2007年01月02日

2006年個人的ベストアルバム

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、今年最初の記事は、まず去年入手した音源の総括をしよう。去年はとにかくあれこれ買いまくった1年だったな。何枚買ったかちょっとフォーマット別に見てみよう。

 CD             499枚
 CDシングル        28枚
 CD+DVD          23枚
 DVD             33枚
 SACD/DVD-A        7枚
 LP               9枚
 シングル           2枚
 ボックスセット        9箱


合計、610枚。えーと、3日で5枚ペース?これには、頂いたものや、人にあげたり売ったりしたものは含まれていない。まあそんなのはこの母数からすると大した数ではないんだけど。ちなみに平均価格は1234円。1200円台前半という目標はなんとかクリアできた。これも全て、最後の四半期に投げ売りCDばかりを大量購入したおかげだろう。

今年はちょっと買う枚数を減らさないとなあ。とか言いつつ実は今日も8枚も買って来てしまったんだけどね。僕にとっては初詣みたいなもので。まあ、またしても1枚300円相当のクズ箱から拾ってきたんで、金銭的にはそれほど大したことはないんだけど。でも今年になって2日で8枚って、すでに去年のペースを上回ってるなあ。

まあ、そんなことは後で心配するとして、今日は2006年の僕の個人的なベスト10アルバムを選ぶことにしよう。610枚のうちにはもちろん旧譜も沢山あるんだけど、基本的に対象とするのは、去年発売されたものだけにする。


<第十位>
ビューティフル・サウス 「Superbi」
スパービ

8月5日の記事で取り上げたアルバム。11月にはやっと日本でも発売された。その際の日本の某音楽雑誌のCD評が、なんとなく僕の記事の流れに似ていたのが可笑しかった。


<第九位>
オカヴィル・リヴァー 「Overboard & Down」
海から手招き

9月22日の記事参照。去年は運良く何回も印象的なコンサートに行くことができたが、9月のオカヴィル・リヴァーのオークランド公演もそのうちの一つ。僕が彼らのことを友人に教えてもらったのがつい一昨年のことだったので、去年は彼らの旧盤を沢山買って聴き込んだものだ。そういう一年を代表して、コンサート直後に発売されたこのミニアルバムを。


<第八位>
ジョシュ・リター 「The Animal Years」
Animal Years.jpg

11月17日記事参照。去年はいいシンガーソングライターを沢山見つけた年でもあったな。この人は別に新人というわけではないんで、このアルバムと既に持っているもう一枚を聴き込んだら、更に過去のアルバムに遡っていけるという楽しみもある。そんなことをしてるから買いたいCDが無尽蔵に増えてしまうんだけど。


<第七位>
ホールド・ステディ 「Boys And Girls In America」
Boys and Girls in America.jpg

これは12月29日に取り上げたばかりだ。その記事ではスプリングスティーンに似ているということばかりを強調してしまったが、それを抜きにしても、いい曲を書くいいバンドだと思う。この前の2枚も買おう(ほらまた)。


<第六位>
ペット・ショップ・ボーイズ 「Fundamental」
Fundamental.jpg

このブログ初のアルバム評がこれだったな。今日からちょうど半年前になるのか。年末に出た彼ら初のライヴアルバムもよかったんだけど、そのライヴでよかった曲の大半がこの最新スタジオ盤からだったこともあるので、やはりこちらを選ぼう。


<第五位>
パニック!アット・ザ・ディスコ 「A Fever You Can't Sweat Out」
A Fever YOu Can't Sweat Out.jpg

このアルバムは単独では記事にしてないけど、9月3日のyascd002の為にここから1曲選んだ。思えばあのミックスCDが元で、僕自身もかなりパワーポップモードに振れた去年後半だった。このアルバムの曲はいまだにこちらのラジオ局ではヘビーローテーションだし、日本盤もようやく年末に発売になったようだ。これからもっと盛り上がるかな。楽しみにしていよう。


<第四位>
レイ・ラモンターニュ 「Till The Sun Turns Black」
Till The Sun Turns Black.jpg

10月11日の記事に「僕の2006年度ベスト10候補作品」と書いたが、その言葉の通り第四位に入った。最近自分がパワーポップモードに入ってしまっているのでしばらくご無沙汰しているが、僕の携帯プレイヤーからはずっと落とされずに残っている。昨日・今日のはやりすたりに関係なく、長く聴いていきたいアルバム。


<第三位>
ジン・ブラッサムズ 「Major Lodge Victory」
Major Lodge Victory.jpg

そしてこれが、さっきの第四位と同時に入手して、一日違いで記事にしたジン・ブラッサムズの復活作。音楽的になんら新しいことをやっているわけでもないこういうアルバムをこんな高い順位にすることについてどうかとも思うが、別に僕は音楽評論家でもなんでもないので、構わないだろう。とにかく、聴いてて気持ちいいアルバム。


<第二位>
クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー 「Clap Your Hands Say Yeah」
CYHSY.jpg

厳密なことを言うと、これは2005年のアルバム。でも日本盤が出たのは去年の1月だから、よしとしよう。僕はこのブログを始めるよりも前に買っていたのだが、ようやく7月30日に記事にした。その時点で「なにしろ僕の今のところの今年のアルバム・オブ・ザ・イヤー第一位候補なもんで」なんて書いているが、年末までしぶとく生き残り、見事第二位を獲得。10月の東京出張から帰ったほんの数日後に、僕が泊まっていたホテルの隣のホテルで彼らがコンサートをした、なんて悔しい話もあったなあ。


<第一位>
タマス・ウェルズ 「A Plea En Vendredi」
Plea en Vendredi.jpg

意外と思う人もいれば、予想通りという人もいるだろう。いろんな意味で僕の2006年を象徴しているようなアルバムだ。ちょっと精神的に参っていた時期にふとしたきっかけでこれを手に入れることができ、僕の記事をきっかけに買ってくれた何人かの読者の方々からもご好評をいただけたのが嬉しかった。CDのライナーの執筆者の一本道ノボルさんにコメントをいただいたというサプライズもあったな。


というわけで全10枚。ここには入れられなかったが、ブルース・スプリングスティーン、ブラインド・メロン、ニール・ヤングのそれぞれ発掘ライヴ音源も素晴らしかった。それら3枚が次点というところか。

それにしても、次点まで含めても、アメリカものばかりだなあ。アメリカ人じゃないのって、一位、六位、十位の3組だけか。僕はかつてはもっとイギリス寄りの趣味だったんだけどな。年末ぎりぎりになって手に入れたバッドリー・ドローン・ボーイやダミアン・ライスをもう少し聴き込めば順位が変わってくるかな。

あと、個人的にあれ?と思ったのが、日本人アーティストが全く入っていないこと。このブログを読んでおられる方は僕が洋楽ばかりを聴いていると思われているかもしれないけど、僕の2005年のベスト10には、スピッツ、100s(中村一義)、Singer Songer(Cocco&くるり)、サザンオールスターズと、4組も日本人アーティストが入っていたんだよ(メジャーなのばかりだけど)。今年は不作だったのかなあ。それとも僕が日本人アーティストのチェックをおろそかにしてたのかな。

さっきもちょっと書いたけど、新譜以外に去年がさっと買い込んだのが、パワーポップ関連だったな。中でも個人的に新発見だったのが、かえでさんに教えてもらったクックーか。調子に乗って先日アナログのシングル盤まで落札してしまったし。というわけで、マイブームのパワーポップ軍団を代表して、特別賞をクックーの「Breathing Lessons」に。


選んでみたら10枚中9枚がブログで記事にしたものという、いまいちサプライズに欠けるリストになってしまった。これがベスト20だったらもう少し毛色の変わったものも入れられたんだけど。でもそんなことしたらこの記事の長さが今の倍になるしなあ(笑)。あ、いいこと思いついた。そのベスト20から一曲ずつ選んだミックスCD作ろうかな。次のyascd、それにしよう。そしたら、20曲中10曲分のコメントはもう書かなくて済むし(笑)
posted by . at 20:28| Comment(32) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。今年も宜しくおねがいします。
年明けから早速長いですね(笑)。

で、年間610枚ですか!610枚!
たしかにたくさん買ってるなーとは思っていましたが、まさかそんなにも買っているとは。
いや、参りました。脱帽です。
それにしても、ひとごとながら収納場所は大丈夫なのでしょうか?
我が家は本で苦労しています。夫婦の読書傾向にカブる部分がまったくないので、増殖の一途をたどっています。そろそろブックオフに行ってこなくちゃ。
Posted by にんじん at 2007年01月02日 22:15
明けましておめでとうございます。
にんじんさん同様、610という数字には驚嘆の念を禁じ得ません。
私がその数字を凌駕できるとしたら・・・うん、コメント数だ。
2006年のコメント数ならきっとこれを上回れるはずです、多分。
でも今年に入ってからは、まだ8つもコメントしてません。頑張ってこれからあちこち回ってきます。ええ、私も負けず嫌いだし。

去年の夏からyasさんのブログを読み続けて(本当は読んでいたのよ 笑)、お陰で私の生活にも新しい音楽が少しずつ浸透してきています。
この記事を読んでも(ちゃんと読んだのよ、本当よ 笑)、yasさんが音楽が好きで好きでたまらなくて、記事を書くのが楽しくて仕方がないのが伝わってきて、音楽って素敵だわ、音楽を好きなyasさんも素敵だわ、と思います。(お世辞じゃないのよ、本当よ←真面目)

>ちょっと精神的に参っていた時期に

そんなことがあってもおくびにも出さずに、いつも優しいコメントをありがとう。yasさんは強いですね。
今年もいい音楽にたくさん出会える一年でありますように。
そして金に糸目をつけずにどんじゃか買いまくってください。
Posted by ひそそか at 2007年01月03日 01:58
610と言えば、ムハンマドがアッラーの預言を受けた年ですね。アッサラームアライクム。マイフィールドからお邪魔します。

で、ちょっとちょっと!ということは年間75万円もCDを買ったのですね??
それだけあったら初年度の学費に・・・
食費だったら3年分だわ・・・
と、平民のわたすは家計簿を見てため息(うらめしい目)。
っていうか聴けるのですか。610枚も。
レゴブロックみたいにCDを積んだら、一部屋建設できそうですね。
Posted by 鈴木 at 2007年01月03日 16:22
こんにちわ。
驚愕すべき枚数ですね。毎年毎年購入する枚数が減っている私には天文学的枚数に思えます。それだけ欲しいと思える気持ちは羨ましいです。でも自分だって、やたらと買っていた時が有るからなぁ(笑)。

因みに『2006年のベスト』には一枚も聴いた事が有るアルバムが有りません(笑)。最近は新しく聴きたいと思う気持ちも少ないし・・・うわっ自分で書いてて虚しい〜(爆)。
Posted by falso at 2007年01月03日 19:07
明けましておめでとう。

年間610枚!いったい全部で何枚あるんでしょう?
引っ越し屋さんも、嫌がるわ…
日本の家だと床が抜けるかも。

今年も面白いもの紹介して下さいね。
Posted by LoonyLuna at 2007年01月03日 21:50
610枚ですか!
恐ろしいですね。(笑)
yasさんの紹介する作品は、知らないのも多いので、今年も期待しています。
よろしくお願いします。

ついでに、よかったらリンク貼らせてください。
もうお願いしたような気になってましたが、まだでした。
Posted by piouhgd at 2007年01月04日 01:43
うっふっふ。えっへっへ。おっほっほ。
タマさんがやっと届きましたの。先ほどから聴いてますのよ。
きれいな声ですねー。
Posted by minira at 2007年01月04日 02:00
あけましておめでとうございます。
610枚やて・・・それを何年にわたって続けているのですか?保管はどうしてるん?
でも、そこまで徹底的にやってるとスガスガしいな。
Posted by 青グリン at 2007年01月04日 13:09
明けましておめでとうございます。
610枚!!
ええい、半角では足りません。
驚きとしてはこんな感じ

 【 6 5 0 ま い !? 】

…あのう。
只今何枚くらいCDを持っていらっしゃるんですか?
LPだの、DVDだの入れたら何枚くらいになるんですか?
というか、yasさんのラックを見てみたいです。
総枚数何枚くらいあるのかしら。。。

…ぺこ予想。
10,000枚超え。
正解者にはお年玉をくださいm(_ _)m。


本年もよろしくお願い申し上げます。

Posted by ぺこぽこ at 2007年01月04日 16:50
●にんじんさん
もしかして初の1ゲットですね。ダブルおめでとう&ありがとうございます。

収納場所、困ってますよ、もちろん(笑)。去年、420枚収納可のけっこう馬鹿でかいCDラックを二つも買ったんですが、もうそれもほぼ満杯です。今年はこれ以上ラックを買わない努力をします。

本は大変でしょうね。CD以上にホコリが積もったりカビが生えたりするし。虫もつくし。ずっと前に「所有欲の奴隷」記事で女性は所有欲が少ないという話をされていましたが、実はにんじんさん所有欲強いですね?


●ひそそかさん
コメント数、いちいち数えてないですけど、この界隈のブログでのコメント数を総合すると、誰のが一番多いでしょうね。ひそそかさんかなあ。僕もつまらない一言コメントは結構入れてるつもりですけど。ひそそかさん、集計お好きじゃないですか?やってみませんか?(笑)

実はブログを読んで頂いて&なんだか身分不相応なまでに褒めて頂いて、ダブルありがとうございます。僕はちっとも強くなんかないですよ。精神的に参ってたなんていっても、きっとひそそかさんや他の方々のご苦労とは比べ物にならないような些細なものですよ。限定盤のCDが売り切れて手に入らなかったとかね(笑・これは冗談ですけど)。


●鈴木さん
アライクム・サラーム。それはまた中々奇遇な数字だったものです。あちこちのブログをまたがって張られていた伏線が今解かれたようで小気味いいですよ。アラーは見ているのですね。

金額に言及しましたね。それを考えると、自分でも何やってんだろうと思います。まあでもその金額で、年間通して610回も楽しむことができたのなら(中には楽しくないようなのもありましたけど)それでよしとしますよ。実は一昨年よりも枚数は増えたものの、金額的には減ってますし。今年の目標(その1)は、70万円を下回ることに決めました。

>レゴブロック
いいアイデアですね。聴きたいときは壁から取り出す、と。あまり聴かないやつは天井部分とかに使えばいいんですね。参考にします(ウソ)


●falsoさん
なんだか随分枯れたコメントですね(笑)。僕もこの枚数をピークに、今年からは数は減らしていくつもりです。さすがにこれは多すぎです。今年の目標(その2)は、いかにハズレを買わないようにするか、です。

falsoさんも「去年初めて聴いたアルバム・ベスト10」とかの記事、どうですか?興味あります。


●LoonyLunaさん
全部でですか。多分、4000枚程度だと思います。「程度」というのは、記事にも書いたとおり、ひとに頂いたものなどは記録していないからです。自分の買ったものだけの合計なら、3957枚。そこから売ったりあげたりなくなったりしたものを引くと3772枚。もしお望みならそれもフォーマット別に分けて書くこともできますが(笑)。

そのうち日本に帰任するんで、それはいいヒントを頂きました。床の強度をチェック項目に入れないといけないですね。ありがとうございます。

今年も面白いコメント、お願いしますね。


●piouhgdさん
行ったライヴの回数では、piouhgdさんには遥かにかなわないと思います。いつもライヴレポート、楽しく読ませていただいています(知らないアーティストが多いんですが)。

リンク、もちろんよろしくお願いします。僕の方も勝手に入れたつもりになっていましたが、よくみるとまだですね。もしよければ後でリンクさせてもらいます。


●miniraさん
あ、早いですね。もう届いたんですか。気に入ってもらえたかなあ。散々期待させたんで、期待外れじゃなければいいんですが…


●青グリンさん
何も毎年600枚も買ってるわけじゃないですよ。ちなみに一昨年は546枚。それ以前は300枚以下と、2005年から急激に増え始めました。まあ、一枚あたりの単価もどんどん下げていますが。もう今年は600枚以上は買わないことにします。これが今年の目標(その3)です。さっきの目標(その1)と組み合わせると、一枚あたりの単価は1200円を切ることになります。それが目標(その4)。

保管は、さっきにんじんさん宛てのコメントに書いた二つのラックを含めて、うちには大小様々なCD/DVDラックが全部で12個あります。一番大きなやつは、中を空にすれば子供が二人ぐらい入る大きさです。


●ぺこぽこさん
あんまり驚いて、枚数間違えてますよ(笑)。さっきグリンさん宛てのコメントに書きましたが、もう僕は650枚ものCD類を買うことは生涯ないはずです。今年はMAX600枚。来年は更に減らす予定です。あと、今年は今までやっていなかったオークションへの出品も始めようかと思っています。

総数はさっき書きましたね。ハズレです。お年玉はあげません(笑)

こちらこそ、今年もよろしくお願いしますね。また皆で飲みに行きましょう。
Posted by yas at 2007年01月04日 20:11
せっかくレスしたところなのに、出遅れてゴメンナサイ。
驚異的な枚数ですね〜!シングルも多いところがスゴイです。ところで、どのくらい聴き終わりましたか〜?
私はピーク時には1ヶ月に100枚くらい買ったことがありましたが、当時のCDは当然聴ききれずに眠っているもの多数です(笑)。
聴きたい気持ちだけが先走り、只今、HMVのウィッシュリストの登録枚数が120枚を超えちゃってます。助けて〜!今回も宝くじハズレたし・・・。
Posted by クロム at 2007年01月04日 22:00
こんにちわ。

>「去年初めて聴いたアルバム・ベスト10」
全部で10枚くらいかも(笑)。

でもその前に「ロリコン・ジャケット特集」をしなければ(笑)。
Posted by falso at 2007年01月04日 22:35
すっかり出遅れましたが、こちらではあけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

さて610枚、実は私は「え?そんなもん?」と思ってしまいました。だって、たった2、3時間で数十枚買う現場に居合わせたんですもの。中古CD屋であれでしょう?新品CD屋でも買うでしょうし、雨村でも買うでしょうし。あ、雨村は「アマゾン」ですよ。わざわざ「アメ村」の路地裏の雑居ビルの中古屋まで来て買うとは思っていません!

さてさて、クックーに特別賞を頂戴し、ありがとうございました。ミスコンでも最優秀賞に輝くよりは特別賞をもらった人の方が後々女優として成功したりするものです。いまさら賞レースもありませんけれど。
「憧れのかえでさん」の実像がアレだった分、こちらが予想以上によかったということで救われた思いがいたします。

パニックもまさか10位以内に食い込むとは思いませんでした。じゃあ、絶対にコンサート行きましょうね。30代後半、ティーンネイジャーの女の子の嬌声にまぎれて高い声を発するとただの金切り声になるのが惜しいところですが。

20位までのyascd006、期待しています。入れるアルバムはもう決まってますよね?
ジェイソン・ムラーズ入ってますか?

>falsoさま
こんにちは。はじめまして。
女の子ジャケをコレクションすることにした、ロリ○ンで同○愛、近親相○のかえでです。
すみません、ただ自分の娘が好きだということなんですが、ちょっとしたことでも変態チックに言わないと気がすまない性分なのです。
特集、楽しみにお待ちしています。
Posted by かえで at 2007年01月05日 09:44
610枚。
・・・・・絶句していて出遅れました。
所有されている数にもビビりますが、これだけ持っていてもなおCD屋で買いたいものがあるということは驚きです。世の中たくさんの音楽で溢れているんですね。
現実的な話、中古CD屋って商品の回転が速いものなんですか? 行ったのに買いたいものがない時ってあるの?
Posted by カブ子 at 2007年01月05日 13:49
>かえでさん、こんにちわ。

「ロリコンCD」をと、考えていたら、[ロリ○ンで同○愛]と近い状態の発言をしそうな自分の存在に気が付きました(笑)。
自分の中には、女性同士だと美しいイメージも有るのですが、男同士だと・・・うぉ〜っ!私は何を言っているんだぁ〜。音楽関係無いぢゃん。それも第三者のBlogぢゃん。
yasさん、これ消しても良いですからね〜。ごめんなさい〜。
Posted by falso at 2007年01月05日 23:21
タマさん、すごくいいですね。何度もリピートして聴いています。
素敵な音楽紹介してくださいってありがとうございました。
Posted by minira at 2007年01月07日 02:55
●クロムさん
1ヶ月に100枚?ウィッシュリストに120枚?そっちの方がよっぽど驚異的ですよ…(笑)

>どのくらい聴き終わりましたか〜?
1枚もののCDはほぼ終了です。昨日聴いていたのは、多分クロムさんもお好きなスゥエル・マップスのセカンドでした。
ボックス物が曲者なんですよね。やっぱり通して聴きたいけど、そんな一気に何時間も聴けるほどの時間はなかなか取れないし。引き続きボックスセットの購入はご法度です。とか言いながら、例のクラッシュのシングルボックスがようやく手に入ったところなんですけどね。


●falsoさん
全部で10枚ですか(笑)。それは新しく買ったアルバムを全てブログのネタにできますね。でもきっと中古ものはもっと沢山買われているんですよね?

女の子ジャケット特集、ありがとうございました。後でTBさせてもらいますね。

せっかく頂いたかえでさん宛てのコメント、面白いのでもちろん消しませんよ(笑)


●かえでさん
さすがに2-3時間で数十枚をいつも繰り返してるわけではありませんよ。普段はもう少し自制心を持った大人なのです。

アメ村の雑居ビルの中古屋、それはまた郷愁をそそる暗号ですね。本当に大阪オフ会が実現した暁には、宴会開始時刻より2-3時間早めに落ち合い、その辺りを捜査してみるのはいかがですか。3桁箱を中心に攻めますので、予算はとりあえず1000円ぐらい持って来ていただければ十分です。

すっかり気分はクックーの保護者、あるいはマネジャーになっていますね。もうそろそろ例のシングル盤が届くと思いますので、気が向いたら記事にしますね。

パニックのコンサート、去年、僕がのこのことアメリカに出張などしている間にオークランド公演は終わってしまったのですが、雑誌に載ったレポートを見ると、見事に全員ティーンエイジャーの女の子だったらしいです。日本でもライブ会場はまた満員電車状態でしょうから、僕は痴漢冤罪にあわないように、コンサートの間中両手を上に挙げておかないといけません。つり革が欲しいです。

ベスト20はもう決まっているんですが、実は言い出してみたものの、選曲に結構苦労しそうだということに気づきました。想像してみてください、パニック!アット・ザ・ディスコとタマス・ウェルズが同居するオムニバスCDというものを。

ジェイソン・ムラーズのセカンドも去年購入して気に入っているのですが、残念ながらあれは2005年に発売されたものなので、自己ルールではベストアルバム選からは除外なのです。そのうちまた別のテーマのyascdに入れますね。

>ロリ○ンで同○愛、近親相○
これもまた変なTBが付かないようにとのご配慮ですね。ありがとうございます。というか、初対面の挨拶にこれとは、さすがかえでさんです(笑)


●カブ子さん
>なおCD屋で買いたいものがある
昨日もまた3枚買ってしまいました〜。だって、「3枚買ったら1枚あたり15ドルコーナー」に、ヘンリー・カウの「Unrest」なんてのがぽろっと入ってたんですよ。あとの2枚はそれほど欲しいものでもなかったんですが、こうやって枚数は際限なく増えていくのです。

中古屋の回転、店によりますが、新宿や渋谷の有名店だと毎日大量に入荷があるでしょうね。僕がいつも行くオークランドの店はそれほどではないのですが、毎週行って同じものばかりをチェックしています。それで、先週買わずにスルーしたものを今週買ったりしています。馬鹿です。

>行ったのに買いたいものがない時
土曜日に行って目ぼしいものは軒並み買い漁った店に翌日の日曜日に行ったときなど、そういうことがありますね。


●miniraさん
よかった。タマス、気に入っていただけたんですね。そう言って頂けるのがなにより嬉しいです。
Posted by yas at 2007年01月07日 05:52
>先週買わずにスルーしたものを今週買ったりしています。
ひはははー。
行かないと、知らんうちにナニかイイのが入ってるカモ・・と思って、行かずにおられないのですか?
でもCDで良かったと思うよ。(笑)その調子で、骨董とか石とか集め出したら大変なのじゃ。
ふふ。

Posted by 青グリン at 2007年01月07日 12:33
お正月早々クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤーを聴き込んでいます。
あれ、かなりツボじゃぁ〜♪
「浮遊感」「疾走感」という言葉が確かにぴったりきますね。
なんとなくノーテンキな味が気に入っています。
タマスもいいけど、私のno.1はこっちかな。

yasさんがCDを買い漁る気持がよくわかりますよ、多分。
私の場合は子供服コレクターなのですけど。。。
今年はショップになるべく行かないようにしました。ウィンターセールも我慢我慢。
君子危うきに近寄らず。
「見なければ買わずに済んだのに」そう反省したこと数知れず。
兄ィもCDショップに足を運ぶ回数に制限を掛けたらどうでしょうね?
反動で余計買っちゃったりして。(笑)
Posted by ひそそか at 2007年01月07日 13:11
yas兄やんに制限させる・・・ムリムリ。
なんか、エサをガマンさせられて、じっと涙目の柴犬が思い浮かんでしまうのじゃ。
yas兄やんは、ここで買ったCD紹介することで、一人消費に終わってナイところがイイと思うんやけどね。私も音楽を分けてもらってる気がするからな!

Posted by 青グリン at 2007年01月07日 19:44
こんにちわ。
大切な事に気が付きました。
私はアナログ時代に買った物や聴いた物がCDになると買うと言うのがメインなので、初めて聴いた音源と言うパターンはでは無い事が多くなりますし、初めて聴く演奏家と言うものは、ほとんど無いのです。音楽的にも引き篭もり傾向に有るんです。
だからどれをいつ買ったのかメモでもしなきゃ覚えられないのです。オマケに最近は先天性健忘症と老年性健忘症の悪化が・・・(ココは誰?私はドコ?)。
現時点では、まだアナログを聴いていた年数の方が多いし・・・(愕然and自己嫌悪)。
と、言う訳で、今年出た新譜なんて年2枚くらいじゃないのかな。ずーーーーーーとっ昔に出たものがCD化されたり価格が落ちたから手を出したりカがメインなので、中々新鮮な驚きを感じる事は出来ないのです(肩ガックリ、、、)。
Posted by falso at 2007年01月07日 22:27
>先週買わずにスルーしたものを今週買ったりしています。
私もここ笑った〜。コレクションの対象が生鮮食品でなくてよかったですね。
>ヘンリー・カウの「Unrest」
これ靴下のジャケですよね。この人達どうして似たような靴下のジャケが3足分もあるんですか? なんでですかー? なんでですかー?
Posted by カブ子 at 2007年01月07日 22:48
すっかり明けちゃいましたね。おめでとうございました。ええ、旧正月までは正月でいいんです。きっと。

年始に乗ったJALの音楽プログラムで80年代ポップスを聴いてみたところ、唯一知っているイエスの曲のタイトルは「ロンリーハート」であっていることを確認しました。

最新ポップスの中ではグウェンなんちゃらという女性の曲の邦題が「グウェン姐さんのネジ巻き行進曲。」というのが気になりました。居眠りしながら聞いていたのでどんな曲だったのかはわかりませんが。

Posted by きんぎょ at 2007年01月08日 20:53
風邪ひいてないですか〜?(そっちは夏か・・・)
仕事が忙しいの?元気ならいいのよ。
Posted by ひそそか at 2007年01月10日 21:54
1ゲタ男yasさんの姿がないと、なんだか心配ですね。お元気ですか〜?
Posted by にんじん at 2007年01月11日 12:30
心配されている方々へ
兄ぃは南極へ行くって言ってましたよ。ぺんぎん幼稚園の同窓会なんだって。
Posted by カブ子 at 2007年01月11日 14:18
そうだったんですか。それを聞いて安心しました。
同窓生の皆様によろしく。南極は寒そうなので風邪をひかれませぬよう。
Posted by にんじん at 2007年01月11日 15:12
えっ?ほんとに?
南極ツァーに行ってるの?ほんと?
Posted by LoonyLuna at 2007年01月11日 15:45
なぁんだ、心配して損しちゃった。
悔しいから留守中に炎上させてやろうかしら。
はっ、し、尻尾が・・・

兄ィ〜!梅子の友達の妹がペンギン大好きなの。
大きくなったら南極の越冬隊員になるのが夢なんだって。
本気よ!
来月お誕生日なんだけど、何かペンギングッズがあったら適当に見繕って買ってきて〜!
Posted by ひそそか at 2007年01月11日 17:49
●青グリンさん
>知らんうちにナニかイイのが入ってるカモ
昔はそういう強迫観念にとりつかれていたこともありましたが、さすがに最近はなくなりましたね。常に満腹でいると感覚が鈍ってしまうものです。

>骨董とか石とか
つげ義春の「無能の人」を思い出します。あれは川原で石を拾ってきて、そのまま川原で売るんでした。


●ひそそかさん
クラップ・ユア・ハンズ、気に入っていただけたようでなによりです。来週にはセカンドアルバムがボーナストラック入りで日本先行発売です。いいなあ、日本。

>CDショップに足を運ぶ回数に制限を掛けたらどうでしょう
うーん、一応努力はしてみますけど、その分通販やオークションで買う枚数が増えるだけのような気もします。ちなみにさっき数えてみたら、今年になって買ったCD類が今日までに21枚。きっちり去年と同じ、3日で5枚ペースを守ってしまっています。そんなことだけ守ってどうするんでしょうか。だいいち、僕が誓ったのは、去年よりも少ないペースにするってことだったはずなのに。


●再び青グリンさん
僕のイメージは柴犬ですか?まあ、当たらずとも遠からずといったところかもしれませんが。僕の購買癖を擁護していただいてありがとうございます(笑)


●falsoさん
僕も偉そうなことを書いていますが、600枚のうち多分半分ぐらいは旧譜です。LPやカセットで持っているものの買いなおしとか。

音楽配信などのせいでパッケージメディアの衰退が盛んに言われていますが、そのお陰で飽和状態に陥った、メインストリーム(売れ線のJ-POPなど)以外のCDが随分安く手に入るようになったのは喜ばしいことかもしれませんね。

ただ、falsoさんも繰り返し書いておられるように、そういうメインストリームを外れたパッケージ音源が一旦クリアランスされてしまうと、今度は逆にいくらお金を出しても手に入らなくなってしまうこともしばしばなんですよね。

falsoさんに教えていただいた「Never Letting Go」、LPがイーベイで2ドルで買えるかと思えば、既に廃盤のCDの中古価格は、「ちょっと聞いてみようか」とは思えないようなところまで跳ね上がっています。ジャケが可愛いのでLPを買おうと思っていますが。


●カブ子さん
生鮮食品をコレクションする人はいません。

>似たような靴下のジャケが3足分
最初のアルバム「Legend」のジャケが「Leg End = 靴下」の駄洒落だというのはご存知ですよね。何故その後の2枚のアルバムまでもが靴下のデザインなのかは知りません。そういうデザインに関しても完璧主義者なのかと思いきや、何故4枚目が突然靴下と何の関係もないデザインになったのかも僕にはわかりません。ちなみに最初の3枚のアルバムにはそれぞれ片足分しか載っていないので、厳密には3足分もありませんよ。ぬかりましたね。


●きんぎょさん
足掛け2年にわたって、ようやくロンリーハートの謎が解けましたね。喜ばしいです。

>グウェン姐さんのネジ巻き行進曲。
原題は「Wind It Up」なのですが、そうですか、日本ではそういうことになっていましたか。最後の「。」がつんく作のようですね。

ちょっとまた薀蓄を傾けますが、去年日本で一番売れた洋楽曲であるダニエル・パウターの「Bad Day」、ヒットの大きな要因は邦題「バッド・デイ〜ついてない日の応援歌」にあると言われています。そのお陰であちこちで邦題見直し論が語られ、このブログを始めた頃に「アホな邦題はやめてくれ論」をぶった僕は肩身が狭い思いをしていました。しかし、そんな邦題見直し論を大きく曲解したこのグウェン姐さんの新曲、というか日本ユニバーサルミュージックの担当者のセンス、10年後ぐらいにどこかの音楽ブログの失笑ネタになっていることでしょう。痛快です。

ちなみにこれ、行進曲というよりは、祭囃子のような曲です。


●僕が留守の間に心配してくださった皆様
次の記事に書いたとおり、無事でした。ご心配をおかけしてすみませんでした。今度からはちゃんと行き先と日程を連絡帳に書いて、先生に提出してから出かけるようにしますね。

で、ひそそかさん、そのお友達の来月の誕生日にどう間に合わせろと?取りに来てもらえますか?
Posted by yas at 2007年01月13日 13:42
こんにちわ。
「あれっ、今年になって、まだ何も買っていないなぁ。」と考えている私が今います。
別に義務でも何でも無いのに。やばっ、中毒かなぁ(笑)。
Posted by falso at 2007年01月14日 11:34
●falsoさん
僕も最近気づきました。ブログ始めてから、CD購買欲に加速度ついてますよね。冷静に考えたら欲しくないはずのものでも、これをブログに載せたら受けるかも、とか考えて買ってしまっている自分がいます。ちょっと落ち着け、と思いますね。
Posted by yas at 2007年01月14日 12:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック