2007年12月08日

パンク・ファンク・エイティーズ - The Pop Group / ばちかぶり

新しい生活のペースがなかなかつかめない。このまま慌しく過ごしてると次の記事を書くのが来年になりかねない雰囲気になってきたので、手短に一つ書いてみよう。

今滞在しているホテルの近所には、日本有数の大型輸入盤店・中古盤屋がひしめいている。どこも結構夜遅くまでやってるから、ちょっと早めに晩飯を終えた日なんかに軽く足を伸ばせるのが便利。

そんなこんなでこっちに来てから買ったCDがもう14枚になってしまっているんだけど(CDプレーヤーがないから、そのほとんどがまだ未聴なんだけど)、そんな中からちょっとした共通点のあるこの2枚を。

Idealists In Distress From Bristol.jpg The Pop Group 「Idealists In Distress From Bristol」

最近の自分の80年代ニュー・ウェーヴ趣味を反映してそういう発掘モードになっていたのか、今年になって発売されたこのポップ・グループのライヴ盤を中古で発見。そのうち買おうと思いながら、出張で東京に来ていた頃にはどこのCD屋でも見かけず、ましてやこんなのが中古で出回るなんてことがあるなんて思っていなかったから、これはちょっと嬉しい収穫。

もともと彼らの3枚のオリジナル・アルバムは昔から権利関係やらなんやらでなかなか再発されなくて、音質の悪いライヴ録音の海賊盤が数種類出まわっていた。僕も1枚持ってるけど、そのほとんどが日本で作られたものらしいね。

で、そういう海賊盤を封じ込めるために、それらの海賊盤を基にして、ちょっと音質を改善して、オフィシャルに発売されたのがこれ。ファースト・アルバム『Y』用に用意されていながら、過激すぎるとの理由で発禁になったジャケ(表裏とも)を使い、ブックレットには当時のライヴのチラシやインタビューも満載した、かなり嬉しい仕様。ただ、ライナーはちょっと読みにくいけどね。

改善されたとはいえ、音質は海賊盤並み。演奏は、持ち前のタテノリファンクにマーク・スチュアートの絶叫というスタイルから、かなりフリーフォームでぐちゃぐちゃな感じ(&マーク・スチュアートの絶叫)まで、聴いていて高揚する箇所とそうでない箇所があるのも事実。

実際にこのライヴの場に居たらきっと全然違った印象を受けるんだろうけど、ちょっとこの平板な音では2枚組全部を一気に聴き通すのはきついかな。何箇所かのライヴをまとめてあるから、同じ曲が何度も出てくるし(ただ、それが「Forces Of Oppression」とかのかっこいい曲でもあるから許せるんだけどね)。

3枚目のオリジナル・アルバム『We Are Time』を聴いたときにも感じたんだけど、こういう録音を聴くと、彼らの2枚のオリジナル・スタジオ盤『Y』と『For How Much Longer Do We Torelate Mass Murder?』が、いかに彼らの混沌とした魅力を損なうことなく見事に聴きやすくプロデュースされていたかということを思い知らされる。もちろん、どちらも「聴きやすい」なんて類の音楽じゃないんだけど。

ポップ・グループの最初の2枚を持っていて、もっと聴きたいというマニア向けのアルバム。でもこういうのって知らない間に即廃盤になるから、欲しいならお早めに。これからポップ・グループって人はやっぱりこの2枚から。セカンドは今はちょっと入手困難だけど。

Y.jpg The Pop Group 「Y」
For How Much Longer Do We Torelate Mass Murder? The Pop Group 「For How Much Longer」

ブックレットに載ってる当時のライヴ告知チラシの一枚には、ポップ・グループがメイン・アクトで、前座がスクリッティ・ポリッティとDAFなんていうのがある。時期的にはきっと80年頃かな。当時の僕が観てたら(いや、今だって)気絶しそうな面子。



もう一枚。

ばちかぶり.jpg ばちかぶり 「ナゴムコレクション」

時代は少し進んで86年。僕がナゴムギャルだった頃(ウソ)、ばちかぶりのソノシート付きシングル盤『一流』を買って、大層気に入って聴いていた。実は、大阪エッグプラントで彼らのライヴを観たこともある。客が10人もいなくて全く盛り上がらず、トモロヲさん達には気の毒だったけど。

例によって僕の持っていたシングル盤は全て紛失してしまったので、たまに聴きたくなるこの当時のナゴムレコードのシングル盤(ケラとか)はそのうちまた入手しようと思っていた矢先、このナゴム時代の楽曲を全部収録した2枚組を見つけた。これも中古で。日本の中古盤屋は凄いね。

『一流』の一曲目だった「Only You(唯一人)」、やっぱりかっこいいねー。他の曲と通して聴くとこの曲だけかなり異色なことがわかるけど、これだけは(ちょっとSEとかのギミックの入った)ストレートなパンク。

他の曲は、やはりタテノリのパンクを基調としたファンク。後半に行くに従ってどんどん演奏が上手くなり、随分と真っ当なファンクになっていくのが僕にはちょっとつまらないけど。

そういえば、このCDにも入っているけど、彼らの曲に「あぶらだこ、ポップ・グループ、町田町蔵、マダム・エドワルダ、似ている似ている似ている似ている…」なんて歌詞もあった。うん、確かに似てるよ、ポップ・グループ。あの混沌としたライヴ録音とこのかちっとまとまったスタジオ盤を比べるのは不公平だけどね。

あ、こんなこと書いてたらあぶらだこもINUもCDで買いなおしたくなってきた。実はこないだ一緒に見つけたんだよな。若い頃に聴いてたから贔屓目もあるのかもしれないけど、80年代NWでも、こういうちょっとファンクがかったパンクって、超かっこよかったよね。20年ぶりにまたはまってしまいそう。


なにが「手短に」なんだろうね。もう夜中の2時を過ぎてしまったよ。明日もいろいろ忙しいからもういいかげんに寝よう。じゃあ最後に、なくなってしまった『一流』のジャケでも載せて。

一流.bmp ばちかぶり 「一流」


posted by . at 02:26| Comment(29) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですか、ナゴムギャルでしたか。(笑)
自分はその辺通ってないのであまり知らないのですが。
あぶらだこは、遊びでコピーをやったことがありました、そう言えば。

それはともかく、Pop Groupのライブ盤、気になってたんですけど、すっかり忘れてました。
でも、音質悪いとなると悩みますねえ。
結構高いですし。
Posted by piouhgd at 2007年12月08日 10:23
●piouhgdさん
バンドやってらしたんですか。あぶらだこのコピーとは、ずいぶんマニアックですね(笑)。録音が残っているなら是非聴かせてもらいたいものです。

このライヴ盤ですが、音質悪いとはいえ、僕の持ってる本来の海賊盤なんかに比べると、かなり改善されてますよ。僕の手元に今PCと携帯プレイヤーしか再生機器がないというのも音が悪いと思ってしまった一因かもしれませんし。
記事にも書きましたけど、いつ廃盤になって入手不可能になるかわからないこんな盤、ちょっとでも気になるようでしたら即買いだと思いますよ。かつて『Y』の初期盤もオークションで5000円は下りませんでしたし、今時『For How Much Longer』も『We Are All Prostitutes』も結構な額で取引されてるんじゃないでしょうかね。これも同じ運命を辿りそうな気がします。
Posted by yas at 2007年12月08日 11:39
>(&マーク・スチュアートの絶叫)
わはは、これって全編もれなくマークさんの絶叫入りってことですね。私は絶叫しなくてもかっこいいと思うんですけど。たまにウルサーイと思ってしまいます(笑)

映画の製作にはかかわったくせに、ばちかぶり聴いたことないんですよ。スタッフには安全靴履いたパンクくんがうじゃうじゃいたのでいろんな話も聞きましたが、私は当時音楽全般ちっとも興味がなかったので「フーン」と生返事しかしてなかったなー。一度くらいライヴに行ってみればよかった。歌詞見ると面白そうですね。蛭子さんのジャケ画もいいですね。
Posted by カブ子 at 2007年12月08日 12:37
>手短に
なんて言うからついうっかり読んでしまったではないですか。このウソつき!!

>本来の海賊盤
一瞬ひっかかりました。よく考えると不思議なフレーズです。

ああもう、明日本番だからコメントなんてしている場合じゃないんですってば!練習するぞ。
Posted by ひそそか at 2007年12月08日 16:22
こんにちわ。
The Pop Groupって文字とジャケで、ホイールを回す右手の指が止まるくらいは聴きました。
2ndのU.K盤LPを手にとって「ジャケ、めちゃくちゃカッコイー!」って思った沢山の中の一人です。

音質が悪いだとか、値段が高いだとかの話になると「別に他にも欲しいアルバムや聴きたいアルバムが有るし」って引いてしまう性格です。

そんな訳でAlan Parsons Projectのえーどがぁーあらぁん、ぽーのせーかいも遂先日CDを入手したばかりです。25年ぶりくらいでアルバムとして聴くのかも〜(笑)。
Posted by falso at 2007年12月08日 16:42
ポップ・グループは久しく聴いてなかったです。マークの絶叫はビンビンきそうですが、この人たちのやるフリーフォームってのは、ちょっとキビシそうな予感が・・・。
おお!ばちかぶり〜!!俳優としてのトモロヲさんにメッチャ恋しまくってる私ですが、ナゴムをビミョ〜に避けてきたもので、実はばちかぶりは、あまり聴けてないんですよ〜。この編集盤も、買おう買おうと思いつつ、どうせ買うなら特典未発表映像or音源のオマケ付きヴァージョンが中古で出ないかなぁ〜などと欲かいてるうちに買い忘れていました(笑)。
Posted by クロム at 2007年12月09日 01:17
The Pop Group 「Y」のジャケットが気に入りますた。
Posted by 青グリン at 2007年12月09日 08:52
●カブ子さん
おお、ポップ・グループのことはかっこいいと思っているんですね。ご好評のジャケ、載せてみました。僕は今回のライヴ盤に使われた、発禁になったファースト・アルバム用のジャケを見て、このジャケでデビューしてたとしたら、ここまでこのグループ話題にならなかったんじゃないかと思いました。あまりにもストレートですよね。

ばちかぶり、縁があるといいですね。僕はこのCDをたまに見かけてはいたのですが、なにしろこのナゴムコレクションシリーズはどれも結構高くて手が出なかったんです。クロムさんも仰られているように、発売当初は限定でオマケ付きのバージョンもあったんで、できればそっちを見つけて買いたいと思っていたこともあったし。でもまあ、こうして僕も手に入れられましたから、カブ子さんもそのうちきっと機会があるでしょう。

>蛭子さんのジャケ画
よくわかりましたね。記事で触れようと思っていて忘れていました。ちなみに『一流』は吉田まゆみ画です。


●ひそそかさん
ウソつきですみません。どのあたりで手短じゃないと気づきました?

>不思議なフレーズ
言われてみればそうですね。「背の高い小人」みたいなものでしょうか。ちなみにTall Dwarfは、このブログのずっと昔の記事に一回だけ出てきたクリス・ノックスがかつて在籍したバンドです。確かフライング・ナン所属だったはずです(→クロムさん向け情報)。さてそれはいつの記事でしょう?(→カブ子さん向け問題)

今日本番ですね。がんばってくださいね。記事楽しみにしています。


●falsoさん
falsoさんとポップ・グループってちょっと意外な取り合わせでした。こういうのもお聴きになるんですね。セカンド・アルバムのジャケ、かっこいいですよね。僕はジャパン・レコードが81年にこのへんのラフトレード盤を日本に紹介し始めたときにこのジャケを見たのがきっかけです。音も聴かずに買ってみて、それ以来はまり続けています。

確かに音はあんまりよくないし、値段も高めですが(だから僕も中古で見つけるまで買わなかった)、結局これってどのバンドに海賊盤まで集めるほど入れ込んでいるかって話だと思います。どうせ海賊盤に手を出すんなら、これを買った方がいいという程度の問題ですね。ちなみにfalsoさんは、どのアーティストなら海賊盤まで集めていますか?

アラン・パーソンズ・プロジェクトのそのアルバムは、デラックス・エディションの2枚組になって再発されたやつでしょうか。


●クロムさん
意図したフリーフォームなのか、演奏してる途中に誰かがもたついてバタバタ…となっていただけなのかよくわからない部分もありますが、やっぱり僕はこのバンドはドラムとベースがキモだと思いましたね。思えば一番最初に聴いたセカンドも、冒頭のケチャに続いて入ってくるベースとドラムにやられましたから。

なるほど、ばちかぶりに対してはそういうスタンスでしたか。確かにクロムさんとナゴムってイメージ合いませんもんね(笑)。トモロヲさんも、上でひそそかさんが書かれているように、今ではすっかりプロジェクトXの人になってしまいましたが。ところで記録をたどると、僕はナゴムのパンクバンドでは他に死ね死ね団のシングルとか持ってましたね。どんなバンドだったかほとんど記憶に残っていませんが。


●青グリンさん
そう言ってもらえると思っていました。「そそるジャケ特集」小型版です。でも音はきっとグリンさん好みじゃないので、写真だけ見といてくだサイ。
Posted by yas at 2007年12月09日 09:02
はちかぶり「ナゴムコレクション」のジャケット、怖いですよー。
Posted by minira at 2007年12月09日 09:27
●miniraさん
上にカブ子さんも書いていらっしゃいますが、これは蛭子能収という漫画家が描いた絵です。きっと、「ばちかぶり」というバンド名からイメージした絵なんじゃないでしょうか。
Posted by yas at 2007年12月09日 10:40
>さてそれはいつの記事でしょう?
これですね? この記事はよく覚えているのに、クリス・ノックス関連のあたりは、まるで初めて読むような錯覚を覚えます(毎度のことですね・・)。

>記事で触れようと思っていて忘れていました。
最近訳あって頭の中がう○こだらけなので、ばちかぶりでそのへんの話題が出ないのは不自然に感じてしまいました。忘れてました?それとも敢えて伏せられたのでしょか?
Posted by カブ子 at 2007年12月09日 13:11
蛭子さんって、よくテレビに出ている人ですよね。

私にとって「はちかぶり」ってイメージは...熊のプーさんか、はちかぶり姫。
どちらも怖くないんだけどなぁ...
Posted by minira at 2007年12月10日 07:34
もう14枚も買ったんですか!

手短じゃないとわかったから、またあとで読みます。


Posted by Luna at 2007年12月10日 09:56
>(ケラとか)
元祖ビジュアル系のイメージが強かったけど、演出とかもしてはるんですよね。あと時効警察の脚本も。
一度、「ケラリーノ・サンドロヴィッチさんは何人(なにじん)ですか」と問い合わせれられてツボにはまったことがありました。
Posted by ひより at 2007年12月10日 10:41
>(ケラとか)
へぇ!!このケラってあのケラさんのことだったんですか!
一度だけ彼が主催していた劇団の芝居を観に行ったことがあります。
「週末は芝居を観る予定が入っているの」
「何を観に行くの?」
「“劇団健康”の『牛の人』」
「・・・・・」
内容は忘れましたが、気に入らなかったようですね。あとにも先にも観たのは一回こっきりでしたから。
トモロヲさんも劇団員だったようですので、その時に彼の舞台を観たのかもしれません。観なかったのかもしれません。
なんたって20年近くの前の話です。
Posted by ひそそか at 2007年12月11日 18:04
うあー!
途中で気付いて読み込み停止ボタンを押したのに間に合わなかった!

なんたって20年近くも前の話です。

って書きたかったのよ!
Posted by ひそそか at 2007年12月11日 18:06
>ひそそかさん
細かいですねー。
私も「問い合わせれられて」という舌噛みそうな自分の誤入力に気が付きながら放置していました。もちろんA型ではないです。
Posted by ひより at 2007年12月11日 21:18
>ひよりさん
ええ、私は梅母さんとは違うのです。
というのはウソで、書き込む瞬間に気付いたのに間に合わなかったのが悔しかっただけ。時間が経って気付いたなら間違いなく知らんぷりしていたであろう私もA型ではありません。
その証拠に「だったようで」の繰り返しが今になって気になりますが、もう知りません。
Posted by ひそそか at 2007年12月11日 22:14
あっ!「だったようで」じゃなくて「ったようです」だった!
Posted by ひそそか at 2007年12月11日 22:16
>ひそそかさん
新しいタイプのシマシマ、まるでワルツのようです。と書こうとしたら、左端が「ひひひひひひ」になってるのでうっとりしました。悪魔っぽくて素敵ですね。
私はもちろん悪魔ではないですけど。
Posted by ひより at 2007年12月12日 01:03
>A型でも悪魔でもないひよりさん
ズンチャッチャ ズンチャッチャ♪
スロー スロー クイッククイックスロー(違?)

はいはい、地味な小部屋を華やかにすべくワルツを踊りながら戻ってきました。
しまった!「ったようです」のコメント、HNを“Tそそか”にすべきでした。そしたら縦の会「ひーひひひひ」が完成したのに〜。

こんなコメントではブログ主に申し訳ないので、本文にも触れて帰ります。
The Pop Group 「For How Much Longer」のジャケット、チューする幼児体型の腹同士がくっついちゃってるところが大変可愛らしいと思いました。
申し訳程度ですみません。
Posted by ひそそか at 2007年12月12日 20:14
ああっ!文字化けしている!
“。そそか”の“。”部分、入力したときにはちゃんと縦棒だったのに!!
Posted by ひそそか at 2007年12月12日 20:16
yasさんっ!皆さんっ!
コー叔父さんカフェのTシャツ入手しました!
黒地に白抜きで大きくお店の名前がプリントされています。
生憎1枚しかないのですが、大阪オフ会で着て下さい。
そして出来れば街を歩いて人々の反応をレポートしてほしいです。

Posted by 花子@業務連絡 at 2007年12月13日 23:08
8日の段階で14枚だったということは、今頃は何枚お買い上げになったのでしょう。

そんなことより
花子さーん!ついについに入手したのですね!!
きゃー!
Posted by きんぎょ at 2007年12月14日 23:05
約一週間のご無沙汰です。返事が遅れてすみません。

●カブ子さん
>これですね?
本当に凄い掘り出し能力ですね。こんな一回だけちょろっと出てきた名前、まさかわかるとは思いませんでした。来年もう一回同じ質問を出します。そのときもきっと初めて読むような気がすることでしょう。

>そのへんの話題
では、あの曲のことはご存知なのですね?これは意図的に伏せていました。忘れるわけないですよ、だってあの曲は一度聞くと半永久的に頭の中を廻りだすんですから。今朝も起きてすぐこのレスをしようと思った瞬間からずっと流れています。

他にもいとも簡単に頭の中に入り込んで永遠リピートを始める曲が沢山ありますよ。その手の曲は歌詞がまたキャッチーで。「コックリさんならお見通し」とか「ボーイズ・ビー・シドビシャス」とか。

この後沢山コメントが入ってますが、このCDの内容に触れているのはこのカブ子さんのコメントが最後なので、もう少し書き足しますね。

ブックレットをぱらぱらと見ていたら、ファースト・アルバム『ばちかぶり』には沢山のゲストミュージシャンが参加しています。ケラはもちろんですが、「産業」(カブ子さんが上で触れられている曲のタイトルです)には町田町蔵や巻上公一が参加しているのに気づきました。きっとバックでずっと「う○こ、う○こ、う○こ…」とコーラスしている人達の一部でしょう。


●miniraさん
もう、どこからどうやって突っ込んでいいのか迷ってしまうほどナイーブなボケをかましてくれてますね。この約一週間だれもそのことに触れなかったのは、僕にその役を置いといてくれたのでしょうか。

ではストレートに突っ込むことにしますが、バンド名は「はちかぶり」じゃなくて「ばちかぶり」です。BACHIKABURI。注意して読まないと、この界隈ではすぐに老眼とか言って馬鹿にする人がいますからね、気をつけてくださいね。


●Lunaさん
はい、この記事を書いた時点では14枚でした。最新コメントできんぎょさんにも質問されていますが、先週までで20枚に増えています。今日と明日でまた新宿に出かける予定があるので、また増える恐れがあります。明日の晩また結果報告します。


●ひよりさん
>元祖ビジュアル系(!)
そんな風に取られていたんですか?確かに化粧はしてましたけどね。ずっと昔、僕ケラさんに似てると言われたことがあります。見た目というよりは、雰囲気とからしいですけど。

時効警察の脚本もそうでしたか。結構メジャーなところで活躍されているんですね。昔から、演劇系では「ケラリーノ・サンドロヴィッチ(若干バリエーションあり)」、音楽系では「ケラ」と名前を使い分けていましたね。今は「ケラ&シンセサイザーズ」というバンドをやっています。一枚だけCDを持っています。


●ひそそかさん
ケラの名前を出したらすぐひっかかってくるだろうなと思っていましたが、咄嗟には繋がらなかったですか。そうです、ケラリーノ・サンドロヴィッチは昔、有頂天というバンドでボーカルをやっていて、ナゴムレコードというインディーレーベルの社長もやっていたのです。僕は健康の芝居は見に行くことはできませんでしたが、確かビデオは一つ持っています。ひそそかさんのお気に召さなかったのは残念です。

●ひそそかさん2
最初にこのコメントを携帯の画面で読んだので、一瞬どこが間違ってるのかわからなくて、何度もスクロールしてしまいました。こんな細かい間違い。さすが添削王子ですね。


●ひよりさん2
>問い合わせれられて
面白いので活用することにします。A型です。ブログ主がいない間は好き勝手に使ってください。


●ひそそかさん3
>書き込む瞬間に気付いたのに間に合わなかったのが悔しかっただけ
これぞひそそか、というコメントですね。ひそそかさんとは同じ血が流れているような気がします。コレクターという意味ではおかんの血を引いていますが。


●ひそそかさん4
>あっ!「だったようで」じゃなくて「ったようです」だった!
これぞひそそか(以下略)。でも僕にはこの血は流れていません。


●ひよりさん3
>新しいタイプのシマシマ
僕はひそかに「こいのぼり」と呼んでいました。左端の「ひ行」が支柱で、緋鯉・真鯉・子供たちが並んでいましたね。でもワルツの方が音楽ブログらしいので、僕の負けです。


●ひそそかさん5
ワルツゆえ、ひそそかさんの数字ばかりがどんどんと増えていきますね。ロッキー並みです。縦の会未完成、残念でございました。

『For How Much Longer』のジャケット写真、アンドレ・ケルテス(Andre Kertesz)というカメラマンが撮ったハンガリーのジプシーの子供たちだそうです。写真自体は可愛いですけど、カブ子さんも以前書いてらしたように、こうしてジャケットにコラージュするとコワいです。


●ひそそかさん6
文字化けしてませんよ?こっちではちゃんと縦棒に見えてます。携帯でもちゃんと見えていたので、ひそそかさんが何を言っているのかわかりませんでした。でも律儀にワルツ完成していただいてありがとうございました。


●花子さん
まだ覚えていてくださったんですね。ありがとうございます。黒地に白抜きで大きくプリント?そんなデザインでしたっけ?もっと地味な感じじゃなかったでしたっけ。もしかして店の人が僕らのやりとりを知って、宣伝用に新たに作ったんじゃないでしょうね。日本人向けに。

では今度大阪オフ会で着る機会があれば、おかんにレポートしてもらいます。


●きんぎょさん
>今頃は何枚お買い上げになったのでしょう
さっき書きましたが、今は20枚です。でも20枚目を買ったのは今週初めなので、今日・明日でまた増加傾向にあると思われます。通勤経路に新宿・渋谷があるというのは、僕にとっては便利でもあり危険でもあるのです。

花子さんのシャツ、一枚しかないらしいですけど、オフ会の際には着て写真でも撮ってみますか?
Posted by yas at 2007年12月15日 10:12
まあ、どうか、小さな点など気にしないおおらかな性格ということでご理解くださいよ〜(笑)

ところで、きゃ〜!!!花子ちゃん、素敵!!
Posted by minira at 2007年12月15日 19:49
●miniraさん
もちろんミニーのおおらかな性格はよくわかってるつもりですよ(笑)。細かいとこ突っ込んでごめんなさいね。ところで、中野坂上さんちで大々的に取り上げられて、よかったですね。
Posted by yas at 2007年12月16日 00:58
すっかりご無沙汰してます
日本にいらっしゃるんですね
知らなかった。。。

お目にかかる機会はあるのかなあ
Posted by こーんへっど at 2007年12月17日 18:51
●こーんへっどさん
帰国の件、連絡しなくてごめんなさい!お元気ですか?ちょっとここ数週間、引越し騒動と新しい仕事でバタバタしてますが、近いうちにお会いできるよう、追ってご連絡します。
Posted by yas at 2007年12月17日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。