2008年05月11日

哀感を湛えた四月 - Sun Kil Moon

4月。新入学、新学期、お花見、ゴールデンウィーク、等々。日本人にとっては、ある意味一年でいちばん明るい気持ちになれる月だろう。アメリカ人にはどうなんだろう。年度の区切りは関係なくても、やっぱり春というのは(地域によるだろうけど)寒くて長い冬を越した、希望の季節なんじゃないのかな。

April.jpg Sun Kil Moon 『April』

なのに、『April』と名付けられた、サン・キル・ムーン(Sun Kil Moon)久々のこのアルバムは、このジャケットからも連想できるように、そんな明るい雰囲気とはかけ離れた内容の、とても落ち着いた、しっとりと深みのある、そして時には執拗な、聴きごたえのある傑作長編になった。

全11曲73分に、さらに4曲のヴァージョン違いが入ったボーナスディスク付きの2枚組。10分前後の曲がいくつも入っているおかげで、流して聴いていると果てしなく曲が続いているように感じる。

基本的には、マーク・コズレック(Mark Kozelek)のギターの弾き語りが中心。朴訥とした歌は、ニール・ヤングを源流とする数多のアメリカのSSWを連想させる(ニール・ヤング自身はアメリカ人ではないけれど、グレイト・レイク・スイマーズなんかも含めた、北米大陸の、という意味でのアメリカね)。長尺の曲での、聴き手の神経を麻痺させるような、輪廻のように延々と続く歪んだギターも、ニール・ヤング譲りと言えるかも。

僕にとっては、いつも熱心に動向を追っかけているという人ではない。でも、彼が92年に最初に始めたレッド・ハウス・ペインターズ(Red House Painters)の時代から、その素晴らしくノスタルジックなアートワークのせいもあり、常に気にかけていた。僕が今持っているレッド・ハウス・ペインターズの編集アルバム『Retrospective』とこの最新アルバム『April』を続けて聴いてみても、彼の作る音楽には一貫した雰囲気が漂っているのがわかる。そう、レッド・ハウス・ペインターズから彼のソロを経由してサン・キル・ムーンに至る、彼の一連のアルバム・ジャケットに漂うあの独特の雰囲気のように。

Retrospective.jpg Red House Painters 『Retrospective』

彼自身とても滋味のあるメランコリックないい曲を書くソングライターなんだけど、他人の曲をカバーする才能にも長けているようで、しかも、カバー曲をアルバムに収録するだけじゃなく、やるときはアルバム全部あるアーティストのカバー、なんてことが多い。僕が持っている、サン・キル・ムーンとしての前作『Tiny Cities』は全曲モデスト・マウスのカバー。だけど、モデスト・マウスとは似ても似つかない、完全に換骨奪胎したマーク・コズレックの音になってしまっている。僕は未聴なんだけど、全曲AC/DCのカバーなんてアルバムもあるらしい。

Tiny Cities.jpg Sun Kil Moon 『Tiny Cities』

そんな彼が、サン・キル・ムーン名義でなくソロとして初来日し、東京で二日間コンサートを開く。来週の火曜日と水曜日だ。本当に残念なことに、僕は両日ともちょっと抜けられない仕事があって、行かれないんだけど。

こちらで音を聴いてみて、もし気に入ったら、近場の人は是非観に行ってみてはいかがだろうか。14日の吉祥寺の方はもう売切れてしまっているようだけど、13日の渋谷は今これを書いている時点ではまだ少数チケットが残っているようだから。

悔しいなあと、あれこれ調べていたら、どうやら明日(というか、もう今日だね)、渋谷と新宿のタワーレコードで、インストア・ライヴとサイン会が開催されるようだ。これも残念ながらサイン会の参加券はもう予定枚数終了とのことなんだけど、せめてインストア・ライヴだけは観に行ってみようかな。昨日からずっと降り続いている雨は、天気予報によるとこれからどんどんひどくなるという話で、ちょっと億劫なんだけど。

4月の話題はちゃんとその月のうちに書ければよかったんだけど、どうもなかなかまとまった時間が取れなかった。なんとかぎりぎりで彼のライヴ前に記事を上げることができたから、せめて偶然これを読んで彼のことを知った人がライヴに行って楽しめればいいのにな。


posted by . at 02:10| Comment(13) | TrackBack(1) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Red House Paintersって名前だけなんとなく知ってますが、音に触れたことがありませんでした。
今、MySpaceで聴いてますが、Sun Kil Moonは凄く好みの音です。
残念ながら、ライブへは行けそうもありませんが...。
Posted by piouhgd at 2008年05月11日 10:00
オ〜マイガ〜ッ!何たる偶然!ちょうど今、Red House Paintersの「Songs For A Blue Guitar」を聴いてる最中なんですよ〜!
と言うのも、アマゾンが「アンタ、こんなのも好きなんじゃない?」とSun Kil Moonの「April」を勧めてきたんですけど、何気に良さそうだったんで、まずはRed House Paintersからだなってことで先日買ったところだったんです。
コレはyasさん絶対好きだろうなぁ〜とか思って聴いてました(笑)。
彼の歌って、「たとえ誰かと一緒に居たところで、人間なんて生きてる限りは所詮孤独よ。」みたいな誰もが封じ込めておきたい感覚に、ス〜ッと忍び込んできて寄り添ってくれるような感じがします。まっすぐな繊細さに溢れた楽曲には、柔らかなトゲがありますね〜。
ホントに素晴らしいアーティストです!!東京に居たら、絶対ライヴに行くのになぁ。(そしてyasさんに自慢するのに・・・)
Posted by クロム at 2008年05月11日 23:03
>アルバム全部あるアーティストのカバー
カバー上手なんですね。しかしなんでモデスト・マウスなのでしょう? カバーもオリジナルも両方聴いてみたいです。

ジャケどれもいいですね。分子みたいなのはなんだろ。
Posted by カブ子 at 2008年05月13日 00:38
こんばんは。
いやぁ…マイスペで視聴しましたが、良いですねぇ…(遠い目)。

でも集めるのはちょっと大変かなぁ。とりあえず今度レコファンで新作探してみようと(輸入盤はやっぱりレコファンが安いですよね)。
Posted by マサ at 2008年05月15日 20:58
■piouhgdさん
こういうのもお好きでしたか(piouhgdさんが来られるたびに同じことを書いているような気もしますが)。Sun Kil Moonがお好きなら、Red House PaintersもMark Kozelekのソロもお気に召すと思いますよ。基本的にどれも同じですから。通に言わせれば本当は違うのかもしれませんけど。

ライヴ、行けなかったのは残念ですね。piouhgdさんのMark Kozelekライヴ評、読んでみたかったですよ。


■クロムさん
それはまたなんという偶然!クロムさんのご趣味と僕の趣味が惑星直列的な確率で合致した瞬間でしたね。いつもならミークロの記事になっていそうなクロムさん的表現が、僕のコメント欄ごときに書いてあってもったいないですよ。そのうちお時間ができたら、是非『April』もお買い求めのうえ、『Songs For A Blue Guitar』と一緒に記事にしてくださいね。

残念ながら東京に居るのは僕の方なので、インストアライヴに行って、次の記事で自慢させてもらいました(笑)


■カブ子さん
なんでモデスト・マウスなんでしょうね。ファンなんでしょうか。カバーもオリジナルも是非両方聴いてみてください。カバーはこの分子みたいなテトラポットみたいなジャケのやつなんですが、いいですよ。LPを買うと、CDには入っていないボートラと、おまけのライヴEPがついてくるそうですよ。書いておきながら自分で惹かれてしまっていますが。


■マサさん
ようこそいらっしゃいました。絶対に釣れると思っていました。これはかなりマサさんのツボでしょう。

大変とか言ってる場合ではないようですよ。さっきカブ子さん宛てにも書きましたけど、彼のLPは、おまけEPが付いていたり、ホワイト・ビニールとかマーブル・ビニールとか、まるでマサさんのために用意されたかのような仕様ばかりです。もう殆どソールドアウトのようですので、まずは残っているのからどうぞ。
Posted by yas at 2008年05月18日 01:30
昨日ふらふらと『エイプリル』を購入してしまいました…。久しぶりに洋楽の日本盤を買いましたよ。いつもはオリジナル盤だぁ!とUK盤やらUS盤を買っているのですけれど、紙ジャケに釣られて(でも国内盤しか見ていないのですが、きっとUS盤はデジパックですよね…?)買ってきて昨晩からずぅっと聴き続けています。

しかし、カラーヴィニールですか…。すごく欲しい…のですが、やはりソールドアウト状態ですね…。4枚組ライブ盤やカバーアルバムのホワイト・ヴィニールとか『ゴースト〜』のマーブル・ヴィニールとか…欲しかったです…。『エイプリル』のカラーヴィニールはこれからなんでしょうか?もう無くなっちゃったのかなぁ…。

Posted by マサ at 2008年05月18日 15:17
■マサさん
買われましたか。是非貴ブログでも取り上げてみてください。楽しみにしていますよ。『April』のUS盤は見たことがないのですが、確かUK盤は日本盤と同じ作りだったと思います。あれ?違うか。『Ghosts Of The Great Highway』と同じ、2枚組用のデジパックだったかな。あのちょっと分厚いデジパック、僕は好きですけどね。パタンパタンと閉めるときにちょっと重みがあって。

『April』のLPは2000枚限定のようですね。何故か彼のサイトには載っていませんが。色は不明です。マサさん、買って色を確かめた上で分解写真記事をお願いします(笑)
Posted by yas at 2008年05月18日 18:52
さっそくブログで取り上げてみました!まだボーナス・ディスクは未聴なんですけれど、ひたすら今も本編を聴き続けています。

UK盤はデジパック仕様なのですね。多分US盤も同じじゃないかなぁと推察しております。日本盤は正方形の紙ジャケ仕様です。アナログ盤がゲイトフォールド仕様のようなので、それに準じたつくりなのかもしれません。とりあえずアナログも買おうかなぁと思っているのですけれど、オフィシャルのニュースの項目にカラーヴィニールも近々発売みたいなことが書かれているので、ちょっとしばらく様子を観てみることにしようかと。そんなこと言ってる内に完売してしまったら…ちょっと怖いけど、もう少しは大丈夫かなぁと(笑)。
Posted by マサ at 2008年05月18日 21:54
■マサさん
たった今、マサさんの新着記事にコメントを書き込んだ瞬間、こちらに新着コメントのアラートが届きました。まるで文通ですね。日曜の夜中に一体何をやっているんでしょうか、僕たちは(苦笑)

UK盤はデジパックだったはずですが、一回見ただけなので不確かです。やっぱりこの人のジャケは30センチ四方大で持っておきたいですよね。とりあえずRHP時代のを中古屋で気長に探そうかな。

『April』のカラーヴィニール、一体何色なんでしょうね。あの真っ黒なジャケから真っ白な盤が出てきたら、美しいでしょうね。

2006年に10000枚限定だった『Little Drummer Boy Live』のCD、とりあえず注文しました。限定のわりにはこれあちこちで見かけるんですけどね。
Posted by yas at 2008年05月18日 22:08
こんばんは。
オフィシャルサイトでホワイトのカラーヴィニールの取り扱いが始まりましたよ。300枚がオフィシャルストアで販売、100枚がアメリカのツアーで販売されるようです。

Aural Exploitsのマーブルヴィニールも間もなく取り扱われるみたいですね。

とりあえず、私も『Little Drummer Boy Live』と『Ghosts of the Great Highway』を購入しました。『Ghosts』はちょっと『April』と違う感じがして少し驚きました。ライブ盤のほうは音の広がりとか物凄く良い感じです…。
Posted by マサ at 2008年05月20日 21:15
■マサさん
さっそく次々に買われていますね(笑)。マーブルヴィニールも400枚限定で発売になりましたね。Aural Exploitsのサイトに写真が載っていて、見てると欲しくなってしまいます。

僕の『Little Drummer Boy Live』は5月27日発売の他のCDと一緒に注文してしまったので、それまで出荷待ちの状態です。まあ、今月買ってまだ未開封のものが何十枚も机の上に積み上げてあるので、27日まで聴くものはいくらでもあるんですが。
Posted by yas at 2008年05月24日 14:11
こんにちは。
さっそく購入して、さっそく聴いてみました。
思いっきりハマりました。(笑)
とても好きな音です。
Red House Paintersもぜひ聴いてみたいですね。

トラックバックしてみましたので、よろしくお願いします〜。
Posted by piouhgd at 2008年05月25日 14:45
■piouhgdさん
記事拝見しました。ファンが二人増えて、次回の来日公演のチケット争奪が激しくなってしまいましたね(笑)

こういうのがお好きなら、僕の手持ちのネタからそのうちまた何か紹介しますね。piouhgdさんがご存知でないようなのを捻出してこなければ。
Posted by yas at 2008年05月26日 00:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

浸りましょう
Excerpt: Sun Kil Moon April yasさんに教えていただきました。 タイトル通りに、今年の4月にリリースされたばかりのアルバム。 このSun Kil Moonのことはま.....
Weblog: call it anything
Tracked: 2008-05-25 14:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。