2007年03月01日

そそるジャケ特集 第二回 Peter Saville

レコードやCDのジャケットを中心にデザインしているアーティストは何人もいるけれど、そのジャケに包まれた肝心の音楽性に関係なく、その人がデザインしたジャケットのレコードだからという理由で買ってもらえるような人も中にはいる。ピンク・フロイドやレッド・ゼッペリンのジャケット・デザインで有名なヒプノシスなどはその代表格だろう。彼ら(ヒプノシスはデザイナーグループの名)の作ったジャケットを集めた本や雑誌も数多く存在し、もちろん僕もそういうのを一冊持っていて、暇さえあればそれを眺めている。それを見ていて思ったのだが、特にヒプノシス・コレクターでもない僕でさえ、多分彼らのデザインしたLPやCDを数十枚という単位で持っているんじゃないだろうか。もちろんその中には、デザインに惹かれて買ったものもあるはずだ。

ただ、ヒプノシスの優れたデザインセンスはもちろん認めるけれど、僕にとっては一世代前の人たちというイメージも拭いきれない。僕には別に、その人がデザインしたからというだけの理由でCDやレコードを買ってしまう(安く手に入れば、という理由も必要だけど)人がいる。それがピーター・サヴィル。

ファクトリー・レコードの創設メンバーの一人であり、初期ファクトリーの主要レコードの大部分は彼がデザインしている(ファクトリーの主要アーティストのひとつ、ドゥルティ・コラムのレコードは何故か彼のデザインではないのだが)。だから、一般的にはピーター・サヴィルのデザインといえば、ジョイ・ディヴィジョンやニュー・オーダーのレコードを連想する人が殆どではないだろうか(このブログを定期的に読んでくださっている方々に限定すると、何も連想しない人が殆どだとは思うけれど・笑)。

今日はこのタイトルだけど、第一回のように妙にそそる面白ジャケを集めたものでなく、僕の持っているピーター・サヴィルがデザインしたレコードやCDの特集。とはいえ、持っているものをチェックしてみたら、出てくる出てくる、それこそ数十枚という単位になってしまったし、ニュー・オーダーのジャケばかりをずらっと並べるだけになってしまうので、ここでは、ジャケも好きだし中身もいい、という10枚(10種)を選んでみた。ここから先はあんまり能書きは垂れないで、ジャケ写と簡単な説明だけにするよ。ではどうぞ。


まずは、彼の代表作であり、僕も多分このジャケが一番好きだと思うこれから。

Unknown Pleasures CD Unknown Pleasures LP
ジョイ・ディヴィジョン 「Unknown Pleasures」

今流通しているCDのデザインは左側だけど、やっぱり僕はオリジナルLP(右側)のバランスがいいな。この次に出る「Closer」のジャケはそれほど僕の趣味ではないけど、やっぱり優れたデザインだと思う。内容?説明し出すと長くなるから、80年代以降のブリティッシュ・ロックの最重要アルバムのうちの2枚、とだけ書いておくよ。


ボーカリストのイアン・カーティスの自殺によってジョイ・ディヴィジョンが立ち行かなくなってしまい、残されたメンバーが中心となって継続したグループが、ニュー・オーダー。ピーター・サヴィルのデザインイメージは彼らの一連のジャケに縁るものが大きいだろう。アルバム毎にがらっと変わるデザインの変遷を見て行っても面白いのだが、それをやりだすときりがないので、今日は僕の好きな2種類のデザインを取り上げることにしよう。

Technique Round And Round
ニュー・オーダー 「Technique」 「Round And Round」

「Technique」は、このデザインだけでなく僕が一番好きな彼らのアルバムかもしれない。80年代末期という時代を反映した、クラブ・サウンド(言い代えると、ディスコ・ミュージック 笑)。右側はそのアルバムからのシングル曲。僕の持っている12インチシングルはこのデザインだが、CDシングルをはじめ、微妙に違うデザインも存在する。


ニュー・オーダーをもう一種。

Get Ready
ニュー・オーダー 「Get Ready」

このデザイン自体はそれほど気の利いたものでもないけど(それでも、レコ屋で有象無象の中にあっても圧倒的に目立つけどね)、ここから派生したシングルのデザインが全て同じトーン。中でも、この女の子シリーズの「Crystal」と「60 Miles An Hour」はデザインが複数あるので、見つけるたびに買ってしまう(笑)。

Crystal Crystal 2
ニュー・オーダー 「Crystal」二種

60 Miles An Hour 60 Miles An Hour 2
ニュー・オーダー 「60 Miles An Hour」二種


ちょっとエッチだったかな?まあ大目に見てください。次のはもうちょっとエッチかも。ピーター・サヴィルってもっと無機質なデザインが多いんだけど、この時期やけにこういうのが多かったな。欲求不満だったのかな?(笑)

This Is Hardcore
パルプ 「This Is Hardcore」

パルプはこの前のアルバムが大ヒットして、これはちょっとそのプレッシャーからか、やけに暗かったアルバム。最近この辺の一連のアルバムはスペシャル・エディションが出て、中心人物のジャービス・コッカーもソロアルバムを出したから、もうパルプというバンドは存在しないんだろうね。わりと好きだったのに。


スエードのアルバムを二種。

Head Music Sci-fi Lullabies
スエード 「Head Music」 「Sci-fi Lullabies」

彼らも一発屋かと思いきや、結構長持ちしたいいバンドだったのに、残念ながら解散してしまった。「Head Music」の方はそこからの一連のシングルもこの系統のデザイン。シングルのカップリング曲を集めた右側のアルバムは、あまりピーター・サヴィルらしくないデザイン(彼はデザイン・ダイレクションだけを担当)だけど、僕は好き。


ロキシー・ミュージック後期の傑作二点。

Flesh + Blood Avalon
ロキシー・ミュージック 「Flesh + Blood」 「Avalon」

これらは、実は調べてみるまで彼のデザインだとは知らなかった。言われて見れば、特に「Flesh + Blood」なんて彼らしい端正なレイアウトだと思うけど。これはどちらも名盤。特に「Avalon」は僕は高校生のときに聴きたおしたものだ。


単品を四点ほど。

Strange Boutique
モノクローム・セット 「Strange Boutique」

これは僕が持ってるのは、セカンドアルバムと一緒になったCDなんで、せっかくのこの綺麗なジャケがすごく小さくなってしまってるのが残念。これはLPで買いなおしたいな。後に結構有名になるバンドだけど、このファーストアルバムの頃のエキセントリックな感じはまた別格。


Metro Music
マーサ&マフィンズ 「Metro Music」

カナダ産ニューウェーヴバンド。ジャケも音も大好き。僕はこのファーストアルバムと、ファーストアルバム全曲が含まれたベスト盤(ジャケもこれを流用したもの)の両方を持ってる。2枚続けて聴くと、ファーストアルバムを2回聴くことになる。当たり前だけど。


The Lounge Lizards
ラウンジ・リザーズ 「The Lounge Lizards」

これもピーター・サヴィルだったとはね。ジャケット通りのきりっとした音。フェイク・ジャズの名盤。リーダーのジョン・ルーリーは俳優としても有名。


25 - Stop Me If You Think You've Heard This One Before...
ヴァリアス・アーティスツ 「Stop Me If You Think You've Heard This One Before...」

ラフトレード・レコード25周年記念アルバム。これが出た03年当時にラフトレードに在籍していたアーティストが、25年間の数々の名曲を演奏するという好企画アルバム。まあ、オリジナルを凌ぐものはなかったんだけどね。このシンプルなデザイン自体はピーター・サヴィルの手になるものではないんだけど、彼の事務所が手がけたもの。僕にしてみれば、ファクトリー・レコードのお抱えデザイナーとしてスタートした彼が、当時のライバル(?)会社だったラフトレードのオムニバス盤のデザインをしたというのがなんだか感慨深い。


これを読んで、彼のデザインに興味を持たれた方はいるだろうか。もし、もっと他にも見てみたいと思われるなら、彼のオフィシャルサイトを訪れてもいいし、僕がこの特集をまとめるにあたって参考にした、彼の全作品を網羅したこの凄いサイトを見てもらってもいい。


最後に、ロンドンで彼の個展が開かれた際のサントラとして、ニュー・オーダーが録りおろしたCDを紹介しよう。30分一曲入りのこのCD、全編インストだけどニュー・オーダーっぽいメロディと音色が満載で、聴いていて飽きない。残念ながら個展会場でしか売っていなかったので一般には流通していないが、オークションサイトでたまに見かけるよ。僕もそうして買ったし。皮肉なことに、数あるニュー・オーダーのCDの中で、これだけがピーター・サヴィルのデザインではないんだけど。

The Peter Saville Show
ニュー・オーダー 「The Peter Saville Show Soundtrack」



posted by . at 22:37| Comment(13) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
今のように音源だけで取引される時代では、ジャケットに対しての思い入れは蛇道なのかもしれませんが、私達の時代は音源からジャケット、クレジットなどの全てを含めて「音楽」だったような気がします。
私も「お尻ジャケット」じゃなくて「お洒落ジャケット」の特集でもしようかな(笑)。
Posted by falso at 2007年03月01日 23:09
「凄いサイト」見ました。確かにすごい。私はこれが好き。
http://homepage2.nifty.com/truefaith/tosq/petersaville/largeimages/1980-01-din9.jpg

最後の二つの画像はジャケの表と裏ですか?
印象の違う写真なのに、ネガで関連付けてるところがいいですね。
Posted by カブ子 at 2007年03月02日 05:52
>パルプ 「This Is Hardcore」
これ、CD屋さんで、すごく目につきました。
ジャケに圧倒されて、手に取ることも出来ませんでした。だから、どんな曲かも知りません。

私が、唯一ジャケ買いしたものは、私が好きな人の「手」の写真が載ってる、女性アーティストのものでした。でも、どこかへ行ってしまいました。愛着なかったみたいで。
Posted by LoonyLuna at 2007年03月02日 19:31
下でヨロヨロするあまり、口をはさむ余力を失っておりますた。ほひー。ヨロヨロの後はエロエロでしゅね。ほひー。とにかくyas兄さんがゲンキそうなのは伝わりました。ほひー。

Posted by 青グリン at 2007年03月02日 21:11
うわ〜、ピーサヴィ(←何でも略したがる)特集どうもありがとうございま〜す!
「Unknown Pleasures」は私も右の孤独なバランスが好きです。
ラウンジ・リザーズもだったんですか?このジャケいいですね。シンプルだけど何だかハッとします。
それにしても意外だったのは、モノクロのエロシリーズ(笑)!でもどこかストイックさが漂うところは、メイプルソープにも通じる感じがします。
さらに下記のような日本的な作品もあったとは・・・!懐が広いなあ。
http://homepage2.nifty.com/truefaith/tosq/petersaville/largeimages/1980-11-din27.jpg
Posted by クロム at 2007年03月02日 21:38
ニュー・オーダーの女の子写真、撮ったのはジョンヴェルさんじゃないですか?違いますか?私好きなんで写真集持ってます。全体にこんなカンジですよ。yasさんスキだと思うわ。
Posted by 青グリン at 2007年03月02日 22:50
●falsoさん
>全てを含めて「音楽」
まったくその通りですよ。若い頃には金がなかったんで、数を聞くためにはよくFMからのエアチェックやレンタルレコードからのダビングとかもしてたんですが、それはあくまでも暫定的な形で、気に入ったものはその後にちゃんとレコードやCDで買ってますからね。
当然、僕の意識の中ではエアチェックと同じものでしかないウェブからのダウンロードになんて、馬鹿らしくて金を払う気はありません。
以前どうしてもダウンロードでしか手に入らない音源があって、渋々買ってみたのですが、パソコンの不調であっさりとデータが消えてしまいました。実体のないものに金など払うものではないということを実感しました(その後、故障したHDDのバックアップが取れていたことが判明し、音源は戻ってきましたが)。

お洒落ジャケ特集、お待ちしています。ジャズ系はそういうのが多そうですね。


●カブ子さん
「凄いサイト」、ちゃんと最後のページまで全部見ましたか?あ、これは僕が記事にあげたマーサ&マフィンズの「Echo Beach」のシングル盤ですね。ちゃんとアルバムと同期したデザインになっているのがいいですね。それに、よく見ると地名の振りしてグループ名と曲名が書いてあるんですね。凝ってます。「Echo Beach」、なかなか格好いい曲ですよ。

最後の二つの画像は、おっしゃるとおり表裏です。見開きでない紙ジャケなので、実際はこういう風には広げて見られないのですが。


●LoonyLunaさん
これをわざわざ表向きにしてディスプレイしているCD屋さんは、確信犯ですね。まあ、このジャケ故にこのCDを手に取る層もいるわけで。

それにしても、例の人の「手」がジャケットに写ってるだけで、興味のない歌手のCDを買われたんですって?僕以上にマニアックですね(笑)

13回目、確かに見届けました。


●青グリンさん
こないだきちんと音楽論を書いていただいたのもつかの間、今回はヨロヨロですね。そそるジャケ特集なのにあまりひっかかるジャケがなかったようで、すみませんでした。僕は近頃は元気です。グリンさんもお変わりありませんか?議長によろしくお伝えくださいね。


●クロムさん
お気に召して頂けたでしょうか。あまり長い記事にするとヨロヨロする人が続出なので、この程度にとどめておきましたが、その分リンクを貼った「凄いサイト」で続きを堪能されてください。

あ、クロムさんが選ばれた和風ジャケもマーサ&マフィンズのシングルですね。カブ子さんとクロムさんが選ばれた2枚の他にもいくつか載ってましたが、彼ら(彼女ら)のビジュアルセンスはなかなかのものですね。シングル盤まで集めたくなります。ただでさえ既にファーストアルバム全曲を2回ずつ持っているというのに。

ラウンジ・リザーズ、この記事を書いてから気づいたんですが、これもLPのジャケは中の白黒写真が小さいんですよね。「Unknown Pleasures」みたいな感じで。こういうパターンを見るたびに、LPのジャケっていいなと思います。クロムさんはレコードは買われないんですか?

>モノクロのエロシリーズ
実は、モノクロでないエロシリーズもあります(笑)。あ、そうか、さっきのサイト見てれば全部出てきますよね。ヒプノシスもたまにエッチなのを作りますが、どちらもあんまりやらしくないんですよね。芸術作品、という感じで。


●青グリンさん再び
女の子写真を撮ったのは、Juergen Tellerという人ですね。なに人で、名前は何と読むんでしょう。ジョンヴェルさんって、こういう写真を撮る人なんですね。見てみたいです。あとで検索してみよう。
Posted by yas at 2007年03月04日 18:59
>レコードは買われないんですか?
昔は壁一面にレコードジャケットを飾りたいという壮大な夢があったのですが、ペットがいるせいで結局はかなわずじまい・・・。
それに聴くのはもっぱらCDなので、最近は全然レコードは買ってないんですよ。
音楽好きの人は皆、今でもアナログを平気で買っているのに何だか肩身が狭いです。
Posted by クロム at 2007年03月04日 20:05
●クロムさん
肩身が狭い思いまでする必要はないと思いますが(笑)、たまにLPを買って小脇にかかえて歩くのは気分がいいものですよ(何のために買ってるんだか)。
でも、クロムさんのお好きそうな音楽って、CD化されていないものがいっぱいありそうな感じですけどね。あ、そういえばこないだ得体の知れない(失礼!)アナログシングル盤を買われていたじゃないですか。じゃあ、一応プレーヤーはお持ちなんですね。よし、これからアナログ買うようにもっと焚きつけてやろう(笑)
Posted by yas at 2007年03月06日 17:29
あ、このPULPのお姉さんの首すごくきれい。
思わずごわってやりたくなっちゃ...う?
Posted by minira at 2007年03月08日 15:59
●miniraさん
…その手のご趣味がおありでしたか。まさか、誰も見てないと思って、全裸で窓際に腰掛けたり、国家への反逆を企てたりしているんじゃないでしょうね?
Posted by yas at 2007年03月09日 16:55
私は敬虔なユダヤ教徒の皆さんに囲まれて生活していますから、こんなこと(↑)やったらご近所からクレームが来て、大家さんに追い出されちゃいますよ。もう、あの家探し地獄はいやですから、いい子にしています。

ところで、ニュージーでは今の時期海岸でおじさんが素っ裸で日光浴していたりすると聞きましたが...yas兄はされたりしていませんか?
Posted by minira at 2007年03月11日 00:51
●miniraさん
では、もし今回見つかったお宅が陽気なラテン系の人たちに囲まれた地域だったとしたら、miniraさんも躊躇なくキクちゃん風の振る舞いをされたかもしれないということですね(笑)

実は、僕の家からさほど遠くないところに、ヌーディストビーチと称される場所があるのですが、残念ながら僕はそこに足を踏み入れたことがありません。崖を降りて行かないといけないので、たどり着くのが大変なんです。でも、夏が終わってしまう前に、ちょっと偵察に行ってきましょうかね。
Posted by yas at 2007年03月11日 17:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。