2007年03月17日

伝統芸能伝承の瞬間 The Slits live in Auckland

僕は今回初めて訪れる、オークランドでは老舗のパブ兼ライヴハウス、キングス・アームズ。一応8時半開場、9時開演となっていたが、例によって始まる時間なんて適当なんだろうなとは思いつつ、何かつまみながらビールでも飲んで待ってようと思って、8時ちょっと前に会場へ。

ビールとチリビーンズパイを頼んだところで、サウンドチェックの時間だから一旦パブを閉めるんで隣のパブに移動してくれとのアナウンス。え?僕これ頼んだばかりで、パイ熱くてまだ一口も食べてないんだけど…

「チケットは持ってる?」「うん」「じゃ居ていいよ」
とのことで、またしても関係者でもないのにサウンドチェックからゆっくりと観させてもらった。残念ながら、肝心のスリッツは出てこなくて、前座のバンドだけだったんだけどね。でも今回の前座の2バンド、結構よかったな。CD出てるか調べてみよう。


案の定、メインアクトのスリッツが登場したのは既に11時前。バラバラとステージに出てきた高校生ぐらいの女の子たちを見て、一瞬また別のバンドが演るのかと思ったけど、今のスリッツはオリジナルメンバーのうちアリ・アップとテッサ・ポリットが、新たに4名のメンバーを加えての再結成。新メンバーって、こんなに若い人たちだったんだ。

The Slits

ステージ後ろにドラムのアナが座っている他は、5人のメンバーが横一列にずらっと並ぶ。左からギターのノウ、バックボーカルのホリー、ボーカルのアリ、ベースのテッサ、ギターのアデル。僕はアデルの真正面、もちろん一番前でステージにもたれかかって楽ちんな好位置。

オープニングはスペイシーなダブ・サウンドを響かせる「Newtown」、続いてレゲエ・ナンバー「Man Next Door」、そしてミドル・テンポの「FM」と、79年のファーストアルバム『Cut』とそれ前後の曲を次々に披露。

アリの自由自在に素っ頓狂なボーカルは、ファーストアルバムから30年近く経っても全然変わってない。見かけこそあれから30年だけど(それでも確か彼女まだ40代中盤のはず?)声はまったく昔のままだ。すごく楽しそうに歌う人だなあ。客のこともガンガン乗せるし。

演奏中にアリが他のメンバーにしょっちゅうちょっかいをかけていたのが愉快。なんだか、寡黙にベースを弾いているテッサが教頭先生で、アリが口数の多い金八先生風の学年主任、他の4人が女子高の生徒って感じ。

学年主任のすぐ隣で、かつてのアリがやっていたような原始人風コーラス(?)とか、アメリカンインディアン(今はネイティヴアメリカンっていうのか)みたいに口に手を当てて「アワワワワ」ってのとか、一所懸命先生の見習いをしていますっていう風なのがホリー・クック。頭に髪の毛を丸めたお団子みたいなのが沢山ついてる。すぐ疲れるのか、しょっちゅう床にぺたんと正座してしまうのがおかしかった。

Hollie

ドラムのアナと左端のギター、ノウが優等生っぽく微笑みながら演奏していたのに対して、右側のギター、アデルは終始ニコリともせずに黙々とギターを弾き、コーラスを入れていたのが印象的。なんだか教室の隅で「こんな授業つまんね」って顔しながらクールに振舞ってる女の子みたい。でもたまに学年主任が廻ってきて「ちゃんとやってる?」みたいなことを言ったらニコッとしてたのが可愛い。そういえば彼女、6曲目が終わったところで「おしっこ」って言って退場しちゃったんだ。そういうところもなんだか学校ぽかったな。

Adele

僕がCDで持っている初期のライヴと違って、かなり達者な演奏。とはいってもスリッツだからそんなにテクニカルなことをやってる訳じゃないんだけど、パンクっぽいタテノリの曲から転調して急にレゲエのリズムになったり(あるいはその逆)、ミキシングに頼らず人力ダブをやったり(アリのダブ風ボーカル、上手!)、稚拙なふりしてとても安定感のある、楽しく踊れる演奏だった。メンバー紹介の際にアリがテッサのことを「こんなに上手くレゲエを弾ける女性ベーシストは他にいない」って言ってたけど、それもあながち間違ってないと思う。

Cutそう、アリがステージで何度も言っていたとおり、彼女らの音楽を一言で言うと、「パンキー・レゲエ」。「ニュー・ウェーヴの名盤」として紹介されることの多いファーストアルバム「Cut」で、スリッツとプロデューサーのデニス・ボーヴェルが作り上げたサウンド。まあ、このアルバムは「さあ、名盤を聴くぞ」と張り切って聴きだすと最初は肩すかしを食らうこと間違いなしなんだけどね。でも、聴けば聴くほど馴染んでくるいいアルバム。僕は79年にリアルタイムでこのアルバムを知ったわけじゃないんだけど、当時この泥んこ原始人ヌードジャケはかなりショッキングだったろうね。バンド名もスラングで「割れ目」だし。今流通しているCDには、マーヴィン・ゲイの「I Heard It Through The Grapevine」の全然ソウルフルじゃないのが痛快なカバーと、アルバム収録曲「Love Und Romance」をデニス・ボーヴェルが極限までグシャグシャにしたダブバージョン「Liebe And Romanze」がボーナストラックとして収録されている。なかなか充実したボートラなので、それを聴きたい人はCDを、それよりこのジャケを大きな画像で見たい人は中古LPを探して(笑)

コンサートの話に戻ろう。中盤で二度ほど余興があって、クイズに正解したらレコードがもらえるというもの(一問目のはなんだかよくわからないレゲエのアルバム、二問目のはアリが変名でジャマイカで出したレゲエのシングルだった)。僕は一問目はわかったんだけど、残念ながら学年主任があてたのは他の生徒だった。

上の写真を見てもわかるようにアリは銀色のぴったりしたミニスカートをはいていたんだけど、途中でそれがきついとか言い出して、別のミニスカートをビニール袋から取り出した。今度はこの人がトイレ休憩なのかなと思ったら、なんとその場でスカート脱いではき替えちゃった! まあ、どちらのスカートもお尻の長さぐらいしかないんで、動き回ってるときはもともとお尻丸見えだったし、終始くねくねとセクシーダンス(?)してたし、別に着替えを見られるぐらいはなんともないのかな、さすが元泥んこ原始人だなあと、妙に納得(笑)

途中に、去年25年振りに発表したEPからの曲を挟み、コンサート本編は10曲ほどで終了。アンコールで演った代表曲「Typical Girls」が終わったのは、もう1時前だった。曲数は少なかったけど、賞品付きクイズとか「おばさんに訊いてみよう」のコーナー(笑)とか、トイレ休憩(笑)とか、いろいろあったからな。楽しいコンサートだった。

そのEP「Revenge Of The Killer Slits」には、新生スリッツのメンバー以外に、セックス・ピストルズのポール・クックやアダム&ジ・アンツのマルコ・ピローニが参加していたり、クラッシュのミック・ジョーンズの娘ローレン・ジョーンズが入っていたりする。だいたいが新生スリッツのホリー・クックはポール・クックの娘だし、まるでこのEPは、オリジナルパンク世代とその娘世代が一堂に会したパーティーの記録のよう。

そう思えば、昨日のライヴのときに感じた、この新生スリッツは学校みたいという感想もあながち的外れでもないのかも。70年代にオリジナル・パンクスだったアリやテッサが、その頃の自分達ぐらいの年齢の子供達を集めて、いまやパンク・クラシックとなった「Typical Girls」などの曲を伝承している。なんだか伝統芸能みたいだ。冒頭、「もう二度と観られないかも」なんて書いたけど、もしかしたら10年後に僕が観るスリッツのステージで歌っているのはホリーなのかもね(いや、僕がまだライヴ行けるほど元気なら、僕よりほんの少しだけ年上のアリが引退してる訳もないか)。

30年使い込まれて貫禄のついたテッサのベースギターを見ながら、そんなことを思った夜だった。

Ragged Musicman

16 March 2007 at Kings Arms, Auckland, New Zealand


posted by . at 12:23| Comment(14) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結局のところは絶対に行くと思ってましたよ(笑)。
スリッツのCDは持っていたと思いますが、何せ10年以上聴いていないので音の方は脳の奥底に沈殿し、「やんちゃな感じ」というイメージしか残ってませんが、そのイメージすら間違っているかもしれません。
普段から地下鉄の中でも平気で着替えしてそうなアリさんのキャラが光ってますね。
アダム・アントファンの私としては、彼の片腕マルコ・ピローニの名前に一番ブルっときました。
Posted by クロム at 2007年03月17日 13:15
>ビールとチリビーンズパイ
これ持ったまま、パブから追い出されたらかわいそう(笑)言ってみるもんですね。

チリビーンズパイって、ニュージーランドのパブでは一般的なメニューなんですか?ハフハフしそうで、猫舌には辛い食べ物のようですね。

ごめん、ライブの様子までたどりつけません。
また後ほど。
Posted by Luna at 2007年03月17日 18:59
●クロムさん
>地下鉄の中でも平気で着替え
まったく違和感なさそうです。女子高生が電車の中で化粧するのとはケタが違いますね。

>マルコ・ピローニ
もちろん、クロムさんのことを釣るためにあえて書きました。これでスリッツの新しいEP、ちょっと聴いてみたくなりましたか?これもHMVの「厳選」ですから、今なら900円弱で買えますよ。とりあえず、10年寝かせてある今お持ちのCDを聴いて、どんな感じか思い出してみてくださいね。発掘するのは大変でしょうが。


●Lunaさん
>言ってみるもんですね
そうですね。しかも昨日は霧雨。僕はリハ観ながらギネス飲んでのんびり開演を待てましたが、8時よりちょっとでも遅れて来た他の客は皆雨に濡れながら外で並んでましたからね。ちょっとした特権階級きどりでしたよ。

>一般的なメニューなんですか?
えーと、よく知りません。昨日は「何か食べれるものある?」って訊いたらそれしかないと言われたんで。旨かったですよ。今度パブ行ったらまた頼んでしまいそう。

今回珍しくご自分でもHNを省略されていますね。心境の変化でしょうか。
Posted by yas at 2007年03月17日 19:43
「そりゃないよ。さっき注文したばかりなんだよ。このパイ熱くてまだ食べてないんだよ」

眉を八の字にして上目遣いに訴える無邪気な兄ィの様子が目に浮かぶようです。
お店の人も
「あーあ、じゃあしょうがないかな。チケット持ってるならそこでフーフーしながらパイ食べて待ってな」
ってな感じだったのでしょうか。ほのぼの。

私の友達は自分の結婚式で、白無垢から色打ち掛けへのお色直しをステージ上でショーとしてやってのけました。
ミニスカートを着替えたくだりで、ちょっと思い出しただけです。
Posted by ひそそか at 2007年03月20日 14:07
●ひそそかさん
前回リクエストされたのに冒頭に物語を書かなかったから、ひそそかさんが代わってほのぼの話を作ってくれましたね。上目遣いってところがミソでしょうか。今度ひそそかさんに何かお願いするときにはそれを忘れないようにしますね。

>白無垢から色打ち掛けへのお色直し
まさかステージの上で全部脱ぎ捨てたわけじゃないですよね。どうやって着替えたのか不思議です。プールの時みたいにバスタオルを巻いたんでしょうか。
Posted by yas at 2007年03月21日 14:20
ホリー・クックちゃんかわいいですね。髪の毛お団子にしたシャーロット・チャーチみたいに見えます。
Posted by minira at 2007年03月24日 04:39
●miniraさん
本当は、お団子というよりは、小さなロールパンがいっぱいくっついたように見えました。あんなに髪の毛をひっつめて痛くないのでしょうか。
Posted by yas at 2007年03月24日 18:45
なんだか痛そうだし、抜けちゃいそうですね。私は薄毛なので、そういう髪型やりたくないですぅ。
Posted by minira at 2007年03月25日 01:07
●miniraさん
昔インドネシアに住んでいた頃の話です。バリのクタビーチに群生している三つ編みおばさんに、きっちりひっつめた三つ編みをしてもらった知人は、それが気に入ってバリから戻った後もしばらくそのままにしておいたところ、ある日三つ編みが根元からボロッと抜けてしまったそうです。

痛そう…。髪の毛が抜ける話などしたくもありません。

Posted by yas at 2007年03月25日 15:28
ご無沙汰中の私が来ましたよ〜う。
兄やん、どれ見てもゲンキにいっぱい書いていますね!頼もしいじょ!
私もチリビーンズパイに激しく反応しますた。
起きてからまだナニも食べていないからでーす!
パイはないから、ホリーちゃんの頭みたいなロールパン買って来ます。
アマゾネスな雰囲気の3人娘のジャケ、かっこいー。ひそ・かえ・カブ3姉妹でこれやってほしー。
三つ編がぽろっととれた人気の毒。イヤ、あんなことして、とれたらどーすんだい、と人事ながら気をもんでいたので、やはり私の不安が的中したのでしたっ!
天然のアフロなら軽くて大丈夫なんでしょうけど、直毛で重い毛質の人はキケンそうでしゅ! 
Posted by 青グリン at 2007年04月07日 09:35
●青グリンさん
お久し振りです。お忙しくされていたんですね。議長のご機嫌はいかがでしょうか。
昨日は無事ロールパンを買ってこられましたか?前の日に買っておけばいいのにと思いましたが、もしかしたら前の日に買ってしまうと、グリンさんなら夜食として食べてしまうんですね。

>3姉妹でこれやってほしー
そんなこと言わずにグリンさんも是非(これってセクハラ発言?)

そうか、三つ編み、毛質によって違うんですね。天然のアフロの人は髪の毛自体が軽いんですか。それはちょっと目からウロコです。
Posted by yas at 2007年04月08日 06:28
ジジはまあまあゲンキですよ!
アマゾネス、私もやるんですね、いーですよ!
兄やんも、バレエの王子様タイツはいてくだサイ!みんなで迷惑行為しましょう!
途中で疲れて正座する見習いふうの子、カワイイですね。
これを読んで、なんとなく、私このバンド好きかも知れないカンジしました。

Posted by 青グリン at 2007年04月08日 07:21
アマゾネス4姉妹の若草物語。で、yas兄は白タイツ王子なんですね。

ふっふっふ。

ファンキー!ですねー。

で、演奏曲目は何ですか?
Posted by minira at 2007年04月09日 17:53
●miniraさん
>アマゾネス4姉妹
なにを言ってるんですか。コメント欄でこの件に言及した人は強制参加です。これで5姉妹になりましたね。白タイツ、miniraさんのイワン様の足元にも及びませんが、がんばりますよ(何を?)

演奏曲目は、やはりキーシン様でしょうか(それは演奏者であって曲目ではないですね。クラシックには疎いのです)
Posted by yas at 2007年04月10日 19:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。