2007年10月20日

11月を過ぎたら Jeb Loy Nichols 「Now Then」 & 「Days Are Mighty」

明日からちょっと長めの出張に出かけることになっていて、その間は、いただいたコメントへの返事ぐらいはできると思うけど、新しい記事を上げることができるかどうかはわからないので、今日のうちに駆け込みでもう一つ書いてしまおう。今日のお題は、2月25日の記事「真夏の午後と冬の夜に」で取り上げた、ジェブ・ロイ・ニコルズ。

まずは、05年にイギリスで発売されて、上記のyascdにもそこから3曲収録した『Now Then』が、新装ジャケ&ボートラ追加で翌年アメリカで発売されたのを、最近比較的安く手に入れることができたので、それについて。

Now Then U.S. Version.jpg Jeb Loy Nichols 『Now Then』

ボーナストラック2曲収録との触れ込みだけど、オリジナルのUK盤にも、裏ジャケットには記載されていないものの、そのうちの1曲は収録済み(yascdにも入れた「Sweet, Tough And Terrible」)なので、実質ボートラは1曲のみ。

「真夏の午後と冬の夜に」では、曲の出来があまりよくないなんてちょっとネガティブな書き方をしてしまったけれど、この人の他のCDに違わず、聴き込めば聴き込むほどそのよさがわかってくる類のアルバムだった。よって、そのコメントは却下。見る目がないね(笑)

プロデューサーは、ラムチョップ(Lambchop)準メンバー券プロデューサーのマーク・ネヴァース(Mark Nevers)。そのツテで、トニー・クロウ(Tony Crow)やポール・バーチ(Paul Burch)など、ラムチョップのメンバーが数名参加。ジェニファー・カー(Jennifer Carr)やウェイン・ニューネス(Wayne Nunes)、それにジェブの奥さんロレイン・モーリー(Loraine Morley)など、以前のアルバムからずっと参加しているメンバーもいるし、有名どころではダン・ペン(Dan Penn)がボーカルで、デニス・ボーヴェル(Dennil Bovell)がコーラスとミキシングで参加している。どういう訳かべーシストが3人もクレジットされている。

以前の記事でも、彼の音楽を表現するのに、レゲエ+カントリー+ソウルのごった煮みたいなものって言ったんだけど、このアルバムでは実際に、今書いたような“オルタナ”カントリー組とレゲエ組のミュージシャンを、トラディショナル・カントリーの聖地ナッシュヴィルに集結させている。

その結果、例えば1曲目「Sometimes Shooting Stars」の、奥行きがありながら、スカスカしているようなこもっているような不思議な音の空間作りは、さすが“プロデュースト・バイ・マーク・ネヴァース、ミクスト・バイ・デニス・ボーヴェル”印だなあと思う。

曲によってはストリングスが多用され(実際に弦楽器を使っているのでなく、ストリング・マシンを使用している)、ちょっとしたノーザン・ソウルっぽい雰囲気。また別の曲では、ホーン・セクションも参加(こちらは本物の楽器)。そういう曲は、Cafe Del MarとかHotel Costesとか、なんとかラウンジとかイビザなんとかってコンピ盤に収録されていてもおかしくないような、ちょっとお洒落な感じ。

ピアノとオルガンだけの伴奏で崇高に歌われる「Painted My Dream House Blue」や、ホーンの音が心地良い「Morning Love」が僕のお気に入り。ブックレットに交換書簡が載っていて、このアルバムのちょっとしたテーマになっていると思しき「Ever Feel Like Leaving」(ダン・ペンとのデュエット)もいいね。このアメリカ盤のみに収録の「Love Me Too」も、彼にしてはちょっと珍しく歌い上げる感じのバラッドでいい感じ。これは買い足してよかったよ。

双子さっき新装ジャケって書いたけど、実は上に載せたこの新しいデザイン(例によってジェブ自身の手による版画)は、この左側に載せたUKオリジナル盤の裏ジャケに使われていたもの。逆に、このUK盤の表ジャケの版画は、アメリカ盤では裏ジャケに使われている。僕はこのオリジナルの方が好きなんだけど、どうして変えたのかな。もしかして、ちょっとシャム双生児を連想させなくもないこのデザインに、どこかからクレームでもついたのかも。他にも、UK盤の方がちょっと厚手の紙を使ったブックレットで、版画の発色もいいんだけど、そんなのにこだわる人はいないだろうから、今から買うなら、上にリンクした安くて収録曲の多いアメリカ盤だろうね。さっき「買い足し」って書いたけど、もちろん「買い替え」の間違いじゃない。僕はジャケ違いのこのUK盤を売ってしまうようなことはしないよ。



Days Are Mighty.jpg Jeb Loy Nichols 『Days Are Mighty』

そして、今年になって発売されたのが、この『Days Are Mighty』。いろんな意味で前作と正反対の性格を持つアルバムだ。前作のようなプチ豪華なゲストは姿を消し、昔からの気心のしれた5人のメンバーだけで、彼の自宅のあるウェールズで録音されている。プロデュースもジェブ自身を含むバンドメンバーの4人。プロデューサーとしてはクレジットに含まれていないロレインはジャケットやブックレットの写真を多数撮っているので、音作りからビジュアル面まで、全てこの5人の手作りということになる。そういえば、ジャケットは94年のフェロウ・トラヴェラーズのライヴアルバム以来となる、ジェブのポートレイトだ(顔は見えないけど)。もちろんブックレットにはお馴染みのジェブの版画が使われているよ。

ホーンやストリングスを多用し、ゲストヴォーカリストも数名参加して、結構派手な音作りだった前作と比べると、とてもパーソナルな音になっている。必要最小限の楽器。奇をてらわないミックス。それだけに曲の良さが際立つ。

ブックレットに歌詞が載っていなくて、彼のサイトを含めてネット上のどこにも歌詞が探せないので、ちょっとこもった歌い方をする彼がなんて歌っているのか完全に聴き取るのはちょっと大変なんだけど、ウェールズの田舎で食物や燃料まで殆ど自給自足の生活をしているという今の彼の心情を綴ったような曲が多いようだ。

実は僕はこのアルバムが出たのをアマゾンUKで見た途端に注文してしまったんだけど、後で調べてみたら、限定の2枚組ヴァージョンというものがあることに気づいた。彼がアルバム作成前に自宅で26曲録音したデモヴァージョンのうち、10曲を収録したものだ。どちらもUK盤で結構値が張ったんだけど、しょうがないので買い替え。ジャケ違いの『Now Then』と違ってこちらは1枚ヴァージョンに特有のものはないから、最初に買った方は、知り合いのジェブ・ロイ応援団・東京支部長に売りつけることにした。

2枚目の10曲のうち8曲が本編の『Days Are Mighty』に収録されたもの。さっきも書いたように、この『Days Are Mighty』自体が最小限の楽器で簡素に録音されたアルバムだから、ジェブがアコースティック・ギターのみで録音したこのデモCDも、最終ヴァージョンとそんなに驚くほど違うという訳じゃない。でも、ずっと後ろに聞こえる鳥のさえずりが、彼の住むウェールズの田舎の様子を描き出す。別に録音しようと意図したわけではないであろうそんな鳥のさえずりが、思わぬ効果を生んでいるよ。

本編では、ウッドベースとヴィブラートのかかったギター、フェンダー・ローズとハーモニカの音がしみじみと心地良い「After November」が、今のところ一番好きな曲かな。

 11月を過ぎたら
 新しい年が扉をノックしはじめるよ


「真夏の午後と冬の夜に」の記事では、彼の音楽はじっとりと暑い真夏の昼下がりにも、凍てつくような冬の夜の暖炉際にも似合うと書いたんだけど、この曲のイメージのせいか、今回のアルバムは秋から冬にかけての季節がぴったりな気がする。日本ではちょうどこれからの季節だね。



先に触れた、『Now Then』のテーマと思しき「Ever Feel Like Leaving」に関する交換書簡の中で、ジェブは自分が生まれ故郷のワイオミングからミズーリ、テキサス、ニューヨーク、ロンドン、そして現在のウェールズへと住まいを移してきたことについて触れている。自分はずっと何かを後にしてきた、というわけだ。

そして僕も、11月を過ぎたら、新しい生活が扉をノックすることになったようだ。これまで世界のいろんな土地を後にしてきたが、いよいよこのオークランドをも後にして、日本に帰ることが決まった。15年ぶりの日本、一体どんな生活が待っているんだろう。


posted by . at 16:12| Comment(13) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
15年間各国での勤務、お疲れ様でした。
どんな生活になるか分かりませんが、とりあえず待ち迎える人は何人か知ってます。みんなで歓迎します。
お帰りなさい。忘れ物してこないようにね。
Posted by 青グリン at 2007年10月20日 17:42
マーク・ネヴァースがらみとは、気を惹きますね〜。yascd引っ張り出して、もう1回聴いてみようかな。
聴きこむほどに味の出るアルバムを作れる人物こそ、ホンモノですよね。真に心が通っていないとそういうことはできないですから。私の場合、最初のインパクトが強いアルバムって意外と早く飽きることが多いです。

しかし、この記事、本文よりもyasさん日本移住のニュースの方がメインかも〜!15年間も見知らぬ土地で働いてこられたんですね。ブログからはいつも楽しく愉快なyasさんも、仕事上はきっと様々なご苦労を抱えてこられたことでしょう。本当にお疲れさまでした〜!!
日本に戻ってこられたら、無理矢理音源を送ることがあるかもしれませんので、ご注意ください(笑)。
Posted by クロム at 2007年10月21日 11:24
こんにちわ。

>11月を過ぎたら
>新しい年が扉をノックしはじめるよ
曲を聴いていないからなのかもしれませんが、日本語にすると何処かしら不思議な文章になりますね。
個人とか自分自身の事を歌ったとすると「毎年同じ事の繰り返しなんだ」なんて感じにもうけとれるし、変化への期待にも受け取れますね。
自分の歌を聴いてくれる不特定多数が対象で「人それぞれに有る程度の差が有るけど、必ず来年(新たな希望)は、やってくるからね」って感じなのかな?


極東の僻地国へ戻ってこられる事が、素晴らしい事かどうかわかりませんが(笑)、皆さんが暖かい気持ちで待っていると思いますよ。
Posted by falso at 2007年10月21日 14:58
コメント欄を開くために記事最下部まですっ飛ばしたところで呆然・・・!
お帰りになるんですね!!
おめでとうございます・・・でいいんですよね?

だとすると毎回開催されてきた「yas帰国記念オフ会」の今後はどうなってしまうのでしょう?
なくならないですよね?

それでは、頭から丁寧に読み直してまいります。
Posted by 銕三郎 at 2007年10月21日 20:30
こんにちは。“Days Are Mighty”1枚ヴァージョンを売りつけられた(笑)ジェブ・ロイ応援団・東京支部長です。
いやいや、お得に買えて大変に良いお取引でした。あくしゅあくしゅ。
なるほど、2枚組ヴァージョンは鳥の鳴き声入りなんですね。

after Novemberは例年大変に見苦しくジタバタ走り回るのが常なので、今年はこのCDを聞いて心穏やかに過ごしたいと思います。えーと、努力します。

そしてyasさん、ついに帰国ですか! 15年ぶりとは感慨深いものがあるでしょうね。
でも11月に南半球から北半球へ転居するとなると、夏を一回損した気になりませんか?
それにしても何だかこの界隈、最近になって転機を迎えておられる方が多いですね。
Posted by にんじん at 2007年10月21日 23:06
11月を過ぎたら
 新しい年が扉をノックしはじめるよ

こんにちわ、鈴木です。もちろん記事は斜め読みです。
おお、鈴木にぴったりの一節だなと思ったら
おや
帰国なんですね!お帰りなさいませ。
今度の正月は日本ですごすんですねー。

>一体どんな生活が待っているんだろう
待っているのは、純和風の生活です。
和装で小粋に渋谷を歩いて下さい。カラテなどを習ってもいいと思います。
たまごかけごはんには思う存分醤油をたらして下さいね。
Posted by 鈴木 at 2007年10月22日 02:12
バックナンバーが跳んでいることに気づいたLunaです。たぶんボケているのではないと思うんだけど…

そう、また引っ越すのね。

帰国するのってたいへんでした。
いらないもの売って、捨てて、親戚へのお土産買って、日本じゃ買えなと思ってたものを買い込んで、いらないもの買い込んで…楽しかったけどね。


CDやレコードやDVDをパッキングするお兄さんたちご苦労さま。

Posted by Luna at 2007年10月22日 08:24
11月を過ぎたらのフレーズいいですね。
もう、来年の手帳が売り出されています。年賀状印刷の受付も始まっています。せっかちな日本人は10月を過ぎたら新しい年がノックしてるみたいです。

今のうちにオークランドのCDショップをシバキたおしておかないと。日本で手に入りにくいマイナーなやつを買い占めておきましょう。
Posted by きんぎょ at 2007年10月23日 08:30
おおお、yas兄ぃのところにも大きな変化がっ!
この界隈、最近、ほんと転換期だわぁ。

昨日デパートに行ったら、クリスマス商品を売りはじめいることに気付きました。ロンドンのメインストリートのクリスマスイルミネーションも11月上旬の点灯式に向けて着々と準備が進行していますし、新しい年がノックというよりはサンタさんがノックしている感じです。あ、でも、こっちのクリスマスイルミネーションは1月中もしばらくずーっとついていますから、ある意味クリスマス=New Yearなのかもしれませんね。
Posted by minira at 2007年10月28日 18:18
思ったとおり、今回の日本出張は仕事に飲み会にと予想外に忙しく(思ったとおりに予想外??)、頂いたコメントに返事をすることもできませんでした。もうかれこれ二週間も放置してしまいましたね。大変失礼致しました。例によってこのレスは東京から戻る機内で下書きしています。これがコメント欄に載っていたら、それは僕が無事にオークランドに戻ってきたという証拠です。ではいきますよ。

●青グリンさん
記事を上げてすぐに優しい言葉をかけていただいたのに、ムシし続けていてすみません。待っていてくれる人がいるというのは嬉しいものです。どうやらこれから結構忙しくなりそうで、日本に帰ったからといっても日本の皆さんとお会いする機会がそう頻繁にあるとも思えないのですが、できたらまた皆で楽しく会いたいものですね。


●クロムさん
確かちょっと前にクロムさんのブログでラムチョップの記事がありましたよね。あのアルバムも、書こうと思いながら放ったらかしてあるものの一枚です。クロムさんの仰るような、最初のインパクトが強すぎて飽きてしまったアルバムって、10年ぐらい寝かせてから聴くと、その当時の情景なんかをくっきり思い出せて楽しいですよね。そのアルバムを聴いていた時代の自分を固めた化石みたいなものです。

仕事上での苦労なんて、凡そ仕事をしている人なら誰でも経験していることですから、海外にいるからということで特別苦労しているというわけでもないですよ。

無理矢理音源を送りつけてくれるんですか?すごく楽しみです。でもそんなことをすると、仕返しされることもわかってますか?(笑)


●falsoさん
こんにちは。この曲の歌詞、聞き取れない部分も多いんですけど、晩秋から冬が深まって、これからクリスマスや新年を迎えるという、ちょっと寂しいんだけど心がざわざわする感じを歌っているようです。記事を書いた時点では聞き取れていなかったサビの部分の残りは実はこんなのでした。

>11月を過ぎたら
>新しい年が扉をノックしはじめるよ
>暗殺者みたいに

それなりに詩的な言い回しではりますが、暗殺者はいちいちノックしないだろうという気もしますね。

>極東の僻地国
まあ僕が今まで住んでいたのも僻地ばかりでしたから、今度のは今度ので、新しい赴任地みたいな感じで受け取っていますよ。でも、昨日まで約二週間東京で過ごしたんですが、やっぱり日本(東京)って特異な場所だと思いましたね。


●銕三郎さん
「おめでとうございます」かどうかはわかりませんが、久し振りの日本の生活が楽しくもあり、不安でもあります。ラッシュ時の山手線は、どんなに混雑したコンサート会場よりも他人と密着しますね。自分の体内に付いてる不快指数メーターがブンブンと振り切れるのが目に見えてわかるようでした。まだ周りの人間がピョンピョン飛び跳ねたり足を踏んだりしないだけマシかもしれませんが。

オフ会は、ひそそかさんがいる限り大丈夫ですよ。毎回丁寧な幹事をしてくださる方もいますしね。
Posted by yas at 2007年11月03日 13:18
●にんじんさん
鳥の鳴き声入りバージョンも味があっていいですよ。かなりなごみます。今度機会があれば聞かせて差し上げますね。どうやら今回の締め切りも無事に乗り切られたようですが、今年の11月以降はどうお過ごしになる予定でしょうか。また年末にかけてきつい締め切りが入っていて、この界隈でにんじんさんのお姿を見かけるのも楽しみにしているのですが(笑)

>夏を一回損した気
そうそう、まさにそうなんですよ。NZの夏って本当にカラッとしていて気持ちがよくて、国中の誰もがその短い夏を満喫するために、じとじとした寒い冬を我慢して過ごしているようなところがあるんですよね。僕もこうしてようやく長い冬を乗り切って、さあこれからいい季節!というところでいきなり冬の日本へ島流し。7年間地中で過ごしてきたセミの幼虫が、木に登ってさあこれから脱皮しようかというところでガキに捕まえられて虫かごに入れられた気分です


●鈴木さん
斜め読み告白ありがとうございます。普通のブログは左から右に横に読まれるだけなのに、うちは皆さんに縦に読んだり斜めに読んだりしてもらって、まるでCTスキャンを受けているような気分ですよ。

日本の正月、久し振りです。今までたいてい常夏の国に住んでいたもので、わざわざ風邪をひくために年末年始の日本に帰ることって殆どなかったんですよね。日本では今でもそこら中で羽子板やコマ回しをしているのでしょうか。羽子板に負けた人は顔に墨を塗られたり。

また和装を手に入れないといけないんですね。下駄は足の裏が疲れるので、道玄坂とかを歩くのには向いてないようです。でも昔の人は道玄坂だろうが迷い道くねくねだろうが平気で下駄で歩いていたんですよね。アスファルトが疲れるのかな。カラテは一緒に習いに行きましょう。上達したら戦いましょう。たまごかけごはんにはおたまはんです。


●Lunaさん
>バックナンバーが跳んでいることに気づいた
何度読んでもこの意味がわかりません。バックナンバー?跳んでる??ボケているとは思ってませんから、教えてください。きっとボケているのは僕の方です。

NZ生活もあと数週間です。人に売っ払うものは大体手配が済みましたが、日本で買えないものを買い込みに行ってきます。大体CD屋の話をしているんですが。

今回の引越しでCD係が何人付くかが見ものです。


●きんぎょさん
手帳、売ってましたね。僕はまだ来年の予定どころか、毎日がどういう生活になるのかすらわからない状態ですから、とても来年の手帳なんて買う気分にはなりませんでしたが。

はい、この週末でちょっとリアル・グルーヴィーとJBハイファイあたりを攻めてきます。久し振りなので、中古コーナーもちょっと入れ替わってることを期待しています。毎日行くと前回と同じものしか売ってないんですよね(当たり前)。


●miniraさん
そうですね、転換期の人が多いですね。精神的に近しい生活をしていると、バイオリズムが同期し始めるんでしょうか。

欧米ではクリスマス=新年というか、クリスマスが新年を飲み込んでしまっている感じがありますよね。1月中ずっとクリスマスイルミネーションってのも凄いですが。サンタさん残業代かさみますね。
Posted by yas at 2007年11月03日 13:19
>バックナンバーが跳んでいることに気づいた

ごめん、ごめん。
これじゃあ、何のことかわかりませんね。自分でも、この記事と古い記事とコメントを読み返して、やっと思い出しました。
要するにyascd007が、見つからないってことですよ。

船便を送り出した後も、CD買うんでしょ?
Posted by Luna at 2007年11月04日 16:23
●Lunaさん
あ、そういう意味でしたか。わかりました。ついでに、どうして見つからないかもわかってしまいました。そのうち見つかるでしょう。

船便どころか、最後の航空便を出した後はもう市内のホテルに移るんで、毎晩9時まで掘り放題ですよ。またハンドキャリーの荷物が重くなってしまう。
Posted by yas at 2007年11月04日 18:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。