2015年06月28日

Matt The Electrician & Tim Easton live in Kamakura (Part 2)

ツアー最終日。もう二週間も前の話になるし、つい昨日は同じ場所で別のライヴを観てきたばかりだから、思い出せることをとっとと書いてしまおう。結論を先に述べると、演奏内容も選曲的にも、僕にとってはこの日が圧倒的によかった。マットとティムにリクエストした曲を演ってもらえたというのもあるけど、それ以外にも実は聴きたかったという曲が次々に演奏されて、かなりの満足度だった。

DSC01581.JPG

さて、前日の終盤に某常連ファンのYさんにリクエストされたマットの「Accidental Thief」でこの日は開幕。ティムの曲を挟んでのマット2曲目は、いつもなら僕がリクエストしていたとしてもおかしくない「I Will Do The Breathing」。マットの繊細なアルペジオとティムのギターとの絡みがまた素晴らしい。

一方のティムは、「Sitting On Top Of The World」、「Deep River Blues」と、ドク・ワトソンのカバーを連発。今回のお土産CDのタイトルも彼の名をもじった『Dark Watson』だし、もしかしたらこれまでもずっとそうだったのかもしれないけど、なんかティム今はドク・ワトソンづいてるのかな。

「ティムが自分のヒーローの曲を演るなら、僕も」と言って、マットは(もちろん)ポール・サイモンの「Duncan」を。ほんとにこの人、ポール・サイモン好きだね。前日もこの日も、こうやって相手が演奏した曲にひっかけて、同じテーマで自分の次の曲を決めるなんてことがときどきあった。

「クモの曲を歌うよ」と言ってみて、前列のお客さんから「それって雲か蜘蛛のこと?」と訊かれてとまどうマット。「ああ間違えた。歌いだしを聞いてみれば、雲か蜘蛛か熊かどれかの歌だってわかるよ」と照れながら言って始めたのは「The Bear」という新曲だった。終演後にマットに聞いてみたら、9月ごろにリリース予定の7インチシングルに入る曲だそうだ(もう片面の曲は別の日に演奏したらしい)。

「今までアナログなんて出したこともないのに、シングル盤なんて珍しいね」と言うと、なんでも計画では二か月ごとぐらいに7インチを6枚ぐらい出そうとしているそうな。それが全部完了したら、全部の曲を1枚のCDにまとめるかも、なんてことも言ってたな。これはまた楽しみな企画。

前半ではほかにマットが「The Kids」とか「Loma Prieta」(カリフォルニアに住んでたときの地震の経験を書いた曲って言ってたかな)とか、ティムだと「Next To You」とか「Burgundy Red」とか、もうとにかくこの前半は僕が聴いてみたいなと思っていた曲がぴったりはまる。特に前半パートのラストだった「Burgundy Red」は、さすがの盛り上がりだった。マットのカホンもバシバシとすごい音だったよ。

前半が終わって途中休憩に入るときに、僕の横をすり抜けながらティムが「Get Some Lonesomeはセカンドセットでやるよ!」と、忘れてないぞアピール。たぶん隣にいたNさんがリクエストしたとおぼしき「Festival Songもね」とも言ってた。ありがとうね、覚えててくれて。

「今回のは比較的長いツアーだったから、もう今日で終わりだと思うとちょっと感傷的になるよ」とティム。「だから僕らは二人とも黒い服を着ているんだ。特に僕のはウディ・ガスリーだし」と笑わせる。マットのTシャツのデザインはよく見えなかったけど、近くでよく見たらスーパートランプのコンサートチケット柄だ。休憩時間中に「ファンなの? Breakfast In America演ってよ」と冗談で言うと、冗談じゃないといった表情で即座に「ノー」。

DSC01582.JPG

マットの後半1曲目は、僕が前日にリクエストしていた「Lost」だった。ライヴで聴くのはこれが初めて。地味だけどいい曲だよね、これ。マットの2曲目「Only For You」に続いて、「淋しい曲パートか、じゃあこれだ」と言って、ティムは「Get Some Lonesome」を。二年越しでようやく聴けたよ。これも名曲。

途中で1曲、マットの曲で全然わからなかったのがあって、終演後に本人に訊くのを忘れてたけど、FBでメッセージを送って教えてもらったら、ケヴィン・ウェルチという人の「Working」という曲だった。相変わらずマイナーな曲カバーするね。いい曲だったかどうかは、忘れた(笑

僕が座っていたところからは反対側で、冒頭に書いたYさんが自分のタブレットに曲名を出してティムにちらちらと見せている。ちゃんと声に出してリクエストすればいいのに(笑) それを見てティムが、「次はFestival Songを演ろうと思ってたけど、そっちにしよう」と「Maid Of The Mist」を。

終盤、マットが「たしかあと1曲、リクエストされたのがあったはずだ」と言うから、もうこっちはそれだけで前回の悪夢(笑)が蘇ってきてドキドキする。「僕の曲はほとんど実話に基づいてるんだけど、この曲だけは全部のディテールに至るまでほんとのことだ」と説明をしながら弾きはじめたそれはもちろん「For Angela」。頼むから歌詞忘れないでよ。

途中やっぱり一か所歌詞が頭から飛んでしまったところがあって(だって、歌ってる途中で必ず余計なセリフ入れたりするんだから)一旦途中まで戻って歌い直し、なんてことを数回やって、ようやく軌道に戻った。そんな感じでヨロヨロと歌い進めたものだから、あの一番盛り上がる「天使が僕の目の前にあらわれて」という歌詞もなんかさらっと流されてしまって、ちょっとだけ残念。

そして、本編ラストはお待ちかねの「Festival Song」。そういえば前回名古屋でティムを観たときのラスト2曲が「Burgundy Red」と「Festival Song」だったな。この日はその名曲2曲が、それぞれ前半と後半のラストだった。曲の途中で、観客に腕を上げて左右に振るように指示するティム。照れ笑いしながら腕を振る観客。そしたら、「あの窓の外で腕組みしてる奴が腕を振るまでは止めないぞ」と、表から観ていた松本さんをティムがからかう。しょうがなく小さく腕を振る松本さん。

「楽屋に引っ込んだと思ってくれ」と、後ろを向いて隠れるフリをする二人。そしてすぐに、バンジョレレを簡単にチューニングして(一弦ずつ弾きながら「だいたい合ってる」「これもだいたい合ってる」と、ギターに比べると実に適当な合わせかただったな)、あの印象的なイントロのフレーズを聴けば一発でわかる、「Train」。最後は声が続く限り引っ張って終了。

さあ、ティムはこの最後にどれだけ盛り上がる曲を演ってくれるのか、と思ってたら、「みんなが無事に帰れますように」みたいなことを言って、しめやかに「Don't Walk Alone」でエンディング。そのあと、もうこれで最後だからと、元々はティムの持ち歌だったけど、今回のツアー初日で二人で演ってみたらやけにしっくりきたので、毎晩少しずつ違うバージョンで演奏しているというフリーディ・ジョンソンの「Tucumcari」をこの日もオーラスに持ってきて、ようやく終了。

DSC01584.JPG
DSC01587.JPG

マットの『Animal Boy』のCDとティムの『Special 20』のLPにそれぞれサインをもらう。ティムは必ずあのギターのイラストを描いてくれるね。

DSC01589.JPG

そして、このアルバムを持っている人は多かれ少なかれ疑問に思っていたんじゃないかな。イーストン・スタガー・フィリップスの『Resolution Road』。ティムとリロイ・スタガーとイヴァン・フィリップスの声って、なんか区別付きづらいんだよね。僕はこのアルバムを入手したあと、イヴァンのアルバムを2枚ほど買ったほど彼のことも気に入ったんだけど、それでもこのアルバムで、誰がどの曲でリードヴォーカルを取っているのかいまいちよくわかっていなかった。そこで、本人に訊いてみたというわけ。そしたら、それぞれの曲名の横に歌い手の名前を書いてくれて、頼んでもいないのに下にサインまでしてくれた(ギターの絵はなし)。

前日で懲りているから、名残惜しいけど22時22分発の電車に乗るために、みんなと一緒にゴーティを後にした。マットはなんだかまたすぐに来るよみたいなこと言ってたね。そのときは秋に出るシングル盤をちゃんと持ってきてね。まあ、ほっといてもゴーティには入荷するんだろうけど。
posted by . at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック