2008年03月31日

枯れたまま育つ - Dolorean

例えば、トム・ウェイツがデビューしたときって、きっとこんな風だったんじゃないだろうか。シンガー・ソングライターのレコードなんだけど、当時流行していた爽やかな・あるいは内省的なウエストコーストのSSWとは明らかに趣が違う、そのレコードをかけた場所だけが夜の色に染まってしまう感じ。

Not Exotic.jpg Dolorean 『Not Exotic』 

トム・ウェイツの『Closing Time』からちょうど30年後にあたる03年に発表された、アメリカはオレゴン州ポートランドのバンド、ドロリーンのデビューアルバム『Not Exotic』を聴いて、僕はそんな感想を持った。誤解を恐れて(笑)弁明するなら、このアルバムには『Closing Time』のもつあのどこにも行き場のない厭世観はない。でも、これが新人バンドのデビューアルバムかと思ってしまうほどの枯れた世界がここにはある。僕の知っている最近のバンドでこれに一番近い感触を持っているのは、グレイト・レイク・スイマーズだろうか。

そこで鳴っている楽器は極めてオーソドックスなもの。ギターとヴォーカルのアル・ジェイムスを中心とした5人組。強いて言えば、5人目のメンバーの担当楽器がチェロということぐらいがオーソドックスとは言えないか。アルバムは、そのチェロの陰鬱な音で幕を開ける。

統一感のあるアルバムだと思う。その冒頭の曲から一貫して、夕暮れから夜に至るイメージを喚起させてくれる。三拍子の曲がアルバムの大半を占めていることも、この一貫して落ち着いた雰囲気を持続させることの一助になっているのかも。


Violence In The Snowy Fields.bmp Dolorean 『Violence In The Snowy Fields』

翌年発表のセカンドアルバム『Violence In The Snowy Fields』は、一体この人たちに何があったのかと思うほど明るい曲調の「The Search」がオープニング。まるでイーグルスかポコか、といった爽やかなウェストコースト・サウンド。

それでも、ファーストで聴けた、あのしっとりとした雰囲気は健在。いや、むしろ曲の出来という意味ではこのアルバムの方が格段に進歩しているんじゃないかな。日本でほとんど露出のないこのバンドのことをネットで調べていると、何故あちこちでニール・ヤングの名前が引き合いに出されるのかが、このアルバムを聴くとわかる気がする。

とてもよくバランスの取れたアルバムだ。前作にはなかったミディアム・テンポのカントリー調ロックから、相変わらず渋く聴かせるワルツまで。さっき名前を挙げたイーグルスやポコを髣髴とさせる素敵なコーラス・ワークも聴ける。この先まで読み進む人にこういうことを言ってしまうのもなんだけど、このバンドを聴いてみようと思うなら、まずこのアルバムから入るのが正しい聴き方というものだろう。


You Can't Win.jpg Dolorean 『You Can't Win』

もともと僕がこのバンドの名前を知ることになったのは、ニック・ロウやビリー・ブラッグのアルバムを買ったことで定期的に送られてくるようになったイェップ・ロック・レコード(Yep Roc Records)のメルマガを通じてのこと。半年ほど前にこの最新作『You Can't Win』が発売されたときに、アルバム全曲無料ストリーミングという大胆なプロモーションをしていたのがきっかけだった。

だけど、僕はそのときはこのアルバムは買わず、まず先の2枚をあちこちの中古レコ屋で格安で手に入れた。そこで大いにこのバンドのことを気に入って、この最新作のアナログ盤をオーダーしたというわけだ。アナログ盤を買った理由はもちろん、去年7月8日の記事「LPと算数」に書いたニック・ロウのアルバム同様、購入時にMP3音源がダウンロードできたから。LP自体は180グラムの重量盤だし。

最近このLP+MP3無料ダウンロードという方式が増えてきて喜ばしい限りなんだけど、このイェップ・ロック方式は、よくあるジャケットにクーポンが封入されているタイプでなく、ネット上で支払いを済ませた瞬間に即ダウンロードできるというのが優れてるね。まあ、レーベルのサイトから直接買わないといけないというのが、難点といえば難点だけど。そういえば、近々発売されるエルヴィス・コステロの新譜は、なんとLP(+MP3ダウンロード)とMP3のみという形態になるようだね。CDでの発売はないんだって。僕はそれでも全然かまわないんだけど、いよいよ音楽CDというフォーマットも末期という感じだね。

話がずれてしまった。せっかく今日は記事を短くまとめようとしてるってのに。さて、3年ぶりとなるこのサードアルバム、ファースト⇒セカンドへの成長ぶりとは全く違ったベクトルの向きへ方向転換した観がある。

冒頭のアルバムタイトルトラック「You Can't Win」から、音響系のようなぼわーっとした音に、曲名のリフレインが延々と続く奇妙な曲。2曲目「We Winter Wrens」で、前作までのあのしっとりとしたドロリーン節が帰ってくるんだけど、なんとなくそこの繋ぎがちょっと唐突でいまいちしっくりこない感じがしてしまう。

LPでのA面ラスト「You Don't Want To Know」もまたボーカルにリヴァーヴが効きまくった音響系風。LPだとこの2曲がオープニングとエンディングで対になっているというのがわかるけど、これCDで続けて聴くと非常にわかりにくい構成だろうな(と、普段はネットワークウォークマンに入れたMP3音源で聴いている僕が証言)。

彼らのマイスペースに載っている、アルによるアルバム解説によると、ファースト⇒セカンドと成長したところからの予定調和的なアルバムを作りたくなかった故のこの変化だとのこと。それはわかるけれど、でもマイスペースにアップしている4曲(このアルバムのA2、A3、A4、B3)がいずれも正統派ドロリーン風なのをみると、やっぱり曲として自信があるのはその手の曲なんだなと思う。

うーん、どうもけなしてるようにしか読めないかな。では、まずはさっきのマイスペースで「We Winter Wrens」あたりから聴いてみてほしい。決してこのアルバムが駄曲の詰まった失敗作でないというのがわかるから。デビュー時から変わらぬ枯れた味わいの、でもずっと成長した姿がここにある。

ネガティブな意味合いのアルバムタイトルは、このアルバムを制作しはじめた頃のアルの何をやってもうまくいかないという心情を反映していたそうだけど、このアルバムを完成させてリリースにこぎつけた頃には、その同じ言葉がむしろ前向きな意味を帯びてきたという。どうせ勝てないんだから、気負わなくていいよ、って。

そういう考え方って、たまには必要だと思う。何をやってもうまくいかないときにはね。


posted by . at 00:21| Comment(12) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉー! Dolorean! 僕はファーストアルバムが発売直後に、元ペイブメントのスティーブ・マルクマスが変名でプロデュースを担当しているという話を聞き、即購入いたしました!!

当時は「ニック・ドレイク ミーツ ニール・ヤング」という俄かには信じられないフレーズがおどっていたんですよ、アメリカのサイトとかで(笑。

個人的にはYep Rocとの契約以前にリリースしていた「Sudden Oak」が一番好きですねえ。次いで最新作という感じです。その「Sudden Oak」はほとんどアルのソロ音源という趣なんですが、ほどよい宅録感が彼のボーカルに上手く嵌まっている気がしますね。

ただ、世代的に「バック・トゥ・ザ・フューチャー」な僕などは、すぐに「ドロリアン」だとか「デロリアン」と噛んでしまうところが悲しい話です(苦笑。
Posted by 一本道ノボル at 2008年03月31日 01:01
ああ、また気にかかるアルバムを紹介してくれましたね。困った。

CDは消えて行きますか。
それも困った。
Posted by Luna at 2008年03月31日 08:23
こんばんは。

GLSにイーグルスですか…これは聴かないといけなさそうですね(笑)。と言いながらマイスペースのサイトで視聴してみました結果、とりあえずオフィシャルサイトで『Sudden Oak』を注文してみました。他のCDはまた今度ショップで安いのがないか探してみようかと。

ドロリーンと言う発音なのですね…。私もドロリアンとか思ってしまいました…。
Posted by マサ at 2008年03月31日 20:05
読みながら、もうすでに買うこと決めてましたよ〜!ちょうど今月分の購入CD検討中というジャストタイミングだったもんで・・・。
ああ、試聴したら、1stはツボな予感が〜!
皆様の上記コメに影響されて、私もオフィシャルサイトで「Sudden Oak」を注文してしまいました(笑)。
このような形で日本からのオーダーが立て続くことを「ブロークン・フライト現象」と名付けました。「おっ、ひょっとしてオレたち、日本のメディアで紹介された〜?!」とか思ってるかもしれませんね。
Posted by クロム at 2008年03月31日 22:18
●一本道ノボルさん
当然ご存知でしたか。流石ですね。記事を書きながら気になって調べてはみてはわからなかったのですが、なんと、ジェフ・ソルツマンとはスティーヴン・マルクマスの変名でしたか。道理で彼のアルバムにも参加してると思いましたよ。いい仕事をしていますね。僕の持っている他のアーティストのアルバムにもエンジニアやミキサーとして名前が載っているので、ちょっと意識して聴き直してみようと思います。

そうそう、「ニック・ドレイク ミーツ ニール・ヤング」、僕もどこかで読みました。「ニール・ヤング ミーツ ニック・ドレイク」だったかもしれませんが。いや別にどっちでもいいですけど。言いえて妙だとは思いましたが、そのフレーズをそのまま使うのもはばかられたので、記事中ではニール・ヤングの名前に触れるだけにとどめておきました。

一本道さんがこの3作の中では最新作が一番お好きだというのはわかる気がします。僕も決して嫌いなわけではないのに、どうも記事を書いていてこんなネガティブな話の流れになってしまったことを半ば後悔していたんです。かといってまた途中から全部書き直すほどの気力もありませんでしたし。皆さん、一本道さんの言っておられることの方が正しいです。『You Can't Win』はいいアルバムです。


●Lunaさん
おや、これも気にかかりますか。これは地味ですよ。いいんですか?

CDが消えると困りますよね。まあ、完全に廃れてなくなってしまう頃には、ルナさんも僕ももうこの世にはいませんから、ご心配なく。


●マサさん
以前、マサさんが気に入りそうなのをそのうち紹介すると言ったことを覚えておられるでしょうか。一応、マサさんが食いつきそうな撒き餌をバラバラと撒いておきました。気に入っていただけたようでなによりです。

一本道さんも触れられているグループ名の件ですが、正直言って僕も完全に自信があるというわけではありません。誰かがこの名前を発音するのを聞いたこともないですし。普通、この綴りであれば、英語の発音ならこうなるだろうと察して読んでいるだけです。ORLEANSという地名が、フランスではオルレアンと呼ばれるけれど、アメリカでは(ニュー)オーリンズと呼ばれるのとほぼ同じ理屈ですね。そういう意味では、「ドローリン」と書いた方が正確だったかもしれません。


●クロムさん
読みながら即決していただけたとは、感謝至極です。先月はちゃんと00年代モノを5枚買えたでしょうか。00年代モノ、ミークロの一つ前の記事にも載っていましたね。

実は、僕も皆様に影響されて、唯一持っていなかった『Sudden Oak』を注文して、ブロークン・フライト現象に一役買ってしまいました。メールの宛先がアレックス・ジェイムス。このグループのリーダー、アル・ジェイムス本人でしたね。思わず自己紹介しようかと思って緊張してしまいましたよ。新譜でもないアルバムがいきなり数日間に3枚売れて、しかも全て日本からのオーダー、一体何事かと思っていることでしょうね。届くのが楽しみです。
Posted by yas at 2008年04月05日 00:05
読みながら即決こそしませんでしたが、これは良さそう〜と思いましたよ。只今shichouchuu。たまにローマ字になってしまうのはストリーミング状態de書き込んでいるせいです。

渋いですねー。なかなか気に入りました。5人でやってるとは思えないしっとりさです。
Posted by カブ子 at 2008年04月12日 23:15
●カブ子さん
カブ子さんからコメントを頂いた昨日、ちょうどオーダーしていた『Sudden Oak』が届いていました。上のコメントでメールの宛先がアル・ジェイムス本人だとびっくりしていましたが、CDの入っていた封筒に宛名書きをしてサインをしていたのも彼自身でした。郵便局に投函しに行ったのも彼に違いありません。5人もいるのによっぽど誰もやってくれないんでしょうか。

なかなか気に入ってくださってありがとうございます。ではLPいきますか。森の中でかくれんぼみたいなジャケと、顔だけボカシが入っているようなのと両方あります。
Posted by yas at 2008年04月13日 18:40
こんばんは。耳の方は大丈夫ですか?

私のところには今日届きました。
早速聴いてみるとなんだか以前にも聴いたことがあるような感覚が…。
ずっと誰だろう誰だろうって思っていたんですけれど、どうも自分にはジェブ・ロイと近いように感じました。

10曲であっという間に終わるのかなあと思っていたのですが、なかなか1曲1曲が引っかかってきて、充実した聴き応えですね。しかし、アル本人の手書きだとわかると封筒も捨てないで取って置こうかなぁなんて…。
Posted by マサ at 2008年04月14日 23:54
ウチにも届きました〜!
GLS、BF(←略称好きだね〜)に引き続く私のドツボを突いてくる音楽でしたよ〜!!この3つのうちでは殻の中に秘めた温度は一番高めな印象を受けました。曲自体は枯れた静けさなのに、何故かアツい想いを抑えてるような雰囲気があるんですよね。そこがまたイイ♪

シュリンクつきだったのに、CD表面に指紋のような跡が・・・これもアル本人のもの?!是非とも照合してみたいです。
あと忍者姿なドラマーの写真も気に入りました。
Posted by クロム at 2008年04月15日 23:05
●マサさん
耳はすっかり完治しました。ご心配をおかけしました。ジェブ・ロイ、似てますかね。確かにこの『Sudden Oak』はちょっとそういう雰囲気があるかもしれませんね。一応ブックレットには5人のメンバーのクレジットがありますけど、一本道さんが書かれていたように、なんだかアルのソロアルバムのような雰囲気の音ですよね。

封筒、僕も当然取ってあります。バンド名のロゴのステッカーも貼ってありましたか?黄緑色の。今までどのアルバムにも使われていないという、存在意義のよくわからないロゴですね。色もデザインも彼らのイメージに全然合ってないし…


●クロムさん
気に入ってもらえましたか。よかった。では5月の5枚のうち、エギル・オルセンと一緒にこの人たちのアルバムももう1枚買ってみてください。『Not Exotic』から順番に、というのがスジでしょうか。その調子で行けば7月には全部揃いますね。

僕のには指紋はついていませんでした。負けましたよ。忍者ドラマーには僕も注目していました。こういう女性はサウジアラビアには沢山いますよ。右ページの壊れたギターの写真も目を引きますね。クラッシュの『London Calling』のジャケさながらに床に叩きつけたのでしょうか。アコギでそれをする人にはなかなかお目にかかれません。
Posted by yas at 2008年04月20日 01:08
耳の方、完治されたのですね。一安心ですね。自分は今日、掃除機をかけていて耳鳴りがしてしまいました…。

ステッカー、まったく気付いていなくて、先ほど封筒を確認したら貼ってありました!一体どうやってこのデザインに辿り着いたのか…というデザインですね…。

ジェブ・ロイ似てないですか…?なんとなく自分の中でこのアルバムとジェブの『Days Are Mighty』とが同じ空気に感じます。しかし、聴くほどに味わいがありますね。他のアルバムも探そうかなぁ…。
Posted by マサ at 2008年04月20日 21:10
●マサさん
すっかり放置していてすみませんでした。掃除機をかけていて耳鳴りなんて、どんな轟音掃除機を使っておられるんですか?

ステッカーのロゴ、まるでどこかのサイケグループかコミックバンドのようです。実際の音との落差で笑いを取ろうとしていたのでしょうか。

『Days Are Mighty』のジェブ・ロイには似てるかもしれませんね。他のアルバムもいいですよ。僕はマサさんならきっと後のアルバムの方をもっと気に入られると思います。安さにこだわらないのなら、普通にアマゾンとかでも手に入りますし、最新作と前作はアナログもまだ入手可能です(インナーは単なる白袋で歌詞カードも入っていないというつまらない作りですが)。

Posted by yas at 2008年04月26日 12:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。