2008年04月30日

追悼 ダニー・フェデリーシ

Danny + Bruce.jpg


2008年4月17日、Eストリート・バンドのキーボーディスト、ダニー・フェデリーシがメラノーマ(悪性黒色腫)のため死去。享年58歳。


Danny and I worked together for 40 years - he was the most wonderfully fluid keyboard player and a pure natural musician. I loved him very much...we grew up together." Bruce Springsteen

“ダニーと俺は40年も一緒にやってきた。あいつは最高にフレキシブルなキーボードプレイヤーで、そして純粋に天性のミュージシャンだった。あいつのことが大好きだったよ…俺たちは一緒に育ってきたんだ。” ブルース・スプリングスティーン



僕は自分のブログでこのバンドの鍵盤奏者のことに触れるときには、いつもピアニストのロイ・ビタンのことばかり書いていたように思う。もちろん、いつも書いているように、彼のピアノは誰のどんなアルバムから聞こえてきてもすぐにそれとわかるぐらいに大好きなんだけれど、だからといって、このバンドのもう一人のキーボードプレイヤー、ダニー・フェデリーシの素晴らしさを片時も忘れていたわけじゃない。

数々の名曲を彩るノスタルジックなオルガンの音。そしてなによりも忘れられない、「4th Of July, Asbury Park (Sandy)」でのアコーディオン。彼がいなければ、Eストリート・バンドの音はあれほどまでにふくよかなものにはならなかっただろう。

彼はここ数年ずっと闘病中で、去年のニューアルバム発表に伴う大規模なツアーも、11月を最後にバンドを離脱していたという。去る3月20日のインディアナポリス公演にて突如バンドに復帰。セットリストを見ると、スプリングスティーンとEストリート・バンドは、11月以来演奏していなかった「4th Of July, Asbury Park(Sandy)」をこの日久々に演奏した。

そして、それが彼の最後の演奏となった。


安らかに眠ってください。


「4th Of July, Asbury Park (Sandy)」
20/Mar/'08 at Conseco Fieldhouse, Indianapolis, IN


posted by . at 23:57| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
58歳、まだお若いですね。
音楽は残る仕事だから、いつまでも聴くことができるのがいいですね。
訃報はさびしいものですね。
Posted by 青グリン at 2008年05月01日 00:37
この曲に彼の演奏は不可欠ですね。
演奏を聴いてちょっと涙が出ました。きっと昔から好きだった人には、もっと哀しくてもっと残念でもっと悔しいことでしょう。

私はこの人のことを知りませんでしたが、ここで彼の名前を知って演奏を聴いて、一緒に冥福を祈った偶然を大事にしつつ、彼のキーボードの音に耳を傾けてみようと思いました。
Posted by ひより at 2008年05月01日 01:54
このニュース、購読している映画関係のメルマガで読んではいたんですが、yasさんが貼ってくれた映像を昨日の夜中に見て胸が詰まりました。いい演奏で、いい笑顔でした。ありがとうございました。
追悼のつもりで、やっとmagic買いましたよ(←遅っ!)。

Posted by にんじん at 2008年05月01日 14:49
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by Luna at 2008年05月01日 16:35
音楽家でも小説家でも芸術家でも、子どもの頃は「生きている人」と「昔生きていた人」の二種類しか存在しなかった気がします。いや、今でもそうなんですけど。
何が言いたいかというと、大人になった今は「いなくなってしまった人」というのがあるということですね。好きで親しんだ対象の訃報を聞いて淋しく思うことが増えました。
時々「え!まだ存命中だったの?」と驚くこともありますけど。
しかし58歳は若すぎます。惜しい。まだまだイケたのに。
Posted by ひそそか at 2008年05月01日 17:11
■青グリンさん
そうですね、亡くなってからもいつまでも繰り返して観たり聴いたりしてもらえる人は幸せですよね。この人も人知れず寂しく亡くなっていくのでなく、最後までこうして現役で演奏して、皆に惜しまれながら看取られていくのがまた幸せだと思います。


■ひよりさん
知らない人のためにちょっと涙を流してくださって恐縮です。今回はたまたま僕の好きなこの曲のビデオを貼りましたが、他にもいい曲がありますよ。スプリングスティーンのCDを聴く機会があれば、ピアノの音だけでなくたまにはそれ以外のキーボード(オルガン、アコーディオンも含む)も聴いてみてください。


■にんじんさん
映画関係のメルマガにそんなニュースが載るんですね。僕は遅ればせながらこの記事を書いた日にスプリングスティーンのサイトを見て初めて知ったんです。それで、前日に記事を書いたばかりだったのについこれも続けて書かずにはおれませんでした。

何年間も闘病生活だったということは、にんじんさんが買われたばかりの『Magic』を去年録音していた頃には既に相当体調が悪かったに違いありません。全米ツアーが始まったからには参加しないわけにいかなかったものの、やはり過酷なツアーに体がついて行けず、一ヶ月程でバンドを離脱、それから4ヵ月後に突然一晩だけライヴに復帰。その晩から一ヶ月も経たずに亡くなっていることから考えても、その3月20日のライヴは、「もうこれが最後」と本人もメンバーも暗黙の了解があったはずです。それを承知したうえでのステージ上でのあの笑顔と抱擁。何度も何度も彼の名前を呼ぶスプリングスティーン。ちょっと感極まるものがありますね。


■Lunaさん
電報コメントですね。僕は特に電報受付係というわけではありませんが、機会があれば伝えておきます。


■ひそそかさん
その言い方よくわかります。特に昔からファンだったような人たちは大抵自分より年上ですから、自分がこんな歳になったということは、その人たちはもう相当な年齢のはずですからね。

自分が大人になってからは、「生きている人」、「昔生きていた人」、「いなくなってしまった人」に加えて、「後から生まれてきた人」というのもアリになってきました。自分が既に音楽を聴き始めていた頃にはまだ生まれてなかったような人たちですね。さらには、「後から生まれてきたのにもういなくなってしまった人」なんていうパターンもでてきました。人生複雑です。

ジョン・レノンが亡くなった頃は、ひそそかさん僕よりお姉さんでしたね。
Posted by yas at 2008年05月04日 16:33
ハングリー・ハートのダニーのキーボード・ソロは最高。特にThe Riverは全編、彼のエレピが鳴りまくってI'm a Rockerの疾走感といったら!自動的にアドネナリンが出てきます。
ロイ・ビタンとのピアノも絶妙ブレンドでした。
E Street Bandに必要不可欠の人でしたね。


Posted by arai chan at 2011年06月20日 23:08
■arai chanさん
クラレンスの記事から飛んで頂いたのでしょうか。過去記事への書き込み、ありがとうございました。僕も『The River』がいちばん好きなアルバムなんです。ここ数年のアルバムは、プロデュース方針が変わってしまったのか、せっかくの彼のキーボードが厚ぼったく録音されてしまっていてちょっと馴染めなかったので、今でもあの当時のオルガンの音が一番しっくりきます。

Eストリート・バンドというと、どうしてもクラレンスやスティーヴやニルスやロイが目立ってしまいますが、おっしゃるとおりこの人の貢献度はとても高かったと思います。

Posted by yas at 2011年06月25日 19:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。