2007年09月08日

透明感のあるグレー Broken Flight 「On Wings, Under Waves」

The English translation will follow the Japanese text.

あれは何日か前のこと。僕は雨の中を運転していた。静かな渋滞の朝。土砂降りというわけじゃなかったけれど、昨晩からずっと振り続けていた雨。空はなんとなく明るいんだけど、雲が切れる気配はない。見渡す限りの白い空に、幾重にも折り重なる灰色の雲。ほとんど白と見分けのつかないような薄い灰色から、そこから雨が落ちてくるのが見て取れるような真っ黒な雲まで。そういえば普段わざわざ見上げることもなくなっていたけど、曇り空って、こんなにいろんな色でできてるんだってことに、ふと気づいた。

カーステレオから流れていたのはこのCD。けっしてドライビング・ミュージックといった類の音楽ではないんだけど、最近手に入れてからここしばらく続けて聴いている。そして、この瞬間、この気だるい灰色の朝の風景にこの音がとても合うことにも、僕は気づいた。冬の雨の日の音楽。一色一色を言葉で表すことはできないけど、数え切れないほどの種類の灰色で彩られた、でも、そのベースは向こう側にある太陽の存在がわかるような透明感のあるグレーでできている、そんな感触の静かな音。


On Wings, Under Waves.gif Broken Flight 『On Wings, Under Waves』

前回の記事にちらっと書いた、タマス・ウェルズがインタビューで自分の好きな音楽としてホセ・ゴンザレスと共に名前を挙げていたのが、このブロークン・フライトというメルボルンのバンド。

静かに爪弾かれるアコースティックギター、そこに一音ずつ音を確かめるかのように重ねられるピアノ、穏やかな声とハーモニー。そんな感じの「In Patterns」でアルバムは幕を開ける。え、まるでタマス・ウェルズのアルバム紹介のようだって?そうだね、さすがに彼がお気に入りに挙げるだけあって、音の感触はタマス・ウェルズのそれにとても似ているかもしれない。この05年のアルバムのプロデューサーは、ネイサン・コリンズ。どこかで聞いた名前だと思ったら、タマス・ウェルズの『A Plea En Vendredi』のプロデューサー、というか、タマス・ウェルズ(個人でなくバンドとして)のドラマーじゃないか。

サティの「Gymnopedie」を下敷きにしたと思しきイントロを持った2曲目「August」でのフレンチホルンや、6曲目「The Old Man And The City」でのホーナーのメロディカ(日本では一般的にヤマハのピアニカとして有名な楽器。アルバムのブックレットにはホーナーとしか書いてないけど、このアルバムのどこにもハーモニカらしき音は入ってないので、それは多分この曲でこのノスタルジックな音を奏でている楽器のことだろう)などの一風変わった楽器が使われているのが印象的。アルバム全体を通じて薄い灰色のギターとリズム楽器が淡々と演奏される中、あちこちでアクセントをつけるように(でも、あくまでも同じ系統の色合いで)そういう音が重ねられているところが、冒頭に書いた様々な灰色の混じった空のイメージを僕に与えるのかもしれない。

3曲目「In The Woods」とアルバムを締めくくる「A Strange Love」の2曲がインストゥルメンタルなんだけど、どちらもとてもシンプルなメロディーを何度も反復しながら、いろんな楽器やコーラスが幾重にも折り重なって入ってきては出て行くといった構成の曲。前者が7分強、後者に至っては9分を越える長尺で、聴いていると感覚が麻痺してくる感じが実に心地良い。音楽性は全く違うけれど、例えばヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「Sister Ray」を17分かけて聴き終えたときのあの感覚、のコンパクト版。

上に載せたジャケットの写真をクリックして拡大してよく見てもらえばわかると思うけど、このCDケース兼ブックレットの作りは一風変わっている。白い紙を何枚も無造作に重ねたものが糸で綴じられていて、背表紙の部分で一緒に綴じられている赤い糸を何重にもぐるぐると巻いて、全体を閉じるようになっている。ブックレットの最後のページにあたる部分が折り紙のように折り畳まれていて、そこにCDを差し込む形。素朴なモノクロのイラストとも相まって、ちょっとした芸術作品を手に入れたようで嬉しい。表紙とか一部のページに和紙を使っても綺麗だったかもしれないね。ただ、やっぱり糸を巻いたり解いたりして何度も出し入れするのはちょっと不便だし、もう既に何度も出し入れしたせいか僕のは白い糸で綴られている上の部分がちょっと破れてきたので、CDの盤自体は別のケースに収納することにした。

On Wings, Under Waves.jpg


03年に出た4曲入りEP『Ray Of Youth』も同時に入手した。05年の『On Wings, Under Waves』でのブロークン・フライト:クリス・リンチ(ギター&ヴォーカル)、ピート・ボイド(ギター&エフェクト)、ニコル・ハーヴィー(フレンチホルン)、ランス・ヴァン・マーネン(チェロ、ピアノ、オルガン、グロッケンシュピール、メロディカ…すごいね、この人)のうち、最初の二人だけがこの当時の正式メンバー。ドラムを叩いてるのは『On Wings』同様ネイサン・コリンズだけど、プロデュースはマーク・ラングという人。

Ray Of Youth.gif Broken Flight 『Ray Of Youth』

より完成された『On Wings』に比べると、曲のメロディーがちょっと単調かな、という感じ。まあ、タマス・ウェルズにしても、日本盤の『A Mark On The Pane』に収録された初期のEPの音源を聞くと、後のアルバムの完成度からは程遠いんだから、これは仕方ないだろう。それに、こんなシンプルな音楽でも、プロデューサーが違うとこんなに音のイメージが違ってくるのかと思わせられる。『On Wings』が僕が上に書いたモノトーンの層を成した曇り空だとしたら、この『Ray Of Youth』は、このジャケ写のイメージどおりの、ちょっと曇り気味の青空にすぎない、という感じだろうか。綺麗なんだけど、少し深みが足りないかな。

面白いのは、この『Ray Of Youth』には「July」という曲が入っていて、『On Wings』には前述の通り「August」という曲が入っていること。きっと次のアルバムには、「September」という曲が収録されるかな。ところで、「August」の歌詞には「いちばん寒い日/葉っぱは全部落ちてしまう」という箇所がある。ああ、そうだよね、メルボルンのバンドだった。

どちらも自主制作のCDだから、どこででも手に入るというわけじゃない。僕が調べた限りでは、ネット上での情報も非常に限られている。もしこれを読んで興味がわいた人がいれば、彼らのマイスペース(http://www.myspace.com/brokenflightband)で数曲試聴可能だし、上のジャケ写の横のタイトルをクリックしてもらえば、CDの入手方法が書いてあるページにたどり着くよ。

あまりタマス・ウェルズに関連付けて紹介するのはよくないのかもしれない。音楽的には似通ってるとはいえ、それぞれが書くメロディーの質感はかなり違うし、あのタマスの「天使の声」と同じものを期待してしまうと肩透かしをくらうかもしれない(クリスの声も、優しくて味のあるいい声なんだけどね)。それでも、タマス・ウェルズのサードアルバムを待ちきれないという人には、じゃあちょっとこれを聴いてみてもいいんじゃない?って言いたくなるような、地味だけど素敵なアルバム。




Transparent grey - Broken Flight 「On Wings, Under Waves」

It was a couple of days ago. I was driving in the rain. A quiet morning in the congested traffic. It wasn't pouring at all, but the rain hasn't stopped since the night before. The sky was somehow light, but it didn't seem like the cloud would go away so soon. In the endless white sky, there were layers of grey coloured clouds. Some pale clouds that you would call it white. Other part of the sky was covered by the black cloud where you would see the raindrops actually fall from. I haven't looked at the cloudy sky for a long time, but I realized there were so many colours out there.

The car stereo was playing this CD. It was not a kind of "driving music", but since I've got it recently, it's been among the top of my playlist. And at that moment, I've also realized this music really fit the lazy grey morning. A music for the winter morning rain. A quiet sort of sound made of transparent grey that you can feel the existence of the sun over there, but layered by the countless numbers of greys, which you can't name each of its colours.


Broken Flight On Wings, Under Waves.gif Broken Flight 『On Wings, Under Waves』

As I touched a little in my last article, Tamas Wells listed this Melbournian band as his favourite, together with Jose Gonzalez.

Acoustic guitars strummed gently. Piano notes put over it carefully, as if it's checking its own position on the score. Tranquil voice and harmony. The album opener In Patterns starts like that. Well, you'd think I'm talking about Tamas Wells' album? Indeed, their sound might resemble each other. No wonder Tamas listed this as his favourite. This 2005 album was produced by Nathan Collins. Hmm, I've heard this name before...well, he was also the producer for Tamas Wells' "A Plea En Vendredi". Or you can say he is the drummer of Tamas Wells (as the band not the individual).

It is impressive that some interesting musical instruments are used in this album such as; French horn in August (its intro reminds me of Satie's "Gymnopedie"), or Hohner's melodica in The Old Man And The City (this instrument is more popularly known as Pianica by Yamaha in Japan. The album's booklet says only Hohner but I can't hear the sound of harmonica anywhere. So I assume this nostalgic sound in this song must be from melodica). Probably the grey sky image that I had was generated from the pale greyish acoustic guitar & rhythm sections all through the album, accented by the layers of the sound from such unique instruments in the same tone of colours.

Two numbers, In The Woods and the album closer A Strange Love are instrumental. Both structured by the simple melodies repeated over and over again, with various instruments and chorus in and out at times. The former tune is 7 minutes plus. The latter is over 9 minutes. Listening to them makes me feel paralyzed, and it feels good. I would say, although it sounds completely different, it's the same feeling you get after listening to 17 minutes-long Sister Ray by The Velvet Underground. Well, the compact versions, these are.

If you click on the CD cover photo above and look closer, you may find the make of the booklet (cum CD case) is somehow very unique one. Some white papers casually tied and stitched at the back. One long red thread also stitched at the centre would bind the whole booklet. The last page of the booklet is folded like an origami, and you put CD in its slit. The simple black and white illustrations add the cool atmosphere, and it makes you feel good to have such a nice piece of art. Perhaps if they'd use Japanese traditional paper as the cover or inside pages then it would be cooler. However, it's not the most convenient way of taking CD out and put it in again by handling the thread. And maybe because I've been doing so quite often, the top of the perforated part already started to torn. I decided to put the CD in the normal jewel case and keep this booklet separately.

On Wings, Under Waves.jpg


I've also got a four-song EP issued in 2003, named "Ray Of Youth". Whereas the members of Broken Flight in 2005 were; Chris Lynch (guitar & vocal), Pete Boyd (guitar & effects), Nicole Harvey (french horn), Lance Van Maanen (cello, piano, organ, glockenspiel, hohner...what a player!), only the first two were the official members in 2003. Nathan Collins played drums same as "On Wings", but this EP was produced by the other guy called Mark Lang.

Ray Of Youth.gif Broken Flight 『Ray Of Youth』

Compared with "On Wings" which was brought closer to the perfection, this album is a bit weak, with rather monotonous melodies. Well, the early EP tracks of Tamas Wells you can now listen to on the Japanese edition of "A Mark On The Pane" are also incomplete compared with the later album tracks. What more would you expect from the debut EPs? It's curious that the different producers makes such different sounds, even with such a simple kind of music. If the sound of "On Wings" is the layer of various monotonous grey clouds as I described above, I dare say the sound of "Ray Of Youth" is a simple blue sky with a bit of white clouds, just like the one on this cover. It's beautiful, but not as deep as more professionally produced "On Wings".

It's interesting to know there's a song called July in "Ray Of Youth" and another one called August in "On Wings". I guess there may be a song called September in the coming album. By the way, there's a line in August goes like this; In the coldest days / The leaves will fall all the way. Ah, yeah, the Melbournians!

Both CDs are from the independent label and hard to find in the normal CD shops. As far as I've checked, their info on the web is very limited too. If you are interested in this band by reading this article, go to their My Space (http://www.myspace.com/brokenflightband ) and you can listen to some of their tunes. Or click on the CD titles above and you reach to the page where you'll know how to purchase them.

It may not be a best idea to correlate Broken Flight to Tamas Wells too much. Although the sound taste resembles each other, Tamas & Chris write quite different melodies. And moreover, you can't expect the "Angelic voice" from this CD (though I dare say Chris' voice is also gentle and tasteful). But I would still recommend this album to anyone who can't help waiting for Tamas Wells' third album. Modest, but a lovely album.
posted by . at 21:15| Comment(35) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今一通り、文章だけ読ませていただきましたが、すごく魅力的なバンドのようですね。使用楽器の多用性もさることながら、作品を追うごとに成長を遂げていくさまなんかは、1stだけで才能を枯渇させてしまう人たちとは、違う次元のアーティスティックさを持っていそうな予感がします。
現在別の音楽を鑑賞中なので、後日是非とも試聴してみたいと思います。
ところで、気軽に英訳を載せちゃうことができるyasさんは超グレイトだ〜!
Posted by クロム at 2007年09月08日 22:57
ああ、これ欲しい!人生最初のジャケ買いになりそうです。
美術のジャンルでも、時々ものすごく美しいカタログに出会います。まさしくカタログそのものが作品であるような。隅々まで作家がこだわりまくった、不便だけど素晴らしいカタログ。(笑)
そういう作家の個展を担当させられてしまうと、ホントに泣きそうでしたけど。往々にして彼らはカタログから台座の素材、キャプションの文字サイズやフォントにいたるまで徹頭徹尾妥協しないんだもの。
一度個展会場に流す音楽まで、気鋭の若手作曲家にオリジナルオーダーして製作したことがありましたよ。

今日のお気に入り。
>静かな渋滞の朝
渋滞にハマるとついイライラしてしまって、とても心静かに運転なんてしていられません!(笑)
Posted by ひそそか at 2007年09月08日 23:10
Sister Ray
これが入ってるアルバム買っちゃおうかな…

Posted by Luna at 2007年09月08日 23:54
yas兄ぃ、すごいなぁ。尊敬!バイリンガル路線続けられるんですね。
私は、言語一つだけに絞ってもアップアップです。
Posted by minira at 2007年09月09日 00:08
英文追加で2倍お得な長さになりましたね。
シンプルなメロディーの反復が続くの好きです。これ聴いてみたいです。
曇り空の灰色、日本の伝統色の本見たらいろいろ名前あります。だいたいナントカ鼠ってつくんですが、黒にもいろいろ名前があります。墨色、消し炭色とかいっぱいあるの。私は青味がかった灰色が落ち着いて好きです。英語でも色見本に名前がついてたと思うのですが、多分きれいな名前がついてるハズです。色の濃淡と音楽って通じるところがありますね。色味が連想させる音って確かにあります。
空の色の複雑さって見て飽きないですね。私はけっこう、まじまじと見てます。渋滞でもないのにね。第一運転できませんからねえ。でも、こんな紹介のされ方したらブロークン・フライト聴きたくなりますた。
Posted by 青グリン at 2007年09月09日 00:43
ブックレットの写真(2枚目)はどなたが撮ったんですか? 背景のグレーのグラデーションがきれいですね。そういえばうちのきみどりは、赤、青、黄の次くらいにグレーという色を覚えました。黄緑やピンクより早かったです。グレーは大事ですね。

myspaceで視聴してみました。いろんな音がきこえるー。
「メルボルンの6月」もありますね。日本だと初冬くらい?

Sister Ray
これが入ってるアルバム、私も欲しくなりました・・
Posted by カブ子 at 2007年09月09日 19:21
●クロムさん
タマス・ウェルズといい、これといい、果たして一筋縄ではいかないクロムさんのご趣味とご期待に応えることができるのかどうか、非常に不安なんですけど。まあ、マイスペースで聴く分にはタダなんで、まずはお時間のあるときにご試聴ください。

>気軽に英訳
いえいえ、そんなに気軽に書いてるわけでもないんですよ。今回のは時間を見つけてポツポツと書いてたんで正確な執筆時間はわからないんですが、下手すると全部で7時間ぐらいかかってます。当分英訳などしたくない気分です。


●ひそそかさん
ジャケ買い者の気持ち、わかっていただけましたか。この記事の装丁の説明をちょっと長めにしたのは、実はひそそかさんを狙ってました。受け止めていただいてありがとうございます。こういうCDだと、持ってる人にコピーしてもらったり、ウェブでダウンロードしたりしようという気にならないでしょう。まず試聴してみて、悪くないと思われるようなら是非買ってみてください。そんなに高くないですし。

>個展会場に流す音楽まで、気鋭の若手作曲家にオリジナルオーダー
若干前提は違いますが、しばらく前に僕のブログで特集したピーター・サヴィルという人が自分の個展用にオーダーした、ニュー・オーダーの限定CDを持っています。30分のが一曲入ってるだけなのですが、それが個展会場に流れていたと思うだけでちょっとアツくなってしまういいCDです。はい、マイフィールド返しです。

>心静かに運転
時間に余裕を持って出かければ、毎朝同じところで同じだけの時間をかけて通過することがわかっている渋滞、イライラするだけ損というものです。せっかく満員電車でなく自家用車で通勤できる贅沢をさせてもらえる立場にいるので、好きな音楽でも聴きながらノロノロ運転を満喫しています。あんまり空ばかり見ていると人を撥ねても気づかないのが難点ですが。


●Lunaさん
以前にもこのアルバムの話をしましたね。悪いことは言いませんから、これは買うべきだと思いますよ。それか、2001年に出た『Bootleg Series Volume 1: The Quine Tapes』という3枚組ライヴ盤なら、この曲が3回楽しめますよ。3回ともがそれぞれの盤の締め括りで、24分、38分、28分の演奏です。かなり麻痺します。


●miniraさん
>バイリンガル路線続けられるんですね
…いえ、続けません。前回の記事に5時間半、今回(推定)7時間。ちょっとこれを続ける気力はありませんから。実は、こないだタマスと話したときに、このアルバムを聴いた感想を是非教えてくれと言われていたんですよ。それで、どうせならこの記事を英語で書いて、彼に教えてあげればいいなと。

ちなみに、このバンドのリーダーのクリス・リンチ君にもこの記事のことを連絡したら、彼は自分のブログで「日本語と英語で僕のアルバムがレビューされました」と発表してくれました。なんだか照れくさいですよ。


●青グリンさん
なんだかこのコメント、いつものグリンさんらしくないですね。お名前を見ずに読んでいたら、最初はカブ子さんかと思ってしまいました。

やっぱりいろんな灰色って、それぞれに名前がついてるんですね。僕にはとても覚えられそうにありませんが。

聴きたくなってくださって嬉しいです。グリンさんもまず試聴してみてくださいね。それで気に入らなかったらお叱りのお便りなどしたためてくだサイ。
Posted by yas at 2007年09月09日 19:25
●カブ子さん
僕がのたのたとコメント返ししていた間にもう一つコメントしてくれましたね。ありがとうございます。

>ブックレットの写真(2枚目)
さすが、いいところに目をつけられますね。お察しの通り、この写真だけは、このブックレットをデザインされたウェンディ・クーパーさんのサイトから拝借しました。他にもいろんなものをデザインされている方のようですよ。はいこれサイト↓
http://www.coroflot.com/public/individual_details.asp?individual_id=31317

メルボルンの正確な季節はわかりませんが、6月は多分初冬ぐらいでしょうね。

>Sister Ray
上に書いたルナさん宛てのコメントをご参照ください。ヘンなもの好きのカブ子さんには、迷わず3枚組お勧めです。あ、それか、僕が持ってるジョイ・ディヴィジョンやニュー・オーダーのカバー・バージョンを含めて、CD-R一枚全部Sister Rayという気が狂いそうなオリジナル盤を作って差し上げましょうか。一枚じゃ到底入りきりませんが。
Posted by yas at 2007年09月09日 19:37
●Lunaさんに追記
さっきカブ子さんにヘンな編集CD-Rを提案して、他には誰のバージョンを持ってたかなと考えていたら、こないだルナさんに買って行ったルー・リードのライヴアルバムに、「Some Kinda Love / Sister Ray」という15分半のメドレーが入ってたことを思い出しましたよ。
Posted by yas at 2007年09月09日 19:55
試聴しますたよ。気に入りました。3曲聴いて、すごく好きになりました。どうも、この系統好きみたいです。行こ帰ろか迷うとき、買おかやめよか迷うとき、これを聴くと更に迷宮にはまり込みそうな気がします。曇り空にも合いますが、どうしようかグルグル考える時に部屋でかけるのにピッタリくる気がします。急ぐ気持ちにさせない音楽ですね。
Posted by 青グリン at 2007年09月09日 20:52
↑あ、ほんとだ!

まだ1回しか聴いてないの。
スプリングスティーンで止まってるんですよ。
あのあと自分で、ネブラスカと闇に吠える街を買っちゃったもんで…

3枚組みも気になっちゃったじゃないですか。

困った。

Posted by Luna at 2007年09月09日 21:04

私も聴いたよ〜。これまた癒しの音ですね。私もほけ〜っと聴けるこれ系の音楽大好きです。でも、タマス同様、UKでは売られていないようです。残念。日本からCD取り寄せると送料と税金が高くてとんでもないことになるので、今度日本に帰ったときに買おうっと。

バイリンガルでこの記事書くの7時間もかかりましたか。大変でしたね。あ、でも私はモノリンガルで書いてもそのぐらいかかってるかも。そうそう、私のところで一ゲタ、有難うございました。yas兄ぃの一ゲタ久しぶりに見たなぁ、なんか懐かしくて嬉しいなぁと思ったのですが、よく考えたら自分自身が2ヶ月もサボっていたからでしたー。あはは。

スゴーイ!クリス・リンくんにブログで書いてもらったんですか。いやあ、それはすんごく嬉しいことですね。(もしキーシンがそんなふうに書いてくれたら、私だったら失神するもの)おめでとうございます!ってことは、これからもバイリンガルで行かなくちゃってことですよっ。
Posted by minira at 2007年09月10日 00:10
>聴いていると感覚が麻痺してくる感じが実に心地良い
これすごくよく分かります。「ボレロ」っちゅー曲も同じリズム&2パターンのメロディーが延々繰り返され、楽器の出入りでクライマックスまで引っ張り上げていくんですが、反復を聴いてるうちに一種のトランス状態になるんです。それがもう、たまらなくムラムラするというか、不安と安心が入り混じったような気持ちになるのです。

同じギャグでも二回目(あるいは一回目)以降は受けないという憂き目に遭う身としては羨ましい限りです。それともトランス状態になるまで言い続けることが大事なのでしょうか。

最初から最後までマイ・フィールドでした。
Posted by 麒麟 at 2007年09月10日 16:28
●青グリンさん
ツボにグリグリッと入りましたか。最近そういうことが多いですね。たしか聴衆がはちきれた時にも入りましたね。確かにこの音楽を聴いてセカセカした気持ちになる人は稀ですね。普段忙しくされているグリンさんのために、またそのうちのんびりモノを探してきて書きますね。


●Lunaさん
なんと!スプリングスティーン、初期盤全制覇じゃないですか。すごいなあ。僕でさえ『Nebraska』をCDで買ったのはつい最近ですよ。ではこの次は、『Born In The U.S.A.』に行く前に、4枚組の『Tracks』にしましょうか。『The River』期のアウトテイクが山ほど入ってますよ。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの3枚組よりそれが先決だと思います。僕は今ちょうど彼の『We Shall Overcome The Seeger Sessions American Land Edition』というやつを聴いていますが、これはちょっと上級者向けです。来年にしましょう。


●miniraさん
これ、UKでは売られていないというか、多分メルボルン以外の地域では、一般のCDショップには流通してないんですよ。記事にリンクを貼っておいたサイト(クリス・リンチ君のマイスペース)に行って、彼に直接「ちょうだいな」とメールしないといけないという、かなり厄介な方法でないと手に入りません。UKにも直送してもらえるはずですけど、きっとかかる関税は同じですね。

そういえば最近あまり1ゲットしてないんですよ。なんとなく意欲がなくなってきたというか、枯れてきたというか、ご隠居さんというか。久々にminiraさんのとこで誰も書き込んでない記事にコメントして、こんなことしてしまっていいんだろうかと、おろおろしてしまいました。


●麒麟さん
ああ、ボレロってわかりますよ。水戸黄門みたいなやつですよね。トランス状態になるのはよくわかりますけど、ムラムラしますか(笑)

反復ギャグのおかしさってありますよね。古くは、あっちこっち丁稚とか8時だよ!全員集合の、毎週同じギャグに笑い呆けていた子供時代を懐かしく思い出します。あれはやはり、子供ながらにトランス状態に陥っていたのでしょうか。
Posted by yas at 2007年09月10日 18:39
>4枚組の『Tracks』
>『The River』期のアウトテイクが山ほど入ってる

また、刺激するようなことを。
困った。

来年手に入れるものまで、決めてくれちゃって。
Posted by Luna at 2007年09月11日 08:01
●Lunaさん
よっぽど気に入ってくれたんですね。嬉しいです。来年の話をして鬼に笑われる前に、スプリングスティーン、今月ニューアルバム出すようですよ。つい最近ダブリンでのライヴアルバムが出たばかりなのに。狂い咲いてますね。

Posted by yas at 2007年09月12日 07:41
thanks yas
great to hear your thoughts about it .

I tried to post a message on your blog site saying how good I thought the album was but I couldnt manage to - partly cause i didnt understand how to post.

anyway - what i said was that it is one of those albums that you keep coming back to - the melodies are just as good after a hundred listens ...
I think he is a realy talent - but unfortunately an underrecognised one.

thanks again
Tamas
Posted by Tamas Wells at 2007年09月18日 15:41
う、うあああ!!生タマスだっっ!!!
タマス〜ぅ!タマちゃーん!!

よし、翻訳してみよう。(関西語訳)

それに関するねんあんはんの考えを聞くために、大きなyasに感謝しまんねん。

わいは、わいはアルバムがそうであると思った、せやけど、わいがcouldntするねんどれほどの利益がなんとかするねんかについて言うとるあんはんのブログサイトにメッセージを掲示しようとしたんや - 部分的に、原因i didntは、ポストするねん方法を理解しまんねん。

とにかく - わいが言うたものは、それがあんはんが戻って来続けるそれらのアルバムのうちの1曲であるちうことやった - 100の後の利益が聞いて、メロディーは当然や...
わいは、彼がrealyな才能であると思いまんねん - 残念なことに、過小認識されたもの以外の。

もっかいタマーシュに感謝しまんねん

Posted by ひそそか at 2007年09月18日 16:53
Hi Tamas,

I could've altered the second paragraph of your message to make it look more like you posted it by yourself but I didn't, cos I wanted to keep the tone of your wording as they were.

Anyway, thanks for your comment. It was worthwhile I spent long hours to make this article bilingual.

I do agree with your point about Chris' talent. I guess you had also been underrecognized for quite some time. I do believe his music will see the light of day soon. To make it happen, how does it sound to appoint him as your opening act in your next Japan tour? I bet all your fans will love his songs.
Posted by yas at 2007年09月19日 18:47
●ひそそかさん
ちょっと種明かしをすると、実はこのタマスのコメントを投稿したのは僕なんですよ。「な〜んだ」って言わないでくださいね。コメント自体を書いてくれたのは紛れもなく彼なんですからね。そこに英語で書いてあるように(デタラメな関西弁は無視して)、この記事を読んでコメントを入れたかったけどやり方がわからなかったと僕にメールをくれたんです。で、彼に承認をもらった上で、僕がそのメールの内容をここにコピペしたという訳です。まさかタマスが「お名前:[必須入力]」なんて読めるわけないですよね。

ところで、何なんですか、この妙な関西弁は。「あんはん」なんて誰も使いませんってば。やなせたかしじゃあるまいし。もっかいタマーシュに謝っといてくださいよ。
Posted by yas at 2007年09月19日 18:58
関西弁では、わいはTですか。
私のとこでは、わいはYouで、おいがIでしたわ。
Posted by Luna at 2007年09月19日 19:47
●Lunaさん
一人称と二人称が入れ替わる例はよくあるかもしれませんね。関西では「自分」はYouの意味ですが、自衛隊では「自分」はIの意味ですよね。
Posted by yas at 2007年09月19日 21:42
>実はこのタマスのコメントを投稿したのは僕
なーんだ・・・

>何なんですか、この妙な関西弁は
infoseekの翻訳ソフトで和訳しようとしたら「関西弁」ていうボタンがあったもので、思わずポチッと・・・(笑)
自動翻訳ソフトって普通に標準語で訳しても妙ちきりんやけど、関西弁にすると輪を掛けてけったいなことになりまんな。

>関西では「自分」はYouの意味
大阪の友達が私のことを指して「自分」「自分」と連呼するので、ものすごい違和感を覚えました。
Posted by ひそそか at 2007年09月19日 23:33
●ひそそかさん
タマちゃんが日本語を読めたと思っていたんですね。

自分、どっちが好きなん?って、大阪の人と付き合っていたんですね。しかも二股。
Posted by yas at 2007年09月20日 19:07
たまちゃんとメル友になったのね。すごーい。
Posted by minira at 2007年09月29日 23:57
●miniraさん
ミニーもキーシンさんと密着写真撮られたじゃないですか。おめでとうございます。探してみたら、MySpaceにちゃんとキーシンのページもあるんですね。とりあえずそこでフレンド登録してもらって、メッセージを送ってみるというのはどうでしょう。
Posted by yas at 2007年09月30日 06:15
密着写真だなんて...恥ずかしいわ(ポッ)

私、Kissinがコンピューターの前に座ってメールする姿が全く想像できないんですよ。時間があればいつでもピアノの前に座っているんじゃないかしら...リハの時だって、休憩中もずっーと弾き続けている人ですから。

ところで、そのリハの休憩中ときに彼が自主練しいてる姿を音入りで録画したのですが、どうしても記事に貼り付けることが出来ません。うまい貼り付け方ご存知だったらご教示願えませんでしょうか。どうじょ宜しくお願いしまーす。
Posted by minira at 2007年09月30日 19:38
●miniraさん
僕は、前に旅行で撮影してきた鳥の映像を貼り付けるのに、まずYouTubeにアップして、それをブログに貼りましたよ。それでどうでしょう。

もし他にもっと簡単なやり方をご存知の方がいらっしゃったら、教えてくださいね。
Posted by yas at 2007年10月01日 10:08
You Tubeですか...そのような方法があるのですね。
あ、でも、キーシンのリハの休憩中の練習風景をYou tubeに出すのは止めておきます。私の超個人的弱小ブログに貼るのならそんなに問題ないのでしょうが、You tubeは公共性が高すぎるから、肖像権とかなんとかが問題あるんじゃないかなと思うのでしゅ。
Posted by minira at 2007年10月03日 18:46
●miniraさん
YouTubeに投稿する際に、全然関係ないタイトルとカテゴリーにしておけば、検索される可能性はほとんどゼロになりますよ。miniraさんが自ブログに貼り付けるのに使えればいいだけですから、誰にも検索される必要はないんですし。まあ、リスクが全くないというわけでもないんで、止めておくのがいいかもしれませんけどね。
Posted by yas at 2007年10月04日 13:08
yasさん、こんにちは。
昨日無事にブロークン・フライトのCDが届きました。早速繰り返し繰り返し聴いております。本当に素敵な音楽に出会えたことに感謝しております。

当方のブログでも早速取り上げさせていただこうと想っております。つきましては文中にyasさんのブログのおかげで出会えたことと、このブログへのリンクを貼らせていただこうと想っておりますが宜しいでしょうか?
Posted by マサ@rootless tree at 2007年12月15日 14:53
うっかりその後試聴する機会を逸していたのですが、上記のマサ様のコメントで思い出して、早速聴きましたよ〜!「透明感のあるグレー」の意味がようやくわかりました。素晴らしいですね〜。
私も注文したくなり、メッセージを送ってみました。マイスペースのメッセージって、メンバーじゃないと送れないみたいだったので、テキトーに登録したら、本名のマイスペースができてしまいました。別に放っておけば構わないですよね(笑)。
Posted by クロム at 2007年12月15日 20:41
●マサさん
無事ご購入されましたか。めでたし。気に入っていただけたようでなによりです。もちろん、貴ブログにはご自由に書いて頂いて結構ですよ。リンクもよろしくお願いします。追ってこちらからも貼らせていただきます。


●クロムさん
なんと、クロムさんにまで気に入って頂けるとは。CDが届いて全編聴かれたら、是非ご感想を聞かせてくださいね。

マイスペでクロムさんのご本名で検索してみたのですが(すみません。笑)、引っ掛かってこなかったですよ。ローマ字にしたら別人が沢山引っ掛かりましたけど(笑)

ところで、この記事のコメント欄に書くようなことじゃないんですけど、最新記事以来80年代ジャパニーズ・インディーズづいていて、きっとクロムさんの心の琴線に触れるであろうCDをあれ以降も買いまくってますよ。記事に仕立てる時間がないのが残念です。
Posted by yas at 2007年12月16日 01:07
yasさん、こんにちは。快くご了承くださってありがとうございます!さっそく記事を更新させていただきました。と言っても大したことは書いていないのですけれど…。今日も朝から『on wings, under waves』を聴いています…。
Posted by マサ at 2007年12月16日 13:20
●マサさん
早速(昨日のことです)記事を拝見させてもらいましたよ。お馴染みの解剖図風展開写真、堪能させてもらいました。いつもに増して解剖のし甲斐のあるCDだったことでしょう(笑)

大したことは書いていないなんてとんでもない。読み応えありましたよ。またゆっくり時間ができたらコメントに伺いますね。
Posted by yas at 2007年12月17日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック