2007年05月26日

究極のパッケージ Shearwater 「Palo Santo Expanded Edition」

3月13日の「懐かしい不安感」記事に書いた、シアウォーター「Palo Santo」の2枚組再発盤を手に入れた。ほんとはその記事に追記してもよかったんだけど、今月はあんまり記事を上げてないんで、数稼ぎのために新記事として書くことにしよう。

Palo Santo Expanded Edition.jpg Shearwater 「Palo Santo Expanded Edition」

その記事にも書いたが、これはオリジナルの「Palo Santo」全11曲中5曲を新たに録音し直し、更に追加の8曲を2枚目のディスクに収めた2枚組。ジャケットも全く新しいものに差し替えられている。

オリジナルと新録の1枚目を何度か聴き比べているのだが、全体的な印象は先の記事に書いたものからそう変わらないように思える。というかむしろ、これぐらいの差をつけるために何故あえて録り直す必要があったんだろうと思ってしまう程度の差でしかない。もちろん作った当人達は新録の方がいいと思ったからこそ差し替えたわけなんだろうけど、例えば僕が前の記事に「どこか不思議な異国で奏でられている音楽みたい」と書いた「Red Sea, Black Sea」は、僕はオリジナルバージョンの素朴な仕上げの方によりその異国感を感じる。

期待の2枚目は、8曲中4曲がオリジナルに入っている曲の再録。つまり、その4曲に関しては、オリジナル、再発盤1枚目、再発盤2枚目の三通りのバージョンが存在することになる。うーん、なんなんだろう、この歯切れの悪さは。もちろん、それらの三度目のバージョンが悪いと言ってるわけではない。オリジナルや再発盤1枚目のバージョンとの微妙な違いを聴き比べる面白さはある。ここに収められた「Red Sea, Black Sea」の、オリジナルとはまた違った素朴さも捨てがたいし。

更に、2枚目の8曲中2曲は、ひとつがギターのフィードバック音で構成されたような、もうひとつはまるで中期ピンク・フロイドのアルバムに入っていてもおかしくないようなラジオの音などのSE入りの幻想的な、どちらも至ってアヴァンギャルドなインスト曲。それはそれで僕には面白いんだけど、これはあまり一般向けではないよな。

あらかじめオリジナル版を聴いていれば、それとの違いを楽しむことができるアルバムだと思う。でも、今やもう廃盤になってしまったオリジナルを聴かずにいきなりこの2枚組から入る人にとっては、やけに焦点の絞れていない2枚組なんじゃないだろうか。準メジャーのマタドールレコードと契約して、心機一転これをリリースしたのはわかるのだが、どうしてこんな奇妙な形態にしたんだろう。

先の記事を読んでこのアルバムを聴いてみたいと思った人にはまずオリジナル版をお勧めしたいのだが、案の定既に廃盤となったそれは、例えばアマゾンのマーケットプレイスではUS$24.99と、この2枚組再発盤の倍以上の値段がつけられている。これはきっと、この先もっとプレミアつくぞ。


とまあここまで、いまいち煮え切らない批判じみた文章を書いてきたわけだけど、もちろんわざわざこんな批判をするためにこの記事を上げようと思ったわけじゃない。

今回の再発盤は、CDとLPのそれぞれ2枚組として発売されている。で、僕が今回手に入れたのはLPの方だ。店頭で現物を見ることができたCDも、丁寧な作りの紙箱に入ったすぐれものだったんだけど、今回はこのLPを選んで本当によかった。

まずこれは、180グラムの重量盤。僕は職業柄それなりにまともな音の出るオーディオシステムを持っているつもりなんだけど、取り立ててオーディオマニアというわけではない。だからこういう高音質レコードを買うのも実は今回が初めてだった。まだホコリ一つついていないその盤をターンテーブルに乗せてみると、本当に芯のしっかりした、重心が低く、且つきめ細かな音像が現れた。ああ、これはアナログマニアの気持ちがよくわかるよ。

そして、今回LPを買おうと思った一番の理由は、CDには収められていない2枚目9曲目のボーナストラック「Lilacs」。ベイビー・ディー(Baby Dee)という僕はよく知らないアーティストのカバーらしいけど、おそらくジョナサン・メイバーグ自身による透徹なピアノに乗せた、素晴らしく繊細な曲。この曲がラストに収録されているだけで、このちょっと焦点が絞れていない感のある2枚目が随分引き締まったように思える。ああ、こないだのピアノ特集CDを作る前にこれを聴いてたらなあ。

更に、僕が一番驚いて感心したのが、このLPのジャケットに貼られていた小さなステッカーと封入されていた紙の切れ端(本当にハサミで適当に切ったような紙切れ)。なんと、その紙に印刷されているコードナンバーをマタドールレコードのサイトに登録すると、このアルバム全曲のNon-DRM、256kbpsのMP3音源がダウンロードできるということだ。

僕がいまだにタイトルによってはLPを買っている理由は、(1)ジャケットが大きくて嬉しい、(2)CDがずっと昔にプレスされたバージョンしか存在しなくてやたらと音が悪い、(3)そもそもCD化されていない、など。でもやっぱり、車で聴いたり自分で編集CD-Rを作ったりするんで、CDの方が便利なことが多いんだよね。で、ものによっては既にLPで持ってるのにまたCDで同じタイトルを買ったりしている。無駄遣いだし場所も食うけどしょうがない。

そんな僕みたいなリスナーにとって、この形態はまさに究極のパッケージだ。180グラムの高音質盤で、スピーカーに対峙して聴きたいときはじっくり浸ることができ、同時にダウンロードした音源を自動車やMP3プレイヤーなどで気軽に聞くこともできる。Non-DRM音源なので、編集CD-Rを作るのにも支障はない。しかも、CDバージョンには入っていない「Lilacs」までもダウンロードできるんだから、これを知ったときには目からウロコが落ちるようだった。でかした、マタドール。

このLPはCDバージョンよりも若干値段が高いんだけど、これだけの利点を考えたら完璧にLPの方がお買い得(レコードプレイヤーを持っていなければしょうがないけど)。惜しむらくは、マタドールの通販サイトからはアメリカとカナダにしか発送しないこと。アマゾンでもこのLPバージョンは扱ってないし、今日本在住の人がこれをどうやって手に入れればいいのかは、僕にはちょっとわからない。僕はいつもの近所のレコ屋で、かなり上乗せされた価格で手に入れたんだけど、そんなのは何の問題でもないよ。僕は普段買いのCDは数百円をケチるけど、こういうのにはいくら金を出しても惜しくないと思ってるからね。



<2008年1月20日追記>

マサさんの記事に触発されて、この紙箱入りCDが未開封1260円で出ていたのを見て、つい買ってしまった。その店にはしばらく前からそれが置いてあったのは知ってて、これまで何度もスルーしてたのに(もう同じものを何枚も買うのはやめようと決めたのに)。

ところで、このCDにはその店が作った紹介文のコピーが貼ってあったんだけど、それには、「異国の音楽のような」とか「US版『千と千尋の神隠し』」とか、まるで僕がこのアルバムをこのブログで最初に紹介したときに書いたようなことが書かれていて、ちょっと笑ってしまった。

さて、このせっかくの未開封箱、しばらく開けずに置いとこうかな。中が見たければ、マサさんのブログに行けば隅から隅まで見られることだし。


posted by . at 19:50| Comment(14) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アナログはどうしても場所を取るし、iPodで聴くことも多いので、買わないようにしてるんですけど、最近、CD化されていないあるピアニストの作品がどうしても聴きたくて久しぶりに買ってみました。
しかも、3枚も。(笑)
でも、手に取ると感触が懐かしいし、あのジャケットの大きさはやっぱり良いなあとしみじみ思いました。

>Non-DRM、256kbpsのMP3音源がダウンロードできる

このマタドール方式はなかなか気が利いてますね。
ジェイソン・モリーナという人のアルバムは、アナログのみなんですが、最初からCDも付属しているという、不思議な形態でした。
Posted by piouhgd at 2007年05月26日 23:45
レコードプレーヤーを欲しがっていたら、先月知り合いが買ってくれました。先日は、欲しかったピーラーとプリンカップを姉が買ってくれました。欲しいものは「欲しい」と口にすると、何でも手に入りそうな気がしている今日この頃です。

またシから始まるシアウォーターですか! まだシーフードとシャーウッドとシャーベットとシューマッハの違いもわからないのに・・・。さらに混乱中です。

このトリのジャケ、たぶんパンドラで見ました。だからきっと何曲か聴いた事あるはず! 前のシアウォーターの紹介記事を見てステーション作ってみたんです。結構気に入ってました。でも今はアクセス制限がかかっててパンドラ開けないんですよ。残念。

>Non-DRM、256kbpsのMP3音源がダウンロードできる
これはイイですね! 大賛成! 部屋でじっくり聴くのはレコード、持ち歩くのはデータ。アナログとデジタルのいいとこ取りですね。

>180グラムの高音質盤
へぇ〜、そんなのがあるんですね。分厚いんですか?

>(1)ジャケットが大きくて嬉しい、
持ってる(見慣れている)CDのアナログ盤を発見した時、大きくてびっくりしました。逆にアナログを見慣れた人にとっては、CDの大きさは物足りないんでしょうね。
Posted by カブ子 at 2007年05月27日 06:16
追加曲だけじゃ買わないよって人に向けて、「新録」という言葉で惑わす商魂か、あるいはハタから見ると大して変わらないような細部に「違う!」とこだわる頑固人間なのか・・・後者なら私の好きなタイプです。

ホコリ一つついていないレコードって気持ちいいだろうなあ。我が家のレコードはどれも静電気でゴミつきまくりだもの。それを取る作業が面倒なのがレコ離れの一因です。

マタドールいいですね〜。かつてレイルロード・ジャークが所属していたレーベルですからね。(←マイフィールド)
Posted by クロム at 2007年05月27日 16:51
オリジナルの方がいいのか。
いや、聴き比べるののも面白いって。
再発盤も捨てがたいって…

わかんなくなってきた。どっちよ?

自分には面白いけど、一般向きじゃないって?
自分が持ってるオリジナル盤は高くなるって?
ちょっと優越感に浸ってる?


やっと本題か。ふ〜っ。
最後の2段落でやっと言いたいことわかった。
この再発盤は、
重量盤のレコード聴けて、アルバム全曲のNon-DRM、256kbpsのMP3音源がダウンロードできて、編集CD-Rを作るのにも支障はない、
ものである。
それだけ揃っていたら、好きなアーティストだったら、CDより高くても買うよね。納得。

結論先に言えって、一瞬思ったけど、それではブログを楽しむ意味ありません。だから言いません(笑)
そんな形態で売っているレコードがあるなんて知らなかった。面白いです。



変なトラックバックがついてます…
Posted by Luna at 2007年05月29日 08:24
>普段買いのCDは数百円をケチるけど
普段履きのサンダルとか、普段使いの食器とゆうのは聞いたことがありますが、CDを買うのにも、普段とそうでないのとがあるんですね?
知りませんでした!考えたこともありませんでした!サスガやと感心しました!
Posted by 青グリン at 2007年05月29日 10:51
●piouhgdさん
ご無沙汰です。僕も特にアナログ信仰があるわけじゃないんですけど、たまにこうして買ってみると、やっぱりいいなと思ってしまいます。面倒なのでなかなか聴かないのはわかってるんですけど。

>ジェイソン・モリーナ
しばらく前にマグノリアの新譜をCDで買いましたけど、もしかするとあれもその形態で出ていたんでしょうか。あのぼわーっとした味のあるジャケもLPサイズで持っていたいなと思いました。


●カブ子さん
人に貢がせる人生を送っていますね。うらやましい限りです。「またシで始まるシアウォーターですか!」って、この人たちはもう一回出てきたじゃないですか。

パンドラは、残念ですよね。今日もトライしてみましたが、「貴方はニュージーランドにいるでしょう」って言われましたよ。なんでもお見通しですね。悪いことはできないものです。って、悪いことをした覚えはありませんが。

>これはイイですね!
カブ子さんも、プレイヤー購入記念に是非一枚どうですか?東京なら、どこかに行けばきっと買えるはずですよ。なんなら、どこに売ってるか突き止めましょうか?

>分厚いんですか?
はい、結構分厚いですよ。両手で持っても通常のLPみたいにペナペナと湾曲しないところが頼もしいです。

>CDの大きさは物足りないんでしょうね
昔CDが出てきた頃に、こんなオモチャみたいな偽物ジャケ、絶対好きになれない!と思っていたのに、いつの間にかそれが自分の中でも標準になってしまっていました。でもこうしてたまにLPを手に取ると、いかに普段の自分が間違っているかに気付かされます。


●クロムさん
>後者なら私の好きなタイプです
もちろんそうでしょう、頑固同盟会長殿。

レコード、そうなんですよね。ホコリ取りが面倒でつい億劫になってしまうんですよ。でも、週末の夜にちょっとゆっくり時間が取れて、アルコールかコーヒーでもちびちびやりながら気持ちをほぐすのには、やはりアナログですね。はっ、アナログ信仰者のようなことを書いてしまった…

>レイルロード・ジャーク
クロムさんにしては珍しく、最近のバンドじゃないですか。90年代ですけど(笑)。このブログにいらっしゃっている他の方々とは正反対のベクトルのマイフィールド、笑わせていただきました(笑)


●Lunaさん
なんか今日はおかん返上で先生みたいですよ。そう、最初の二段落で、いまいち煮え切らなかった僕の気持ちを表現したことをわかっていただけたでしょうか。まあ、優越感にも浸ってますけどね(笑)

>CDより高くても買うよね
さすがルナさん、わかってるなあ。値段じゃないんですよね、こういうのって。

>そんな形態で売っているレコードがあるなんて知らなかった
是非Kさんにも、ファンクラブを通じて、ニューアルバムはこれで出すように働きかけてください。

>変なトラックバックがついてます
そうですね。どの単語に惹かれて来たんでしょうね。


●青グリンさん
普段車の中や手近なステレオやウォークマンに落として聴くのは普段聴きのCD。きちんとしたオーディオセットに向かってじっくり聴くものとはやっぱり別です。そのために、特に好きなものは同じものが家にレコードもCDもスーパーオーディオCDもあったりします。あとカセットも。
Posted by yas at 2007年05月29日 19:07
実は麒麟さんのところでインコに対しての罪を思い出した伏線には、ここのジャケットがあったのじゃった。

これは、インコですかね?それともフクロウですか?
Posted by minira at 2007年05月30日 06:29
●miniraさん
これなんでしょね。フクロウじゃないのは確かです。インコ?オウムかな?僕は鳥の名前には弱いのです。あ、キウイならわかりますよ。あと、ウェカ。

麒麟さんとこの話は、そんな壮大な伏線が張ってあったんですね。自分で伏線を張っておいてスルーするどこかの(以下略)
Posted by yas at 2007年05月30日 18:11
インコとオウムはどう違うんでしょうか...
そんなことをずっと考えていると、不思議な異国に吸い込まれていくような気がします。ということでこのジェケットは正解!ですね。
Posted by minira at 2007年06月01日 20:51
●miniraさん
僕は特に読解力に優れているわけではわかりませんが、わかりましたよ。僕よりも、このブログのわけのわからない話を毎回根気強く読んでコメントを入れてくださる読者の方々の方がよっぽど読解力に優れていると思います。

小さいのがインコで大きいのがオウムじゃないんですか?
Posted by yas at 2007年06月03日 19:17
「追記しました」が用件なんで、特にコメントないんですけど、コメント部は必須入力項目にしてしまったので何か書きますね。もういいですか。ではそういうことで。
Posted by yas@追記しました at 2008年01月20日 23:28
>US版『千と千尋の神隠し』
そう思って聴いてみたら確かにシアウォーターに雰囲気が似ていました。今きみどりがハマっている『千と千尋の神隠し』、ほぼ毎日観ているんですよ。電車に乗る長いシーンにかかる曲もいい感じ。迷い込むシーンとはちょっと趣の違う不安感です。

マサさんのブログ、ほんとに隅から隅までわかるように紹介されていますね。紙の材質や感触まで!答え合わせをするように、私も眺めてしまいました。

ええっ!?開けないんですか?!
Posted by カブ子 at 2008年01月22日 05:32
こんばんは。記事が追記されているのに今頃気付きました…ちょっと乗り遅れてしまいましたが…。

yasさん、CDも買われたんですね。駄目ですよ。開封して隅から隅まで手にとって眺めないと!!(笑)私の場合開封して一通り眺めた後に再びシュリンクに入れて(途中でジャケットの角でさらに破けてしまったりするけれど…)収納して時折引っ張り出しては眺めてにやける…なんてことを繰り返しています。

カブ子さん、どうもはじめまして。ブログ観ててくださってありがとうございます。材質や感触まで伝わっていますか!?そう言って頂けるとたくさん写真撮った甲斐があります。エスカレートしない程度にまたいろんな作品を紹介して行こうと思っています。
Posted by マサ at 2008年01月24日 00:27
●カブ子さん
ろくに映画も観返さずに自分のイメージと記憶だけで書きましたが、似ていると言われてほっとしました。僕もあの映画は大好きなので、きみどり君とは趣味が合いそうです。今度一緒に映画を観に行きましょうと伝えておいてください。

それにしても、そんなにいろんな場面でいろんな不安な音楽が流れていたとは。引越し片付けが落ち着いたらまたDVDを観てみます。気に入ったらサントラ盤でも買いに行きます。

なんと、マサさんの写真で紙の材質や感触までわかりますか。さすがプロ。

まだ開けてません。


●マサさん
追記した時点でそちらにTBでも貼りに行こうかと思ったんですが、この程度の文章で差し出がましいかと思い直し、控えめにアピールしておきました。ところでトラックバックは貼るものでしょうか?張るものでしょうか?

マサさんはシュリンクラップを取ってあるんですか?さすがに僕はそこまではちょっと。聴こうと思ったときにシュリンクに入ってると取り出すのに余計に時間がかかりますよね。もたもたしてる間にそのCDを聴きたい気持ちが薄れてしまいそうで(どんなに移り気なんだか)。

『Palo Santo』、まだ開けてませんが、そのうち気が変わって開けるかもしれません。でもその前に、日本に帰ってきてこの2ヶ月で買ってまだ未開封なのが山ほどあるんですよ。まずそれを聴いてからにします。とか言ってるうちにまた土曜日が巡ってきました。今日も新たに買ってしまうことでしょう。いつになったら『Palo Santo』を開封できることやら。

Posted by yas at 2008年01月26日 09:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。