2007年06月04日

ゴキゲンなお天気マーク達 The Holloways 「So This Is Great Britain?」

イギリスの音楽業界って、かなりメディア主導みたいなところがあって、ひとつ売れたバンドが出てきたら、それに似たバンドをひとまとめにして○○ムーブメントとか言って盛り上げようとすることが多い。当然玉石混交になるし、そんな風に人工的に作られたムーブメントが健全なわけはないんだけど、リスナー側からすればひとつ好きなバンドがあればそれに似たような傾向の別のバンドを探しやすいとか、あるいはバンド側にすればうまくそういうブームに乗っかってデビューできるとか、まあ利点が全くないわけでもない。

たとえば僕が音楽を聴きはじめたころはちょうどパンク/ニューウェーヴが盛り上がっていた時期で、五大パンク・バンドとかいう括りで(これはもしかしたら、僕がその頃読んでいた日本側の雑誌で勝手にでっちあげたのかもしれないけど)セックス・ピストルズ、クラッシュ、ダムド、ストラングラーズ、ジャムがパンクの代表としてよく紹介されていた。その5組が本当に代表格なのかどうかはともかくとして、まあ初心者にはそうやってまとめてもらえると手っ取り早く覚えられるので便利ではあった。

ちなみにその5組を僕が好きだった順に並べると、(1)ジャム→(2)クラッシュ→(3)ストラングラーズ→(4)ピストルズ→(5)ダムド、てな感じなんだけど(1と2は僅差、3と4は入れ替えも可)、きっとクロムさんのご趣味とは完全に逆なんじゃないかなって勝手に思った。いや、今日の記事の趣旨とは関係なく、クロムさんとの趣味のすれ違い度合いを面白がってるだけなんだけど。

一昨年はフランツ・フェルディナンドがドカンと売れて、それに似たバンドがバラバラッと紹介されて、中には僕の好きなフューチャーヘッズやドッグス・ダイ・イン・ホット・カーズも含まれていたんだけど、肝心のフランツ・フェルディナンドのセカンドアルバムが大いにずっこけた(売上的にはね。内容はそんなに悪くないと思ったんだけど)のに歩調を合わせて他のバンドも低迷。

去年はなんといってもアークティック・モンキーズのヒットが大きかった。去年の7月28日の記事「人口密度の夜」に書いたけど、僕はどうせまたハイプだろうと最初は高を括っていたんだけど、聴いてみたら思いのほかよかった。去年のベスト20を選んだ1月29日の記事「yascd006」では、セカンドアルバムはきっとファーストの半分も売れないだろうなんて書いて、実は今日の記事にこないだ買ったそのセカンドアルバムのこと(果たして前作の半分も売れないのか?)も絡めて書こうかと思ったんだけど、そんなことをするとまた短編小説並みの論文になってしまうので割愛。

当然イギリスのプレスは、その手のバンドをガンガンとプッシュするよね。雨後のタケノコ戦略。去年から今年にかけて、また数え切れないほどの新しいバンドがデビューアルバムを発表している。で、去年アークティック・モンキーズをずっと聴かなかったのと同じ理由で、僕はそのほとんどのバンドをスルーしている。実は今晩、そういうイギリスの新人バンドの一つであるヴュー(The View)のライヴがオークランドであるんだけど、どうももう一つ食指が動かない。

そんな中、なんとなくジャケットに惹かれて先日東京で買ったCDがある(ジャケ買いだけでなく、3ヶ月限定スペシャルプライス2200円というのも魅力的だった。まあ、僕が買ったのは新品未開封で更に安くなっていたんだけど)。それが今日取り上げる、ホロウェイズの『So This Is Great Britain?』だ。

So This Is Great Britain? The Holloways 「So This Is Great Britain?」

雑踏の音に混じって、ディストーションをかけたエレキギターの独奏によるエルガーの「威風堂々 第一番」のフレーズでアルバムが始まるところは、バッドリー・ドローン・ボーイの『Born In The U.K.』と全く同じ。両アルバムとも本国ではほぼ同時に発売されているので、どちらがどちらの真似をしたというわけでもなさそう。お互いびっくりしたろうね。どちらも「こんなしょーもない国だけど、ここに生まれたからには俺は英国人だから」といういかにも英国的な自虐的な歌詞の曲の冒頭で皮肉っぽく使われている。このアルバムの日本語解説書にはこの「威風堂々」のことを「第二の英国国家といわれる」って書いてあるんですけど、miniraさん、Lunaさん、そうなんですか?

そのアルバムタイトル曲は、小気味いい音のギターを中心としたアップテンポの曲。と思っていたら、間奏ではいきなり更にテンポを上げてスコットランド民謡風のギターソロ。うわー、かっこいい!

二人いるギタリストのうち一人が曲によってはフィドル、もう一人がハーモニカを演奏し、音に彩りを添える。映画「タイタニック」で、船内のがやがやとしたパブで主人公たちがバンドの演奏に合わせて踊るところがあったけど、ああいう感じ。こういうごった煮みたいな音楽にフィドルの音ってよく似合うよね。ちょっと音楽性は違うけど、昔でいうとデキシーズ・ミッドナイト・ランナーズみたいな感じ。なんでもこの人たち、バスキングもしていたということだけど、こんなのが道端で演奏してたらそりゃ盛り上がるだろうね。あ、そうだ。クロムさんにリクエストされてた、ヴァイオリン入りロック曲yascdにこれ使えるよ。メモメモ。

さっきアークティック・モンキーズを引き合いに出そうかと思ったって書いたけど、それは良くも悪くも似た曲調の多いモンキーズに比べて、この人たちの曲、特にイントロが実に印象的で魅力的なものが多いっていうことだったんだ。なるほど、そういうところもバスキング上がりだからなのかな。かっちょいいイントロでまず客をぐいっと引き付けるという。もちろん、バスカーが誰でもそんなかっちょいい曲を書けるかというとまたそれは別問題なんだけどね。

上に載せたジャケの左下に4つのお天気マークが載ってるけど、ブックレット内の歌詞にもそれぞれこの4つのマークがついている。それが歌詞と関連してるようで、がんばれ元気!的な曲は晴れマーク、とほほ振られちゃったよ…的な曲には雨マーク、てな感じで。で、このアルバムからは既に3曲がシングルカットされているんだけど、それぞれのジャケはこのお天気マーク。このいい感じの(と僕は思っているんだけど)アルバムジャケもそうだけど、そういうビジュアル的にしっかりした意思を持った人たちっていいよね。となると、ここはやっぱりもう一枚最後にシングルカットされるのかな。晴れ、雨、曇りがもう出たから、残るは雷マーク。ブックレットでこのマークが使われてるのは4曲か。どれになるのかな。

この記事のためにいろいろ調べてたら、この人たち来月来日するんだね。いいな、絶対にこういうバンドはライヴで観た方が何倍もいいだろうからね。nekoちゃん、アークティック・モンキーズ行きたかったのなら、これお勧めだよ。予習するなら、これまたとびきり格好いいボーナストラックが入った日本盤をどうぞ。輸入盤とあんまり変わらない値段設定だし。

さて、これだけ褒めちぎったこのバンド、アークティック・モンキーズ人気とは関係なくブレイクするだろうか。なんとなく、これだけで終わってしまいそうな気もするんだけどね。これまでどれだけこういう優れたバンドが、移り気なメディアのプッシュがなくなったばかりにアルバム1〜2枚で消えてしまったことか。まあそれにしても、これだけの出来のデビューアルバムにリアルタイムで出会えただけでもいいや。これで一度でも生で見られれば最高なんだけどな。

posted by . at 11:52| Comment(27) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フィドルに反応!!
以前バイオリン・サミットというイベントをテレビで見たことがあって、私の目当ては古澤巌、葉加瀬太郎のみ、高嶋ち●子は軽くスルーというスタンスで見ていたのですが、中にフィドル弾きが一人いて脳天やられました。
あと、タイタニックでディカプリオとぐるぐる回るシーンも思い出しました。いいなあ、あんなんやってみたい。
そのフィドル弾き、功刀という人です。外見は金髪長髪、假屋崎省○みたいで変わってるけど、しゃべってもちょっと変わってます。でもいいんです。外見じゃないですから。
マイフィールドで失礼しました。このジャケ好きです。
Posted by 麒麟 at 2007年06月04日 12:19
>威風堂々って

イングランドのサポーターが歌うやつですか?

お天気マークだ!
天気予報って、気温は気にしたけど、晴れか雨か曇りかなんて大して気にしませんでした。
唯一、ウィンブルドンのシーズンだけは雨が降るかどうか気になりました。

Posted by Luna at 2007年06月04日 13:51
威風堂々といえば、CookDo!のCMで使っていたため、あの曲を聞くと無条件に湯気の立つ酢豚やチンジャオロースーが浮かびます。
Posted by きんぎょ at 2007年06月04日 15:24
あらら、コレ良さそうじゃないですか〜!ジャケのセンスもGOODですし、ケルト色があるというのも惹かれます。yasさんと奇跡の趣味かぶりを成し遂げるかも(笑)。

5大パンク・バンドのうち、たまに聴くのはピストルズ(←カラオケ練習のため)とクラッシュの「London Calling」くらいなもので、あとの3つはここ10年耳にしてないんです・・・。洋楽ファン失格ですね(苦笑)。
個人的にはシャム69の方が好きです。いや、それ以前にパンクはアメリカとオーストラリアですよ〜!
ところで、ジャムってパンクよりモッズという印象なのですが・・・。

あっ、バイオリンCD企画考えて下さってるんですか〜!楽しみだなあ。

余談ですけど、先日のyascd収録のMika「Grace Kelly」が、只今、北海道のラジオ局でもパワープレイになってるんですよ。
Posted by クロム at 2007年06月04日 22:41
タイトルで、yasさんのBLOGにもNZのお天気つけて、ハリケーンが出たのかと思っちゃいました。

「威風堂々」はアニメ「あたしんち」のEDになっています。すでにその映像しか頭に浮かびません。西武田無駅周辺を主人公一家が踊りながら歩いていくんです。歌詞と共にインパクトのある映像でした。
Posted by 銕三郎 at 2007年06月04日 22:45
>威風堂々

ラグビーでも流れます。イングランドの応援で。
Posted by Luna at 2007年06月04日 22:52
こんにちわ。
Punkなんて完全に人工的に仕掛けられた流行ですね。で、仕掛け人本人達の考えもしなかった形に肥大していってしまいましたね。はい、勿論私もその波に呑み込まれていましたけど(笑)。

私が順位を付けると(1)ジャム→(同率2位/笑)クラッシュ、ストラングラーズ→(4)ダムドで(問題外のCandy Pop Band)ピストルズ、って感じでした。
あの頃は元気の良い新人バンドの90%はPunkって名の元で紹介されていたから音楽性も何も無かったですね。実際、どんな音楽のスタイルがPunkかなんて基準は存在しませんから「Punk!」って言ったもん勝ちですよね〜(笑)。
Posted by falso at 2007年06月07日 12:24
●麒麟さん
せっかくの1ゲット、放置プレイで失礼しました。数々のコメント内登場人物のことを躍起になって調べておりました(ウソ)。なるほど、有名な日本人のヴァイオリニストってこんなにいるんですね。僕はこの中ではハカセ君しか知りませんでした。それも、名前を知っていただけです。功刀氏も含め、関西出身の人が多いですね。そのうち機会を見つけて聴いてみたいです。

いろいろ調べていた中では、高嶋ち●子さんのウィキでの記述が面白かったです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%B6%8B%E3%81%A1%E3%81%95%E5%AD%90

 あだ名は「悪魔」。留学中は日本の知り合いがいないにもかかわらず、「デビル」とあだ名がついた

この界隈にもそういう人がいますね。

ジャケいいでしょ。


●Lunaさん
>イングランドのサポーターが歌うやつですか?
わかりませんけど、きっとそうなんでしょうね。僕はあまりサッカーを観ないのです。

>お天気マークだ!
これは正式なイギリスの天気予報のマークなんですか?

>晴れか雨か曇りかなんて大して気にしませんでした
これは常に引きこもっていたか、運転手付きのリムジンに乗って出かけていた方の発言でしょう。どちらですか?


●きんぎょさん
>CookDo!のCM
CMのディレクターがイングランドのファンだったのでしょうか。思わぬところでパブロフの犬になっていますね。


●クロムさん
連呼した甲斐がありました。ようこそ。実はこのアルバムを聴きはじめたとき、一番最初に思ったのが、「これクロムさん好みじゃないかな」ってことだったんですよ。聴き進むにつれてちょっと自信がなくなってきましたけど、それでもあちこちに出てくるギターのフレーズはスチュワート・アダムソンを彷彿とさせますし、一聴の価値はあると思いますよ。ジャケもいいですよね。

5大パンクバンド、そう来ますか(笑)。てっきりあのメイクのデイヴ・ヴァニアンがクロムさん好みかと誤った予想をしていました。ピストルズをカラオケ用に練習されているのは存じておりました。そこまでパンクな再利用をされて、ジョニー・ロットンも本望でしょう。

ええ、ジャムなんてどう聴いても他のパンクバンドと違った音なんですけど、とにかく5つ集めたかったんでしょうね。今こうして30年経った地点から見てみたら、その5組の中で今でも現役できちんと活動しているのは、ストラングラーズとポール・ウェラーだけですもんね。強引な括りをした甲斐があったというものでしょう。

>バイオリンCD
気長にお待ちください。

>北海道のラジオ局でもパワープレイ
おお、「北は北海道から南は○○まで」というフレーズを地でいってますね。ところであの曲はお好きですか?


●銕三郎さん
いえ、ハリケーンが目撃されたのは今のところ銕さんとササミさんのところだけです。貴重なので大事にしてください。

>アニメ「あたしんち」のEDになっています
色んなものになっていますね。人気曲なんですね。それにしてもEDって何でしょう。いくら知恵を絞っても、精神的やら何やらでちょっと困ったことになる症状のことしか思い当たりません。

>歌詞と共に
歌詞まであるんですね。いやー、今度このあたりの人たちとカラオケ行ってみたいな。クロムさんはセックス・ピストルズ。銕さんはEDの歌。ならば僕はキダ・タロー・メドレーにしましょうかね。


●Lunaさん再び
>ラグビーでも流れます
今度は自信満々ですね。サッカーもラグビーも同じ曲とは。今度テレビでイングランド戦があったときは気をつけて観てみます。


●falsoさん
>人工的に仕掛けられた流行
そうですね、その後のピストルズ再結成とか、一番祭り上げられていたはずのジョン・ライドンが一番パンクから程遠い無様な姿をさらしていたのがまた侘しかったです。

順位、僕とほぼ一緒ですね。まあ、ピストルズは僕にとっては良質のパワーポップバンドですけどね。嫌いではないですよ。あれがあったからこそ後にグリーン・デイも出てきたし、フォール・アウト・ボーイも出てくる土壌ができたかと思うと、感慨深いものがあります。

>言ったもん勝ち
そうですね、そういう意味では、さっき名前を挙げたグリーン・デイとか、あるいはハードコア・パンクの連中よりは、ポップ・グループとかディス・ヒートとかの方により(オリジナルな意味での)パンクを感じます。もしかしてご存知ないバンドばかりを挙げていたらごめんなさい(笑)
Posted by yas at 2007年06月08日 18:17
こんにちわ。

今はPunkとかNew Waveとかが音楽のカテゴリーになっているので、後聴きの人と私達の様なのとは受け取る感覚が随分違うかもしれませんね。そんな気がしませんか?
多分私個人がPunkとかNew Waveに惹かれたのは音楽のジャンルじゃなかったからだと思います。ヒッピー・カルチャーに乗り遅れた悔しさなのかも(笑)。


↓これなんか素敵かも。聴きたくなっちゃう?(笑)欲しい?持ってるよ(笑)。

http://falso.blog18.fc2.com/blog-entry-262.html

Posted by falso at 2007年06月08日 19:21
●falsoさん
こんにちは。そうですね、かつてジョー・ストラマーが「パンクとはアティチュードだ」と言ったこともなかったことにされているかのように、所謂「パンク・ロック」が再生産(拡大再生産ですらない)されているのは如何なものかと思います。別にそれをいつも嘆き悲しんでいるという訳ではないのですが(笑)

10枚組ですか…(苦笑)。今はどう考えてもこれを聴きとおせる時間がないので、せっかくのお話ですが、ご遠慮させていただきます。それにしても、よくこれだけ中庸バンド(いい意味でも悪い意味でも)ばかり集めたものですね(笑)

Posted by yas at 2007年06月09日 13:39
>ところであの曲はお好きですか?
ラジオでかかったとき、「おお、なかなかイイ曲じゃない!どこかで聴いたことがあるような錯覚に陥る親しみやすいメロディーだわ〜!」って思ったのですが、曲名を聴いてハタと気付きました。実際にyascdで聴いたことあった曲じゃん(笑)。
Posted by クロム at 2007年06月09日 15:30
>クロムさん
やっぱり聴いた事があるような気がしましたよね! 私も同じように思いましたー。009のコメ欄で書いてます(笑)

お天気マークが気になります。日本では雨は傘マークのことが多いですが、このジャケのマークは雲+雨つぶ。雲あっての雷、雲あっての雨という考え方なのでしょうか。この推理が正しければ、雪の場合日本では大抵雪だるまですけど、イギリスでは雲+雪の結晶のような気が致します。実際はどうなのでしょうね。
Posted by カブ子 at 2007年06月09日 17:23
●クロムさん
わははー。これ大爆笑です!僕もリオ・ライザーで同じ目に合わないように、しっかり聴き込んでおきます。


●カブ子さん
>同じように思いましたー
いや、クロムさんのケースは特殊だと思いますよ(笑)

>実際はどうなのでしょうかね
訊かれたら調べずにはおれない検索猿人です。ルナさんが未だ沈黙を貫いておられるので(まだ質問して丸一日しか経っていませんが)自分でBBCのサイトに行って調べてきました。このジャケに載っているお天気マークは、BBCで使われているものと同じですね。

でも、残念ながらこの季節に雪が降っている場所を探すのは非常に困難なため(なんかとんでもなく北の方にあるLerwickとかいうところまでチェックしたのですが)、カブ子さんの質問の答はわからず仕舞いです。これには、ルナさんやミニー、その他英国在住経験のある方に答えてもらうことにしましょう。
Posted by yas at 2007年06月09日 19:34
カブ子ちゃん、鋭い!
あたりです。

http://www.bbc.co.uk/weather/bbcweather/features/symbols.shtml

Posted by Luna at 2007年06月09日 20:09
>カブ子さん
パクリ上手な人たちなのかもしれませんね。私は全然元ネタわかりませんけど。
Posted by クロム at 2007年06月09日 21:50
●Lunaさん
あ、すごい。僕その記号一覧ページが探せなかったんですよ。どうもありがとうございます。


●クロムさん
元ネタがあるとしたら、なんとなくクロムさんの守備範囲である60年代〜70年代っぽい感じじゃないですか?
初期のエルトン・ジョンぽいメロディーの組み立て方だな、とは思いました。
Posted by yas at 2007年06月10日 09:14
>お天気マーク
日本とは全然違いますねー。日本の場合、雲と太陽がセットになっていると「ときどき」や「のち」なのに、イギリスでは日中か夜かを表すんですね。それと雨を降らす雲とそうでない雲の種類まである。イギリスの天候は曇りが多いので雲が主役なのでしょーか? それに比べて傘とか雪だるまとか雷神とか、イメージで表す日本のマークって感覚的だと思いました。ああ、他の国も気になってきた・・。

>The View
うーん、この名前どこかでみたような・・。
Posted by カブ子 at 2007年06月11日 01:04
わはー!クロムさんてカラオケでピストルズ歌うんですか〜?聴きたいっ。
(いまさら感のある反応ですみません。出遅れていました)

>威風堂々
三谷ドラマ「合い言葉は勇気」でもテーマになっていましたね。
銕三郎さんのEDは“エンディング”ってこと?私はあれを歌いながら踊れます。幼稚園の謝恩会でやりましたから。最後のジャンプをキメるのが難しいんですよ。

>高嶋さん
wikiみましたー!ウケた。いいお友達になれそうな気がします。
Posted by ひそそか at 2007年06月11日 11:50
●カブ子さん
見事な分析ですね。では他の国代表としてNZの天気予報サイトをどうぞ。あんまり面白くありませんが。「スキー場情報」が載っているのがミソでしょうか。
http://www.metservice.co.nz/default/index.php

>うーん、この名前どこかでみたような・・
これはあれですよ、カブ子さんがパンドラで聴いた、スクイーズの曲をカバーしていたバンドです。なんで僕はそんなことがわかるのでしょう。


●ひそそかさん
>聴きたいっ
僕もです。では今度は札幌でオフ会しますか。クロムさんが参加してくれるかどうかわかりませんが。

>威風堂々
まだありましたか。すごい普及率ですね。

>高嶋さん
ひそそかさんのこういうリストが見てみたいです。カブ子さん、作ってください。
Posted by yas at 2007年06月13日 18:02
にゃははは!にゃははは!
カブちゃんたらまた言ってる〜!

うん○の名前だってー!うん○の名前はうん○に決まってるじゃん!
Posted by ひそそか@小学生男子 at 2007年06月13日 18:36
●ひそそか@小学生男子さん
心の底から嬉しそうですね…
Posted by yas at 2007年06月13日 18:48
7月2日(月)のZepp Tokyoでのくるりとの共演イベントと、7月3日(火)の単独ライブ、両方のチケットが無事取れました!

このサイト↓の下の方をご参照あれ。
http://doops.jp/2007/06/the_holloways.html

あとは、このかわいいジャケットのCDを買って、予習をしまくるだけです。久しぶりのライブ、楽しみ。それにしても、youtubeで何曲か聴いてみて思ったのですが、yasさんはうちの好みをよくわかっていらっしゃいますねぇ。
yasさんも来られるとよかったですね。先に生で聴いちゃいますよ。フフフ。
Posted by neko at 2007年06月17日 20:27
●nekoさん
くやしー!ムキーッ(にんじんさん風)
いいなあ、二日間も行くんですね。初日はくるりとの共演ですか。4組も出るんですね。行きたい行きたい。
これで、ようやく“5月12日「橋を渡りました」”の次の記事が読めるんですね(笑)。楽しみにしていますよ。
Posted by yas at 2007年06月18日 17:59
はい、買いに行きたいです。
どこのお店でしょう?レコード屋さんなんて、さっぱり知らなかったりするんですが…。
Posted by neko at 2007年06月18日 23:32
●nekoさん
別途ご連絡しました。玉さんが行かれるまで残ってればいいんですが…
Posted by yas at 2007年06月19日 19:34
私も別途お返事してしまったのですが、こちらにも(笑)。
一緒に買いに行ってきました。しっかりありましたよ!
クラップユアハンズのセカンドもゲットして参りました。

今、ホロウェイズ聴いてまーす。アルバムいいですね。
ますますライブが楽しみになってきました。
Posted by neko at 2007年06月19日 22:15
●nekoさん
新譜CDを格安で手に入れる快感を味わっていただけたでしょうか。それが病みつきになって、東京に住んでいたときは週に何度も渋谷に通っていたものです。

クラップ・ユア・ハンズのセカンドは僕はまだちゃんと聴きこめていないんですが(最初聴いてファーストよりよくないと思ってしまったもので)きちんと聴きなおしてみますね。ホロウェイズ、いいでしょう。ライヴでは暴れてきてくださいね(笑)

Posted by yas at 2007年06月20日 18:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック