2007年09月21日

郷愁 Midlake 「The Trial Of Van Occupanther」 & 「Milkmaid Grand Army EP」

僕が意識して洋楽を聴くようになったのは、1980年頃のこと。だから、70年代の洋楽はほぼ全て後追いで聴いたということになる。それなのに、70年代初期に作られたある種のアメリカのロックを聴くと、無性に郷愁の念にかられてしまうことがある。

例えばCS&Nの「Helplessly Hoping」や「Guinnevere」、アメリカの「I Need You」、ニール・ヤングの「I Believe In You」、マナサスの「So Begins The Task」、等々。なんだろう。洋楽のかかるラジオ番組を聴いていたわけでもなく、レコード屋に通っていたわけでもないその当時の僕が、たとえ無意識にでもそういう曲をリアルタイムで聴いていたなんてことはまずないと思うんだけど、そういう曲を聴くと思い出すのは、まさに70年代初頭に自分がいた風景。もしかするとそれは、そういった曲が、僕だけでなく誰もが郷愁を誘うような雰囲気やメロディーを持っているのかもしれないね。

The Trial Of Van Occupanther.jpg Midlake 『The Trial Of Van Occupanther』

04年にアルバムデビューを果たしたばかりのミッドレイクの、昨年出たこの『The Trial Of Van Occupanther』というアルバムは、今ここに挙げたような70年代初頭の曲の数々と同じ雰囲気とメロディーを持っている。こんな、きっと70年代初頭にはまだ生まれてもいなかったような人たちが作ったアルバムなのに。

ティム・スミスを中心としたテキサス出身の5人組。元は同じ大学でジャズを演奏していた人たちらしく、アコースティック主体の演奏技術はかなりしっかりしている。5人ともが多彩な楽器を演奏していて、例えばティムの担当はヴォーカル、ピアノ、キーボード、アコースティック・ギター、エレクトリック・ギター、フルート。そういえばいくつかの曲でフルートの音が効果的に使われているのに気づく。(一応)ベース担当のポール・アレクサンダーの担当楽器表にはバスーンなんてのも。これはちょっとどこに入ってるのかちょっと聴き取れていないけど。それに加えて数曲で二人のゲスト・プレイヤーがフレンチホルンとヴァイオリンを演奏。

先に挙げた70年代のバンドを知らない人は、この楽器紹介で、ある程度どんな感じの音なのか想像がつくだろうか。というか、それらの70年代のアルバムにフレンチホルンやフルートが使われていたなんて思えないけどね。そういう意味では、単に70年代風の焼き直しではなく、この人たちならではのユニークな音ではある。

アコースティック主体なんて書いたけど、もちろんエレキギターもふんだんに使われていて、たとえば1曲目「Roscoe」での、この上なく切ない歌メロに(少しニール・ヤングを思わせる)ざらざらした触感の歪んだギターの音が被さってくるところなんて、ちょっとやるせない気持ちになってしまう。

歌詞についても触れておこう。4曲目「Van Occupanther」に出てくるヴァン・オキュパンサーという人物についての物語、というわけでもないんだけど、それぞれの曲の歌詞の内容が少しずつ関連しているようにも思える。アルバムタイトルのTrialをどう訳すかが微妙だけど、「ヴァン・オキュパンサーの苦難」といった感じなのかな。

曲から曲へと、不思議な雰囲気の歌詞が続く。石工、山の住民たち、1891年生まれのロスコー、山賊、リヴァイアサンを読む女、ヴァン・オキュパンサー、狩人、などなど。この奇妙なジャケット写真ともあいまって、僕は村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」に出てくる、森に囲まれたあの不思議な街のことを思い出す。そういえば前にも何かのアルバムを説明するときに同じ本を持ち出したことがあるね。イメージの蓄積が貧困なもので。


去年あちこちで話題になったこのアルバムを何故今頃になって取り上げたかというと、このアルバムのヒットに便乗して、“幻の”デビューEPが再発されたのを最近入手したから。

Milkmaid Grand Army EP.jpg Midlake 『Milkmaid Grand Army EP』

なんでもこのCD、01年にテキサスのライヴ会場のみで1000枚を売り上げ、その後ずっと廃盤になっていたとのこと。そしてこれを、コクトー・トゥインズのべーシスト、サイモン・レイモンド(僕はこのグループのうち、彼の名前だけ知らなかったんだけど)が気に入って、彼のレーベルからデビューアルバムを出すきっかけになったという話。

『Van Occupanther』と比べると、当然完成度は高くない。持ち前の翳りのあるメロディーは既に随所に聴かれるけれど、目を見張るほどの曲はまだない。わざとだろうけど、古いラジオで聴いているかのようなくぐもった音質になっていて、それはそれで妙に懐古的な雰囲気がある。でも、まだ正式にデビューもしていないグループの自主制作CDがこのクオリティーなら、これは1000枚があっという間にはけるのもわかる気がするよ。

その音質のせいもあるけど、この『Milkmaid Grand Army』から『Van Occupanther』へと続けて聴くと、霧の立ち込めた森の奥深くから急に視界が開けた山の頂上に出たような気持ちになる。やっぱり、『Van Occupanther』の(一聴70年代風の)音作りは大したものだ。そう思って、このアルバムのプロデューサーは誰なんだろうとクレジットを見てみたら、なんとティム・スミス自身(+グループ全員という書き方)。ああ、やっぱり凄いね、この人。自分で曲も歌詞も書いて、こんなクオリティーのアルバムを自分でプロデュースできるんだから。

彼らの去年のライヴを丸ごと収録したビデオを見つけた。60分以上もあるんでまだ全部は観てないんだけど、坊主頭(ハゲじゃないよ)にヒゲ面のティム君、なんだかえらく親しみの持てる風貌してるよ。これ読んで興味のわいた人は、このビデオの9曲目「Roscoe」か11曲目「Head Home」だけでも観てみて。




ところで僕の買った『Van Occupanther』日本盤は、オリジナルに3曲のボーナストラックが入ったもの。さすがV2ジャパン、コンスタントにいい仕事をしてくれるね。ところが、こっちで流通しているオーストラリア/NZ盤は、オリジナル盤に5曲入りのボーナスディスクが付いた2枚組。ボートラの多いそっちに買い換えようかと思ったら、日本盤ボートラのうち2曲はNZ盤には入ってないときた。これじゃNZ盤を買っても日本盤を手放すわけにはいかない。しかも、ダブってないNZ盤の4曲のうち2曲は『Milkmaid Grand Army』から。ということは、NZ盤正規料金(3千円弱!)を払って2枚組『Van Occupanther』を買っても、新たに手に入るのは2曲だけ。これはちょっとさすがの僕も躊躇してしまうよ…


posted by . at 21:39| Comment(21) | TrackBack(1) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ビデオ観てると、時々プツと止まっては動きするのです。9曲目と11曲目が出せないの。また後で観にきます。すごすご・・・。
Posted by 青グリン at 2007年09月21日 22:18
こんにちわ。
1970年代が、とってもリアルな私です。1960年代さえ経験してしまっています。
今日も「あんたの白黒写真は昭和の雰囲気が漂っている」と書かれてしまいました(涙)。
近所の小学生に「おぢさんっ」と呼ばれるのには我慢していたけど、そろそろ高校生に「おぢさんっ」って呼ばれても我慢しなければならないようです(号泣)。
Posted by falso at 2007年09月22日 01:11
映像が途切れ途切れになってしまうので、触りだけですが、これ良いですね。
全然知りませんでした。

郷愁ってのは、例えその頃音楽を聴いてなかったとしても、自分が過ごした空気のようなものにどこかしら繋がってるんでしょうね。
何となく、分かります。
Posted by piouhgd at 2007年09月22日 01:41
>9曲目「Roscoe」か11曲目「Head Home」だけでも観てみて。
ぶちぶちして観られなかったから、こっちで観ました。「Roscoe」キコリが出てきます。
http://www.youtube.com/watch?v=kggVH8O9ynU
http://www.youtube.com/watch?v=wtSyYewpiHE
Posted by 青グリン at 2007年09月22日 23:33
これいいですね。この気だるさが好きです。でも、画像なしで聴いたほうがいいと思います。
Posted by 青グリン at 2007年09月23日 01:00
CS&Nの「Helplessly Hoping」とか、
70年代初頭の曲と同じ雰囲気とメロディーを持っている、とか
この奇妙なジャケットとか、
森に囲まれたあの不思議な街、とかで
かなりイメージは湧いてきますね。

1曲だけ聴いてみました。確かに懐かしい!なかなかいいですね。
でも、手を出さんとこ。

3千円弱で2曲!
どれだけ好きかによりますね(笑)
Posted by Luna at 2007年09月23日 09:42
●青グリン1号さん
このファブチャンネルってやつ、最近知ったんですけど、いろんなアーティストのライヴが丸ごと観られて、なかなか良さそうですよ。

僕はNZの貧弱なインターネット環境だからブツブツ切れるのかと思っていたんですが、日本でも同じなんですね。まあ確かに、YouTubeなんかと違って、この高画質&高音質だとかなりのデータ量になるでしょうから、やむを得ないですね。例によって、一旦最後まで流してから再度観ると、あまり切れずに観られるみたいですよ。まあ、一時間以上を一旦最後まで流すのも大変ですけどね。

先の方の曲まで送るのは、画面の下の方にある早送りアイコンを何度も押せばいいんですけど、ファブチャンネルのサイトに行けば、ダイレクト選曲ができて便利です。ついでに他のお好みのアーティストも探してみてください。
http://www.fabchannel.com/


●falsoさん
僕も高校生から見てもとっくにおじさんですよ。むしろこの年で「お兄さん」と呼ばれる方が不気味かも。

ところで、70年代の音楽をリアルタイムで聴いてこられているfalsoさんのような方に、このバンドを是非聴いてみて欲しいと思うんですよ。「なかなかいいじゃない」と言われるか、「なんだこのコピーバンドっぽいの」と言われるか、興味津々です。


●piouhgdさん
ご無沙汰です。相変わらず凄い量のライヴに行かれているようですね。なかなか書き込みができずすみません。ちゃんと読んではいるんですが。

さて、このバンド、結構piouhgdさんのお好みに合うんじゃないかと思っていました。気に入っていただけましたか。僕は未聴なのですが、このEPとセカンドの間に出たメジャーデビューアルバムは、もうちょっとドリームポップぽい感じらしく(よくマーキューリー・レヴなんかが引き合いに出されています)ちょっと違うかなと思うんですが、この変なジャケのやつは一聴の価値ありだと思いますよ。


●青グリン2号さん
最近YouTubeに凝ってますね。キコリが最近の流行なんでしょうか。


●青グリン3号さん
気に入ってもらえましたか。嬉しいですよ。そうですね、さっき書いたように見つけたばかりで嬉しくてファブチャンネルから画像を引っ張ってきたんですけど、僕も通常は音だけ聞く方が好きです。彼らのマイスペースで4曲(僕が勧めた2曲も含む)試聴できますので、聴いてみてくださいね。
http://www.myspace.com/midlake


●Lunaさん
なんで手出してくれないんですか?最近買いすぎ?これ絶対ルナさん好みだと思うんですけどね。あんまり油っこくないですが。

>3千円弱で2曲
1曲はこのアルバムのアウトテイク、もう1曲は昔のシングルかららしいです。とりあえず、そんな金があれば、まだ未聴のファーストアルバムを普通の値段で買って、さっきpiouhgdさん向けに書いたようにアルバム毎に結構音作りが違うらしいので、それを聴いてから、アウトテイクまでコレクションするかどうか判断します。
Posted by yas at 2007年09月24日 18:20
こんにちわ。
ブチブチ切れるLiveをブチッと私が切れる前に青グリンさんの紹介していた方に切り替えて見てみました。

感想なのですが、70年代を感じる事は有りませんでした。Popsがメジャー化して成功したのが60年代の中期から1970年だと思うのですが、その頃の影響は、どの時代の音楽にも有ると思います。
勿論80年代の音楽にも。彼らの音楽に感じるのは1970年頃の音楽の影響が著しく感じられる80年台
のグループの影響を受けた2000年以降のバンドと言う感じです。
多分、彼らは頭が良いのだと思います。70年代のバンドなんて、馬鹿ばっかでしたから(愛)。

あまり誉め言葉には読めない内容の書き方なので恐縮なんですが(笑)、こう言うタイプの音楽がこれからもずっと残っていくんだろうと思うと、チョッピリ嬉しい感じもしますね。
Posted by falso at 2007年09月24日 22:47
●falsoさん
なるほど、まあ確かに(恐らく)70年代生まれの人たちが作ったバンドですから、「影響」以上のものが自然に備わっているはずはありませんからね。今後、完全に革新的な音楽は最早作られないとすると、影響を受けた音楽を自分たちのものとして拡大再生産できる才能があるかどうかが、これからのバンドの生き残りを左右する決め手になるんでしょうね。
Posted by yas at 2007年09月25日 18:42
こんにちわ。

音楽のタイプの新たな変化は無いと思います。ファッションと同じ様に、時代の流れと共にそれらを受け入れる人間が変われば、それらを斬新に感じる事は当たり前だと思います。

「こう言うタイプの音楽が好き」と言っても、その中でも受け入れる事が出来る物も有れば、残念ながらのめり込めない物も有ると思います。
大切なのは「個人」と言うオリジナリティが出せるかと言う事と、それにどれだけの人が共感してくれるかと言う事なんじゃないかと思います。

勿論ヒットするかどうかは、基本的に制作会社のお金の使い方次第だとも思いますが(笑)。
Posted by falso at 2007年09月26日 00:01
バズーカ砲(バスーン)の音が聴き取れるに違いないと思ってブチブチ映像をかなり我慢強く見ましたが、聴きとれませんでした。Youtubeもブチ猫状態だったので短気な私は視聴だけしました。
「Young Bride」が好みです。タイコのプリミティブ感とヴァイオリンの使い方が(中盤のノイズっぽいトコロが特に)好き(お薦め2曲以外でごめん)。
70年代はまだコドモで坊主めくりと花札に興じていましたが、郷愁はちょっと感じました。
Posted by 麒麟 at 2007年09月26日 01:31
赤いセーターの人はjazzminちゃんのかぶり物したfalsoさんですよね?

私は60年代のGSにグッと来ます。まだ生まれてもいないのに不思議でした。最近は「なんで今更プログレ?」と不思議がられます。私だってわかりません。郷愁とはほど遠いんですけどね。
Posted by カブ子 at 2007年09月26日 11:22
yasさん、カブ子さん、こんにちわ。

>赤いセーターの人はjazzminちゃんのかぶり物したfalsoさんですよね?

えっ!?これってクマぢゃないのぉ?Jazzminは乱暴ですが、一応ネコなんですよねぇ〜(笑)。


>「なんで今更プログレ?」

それは、ここにプログレが有るからぢゃよ。はっはっはっはっはっ。

昔聴いた音楽にしがみついているだけじゃなくて、自分の生まれる前のふるーいJazzも聴いている私は「なんで今更」と自問自答する勇気さえ有りません。

P.S.
yasさん、寒い冗談で、ちとBlogを汚してしまいました。申し訳有りません。
Posted by falso at 2007年09月27日 12:53
●falsoさん
逆に言うと、いくら制作会社がお金を注ぎ込んでも、オリジナリティのないものはヒットしない(またはヒットしても共感されない)ということですね。ここでいう「オリジナリティ」とは、「これ○○にそっくり」とか「これって70年代アメリカ東海岸風の雰囲気」とか言わせることができる才能をも含んでいると思いますが。


●麒麟さん
今またこのCDを聴いているんですが、残念ながら僕もどれがバスーンの音なのかよくわかりません。もし気に入っていただけたなら、機会があればアルバム通して聴いてみて、指摘してくださいね。

「Young Bride」、僕もいいと思いますよ。最初から最後まで響き渡っているヴァイオリンもドンドコ太鼓もいいですが、サビのところのベースの音も好きです。

なるほど、坊主めくりと花札に通じるところもありますか。僕も小さい頃に坊主めくりをしていた記憶はありますが、今ではやり方をすっかり忘れてしまいました。


●カブ子さん
しばらく前からGSで、今はプログレ?実際の時代からきっちり30年ずつ遅れてついてきているんですね。それって、実際にその時代にいいものも悪いものも当てずっぽうに聴いてみて時間と金を無駄にするようなこともなく、確実にいいものだけを抽出して聴くことができるから、考えようによってはかなり効率のいいやり方ですね。80年代はもうすぐです。がんばってください。


●falsoさん
このジャケの二人、彼らのサイトによると、左側の金ぴかの人がヴァン・オキュパンサー、右側がパンサーだそうです。熊よりは猫に近いかも。内ジャケにこのパンサーのアップが載っているんですが、近くで見ると結構不気味です。

ひとつ前のfalsoさんのコメントにも通じますが、昔の人が聴いていいと思っていた音楽を、今の人が聴いてもいいと思うのはある意味当然ですよね。
Posted by yas at 2007年09月30日 06:10
こんにちわ。

きゃーっ、これパンサーなのかぁー!


折角良いものを作っても宣伝してくれないと私の耳に届かなかったりするので「きっと今も私の知らない素晴らしい音楽がこの世に生み出されているんだろうなぁ〜」といつも思っていました。たとえ、全てを聴く事が出来ないと理解していても、ちょっぴり残念です。
Posted by falso at 2007年10月02日 12:15
●falsoさん
確かに、これでパンサーって言われても…ですよね(笑)

ああ、僕もときどきその考えに悩まされますよ。特に、初めて訪れたブログで紹介されている音楽が凄く自分好みだったときに、その人が他に紹介している自分が知らない膨大な量の音楽を、これからどうやって全部チェックすればいいのかと、途方に暮れることはよくあります。「理解はしていても、ちょっぴり残念」に凄く同意です。
Posted by yas at 2007年10月04日 13:03
聴いてみました〜。
一言、素晴らしいです。
すっかりハマってます。(笑)
思っていた以上でした。
良いアルバムを紹介していただいて、感謝するばかりです。
Posted by piouhgd at 2007年10月16日 00:30
そうだ、書き忘れてました。

>村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」

今ちょうど村上春樹を読み漁っていまして、ジャケットの件、同感です。
Posted by piouhgd at 2007年10月16日 00:35
●piouhgdさん
早速買っていただき、コメントも入れていただいた上に、記事にまでしてくださったんですね。TBをもらったことにも今気づきましたので、トラバ返しさせてもらいました。

こちらの界隈にも、村上春樹ファンの方が何名かいらっしゃいますよ。そのうちそういうお話もできればいいですね。「世界の終わり〜」の雰囲気、同意していただけてなによりです。
Posted by yas at 2007年10月16日 17:38
このアルバムずっと気になってたのですが、やっと試聴してみました。新記事にリンク貼ってあったおかげです。「Head Home」かっこいいですね〜!
そろそろどこかで安く出回ってるでしょうか。
Posted by カブ子 at 2008年11月26日 00:13
■カブ子さん
こんな古い記事をほじくり返してもらえるなんて、リンクも貼ってみるもんですね。こんなに皆さんコメント欄で試聴して気に入ったと仰ってくださっているのに、この一年間ずっと試聴すらしなかったんですね。へそ曲がり振りが清々しいです。はい、「Head Home」はこのアルバムで一番かっこいい曲だと思います。今さらながら気づいてもらえて嬉しいです。

中古屋で何度か見かけた気がしますが、もともとそんなにバカ売れしたアルバムでもないでしょうから、流通数はそんなに多くないかもしれません。僕も注意して見ておきますね。安く見つけたら連絡します。
Posted by yas at 2008年11月30日 15:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

こりゃいいですね
Excerpt: Midlake The Trails Of Van Occupanther 先日、ニュージーランドにお住まいのyasさんのブログで知ったアルバム。 最近、こっち方面(どっち?)はほと..
Weblog: call it anything
Tracked: 2007-10-16 00:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。