2008年01月05日

挫折の多い司令官 - Joe Strummer

「ジョー、今から君の名前をスクリーンに出す。どう呼んで欲しい?」
インタビュアーが尋ねる。

「パンク・ロックの司令官。そう書いてくれ」
長い音楽的ブランクを終え、新しいバックバンド、メスカレロスとの再出発を直前に迎えた1995年のジョー・ストラマーがそう答える。

このアルバムは、その短いやりとりで幕を開ける。そして、クラッシュの代表曲「White Riot」のヴォーカル・テイクだけの未発表ヴァージョンが続く。

The Future Is Unwritten.jpg Joe Strummer 「The Future Is Unwritten」

ジョー・ストラマーの生涯を、彼と同い年だというジュリアン・テンプルが撮った伝記映画のサントラ盤。ジョーが自分が影響を受けた音楽を次々に紹介するという形を取っていて、まるで彼がDJを務める音楽番組を聴いているよう。実際、彼は99年から3年間−彼が心臓発作で突然亡くなってしまうまで、BBC国際放送の音楽番組でDJを務めていたから、さしずめこのCDはそのダイジェスト版といったところか。

エルヴィス・プレスリーの「Crawfish」という、58年にプレスリーが入隊前最後に撮った白黒映画「闇に響く声(King Creole)」の挿入曲なんていう非常にオブスキュアな(でも、ニューオーリンズ風味満載のとてもいかした)曲に続けて、ティム・ハーディンの「Black Sheep Boy」を紹介。今は(僕が、オカヴィル・リヴァーがカバーしたその曲の原曲を聴きたくて入手したロシア盤以外は)どうやら世界中で廃盤の『Tim Hardin 2』からの彼の代表曲だ。

70年代パンク・バンドの代表格であるクラッシュのフロントマンとしてのジョー・ストラマーしか知らなければ、この辺りの選曲は意外かもしれない。音楽的にクラッシュが影響を受けたと誰もが納得するのは、次に出てくるMC5の「Kick Out The Jams」だろう。その曲に続けて、ジョーがクラッシュ参加前に組んでいた101'ers(ワンオーワナーズ)の「Keys To Your Heart」〜クラッシュの初期代表曲「I'm So Bored With U.S.A.」の未発表デモが並ぶところが、彼の伝記映画のサントラとして一番わかりやすいところだろう。

「パンク・バンドの代表格」なんて書いたけれど、実際には80年代に入る頃、アルバムで言えば『London Calling』の頃から、クラッシュはレゲエを始めとした多彩な音楽を自分達の曲に取り込み始める(正確に言うと、ファースト・アルバムにも1曲レゲエが入っていたんだけど)。一般的には音楽性が開花した『London Calling』が彼らの代表作と言われることになるが、頭の固い所謂“パンクス”からは、「あんなのはクラッシュじゃない」「パンクじゃない」と言われ始める。

冒頭に書いたように、95年の時点でも彼が自分を「パンク・ロックの司令官」だなんて捉えていたんだとすると、80年にわずか3枚目のアルバムが自分達のファン達からそうして否定されたことは、きっと彼にとっては大きなショックだったことだろう。それを受けての彼の名言「パンクはスタイルじゃない。姿勢のことだ」というのを、彼は生涯をかけて証明していくことになる。

このCDでいうと、11曲目、U-ロイがボブ・マーリー&ウェイラーズの「Soul Rebel」を下敷きにした「Natty Rebel」が出てくる辺りからが、ジョーのワールド・ミュージック志向が窺える。コロンビア音楽(クンビア)のアンドレス・ランデロの「Martha Cecilia」や、ジャマイカのギタリスト、アーネスト・ラングリンがセネガルのバーバ・マールをヴォーカルに迎えた「Minuet」(これすごく気持ちいい)などを聴くと、クラッシュ解散後のジョーの音楽の変遷の源がよくわかる。

音楽を聴くにあたって、その音楽が作られた背景だとかミュージシャンの人柄だとかは、本来関係のないことだと思う。どんなに嫌な奴が演奏していようと、いい音楽が聴ければ問題ないわけだし。でも、このジョー・ストラマーという人に関しては、彼の人柄、態度、発言なんかが常に付きまとっていた。訪ねてきたファンを泊めてやったとか、ライヴ終了後もサインを求める最後のファンが帰るまで何時間でも付き合っていたとか。そういう浪花節的なエピソード。そして、さっきの「パンクとは姿勢だ」とか、きりっとした名台詞が決まる人だった。そういう意味で、このCDの後半にウディ・ガスリーやボブ・ディランなどの詩人(あえてこう呼ぶ)が出てくることにも抵抗感はない。

パンク・ロックの先駆者、ワールド・ミュージックの導師といった一見輝かしい見かけに反して、挫折の多い人でもあった。クラッシュ後期のゴタゴタ(と、それに伴って最後のアルバム『Cut The Crap』を最後までなかったことにしようとしていたこと)や、クラッシュ解散後のソロアルバムやサントラがことごとく酷評されたこと。アルバム『Combat Rock』の頃に彼は一時失踪したこともあった。

最近出た彼の伝記「リデンプション・ソング ジョー・ストラマーの生涯」の帯にある言葉もこうだ。

──これまでの君のやった最悪の判断は?
「まず、トッパー・ヒードンをクビにしたこと。それからミック・ジョーンズをクビにしたことだ」

クラッシュ後期のゴタゴタに関してファンが一番もやもやしていたところを、こうして自分のミスとしてさらけ出す。そういう、挫折の多いところ、人間として弱い部分も含めて、彼のファンをやめられないという人も多いだろう。僕もその一人だ。昨日見かけたこの本、ちょっとした辞書よりも分厚いハードカバーで、しかも細かい文字でびっしり二段組。読まないといけない本がまだ沢山あるので躊躇して買ってこなかったけど、やっぱり読みたいな。そのうち買おう。

Redemption.jpg 「リデンプション・ソング ジョー・ストラマーの生涯」

「ストラマーのポスターが壁から落ちて、もうそこには何も残っていない」と歌うことで青春期からの決別を簡潔に表したアズテック・キャメラの「Walk Out To Winter」は名曲だけど、そして、僕ももうポスターを自分の部屋の壁に貼るような歳ではなくなってしまったけれど、僕の心の中の音楽の壁には、今でもジョーの写真が飾ってあるよ。ジョーの死後、沢山の伝記映画が作られたけど、このサントラを聴く限りでは、この映画は僕みたいなファンのために作られたもののような気がする。

肝心の映画は、日本では去年の秋に単館公開が始まっていて、ほとんどの地方ではもうとっくに終わっていた。でも、調べてみたら、僕の家からさほど遠くない映画館で、2月にまたレイトショーがあるみたい。レイトショーなんて久しく足を運んでないけど、これは観に行くことにしよう。
posted by . at 11:40| Comment(15) | TrackBack(2) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
クラッシュが叩かれ始めた頃と私がRockからまた離れだしたのと同じ頃の様な気がします。まぁ関係は無いと思いますが、言っている事をまともに聞いてくれないメディアへの彼らの怒りや不信感は凄く感じた覚えが有ります。

今も昔もずっと「パンクは音楽じゃない。あの時代のことだ」と思っています。
だからプログレとパンクの区別がいまだに出来ないんです(笑)。
Posted by falso at 2008年01月05日 12:54
日本で言うと長渕剛みたいなカンジですか?ぜんぜんちゃいますか?
サンディニスタとゆうアルバムが出た時、ニカラグア内紛の革命指導者の名前だと聞いた(間違ってる?)ので、すごく真面目な社会派のロッカーなのかな、と思っていたのですが、これを読んでやっぱり生真面目そうな印象持ちました。あんまり器用でなさそうな人みたいな気もします。
やっさんも長いファンなんですね。レイトショー行っておいでね。
Posted by 青グリン at 2008年01月05日 19:57
いい記事です。ジョー・ストラマーそのものには、さほど思い入れのなかった私(そもそも初めてその名を知ったのは、日本のストラマーズからでしたから(笑))ですが、コレ読んだら、何だか彼のことを愛さずにはいられなくなりましたよ〜。浪花節パンクスとしては、ジミー・パーシーと少しカブるような・・・。
ポップでキッチュなジュリアン・テンプルの映像センスは結構好きなので、この映画が100円レンタルに出たら、是非是非見たいと思います!
そうそう、『Tim Hardin 2』って、今月紙ジャケ出るみたいですね〜。私は高くてすぐには買えませんが、欲しい気持ちだけはマンマンな1枚です。
Posted by クロム at 2008年01月06日 14:37
この映画、実は去年ちょっと観にいこうかと思ってたんです。でもバタバタと忙しくなってしまい、結局行かずじまい。
yasさんの記事読んだら、やっぱり無理してでも行っておけばよかったと思いました。

パンクはほとんど聞かなかったわたくしですが、ジョー・ストラマーには何だか心引かれるところがあります。この記事読んで、いっそうそう思いました。ビデオになったら見てみますね。
Posted by にんじん at 2008年01月07日 16:07
ジョーが死ぬ半年くらい前(多分)に来日して朝霧(野外)でやった演奏を聴きました。
めっちゃくちゃにイイ感じのレゲエでした。
ソウルを感じました。
あまりにヨクて、来年もまた聴きに来ようと強く思ったのに、あれがジョーとの最後でした。
でも、最後にあれが聴けてよかった。

レゲエスタイルの曲が多く入ってるジョー・ストラマーのアルバムとかってあります?
Posted by アキラ at 2008年01月07日 18:02
●falsoさん
ジョーの言う「Punk is attitude」というのが、ルーティーンで音楽を再生産することに対して否定的であれという意味であるなら、それは「Progressive」という言葉とほぼ同義語ですよね。そういう切り口で見ると、例えば『In The Court Of The Crimson King』なんかはパンクだと思います。

逆に言うと、音楽スタイルとしての「プログレ」はちっともProgressiveではないし、音楽スタイルとしての「パンクロック」にはPunkの精神(この言葉を使うのは嫌なんですが)なんてないんですよね。まあ、Punkという言葉本来の意味でもある「くだらないもの。粗悪なもの」という解釈をすれば、間違ってはいないと思いますけど。


●青グリンさん
長淵剛ですか。僕は彼の歌は「順子」とか「乾杯」ぐらいしか知らないんでコメントは差し控えますけど、それは多分両方のファンから違うと言われそうですよ。

なんと、グリンさんからサンディニスタの話が出るとは! すごいですね。間違ってはいませんよ。確か個人名ではなくて団体名だったとは思いますが、些細な問題です。

あまり器用でなく生真面目というイメージはありますね。パブリックイメージを作るのが上手な人ではありましたから、実際の人間がどこまでその通りだったかは僕なんかには知る由もないんですが。ちょうど『Sandinista!』の頃に、初期のパンクロックと全然音が違うとか、3枚組は冗長で聴いてられないとか、(僕が当時雑誌で読んだ)インタビュアーにまでボロカス言われたりして、自分のしていることは正しいとは思いながらも、悩んで落ち込んだりしているのが「見える」人でした。またそういうところに惹かれるんですけどね。

しみじみしてくださってありがとうございます。そう言われるとこちらもしみじみ嬉しいです。


●クロムさん
ありがとうございます。いつも褒めてくださるクロムさんですが、こうしてストレートに言われるのもまた格別です。

逆に僕はシャム69にはあんまり思い入れがないんですよね。特に理由があるわけでもなく、たまたま当時聴かなかっただけなんですけど。

この映画、札幌でも単館ロードショーやってたみたいですけど、もう終わってしまったようですね。だいたい僕がこのCDを中古で出回るまで待ってから買って、今頃記事にしたのが遅すぎたんですけどね。100円レンタルと言わずに、通常価格でお願いしますよ(笑)

ほんとですね、ティム・ハーディン初期盤がボートラ入りで紙ジャケ再発。高い金出してロシア盤の『2』と『3』を(わりと最近)買った僕の立場は…


●にんじんさん
なんと、にんじんさんがこの映画を観ようとされていたとは! あんまりにんじんさんとはイメージ結びつかないですけどね。でもそういえばブームタウン・ラッツもお好きなんでしたよね。クラッシュは東京と大阪でしかコンサートしませんでしたが、それでも許してあげたんですね?(笑)

ビデオになったらなんて仰らずに、来月レイトショー行きませんか?


●アキラさん
なんと、朝霧JAMを観られたとは! うらやましいです。僕が生のジョー・ストラマーを見たのは、確か91年ぐらいにポーグスの臨時ヴォーカリストとして日本に来たときが最後でした。

ジョー・ストラマー&メスカレロス名義では3枚のアルバムが出ていますが、所謂レゲエ・アルバムはないですよ。それを理解された上で聴かれるなら、ファースト『Rock Art And The X Ray Style』か、セカンド『Global A Go Go』どちらも甲乙つけがたい、いいアルバムです。

かといって最終作『Streetcore』がよくないということではなく、これは製作中にジョーが亡くなってしまったために、最後まで彼が面倒を見た作品ではないんですね。でも、ボブ・マーリーの名曲「Redemption Song」の生ギターの弾き語りが入っていたり(アレンジはレゲエではありませんが)、日本盤にはスペシャルズの「Rudy, A Message To You」が入っていたりします。あと日本盤のライナーはスマッシュの日高さんが書いているんですが、朝霧の話なんかも含めた(ジョーと大変親しかった)彼の思い出話なんかがたっぷり書かれていて、ちょっと泣けます。

ああ、結局3枚ともお勧めしてますね。ちっとも購入ガイドになっていませんでした。すみません。でも、ちょっと興味が出てきたから「レゲエという切り口で見たジョー・ストラマー」って編集CDでも作ってみようかな(自信がないので、あえてyascdとは書きませんが)。
Posted by yas at 2008年01月12日 12:25
こんにちわ。
自分の中のイメージでは
「ロックを演ってたら突然『Punkの時代』がやってきて、その頃元気だった新人(マイナー)バンドをメディアが『勢いだけで聴かせる硬派な新人類バンド』みたいな感じで扱われたけど、俺達は別にロックを演っているだけなんだけど。」
って言いたそうなバンドが沢山有ったような感じがします。
巨大メディアの中でヌクヌクと太った連中に対する汚くて元気な連中にガキだった自分をオーバーラップしていた部分も有りますから、やっぱりPunkって流行であり時代なのかなぁ〜なんて思ったりします。
今、音楽のジャンルとして語られるPunkと少し違ったニュアンスでPunkとかNew Waveを受け入れていた気がします。
Posted by falso at 2008年01月14日 00:49
●falsoさん
どの音楽を自分が一番多感な時期に同時体験するかというのは重要な問題ですよね。falsoさんはプログレが一番元気だった頃もパンク/ニューウェーヴの頃も実体験されておられるでしょうから、そういう意味ではうらやましいです。

クラッシュの話に無理矢理戻すと、僕がリアルタイムで聴いたのは『London Calling』からなので、そのアルバムが「初期と音が違う」と言われても、それがどうした、という気持ちになってしまうんです。

ちょっと前に何かで読んだのですが、ジョン・ライドンがグリーン・デイを指して「あんなのをパンクと呼ぶな」とのたまったそうですが、それは今や“音楽のジャンルとしてのパンク”というものが存在することが彼にはわかっていないんでしょう。というより、不動産売買やテレビのキャスターとして億万長者になった彼に、そして、金のためにセックス・ピストルズのつまらない再結成を何度も繰り返している彼にそんなことを言われる筋合いもないと思います。
Posted by yas at 2008年01月14日 12:12
こんにちわ。
>falsoさんはプログレが一番元気だった頃もパンク/ニューウェーヴの頃も実体験されておられるでしょうから
以前自分のBlogにも書きましたが、Punkにのめり込むのには少々老けていましたが、無視出来ないくらいはガキだったのです。学生運動も憧れのお兄さん達でしたし、多分一番つまらない時代の人間だったので、あらゆるものに憧れていたのだと思います。

Punkと言う言葉には『リアル・タイム』と言う言葉は様々な意味は有りますが必ず必要だと思います。
私はグリーン・デイのバスケット・ケースを聴いた時に「メチャクチャ面白いビート・バンド」と思いましたし、その頃みんなに良く誘われてボーリング場で遊んでいたのですが、ジューク・ボックスでそればっか流していてヒンシュク買いました(笑)。「オレの金ぢゃん」って、開き直っていましたけどね(^^)/。でも『Punk』と言う言葉は一度も頭に浮かびませんでした。
逆にグリーン・デイを「青春時代」と言う意味のリアル・タイムで経験した人にとって1970年代のPunkなんてOld Waveの中の一つと思われても仕方が無いと思います。

そんな訳で意味としてのPunkは「時代」だと思いますし、Punk Musicと言う新たなジャンルとは別物じゃないかと思っています。
あの頃は拳を上げていればPunkですし、下手ならNew Waveでしたからね(笑)。
Posted by falso at 2008年01月14日 17:48
おぉ! オススメ、ありがとうございます!
とりあえず1,2枚目、聴いてみます。
でもきっと、3枚目も買っちゃう気がします。 (^o^)

確かに朝霧JAMで生ジョーを観れたのは、すごくラッキーだったと思います。
やっぱりこの人はスゴい!と、スゴいヤツの音はやっぱり何かスゲーなぁ、と改めて思った夜(夕方?)だったのでした。

>ちょっと興味が出てきたから「レゲエという切り口で見たジョー・ストラマー」って編集CDでも作ってみようかな(自信がないので、あえてyascdとは書きませんが)。
<
やった〜!! 是非是非♪
Posted by アキラ at 2008年01月15日 00:04
●falsoさん
拳を上げていればPunk/下手ならNew Waveという分け方は秀逸ですね(笑)。そこからの連想でちょっと横道に逸れた話をしますと、ここ数日、CD類をラックに入れる作業の真っ最中なんですが、かつては単にアルファベット順に並べていたものを、何年か前からジャンルとしてある程度まとまっているものは独立させて収納しているんです。中型のラックを何度も買い足していますから、例えば500枚ぐらいあるジャンルだと、ある一つのラックにちょうど収まったりして都合がいいので。

「80年代パンク/ニュー・ウェーヴ」は僕の中では一つの大きな固まりなのでいつも独立していて、例えば「ジョイ・ディヴィジョン〜ニュー・オーダー」とか、「スミス〜モリッシー〜ジョニー・マー&ヒーラーズ」など連続しているものは80年代という枠を超えても同じところに収納していました。

しばらく前から悩んでいたのが、「ポリース〜スティング」というところだったんです。前者は自分の中では80年代NWのある意味代表的なグループなのですが、後者は単なる「ジャズをやりたいおじさん」ですから、他のNWのCDと一緒に並べるのに違和感があったんです。でも、このfalsoさんのお言葉で目からウロコが落ちた気がします。NWチームの中でも飛びぬけて技量があったポリースはここに入れなくてもいい(=スティングも入れずにすむ)ということを悟りました。

ああ、気が楽になりました。ありがとうございます。あとは同様の理由で悩んでいる、プログレコーナーの「ジェネシス〜ピーター・ゲイブリエル〜アンソニー・フィリップス〜スティーヴ・ハケット〜フィル・コリンズ〜ブランドX」という括りから、どういう理屈を付けてフィル・コリンズのソロだけを外すかという問題だけです。

長々と失礼しました。ちなみにグリーン・デイは僕の家では「パワーポップ」コーナーに入っています。


●アキラさん
ははは、アキラさんのことだから、きっともう全部注文されていることかと思います。この記事で取り上げたCDもなかなかいいですよ。機会があれば是非こちらもどうぞ。

編集CDの方は、ちょっと練ってみますね。今、恒例(?)の年始yascdの案も組み立てているところなんで、頭が混乱してきそうですが。
Posted by yas at 2008年01月17日 23:01
こんにちわ。

>どういう理屈を付けてフィル・コリンズのソロだけを外すかという問題だけです。

う〜ん、、、演歌のコーナーは無いのですか?有ればソコ(笑)。
Posted by falso at 2008年01月19日 22:09
●falsoさん
こんにちは。では、まずブックオフで氷川きよしでも買って来て、演歌コーナーを作ることから始めます。何の解決にもなってはいませんが(笑)
Posted by yas at 2008年01月20日 00:35
復活したみたいなので、TB張らせていただきますね♪

『STREETCORE』、昨日きたのですが、これもなかなかいいですねぇ。
「REDEMPTION SONG」は、そういや彼が亡くなったあと(多分このアルバムが出たあと)、ずいぶん聴いたんだったとYouTube映像をみて思い出しました。
Posted by アキラ at 2008年01月29日 14:44
●アキラさん
当時「Redemption Song」を聴かれていたんですね。このCDを持っていたわけではないんですよね。きっと、ラジオの追悼番組か何かでかかっていたのでしょうか。これで、残るはファーストアルバムだけですね(実際にはそれ以前にジョー・ストラマー名義のソロアルバムやら映画のサントラやらがあって、集めるものはまだまだあるんですが)。

TBありがとうございました。この後で僕も張らせていただきます。
Posted by yas at 2008年02月02日 15:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

【伝記映画】の情報を最新ブログで検索してみると…
Excerpt: 伝記映画 に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。
Weblog: マッシュアップサーチラボ
Tracked: 2008-01-05 19:50

あぁ ジョーったら。。。
Excerpt: yasさんのところの「挫折の多い司令官」という記事のコメント欄で、お薦めされてしまったのが、このジョー・ストラマー&メスカレロスのセカンド『GLOBAL A GO_GO』。 あ、もちろんファース..
Weblog: 光るナス
Tracked: 2008-01-29 08:33