2007年06月17日

CD版 コレクターな人々

前回の僕の記事を受けて、Lunaさんが多重人格ブログに「コレクターな人々」というマニアックな記事をあげた。人のことをコレクター呼ばわりしておきながら、ちゃっかり自分のコレクションを自慢するという、卑怯かつ痛快な記事(笑)

その中で、「全く同一内容でも、ジャケットが違うだけで買っちゃうことがある」というのは、さすがのルナさんでも本ならともかくCDやレコードでそれをしたことはないという話だった(でも僕は本でそんなことをしたことはないからね)。

それで思い立ったのが今日の記事。全く同じ内容でジャケ違いのCDをどれだけ持っているかをリストアップしてみた。さすがに全CDをひっくり返してチェックするわけにもいかないので、自分の記憶だけを頼りに、思い出せる分だけ。

ルールとしては、「LPで持っていたものをCDで買いなおした」、「輸入盤や旧盤のCDで持っていたが、リマスターやボートラ入りで再発されたのでまた買った」などのケースは除いた。そんなのを入れてしまうと際限ないからね。


ではまずこれ。yascd008で特集したサニー・ランドレスのセカンド・アルバム。

Down In Louisiana 93.jpg Way Down In Louisiana 85.gif

左の写真が現在普通に流通している『Down In Louisiana』というタイトルのCD。93年にエピックから出たものだ。ただ、このアルバム自体は85年にサニー・ランドレス・アンド・バイユー・リズム名義で『Way Down In Louisiana』というタイトルで出ていたLPと同じもの。右側のジャケがそれ。実は僕は彼の音楽を聴きはじめた88年にこのLPを大阪は東通商店街の輸入盤屋で見かけたのだが、金がなかったのか腹が痛かったのか、その時は買わずに店を出てしまったんだ。そのLPが、もう既にその時点で廃盤になっており、その5年後に別タイトル・別ジャケでCDで再発されるまで手に入らないなんて思いもよらずに。

今から数年前、日本の中古CD屋でこの忘れもしない右側のジャケをCDで見かけたときの驚きは忘れられない。裏ジャケを見ると、大手エピックでなくイギリスのエヴァンジェリン・レコードというマイナーレーベルからの01年の再発盤。内容は自分で既に持っている左側のCDと全く同じなのはわかっていたけど、この懐かしいジャケに惹かれて買ってしまったというわけだ。

帰ってきて開封して再びびっくりしたのは、このジャケは一枚のペラペラの紙で、中に入っているブックレットの表紙自体はこの左側のものと同じだったこと。うーん、なんだか騙されたような…


続いては、ルー・リードのこのアルバム。

Live In Italy.jpg Live In Concert.jpg

左側は、彼の数多いライヴ盤の中でも最高傑作とされる84年の『Live In Italy』。僕はこの2枚組LPを買い、そこから彼の音楽にのめりこんで行ったんだった。そこからの数年間が彼の低迷期になるとも知らずに。

NZに来てすぐ、CD屋の安売りワゴンで投げ売られている右のジャケの『Live In Concert』というCDに気づいた。これはビデオ『A Night With Lou Reed』で使われてる写真の流用だよな。曲目を見ると、聴き慣れた例のLPと全く同じ。さてはあのアルバムをコピーした海賊盤かと思いきや、発売元は大手BMG。なんだかよくわからなかったけど、この名作ライヴをCDでも聴けるのならと思い、買ってみた。聴いてみたら、やっぱり同じ内容。そうか、きっとあの『Live In Italy』は契約の関係か何かで元のままのタイトルとジャケでは出せないんだろうな。

と思っていたら、確か去年だったか、この見慣れた『Live In Italy』のCDを中古で発見。日本盤だ。あれ?契約の関係とかじゃなかったんだ。まあいいや、これ買って、あのパチモンっぽいジャケのやつは売ってしまおう。

と思ったんだけど、やっぱりこの右のジャケもかっこいいんだよな。『A Night With Lou Reed』をDVDで買いなおすまではこれ売らずに置いとこうかな。という訳で、僕の家にはこの同じ内容のアルバムがCDが2種類とLPの形で存在している。内一枚はそのうち淘汰されるかもしれないけど。


最後はこれ。3月13日の記事「懐かしい不安感」で取り上げたシアウォーターの『Winged Life』。

shearwater_winged_life.jpg Winged Life U.K..jpg

左が僕が持っているオリジナルのアメリカ盤ジャケ(その記事のコメント欄で巨大イカとか言われてた)。同じコメント欄で「この(右側のイギリス盤の)ジャケでLP出てたら絶対買うのになあ」などとほざいていた僕だが、そんなLPなど存在しないことがわかってしまったので、つい先日アマゾンUKで他のCDを注文するついでに我慢できずにこのイギリス盤CD(右の写真)も買ってしまった。だってこのアルバム好きだし、この右のジャケもいいんだもん。という訳で、現在輸送中。どうしよう、届いてみたら左のジャケだったりしたら…


という訳で、わずか3組。なんだ、こんなもんか。ハリー・ポッター全巻をハードカバーとペーパーバックで揃えているというルナさんの足元にも及ばないね。

ちょっとお願いすれば、「ジャケ違いは別モノ」という名言を吐かれたクロムさんが更にマニアックなダブりCD記事を書いてくれるんじゃないかと期待してるんだけどな。クロムさん、よろしくお願いします(笑)


posted by . at 18:47| Comment(22) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
せっかくのご指名なので、それ以上のバカコレクター話を披露しますね(笑)。
昔の海外盤のシングルはジャケがないものが多いですよね。そこで、ジョン・フレッドの「ジュディーのごまかし」のUS盤をラベルの色違いで5枚集めたことがありました。ピンク(←一番一般的)、ホワイト、レッド、イエロー、クリームです。しかし、最後のクリームの存在がいまいちハッキリと確認できず、もしかしたら、ただのイエローの日焼けではないかという疑念も拭い去れません・・・。
さすがに現在は、こういう世界からは足を洗い、カタギに戻ってます(笑)。
Posted by クロム at 2007年06月17日 21:45
…もう、負けず嫌いなんだから。

>ハリー・ポッター全巻をハードカバーとペーパーバックで揃えている
これ、ちょっと違います。
ハードカバーとペーパーバックが揃っているのは1巻から4巻まで。
4巻から7巻(これは予約中ね)までは、ハードカバー2冊ずつ。

あれっ?4巻は3冊って思った方いますね。
それはですね、「3巻までペーパーバックがあるのに4巻にはないっていうのは、ちょっと」と思って買っちゃいました。でも後で、馬鹿なことをした反省し、5巻はペーパーバックを買わずに帰国しました。でも、やっぱり馬鹿なことをしたと、今、後悔しています。

ついでに言うと、ラテン語版とウェールズ語版も出ているんですよ。ちょっと、心惹かれます。US版は、いやです。それから表紙が大人向きのもの(子供用の本は恥ずかしい大人のため)これもダメ、あの表紙がいいんですから。

>マニアックな記事
おかんと僕のハートウォーミングな記事のつもりだったんですが。
Posted by Luna at 2007年06月17日 23:20
こんにちわ。
際限有る資源で、色々なものを見たり聞いたりしたいと思っているので、同じ物を2つと買う事はまず無いです。
アナログ→デジタルの時代の変化に踊らされての、LP→CDだとかビデオ→LD→DVDなんて事は仕方が無い事だと諦めています。
ボードレールの翻訳違いを買ったり、ベルリオーズの幻想交響曲をオケ違いや指揮者違いで買ったりするのが、私の限界かな。
Posted by falso at 2007年06月18日 00:06
●クロムさん
わははは!こういうのを待ってたんですよ!凄いなあ。ジョン・フレッドの「ジュディーのごまかし」、僕は知らない曲だったんですけど、ビートルズの「Lucy In The Sky With Diamonds」のパロディなんですね。

クリーム色のオチも秀逸です。ところで僕はこの曲のことを調べていて、茶色のラベルを見つけましたよ↓
http://cgi.ebay.com/John-Fred-Playboy-Band-Judy-In-Disguise-45_W0QQitemZ120125399479QQihZ002QQcategoryZ306QQrdZ1QQssPageNameZWD1VQQcmdZViewItem
久し振りにもう一枚いかがですか?(笑)


●Lunaさん
>3巻までペーパーバックがあるのに4巻にはないっていうのは、ちょっと
これぞコレクター魂ですよ。こっちでペーパーバック安く手に入りますから、残りを次回買っていきましょうか?

ちなみにNZのボーダーズで7巻を予約すると、フクロウの置物がもらえるようです。もう一冊予約されますか?

ラテン語やウェールズ語、読めるんですか?すごいなあ。もし読めないのに単にコレクションのためだけに欲しいとなると、これは大変なことになりますね。まず来週miniraさんがフランス語版を買ってきてくれるでしょ。僕も来月シンガポールに出張がありますから、そこで中国語版とマレーシア語版を買ってきますよ。世界制覇目前ですね。

>おかんと僕のハートウォーミングな記事
わかってますってば。だからきちんと自分で双方からトラックバック入れたじゃないですか。


●falsoさん
あ、falsoさんは同じもの買われないですか。まあ普通はそうですよね。僕も大量のLDを、DVDに焼くか、DVDで買いなおすかを考慮中です。それより、今持ってるLDプレイヤーまだ動くのかな。

クラシックを買う人の基準がわからないのですが、気に入った曲を違ったヴァージョン(指揮者違いなど)で買うのは標準ではないのでしょうか。
Posted by yas at 2007年06月18日 20:54
シアウォーターの右のジャケいいですねー。
届くのが左のジャケでありますように☆
Posted by カブ子 at 2007年06月18日 21:19
こんにちわ。
LDをDVDに落とすのは、私にとって苦痛を伴う作業なのです。
PCを使ってチャプターとか自動で入ったりするソフトとか有ったりする人なら問題も無いと思うのですが、私は[LD→HD→チャプター付け作業→DVD]と言う作業をチマチマと行なわなければならない環境なので[チャプター付け作業]の手間と時間で気が狂いそうになるのです。
少なくともDVDで出ているものは後回しにしたいと思っているのですが、ハッキリ言って、何の作業もしていません(苦笑)。
面倒な事が苦手且つ嫌いな人間なので、駄目みたいです。

>クラシックを買う人の基準がわからないのですが
はい、私もわからないです〜。多分同じ物じゃないので買うんでしょうね。

ジャケット違いやトラック違いや曲順違いが当たり前と思っているので、特別に思い入れの有るもの以外には、あまり反応出来ないです。
ジャケットの印刷の違いは国だけ出なく印刷する会社でも色が違ったり位置が微妙に違ったりしますし、以前のアルバムをスキャンして印刷したりする場合も有りますから、たまにとんでもないものが出回ったりしています。そう言うものを面白がる心の余裕が私には無いんですよね〜。
Posted by falso at 2007年06月18日 22:19
NZで売っているのは、BLOOMSBURY社から出ているものですか?UK板と中身はいっしょですか?

アメリカ版は、mum(お母さん)がmomになっていたり、1巻のタイトルがPhilosopherでなくsorcererになっていると聞いたことがあります。だから、NZも違うところがあるのかな、と思って。

ペーパーバックでも3冊買うと厚さ10cm超えますからね(笑)いつか自分で手に入れます。

>フクロウの置物
私の家にはフクロウの置物が――
やめときます。私はコレクターでもマニアでもありません。たぶん…まだ…

ラテン語は辞書があるから…あったって読めるわけがないよね。でもね、魔法の呪文はラテン語からとったっていうから、興味があるんです。
ウェールズ語のも、どんなスペリングが並んでいるのか?サと発音するLLの単語(笑)は出てくるのか、興味あります。

最後に、真ん中のCD、淘汰するときは、ご相談下さい。
Posted by Luna at 2007年06月19日 08:10
●カブ子さん
なんということをお願いするんですか、あなたは。もしもダブったら、高値で売ってあげますね。


●falsoさん
僕はカセット⇒CD-Rのコピーで同じように苦しんでいます。3年ほど前に音楽編集ソフト入りのパソコンに買い換えた際に、古いカセットをコピーし始めたんですが、チャプター入れが本当に面倒なんですよね。楽しいんですけど、やたら時間がかかります。アナログメディアからのコピーなんでしょうがないんですけど、60分テープならコピーしてチャプター入れてとかしてるうちに2時間ぐらいあっという間に経ってしまうんですよね。

ジャケ違い、僕もここに載せたぐらい明らかに違うものでないとさすがに買わないですね。ビートルズとかだともうとんでもないミクロの世界みたいな差異でコレクションする人もいますけどね。


●Lunaさん
おっしゃるとおり、NZのはUK版と同じBloomsburyです。あまり面白くないですね。アメリカ版はそんな違いがあるんですか。初めて知りました。

フクロウの置物、もうあるんですか?まさか芳香剤入りじゃないですよね?

僕昔ウェールズの田舎に旅行したことがあって、そこもやはり綴りがLLで始まるんですけど、あの発音をカタカナでサに当てはめるのは結構無理があるんじゃないかと思うんですけどね(笑)

あ、真ん中のCD、欲しいですか?確かまだ10ドル(ついに940円まで上がってしまった)で売ってますから、買っていきましょうか?
Posted by yas at 2007年06月19日 20:10
>久し振りにもう一枚いかがですか?(笑)
US盤といっても、版権所有のポーラ盤(影絵の女性のロゴ)にのみ限定するという自己規定を作っておいたおかげで救われました。危なかったです。
ああ、もう非行に誘うような悪友なんだから(笑)!
Posted by クロム at 2007年06月19日 21:38
芳香剤入り?おまけって、そんなのなんですか?

真ん中のCD、買うてきて。
Posted by Luna at 2007年06月20日 07:42
●クロムさん
影絵の女性のロゴ、ありましたね。あれがオリジナルなんですね。他の色は存在しないんでしょうか。また探しておきますね。

それにしても、変なもの(失礼!)を買おうかどうしようか迷っている友達をそそのかすのって、どうしてこんなに楽しいんでしょうね(笑)


●Lunaさん
昔何かのオマケでフクロウの置物の芳香剤ってありませんでしたっけ?

真ん中のCD、今度CD屋行ったときに見ておきますね。右側のジャケになりますが、よろしいですか?

昨日は楽しそうでしたね。次回は是非参加させてもらいたいと思います。
Posted by yas at 2007年06月20日 18:14
そんなオマケは知りません。
うちにいるのは、Hedwigみたいなシロフクロウのぬいぐるみのドアストッパーとかです。

「10ドルであったら」でいいですからね。

どうぞ、どうぞ。
Posted by Luna at 2007年06月20日 22:09
●Lunaさん
小林脳行のフクロウの置物の芳香剤、知りません?って、今調べてみたら、小林脳行って倒産して小林製薬に統合されたんですね。って、どうでもいいですね、そんな話は。

ドアストッパーもあったんですか。どうしてそれを記事に載せなかったんですか?ところで、追加された写真はきちんとピントが合っていますね。携帯、修理されたんですか?

10ドルまでですね。了解しました。ルナさん、ルー・リードも聴かれるんですね。それは知りませんでした。このライヴ盤はいいですよ。「Sweet Jane」で始まり、「Rock And Roll」で終わるという定番パターンも決まってますし、15分強に亘る「Some Kinda Love / Sister Ray」のメドレーが圧巻です。
Posted by yas at 2007年06月21日 18:35
hedwigみたいな、と書いてあるでしょ?
hedwigじゃないから、載せるのは違うかな、と思って。

ピントはですね…
携帯ではなく、私のせいだったみたいですね。
気合入れて撮ればいいんです。
これ以上、訊くな。

ルー・リードは2枚程あるだけです。
この前も名前見たから、偶然が重なったときは、必然にすることにしたので。
Posted by Luna at 2007年06月21日 20:22
●Lunaさん
>hedwigみたいな
これは斜め読みしておりました。パチモンでしたか(笑)

>これ以上、訊くな
訊きません。

>2枚程
どの2枚なのか気になります。スタンダードに「Berlin」と「Transformer」ですか?
Posted by yas at 2007年06月21日 21:32
パチモンというと、このフクロウが不憫です。

クリスマスが近づくと、あちこちで開かれるクラフトフェアで「フクロウのドアストッパー」という名で売られていたんですから。私が勝手にHedwigにしてしまったのですから。

「transformer」と、もう1枚は、ソロじゃなかった。「the velvet underground」です。
Posted by Luna at 2007年06月22日 08:02
●Lunaさん
パチモンなんて言ってごめんなさい。そうですよね、その子はその子でちゃんとドアストッパーとしての役目を持って生まれてきたんですもんね。フクロウ、ごめん。

>「the velvet underground」
後ろに「& Nico」と付いてないですか?ではこれはバナナじゃないやつですね。あれもしっとりしたいいアルバムです。「Candy Says」とか「Pale Blue Eyes」とか、静かでいい曲が沢山入ってますよね。

活発なのはルナさんの最近のコメント攻勢ですよ。見てくださいよ、この記事のコメント欄のシマシマぶり。他所のブログでもブイブイ言わせてますよね。何かに目覚めたんですか?

シマシマといえば、一つ下の「お天気マーク」のコメント欄はnekoちゃんとのシマシマ、も一つ下のタマスのコメント欄は(カブ子さんもいますけど)miniraさんとシマシマ。なんかアルファベット・シマシマが続いてますね。
Posted by yas at 2007年06月22日 22:29
わかってくれたらいいんです<フクロウ

バナナの絵ではありません。

シマシマ、完成させたい。
完成したら、おとなしくします。
Posted by Luna at 2007年06月22日 23:39
●Lunaさん
そんなこと言い出したら、この界隈でおかんに刃向かえるような人いないんですから、誰もこなくなってしまうじゃないですか。僕はあちこちでシマシマ作ろうとするたびにminiraさんとかきんぎょさんとかに邪魔されますが。でもとりあえず僕のこのコメントでシマシマ完成です。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドはバナナが有名ですが、僕はセカンド「White Light White Heat」が好きです。ルナさんのように3枚目だけを持ってる人というのは珍しいですね。
Posted by yas at 2007年06月23日 07:57
祝、シマシマ完成。

もしかしたら、バナナを買うつもりがこっちを買ってしまったのかもしれませんね。そういうことってよくあるでしょ。

White Light White Heatの記事、3ヶ月くらいしたら書いてください。
Posted by Luna at 2007年06月23日 09:00
シマシマを邪魔しにきました。それだけ。
Posted by 麒麟 at 2007年06月23日 18:23
●Lunaさん
>そういうことってよくあるでしょ
あ、ありますよね(汗)
さすが買ったピーマンを車の座席の下で萎びさせるお方です。

>3ヶ月くらいしたら書いてください
そうですね、旧譜ストレートだと芸がないので、なにかと組み合わせて記事にしますかね。おあつらえ向きにルー・リードが「Sister Ray」『Metal Machine Music』系の新譜を出したようですので、それを手に入れてみましょうかね。アマゾン(US)のリスナー評で一つ星とか二つ星とかつけられてますけど(笑)


●麒麟さん
なんと、おかんにケンカ売るとは!
僕は逃げますね。
Posted by yas at 2007年06月25日 18:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

コレクターな人々
Excerpt: とあるブログで読んだ意見。 「同じ曲でもバージョンが違えば欲しくなる」これは納得です。やってますから。 「ほれこんだ作家の作品なら、内容が一部かぶっても買っちゃう」一部なら買うかな。これも..
Weblog: 妖月に正気のきんぎょは花道をゆく
Tracked: 2007-06-17 18:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。