2007年06月08日

水彩画のように Carla Bruni 「No Promises」

No promises.jpg Carla Bruni 『No Promises』

才色兼備を絵に描いたような人。イタリア出身の元(?)スーパーモデルの彼女が02年に出した最初のアルバムは、全世界で200万枚を売り上げたとのこと(彼女が活動しているフランスで120万枚、その他の国で80万枚。ちなみに僕はその両方に1枚ずつ貢献している・笑)。

実に柔らかい、綺麗なメロディーを書く人だ。そしてそのメロディーを奏でるこの少しジャジーでアコースティックな音。わかりやすい例えで言うなら、ノラ・ジョーンズをもっとこざっぱりとさせた感じか。

そのノラ・ジョーンズがあれだけヒットした理由の一つに彼女のスモーキーな声質があるが、このカーラ・ブルーニの音楽を特徴付けるのも、やはり彼女の声。極端なまでのハスキーボイス。音程によってはかなりかすれてしまうんだけど、それがちっとも聴き辛くなく、まるで絵の具がかすれた水彩画のようで実に味がある。

No Promises Inner.jpg上に載せたジャケットや、三つ折デジパックの内側の写真(少女のように眠る彼女、風船を手に佇む彼女、質素な瓶に活けられた薔薇の束、木漏れ日の差し込む室内)、それにブックレット内の数々の写真など、一枚一枚がポストカードにしたくなるような綺麗なものばかり。正統派美人である彼女自身のルックスはそれほど僕の趣味じゃないけど(そしてそんなことは彼女にとってもこの世の中の誰にとっても知ったこっちゃないけれど・笑)、音的にも映像的にも非常に質の高いアルバムだ。

フランス語で歌われた前作では殆どの歌詞を自作していたが、全編英語となった今回のアルバムでは、ウィリアム・B・イエイツ、ウィスタン・H・オーデン、エミリー・ディッキンソン、クリスティナ・ロセッティ、ウォルター・デ・ラ・メア、ドロシー・パーカーという、19世紀から20世紀中盤までのアイルランド/イギリスの詩人(ディッキンソンとパーカーはアメリカ人)の詩を歌っている。恥ずかしながら僕はこの中ではW.B.イエイツしか知らなかったんだけど、きっとイギリスやアイルランドの詩や文学に造詣の深い人には、これらの曲がもっと味わい深く聴こえるんだろうね。うらやましいな。

オープンディスクという仕様のこのCD、パソコンに入れて若干の個人情報を提供すれば、専用サイトにアクセスすることができる。その中の目玉の一つである無料ダウンロード曲「Those Dancing Days Are Gone」(ルー・リードがポエトリー・リーディングで参加したバージョン)が、僕の買った日本盤では既にボーナストラックとして収録済みなのが、得なのか損なのかよくわからないんだけどね。まあ、これもまた優れた美的感覚に溢れたプロモーションビデオが何曲か観られるのは嬉しいかな。

Quelqu'un M'a Dit.jpg Carla Bruni 『Quelqu'un M'a Dit』
ところでこれがデビューアルバム。僕のブログをしばらく前から読んでくださっている読者の方には、このジャケットに見覚えがあるんじゃないかな。そう、10月26日の記事「クッキングタイマー」で1分を計るのに使っていた曲だ。これも40分に満たない短いアルバムだけど(今回のもそう)、どちらもおすすめ。特にこの前作は歌詞対訳がありがたいし、今作はヘタに輸入盤を買うよりも日本盤の方が安かったりもするしね。ライナーも対訳もよかったよ。

今回はこれぐらいの短い記事にしておこうかな。もう既にネット上にはかなりの数のレビューが英語/仏語/日本語で出回っているようだし、これは前作以上に話題になるんじゃないだろうか。
posted by . at 21:28| Comment(25) | TrackBack(1) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1ゲト!そうれ、ぷちゅん!
Posted by 青グリン at 2007年06月08日 22:37
タイマーの一番最初の人ですか。
あの声はすごく印象的で、よく憶えてます。

>まるで絵の具がかすれた水彩画のよう

ほう〜さすがいい表現ですね。うん、そんな感じかも。
フランス語の響きがまたよかったんですが、英語で歌うとどんな感じになるんでしょう。

>そんなことは彼女にとってもこの世の中の誰にとっても知ったこっちゃないけれど

ごめんなさい、吹き出しました(笑)。
それにしてもキレイな人ですねー。ほれぼれしてしまいます。
Posted by にんじん at 2007年06月08日 23:25
>ルー・リードがポエトリー・リーディングで参加したバージョン

日本盤には入ってるんですか?

Posted by Luna at 2007年06月08日 23:50
うーん、今回は記事が短いですね。(笑)
やっぱり美人を前にすると言葉少なになるのでしょうか、さすがのyas兄ィでさえも。

>まるで絵の具がかすれた水彩画のよう

私もこの表現がいいと思いました。
私のマイフィールド、取らないで下さいよ>にんじんさん
Posted by ひそそか at 2007年06月09日 00:05
>まるで絵の具がかすれた水彩画のよう

私もこの一文にピンと来ました。
何だか、今回の兄の文章も情緒的ではないですか??

『声がいい』というのは良いですね。
神様に贈られたプレゼントだと思います。

Posted by ぺこ at 2007年06月09日 00:58
>ひそそかさん
>私のマイフィールド、取らないで下さいよ

素敵な画像のほんのお礼の序の口ですわ。残りはまた追々ということで。うふふ。
Posted by にんじん at 2007年06月09日 01:50
●青グリンさん
記事を読まずに1ゲットだけなんて、なんて失礼な!

…なんて、たまには自分のことを棚に上げてみました。お忙しいところ、律儀にご挨拶に来て頂いてありがとうございました。


●にんじんさん
さすがにんじんさん、1が誰であろうと2ゲットは譲りませんね。いい表現と言っていただいて、嬉しいです。にんじんさんに文章を褒めてもらうのが一番嬉しいです。

>英語で歌うとどんな感じになるんでしょう
何を歌っているのかが若干分かりやすくなります。

>キレイな人
この人、僕より少し若いだけなんですけど(さっき新記事を上げた押尾コータローと同い年)とてもそうは見えませんよね。生娘の生き血でも飲んでるんじゃないでしょうか。


●Lunaさん
>日本盤には入ってるんですか?
おかん!話半分ですね(たまには僕にも叱らせてください・笑)。

「Those Dancing Days Are Gone」(ルー・リードがポエトリー・リーディングで参加したバージョン)が、僕の買った日本盤では既にボーナストラックとして収録済み

ってちゃんと書いたじゃないですか、まったくもう。というか、僕の文章がわかりにくいんですね。ごめんなさい(反撃される前に謝る戦術)。


●ひそそかさん
>美人を前にすると言葉少なになるのでしょうか
ええ、だから僕はいつもひそそかさんにお会いすると無口になってしまうんですよ。

>私もこの表現がいいと思いました。
ありがとうございます。ひそそかさんに文章を褒めてもらうのが一番嬉しいです。

ところでこの人、フランス語で歌うことといい、ルー・リードが曲に参加していることといい、ある方の興味を引くだろうなとずっと思っているんです。その方が僕のブログを読まれているかどうかわかりませんが、是非教えてあげてもらえますか?


●ぺこさん
>私もこの一文にピンと来ました
ありがとうございます。ぺこさんに文章を褒めてもらうのが一番嬉(以下略)

情緒的、そうですかね。最近の裏風呂の一連の名文ほどではないと思いますよ。コメント書いたり書かなかったりで失礼してますけど、僕あの文章好きです。

>『声がいい』というのは良いですね
そうですね。聞いていて落ち着く声、楽しくなる声、気持ちよくなる声、元気が出てくる声、いろいろあると思いますが、そういうものに恵まれた人は幸せですね。でもたとえ神様にプレゼントをもらえなくたって、人を幸せな気持ちにさせたいと思って発声することだってできるんですよね。と、無理矢理裏風呂記事に繋げてみました。


●にんじんさん
そうですよね、ひそそかさんはもっと酷い目に合うべきだと思います(きっぱり)
Posted by yas at 2007年06月09日 15:07
ラヴィ・シャンカールって、ジジ顔のクセにきっとイイ女引っ掛けてたのね〜、まあ、イヤラシ〜!って、ノラ・ジョーンズを見るたびに思います。
コメできないネタだったので、端くれ反応で失礼致しました。
Posted by クロム at 2007年06月09日 15:14
>おかん!話半分ですね

…ごめん。
実際の息子にも、「話聞いてた?」と言われることがあります…

で、入ってるのね?
Posted by Luna at 2007年06月09日 20:19
>まるで絵の具がかすれた水彩画のよう
繊細なタッチまで表現出来る、いい水彩紙なんでしょうね。おっと、文章をほめようと思ったのに、紙に反応してしまいました。

あのう、ジャケのギターみたいな楽器、あれ何ですか?
丸いところはなんなのでしょう。
Posted by カブ子 at 2007年06月09日 21:55
●クロムさん
混血の人って、両親の見かけのいいところを受け継ぐ場合が多いですよね。彼女の場合も、ちょっとインド人っぽいエキゾチックな感じがとてもいいです。まあ、仰るとおり、きっとお母さんも綺麗な方なんでしょうけどね。

>端くれ反応
いえいえ、興味のない話題でもきちんとコメントを入れていただいて、ありがとうございます。というか、最近お互いにメインの音楽話には触れないでコメントしてもいいんだという暗黙の了解が成り立ってきましたね(笑)。こちらはコメンターの殆どがそういう方ばかりなので大丈夫なのですが、クロムさんのところで主題と関係ない話ばかりをする僕は違和感漂わせまくりですね。


●Lunaさん
やっぱり。イナモト君に同情します。

>で、入ってるのね?
あーしつこい!(笑)。入ってますよ。


●カブ子さん
>紙に反応
紙の話など一切していないにもかかわらず、それに反応とは。マイフィールドの新しい次元に突入されましたね。

>ギターみたいな楽器、あれ何ですか?
yascd008で、リゾネイターとかドブロとか書いたのをご記憶でしょうか。これがそうです。簡単に言うと、金属でできたアコースティックギターですね。そういうのの総称をリゾネイターといいます。通常の木のものと違って、独特の音色が出ます。丸いところはアコースティックホール、日本語で言うと穴です。ボディ下部にあるいろんな形の黒い部分も全部穴です。
このジャケに載っているものはドブロ(これはブランド名)ですね。ブックレットにもまた別のリゾネイターの写真がアップで載っているのですが、それはナショナル(別のブランド。松下電器ではありません)のトライコーンというやつでした。
実際にどういう音が鳴るのかは、008を聴いてみてください。普通のアコギのふくよかでやわらかな音とは違った、ちょっと硬質な独特の響きがありますよ。
Posted by yas at 2007年06月10日 09:51
げ!にんじんさんにこんなところで仕返しされた…

>もっと酷い目に合うべき(きっぱり)

もしかして次回はつくねを食べさせてもらえないとかですか?
Posted by ひそそか at 2007年06月11日 11:52
●ひそそかさん
次は僕はにんじんさんと1−2ゲット同盟を組みますからね、覚悟しておいてくださいよ。つくねもサシミもひそそかさんの分はありません(笑)
Posted by yas at 2007年06月13日 18:05
↑あ、じゃあ僕は銕三郎さんと笑っておかしがる同盟組みます♪

いや、そういうことじゃなくて。
Carla Bruniの『Quelqu'un M'a Dit』、ゲットしました。
いいですねぇ〜。
なんか日本のこれからの梅雨時期に合いそうな感じもして。
Posted by アキラ at 2007年06月14日 13:18
●アキラさん
あ、カーラの前作、聴いてもらえたんですね。気に入っていただけてなによりです。それは日本盤ですか?だとすると、表題曲のビデオクリップが入ってるんですよね。綺麗なビデオ。
あのアルバムがお好きなら、今回のもきっといいと思いますよ。聞くところによると、日本のCD屋でも結構プッシュされているようです。
Posted by yas at 2007年06月14日 18:47
あ、いや、iTunes Storeでゲットしちゃいました。 (^_^;)
ビデオクリップ入ってたんですか、残念。。。
「No Promises」はちゃんと買います♪
Posted by アキラ at 2007年06月15日 01:36
>アキラさん
>笑っておかしがる同盟組みます♪
ここには、ぺこさんも入ってもらわないといけませんよ。
自分たちの立ち位置はしっかり確保した上で、傍観するのがコツです。
ばれない様にそっとアシストするのも火に油を注ぐようで楽しいかと・・・。
Posted by 銕三郎 at 2007年06月15日 10:07
●アキラさん
あ、ダウンロードでしたか。せっかくこういう綺麗なジャケのやつは勿体ないですね。記事にも書きましたが、「No Promises」のCDはパソコンに入れるとビデオや写真が沢山見られるサイトに入れますよ。


●銕三郎さん
もう一人、新●さんもおられましたね。これからどんどんそうやって見物人が増えていくのでしょうか。
そうですか、あのときはそうやって争いあうように仕向けられていたのですね。まったく、ひそそかさんの隣になど座るものではありませんね(笑)
Posted by yas at 2007年06月15日 19:17
聴きました!!
すごいいいです!! めっちゃ好みでした。
ありがとうございました。
けど、マックのOSが0.2だけ古くて (^_^;) 、opendisc が開けません・・・。ショック。
そのうちどっかで観ます♪

『Quelqu'un M'a Dit』も、心を入れ替えてちゃんとCDを買うことにしました。
また、音楽を聴くことが楽しみになりました。
Posted by アキラ at 2007年06月25日 20:38
●アキラさん
あ、早速買われましたか。自分の紹介したCDがこうやって誰かに気に入ってもらえるのが、こういうブログをしてて一番嬉しいことですよ。

Opendisc見られませんでしたか。それは残念。こういう新しいフォーマットって、マックをないがしろにしてることが多いですよね。

え、前作ももう既にダウンロードされたのにCDも買われるんですか?すごいお気に入り様ですね。では、また何かお勧めがあれば記事にしますね。ご報告ありがとうございました。
Posted by yas at 2007年06月26日 19:18
今日の日経に、この人とサルコジさんがディズニーランド・パリに出かけた、新しい交際相手か?と出てました。
Posted by Luna at 2007年12月18日 09:54
わはは、ワタシも朝のニュースバラエティでディズニーランドデートの話を見て「まぁ!」と思いました。
どうころんでもサルコジ氏はメンクイなのですね。
Posted by きんぎょ at 2007年12月18日 12:27
お二方、返事が遅れてすみません。

●Lunaさん
サルコジさんとはまた意表をついた相手ですね。あの人、こないだ離婚したばっかりじゃないですか。しかも、ディズニーランドって、若者か!と思いましたが、お互いの子供を連れて、という話だったんですね。健全な交際でなによりです。


●きんぎょさん
おお、そんな最近のホットな話題だったんですね。僕は皆さんに言われてネットで探すまで知りませんでした。まだ新聞も取ってないし、テレビも到着していないのです。北海道が沈んでいてもわかりません。
Posted by yas at 2007年12月23日 11:16
CDは買っていません。youtubeでQuelqu'un m'a ditを見ました。変なおじさんのかと思いましたが歌がよかったので日本語に訳してみました。
Posted by 2moka at 2009年11月13日 23:20
■2mokaさん
こんばんは。ようこそいらっしゃいました。こんな古い記事を掘り起こして頂いて恐縮です。

貴サイトを拝見させてもらいました。フランスとイタリアの女性歌手がお好みなんですね。僕は学生時代にフランス語を専攻していたにも関わらず、挨拶もろくにできないほど身につきませんでした。
Posted by yas at 2009年11月15日 01:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

音楽になった音楽も データとしては聴いていない、を実感しました
Excerpt: 昔は偏った範囲でしこたま音楽を聴いていたのですが、最近は自分から触手を伸ばして好きな音を探し回るということを、トンとしなくなりました。 んで、どうしてるかというと、人がいい♪というものを聴いてみると..
Weblog: 光るナス
Tracked: 2007-07-05 10:23