2007年08月28日

Tamas Wells live in Tokyo

The English translation will follow the Japanese text.

そして僕はここにいる。07年8月25日、東京渋谷 O-nest。前回の記事で触れたとおり、タマス・ウェルズの日本最終公演を観るためにNZから駆けつけた。

同じ通りにあるO-EastやO-Westに比べると遥かに小さな会場だ。エレベーターで6階に上がっていくと、そこは少し広めのカフェといった風情。こんなところで演るのかな?と思っていたら、コンサート会場はそこから屋外の螺旋階段を降りた5階。それにしても、200人も入れば満杯になりそうな小さな会場に変わりはない。

ライヴは殆ど一人で観に行くことが多い僕にしては珍しく、今回は総勢7名での参加。全員がこのブログの常連コメンターの方々。ちょっとしたオフ会というわけだ。開演前に一本道ノボルさんとお会いすることができ、これまでの4回のライヴの様子やタマスの人柄など、興味深いお話を伺った。僕は全く知らなかったんだけど、前日(24日)に渋谷のHMVでインストアライヴを行ったとのこと。なんだって?昨日の晩は僕渋谷にいたのに!HMVの前を通りがかりさえしたのに!ああ残念。

7時ちょうどの開演で、木下美紗都、the guitar plus meという二組のオープニングアクトがまず演奏。その後タマス・ウェルズ(今回はバンド名ではなく、個人名)がステージに登場したのが8時半頃だった。ラフなTシャツ姿でひょこっとステージに現れたと思ったら、すぐ引っ込んでまた再登場。セットリストを忘れたとか。一人で演るのに、そんなのなくてもよさそうなもんなのにね(笑)

『A Mark On The Pane(以下『Mark』と略)』に収録された初期の曲から予想されたけれど、挨拶をする彼の地声はかの「天使の歌声」よりもかなり低め。あちこちのサイトを探しても一枚しか見つからなかった彼の写真(7月1日の記事に載せたもの)に比べるとかなり短く刈った髪に、日本に来て以来剃ってないだろうと思われる無精ヒゲ。あれ?この兄ちゃん、さっき6階ですぐ近くにいたよ。全然わからなかった。でも、よく見たらあの特徴のある澄んだ青い瞳は例の写真の通り。

『Mark』のオープニング曲「When We Do Fail Abigail」からスタート。もう何度も聴いたギターのフレーズはもちろんだけど、なによりも、あの声。どんなに美しい言葉を重ねて形容しても足りない、彼のその喉から発せられた時点で空気の温度が変わるのがわかるような、唯一無比の声。

自己紹介のときに、「“タマちゃん”と呼んで」とジョークを。後に一本道さんに教えてもらったところによると、彼はなかなかアドリブの利かない人で、この「タマちゃん」を言わせるのに一苦労だったとか。どっと受けたのは嬉しかったかな。

ところで、彼自身の発音によると、どうもTamasは「タマス」というよりは「テイマス」という風に聞こえる。言われてみれば、英語圏でこの綴りを発音したらそうなるのがより自然かも。僕のブログのポリシーでは、より実際の発音に近いカタカナ表記にすることにしているんだけど、少しでも多くの日本人に「タマス・ウェルズ」で検索して僕のブログにたどり着き、彼の音楽に興味を持ってもらうためには、この際そんなポリシーなんてどうでもいいや。よって今後も「タマス」で統一。

2曲目「The Opportunity Fair」を演奏後、「静かだね。オーストラリアではもっと隣の人と喋ったり、ステージに物を投げたりするよ」と。あのね、こんな素晴らしい歌の途中でペチャクチャ喋る奴がいたら、僕はそいつに物を投げるよ。

続いて、セカンド・アルバム『A Plea En Vendredi(以下『Vendredi』と略)』のタイトルトラック「Vendredi」。演奏後、彼が今日使っているギターが、ミャンマーで800円で作らせたという代物だと暴露。「ろくにチューニングもできてなくてごめんね」ということだったが、そう悪くもなかったよ。マイスペースでの彼のブログにあるように、確かにそのギターと一緒に使っているストラップとカポの方がギター自体よりも高いかも(笑)

こんな感じで、殆どの曲間で丁寧に曲紹介やいろんなエピソードを話す彼。日本人にもわかりやすいようにとゆっくり喋るのは、同じく英語が公用語でないミャンマーに住んでいるが故に身についた習慣だろうか。

「From Prying Plans Into The Fire」、「Cigarettes, A Tie And A Free Magazine」と、長いタイトルの曲を続けた後、奥さんのブロンウィン(Bronwyn - 彼はBronと呼んでいた)がステージに上がり、ピアノの前に座った。

聴き慣れないゆったりとしたギターのイントロに続いてそっと歌い出されたのは、「Valder Fields」。イントロなしで歌われるCDでのバージョンももちろんいいんだけど、これにはぞくっとしたね。後半、CDとは違ったアンサンブルでピアノとヴォーカルが絡んだのは、もしかしたら間違えたのかな?いや、まったく動じなく演奏していたのを見ると、あれはやっぱりそういうアレンジだったんだろうね。いずれにせよ、僕はやっぱり今でもこれが一番好きな曲。

続いては、数ヶ月前に彼のマイスペースで公開されていたという新曲「Northern Lights」。僕もしばらく前から彼のマイスペースを覗いていたんだけど、この曲には気づかなかった。これがまたすごくいい曲で、来年録音を始めるというニューアルバムが今から楽しみになる。

初期のEPのタイトル曲「Stitch In Time」に続いて、ちょっと長めのMC。オーストラリアにいる彼の友達の話らしいんだけど、恋人を家に招待して手料理を作ろうとしたら、キッチン中大火事になってしまって、でも彼は慌てる恋人に向かって「だいじょうぶ、何も問題ないよ、でも残念なことにキッチンが燃えてるんだ」と言ったという話。もちろんこれは、『Vendredi』収録の「I'm Sorry That The Kitchen Is On Fire」の紹介なんだけど、あの曲の歌詞を読んでも、まさかこんな可笑しなことを歌ってるなんて想像もつかないよ。

もう一曲、初期のEPから「Beauty Cream」を演奏後(ところで彼は、EPからでなく、『Mark』のボーナストラックという紹介をしていた)、再び長い曲紹介。『Vendredi』のレコーディング中に「The Telemarketer Resignation」のギターを苦戦しながらようやく完奏したら、その瞬間、オーストラリア特有の鳥が「フーフー」と鳴いたという話を、そのエンディング部分を何度も実演しながら自分で「フーフー」と鳴き真似。CDを大きな音で聴いたら聞こえるから、是非聞いてみて、と。もちろん、その後きちんと演奏した曲のエンディングでも「フーフー」。そんなことを一所懸命説明するところがなんだかかわいいね。

ここで再度ブロンがステージに上がり、ピアノ伴奏付きで演奏した「Broken By The Rise」、そして「Reduced To Clear」で本編終了。前回の記事でおそらく彼のお気に入りの曲なんだろうと書いた後者で閉めるところをみると、やっぱりそうなんだろうね。お気に入りと言えば、ここで今回の招聘元であるインパートメントのスタッフに謝辞を述べるついでに、多分大阪で連れて行ってもらったんだろうお好み焼きと、4晩連続で食べたというおでんが気に入ったとも言ってたな。

一旦ステージ脇に引っ込んだと思ったらすぐに出てきてアンコール。まずは「Lichen And Bees」。さっきの「The Opportunity Fair」とかもそうだったんだけど、CDでの演奏に比べてちょっとギターの弾き方がジャングリングし過ぎていて(日本語ではなんて言うんだっけ。ジャンジャカいう感じのことね)、微妙に曲の雰囲気が違う。まあそれも、彼のあの声で歌い出された途端に全てオッケーなんだけどね。

そんな僕の文句(?)が聞こえたのかどうか、最後は「Open The Blinds」でしっとりと終了。再びステージ脇へ。

再度のアンコールに応えて、「ビートルズの曲を演るよ」と言って歌い始めたのは「Nowhere Man」。僕はこのブログにあまりビートルズのことは書いてないけど、いっぱしのビートルズファンのつもり。大好きなジョン・レノンのことを貶める意図はまったくないけれど、これは僕がこれまでに聴いたどんな「Nowhere Man」よりもデリケートで素敵な演奏だった。彼が最初のフレーズを歌いだしたときに感じた、全身が痺れるような感触が今でも忘れられない。

まだアンコールの拍手は続いていたけれど、僕はもうあの曲の後に何も聴きたくはなかった。きっと彼も持ち歌を全て使い果たしたんだろう(笑)、約1時間の短いコンサートはこれで終了。素晴らしい1時間だった。


ライヴ終了後、再び一本道さんと合流。かなり長い間(えーと、山手線のほぼ終電まで、かな)お話をさせてもらうことができた。その上、彼の計らいで、楽屋でタマスとブロンに会わせてもらうこともできた(一本道さん、ありがとうございました。でもこれは書いてもよかったのかな?)。僕は、持っていったCDにサインをもらい、タマスのインタビューで知ったメルボルンのバンド、ブロークン・フライトの話などで盛り上がる。本当に気さくな人たちだ。もちろん、別に楽屋まで行かなくても、サインを求めるたくさんのファン一人一人とゆっくり時間を取って話していたのが印象的だった。

その後、恐れ多くも会場での打ち上げにまで参加させてもらい、ブロンともまたいろんな話ができた。僕の持っていったオリジナル盤の『Mark』の六つ折りブックレットの内側の写真を見て、「ああ、これはメルボルンの○○の写真(失念しました。失礼)。懐かしいわ」などと話を聞かせてもらった。えーと、これが「オリジナル盤を売れない理由その5」かな?(笑)


この日の演奏を見て、また彼と話していて思ったのは、この人にはカリスマミュージシャンらしきオーラが全くないこと。しいて言えば、ここNZでもあちこちの路上で前にコインを入れるための帽子を置いてギターを弾きながら歌っている兄ちゃんみたいな雰囲気をぷんぷん漂わせていた。ギターのテクニックも、例えば僕が先週観て8月15日の記事でレポートしたホセ・ゴンザレスなどと比べると、手馴れた正確な演奏ではあるけれど、凄いと唸らされるようなものではない。

でも、彼の生み出す素晴らしくメロディアスな曲と、そしてなによりも唯一無比のあの声が、そこら中に何百人も何千人もいるであろうそういった無名ミュージシャンと彼を、残酷なまでに隔てている。天賦の才能。こんなミュージシャンに出会えたことを、誇らしく思う。

Autographed Mark On The Pane.gif


And here I am. 25th of August, 2007 at O-nest in Shibuya. As mentioned in the last article, I've come all the way from NZ just to see him play live.

Compared with its brothers O-East & O-West on the same street, O-nest is far smaller venue. As we climb up to the 6th floor, the venue looks like a cafe. Wondered if he'd play in such a space. But it turned up that the real venue is down one floor by the spiral staircase. It's still a small venue though, perhaps only for 200-ish audience.

Usually I go to the concert on my own, but this time I am accompanied by 6 other members, who usually post comments on my blog. It's a kind of off-the-line party. Before the show starts, we met Yohei (Shin's brother) who once commented on my first article about Tamas Wells. He told us about some curious stories during Tamas' stay in Japan so far. To my surprise, there was an in-store live at HMV Shibuya in the night before. Damn, I've missed it! I was at Shibuya that night, digging CDs (but not at HMV). I even walked in front of HMV but didn't realize he was playing inside..

Two opening acts, Misato Kinoshita & the guitar plus me started exactly at 7 pm. Then Tamas Wells (on his own not the band) walked up on stage at around 8:30, in a casual T shirt. He went back to the backstage to bring the setlist (I wonder why he needs it when he's playing alone..).

His spoken voice is relatively low, as opposed to the "angelic voice" that we can hear on the CD, as estimated from his early recordings in the Japanese edition of "A Mark On The Pane (referred as "Mark" after this)". His hair is much shorter than the one in the photo widely available on the web. And also he wears the stubbly beard, perhaps unshaved since he arrived. Ah, I saw him on the 6th floor when I came. Didn't notice it was him. But his blue eyes haven't changed a bit from the photo.

The show started with When We Do Fail Abigail, the opening track of "Mark". The popular guitar phrase since I've been listening to the album over and over again. And the voice.. I still find myself difficult to describe the beautifulness of his voice. As if the temperature of the room suddenly changes when his voice comes out through his throat. The one and only..

He joked to say "just call me Tama-chan" after the song. Yohei told me he taught him to say that, but it's been hard for Tamas to actually say that on the stage till then. He should be happy when the audience burst out loud :)

By the way, judging from his own pronunciation, his name should be pronounced like [tay-mas] not like [taa-mas] as widely known in Japan. Indeed, if an English speaking person see this spelling, it's more natural to pronounce like that. I have a policy when writing foreigner's name in Japanese (katakana), it should be as close to the original pronunciation as possible. But at the same time I know I shouldn't confuse those who search for [taa-mas weruzu] and come to my blog. I just want more Japanese music lovers to like his music. So fxxk off my policy.

After the second song The Opportunity Fair, he said "You're so quiet. In Australia usually the audience talk to each other, throw things to the stage, etc". Hey Tamas, if anyone here talks during such beautifully delicate songs, I would throw things at him!

Then the title track Vendredi, from the second album "A Plea En Vendredi (referred as "Vendredi after this)". After the song, he announced that the guitar he's playing costs only 800 yen ($8?) hand-crafted in Myanmar. He apologized the bad tuning, but it wasn't too bad. As mentioned in his own blog on My Space, the guitar strap & the capo must be more expensive than the guitar itself.

He introduced songs & talked about various things during the songs. He speaks carefully & slowly so that many Japanese would understand him. Perhaps it's his custom when he's living in another non-English speaking country.

After the two long-titled songs From Prying Plans Into The Fire and Cigarettes, A Tie And A Free Magazine, Bronwyn (he called her Bron) came up on stage and sat behind the piano.

Unknown guitar phrases, followed by the whispering voice into Valder Fields. It sent shiver down my spine. The CD version without the intro is good, but this one is special. I thought the piano & his song weren't playing ensemble like in the CD. Maybe one of them made a mistake? But both of them kept playing confidently, so it was the new arrangement. Anyway, this is my favourite, however it is played.

Then Northern Lights, which was up on his My Space a couple of months ago (I missed it though I visited his Space quite often). Another great song that makes you look forward to the new album due next year.

Following the title track of early EP Stitch In Time, a little long MC. It was about his friend in Australia. This guy invited his girlfriend to his house and let her taste his own cooking. But he made a mistake and the whole kitchen was on fire. He told the panicking girlfriend, saying "don't worry, everything's fine. But I'm sorry the kitchen is on fire". Of course this was the introduction to the song I'm Sorry That The Kitchen Is On Fire. I've read the lyrics of the songs, but never imagined the song was about such a funny story!

Another song from early EP was Beauty Cream (by the way, he introduced these songs as the bonus track for "Mark" not as the ones from early EP though). Then another long MC followed. When he was recording The Telemarketer Resignation for "Vendredi" album, he was struggling to complete this difficult song. When he finally finished it, a typical Australia bird sang "Hoo-hoo". Before actually started the song, he repeated the ending part of the song to explain the "Hoo-hoo" part. And asked us to listen to the part on the CD carefully. Finally, when he finished the song, of course he whispered "Hoo-hoo". Funny guy, indeed.

Bron came up on stage again, played Broken By The Rise and Reduced To Clear together as the closing. I wrote in my last article about "Mark" that Tamas must be fond of Reduced To Clear. It should be right as he chose this song as the closer of the concert. Ah, by the way, he also fond of some Japanese foods such as okonomi-yaki & oden (which he ate 4 nights in a row). He said that when he thanked the staffs of Impartmaint Records.

He disappeared and came real quick for the encore. Lichen And Bees first. I thought, The Opportunity Fair and this were played a little too jangly. Well, although his voice covers any mis-matching play.

Maybe he heard my inner voice as such(?), the last song was the graceful Open The Blinds. He went back to the backstage again.

Another never-ending encore brought him back on stage. "I'll play The Beatles' song" he said, and there came Nowhere Man. I haven't written so much about The Beatles in my blog so far, but I really love them. With no intention to show contempt for John Lennon, this was the most delicate and lovely Nowhere Man I've ever heard. I never can forget the feeling as if I got carried away when he started to sing this one.

The audience were still clapping hands for another encore, but I didn't want any more after that one. Probably he didn't have any more song to play too :) A short one hour concert finished like that. It was such a wonderful hour though.


After the show I met Yohei again. We talked a lot almost until the last train was about to depart Shibuya station. He also kindly introduced me to Tamas & Bron at the dressing room (it wasn't a "dressing" room though). Thanks Yohei, but am I allow to open this up here? I got his autograph on my Aussie original "Mark" and had a chat about many things, including the Melbourne band Broken Flight, which I came to know from Tamas' interview. Anyway, what nice people they are, Tamas & Bron! Of course, you didn't have to go to the dressing room to greet them. Tamas took quite long time for each and every one who wanted his autograph.

Yohei also let me join the party after the show. There I had a chance to talk with Bron again. She saw the photos on the booklet of my Aussie version "Mark" and told me these photos were shot in Melbourne (sorry Bron I forgot exactly where they were). Well, this became my 5th reason that I wouldn't sell this original version (in my previous article I listed 4 other reasons I couldn't sell it after I got the Japanese edition which has 9 more songs).


Looking at him playing, and talked with him, I noticed he didn't have a sort of aura that the charisma musicians wear. I'd dare to say he was like some street musician who I see everywhere in NZ, who puts his hat in front of him, playing guitar and singing. His guitar technic, although its quite precise, is no comparison with, say, Jose Gonzales who I wrote a live report the other day.

However, those incredibly melodious songs he creates and that one-and-only voice distinguish him from the thousand others, almost cruelly. The real gift from heaven. I'm so proud of myself to find such a talent out of the sea of so many CDs in the world.

Tamas & me


<9月1日追記>

8月30日のコメントでクロムさんが触れておられるように、この記事の後半部分を翻訳ソフトで日本語訳してみたら、それが結構面白かったので、何名かの常連コメンターさんにメールして内輪で楽しんでいたんだけど、やっぱり思いなおしてここに掲載することにするよ。英語版は、基本的には前半のオリジナル日本語記事の直訳なんだけど、英語版のために補足説明した部分もあるので、完全対訳というわけではない。その辺はご了承のほど。

メールで皆さんに頂いた感想(というか、ツッコミ)もコメント欄に貼り付けるね。



そして、ここで、私はそうです。 渋谷のO-巣の2007年8月25日。 最後の記事で言及されるように、私はただ彼がライブにふるまうのを見にいっぱいにNZから来ました。

同じ通りの上の兄弟東のOとO-西洋と比べて、O-巣ははるかに小さい開催地です。 私たちが6階まで登るのに従って、開催地はカフェに似ています。 彼がそのようなスペースでプレーするかどうかと思いました。 しかし、本当の開催地が1階の下に螺旋階段であるのは現れました。 それでも、それはもっとも恐らく200っぽいの聴衆のためだけの小さい開催地です。

通常、一人でコンサートに行きますが、今回、私は他の6人のメンバーによって同伴されます。(通常、そのメンバーは、私のブロッグのコメントを掲示します)。 それは線の一種のパーティーです。 ショー始めの前に、私たちは一度Tamasウェルズに関する私の最初の記事を批評したYohei(向こうずねの兄弟)に会いました。 彼は今までのところ、Tamasの滞在の間、日本でいくつかの好奇心をそそっている話に関して私たちに話しました。 驚いたことに、あった、用意して、その前の夜、HMV渋谷で生活してください。 すごく、私はそれを逃しました! CD(しかし、どんなHMVでも、そうしない)を掘って、私はその夜、渋谷にいました。 私は、HMVの正面を歩きさえしましたが、彼が屋内で遊んでいたとわかりませんでした。

行為、木下Misato、ギター、および私を開ける2がちょうど午後7時に始まりました。 次に、Tamasウェルズ(一人でバンドではなく、)は8:30頃にステージを歩いて上がりました、カジュアルなTシャツで。 彼は、setlistを持って来るために舞台裏に戻りました(私は、単独にふるまっているとき、彼がなぜそれを必要とするかと思います。)。

彼の話された声は比較的低いです、私たちがCDの上に聞くことができる「天使のような声」と対照的に、「枠(「マーク」として、この後、参照される)の上のマーク」の日本語版における彼の早めの録音から見積もられるように。 彼の髪はウェブで広く利用可能な写真のものよりはるかに短いです。 そして、また、彼は彼が到着して以来恐らく「非-剃」られた無精髭を着ます。 ああ、来たとき、私は6階で彼を見ました。 それが彼であるのに気付きませんでした。 しかし、彼の青い目には、変化が写真から少しありません。

ショーはWhen We Do Failアビゲール、「マーク」の初めの道から始まりました。 私がアルバムを幾重にも聞いているのでギターが言葉で表す引っ張りだこ。 声。 私は彼の声の美しさについて説明するのが気付くとまだ難しいです。 まるで部屋の温度が、彼の声がいつ彼ののどを通って出て来るかを突然変えるかのように。 唯一無二。

彼は、歌の後に「私をただ多摩-chanと呼んでください」と言うために冗談を言いました。 Yoheiは、彼が、それを言うのを教えたと私に言いましたが、Tamasは実際にステージの上でその時までそれを言いにくかったです。 聴衆が声を出してはち切れたとき、彼は幸福であるべきです:)

ところで、彼自身の発音から判断すると彼の名前は日本で広く知られているとしてのtaa-masでないことのようなtay-masのように発音されるべきです。 本当に、人を話すイギリス人がこのスペルを見るなら、そのように発音するのは、より当然です。 日本語(カタカナ)で外国人の名前を書くとき、私には、方針があって、それはできるだけオリジナルの発音の近くにあるべきです。 しかし、同時に、私はtaa-mas weruzuを捜し求める人々を混乱させて、私のブロッグに来るべきでないのを知っています。 私は、より多くの邦楽愛好者に彼の音楽が好きであって欲しいとただ思います。 私の方針でとてもfxxkです。

2番目の歌の後に、Opportunity Fairであり、「あなたはとても静かです。」と、彼は言いました。 「オーストラリアでは、通常、聴衆が互い、ステージへの一投ものなどと話します。」 ほら、Tamas、ここのだれでもそのような美しくデリケートな歌の間、話すなら、私は彼の一投ものについて話します!

セカンドアルバムからの次に、タイトルトラックVendredi、「Plea En Vendredi、(参照する、「この後のVendredi)」、」 歌の後に、彼は、彼が弾いているギターがミャンマーで手作りの800円(8ドル?)だけかかると発表しました。 彼は悪い調律を謝りましたが、それは残念ではありませんでした。 彼自身のブロッグでMy Spaceに言及されるように、ギターひもとcapoはギター自体より高価であるに違いありません。

彼は、歌の間、歌を紹介して、様々なものに関して話しました。 彼は、多くの日本人が彼を理解するように、慎重にゆっくり話します。 彼が別の英語を話さない国に住んでいるとき、恐らく、それは彼の習慣です。

2が長い間歌のFrom Prying Plans IntoをFire Cigarettes、A Tie And A Free Magazineと題をつけた後に、Bronwyn(彼は、彼女をBronと呼んだ)はステージに近づいて、ピアノの後ろに座りました。

Valderフィールズへの私語している声があとに続いた未知のギター句。 それは身震いを私の背骨の下側に送りました。 序奏のないCDバージョンは良いのですが、これは特別です。 私は、ピアノと彼の歌がCDでアンサンブルをように演奏していなかったと思いました。 多分、彼らのひとりは誤りをしましたか? しかし、それらの両方が確信してプレーし続けたので、それは新しい手配でした。 とにかく、これが私のお気に入りである、しかしながら、それはプレーされます。

そして、北Lights。(そのLightsは2、3カ月前(かなりしばしば彼のSpaceを訪問しましたが、私はそれを逃した)に彼のMy Spaceで上がっていました)。 あなたが来年当然の新しいアルバムを楽しみにしている別のすばらしい歌。

前のEP Stitch In Time、小さい長いM.C.のタイトルトラックに続きます。 それはオーストラリアの彼の友人に関するものでした。 この奴は、彼の家に彼のガールフレンドを誘って、彼女に彼自身の料理を味わわせました。 しかし、彼は誤りをしました、そして、全体の台所は燃えていました。 「心配しないでください、そして、すべてがすばらしいです」と言って、彼は慌てているガールフレンドに言いました。 「しかし、私は台所が燃えているのが残念です。」 これによる歌Iへの序論がすみません、That Kitchen Is On Fireであるというもちろん、ことでした。 私は、歌の歌詞を読みますが、歌がそのような滑稽な話に関するものであったと一度も想像したことがありません!

前のEPからの別の歌はBeauty Cream(もっとも、ところで、彼はものでないとしての「マーク」のためのボーナス道として前のEPからこれらの歌を紹介した)でした。 そして、別の長いM.C.は続きました。 "Vendredi"というアルバムのためにTelemarketer Resignationを記録していたとき、彼は、この難しい歌を完成するように戦っていました。 彼が最終的にそれを終えたとき、典型的なオーストラリア鳥は"Hoo-hoo"を歌いました。 実際に始められる前に、歌であり、彼は、"Hoo-hoo"部分について説明するために歌について終わりの部分を繰り返しました。 そして、CDの上に慎重に部分を聞くように私たちに頼みました。 歌を終えたとき、最終的に、もちろん、彼は"Hoo-hoo"をささやきました。 おかしい奴、本当に。

Bronは閉鎖として再びステージのプレーされたBroken ByでRiseとReduced To Clearを一緒に上って来ました。 私は、「マーク」に関してTamasはReduced To Clearが好きであるに違いないと最後の記事に書きました。 彼がコンサートで、より近いとしてこの歌を選んだとき、それは正しくあるべきです。 ああ、方法による彼、また、お好み焼きやoden(彼が4つの夜並んで食べた)などのいくつかの和食が好きです。 Impartmaint Recordsのスタッフに感謝したとき、彼はそれを言いました。

彼は、姿を消して、全く迅速にアンコールをしに来ました。 地衣のAnd Bees1番目。 私は、Opportunity Fairとこれがプレーされたと少しjanglyに思い過ぎました。 さて、彼の声はどんな誤マッチングもカバーしますが、プレーしてください。

多分彼はそのような(?)として私の内側の声を聞いて、最後の歌は優雅なオープンでした。Blinds。 彼は再び舞台裏に戻りました。

別の果てしないアンコールはステージの上で彼を返しました。 「私はビートルズの歌を演奏するつもりです」と、彼は言いました、そして、Nowhere Manは来ました。 今までのところ、私のブロッグにとてもビートルズに関する多くを書いていませんが、私は本当にそれらが好きです。 ジョン・レノンのために軽蔑するという意志がなければ、これは最もデリケートでした、そして、すてきなNowhere Man Iは今までに、聞いたことがあります。 私は彼がこれを歌い始めたとき、まるで夢中になるかのように感じを決して忘れることができません。

聴衆は別のアンコールのためにまだ手を叩いていましたが、私は、その後にもっと多くのものが欲しいと思いませんでした。 たぶん、彼には、また、演奏するそれ以上の歌がありませんでした:) 1時間の短いコンサートはそのように終わりました。 もっとも、そのように素晴らしい時間でした。

ショーの後に、私は再びYoheiに会いました。 ほとんど終列車が渋谷ステーションを去ろうとしているまで、私たちはいろいろな事について話しました。 また、彼は親切に楽屋のTamas&Bronを私に紹介しました(もっとも、それは「ドレッシング」部屋ではありませんでした)。 Yoheiに感謝しますが、私がここで上に戸外にこれを許すということです。 私は、私のオーストラリアのオリジナルの「マーク」で彼のサインを得て、多くのものの周りでおしゃべりしました、メルボルンバンドBroken便(Tamasのインタビューから知ります私がなった)を含んでいて。 とにかく、彼らはどんな親切な人々であるか、そして、TamasとBron! もちろん、あなたは、それらに挨拶しに楽屋に行く必要はありませんでした。 Tamasはそれぞれのための時間と彼のサインが欲しかった皆にかなり時間がかかりました。

また、Yoheiは私をショーの後に一行に加わらせることができます。 そこでは、私が再びBronと話す機会を持っていました。 彼女は、「マーク」という私のオーストラリアのバージョンの小冊子の写真を見て、これらの写真がメルボルン(私がまさにそれらがあったところに忘れた残念なBron)で撃たれたと私に言いました。 さて、これは私がこのオリジナルバージョンを販売しないだろう(前の記事では、私はもう9曲を持っている日本語版を得た後に私がそれを販売することができなかった他の4つの理由をリストアップしました)私の5番目の理由になりました。


プレーして、話されるとして彼を見て、彼と共に、私は、カリスマミュージシャンが着る一種の香気がなかったのに気付きました。 私は、あえて彼が私がNZのいたる所で見る何人かのストリート・ミュージシャン、だれが彼の正面に彼の帽子を置くか、そして、ギターを弾いて、および歌に似ていたと言うでしょう。 それはかなり正確ですが、彼のギター科学技術はたとえば、私がライブレポートを書いたホセゴンザレスへの先日の比較ではありません。

しかしながら、彼が引き起こすそれらの信じられないほど施律的な歌とその唯一無二の声は1,000人の他のものと彼をほぼ残酷に区別します。 天国からの実際の贈り物。 私は世界のとても多くのCDの海からの掘り出し物への自分のそのようにとても誇りに思っている才能です。
posted by . at 23:37| Comment(29) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すばらしいコンサートでしたね。今、会場で買った“Mark”を聞きつつ余韻に浸っています。
それにしても、本当になんていう声なんでしょう。うまく言えませんが、彼の声はただきれいなだけではなくて、その中にとても静かな哀しみがあるような気がします(ああ、何だか臭い言い方…。かえちゃんならぴったりした表現をしてくれそうなのに〜)。
曲間のおしゃべりも良かったですね。タマスの人柄の良さがにじみ出ていて、思わずにこにこしちゃいました。
最後の“Nowhere Man”、私も胸に響きました。
本当に行ってよかったです。ありがとうございました。

打ち上げにまで参加できて(びっくり!)、たくさん話ができて良かったですね! 私まで嬉しくなりましたよー。 
地味音楽の神様が、日々地味な音楽の普及に励むyasさんの努力にご褒美を下さったんだと思います(笑)
Posted by にんじん at 2007年08月29日 00:55
わわ!今回は日英対訳!!すごい。

浴衣を悪戦苦闘して着た時点で精根尽き果て、足は痛いしお腹は空いたし…コンディションとしてはかなり劣悪でした。
にもかかわらず、タマスの歌声の中にたゆたった一時間の短かったこと!

おおお〜生タマスだ!「人柄の良さが滲み出た」とは、ああいうことを言うのですね。(笑)
yasさんの言うように、そこいらの街角にいそうなあんちゃんの目が半眼になった途端(あれ、すごく特徴的)、彼の周りの空気が変わりました。

>あの声。どんなに美しい言葉を重ねて形容しても足りない、彼のその喉から発せられた時点で空気の温度が変わるのがわかるような、唯一無比の声。
そう!まさしくそれです>「空気の温度が変わるような」

私には、半眼タマスにはなにか凄いものが憑依しているように思われました。何がこんなに心を揺さぶるような声を出させるのか、いや、もうなんだっていい!天使だろうが悪魔だろうがなんだっていい。普通に見ていた景色が、世界が別のもののように見えてしまうような歌声だと思いませんか?

聞き慣れた声、聞き慣れたメロディ。けれどそれがタマスの口と私の耳の間に存在する空気を震わせて届くって、また格別ですね。声を掛けてくれてありがとう、yasさん。本当に行ってよかったです。

一本道さん、とっても好青年ですね。(笑)
ここのコメント欄、怖いですか?大丈夫ですから安心していらしてください。それぞれにマイフィールドでいじってさしあげます。うふふ。
Posted by ひそそか at 2007年08月29日 02:09
タマスのライブに行って良かったです。
これまでタマスさんの声に何度も慰められてきたんですよ。
特別な演出もなく、自分の声と800円のギターで音を鳴らして、聴く人をよろこばせるタマスさん、音楽の原点だと思いました。
器用なアドリブなんてきかなくてもいいの。聴く人を素直な気持ちにさせる声で唄うタマスさん、天然の贈り物みたいな人だと思いました。
yasさんがいろんなミュージシャンを紹介してる中で、私の心に一番ひっかかったのがタマスさんでしたが、タマスを知ることができてとっても良かったよ。
yasさんにもありがとう。
Posted by 青グリン at 2007年08月29日 07:04
この記事を読むにあたって、まず、私が持っているはずのTamas Wellsのもう一曲を探しました。006に入っていたんですね。
聴いていた他のCDをとり出して、Valder Field をかけました。
あの目玉の大きな方がこれを歌っているのですか。ちょっと意外です。
あ、一番好きな曲なんですね。

>あのね、こんな素晴らしい歌の途中でペチャクチャ喋る奴がいたら、僕はそいつに物を投げるよ
そういう気持ちになるの、わかる、わかる(笑)

燃えてるキッチンやフーフー鳥の話は面白いですね。

あの曲の後に何も聴きたくない、って最後はいいですね。いいよ。

売れない理由その5までできましたか。
老後、孫たちにくどくど話して聞かせるyasさんが想像できます。

にんじんさん、カブ子ちゃん、グリンちゃんの感想もいいなあ。地味音の神様、きっといますね。
Posted by Luna at 2007年08月29日 09:22
>Lunaおかん
私はカブ子じゃなくてひそそかです!(笑)
いつも遅くなってからジミオンにのこのこやってくる私が、こんなに早くコメントしたから間違えられたのかしら?
眼鏡、眼鏡!!
Posted by ひそそか at 2007年08月29日 09:35
↑ごめん、間違えた。
なんでだろう?
絶対カブ子ちゃんだと思ってた。

あらためて。
ひそちゃん、ライヴ楽しんだのね。感動したのね。よかった。

読み返してみたら、最後の段落でシッポが見えました。
カブ子ちゃん、間違えてごめんなさい。
Posted by Luna at 2007年08月29日 09:50
あーびっくりした。いつの間に私がコメントしたのかと、思ってしまいました(笑)
私の出だしはこうです(>ルナさん)

わわ!後半が文字化けしている!!読めない!

さて、感想です。
いつも大体素直じゃない私ですが、「ここまでされると折れる」ってことが稀にあります。「美しすぎるもの」は好きじゃないけど、そんな天の邪鬼な私にもタマスの目は優しかった。澄んだ歌声に私の心は解けていきました。

大好きな人達と一緒に感動を共有出来たこと、それってやはりタマスじゃなきゃだめだったんだ〜と思いました。タマスの音楽の力ですね。(タマスじゃなくてオカヴィル・リバーだったら?とかホロウェイズだったら?とかいろいろ考えてしまった。有り得ませんね。笑)

コンサートに行けてよかったです。起爆剤となってくれた兄ぃに感謝します。ありがとう〜!
Posted by カブ子 at 2007年08月29日 10:50
コンサート、良かったですね。
はるばる日本まで来たかいがあったというもの。

英文はタマちゃんへのラブレターですか?
Posted by きんぎょ at 2007年08月29日 12:31
うわ〜、ライヴの素晴らしさがこちらにまでジリジリ滲み出てきましたよ〜!俄然興味が湧いてきました。(←遅いって)
yascdの中で単発的に聴いただけでは、凡百の汚れた音に飼いならされた私の耳には、その天使の歌声が届かなかったのかもしれません。きちんとアルバム単位で聴いてみたいと思います。1stと2ndとどちらから入るのがオススメですか?教えてくださ〜い、yas先生〜!
それにしても、英会話のわかる人がホントにうらやましいです。ライヴのMCでは、いつも周囲の反応を見て、2秒遅れで笑っている自分が虚しいです・・・。
Posted by クロム at 2007年08月29日 22:08
翻訳ソフトメール届きました!
タマスさんご本人にも読んでもらったんですか〜!スゴすぎ!英文化も含めて、yasさんのアツ〜い行動力に頭が下がります。
私もコメント、英語で書けば良かった・・・(←時間かかりすぎ)。
直訳笑えますね〜。
東のO、O- 西洋、O-巣・・・今度からそう呼ばせていただきます(笑)。
これからは国際化を目指して英文で書いて、私たちには翻訳かけたものを読ませるってのはどうでしょう?
Posted by クロム at 2007年08月30日 21:08
こんばんは。一本道ノボルです。あの日、O-nestにいらして下さった皆さま、本当にありがとうございました! 改めて御礼を申し上げます。


あの日会場に着くまでに、何人か浴衣姿の人たちとすれ違ったのですが、「あの方はそうなのかな?」と常に頭をよぎっていたんですよ。sinのお使いで、開演ギリギリにたどり着いたために、皆さんと最初はゆっくりお話できなかったのが残念でならなかったのですが、ライブを楽しんでいただいて本当に嬉しく思います。


この日のライブを僕は一番後方から観ていました。彼の歌声につつまれ、安寧の表情を浮かべていらっしゃる皆さんの顔を見ていると、幸せな気分でいっぱいになりましたねえ。yasさんが前回の日記で書かれていたように、これほどまでにタマスが受け入れてもらえたことに対して。今回の来日公演に関してはたくさんの不安材料も抱えていたので、それまではそのような気分に浸ることすらできなかったのですが、Nestの1時間だけは心から満たされていましたね。物凄く贅沢な悩みですが、この歌声を単なるいち観客として聴くことができたら・・・とも。


ライブ終了後の怒涛のサイン会&撮影会のあとに、なんとかyasさんとタマスたちの邂逅をセッティングしたいと密かに計画していたので、それが実現できて安心した次第です。まさか楽屋に押しかけることになるとは思いませんでしたが(苦笑。その後のブロンとの会話では、yasさんにたくさん通訳していただいて・・・。僕がファーストのライナーに、ブロンがNGOに寄せた手記を引用したことを知ったときの彼女の表情は忘れられません(笑。


東京以前のセットリストでは、"Reduce"〜"Nowhere Man"で本編が終了し、アンコールの2曲が奏でられるという構成だったんですが、それだとあまりにあっけなく"Open The Blinds"が終わっちゃうんですよね。で、急遽改善されたものが、東京公演の二日間でもありました(ブロンの客演の都合もあったのでしょうけれど)。


数曲いじくっただけで、こうも印象が変わってしまうのかということに驚きを隠せません。完璧すぎましたね、セットリスト。タマスのキャパシティの都合上、曲目はあれ以上増やすことができなかったので(忘れてしまって演奏できないそうですよ・苦笑)、物足りなさを感じられた方も多いとは思うんですが、それを差し引いても着地する場所が見事でした。


タマスの余韻を引きずりながら、僕らはすぐにでも次なるLiricoのリリースに向けて検討していかなくてはならないわけです。yasさんと盛り上がったMisraのライセンス契約は、おそらく奴らはとんでもない条件を突きつけてくるだろうから、頓挫してしまう可能性が高いわけです(苦笑。そんなこんなで、


1.日本で購入は出来ない
2.日本語のサイトすらヒットしない
3.myspaceのフレンド数は100人くらい
4.日本盤化の要請に二つ返事でOKするくらい世間擦れしていない
5.なのに内容は素晴らしい(日本で受け入れられる可能性を秘めた)


そんなアーティストを求めて日夜がんばらなくてはいけないわけですが、さっそく自信がないのも事実です(苦笑。タマスのあとなんて、どんなミュージシャンでも嫌がりますよねー。棒なしで棒高跳び飛べと言われてるようなもんです。地味音楽の神様に微笑んでもらえるような人材をなんとかして探してきたいなあと。もちろん、手札が皆無ってことはなくって、候補はいるんですが「金がなくってアルバム作れないー」とかボヤいてるんですよね・・・。前途多難です。


と、恐る恐る手探りのような状態でコメント書かせていただきましたー。半分猫かぶっていることを最初にお断りさせていただきます(笑。



それでは、yasさん、皆さん。これを機に今後もよろしくお願いいたします!!
Posted by 一本道ノボル at 2007年08月31日 14:57
ひーーーはははははは!!
おなかがよじれました! いちいち可笑しい。ツボが多過ぎ〜(長文だから尚更)
はぁはぁ。

私たちが6階まで上ったのに、本当のライブ開催地は地下1階だったんですね。
そんなに長い螺旋階段でしたっけ?
200っぽい聴衆って?血圧が?
線の一種!うーん、点の集まりでしょうか。考えれば考えるほど難解です。
向こうずねの兄弟!!素敵素敵!
続きよろしく・・。
Posted by カブ at 2007年09月01日 07:19
多摩-chanが屋内で遊んでいたとは知らなかったー!
「ギターが言葉で表す引っ張りだこ」!!!!
なにをどう突っ込めと?(いや、ツッコミ要求されてるワケじゃないけど)

「背骨の下側」ってどこらあたりですかー?>アキラ師匠

「向こうずねの兄弟」!!私もめっちゃツボでした。

ぎゃははははは!ヒーヒヒヒヒヒ!!

ううう、ハラ痛い。。。

しかし

> とにかく、これが私のお気に入りである、

このそこはかとないおかしさが、私のお気に入りである。
(なんでこんなにエラソーなんだ!笑)
Posted by ひそ at 2007年09月01日 07:20
兄さん、自ら翻訳ソフトにかけたのですね。

ワタシ、同じ内容が英語になっているのかどうかが自信なくて(どこまで英語力がないのでしょう)
真剣に翻訳ソフトにかけようかと思ってましたよ。

最後の方の「カリスマオーラ」のクダリだけ自力でなんとか読んで
「カリスマ」とか「オーラ」っていうのは英語でも同じように通じるのねと思ってました。

タマちゃんのマイスペースのやつも翻訳ソフトで読んでます。
浴衣を着た愉快なやつらは登場するでしょうか。
Posted by きんぎょ at 2007年09月01日 07:21
カブ子ちゃんはほんとにいいこと思いつきますね。楽しめました。(yas注:この翻訳ソフト遊びを思いついてくれちゃったのはカブ子さんだったのです)

私のツボ。
 6人に同伴されるyasさん。(なんか連行されてるみたいですよ)
 はち切れる観客。
 彼女に彼自身の料理を味わわせて、キッチンを燃やした友人。
 メルボルンで撃たれた写真
 彼のギター科学技術、ギターひも・・・
きりがないので、これでやめておきます。

これからの地味音は二ヶ国語になるのかなあ(笑)

ではまた。
Posted by ルナ at 2007年09月01日 07:23
>聴衆が声を出してはち切れたとき、彼は幸福であるべきです
ツボにぐりぐりっと来ますた!
Posted by 青グリン at 2007年09月01日 07:24
>いいこと思いついちゃった
いえいえ、私は英語gaワカラナイので本気で翻訳ソフトのお世話になろうとしてただけでありまして・・(>ルナさん)

>ギター科学技術
これもすごいな。
Posted by カブ at 2007年09月01日 07:25
わはははは!

おかしい奴、本当に。
ひそられた無精ひげ!

鈴木は自分の中にそれを見つけました。
この最初に読んだとしても文章、いくつかの部分をのぞいては、
当日の様子を私は理解する。
なぜならブロークン日本語については、詳しい事です。驚くべき事に、違和感がありません。
自分のそのように、誇りに思っている才能です。

(しかし、向こうずねはわからん)

やっさんはほんまに英語しゃべれるんやなあ。
なー、ぐりんさん、信じられへんなー。笑
あっ!ぼこるのやめて!とぁっ!(逃げる音)


PS 英文対、愛情を感じますた!思わず、おおー。と、叫びますた。
  HAPPYな気持ちが伝わってくる良い記事でした(コメント欄に書けって。)
(yas注:はい、コメント欄に転載させて頂きました)

Posted by みか/鈴木 at 2007年09月01日 07:27
ポジティブなボケがあるそうなので、パッシブなツッコミをしてみます。

「私はその夜、渋谷にいました。 私は、HMVの正面を歩きさえしましたが、彼が屋内で遊んでいたとわかりませんでした。」
→ いえ、通常の場合でも、そういうことをビルの外から気づくということは、まずあり得ないと思います。

「聴衆が声を出してはち切れたとき」
→ あべし! とか、ひでぶ! とか、でしょうか。

「ここのだれでもそのような美しくデリケートな歌の間、話すなら、私は彼の一投ものについて話します! 」
→ やっさん、それは多摩ちゃんに失礼ですよ♪

「それは身震いを私の背骨の下側に送りました。」
→ やはりそれは*のあたりではないでしょうか(ぷるぷる)。 > ひそそか姉
「これは特別です。・・・確信してプレーし続けたので・・・とにかく、これが私のお気に入りである、しかしながら、それはプレーされます。」ですしね。

「ボーナス道」
→ どんな芸事でしょう。

出来るだけ、重複を避けてトライしました。 (^o^)
Posted by アキラ at 2007年09月01日 07:29
おもしろすぎー。たまりません。
翻訳ソフト、いい仕事してくれますね。
さて、出遅れたのでちまちまと落穂拾いしてみます。

>私の方針でとてもfxxkです。

伏せ字。どんな方針やねん。

>しかし、私は台所が燃えているのが残念です。

本当に。

>誤マッチング

そんなこといわれてもこまっちんぐー(あ、ぶたないで。寝不足なんです)

>「ドレッシング」部屋

仕上げにドレッシングをかけられる部屋? 「注文の多い料理店」のようです。

> おかしい奴、本当に。

翻訳ソフト、あんたがおかしい。

しつれいしましたー。
Posted by にんじん at 2007年09月01日 07:30
●にんじんさん
会場でCD買って、サインも貰えてよかったですね。ちゃんと「Hi Ninjin」って書いてもらいましたか?

あの夜、彼が「Nowhere Man」を歌い始めた瞬間、隣に立っていたにんじんさんがふと涙ぐむ気配を感じました。本当に、素晴らしいコンサートの、素晴らしいエンディングでした。

僕が話しただけなのに、一緒に嬉しくなっていただいてありがとうございます。


●ひそそかさん(1)
浴衣の件は大変お世話になりました。どうせ僕には帯の結び目など見えませんでしたから(見えたとしてもそれが合ってるのかどうかわかりませんでしたし)、万事OKです。

半眼タマス!よく観察しておられますね。確かにそうでしたね。歌うときは半眼、写真のときはギョロ目、彼の中でなにかそういう決まりがあるのでしょう。

一本道さん、好青年でしたね。このひそそかさんのコメントの後にようやく来てもらえましたね。長文ですが、たっぷりいじってあげてくださいね。

ところで、生タマスって、生卵みたいですね。


●青グリンさん
音楽の原点、そうですよね。まさに僕もそれを感じました。そこらにいそうな兄ちゃんが安物のギターを抱えて歌いだした瞬間に、あんな素晴らしい歌と音が出てくるんですもんね。

わざわざ東京まで出かけた甲斐がありましたね。


●Lunaさん(1)
もう一曲に気づかれましたか。そう、僕の2006年度ナンバーワンのアルバムの、その中で一番好きな曲だったんですよ。目玉が予想以上に大きかったというのは意外でしたが。

残念ながらあの見事な演奏中には誰もお喋りなんてしてませんでしたし、何か投げるにしても僕の手には団扇ぐらいしかありませんでしたから、破壊力の点で今一歩でした。

燃えてるキッチンとかフーフー鳥の話、彼がはにかみながら一所懸命説明するのがいいというのもありますね。

予定調和のように最初からアンコールまでをセットリストに組み込んでいるのは今や当然なのでしょうが、この夜は、彼自身の持ち歌を全部使い果たして、更に最後に一曲、カバーなんだけど、と前置きした上で歌ったのがあんなに見事な出来だったのが素晴らしかったです。結局、この後のコメントで一本道さんが説明されているように、あのビートルズのカバーも最初から予定されていたものだったようですが、それを知らなかった僕には、まるで即興であれを歌ったかのような驚きでした。

老後に孫たちに聞かせる前に、この場で皆さんにくどくど言ってます。売れないのはいいんですが、タマス君がCDの盤上にまでサインしてくれたので、なんかプレイヤーにかけるとそれが劣化してしまいそうで、もったいなくてかけられなくなってしまいました。


●ひそそかさん(2)
おかんが間違えて、わずか13分後に突っ込まれていますね。まるで待ち構えていたかのように。見事です。


●Lunaさん(2)
なんで間違えたんでしょうね。僕はあの文体はひそそかさんだと思いましたよ。でもやっぱり姉妹でどこか通じるところがあるんでしょうか。


●カブ子さん
文字化け!(笑)。いや、おかげさまで爆笑日本語翻訳追記ができました。ありがとうございます。

天の邪鬼で有名なカブ子さんが、まさかタマスを好きになってくれるとは思いもよりませんでした。嬉しいです。しかしそれにしても、なんでオカヴィル・リヴァーやホロウェイズじゃ駄目なんですか?次回僕が日本にいるときにたまたまオカヴィル・リヴァーの来日公演があったら、是非一緒に行きましょうね。クロムさんも駆けつけてくれるかな。


●きんぎょさん
ほんとうに、はるばる日本まで行った甲斐がありました。英文は、ラブレターというわけではありませんが、なんとかタマちゃんにも読んでもらおうとがんばって訳しました。おかげでこの記事を書くのに5時間半もかかってしまいました。


●クロムさん(1)
もう、だからクロムさんもお誘いしたのにー。でもちょうどあの頃はRSRで大忙しだったんですよね。次回は是非!

>1stと2ndとどちらから入るのがオススメですか?
より完成度の高いのは2nd『A Plea En Vendredi』だと思いますが、若干荒削りでバンドっぽい音の1st『Mark On The Pane』の方が、もしかしたらクロムさんのお好みには合ってるかもしれません。それぞれのアルバムからサンプラー的に一曲ずつ入れたCD-Rを、もしかしたらクロムさんもお持ちかもしれませんので(婉曲的表現)、それで判断してみてください。まあ、あそこに入れた1stからの曲は、かなり2nd寄りの音になっていますが。

>2秒遅れ
字幕付の映画を観に行ったときに、ギャグの部分が話された瞬間に笑うのか、字幕で出た瞬間に笑うのか、ということにも通じる問題ですね。


●クロムさん(2)
翻訳ソフト、笑えますよね。東のO、O-西洋、O-巣、この微妙な違いは一体何なんでしょうね。Westが西洋ならEastは東洋でしょうに。

英文で書いて、日本語は翻訳をかけたものを掲載?本当にこんな文章でいいんですか?ちゃんとコメントくださいよ、ツッコミじゃなく(笑)


すみません、ちょっと気力と体力が持続せず、このまま一本道さんの超長文コメントに返事をすることができそうにありません。今日は早寝して、また明日出直してきます。
Posted by yas at 2007年09月02日 19:24
●一本道ノボルさん
ようこそいらっしゃいました。あの日会場で僕らのグループを暖かく迎えてくださったように、こちらでも丁重にお迎えさせていただきますね。

ここにたくさんの方々がコメントされているように、本当に素晴らしいコンサートでした。あらためてお礼を言わせてもらうと共に、二週間お疲れ様でしたと労いの言葉も届けさせてください。

不安材料。これまでどれだけの来日アーティストのお世話をされてきたのかはわかりませんが、少なくとも僕が今回あちこちで見つけたタマス関連のブログ記事を見たり、実際に自分で体験したあの一晩のライヴを観た限りでは、一体どれだけの不安材料があったのかと勘繰ってしまいます(笑)。本当に、彼の声さえあれば万事問題なしといった感じでしたよ。

タマスとブロンに話す機会を与えて頂いて、感謝しています。改めてお礼を言わせてください。確かにあの状況では、楽屋ぐらいしかゆっくり話ができる場所はなかったですね。お陰で落ち着いて話すことができました。ありがとうございました。

打ち上げのときに僕らが話していたところに、ブロンが「私もいれて」とばかりに寄って来てくれたのも嬉しかったですね。とてもチャーミングな方でした。僕も、一本道さんがNGOへの手記の話をされたときの彼女の表情を僕もよく覚えていますよ。信じられないといった、本当に嬉しそうだったあの顔。

そうですか、関西では後半の曲順が違ったんですね。確かに、想像するに、最後が「Open The Blinds」ではあそこまでの充足感は味わえなかったかもしれませんね。さしずめ彼には、次のアルバムで、ライヴの最後を締めるキラーチューンが必要ですね。

記事にも書きましたが、僕はあんなに美しい「Nowhere Man」を生まれてこの方聴いたことがありません。もしかしたら彼にとっては、若い頃から何度も歌い慣れたありふれた演奏だったのかもしれませんが、僕はあれを聴けただけでもあの夜あそこにいた甲斐があったと思ったぐらいです。そのうち、彼がネタにつまったら、カヴァーアルバムでも作ってほしいぐらいです。

Misraはやはり無理そうですか。ではやはりGLSもシアウォーターも、日本ではまだしばらく“知る人ぞ知る”という立場のままなんですね、残念ですが。

ところでここに書かれた条件にかなりぴったりな人(たち)に心当たりがあるんですが。

1.日本で購入は出来ない
⇒日本どころか、僕はほぼ世界中のサイトを駆けずり回ってるんですが、わずか数年前に出たばかりの彼らのアルバムがもうどこを探しても入手不可です。

2.日本語のサイトすらヒットしない
⇒英語ですらヒットすることは稀です。

3.myspaceのフレンド数は100人くらい
⇒現在132フレンド。

4.日本盤化の要請に二つ返事でOKするくらい世間擦れしていない
⇒彼の過去のバンドはメジャーレーベル所属でしたが、彼自身はきっとそれに嫌気がさしていたのではないでしょうか。

5.なのに内容は素晴らしい(日本で受け入れられる可能性を秘めた)
⇒実は僕は彼らのアルバムをちゃんと通して聴いたことがないのですが、彼が素晴らしいメロディーの曲を書けるということは、一部では定評があります。うまくマーケティングしさえすれば、小ヒットぐらいは期待できるのでは?

誰のことかおわかりでしょうか?世界中でおそらく僕のブログが一番詳しいのではないかと思われる某バンドの、元べーシストが結成したデュオのことです。残念ながら04年にセカンドアルバムを発表し、去年までは地道に活動していたようですが、現在は解散状態、そのべーシストは今はソロで活動しているようですね。

風の噂(笑)では、一本道さんもその某バンドに思いいれがあったとのこと。そのバンドのギタリストが結成した方のバンドは(最新作を除いて)ちゃんと日本盤が出ているのですから(何枚売れていたのか知りませんが)、こちらのデュオが全く売れないということはないと思うのですが、いかがでしょう。

もし彼らの新譜、もしくは04年の『Safe Life』が見事日本盤で発売された暁には、僕は少なくとも自分で2枚ぐらい買い、このブログで5人ぐらいは騙くらかして売上に貢献しますよ。是非ご検討ください。

さて、長文コメント返し、こんなところでいかがでしょうか。これに懲りずに、タマス関連だけでなく、是非お気軽にコメントを入れにいらっしゃってくださいね。僕以外では、主にひそそかさんがお相手致しますので。
Posted by yas at 2007年09月03日 19:42
>僕以外では、主にひそそかさんがお相手致します
ありゃ、なんだこの振りは!?(笑)
一本道さん、私は音楽に関しては全くの門外漢なんですよ。
でもせっかくですから・・・
「向こうずねの兄弟」呼ばわりされたご感想をお聞かせ下さい。
なんちゃってー。おちゃらけでごめんなさい。

では、気を取り直して。
>物凄く贅沢な悩みですが、この歌声を単なるいち観客として聴くことができたら
そのお気持ち、少しわかる気がします。私は芝居の舞台にかかわっていた時期があるのですが、何度か同じような思いを経験しました。笑劇団…もとい小劇団でしたので、自分がステージに立っていない演目ではスタッフです。爆笑モノの喜劇であっても、本番では観客の反応が気になって気になって心の底から笑えませんでした。それでも「オマエの笑い声が一番響いてウルサイ!」と、よく文句を言われましたけど。
ええ、たとえ相手が一本道さんであろうとどこまでもマイフィールド。重ね重ね失礼いたしました。
Posted by ひそそか at 2007年09月03日 22:36
翻訳ツッコミパートは、特に返事を求められてるわけでもないでしょうから、一言レスで対応させてもらいますね。

●カブ子さん
改めて、カブ子さんのおかげでこんな面白いパートができましたよ。翻訳の途中で英語のスペルミスに3〜4箇所気づきましたしね。どうもありがとう。僕はこれで向こうずねという単語を覚えました。

●ひそそかさん
ギターが言葉で表す引っ張りだこ、強烈ですよね。いまどき引っ張りだこなんていう日本語を引っ張ってくること自体、驚愕に値しますね。

●きんぎょさん
タマちゃんのマイスペースの、読んでるんですね。いよいよ前日(HMVのインストアライヴ)まで来ましたね。最終日のライヴからもう一週間以上経ってしまいましたが、果たしてちゃんと覚えてるでしょうか。

●Lunaさん
そうそう、僕もギターひもと科学技術が面白かったです。二ヶ国語?とんでもない。この記事書くだけで5時間半もかかったんですから。

●青グリンさん
「あるべきです」って言われてもねえ。

●カブ子さん
本気で翻訳ソフト使って、こういう内容だと思わなくてよかったですね。というか、僕の英語の文法が本当にこんなんだったりして。

●みかさん
あ、ブロークンジャパニーズ、お上手ですね。すごいな。英語、若干はしゃべれますよ。これでも一応日本の外に住んでいますからね。

●アキラさん
丁寧なコピペ&ツッコミ、ありがとうございました。やっぱりライヴ中は一投ものについて話すべきではないですよね。

●にんじんさん
翻訳ソフトがこのレベルである限り、通訳者・翻訳者のお仕事は永遠になくなりませんね。とりあえず、こまっちんぐの分は次回お会いした際に後頭部をはたくことにしますね。

僕的にはやはりここですね。
>その前の夜、HMV渋谷で生活してください
そこらにあるCDを勝手に試聴していいんなら、その前の夜どころか、一週間ぐらい合宿してもオッケーです。

あと、微妙に可笑しい邦題。
>Broken ByでRise
>北Lights
Posted by yas at 2007年09月04日 20:12
●ひそそかさん
ちょっと名前を出すと、すぐに来ていただけますね。ありがとうございます。あと、ご生誕数十数周年だそうで、おめでとうございます。

やっぱり、気後れされている一本道さんに一番気軽に話しかけられるのは、ひそそかさんを置いて他に誰もいないでしょう。

>オマエの笑い声が一番響いてウルサイ!
実際僕はその場にいませんでしたが、わかる気がします。
Posted by yas at 2007年09月04日 20:17
>yasさん

僕の長い長いコメントに、長い長いレスを返していただきありがとうございます!! タマスに続いて昨日、sosoが来日しました。なにげに二人は同い年のような気がするんですが、静のタマスに対して動のsosoという感じらしいです。sinいわく(苦笑)


「野球観戦がしたい! 美術館に行きたい!」とわがまま言い放題で、律儀に全部かなえてあげようとする我が弟の健気さが微笑ましいですね。


その後、大阪公演前日になぜだか我が実家に連中を宿泊させることになってしまった珍事件は、日記に書きたいと思います(苦笑。しかも、連中はヴィーガンらしく、母親が頭を抱えています。


sosoの不安材料は、現時点ではしゃぎ過ぎており、ライブまでに燃えつきかねないという点でしょうね(笑。タマスに関しては、リハを見るまでは「果たしてこの人のよい兄ちゃんが、あのボーカルの声なのだろうか? 地声と全然違うんだけど・・・」というものが大半でした。あとは「1時間持つだろうか」とか「お客さんが満足してくれるだろうか」というものですねー。


タマスのカバーアルバム! それは素晴らしいですねえ。僕はアーティストが作るカバーアルバムが本当に大好きなので(最近はとんと数が減りましたよね)、日本限定で提案してみようかしら。サードとフォースのつなぎにでも。って、何年先の話だという感じですね。曲目は、サイモン&ガーファンクルやニック・ドレイクやビートルズやビーチボーイズやアイアン&ワインとかになるんでしょうねえ。地味渋の神様が間違いなく微笑むでしょうね(笑


さてさて、yasさんのお耳に入れておかないとと思うんですが、上記で提案していただいたデュオのアルバム、購入しました。といってもyasさんとしては、その選択をしたくはないと思われますがダウンロードで。日本のiTunes Storeにあったんですよ! もうびっくりでした。なもので、勢いクリックしていたわけです。「アルバムを購入する」を。いま聴いています。本当に渋くて良いですねえ。


yasさんの下す決断やいかに!ですね(苦笑。



>ひそそかさん

こんにちは! そして、先日はありがとうございました。もっと僕の到着が早ければ、皆さんにゆっくりいじってもらえたのにと思ってなりません、です。しかし、好青年だなんて呼称、生まれて初めて頂戴しましたよ! そのうち化けの皮が剥がれ落ちていくと思いますので、お手柔らかにお願いします(笑。


さて、「向うずねの兄弟」には僕も爆笑してしまいました。僕もsinも、後ろ暗いことなどない非常にきれいな身体なのに、まるですねに傷がたくさんあるようなダーティーなイメージになってしまいましたねー。広島弁使ってそうな。意味なくさらしを巻いてそうな。こんな悪の象徴のような兄弟が、天使の使いであり善の象徴のようなタマスを招聘したということが素晴らしく世界の真理を射抜いている気がしますね。陰陽五行道というか。ゾロアスター的なというか。


妄想膨らみすぎました(笑。タマスだけじゃなく、自分がスタッフとして関わる公演は、そのアーティストのことを心から大好きでやっているわけで、つまりは自分の好きなアーティストをいち観客として観る事は今後もできないというわけなんですよねー。もどかしいけれど、自分たち以外じゃ誰も手を挙げないようなマイナー度なので仕方ない話です(タマスに関しては今回の成功で話が変わってくるのかもしれませんが)。でも、皆さんの反応でライブの素晴らしさが二倍にも三倍にも膨れ上がって特別なものになる、というのはひそそかさんもわかっていただけると思いますね!
Posted by 一本道ノボル at 2007年09月05日 12:21
こんにちは。こちらにコメントどうもありがとうございました。

心のこもったレポを読ませていただいて、あらためてあのライヴの良さを噛み締めているところです。タマスのいい人っぷりは、カルチャーショック並みでした。

割り込みみたいなコメントでどうもすみません。
またお邪魔したときはどうぞよろしくお願いします。
Posted by xiao61 at 2007年09月06日 23:24
お久しぶりです。
200人用のこじんまりした会場であの声を聴いたんですか。うらやましー。
yas兄ぃの文章の行間からあの声が聴こえてくるようなそんな気がしました。

CDかけようっと。
Posted by minira at 2007年09月08日 18:09
●一本道ノボルさん
返事がすっかり遅くなってしまいました。すみません。もう今晩がsosoの最終公演ですね。今回はタマスと違って、大阪・東京・名古屋という割とスタンダードな場所を選ばれたんですね。ここら界隈には名古屋を公演地に選ぶアーティストのことをやけに贔屓目で見られるコメンターさんもいらっしゃいますから、これで10月発売のニューアルバムの売上が一枚増えたかもしれませんね。え?その前に僕のブログで取り上げろと?わかりました、検討致します。

タマスのカバーアルバム、僕も妄想が膨らんでしまいます。一本道さんがここに挙げられた5アーティストに加えて、彼がお気に入りのトップに挙げていたホセ・ゴンザレス(「Crosses」希望)、彼が奈良のパステルレコードで試聴して買ったというランバート&ナティカム(「Ode To Drugan」希望)なども是非加えてほしいです。これで7曲になりましたね。彼が自分のブログに書いていた、歌詞をよく覚えていない「Country Road」も入るんでしょうか。

あ、例のデュオのアルバム、iTunesにあったんですね。それはすごいな。実は、僕もあれから再度某CDショップをトライしてみて、再入荷していたのを発見したんです。早速オーダーして、現在空輸中です。写真を見る限り、なかなか綺麗なジャケなので、それも楽しみにしています(優越感・笑)。

そういえば、タマスが自分のブログの東京公演最終日の記事で、僕のことについて3行ほど書いてくれていましたね。嬉しかったです。


●xiao61さん
こんにちは。ようこそいらっしゃいました。すぐに書き込んでいただいたのに、返事に3日もかかってしまってすみませんでした。

割り込みだなんて、とんでもないですよ。うちのブログのコメント欄は、それぞれが思い思いに好き勝手な(時には記事と全く無関係な)コメントを書くことになっているので、全然問題なしです。

僕もあれからまたxiao61さんのブログにちょくちょくお邪魔させてもらっています。気になるのがあったらまたコメントさせてもらいますね。それでは、今後ともよろしくお願いします。


●miniraさん
お久しぶりです。あちこち飛び回られていましたね。イタリア旅行記、読ませてもらいましたよ。

miniraさんが先月東京にいたら、一緒にこのライヴ行けたんですけどね。残念。聞くところによると、来年ニューアルバムを発売して、それに伴うツアーをまた計画されているようですから、今度はminiraさんがそれに合わせて来日するというのはいかがですか?僕も乗りますよ。
Posted by yas at 2007年09月09日 15:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック