2007年10月06日

最新の古典 Iron And Wine 「The Shepherd's Dog」

しばらく前から記事にしようと構想を練っていた何枚かのアルバムを全部すっ飛ばして、先週買ったばかりのこれについて書くことにした。アイアン&ワインの新作『The Shepherd's Dog』。

The Shepherd's Dog.jpg Iron And Wine 「The Shepherd's Dog」

アイアン&ワイン、これって、シンガー・ソングライターであるサム・ビーム(Sam Beam)の芸名といえばいいのかな。一人なのにバンド名みたいなのを付ける人。バッドリー・ドローン・ボーイことデーモン・ゴフ、と同じパターン。02年にデビューアルバムを発表してから、途中で何枚かのEPや共作アルバムも出しているけど、単独名義のフルアルバムとしてはこれが3枚目のはず。

僕は彼のアルバムは04年のセカンド『Our Endless Numbered Days』しか持っていなかったので、それとの比較しかできないんだけど、控えめなバンド演奏を伴った素朴なフォーク・アルバムといった趣だったそのアルバムに比べると、明らかに次のステップに進んだ感がある。いろんな意味で冒険をしているが、そのことごとくが功を奏しているように僕には思える。

以前に比べて印象的なメロディーの曲が多くなり、バラエティーに富んだ一曲一曲がきちんと独り立ちしている。なのに、ほとんどの曲のエンディングの音がほんの短いインタールードを経由して次の曲のイントロにつながっているので、アルバムを通しての統一感というものもきちんと出ている。ざっと読んだだけでは一体何のことについて歌っているのかよくわからない歌詞がほとんどなんだけど、いろんな曲のあちこちに共通した単語が出てくるところも、その統一感に一役買っているのかも。

「White Tooth Man」や「House By The Sea」のエキゾチックなメロディーにからむシタールやアコーディオンの音もたまらないし、アルバムのタイトル曲ともいえる「Wolves (Song Of The Shepherd's Dog)」の中間や後半部分がダブ処理されているのがすごく心地良い。

「Resurrenction Fern」のような、オーソドックスでありながら心にじんわりと沁みるメロディーの曲が、ギター(バンジョー?)とペダル・スティールで丁寧に紡がれるのを聴くと、僕はもう身動きもできないぐらいだ。僕は正統派のカントリー・ミュージックは別に好きでも嫌いでもないんだけど、それをルーツとした所謂オルタナ・カントリー(これもやたら幅広い曖昧な括りではあるんだけど)にこれだけ惹かれてしまうのは、きっとこのペダル・スティールの音に弱いからなんだと思う。

終盤、ニューオーリンズスタイルのよく転がるピアノが気持ちいい「The Devil Never Sleeps」に続いて、“ジャパニーズ・カー”と連呼されるサビの部分がやけに耳に付く「Peace Beneath The City」のちょっと不気味な曲調と不思議な音(オバケの出てくるときの音みたい)でこのアルバムを終えても悪くなかったと思う。が、その不気味な雰囲気を洗い流すような、とても綺麗な三拍子「Flightless Bird, American Mouth」でとどめを刺される。

最終曲を聴いているうちに、また最初の曲からからもう一回聴きたいという気持ちになり、実際に何度もそうしてしまうようなアルバムに出会ったのは、一体いつ以来のことだろう。このアルバムを買ってから今日でちょうど一週間だけど、もう何回聴いたかわからない。全12曲50分、退屈と思える瞬間が一瞬たりとも訪れない。最新版の古典的名作の誕生だ。


このオーソドックスでありながらも小技を効かせた絶妙なプロデュースをしているのは、ブライアン・デック(Brian Deck)。04年のアルバムも彼の手になるものだったけど、他に僕の持っているアルバムで彼のプロデュース作はあったかなと探してみたら、去年11月17日の記事で取り上げて、去年の僕のベスト・アルバム第八位に入れたジョシュ・リターの『The Animal Years』とか、以前クロムさんの記事を読んで興味を持って買ってみた、「足がつったら大声で知らせよう」でお馴染み(笑)カリフォーン(Califone)の『Roots & Crowns』がそうだった。

そういえばそのジョシュ・リターの記事でも、僕はしきりにその凝った音作りについて書いてるね。ブライアン自身、今挙げた全てのアルバムでドラムやパーカッションを演奏してるみたいだし(そういえば、今回のアルバムではパーカッションや手拍子が効果的に使われているな)。今まであまり注意を払ってなかったけど、ちょっとこのプロデューサーには注目してみよう。

アルバム・クレジットに演奏者の名前は載っているんだけど、誰がどんな楽器を演奏しているのかは書いていない。今ブライアンがドラムやパーカッションを演奏していると書いたのは、他のアルバムの表記を見ての憶測。

他にも何名かのゲスト・プレイヤーが参加していて、まずさっきのカリフォーンからジム・ベッカー(Jim Becker)。きっとブライアンが連れてきたのかな。彼はカリフォーンのアルバムの表記ではヴァイオリン、バンジョー、ベース、ループ、エレクトロニクス、パーカッション、シロフォン、ケイジャン・アコーディオン、マンドリン、カリンバとなっている、もの凄いマルチ・プレイヤーだ。

アイアン&ワインの前作はキャレキシコ(Calexico)との共作アルバムだったんだけど、きっとその時からの付き合いで、ジョーイ・バーンズ(ギター?)も参加。他には、ラムチョップ(Lambchop)のペダル・スティール奏者、ポール・ニーハウス(Paul Niehaus)の名前も。

僕が買ったのは、前回のCDショップガイドの記事にちらっと書いたけど、アナログ盤。例によって、アルバム全曲のMP3音源が無料ダウンロードできるとのステッカーに釣られてのこと。残念ながら重量盤じゃないんだけど、それなりに音はいいし、それにこのアルバムのA面B面各6曲ずつの流れがよくわかったのも思わぬ収穫。

ちょっとした問題があって、実は僕がMP3音源をダウンロードしたときに「このフォルダは無効であるか、または壊れています」と表示が出て、聴けなかったんだ。そこで発売元のサブポップのウェブマスターにその旨をメールしたら、なんとほぼ折り返しで回答。再ダウンロードできることになって、無事解決。最近、海外からの通販でこういう問題がいろいろあってメールでやりとりすることも多いんだけど、こんなに素早く的確に解決してもらったことはなかったかも。メールの文面も杓子定規じゃなくて親近感が持てるものだったし。かなり好感度アップなできごと。

サム自身が描いたこのちょっと狂犬病っぽい黄色い目の犬のジャケに戸惑う人もいるかもしれないけど(裏ジャケはこれに輪をかけて不気味)、これは僕の来年初頭のベストアルバム記事でかなり後ろの方に出てくる(=高順位)可能性が高いアルバムだ。今また1曲目に戻って聴き始めたよ。


posted by . at 07:02| Comment(18) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うん、この犬の目が怖いです。咬まれたらやばそうです。
咬まれると、強迫観念的にこのCDを何度も聴きたくなるような禁断症状とか出てきそうです。
Posted by minira at 2007年10月06日 22:33
「オルタナ・カントリー」ってよく分かりませんが(ちょっとひねりのあるカントリー?)、何となくこのアルバムは好みのような気がします。
でもジャケはこわいです。犬の目がイっちゃってます。
Posted by にんじん at 2007年10月07日 00:50
ゼンブ試聴しました。ボーカルにエコーかかってるっぽい感じがしました。このムユンムユンムユン〜〜〜とした感じが「オルタナ・カントリー」なのですか。
このいぬは予防注射しなかったんですね。アワふいてカワイソウです。病院、病院。それか黒目を書き込んであげましょう。この目つきはあんまりです。
Posted by 青グリン at 2007年10月07日 09:03
>終盤、ニューオーリンズスタイルのよく転がるピアノが気持ちいい・・・
<
これは絶対「釣り」だと思います!
思わず反応してしまいました。 (^o^)

>その不気味な雰囲気を洗い流すような、とても綺麗な三拍子
<
これも「釣り」だと思います!
Posted by アキラ at 2007年10月07日 10:05
カワイくしといた。
Posted by 青グリン at 2007年10月07日 11:19
●miniraさん
1番ありがとうございます。でも、この書き方、ひそそかさんが喜んで飛びついて来そうですよ。お互い、犬には噛まれないようにしましょうね。でもミニーはきっと妄想上のキーシン犬に噛まれてしまったんですね。


●にんじんさん
そろそろ徘徊の季節でしょうか。お疲れ様でございます。お待ちしておりました。

オルタナ(ティヴ)・カントリーですが、主にアメリカの、オルタナティヴ・ロックを演ってた連中がバンジョーやスティール・ギターを使ってカントリー寄りの音楽を始めたり、逆にカントリー系の若いのがロック寄りの音楽に接近したようなものを指すようです。僕は自分の記事でこのジャンルを説明するときにいつも「所謂」という注釈をつけてしまうんですけど、ほんとに幅広い・且つ曖昧な括りのジャンルなようです。正統派カントリー歌手であったはずのジョニー・キャッシュまでもが、晩年はオルタナ・カントリー扱いされていましたからね。本当は言いたいことはこの数倍あるんですけど、コメント欄でこれ以上引っ張ってもしょうがないんで、この話はそのうち記事にしますね。ところで、名指しこそしませんでしたが、これきっと、にんじんさんのお気に召すと思いますよ。機会があれば是非聴いてみてくださいね。


●青グリンさん
ゼンブ試聴していただきましたか。ありがとうございます。必ずしもムユンムユンムユン〜〜〜とした感じがオルタナ・カントリーというわけでもないんですけど、詳細は上のにんじんさん宛てのコメントを読んでみてくださいね。皆さん犬の心配をしてくれていますね。


●アキラさん
そんなにあらゆる箇所で反応されてしまいましたか。正直言ってこれがアキラさんのお好みに合うかどうかはちょっと自信ないんですが、もし機会があれば試聴してみてください。もしこれがお好みなようでしたら、ここから先にお勧めできるものは山ほどありますから。


●青グリンさん
どひゃー!!これはかわいい!
黒目の有り無しでこんなに印象が違うんですね。
Posted by yas at 2007年10月07日 18:48
こんな犬だったら、ヒツジは怖くて逆らいません。

わけのわかんない楽器がいっぱい出てきました。
Posted by Luna at 2007年10月07日 20:02
Iron & Wineは、ブログ友達の紹介で1stアルバムだけ聴きましたが、それがかな〜り好みの内容で気になってたんですよ〜!1stのシンプルさからは、きっとずいぶんと変化してそうですが、あの柔らかな内省感は健在でしょうか?
Califoneと同じプロデューサーなんですか〜!なるほど通じる雰囲気はあるかもしれませんね。
それにしても、現代の優れたSSWは、皆オルカン呼ばわりされてるような・・・。
Posted by クロム at 2007年10月08日 23:48
ほぼ全部試聴してみました。これはきっと好きです。犬は苦手ですけどジャケも好みですね。Amazonで一緒に出てきたシングルのジャケも素敵。すごくバランスのいい絵ですよね。音楽も同じ気がするー。

あ、そうこうしているうちに全部試聴してしまった。今2回目に突入です。何度も聴きたくなるってのがわかりました。

四角い夢はもう見ることなくなりましたけど、たまに聴く三拍子はやっぱりいいな。今日は、刑務官が遅刻をして脱獄トンネルから出勤したら叱られたって話を聞く夢でした。わりと面白かったです。
Posted by カブ子 at 2007年10月09日 06:27
●Lunaさん
でも、この犬、シェパードじゃないですよね。
わけのわからない楽器はスルーしておいてください。きっとそのうち誰か楽器に詳しい人が解説してくれることでしょう。


●クロムさん
1stは確か茶色に木のイラストっぽいジャケのやつですね。僕もこれからさかのぼって聴いていこうと思ってます。「柔らかな内省感」、言いえて妙ですね。彼の声のせいなのか、彼の作る曲のメロディーのせいなのか、確かに多少音作りが派手になっても、芯のところは変わっていないんだろうと思います。

>現代の優れたSSWは、皆オルカン呼ばわり
そうですね。70年代末期にポリースやスクイーズが出てきたときにニューウェーヴ呼ばわりされていたのと同じことでしょう。手っ取り早くまとめてしまえ、と。20年経ったらちゃんと分離されますからご心配なく。


●カブ子さん
やっぱり、これは気に入ってもらえると思っていましたよ。どこかシアウォーターに通じるところもありますよね。ジャケもお好きですか、さすがです。シングルのジャケは蛇のやつですね。僕のアマゾンの“そのうち買う箱”に入れてあるので、廃盤になる前にとっとと注文します。

最近なにかLPは買われましたか?もしご無沙汰なようなら、是非このLPを買ってみてください。無料MP3ダウンロードも付いてますし。ジャケがお好きならなおさらのこと。裏ジャケもちゃんと堪能してくださいね。

三拍子にちゃんと反応してくださいましたね。記事の文言、最初は「ワルツ」って書いていたんですけど、思いなおして「三拍子」にしてよかったです。この最後の曲、いいでしょう。

奇抜な夢、相変わらず最高ですね。全部記憶してブログに書いてください。おすそ分けお願いします。
Posted by yas at 2007年10月10日 17:08
>この犬、シェパードじゃないですよね

(笑)
これはボーダーコリーでしょ。
羊集めるコンテストやってない?

あ、でもNZでは違う犬を使うのかしら?
Posted by Luna at 2007年10月10日 20:45
●Lunaさん
ボーダーコリーっていうんですか、勉強になります。コンテストのことはよく知りませんが、確かに牧場で羊を集めてるのはこういう感じの犬だったような気もしますね。シェパードって、名犬ラッシーみたいなやつかと思ってたんですが、ああいうのが羊を追い回してる姿を見たことないですね。ふさふさした毛が羊と紛らわしいからでしょうか。
Posted by yas at 2007年10月11日 13:44
来た・見た・聞いた!
というわけで、気に入りました。想像とはちょっと違っていたのですが、でも好きです、これ。ちょっと癖になってしまうようなアルバムですね。
たくさん挙げてある楽器の名前はよく分からないんですが、びよーーーーんという感じの弦楽器の音がいいと思いました。それに手拍子(これは分かる)とかパーカッション(多分)が気持ちよかったです。
メロディーラインに印象的なものが多いのも、クセになってしまう要因かも。
中盤の“Carousel”〜“House by the Sea”〜“Innocent Bones”の流れが好きです。ラストから二曲目のオバケが出てくるようなやつは、夜中に聞くとちょっとこわいです。毎回ラストの3拍子に救われた気分になります。
ところで裏ジャケ、マジ不気味ですね。最初天地が分からなくて、犬が溶けたのかと思いました。これもグリンちゃんにカワイくしてほしいです。
Posted by にんじん at 2007年11月05日 14:14
●にんじんさん
気に入っていただけてなによりです。でも、実際と違ったものを想像させていたというのは、書き手として失格ですね。もっと精進するよう努力します。

びよーーーーんって音は、多分シタールだと思うんですけどね。もしかしたらギターの弦を思いっきり緩めて弾いてるだけかも。

ね、手拍子とかパーカッション系の音が気持ちいいでしょ。これはパーカッショニストでもあるプロデューサーの功績だと思いますよ。

耳に残るメロディーが多いんですよね。一曲一曲特徴があって違うし。実は昨日、まとめ買いした彼の初期のEPとかがどっさり届いたんですが、その当時からあの印象的なメロディーは健在でしたよ。機会があれば是非どうぞ。

裏ジャケ、僕も最初は犬の別パターンだと思っていたんですが、あるときちょっと違う角度から見てみて心底びっくりしました。ツイン・ピークスの最終回(だったかな?)で、誰もいないと思っていた部屋の様子をよく思い出してみると、実はそこに人が隠れていたってぐらいのびっくり度でしたよ。え、わかりませんか。僕もうろ覚えです。すみません。
Posted by yas at 2007年11月06日 20:17
>実際と違ったものを想像させていたというのは、書き手として失格ですね。もっと精進するよう

いえいえいえいえ。これは筆力の問題ではなく、わたくしがここに出てくる楽器の1/4も知らなかったのと、オルタナ・カントリーというのがよくわかんなかったせいだと思います。
でも箇条書きについてはもっと精進しといてくだサイ。

>ツイン・ピークスの最終回
赤い部屋で変な男が踊るやつでしたっけ? わたくしもうろ覚えですみません。
Posted by にんじん at 2007年11月09日 23:55
●にんじんさん
では、楽器についてはCDを聴いていて気になる音が出てきたら逐一訊いてください。わかる限りで、それは○○の音と答えます。オルタナ・カントリーについては、こういうのがその一種だと思っていてください。うちの近所のCD屋では、レイ・ラモンターニュは同じオルカンのコーナーにありますが、ダミアン・ライスはフォークのコーナーで売られています。何が基準なのか僕には皆目見当つきません。

箇条書き、次の記事でも再チャレンジしてみます。単に◇の数が増えるだけという気もしていますが。

>ツイン・ピークス
最終回の最後の場面が確かそんなんでしたね。僕はあの番組をずっと見ていたわけではなかったんですけど、例え見ていたとしても何故あの場面が最後なのかわからなかったことでしょう。僕が思い起こしたのはもう少し前の場面で、確か女の子が以前に見た部屋の様子をよく思い出してみたら、誰もいないと思っていたところに人が隠れていて驚いたという設定でした。でも、自分の記憶に残っていなかった(見えていなかった)人が、よく思い出してみたからといって見えるようになったというのはおかしいと思いました。

ところで、この裏ジャケはサムの自画像です。
Posted by yas at 2007年11月10日 08:00
今さらですが、コワイいぬのCDいいですね。ちゃんと聴いたのは実は最近なのです。もっと早くちゃんと聴いておけばよかったです。終わったら、そのままもう1周聴きたいCDですね。
詩は、どこか和訳の聖書に似てて、ワケの分からない不思議な印象です。最後にはクリシュナや黄色いレンガの道まで出てきて、不思議さが割り増しです。これ聴いて詩が理解できたら、曲と相まって味わい深そうな気がします。
Posted by 青グリン at 2008年11月29日 18:09
■青グリンさん
最近、古い記事を引っ張り出してくるのが流行ですね。これはちょうど一年前の11月に最後のコメントが終わっているので、コメント一覧のところだけを見るとほぼ違和感がありませんね。

ようやくゆっくりと聴いてもらえましたか。気に入っていただけてなによりです。歌詞までしっかり読んでいただいていますね。歌詞はワケのわからないところがいいんでしょうかね。久し振りに引っ張り出して聴いてみたくなりました。皆さんにこうして古記事を掘り起こしてもらえるのはいいものです。温故知新。
Posted by yas at 2008年11月30日 15:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。