2007年03月10日

精神的高校生にお勧め My Chemical Romance 「The Black Parade」

最近はこのブログタイトルに反してメジャーなものばかり取り上げてしまって、自分でもなんだかなあと思ってるんだけど、今日もまたそういうやつ。こないだ近所の安売りスーパーで買って以来、僕のヘビーローテーションになってるこのアルバム。

The Black Parade
マイ・ケミカル・ロマンス 「The Black Parade」

ピンク・フロイドの「In The Flesh?」の伴奏にデイヴィッド・ボウイの「Five Years」を歌っているような「The End」で幕を開けるこのアルバムは、今例に挙げた2曲を1曲目に持つ『The Wall』と『Ziggy Stardust』がそうであるように、コンセプトアルバムという形になっている。かつてはコンセプトアルバムというとプログレ・バンドの常套手段だったけど、グリーン・デイの『American Idiot』といい、最近はこの手のバンドがコンセプトアルバムを出すのが流行ってるのかな。

毎年1月にオークランドで行われている野外フェス「Big Day Out」の、今年のトリがこのバンドだった。僕はそれには行かなかったんだけど、行って来た同年代の友人に「マイ・ケミカル・ロマンスどうだった?」と訊くと、「いや、あれはいいよう」と答えた(「良いよう」でなく、伝染るんですのカエル君が照れて言う例の台詞を思い出してください。って、そんなの知ってる人の方が少ないか)。

まあ、そういうバンドだ。え?わからない?じゃあ、このビデオを観てもらえば話が早いかな。

http://www.youtube.com/watch?v=-QgKGsufg6k

この大仰な雰囲気から、その時どんなライヴをしたのかは容易に想像がつく。20年も30年もロックを聴いてきている僕らの世代から見ると、さっき冒頭の曲を説明したように、これは○○のパクリだな、とか、この曲は△△と××を組み合わせた感じ、とか思えてしまって仕方がない。だからきっと、僕らの世代のリスナーはそこでこのバンドを切り捨ててしまうのが普通なんだろう。

でも例えばこの最初のシングルカット「Welcome To The Black Parade」、曲の構成といい、ブライアン・メイ風の音色を持つドラマチックなギターソロといい、まるでクイーンの「Bohemian Rhapsody」だ。強いて言えば、そこから例のコミカルな「ガリレオ、ガリレオ」の部分を除いて、パンク風のアレンジを加えながら、アッパー系のドラッグをガンガン注入して5分間に凝縮した感じ?そりゃ、格好いいに決まってるよ。

他にも、エアロスミス風の伴奏に乗せてスコーピオンズのクラウス・マイネのように朗々と歌い上げる曲とか、ちょっとグラムロック風に始まったかと思うと、メンバー全員でわーっとユニゾンのコーラスに入る、まるでボン・ジョヴィのような曲(そういえばこいつら同郷だな)とか、元ネタを探せばいくらでも例が挙げられる。

「Mama」という曲はそのタイトルと歌詞からしてピンク・フロイドの「Mother」を元にしているのかなと思っていたら、同じ『The Wall』中の「The Trial」のようなオペラ調だった。うんうん、コンセプトアルバムだね。あ、その曲にゲスト・ボーカルとして参加してるのはライザ・ミネリだ。ここにもちらっとクイーンの影が。

僕が中学や高校の頃は、学生バンドが練習する曲といえば、基本のディープ・パープル「Smoke On The Water」に始まって、マイケル・シェンカー・グループとかホワイトスネイクとかが定番だったんだけど、きっと今の高校生はこれをしゃかりきに練習してるんだろうね。だって、さっきからやたらと引用している70-80年代の有名バンドの格好いいところばかりを合成しているようなもんだから。

コンセプトアルバムとか言いながら大したことを歌ってるわけじゃないのも、大人から見たらご愛嬌。まあ、70年代のハードロックだって、ちゃんと歌詞を読んだらろくなこと歌ってたわけでもないし、だからこそ王様が茶化したディープ・パープル他の和訳がギャグとして成り立った訳で。

前作と聞き比べてみると、格段の進歩だ。まあ、前作までのヘビーさがなくなったことで文句を言っている昔からのファンもいるようだけど。音だけでなく、前作と今作それぞれの裏ジャケに載っているボーカルのジェラルド君の容貌の変化

過去 現在

最初に今作の裏ジャケ見たとき、てっきりメンバーチェンジしたのかと思ったよ。まるで覚醒して41号になった鉄雄、ぐらいに顔つきが違うし。

まあ、音の変化も、髪の毛の色やメイクやユニフォームの変化も、すべて周到に考えられたマーケティングの結果なんだろうし、そんな作られたバンドの音なんて聴きたくないという人の気持ちはよくわかるけれど、僕の中に根強く残っている高校生の部分がこの音に強く惹かれてしまうんだから、しょうがない。

実年齢はともかく、中学の卒業式ってついこないだだったような気がしているような人(ボケ老人かよ)もきっとこれを気に入ってくれると思うな。


posted by . at 11:11| Comment(15) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Ziggy Stardust
これがなんだか知りませんが、ZIGGYという単語に反応しました。私が高校生の頃、同級生がこぞってコピーしていたのがZIGGYの「GLORIA」だったんです。うーん、懐かしいなあ。
はい、かえで@永遠の女子高生です。お呼びでしょうか?

ということでこのバンドのことは分からないので、PV見てきました。
これはいいよう!
もちろんかえるくんが自らの幼少時代からおたまじゃくし期を排除するための「あれはいいよう」ではなく、とっても気に入ったという意味です。
(伝染るんですは大学時代に流行ってました)
このメロディはおっしゃるとおり、高校時代を引きずっている私には琴線ぽんぽろりんです。yasさんとは世代が違うはずなんだけど、おかしいな。

で、この映像にコンセプトがあるんですね。
私が思ったのは死に行く者とは周りの健康な者を圧倒するような強いパワーを持っているのだということ。決して彼らに支配されているわけではない(病室を消し去る映像より)。そして「死」とは命を「奪われる」のではなく、精一杯生きたことへの賞として「与えられる」ことなのではないかと思いました(黒いメダルを貰うシーンより)。なので自殺とかは順番抜かしの反則行為なんですよね。

変調の元気よさ、
ドラムの絶え間なさ、
carry onのコーラス加減、
私の好みにことごとく合致します。
が、

この衣装、ハロウィンで骸骨の扮装するときのアレですよね?ジェラルド君の銀髪、似合っていると思うのですがこの衣装のせいでコント風に見えます。

中学の卒業式、ああそうだ!写真の焼き増ししなきゃ!もちろんつい最近のことです。
Posted by かえで at 2007年03月10日 22:08
あ、「Welcome To The Black Parade」、何度かラジオで耳にしました。
最近の人達だったんですね。あたしゃ70-80-90年代ロックをリアルタイムで聴かなかったので、昔のロックも今のロックも聞き分けられませーん。先入観なく聴けちゃうのはいいんだかわるいんだか。でも70年代の音って、ちっとも古臭さを感じませんね。私がちびっ子の頃に、もうこんなかっこいいことやってたんだと感心することが多々あります。
それにしてもケミカルさん達、こんな格好だったとは。揃いの衣装ってハズカシイなぁ(笑)。

そだ、王様。今何やってるのか気になってHPを見てみたら、まだ変わらずにやってたんですね。 すごい。今でも手書きの王様新聞書いてたりしてて。ちょっと応援したくなりました。最新のアルバムはヴィレッジ・ピープルの直訳カバー「村人伝説」らしいです。
Posted by カブ子 at 2007年03月11日 16:19
また知らない人たちなので、脇ネタでの反応で失礼します。
「Ziggy Stardust」は持ってないですが、本作のモデルとなったLegendary Stardust Cowboyの国内編集盤を只今注文中です。
Posted by クロム at 2007年03月11日 18:04
●かえでさん
久々の長文コメント、ありがとうございます。しばらくクックー日記も休載中ですが、最近はお忙しくされているのでしょうか。

日本のZIGGYは、もちろんその名前をこの「Ziggy Stardust」から拝借しました。デイヴィッド・ボウイの72年の名作です。そういえば、BOOWYというバンドもありましたね。デイヴィッド・ボウイ、偉大です。

伝染るんですのかえるくんは、言われてみればひらがなでしたね。自分で書いていてどうも違うなと思っていました。あれ?僕も伝染るんですは大学の頃に読みましたよ?本当はかえでさんと年代が同じなのかな?おかしいな。

この映像をそういう風に見られましたか。作った本人達にそこまでの意識があったかどうかはともかくとして、このご意見には感服しました。そう思いながらもう一度このビデオを観てみると、今までと違った深みを持って観れてしまいます。さすがかえでさんですね。

この音、気に入られましたか。それはよかったです。これも調理中に聴くと、かなりの量の塩コショウをぶちまけてしまいそうなので、くれぐれもご注意くださいね。

>コント風
はい、僕もそう思います。さすがの高校生バンドもここまでコピーしたいとは思わないでしょう。

>写真の焼き増し
そうそう、僕もネガ探さなくっちゃ(笑)


●カブ子さん
あ、やっぱり日本でも流行ってるんですね。でもこれがちっとも古臭さを感じさせないのは、これが70年代風の曲調でありながら、00年代風にアレンジしてあるからだと思いますよ。

>揃いの衣装ってハズカシイ
僕もそう思いますけど、いつかフルメンバーでの大阪オフ会に花子さんが持って来てくださる揃いの衣装は恥ずかしげもなく着るつもりですよ。

>王様
そうですか。まだがんばっておられるんですね。今さら方向転換するわけにもいかず、大変でしょう。

それにしても、ヴィレッジ・ピープルとはなんという偶然。つい先日うちのコメント欄で仄かに盛り上がったばかりだというのに。
Posted by yas at 2007年03月11日 18:07
●クロムさん
あ、僕が長文レスしている間になにやらまたマニアックなコメントを入れられましたね(笑)

それにしても、「Ziggy Stardust」をお持ちでないばかりか、僕が記事の冒頭に「最近はメジャーなのばかり取り上げてしまって」と書いているものをことごとくご存知でないとは(笑)。田んぼのあぜ道まっしぐらですね。僕もこの週末でちょっとマイナーなのを買い込んできたので、これからしばらくはあぜ道特集を続けようかと思っています。
Posted by yas at 2007年03月11日 18:15
こんにちわ。
英国のBandは、コンセプチャルなアルバムが多い気がします。


>ついこないだだったような気がしているような人(ボケ老人かよ)

昨日の事さえ定かでは無い私は・・・・・・。
Posted by falso at 2007年03月12日 20:02
この人たちは知らないけど、ダークネス(知ってる?イギリスのバンドだけど)を聴いたとき、yasさんがここで書いているような印象持ちました。

中学の卒業式?
生まれてなかった子、手え〜挙げて〜
Posted by LoonyLuna at 2007年03月14日 17:22
●falsoさん
こんにちは。揚げ足を取るつもりはないのですが、このバンド、アメリカ出身なんですよ。でも、記事に書いたように明らかにイギリスのバンドから影響を受けていますし、発音までわざとイギリス風にしているようにも聞こえます。

>昨日の事さえ
まだそこまでではないでしょう(笑)


●LoonyLunaさん
ダークネスは知ってます。そうですね、あの人たちも半分ギャグかと思うほどに昔のロックをなぞっていますね。ちなみに僕がいつも行く中古CD屋では、アーティスト区分をA、B、C、D、ダークネス、E…、という風にすればいいと思うぐらいに、彼らの2枚のCDが有り余っています。

僕は手挙げませんよ、怖いから(笑)

>折り返し地点
もう20回ですか!すごいですね。きっともう麒麟さんを大きく引き離しましたね。でも後発のきんぎょさんがずるして(笑)40回聴かずにもう全曲感想書いてしまいましたよ。
Posted by yas at 2007年03月14日 19:04
カフカフの中を歩くパンダメイクがコワイですよう。
ジェラルド君、サリフ・ケイタのようなアルビノかと思って見ていたら、違ったんですね。記事の最後で謎解きをしてくれてありがとうございます。

中学時代ははるか彼方ですし、去年の同窓会では約半数の男子の頭髪が寂しくなっていました。残念ながら音的には私の琴線には触れなかったわ・・・。おそらく高校を卒業するまでこまめに録音テープを手渡してくれる男子と無縁だったせいでしょう。くすんくすん。
yasさんみたいにたくさんの音のアーカイヴを記憶の中に保有している人なら、きっと面白いのでしょうね。

かえるくんの「あれはいいよう」で
>まあ、そういうバンドだ。
って言われたって!(笑)
わかるわけないじゃないですかあ。
Posted by ひそそか at 2007年03月15日 09:34
ずるしたとは心外だなぁ(笑)刷り込まれて鼻歌が出るまで聞き込んだのに。ちっせー

デイヴィッド・ボウイさん、手広いですよね。
私がまともに聞いたことがあるのは「let’sDANCE」ぐらいだと思いますが映画もいろいろ出てますしね。
インタビュー・ウィズ・バンパイアが映画化されたときに、当初主演予定だった人からトム・クルーズに変更になったとき、「デイヴィッド・ボウイにしとけばいいのに」と思ってました。
Posted by きんぎょ at 2007年03月15日 12:33
こんにちわ。
>このバンド、アメリカ出身なんですよ。
>かつてはコンセプトアルバムというとプログレ・バンドの常套手段だったけど、

最近の音楽をあまり聴いていないので確かな事は言えませんが、英国とか米国とかその他色々とか、聴いても中々わからない気がします。

コンセプト・アルバムって言われてThe WhoとかThe Kinksが頭に浮かびました。
その頃は、英国では、あっちもこっちもそこらじゅうコンセプト・アルバムだった気がしたもので。


>>昨日の事さえ
>まだそこまでではないでしょう(笑)

いや、まじヤバイっす(涙+笑)。
Posted by falso at 2007年03月15日 13:07
●ひそそかさん
これはお好みではなかったですか。残念。しかもかえるくんもご存知なかったとは。それは僕と年齢がかなり離れているようですね(笑)

パンダメイク、逆に可笑しくないですか?


●きんぎょさん
それは大変失礼なことを申しました(笑)。この部分、「鼻血が出るまで」と読んでしまいました。なにもそこまで…と。今も頭の中ではちっせーが流れていますか?

この日本の2バンドの件では、デイヴィッド・ボウイは特に自分から手を広げたわけではないと思いますよ(笑)。もしかしたら裏で特許料とか貰ってるかもしれませんが。
映画、いろいろ出てますよね。僕も高校の頃好きだったんで(「Let's Dance」の頃です)あれこれ観ましたよ。リアルタイムで観たのは「戦メリ」かな。
「インタビュー・ウィズ・バンパイア」、当初の主演予定は誰だったんでしょうか。


●falsoさん
>英国と米国
そうですね。昔ほどくっきりと音の差があるわけでもないようですね。これだけ世界中の音楽が好きなだけ聴けて、どこの国の音楽からでも影響を受けていれば、きっとそうなるのが自然なんでしょうね。でも、アメリカ人の作ったコンセプトアルバムというのは、昔も今も珍しいのではないでしょうか。
Posted by yas at 2007年03月15日 18:04
たしか、ダニエル・ディ・ルイスだったはず。
ヴァンパイアって頬がこけていて欲しいですよね。
トム・クルーズも最初は原作者にこき下ろされていたのに、がんばって役作りして最後には原作者に「ごめんなさい」いわせたんだから、いいんですけどね。
Posted by きんぎょ at 2007年03月15日 20:04
お久しぶりです。記事はよく読まず、かえる君に反応させていただきます。
みかは…ちゅ、
中学生でした☆(あ!ぼこらないで!あ!)
しいたけは知ってますか?中学生嫌いの。
王様は今月、近所のライブハウスに出るようです。
Posted by みか at 2007年03月16日 01:22
●きんぎょさん
確かにイメージから言えばダニエル・デイ・ルイスの方がヴァンパイアですよね。変更になったのはどっち側の理由だったんでしょう。ブログ主からの質問コーナーになってますね。すみません、自分で調べますね。原作者「ごめんなさい」騒動も一緒に。


●みかさん
お久し振りです。みかさんのことは伝染るんですネタで釣れるんですね。覚えておきます。中学生だって構いませんよ。あの頃、違う世代で違う場所にいたのに、同じものに反応してたってのがなんだか面白いですよね。今回知り合ったきっかけも同じようなもんですけど。しいたけ、もちろん知ってますよ。人相悪いですよね、あいつ。

王様のライブ、行ってレポートしてくださいよう。
Posted by yas at 2007年03月17日 19:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。