abstract lyrics that are hard to comprehend.

As I wrote last week, though the situation this album was recorded in was quite different from the previous ones, the new album Two Years In April basically contains all those three elements.

There's nothing I should say about the voice. Be it on CD or at the live concert, once you've heard his voice before, you'll never forget it. The unforgettable voice of course exists in this album again.

The former album A Plea en Vendredi was made up only by the songs you'd call the gems, represented by the masterpiece Valder Fields. You can find some songs that are almost equivalent to them in this album. A cheerful melody of the opening number Fine, Don’t Follow A Tiny Boat For A Day, just like you're watching the scene the weight-less bouncing balls rolling down the slope. The melody of the following number I Want You To Know It's Now Or Never is like it's hurriedly run up & down the eternal stairs that have every semitone steps.

Of course, The Northern Lights, which was played in the last year's concert as the newly written song, and which fascinated everyone at the venue to wonder how many more of such fresh melodies sprung from the guy, sits at the centre of this album exactly the same as what we heard then.

And, the abstract lyrics.

For instance, as I wrote in the last year's concert report, a song like I'm Sorry That The Kitchen Is On Fire which was written based on the specific story could be hard to understand what it was all about, if you only listen to it or just read the lyrics. We might as well ask Tamas himself to explain about every song like he did for I'm Sorry That The Kitchen Is On Fire then.

Moreover, you'd be surprised to know that this new CD is the concept album. The story about the girl called Denise Lochhead. You would think the lengthy titles for the 10 songs should explain this half an hour story in its own way. But I should say there's only one song title that you could guess something about the story - the too vivid description specifies that this whole story is not the cheerful one - the 8th song of the album, The Day That She Drowned, Her Body Was Found.

When you open the booklet, you can find the subtitles after each song's title. These subtitles act as mediators between the lengthy but not very specific song titles and the abstract lyrics which consist of only simple words. Just like these;

1. April And The Beginning Of Their Travels Through The Far East
2. Sanctuary Green Tennis Club, The Butcher And Denise
3. On Elevator Doors And Hospital Smells
4. January And Further Travels In The Near East
5. And The Separation In Scandinavia
6. September And Facing The Delicate Questions Of Commuting From The Outer Suburbs
7. On Jealousy, The Local Election And A Controversy About The Weir
8. Denise Lochhead Was Reported Missing At 10:30am On March 20
9. When It Is Cold They Burn The Rubbish Outside
10. It Will Be Two Years In April


Especially the early ones remind me of the subtitles from Haruki Murakami's Hard-Boiled Wonderland And The End Of The World or The Wind-Up Bird Chronicle. You think you get the point, but not exactly... Of course these are only the subtitles. You'll never comprehend everything about the story only by them. But if I read the whole lyrics, the exact image I'd get is more or less the same as when I read only these subtitles. Hmm...I may have a problem in reading comprehension ability.

You may notice the tone of the subtitle changed at the eighth song, which I described earlier as too vivid. This abstractly constructed story has grown tense when Denise drowns at the sea in the song.

Only the drone sound of viola and the strumming guitar back up the halting voice in the 9th track Signs I Can't Read. Every time I hear this song, it makes me clearly see Denise in white stands alone at the Styx. Who else could do this magic with only such a few instruments and in this simple production?

And here you finally understand the real meaning of the album title Two Years In April, which consists of only simple words but I didn't really get the point. It's exactly two years from the April she started the first journey to the April in the last song Grace And Seraphim that she went on the final (& eternal) journey accompanied by the angels after the unexpected death.

Then I recall what I wrote last week, the Myanmar folk musical instrument Se that Tamas was playing in this album. The muffed triangle-like sound that's ringing here and there like the gong in the Buddhist altar must be the one.

Thinking that way, although I described the first song Fine, Don’t Follow A Tiny Boat For A Day as a cheerful melody, since the Se was already ringing at the ending of the song, it is clearly hinted that this two April story already connoted an ill-omen from the first April. There's no repeating theme melody. No spectacular epic poetry. But this is a very delicately crafted concept album sewn by a little Se sound.


31 May 2008 (Sat)

Let's briefly talk about the artwork of the CD today. You must be so bored to see the words after words in just white & orange colours, ever since you saw the album cover at the top. Ok, let's put some more photos. Here you go.

A Mark On The Pane.gif 『A Mark On The Pane』
Plea en Vendredi.jpg 『A Plea En Vendredi』
Two Years In April.jpg 『Two Years In April』


These are the album covers of all the three albums by Tamas Wells. They all have a similar atmosphere, though I'm not sure if he intentionally aimed it. Inorganic designs based on dull blue.

Judging from the other photos on the booklet of the original Australian version, I think the cover photo of the first album A Mark On The Pane is the interior of one of the studios the album was recorded, though I don't know which one of the three studios in Sydney & Melbourne.

Like I wrote in my first article about Tamas Wells on 29 Oct 06 (sorry, it's not in English), there's something appealing to me in the monotonous album cover of the second album A Plea en Vendredi, though it doesn't make sense to me what's in it at a glance. According to the liner notes of the new album, it was the painting on the wall by Tamas' grandfather. Having heard that, it's still so hard to understand what's in the painting. Did I write the same about Tamas' lyrics? Well, like grandfather, like grandson.

And the new album. When I saw the tiny photo of this cover art for the first time on the net a few months back, I thought it was a fake or a parody of A Plea en Vendredi. So much the colours and the composition of the two albums look alike. If you have a close look at the actual CD, you notice the close up of the oil painted canvas is quite different from the water-coloured (I guess) wall painting.

Though I don't post the photos here, the artwork of the back covers of the two albums look alike, too. They both remind me of the horizon. If you have both of these two albums, have a look - and post your objection in the comment box if you think otherwise :).

Dull blue, red, white through gray to black. Yohei has already put together his deep thought about the interpretation of the cover painting consists of those simple colours. I don't dare to argue with him by my own interpretation. Instead, I touch upon this 10 pages booklet.

One side of the open pages is the close up of the oil painting of the cover art (you realize the cover art is also a part of a much bigger painting, as some of the pages show the parts not seen in the cover art). And there are the lyrics of 1-3 songs on the opposite sides.

The backgrounds of the lyrics pages use the same colourings as the cover art. I think these colour patterns are very thoughtfully arranged in line with the story of the album. If only I can post the photos of all the pages, anyone who don't have this album could see what I mean. But as I don't have a scanner, I try to describe it as much as I can.

First, the background colour of the first two songs that I briefly touched on last week is the gradation from black to navy blue. It represents the unlit stage into this blue-based story. The right-hand page shows the white clouds (I think), which is the most eye-catching part in the album cover.

As the story goes, the background of the following three songs also changes from navy to light blue. Together with the painting on the opposite page, they form the main part of this blue story.

After the separation in Scandinavia, the background of the 6th to 7th tracks (they should be the openers of the side B if this is a record) turns into black, as if an overcast sky suddenly kicks in. You actually see the gray rain clouds in the left hand page. Though you'd expect the gradation from black into gray on the opposite page gives you a hint that the rain would stop soon...

But, the next pages have the song in question - the 8th track. The left hand page has the lyrics at the edge. At the centre of the page, the gradation from the overcast black turns, not into white or the blue-story blue, but suddenly into the blood colour. This red blank (just had a quick thought the word blank / blanc should mean white not red... well, never mind. It's not the time to argue about that now) straightforwardly indicates how much this 8th track means in this whole story. If you describe the painting on the opposite page in one word, it's Chaos.

And, the background of the last two songs that Denise starts on a journey to heaven is the colour of the dress she was wearing at her funeral. The traces of the brush on the right hand page which is painted only in white look as if it's representing her ascending soul, or indicating the ending credit that's unreadable by human beings like us (Signs I Can’t Read...).

Am I reading too much? I guess Yohei had the same feeling when he wrote his well-thought liner notes. The deeper you go into the story even if it's your own interpretation, the more you grow to love it.

There's another thing that I noticed by looking at the three albums' artworks. The inscriptions of the name on the album covers are all different. The first album is all lower case (tamas wells). The second album is the combination of the upper & lower cases (Tamas Wells). And the third album is all upper case (TAMAS WELLS). There must be some hidden message behind them...? No, I guess nobody wants to read any more of my crooked interpretation. Think I should stop it for now.

If you are the regular reader of my blog, you already knew the word 'briefly' at the beginning of today's article didn't mean anything. Sorry about that :)
posted by . at 23:59| Comment(14) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

透明感のあるグレー Broken Flight 「On Wings, Under Waves」

The English translation will follow the Japanese text.

あれは何日か前のこと。僕は雨の中を運転していた。静かな渋滞の朝。土砂降りというわけじゃなかったけれど、昨晩からずっと振り続けていた雨。空はなんとなく明るいんだけど、雲が切れる気配はない。見渡す限りの白い空に、幾重にも折り重なる灰色の雲。ほとんど白と見分けのつかないような薄い灰色から、そこから雨が落ちてくるのが見て取れるような真っ黒な雲まで。そういえば普段わざわざ見上げることもなくなっていたけど、曇り空って、こんなにいろんな色でできてるんだってことに、ふと気づいた。

カーステレオから流れていたのはこのCD。けっしてドライビング・ミュージックといった類の音楽ではないんだけど、最近手に入れてからここしばらく続けて聴いている。そして、この瞬間、この気だるい灰色の朝の風景にこの音がとても合うことにも、僕は気づいた。冬の雨の日の音楽。一色一色を言葉で表すことはできないけど、数え切れないほどの種類の灰色で彩られた、でも、そのベースは向こう側にある太陽の存在がわかるような透明感のあるグレーでできている、そんな感触の静かな音。


On Wings, Under Waves.gif Broken Flight 『On Wings, Under Waves』

前回の記事にちらっと書いた、タマス・ウェルズがインタビューで自分の好きな音楽としてホセ・ゴンザレスと共に名前を挙げていたのが、このブロークン・フライトというメルボルンのバンド。

静かに爪弾かれるアコースティックギター、そこに一音ずつ音を確かめるかのように重ねられるピアノ、穏やかな声とハーモニー。そんな感じの「In Patterns」でアルバムは幕を開ける。え、まるでタマス・ウェルズのアルバム紹介のようだって?そうだね、さすがに彼がお気に入りに挙げるだけあって、音の感触はタマス・ウェルズのそれにとても似ているかもしれない。この05年のアルバムのプロデューサーは、ネイサン・コリンズ。どこかで聞いた名前だと思ったら、タマス・ウェルズの『A Plea En Vendredi』のプロデューサー、というか、タマス・ウェルズ(個人でなくバンドとして)のドラマーじゃないか。

サティの「Gymnopedie」を下敷きにしたと思しきイントロを持った2曲目「August」でのフレンチホルンや、6曲目「The Old Man And The City」でのホーナーのメロディカ(日本では一般的にヤマハのピアニカとして有名な楽器。アルバムのブックレットにはホーナーとしか書いてないけど、このアルバムのどこにもハーモニカらしき音は入ってないので、それは多分この曲でこのノスタルジックな音を奏でている楽器のことだろう)などの一風変わった楽器が使われているのが印象的。アルバム全体を通じて薄い灰色のギターとリズム楽器が淡々と演奏される中、あちこちでアクセントをつけるように(でも、あくまでも同じ系統の色合いで)そういう音が重ねられているところが、冒頭に書いた様々な灰色の混じった空のイメージを僕に与えるのかもしれない。

3曲目「In The Woods」とアルバムを締めくくる「A Strange Love」の2曲がインストゥルメンタルなんだけど、どちらもとてもシンプルなメロディーを何度も反復しながら、いろんな楽器やコーラスが幾重にも折り重なって入ってきては出て行くといった構成の曲。前者が7分強、後者に至っては9分を越える長尺で、聴いていると感覚が麻痺してくる感じが実に心地良い。音楽性は全く違うけれど、例えばヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「Sister Ray」を17分かけて聴き終えたときのあの感覚、のコンパクト版。

上に載せたジャケットの写真をクリックして拡大してよく見てもらえばわかると思うけど、このCDケース兼ブックレットの作りは一風変わっている。白い紙を何枚も無造作に重ねたものが糸で綴じられていて、背表紙の部分で一緒に綴じられている赤い糸を何重にもぐるぐると巻いて、全体を閉じるようになっている。ブックレットの最後のページにあたる部分が折り紙のように折り畳まれていて、そこにCDを差し込む形。素朴なモノクロのイラストとも相まって、ちょっとした芸術作品を手に入れたようで嬉しい。表紙とか一部のページに和紙を使っても綺麗だったかもしれないね。ただ、やっぱり糸を巻いたり解いたりして何度も出し入れするのはちょっと不便だし、もう既に何度も出し入れしたせいか僕のは白い糸で綴られている上の部分がちょっと破れてきたので、CDの盤自体は別のケースに収納することにした。

On Wings, Under Waves.jpg


03年に出た4曲入りEP『Ray Of Youth』も同時に入手した。05年の『On Wings, Under Waves』でのブロークン・フライト:クリス・リンチ(ギター&ヴォーカル)、ピート・ボイド(ギター&エフェクト)、ニコル・ハーヴィー(フレンチホルン)、ランス・ヴァン・マーネン(チェロ、ピアノ、オルガン、グロッケンシュピール、メロディカ…すごいね、この人)のうち、最初の二人だけがこの当時の正式メンバー。ドラムを叩いてるのは『On Wings』同様ネイサン・コリンズだけど、プロデュースはマーク・ラングという人。

Ray Of Youth.gif Broken Flight 『Ray Of Youth』

より完成された『On Wings』に比べると、曲のメロディーがちょっと単調かな、という感じ。まあ、タマス・ウェルズにしても、日本盤の『A Mark On The Pane』に収録された初期のEPの音源を聞くと、後のアルバムの完成度からは程遠いんだから、これは仕方ないだろう。それに、こんなシンプルな音楽でも、プロデューサーが違うとこんなに音のイメージが違ってくるのかと思わせられる。『On Wings』が僕が上に書いたモノトーンの層を成した曇り空だとしたら、この『Ray Of Youth』は、このジャケ写のイメージどおりの、ちょっと曇り気味の青空にすぎない、という感じだろうか。綺麗なんだけど、少し深みが足りないかな。

面白いのは、この『Ray Of Youth』には「July」という曲が入っていて、『On Wings』には前述の通り「August」という曲が入っていること。きっと次のアルバムには、「September」という曲が収録されるかな。ところで、「August」の歌詞には「いちばん寒い日/葉っぱは全部落ちてしまう」という箇所がある。ああ、そうだよね、メルボルンのバンドだった。

どちらも自主制作のCDだから、どこででも手に入るというわけじゃない。僕が調べた限りでは、ネット上での情報も非常に限られている。もしこれを読んで興味がわいた人がいれば、彼らのマイスペース(http://www.myspace.com/brokenflightband)で数曲試聴可能だし、上のジャケ写の横のタイトルをクリックしてもらえば、CDの入手方法が書いてあるページにたどり着くよ。

あまりタマス・ウェルズに関連付けて紹介するのはよくないのかもしれない。音楽的には似通ってるとはいえ、それぞれが書くメロディーの質感はかなり違うし、あのタマスの「天使の声」と同じものを期待してしまうと肩透かしをくらうかもしれない(クリスの声も、優しくて味のあるいい声なんだけどね)。それでも、タマス・ウェルズのサードアルバムを待ちきれないという人には、じゃあちょっとこれを聴いてみてもいいんじゃない?って言いたくなるような、地味だけど素敵なアルバム。




Transparent grey - Broken Flight 「On Wings, Under Waves」

It was a couple of days ago. I was driving in the rain. A quiet morning in the congested traffic. It wasn't pouring at all, but the rain hasn't stopped since the night before. The sky was somehow light, but it didn't seem like the cloud would go away so soon. In the endless white sky, there were layers of grey coloured clouds. Some pale clouds that you would call it white. Other part of the sky was covered by the black cloud where you would see the raindrops actually fall from. I haven't looked at the cloudy sky for a long time, but I realized there were so many colours out there.

The car stereo was playing this CD. It was not a kind of "driving music", but since I've got it recently, it's been among the top of my playlist. And at that moment, I've also realized this music really fit the lazy grey morning. A music for the winter morning rain. A quiet sort of sound made of transparent grey that you can feel the existence of the sun over there, but layered by the countless numbers of greys, which you can't name each of its colours.


Broken Flight On Wings, Under Waves.gif Broken Flight 『On Wings, Under Waves』

As I touched a little in my last article, Tamas Wells listed this Melbournian band as his favourite, together with Jose Gonzalez.

Acoustic guitars strummed gently. Piano notes put over it carefully, as if it's checking its own position on the score. Tranquil voice and harmony. The album opener In Patterns starts like that. Well, you'd think I'm talking about Tamas Wells' album? Indeed, their sound might resemble each other. No wonder Tamas listed this as his favourite. This 2005 album was produced by Nathan Collins. Hmm, I've heard this name before...well, he was also the producer for Tamas Wells' "A Plea En Vendredi". Or you can say he is the drummer of Tamas Wells (as the band not the individual).

It is impressive that some interesting musical instruments are used in this album such as; French horn in August (its intro reminds me of Satie's "Gymnopedie"), or Hohner's melodica in The Old Man And The City (this instrument is more popularly known as Pianica by Yamaha in Japan. The album's booklet says only Hohner but I can't hear the sound of harmonica anywhere. So I assume this nostalgic sound in this song must be from melodica). Probably the grey sky image that I had was generated from the pale greyish acoustic guitar & rhythm sections all through the album, accented by the layers of the sound from such unique instruments in the same tone of colours.

Two numbers, In The Woods and the album closer A Strange Love are instrumental. Both structured by the simple melodies repeated over and over again, with various instruments and chorus in and out at times. The former tune is 7 minutes plus. The latter is over 9 minutes. Listening to them makes me feel paralyzed, and it feels good. I would say, although it sounds completely different, it's the same feeling you get after listening to 17 minutes-long Sister Ray by The Velvet Underground. Well, the compact versions, these are.

If you click on the CD cover photo above and look closer, you may find the make of the booklet (cum CD case) is somehow very unique one. Some white papers casually tied and stitched at the back. One long red thread also stitched at the centre would bind the whole booklet. The last page of the booklet is folded like an origami, and you put CD in its slit. The simple black and white illustrations add the cool atmosphere, and it makes you feel good to have such a nice piece of art. Perhaps if they'd use Japanese traditional paper as the cover or inside pages then it would be cooler. However, it's not the most convenient way of taking CD out and put it in again by handling the thread. And maybe because I've been doing so quite often, the top of the perforated part already started to torn. I decided to put the CD in the normal jewel case and keep this booklet separately.

On Wings, Under Waves.jpg


I've also got a four-song EP issued in 2003, named "Ray Of Youth". Whereas the members of Broken Flight in 2005 were; Chris Lynch (guitar & vocal), Pete Boyd (guitar & effects), Nicole Harvey (french horn), Lance Van Maanen (cello, piano, organ, glockenspiel, hohner...what a player!), only the first two were the official members in 2003. Nathan Collins played drums same as "On Wings", but this EP was produced by the other guy called Mark Lang.

Ray Of Youth.gif Broken Flight 『Ray Of Youth』

Compared with "On Wings" which was brought closer to the perfection, this album is a bit weak, with rather monotonous melodies. Well, the early EP tracks of Tamas Wells you can now listen to on the Japanese edition of "A Mark On The Pane" are also incomplete compared with the later album tracks. What more would you expect from the debut EPs? It's curious that the different producers makes such different sounds, even with such a simple kind of music. If the sound of "On Wings" is the layer of various monotonous grey clouds as I described above, I dare say the sound of "Ray Of Youth" is a simple blue sky with a bit of white clouds, just like the one on this cover. It's beautiful, but not as deep as more professionally produced "On Wings".

It's interesting to know there's a song called July in "Ray Of Youth" and another one called August in "On Wings". I guess there may be a song called September in the coming album. By the way, there's a line in August goes like this; In the coldest days / The leaves will fall all the way. Ah, yeah, the Melbournians!

Both CDs are from the independent label and hard to find in the normal CD shops. As far as I've checked, their info on the web is very limited too. If you are interested in this band by reading this article, go to their My Space (http://www.myspace.com/brokenflightband ) and you can listen to some of their tunes. Or click on the CD titles above and you reach to the page where you'll know how to purchase them.

It may not be a best idea to correlate Broken Flight to Tamas Wells too much. Although the sound taste resembles each other, Tamas & Chris write quite different melodies. And moreover, you can't expect the "Angelic voice" from this CD (though I dare say Chris' voice is also gentle and tasteful). But I would still recommend this album to anyone who can't help waiting for Tamas Wells' third album. Modest, but a lovely album.
posted by . at 21:15| Comment(35) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

今回は長文 Tamas Wells 「A Mark On The Pane」

音楽業界に属する人にとって、自分が生み出した音楽や、自分が発掘した誰も知らない音楽を、沢山の人に気に入ってもらえるということは、単にそれが自分の仕事だということ以上に喜ばしいことに違いない。別に音楽業界なんてものには属していない僕でさえ、自分のブログで紹介した音楽を聴いてくださった方にコメント欄で「よかった」と一言感想を書きこんでもらえるだけで、とても嬉しい気持ちになるんだから。

去年の10月29日に書いた「心の鎮痛剤」という記事で紹介したタマス・ウェルズの、それからの日本でのいろんな動きを見ていて、そんなことをふと考えてしまった。

その記事に丁寧な長文コメントを書き込んでくださった一本道ノボルさん(執筆されたライナーの通り、大崎暢平さんとお呼びしたほうがいいのかな)が属されている会社のウェブサイトや、今日ここで取り上げるタマス・ウェルズのファーストアルバムのライナーなどを読んでいると、去年の10月にセカンド『A Plea En Vendredi』(以下『Vendredi』と略)が発売されるまでは日本では全く無名だったこのアーティストが、そのアルバムがあちこちで話題になり、やがて入手困難だった以前のCDが日本盤として発売され、そして待望の来日公演までが決定したというサクセスストーリーは、『Vendredi』の発売日から二週間後というわりと早い時期にブログに取り上げることができた僕にとっても、まるで自分のことのように嬉しく思える。

去年の10月に『Vendredi』を聴いて以来、ずっとファーストアルバムを探していたんだけど、ここNZでも、タマスの母国であるオーストラリアのレコード店のウェブサイトでも、その他僕がよく利用している日本・アメリカ・イギリスのサイトでも、まったく見かけることはなかった。iTunesで聴くことができたのは知ってたけど、二つ前の記事にも書いたように僕はダウンロードで音楽を買うのが嫌いで、なんとしてでもCDを見つけ出してやると躍起になっていたんだ。

ようやくそれを見つけたのは今年の2月。日本の某大手チェーン店のウェブサイトにて。手に入るなら金に糸目はつけないつもりでいたけど、送料込みで2500円強。悪くないね。早速注文して、4月に東京に出張した際に入手した。豪Popboomerang Records PB009 - 後に出た日本盤のライナーによると、その時期にレーベルに残っていた最後の在庫200枚が全て日本に輸入され、即完売となったうちの一枚のようだ。そこまで貴重だったとは。

A Mark On The Pane.gif Tamas Wells 『A Mark On The Pane』

先に入手した『Vendredi』同様、このアルバムも最初に聴いてからずっと愛聴している。貴重なアルバムをやっとの思いで手に入れたと一人悦に入っていたんだけど、先述のとおり、先月日本盤が発売された…9曲ものボーナストラック入りで。ライナーノーツに曰く「既に輸入盤を購入された方にとってもアピールとなる要素が必要だ」。はい、アピールされましたよ。日本盤の発売日に友人に代理購入してもらい、NZまで送ってもらう羽目に。

先のコメントで一本道さんが半ば自虐的に語っておられた『Vendredi』日本盤での7000字に及ぶ解説を既に読んだ人を念頭に書いておられるのだろう、細かい字で8ページにも及ぶ(一体何字あるんだろう)、小説かと見紛うほどの超詳細解説に圧倒される。僕は(そして、件のコメントを読まれたこのブログの読者の方々は)大崎さんのタマスに対する熱い思いと、それをどうしても短い言葉にまとめきれないもどかしさを予めわかっているから、この超長文解説も微笑ましく読むことができるが、きっと何も知らずにこのCDを買った人は「一体何だこのライナーは」と驚いているに違いない。

アルバムの内容について少しだけ書こうか。一聴した限りでは、僕が「心の鎮痛剤」と評した『Vendredi』同様、タマス・ウェルズの優しい歌声が、このうえなくデリケートで心地良いメロディに乗って唄われているという構成と大きな変化はない。あのアルバムが好きな人なら、間違いなくこちらも気に入るはずだ。

タマスがまだ、『Vendredi』の質感を印象付けていた乾いた音を出すマンドリンを弾いていないことや、エレキギターを始めとした電気楽器の音が『Vendredi』よりも多用されていることから、音の感触は少し違うように思える。(8ミリフィルムが回転する音だろうか)細かいカラカラ…という音に導かれて始まる2曲目「Broken By The Rise」のイントロで全ての楽器の音がふわーっとフィルインしてくるところは、バンドとしてのタマス・ウェルズ(ややこしいけど、これは個人名でもあるし、バンド名でもある)の魅力を味わえる一瞬だ。

途中で二回出てくるインスト曲について、大崎さんは「インタールードとしても機能していない」とライナーに書かれているが、5曲目「Petit Mal At A Grand Occasion」は、その前の(歌詞からアルバムタイトルが取られた、事実上のタイトルトラック)「Reduced To Clear」の穏やかなメロディーを黒雲のように覆い隠す、神秘的だけど聴衆を不安に陥れる後奏としての役割を果たしており、それが故に、続く6曲目「Even In The Crowds」のただでさえ明るいイントロのエレキギターの音をより暖かいものにすることに成功していると思う。また、8曲目のインスト「Segue In GM」は、どことなく先ほどの4曲目と似たメロディーがマイナーコードで演奏されており、そのことがなんとなくこのアルバム全体を「Reduced To Clear」を中心としたコンセプト・アルバムのように思わせる要素になっている。

アルバムのプロデューサーはティム・ウィッテン。調べてみたら、ゴー・ビトゥイーンズ、フードゥー・グルズ、ハンターズ&コレクターズなど、オーストラリアを代表する中堅ロックバンド(笑)のアルバムを多数手がけているようだ。なるほど、それもあってのこのバンド・サウンドなのか。

日本盤に収録された9曲は、この『A Mark On The Pane』以前に発表された3曲入りシングル「Cigarettes, A Tie And A Free Magazine」と、6曲入りEP「Sticth In Time」からの全曲。この曲順がオリジナル同様だとすると、「Sticth〜」の1曲目は「Reduced To Clear」。よほど彼のお気に入りの曲なんだろう。「Cigarettes〜」は、このシングルを最後に脱退してしまったらしいヴァイオリンの音色が素晴らしい。ゲストとしてでいいから、次のアルバムにまた参加すればいいのに。

ところで、『Vendredi』には歌詞と日本語対訳が載っていたんだけど、この『A Mark On The Pane』には英語の歌詞しかブックレットに載っていない。それはいいんだけど、これが実際に歌われているものとかなり違うんだよね。『Vendredi』もそんな感じがあったけど、あちらはまだ所々の歌詞を端折ったり違う言葉で歌い替えたりしていただけだったからある程度聴きながら歌詞カードを目で追えたんだけど、今回のはちょっとお手上げ。なんでここまで違う歌詞を載せているんだろう。それで対訳を載せるのもやめたのかな。

僕が4月に買った方のオリジナル盤の曲はもちろんこの日本盤には全曲収録されているから、日本盤が届いたらオリジナルの方は中古屋にでも売ろうと思っていたんだけど、

1)日本盤からは(長文解説書のあおりで・笑)削除されてしまった六つ折りブックレット内の、表裏ジャケに通ずる雰囲気のある写真が捨てがたい
2)物悲しい10曲目のインスト「A Dark Horse Will Either Run First Or Last」で終わるしみじみとした気分を味わっていたい
3)なにしろ最後の200枚のうちの一枚

という理由から、両方とも手元に置いておくことにした。こうしてまた同じアルバムが我が家に増えていく…


先述したとおり、今月ついに来日公演が実現した。この週末は金沢、大阪、奈良で既に公演を終えているはず。どこかのサイトを探せばもしかしたらもうライヴレポートが上がっているのかもしれないけど、ちょっとそれはまだ読まないでおこう。だって、僕も観に行くことにしたからね。

これだけ日本で盛り上がった後もNZでは彼は全く無名のまま。隣国オーストラリアでも彼のライヴがいつ行われるのかよくわからない状態。この機会を逃したら、もしかしたら本当に一生観られないかもしれないと、赤道を越えて観に行く決心をした。本当は、30人限定の奈良公演か、50人限定完全アコースティックライヴの東京公演に行きたかったんだけど、僕の仕事の都合と決断が遅かったために、東京での最終日だけにしか参加できなくなってしまった。まあそれにしても、このツアーで最大の集客数であろうこの日が一番盛り上がるだろうことも充分に予想されるので、もちろん悔やんでいるわけではないよ。

もう二枚のアルバムはイントロ当てクイズができるほどに聴き込んだけど、観客席で僕が歌って彼の“天使の歌声”を邪魔するわけにはいかないから、脳内で一緒に歌う練習もしておこう。そうだ、オリジナル盤の『A Mark On The Pane』を持って行って、サインしてもらおうかな。中古屋には売れない理由その4を作るために。
posted by . at 20:29| Comment(5) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

上質のパスティーシュ The Rutles 「Archaeology」

もう皆さん慣れてるかもしれないけど、今日は長い話になると思うよ。まずは簡単に事実関係の羅列から。76年にイギリスのコメディ番組のためにモンティ・パイソンのエリック・アイドルとボンゾ・ドッグ・バンドのニール・イニスが中心になって結成したビートルズのパロディ・バンドがラトルズ。その後78年にアメリカ向けのより本格的なテレビ番組「All You Need Is Cash」を作成、そのサントラ版として発売されたのが彼らのファースト・アルバム『The Rutles』。そのテレビ番組自体がビートルズの歴史を完全にパロディ化したもので、このアルバムの収録曲も全てがビートルズの何らかの曲のパロディになっている。

The Rutles (1st).jpg The Rutles 『The Rutles』

元々がその番組のための架空のバンドなので(劇団モンティ・パイソンからのエリックは楽器が弾けず、番組ではビートルズでのポールに相当する役を演じていたが、レコードの演奏には参加していない)、その番組とアルバムが彼らの遺した作品の全てだった。ビートルズのファンや評論家からも大絶賛されたにも関わらず、LPやビデオはすぐ廃盤になり、90年になって大量の曲を追加して別ジャケでCD化されたファースト・アルバム(上の写真)だけが一般的には彼らに触れる唯一の術だった…

…96年までは。
96年といえば、本家ビートルズの未発表曲を2枚組CD x 3種に亘って集大成した『Anthology』プロジェクト真っ盛りの時期。音楽ファンの間でビートルズ熱が再燃していた頃だ。その年の暮れに突然発表されたのが、そんなものがあり得るなんて誰も考えていなかったラトルズのセカンド・アルバム『Archaeology』だった。

Archaeology (Orig).jpg The Rutles 『Archaeology』

『Archaeology(考古学)』というタイトルが本家の『Anthology(傑作選)』のパロディならば、このジャケットも、88年に出た「ビートルズ十数年ぶりの新譜」として発表された『Past Masters Volume One』のパロディ。

Past Masters.jpg The Beatles 『Past Masters Volume One』

と、ここまで知ったようなことを延々書いてきたが、僕がリアルタイムで彼らのことを知ったのは実はここから。この『Archaeology』というアルバムを聴いてその虜になり、急いでファースト・アルバムやDVD(これはしばらく後に再発されてから)を買い集めたものだった。

それから11年経ち、廃盤だったこのセカンドアルバムが別ジャケで再発された。基本的に新譜しか取り上げないことにしている僕のブログで、この最高に楽しいアルバムについて書ける機会ができたということだ。

Archaeology (Reissue).jpg The Rutles 『Archaeology』

『Past Masters』が既に20年近く昔のアルバムになってしまい、この黒地に白抜きロゴのインパクトが薄れてしまったためだろうか、新装版のジャケは96年版の内ジャケに使われていた地味なメンバー写真に変更。

16曲入りのオリジナル盤に5曲のボーナストラックが追加されている。96年版の日本盤には4曲のボートラが収録されており、レココレ5月号のアルバム評には「ボーナス・トラックが5曲入りながら日本盤ではすでに4曲が入っていたので我々にはあまりおいしくない」と書かれているが、その日本盤のボートラ4曲のうち「It's Looking Good」(ファースト・アルバム収録曲の別バージョン)は今回収録されておらず、代わりにライヴ演奏の「Under My Skin」が入っている。なので、96年版の日本盤を持っている僕のようなファンでも、2曲の新曲(実際には「Under My Skin」は当時のシングルのB面曲だったようだが)が聴けるということだ。ちなみにそれらのボートラのうちの最初の曲「Lullaby」は、わずか30秒という演奏時間とそのナンセンスな歌詞から考えると、これはビートルズでいうと「The End」のパロディとして96年版のUKオリジナル盤にも入っていた曲なんじゃないかと思ってるんだけど。

しかしそれにしても、こないだ書いたティアーズ・フォー・フィアーズの再発版CDもそうだったけど、旧版に入ってたボートラの一部を新版に入れないってのはなんでかね。旧版を中古市場に流出させないようにってことなのか?買い替えじゃなくて買い増しになってしまうんで、ただでさえCDが増えすぎて困っている僕みたいな人には非常に不便なんだけどな。まあ今回のはジャケも違うし、旧版にはちゃんと綺麗な歌詞カードも付いてたから、旧版の全ボートラが新版に収録されていたとしても旧版を売っ払うつもりはなかったけどね。

アルバム冒頭の「Major Happy's Up And Coming Once Upon A Good Time Band」はそのタイトルを見ても容易に想像が付くとおり「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」のパロディ。「軍曹」を「少佐」に格上げし、「ペッパー」を語感の似た「ハッピー」に、そしてきっと67年当時に初めてこのタイトルを聞いた人たちは「なんて長ったらしくて変なタイトル!」と思ったに違いないビートルズの曲名のややこしさ感までも引き継いだ(しかも長いだけであんまり大した意味のないところがまたいい!)、タイトルからして実に秀逸なパスティーシュだ。

ビートルズの『Sgt. Pepper's』のアルバムがそうであるように、その曲からメドレーで繋がる2曲目は「With A Little Help From My Friends」を真似た「Rendezvous」(タイトルは似てないけどね)。この曲の歌詞は、『Anthology』プロジェクトで陽の目を見たジョンの未発表曲「Free As A Bird」について、きっとジョンなら他のメンバーにこんな風に言ったんじゃないだろうかと思わせる会話調になっている。この曲に限らないけど、ラトルズの音楽って、ビートルズについて(曲に限らず)沢山の知識を持っていれば持っているほど面白くなる、とても奥の深いものだ。もちろん、そんなマニアックなことまで知らなくたって、「この最初の2曲は『Sgt. Pepper's』の冒頭のパロディだな」ってわかるだけでも楽しいし、もっと極端なことを言えば、ビートルズのことなんて知らなくたって、これだけ彼らの名曲に似せて(単なる物真似でなく)作られたポップな曲の数々は充分に堪能できるはず。

このセカンド・アルバムは映像なし・音のみのプロジェクトということで、エリック・アイドルは不参加。それでもニール・イニスという人もモンティ・パイソン流のギャグセンスを持っているということがよくわかる歌詞もまた最高。例えばちょっと「Nowhere Man」風の3曲目「Questionnaire」では、街頭アンケートの立場でこんなことを歌っている。

 この低脂肪ダイエット・シャンプーについてどう思われますか
 1.ジャリジャリする 2.半分ジャリジャリする 3.全然ジャリジャリしない


まあ、ここだけ抜き出してもその可笑しさはよくわからないかもしれないけど、このどうでもいい変なものについての質問といい、意味のない紋切り型の選択肢といい、どういう答えであろうが自分はただの質問表なので気にしないという無表情さが面白い。

4曲目の「We're Arrived! (And To Prove It We're Here)」は、イントロの飛行機の着陸音のSE(サウンドエフェクト)で「Back In The U.S.S.R.」のパロディだとわかるが、演奏が始まってすぐにメンバーが笑ったりして、一旦演奏を止めてまたやり直す。これは、先述のビートルズ『Anthology』に演奏中にメンバーが笑ってしまっているものや演奏ミスをしてやり直しているものまでが含まれていたことのパロディ。しかしそれをわざわざこの冒頭にSEの入った曲でやるというのが可笑しい(失敗した演奏にSEは被せないだろうが!・笑)。そのギャグがやりたかっただけの曲なんだろうなということがよくわかる歌詞がまた笑わせる(タイトルどおり、「俺たちは到着した!俺たちがここにいるってことを証明するために」なんてことを繰り返してるだけ)。

だめだ、このまま全曲解説してしまいそうだよ(笑)。こんなの読んでるだけの人にはちっとも可笑しくないだろうから、あと2〜3曲だけにしとくね(まだあるのか、って思った人がいるね?でも延々と全21曲について書くよりはマシでしょう)。

順番はバラバラになるけど、96年版でも07年版でもボートラとして収録されている18曲目の「Baby S'il Vous Plait」は、ファースト・アルバムに入っていた「Baby Let Me Be」のフランス語バージョン。これは、ビートルズが初期のシングル曲をドイツ向けにドイツ語でも録音していたことのパロディ。本家と違うのは、このフランス語バージョンの歌詞は「僕フランス語がわからないから、英語でしゃべってください」とか言ってるだけってこと(笑)

14曲目「Shangri-La」のイントロでちらっと奏でられるメロディがあるんだけど、これはこの96年当時破竹の勢いだったオエイシスの「Whatever」という94年のヒット曲のメロディに聞こえる。でも実はこれ、ニール・イニス自身が73年に発表した「How Sweet To Be An Idiot」という曲のメロディと全く同一。こんなところでこそっと「みんなが好きなあのヒット曲、実は僕の曲のパクリなんだよ」って言ってるみたい。この「Shangri-La」は後半「Hey Jude」風の盛り上がりを見せるんだけど、そこでニールがまたさっきのメロディを(今度は「Whatever」の歌詞付きで)歌うのが痛快。

アルバム本編の最後となる16曲目の「Back In '64」は、そのタイトルから連想できるように「When I'm 64」のパロディ。出だしこそくすっと笑わせる歌詞だけど、これは(ビートルズの時代でもあった)64年を懐かしむしみじみとした歌詞を持った曲。ああ、笑わせるだけでなく、こんなしんみりした気持ちにもさせてくれるんだと、また感心。

さっきも書いたけど、この人たちの魅力って、ビートルズのことをよく知っていれば知ってるほどよりよくわかるんだけど、だからといって敷居が高い音楽じゃない。今さらビートルズ、なんて思ってちゃんと聴いていない人もいるかも知れないけど、逆にこっちから入ってみて、元ネタとしてのビートルズにたどり着くというのもアリかも。ボートラ以上に今回の新装版が魅力的なのは、その値段。今回はEMIゴールドという、EMIの廉価レーベルからの発売なんだけど、上にアフィリエイトしたアマゾンでも1171円。僕はオークランドで新品未開封を700円弱で手に入れたよ。

The Rutles (1st - Orig).jpg The Rutles 『The Rutles』

今回この記事を書こうとしていろいろ調べてて気づいたんだけど、彼らのファースト・アルバムがオリジナルのデザインで紙ジャケで再発されていた。LPに付属していた16ページのブックレット付きだって。僕はもう紙ジャケにはあまり惹かれないんだけど、これは欲しいな。あ、でも音源は今僕が持ってるものと同じで、リマスターもされてないのか。どうせならリマスターしてからLPと同じ曲順にすればいいのに。しかも3192円!『Archaeology』の良心的な価格設定に比べて、何だよこれ。ちょっとなにかとケチがつきすぎて気が引けてしまうなあ。まあでも、自分の持ってるCD/レコードしか写真を載せないという縛りのこのブログに写真を載せてしまったからには、買うしかないか。廃盤になるまでに買って、自分でオリジナルLPの曲順に入れ替えたCD-Rを作ってこのジャケに入れておこうっと。
posted by . at 21:28| Comment(19) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

消えない三等星 Graham Parker & The Figgs 「103 Degrees In June Live In Chicago」

グレアム・パーカー。例えばこれまで彼の音楽を聴いてこなかった人や、今から洋楽に触れていこうとしている若い人が、こういう微妙な立ち位置の人に出会う機会があるんだろうか。ラジオやテレビで彼の曲が流れることなんてないだろうし、ウェブや口コミで話題になるようなことをしているわけでもない。コンスタントにアルバムを発表しているけれど、もはや日本盤でCDが出ることもないだろう。

僕は高校生の頃に、いわゆるパブロックと呼ばれる音楽が好きになり、エルヴィス・コステロ、ニック・ロウ、デイヴ・エドモンズなどの、当時は殆ど廃盤だった初期のLPを血眼になって探したものだ。スクイーズを聴き始めたのも同じ流れからだったな。

同じ文脈で語られることの多いグレアム・パーカーを聴き始めたのは、それから更に数年経ってからのことだった。もちろんデビュー当時はなにかにつけてコステロと比較されていたような彼の名前をそれまで知らなかった訳ではなかったんだけど、どういう訳か後回しにしていた。なんとなくさっき名前を書いたような人たちに比べて地味なイメージがあって。星の等級で言うと三等星ぐらいというか。

初めて彼のアルバム(85年当時の新作)をきちんと通して聴いたときには、それまで無駄にした数年を心底後悔したものだった。でもまあ、とにかく僕はそんなに致命的に遅れることなく彼に出会うことができた。幸運だったと言っていいだろう。それからの20年間、コツコツと活動し続ける彼のことをずっと見守ってこられたんだから。

80年代ぐらいまではまだアルバムも売れていたし、時にはヒットシングルも出していたけれど、決して表舞台に立っていたとは言えない彼だから、90年代以降、マイナーレーベルを渡り歩くようになってからは、世間一般的には既に忘れ去られた存在だろう。最早、パブロックなんてものが一括りに語られる時代でもないし。

そんな状況とは裏腹に、彼は実にコンスタントにアルバムを発表し続けている。ここ数年は、ほぼ毎年と言ってもいいぐらいだ。更に、自分のウェブサイトを通じて、各アルバム発表時のツアーを収めたライヴアルバムも出し続けている。今日紹介するのは、05年のアルバム『Songs Of No Consequence』に続くツアーの記録『103 Degrees In June Live In Chicago』だ。

103 Degrees in June.jpg 『103 Degrees In June Live In Chicago』

『Songs Of No Consequence』が久々に佳曲揃いのいいアルバムだったので、そのアルバムを製作したのと同じ面子で行ったこのツアーが悪いわけがない。デビュー・アルバムからの「Soul Shoes」を始めとする初期の名曲から、最新作からの「Vanity Press」「Bad Chardonnay」といった、80年代前半を髣髴とさせる曲まで、実に充実した内容。特に、サード・アルバムからの「The Raid」がオリジナル以上に格好いいロカビリーっぽいバージョンになっていて最高。

彼は、古い曲を演るときは、「これは何年の何というアルバムからの曲」っていちいち説明するし、さっき書いたような代表曲だけでなく、古いアルバムの誰も覚えてないようなマイナーな曲までちゃんと取り上げている。本当に自分の作品に愛着があるんだろうね。

途中、ファースト・アルバムからの「Nothing's Gonna Pull It Apart」を始める前に、「この曲ができたのは(バックバンドの)フィグスの連中がまだ赤ん坊の頃だ。今日着ている、こないだ屋根裏から引っ張り出してきたこのシャツも、こいつらより年食ってるよ」なんてことも言ってる。

このライヴ・アルバム、彼のオフィシャル・サイト(上の写真の横の文字にリンクあり)のみでの発売。しかも直筆サイン入りで2000枚限定。しばらく前に買った僕のが1014/2000(手書きのナンバー!)だから、まだしばらくは買えるだろうけど、こういうのは一旦なくなると手に入る可能性が非常に少ないからね。僕は03年に出た、『Deepcut To Nowhere』ツアー時のライヴ盤『Live Cuts From Somewhere』をつい買い逃してしまって、以来ヤフオクとイーベイにアラートかけてるんだけど、まったく引っかかってこないよ。なので、興味のある人はお早めに。

Songs of No Consequence.jpgさっき書いた佳作『Songs Of No Consequence』は、マイナーレーベルからの発売だけどまだ普通に流通してるんで、ライヴを買い逃した人はこちらもお勧め。実は、更につい先月これに続くニューアルバム『Don't Tell Columbus』が出たばかりなんだけど、それは今輸送中だから、今回はそれについては書けない。これを聴いて気に入ったら、僕が20年前にしたみたいに、ここから30年遡って聴いていくというのもありかも。もしそういう人がいれば、僕の持ってる彼の40枚のアルバムを解説する記事を書いてもいいよ(笑)

本当に、もう60歳近いというのに、もの凄い勢いでがんばってるなあ。先に名前をあげたエルヴィス・コステロやニック・ロウが年齢相応に随分枯れたアルバムを作るようになり、引退状態の人やバンドも沢山いるというのに。三等星だったかもしれないけど、他の大きな明るい星が消えていった後もしぶとく光ってるような人だな。『Songs Of No Consequence』の最終曲では、まさにそんなことを歌ってるよ。「Did Everybody Just Get Old?」って。
posted by . at 20:26| Comment(15) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

心の鎮痛剤 Tamas Wells 「A Plea En Vendredi」

Plea en Vendredi Tamas Wells 「A Plea En Vendredi」

先日、友人に会うために訪れた小さな街のCD屋でふと見かけたアルバム。
僕はそのグループの名前さえ聞いたことがなかったのだが、この無機質なジャケットにまず惹かれて手に取った試聴機のヘッドフォンを、最後の曲まで耳から離すことができなかった。

タマス・ウェルズ。ミャンマー出身のオーストラリア人シンガー・ソングライターが自分の名前を冠した4人編成のグループ。とはいえ、リズム楽器は非常に控えめに、タマスの声とギター、そしてピアノをサポートするにとどまっている。

なんというデリケートで儚い音だろう。こんな紹介文を書いておきながら甚だ申し訳ないが、僕は自分の拙い日本語でこの美しい音楽をきちんと説明することができない(いや、他の言語ならできるという意味じゃないよ)。

二つのインストゥルメンタルを含む全11曲。わずか33分の、ささやかな短編集のようなアルバム。

ライナーノーツによると、彼はオーストラリアからのNGOで医師として働く妻とともに、ミャンマーでエイズ教育の地域医療プロジェクトに関わっているという。そのライナーが結論付けているように、彼のその経験がこの美しい音楽を生み出したのかどうかは、僕にはわからない。

でも、日本盤CDの帯にある、

  「すべての痛みを除去する、この世で最も純潔な歌声」

というコピーが、このアルバムを如実に表現していると思う。心が痛んだときに聴いていたい音楽をまたひとつ見つけたことを喜びたい。
posted by . at 16:54| Comment(26) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

Bruce Springsteen 「The River」

元々このブログをロック名盤ガイドみたいな感じにするつもりはなかったから、ここで採りあげるアルバムは基本的には最近発売されて僕が気に入ったものを中心にしているし、過去のアルバムを採りあげる場合には、ここ数回のようにオリジナルから形態を変えて再発されたものを載せることにしている。有名なアルバムは今さら僕がわざわざ紹介するまでもなく、僕より知識豊富な評論家がもっと上手な文章で書いた立派なガイドブックが沢山あるからね。僕はもうちょっとマイナーなやつを掘り起こしてあげる、と。だからこそ、このブログタイトルにした訳で。

The River今回話をするブルース・スプリングスティーンの「The River」は、全然マイナーじゃないんだけど、まだそういう特別盤にはなっていない。数ヶ月前に買ったはいいがまだ聴く時間のない「Born To Run 30th Anniversary Edition」にからめて話そうかとも思ったけど、それにはまずあの箱に入っている合計4時間にも及ぶDVDを観ないと話にならないし、そんなことをしていたらこの記事が完成するのがいつになるかわからないから、今回は特例としてこの旧譜をストレートに採りあげよう(それにしても、時間がないという同じ理由でまだ封を開けてもいないボックスセットがうちに何箱もあるよ。果たして僕が生きているうちにあれを全部聴いて観ることができるのか?世間では「奇跡の未発表映像発掘!」とか言われてとっくに話題になってるのに、僕が我が家でそれらを発掘するのはまだずいぶん先の話になるなあ)。

前回・前々回採りあげたアルバム同様、このアルバムも僕をひたすらノスタルジックな気分にさせてくれるんだけど、これは僕にとってはまた特別なアルバムなんだ。忘れもしない1981年8月5日、その年の4月に入部して以来ずっとあこがれていた、水泳部で一年先輩のマネージャーだったTさんと初めて学校帰りに出かけ、阪急東通り商店街のレコード屋で一緒に買った思い出のあるLPだから。いや、別にデートとかそんな気の利いたものでもなく、「ラジオで聞いてすごく気に入ったレコードを買いに行こうと思うんですけど、一緒に行ってくれませんか?」とかなんとか言って、本当に一緒に買いに行っただけという、今から思えば子供のお使いみたいな話なんだけど。

ラジオで聞いて気に入ったというのは本当の話。当時FM大阪で、新しく出たLPから一曲を除いて全部をぶっ通しでオンエアするという番組があって、もちろんまだレンタルレコードなんてなかった時代だから、僕は毎晩のようにその番組をエアチェックしていた。このアルバムを知ったのも同じ番組で。確か除かれていた一曲は「Point Blank」だったように記憶している。

一般的にブルース・スプリングスティーンの最高傑作といえば、75年の「Born To Run」が挙げられるんだろうし、僕もそれに異論を挟むつもりはない。でもこの「The River」は(さっき書いた僕の個人的な思い出を差し引いても)80年代の幕開けを飾るにふさわしい、最高のロックンロールアルバム。今でも僕にとってのブルースは、「Born In The U.S.A.」での頭にバンダナを巻いた筋骨隆々のマッチョマンでなく、このLPの内ジャケにたくさん写真が載っている、なんでもないこざっぱりしたシャツを着たひょろっとした兄ちゃんのことだ。

二枚組LP。A面冒頭4曲の疾走感は、誰のどのアルバムでも味わえない特別なもの。過去四半世紀もう何百回と聴いた今でもまだ僕を25年前と同じ気持ちにさせてくれる。A面、B面がそれぞれアップテンポの曲4つの後にスイートなバラッドが1曲(A面の「Independence Day」はアメリカ独立記念日に親の元から旅立つ若者の話、B面の「I Wanna Marry You」はタイトルそのままのストレートなラブソング)。B面はその後に物悲しいハーモニカの音に導かれて始まるアルバムのタイトルトラック「The River」が続く。「I Wanna Marry You」まで、曲調にかかわらずポジティブな内容の曲ばかりだったのに対し、この「The River」は、若くして恋人を妊娠させてしまい、仕事も金もないまま結婚せざるを得ず、今は希望もなくなってしまった男が、若い頃にその恋人と泳ぎに行った川に戻る(しかし川はもう枯れている)といったなんとも暗い話。曲自体は名曲なんだけど。

それに続く2枚目のLPの冒頭が、これまた輪をかけて陰鬱な「Point Blank」。アルバム後半の出だし、前作なら「The Promised Land」、前々作なら「Born To Run」が収められていた重要な位置なのに。しかし、この曲が幕を開ける2枚目が、また別の意味で当時のアメリカを表現しているような気がする。このアルバムの裏ジャケットに載っている白黒写真、60年代風のペーパードールやアメリカ国旗なんかが写ったアメリカの家庭の一場面。一見古きよきアメリカを表している写真なんだけど、60〜70年代のアメリカンドリームなんてのが嘘っぱちだったとわかった今の眼で見ると、いかにも虚飾の風景。さっきの「The River」のように、うまくいかなかった人生を描いた曲が並ぶこの2枚目があるからこそ、この「The River」というアルバムがこれほど味わい深いものになっていると言える。先ほどの書き方を継承すると、C面はアップテンポとスローな曲が2対3、D面に至るとそれが1対3にまで減ってしまう。だからよくないと言ってる訳じゃない。D面最後の3曲など、聴いていて心が洗われるような気持ちになる。

最近はいつもこのアルバムを聴くときはCDをかけているんだけど、今回この記事を書くにあたって久しぶりにLPを聴いてみた。若い頃むさぼるように読んだためにもうよれよれになった歌詞カード。見る画像が圧倒的に少なかったから、今でも細部まで覚えているほど何度も見た内ジャケの写真の数々。懐かしい。そう、このジャケットのブルースの顔写真も、LPだと本物の顔ぐらいの大きさがあるんだよね。

ああ、この「Stolen Car」の最後のところでポツ、ポツ、って何回もスクラッチノイズが入るんだった。こういう雑音まで含めてアルバム全体を耳で覚えてるよ。もちろんCDで聴いていたらそんなの入ってない綺麗な音で聴けるんだけど、なんだかこういう自分だけのLPに入っている雑音って、好きになった女の子のほくろやそばかすみたいなもので、それを含めて妙に愛しいんだよね。なんだか曲そのものよりも、こういう雑音を聞いて急に昔が懐かしくなってしまった。僕のLPを録音してあげたTさん、まだあのカセット持ってて、この雑音まで覚えてくれているだろうか。

posted by . at 19:18| Comment(23) | TrackBack(2) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

The Clash 「London Calling 25th Anniversary Edition」

僕の無人島レコを3〜4枚挙げた前回の記事で、当の「All Mod Cons」には誰もコメントしてくれなかったのに、併記した別のアルバムにLoonyLunaさんとかえでさんが反応してくれた。なんか日本でのジャムとクラッシュとスプリングスティーンの人気の差をうまく表しているようなエピソード。せっかくだから、それらのアルバムについても何か書いてみよう。無人島レコ有力候補三部作、第二弾はクラッシュの「London Calling 25th Anniversary Edition」。

London Calling.jpgユニヴァーサル・レーベルの「デラックス・エディション」に対抗し、ソニー・レーベルが「レガシー・エディション」というシリーズを出している。内容は前回説明したデラックス・エディションとあまり変わらないけど、まだ出ている枚数が少ない分、玉石混交のデラックス・エディションとは違い、本当に名盤と呼べるようなアルバムばかりがピックアップされている。このアルバムは、原題を見てわかるように、本来は1979年に発表された「London Calling」の25周年記念。日本でのみ「レガシー・エディション」という名で売り出されている。かなり分厚い紙ケースをパタパタと開けると、ディスクが3枚入っている。1枚目はオリジナルLPのリマスター盤。2枚目は今回の目玉、「London Calling」の録音に入る前のリハーサルをカセットで録音してあった通称「The Vanilla Tapes」。3枚目がDVD。

「The Vanilla Tapes」は、よほどのファンでないとちょっとお薦めできないような音質と内容。殆どがアルバム収録曲の初期バージョン。まだ最終タイトルになっていないものもある。歌は入っていたり入ってなかったり。未発表曲が5曲入ってるけど、ものすごく良い訳でもない(だからアルバムからは落とされたんだけど)。

元々発表するつもりのなかったリハーサルの録音だからしょうがないんだけどね。強いて言えば、誰かのホーム・ムービーを延々見せられてる感じ?それも音だけを。でも、僕にとってこれは「中学生のときに親しくしていた近所の兄ちゃんたちが映ってるホーム・ムービー」みたいなもの。しかも一番よく面倒見てくれた兄ちゃんは4年前に亡くなってしまったから、その人の声が聞こえるだけでもちょっと感傷的になってしまう。

「The Guns Of Brixton」の原型である「Paul's Tune」でのポール・シムノンのおっかなびっくりのベース。この人、クラッシュに入るまでろくにベースを弾いたことなかったし、この唯一の持ち歌「The Guns〜」をステージで歌うときも、歌いながらだとベースラインをキープできないから、ジョー・ストラマーのギターと交換してもらってたぐらい(それでも歌は下手)だったから、最終テイクでないこのバージョンがこれだけよれよれでも不思議はない。当時の仲間で言えば、例えばブロックヘッズのノーマン・ワット=ロイあたりにこの曲でベースを弾かせていれば、これはもっとグルーヴの効いた格好いい曲になってたかもしれないのに(そしたら今度はライヴでこの曲を演奏できなくなってしまうけど)。

どのリハーサル・テイクを聴いても、やっぱり一番テクニックがあるのはドラマーのトッパー・ヒードン。かつてジョーが彼を評して「このバンドにおける発電所みたいな奴」なんて言っていたのを思い出させる、タイトで小気味いいドラム。それだけに、この人が一番先にヘロイン中毒で脱落してしまったことが悔やまれる。

「The Vanilla Tapes」の最後から2曲目に入っている、最終テイクとは違う(ちょっとダサい)歌メロの「London Calling」のリハーサル・テイクを聴いたすぐ後に1枚目(リマスター盤オリジナル・アルバム)の1曲目(同じ曲)を聴いてみると、本当にいいプロデュースというのはこういうことだというのがよくわかる。

その、本当にいい(?)プロデューサーのことがよくわかるのが、3枚目のDVD。これは、@ドン・レッツ監督(偶然、前回のジャムのDVDもこの人が監督)の、メンバーのインタビューを中心にしたアルバムのメイキングビデオ、Aスタジオでの録音風景を撮った白黒ビデオ、Bプロモーション・ビデオの3部に分かれている。

@にはいろいろと興味深いエピソードが出てくる(彼らのことをしらない人が聴いても興味深いかどうかは不明)。僕はジャム・セッションでギターを弾くトッパーを初めて見た。ちなみにジョーはピアノ。ドラムを叩いている人は誰だかよくわからない。他には、予想はついていたとはいえ、ミック・ジョーンズ本人の口から出た「殆どの曲はジョーが詞を書き、俺が曲を書いた」という事実(それにしても、これだけ素晴らしい曲を書ける音痴を僕は他に知らない)。

しかし、意外とこのDVDの目玉なのはA。今回あえてこんなに画像の荒れたビデオを収録した目的が、これを観てよくわかった。スタジオでの録音中、メンバーが演奏してる横でハシゴを振り回したり椅子を床に叩きつけたりするプロデューサー(ガイ・スティーヴンス)。メンバー苦笑い。ピアノを練習するジョーの手の上に、鍵盤の端から端までワインを注いだとか(ピアノの修理費6千ポンド!)、とにかくメチャクチャな人。それでも、@ではメンバー皆が「今回のプロデューサーとはやり易かった」なんてコメントしてるところを見ると、前回のサンディー・パールマンってどんな奴だったんだって思ってしまう。

でも、その基地外プロデューサーが仕上げた作品が1枚目の「London Calling」。多くの人がクラッシュの最高傑作に挙げ(僕もそれに一票)、ローリング・ストーン誌が「80年代最高のアルバム」に選んだアルバム(それに対するジョーのコメント:「あれは79年に出たんだよ」)。全19曲、捨て曲なし。オリジナルのLPは二枚組。でも当時メンバーはそれを誰でもが買えるようにと一枚の値段で売り出した(そういうところが格好いいんだよね)。

格好いいと言えば、DVDのBにあたる3曲のプロモーション・ビデオ。最初は言わずと知れた「London Calling」。夜の埠頭、雨が降りしきる中を黒ずくめのメンバーが白い息を吐きながら演奏するこのビデオは、僕は世の中に存在する全ての音楽プロモ・ビデオの中で一番格好いいと思う。さすがに25年前の画像は今の基準からするとかなり貧弱だけど(こういうDVDに収録する機会にきちんとリストアしてほしかったんだけど)。

残る「Train In Vain」と「Clampdown」はライヴ風景。前者でキーボードを弾いてるのはブロックヘッズのミッキー・ギャラガーかな。後者を観て、僕は25年前の大阪公演を思い出した(あの時はこの曲の前にすこし変わったイントロがついてたと思うんだけど)。さっきも書いたように、ライヴでの演奏はどちらかというと下手なグループだったけど、こんなに粋なバンド、他にいなかった。とにかくステージで映える。こんなライヴ録画が残ってるんぐらいなら、この時のコンサート全部録画してるんだろうに。それはいつになったら出してくれるんだろう。もう一人メンバーが誰か死ぬまで温存しておくつもりか?

やれやれ、長くなってしまった。でもこれだけ僕を感傷的にさせるアルバムのことを短くまとめて書くなんて最初っから無理な話。ここまで読んでいただいた方、どうもありがとうございました。次回は無人島レコ三部作の第三弾、ブルース・スプリングスティーン。にんじんさん、お待たせしました(笑)。
posted by . at 21:27| Comment(6) | TrackBack(1) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

The Jam 「All Mod Cons Deluxe Edition」

All Mod Cons Deluxe Edition.jpg少し前のパワーポップの回のコメント欄でのLoonyLunaさんとのやりとり、無人島にはどうやってたどり着くか(笑)。いや僕、無人島っていうとどうも乗ってた船が難破して、命からがら流れ着くっていうイメージがあったんでね。それで、そのときたまたま手にしていたレコードがあの回に採りあげたやつのうちどれであっても問題ないと、そう書いたつもりだったの。でも、一般的に無人島レコードというと、Lunaさんが仰っていたように、今から無人島に行くという時に一枚持って行くとしたら、さあ、どれ?っていう意味合いだよね。要するに、あなたの一番好きなレコードはどれですか?と。僕の好きなマンガ「レコスケくん」にもそういうエピソードがあったけど、そういう時に1枚に絞るっていうのは至難の技。僕らみたいにある程度レコードを集めてる人にとっては、それはもう決して答えられない究極の質問みたいなもの。

当然僕も1枚に絞るのは無理なんだけど、でも昔からいつも必ず最終選考まで残るアルバムは何枚かある。クラッシュの「London Calling」、ブルース・スプリングスティーンの「The River」、そして今回採りあげようとしているジャムの「All Mod Cons」(と「Setting Sons」)。それら全部が1979-1980に発表されているのは、それが最も多感な年齢の僕が音楽を聴き始めた時期だったことと関係しているんだけれどね。

ユニヴァーサル・レーベルの「デラックス・エディション」シリーズの一環として、ジャムの「All Mod Cons」が発売された。この「デラックス・エディション」ってのは、過去の名盤(そうでないものも混じってるけど)に当時の未発表曲やライヴ録音などを組み合わせて、ちょっと豪華なパッケージで売り出しているシリーズ。当たり外れあるけど、僕みたいなコレクターにとっては結構気になる存在。

で、これは当たりか外れか。内容はCD1枚にDVD1枚。CDの方はオリジナル・アルバムのリマスター、プラス当時のアルバム未収録シングル、シングルB面曲、アルバム収録曲のデモ・ヴァージョン。DVDの方は各メンバーと側近が語る当時の思い出、ライヴ演奏付き。

もしあなたが既に「All Mod Cons」を持っている、ないしはポール・ウェラーのファンであるなら、これを買ってもいいかも。僕はすごく楽しめたよ。もう過去四半世紀に亘って数百回と聴いて、どんな細かなディテールまでも耳に残ってる曲を、そのデモ・ヴァージョンと聴き比べる楽しみがあるから。僕、ジャムのシングルは全部持ってたし、ファンクラブ向けのソノシートなんてのまで集めてたほどのマニアだったけど、その僕でも聴いたことのないヴァージョンが入ってるし。ただ、DVDの方に入ってるライヴ演奏は、殆どが既出だけどね。完奏してる曲もないし。DVDはもうすっかり禿げ上がったリック・バクラーの姿を見て驚くのが正解かと(笑・それにしても、「Westway To The World」に出てきた、変わり果てた元クラッシュのメンバーの比ではないけど)。

でも、そうでない大半の人は(せっかくアフィリエイトしておいてこういうこと書くのもなんだけど)、この「デラックス・エディション」は止めておいたほうがいい。同じ曲が何回も出てくるし、DVDの方は日本ではPCで観るしかないPALヴァージョンで、しかもインタビュー中心の内容なのに字幕も付いていない。

代わりに、おそらくこれが出たことによって中古市場に放出された通常仕様の「All Mod Cons」が捨て値で出回っているはず。それを是非聴いてみて。今また何度目かの全盛期を迎えているポール・ウェラーが遺した最初の傑作。僕はもう全部の音を覚えてるし、全曲をそらで歌える。僕に無人島レコードの質問をすれば、5回に1回はこのアルバムを挙げるよ。

僕が学生の頃に英語がそこそこ出来たのも、先に書いた3〜4枚のLPのお陰。「Pretty」を片仮名の「プリティー」でも米語の「プレリィー」でもなく「プリツィー」だと教えてくれたのはポール・ウェラーだった(ちなみにもう一人の先生だったジョー・ストラマーは、同じ単語を「プエッィ」みたいな発音して混乱させてくれたけど)。同じく、ポールに習って「Hate」も「ハイト」と発音するようになったお陰で、英国訛りの強いここNZでも普通に悪口を言ってるよ(笑)。

で、僕みたいなジャム・ファンからの、さっきの質問への回答。これは「デラックス・エディション」としては、大当たりじゃないけど、そう悪いわけでもない。願わくは、これ以降のジャムのアルバムを全部「デラックス・エディション」化して、それぞれのツアーのライヴ録音をボーナスとして付けてくれたら最高なんだけど。そしたら僕はそれぞれを「聴く用」と「保存用」に2枚ずつ買っても惜しくないね。
posted by . at 20:15| Comment(5) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

NZ音楽界の宝石   The Finn Brothers 「Everyone Is Here」

前回のCD評(PSB)をアップした後改めて自分で読んでみると、とにかく長い。論文じゃないんだからよっぽど興味なければこんなの誰も読まないよ、って文章でしたね。律儀にあんなの全部読んでくださった方には、厚く御礼申し上げます。まあでもあれは最近お気に入りのCDの感想を自分のために備忘録として書くことが目的だったからまあいいか。でもこのブログの最初の記事に付けていただいたコメントの中に、おすすめの音楽があれば教えて、と言っていただいた方がおられたことも考えて、これからはおすすめCDの紹介記事のときはせめてあの半分ぐらいの長さを目安にしますね(もうこの前置きからしてすでに長すぎですけど)。また、このブログを立ち上げようと考えていたときに、僕がいま海外に住んでいることから、海外についての話を期待していただいた方もいらっしゃいます。そこで、今回はその二つのご期待に少しずつ応えることにします。2004年発表のアルバムなので少し古いですが、ニュージーランドのアーティストです。

Everyone Is Here.jpg  フィン・ブラザーズ 「Everyone Is Here」

その昔、ニュージーランドにスプリット・エンズというグループがいました。NZ国内はもちろん、世界各国でアルバムを発売し、そのひねったポップなサウンドで一部の音楽ファンを惹きつけました。そのひねり具合は、Split Enz(枝毛)なんて変なグループ名からも少しは伺えるでしょうか。

やがてスプリット・エンズは解散し、中心メンバーであったティム・フィンとニール・フィンの兄弟は、クラウデッド・ハウスというグループを結成、これがスプリット・エンズ以上に全世界でヒットを飛ばすほどになります(細かいことを言うと二人が参加した経緯は少しこれとは違うのですが、それを書き出すとまた論文になってしまうので割愛します)。20年ほど前に洋楽を聴いていた方なら、日本でも流行った「Don’t Dream It’s Over」という曲をご存知かもしれませんね。

そしてクラウデッド・ハウスも解散。ティムとニールはそれぞれソロアーティストとしてアルバムを数枚ずつ発表。以前より地味な活動になりましたが、NZ国内では大御所アーティストとして確固たる地位を築いてきました。洋楽を聴かない方に説明するために、日本で言うと誰かなぁとずっと考えていたのですが、思い当たらないですね。強いて言えば、もし桑田圭佑が「稲村ジェーン」の後で映画にのめりこんでしまってサザンを解散してしまっていたとして、15年後に原由子と二人でアルバムを作った、という感じですかね。ちょっと違うか。まあお互い自国内ではそれぐらい大御所ってことで。

先の二つのグループが欧米で数々のヒットを飛ばしていたことから、その当時まだ若い音楽ファンだったであろう色んなアーティストが彼らのことをリスペクトしており、例えばCD・DVDにもなっているニールの数年前のコンサートツアーでは、パール・ジャムのエディー・ベダー、元ザ・スミスのジョニー・マー、レディオヘッドからの二人、などという、とんでもない豪華メンバーがバックを務めています。

また、当然それだけヒットした彼らの曲には誰が歌っても名曲という普遍性があり、これもまた色々なアーティストにカバーされています。nekoさんがブログに書いておられた、ジェームス・ブラントが日本のコンサートで演奏した“新曲”のうちの一曲は、おそらく彼らの「Fall At Your Feet」という曲ではないかと思われます(日本公演の少し前に録音された彼のライヴアルバムでその曲を演ってます)。nekoちゃん、読んでる?ほら、ちょっと興味でてきたでしょ?(^^)

その彼らが本当に久々に二人でスタジオに入り、2004年に完成させたのが、上に写真を載せたこのアルバムです。内容をひとことで言うと、“大人による大人のためのポップ”。息を呑む珠玉のメロディーが、素晴らしく芳醇なハーモニーに乗せて歌われています。2004年というのは僕がNZに来た年でもあるんですが、ちょうど今頃の時期(南半球では真冬)に街のあちこちでこのアルバムからの最初のシングルカット曲「Won’t Give In」が流れていました。いきなり赤道直下から真冬のNZに移り住んで、長年の熱帯暮らしで開ききった全身の毛穴にしみこむ寒さに死にそうな思いをしていた僕は、この曲の心温まるハーモニーとカフェで飲むロングブラック(エスプレッソをお湯で割ったNZのコーヒー)にずいぶん暖めてもらったものです。

もう前回のようにつべこべと曲ごとの解説はしませんが、とにかくアルバム冒頭の二曲「Won’t Give In」「Nothing Wrong With You」をまず聴いてみてもらいたい。もし2004年にブライアン・ウィルソンが「Smile」を完成させてさえいなければ、その年の僕のアルバム・オブ・ザ・イヤーになっていたはずのCDです。大人の方なら大抵の方に気に入ってもらえると思います(年齢的には大人でも、もしあなたの鼻と唇にピアスの穴が開いていたり、あなたのワードローブにドクロの絵が描いてあるシャツが二枚以上あるようでしたら、あとで他のCDをお薦めしますので、もうこの先は読まなくていいです)。じっくり聴いても素晴らしいし、押し付けがましくない音なのでBGMにも最適だと思いますよ。この人たちが今日本でどういう扱いなのかがよくわからないですが、恐らく町のCD屋さんですぐ見つかるような盤でもないと思いますので、上の写真にアフィ貼ってみますね(初挑戦!…でもどうやれば写真をクリックして別ウインドウに飛ばせるのかがわからなかった)。

彼らのことを知るにつけ、僕は誰かにこの二人のことを紹介するときには、“NZの宝石”と呼ぶようになりました。NZの音楽界というのは想像以上に層が厚いんですが、先にも書いたとおり、この二人は別格です。この次また二人でアルバムを作ってくれるのか、それともソロに戻るのか、まだわかりませんが、恐らく彼らの生涯最高傑作と思われるこのアルバムを凌ぐものを作ってくれるでしょうか。願わくは、僕がNZにいる間にまたニューアルバムを発売して、コンサートツアーをやってほしいものです。そのときは、皆さん、観光がてらNZに観にきませんか?
posted by . at 11:46| Comment(18) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。