2015年09月27日

Gareth Dickson live in Tokyo

DSC00189.JPG

以前この近くに住んでいたことがあるので懐かしい思いをしながら歩いてたどり着いたんだけど、砧公園というのは本当にどこの駅からもちょっとした距離があるよね。前日までの雨がやっと止んだのは幸いだったけど、会場の世田谷美術館に着くころにはちょっとシャワーでも浴びたいほど汗をかいてしまっていた。

前日にはなかったガレスの『The Dance』という2010年発売のインストアルバムが数枚物販に置いてあったので、なくなってしまう前にゲット。なにしろ前日に、そこそこの枚数があったヴァシュティ・バニヤンのLP数種が開場直後にまたたく間に売り切れてしまったのを目撃しているからね。案の定、この日も開演時刻の14時になる前に『The Dance』はもう売り切れてしまっていた。

リハーサルがちょっと押しているという話だったけど、なんとか定刻の14時にドアが開いた。いい整理番号だったから好きな席を選べたけど、なんだかやけにステージから客席までの距離が遠い会場だな。ゴーティ基準で言うと、ステージからトイレぐらいまでの距離があるんじゃないか(ゴーティに行く人にしかわからない単位)。

オープニングアクトはmoskitooという背の高い日本人女性。「5曲聴いてください」と言って始めたけど、抽象的なインスタレーションに時折ウィスパーヴォイスを乗せながら延々と続く音像は、どこでどう4回途切れたのかよくわからなかった。

ガレスが登場したのは、15時20分ぐらいだったかな。さっきのmoskitooのときもそうだったけど、演奏が始まるときに一瞬会場が完全に真っ暗闇になってしまうのがちょっとびっくりする。そして、前日の品川教会同様に演者のすぐ前にある暖かい色の電球と、前日ほど豪華ではないものの、ステージ上のスポットライトをうまく組み合わせた照明がガレスの演奏に色を添える。

簡単な挨拶の後、何も言わずに弾き始めたのはライヴ盤『Invisible String』のラストを飾っていた(そのアルバムタイトルを歌詞に持つ)「Amber Sky」。続いては、同じアルバムの1曲目だった「This Is The Kiss」と、そこまでは曲順を覚えてるけど、あとはちょっと自信がない。

前日に品川教会で一曲だけ披露されたあの雰囲気をそのまま持ってきた感じ。深いリバーブのかかったギターの音に、クルーナーヴォイスといってもいいぐらいのガレスの声。どちらの手の指もそんなにせわしく動いてるわけではないのに、すごく細かいテクニカルなフレーズが次々に出てくる。最前列(といっても5メートルぐらい距離があるけど)から観ていても、いったいどの弦を弾いてひとつひとつの音を奏でているのかよくわからない。

歌うとき以上にボソボソと、かなりグラスゴー訛りの強い喋り方をするガレスだから、僕も何を言ってるのかわからないことが多々あったし、一体会場にいた人たちはどれだけ内容を理解していたんだろうと思う。ガレスも自分で「僕がなにを言ってるかわからないだろう」とか「曲の合間にもっとストーリーを話せばいいんだろうけど、思いつかないしどうせ理解できないだろうから」とかいやに自虐的に喋ってたね。きっと、英語圏ですらあちこちで何言ってるかわからないって言われるんだろうね。

「カバーを演るよ、ジョイ・ディヴィジョンの」と言ったときにちょっと会場がざわっとなり、「でもLove Will Tear Us Apartじゃないよ」と牽制してから弾き始めたのは「Atmosphere」だった。これはよかった。ニック・ドレイクのカバーもそうだけど、よく似せてあるのにしっかりと自分のバージョンにしているところがすごいよね、この人。

今制作中だというニューアルバム用の新曲を3曲ほど披露。これがまた、どれもいい曲だった。曲名なんて一切紹介しないし、歌詞もよく聞き取れないから、タイトルはどれもわからないけど、2曲目、3曲目などはまるで極限まで手の込んだ硝子細工を音に変換したものを見ているような気持ちで聴いていた。

それにしても、演奏中に写真を撮りたくなる気持ちはわかるけど(僕も撮っていたけど)、こんなに静かな音楽の最中に携帯のシャッター音や電子音をカシャカシャピコピコ鳴らすのは止めてほしいよ。写真撮るならもうちょっと音がならない工夫してくれないかな。会場にはプロのカメラマンが二人入っていたけど、どちらも演奏中はシャッター音を鳴らさないようにしてくれていたよね。素晴らしいライヴだったけど、それだけが気になった。

本編ラストは何だっけな。イントロのメロディーが「さくら」に似た「Technology」だったかな。とにかく「時間を計ってないからわからないけど、たぶんあと1曲で終わりだと思う」と言って演奏し、挨拶をして出て行ったと思ったら、ほぼ間髪入れずに戻って来てアンコール。「拍手が鳴り止むといけないから」と笑わせる。アンコールは、前日にも演ったヴァシュティ・バニヤンもお気に入りの「Two Trains」。

アンコール込みで1時間ちょっとの短いライヴだったけど、しっかり堪能させてもらった。終わって電気が点いて、ドアを開けたらまだ明るい夕方だったのがすごく違和感があったほど、どこか別世界に連れていかれていたかのような1時間だった。

サイン会が始まる前にアルとヴァシュティに挨拶をしていた僕のところ(というかヴァシュティたちのところ)に来たガレスと少し話す。今度はジョイ・ディヴィジョンのカバーアルバム作ってみれば?と言ったら、「他ににあんまり知らないからなあ。次のアルバムには“ジョイ・ディヴィジョンのカバーは入ってません”って書いておかなくちゃ」なんて言ってた。

ライヴ盤にサインをもらい、ガレスに「また次のアルバムのツアーのときに会おう」と言って、昔住んでいた懐かしい界隈を(またも汗だくになりながら)歩いて帰路についた。

DSC00201.JPG
posted by . at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック