2012年10月28日

目隠しフクロウ - Neil Halstead

Palindrome Hunches.jpg
Neil Halstead 『Palindrome Hunches』

ニール・ハルステッドの新作は、これまでに増して簡素で朴訥としたアルバムになった。スロウダイヴからモハヴィ3を経てこのソロ3作目に至り、彼は自分の歌とそれを取り巻く必要最小限の音以外のものをどんどんそぎ落としてきたように見える。

それなりにポップな感触を湛えていた前2作に多少なりとも近いのは、アルバム中唯一と言っていいほどの明るいメロディを持ったアルバム2曲目「Bad Drugs And Minor Chords」ぐらいか。あとはもう、ほんとうに淡々と、簡素なメロディを、アコギ、ピアノ、ヴァイオリン、ウッドベース、バンジョー、鉄琴、ハーモニウムといった電気を通さない楽器だけで、静かに、ときに悲痛に奏でているだけ。

例えば、3曲目「Wittgenstein's Arm」(これは実話を基にした歌らしい)にはこんな歌詞がある。

  左手だけで弾ける曲を書いてくれへんか
  俺は前の大戦で腕なくしてしもたんや
  ピアノなんて最初から習ってへんかったらよかった

自殺した兄弟の描写とともにこんな悲しい独白があり、「この家には死が脈々と流れてる」と歌う。そんな歌詞さえ聴かなければ(読まなければ)これも優しげなメロディを朴訥に歌っているだけの曲なんだけどね。

かと思えば、アルバムタイトル曲「Palindrome Hunches」(回文を作る直感?)では、アイリッシュバーに座るカンザス娘のことを想い(その娘が回文好きなのか?)、回文を作っては自分で突っ込むという、そこはかとなく可笑しい歌詞も。

  ガチョウは神を見る?(Do geese see god)
  そんなことはないと思う
  ああ、悪魔がナターシャを見る(Ah satan sees Natasha)
  そう、見るね

いずれにせよ、歌詞にとらわれずに聴けば、彼の穏やかな歌声ともあいまって、実に秋の夕暮れ向きのいいアルバムだと思う。そういえば、前に作った「21世紀の秋の夜長に」というやつに、この人の前作から1曲入れてるね。僕にとっては秋を代表するアーティストだということか。

このアルバムは、通常のスタジオでの作業に飽きてしまったニールが、プロデューサーのニック・ホルトン(Nick Holton - オールミュージックで調べても彼のプロデュース作ってこの1枚だけみたい)の子供達が通っている小学校の音楽室で、2回の週末を使ってライヴ録音されたものらしい。子供達の小太鼓やら鉄琴やらトライアングルやらがそこらじゅうに沢山置いてあって、「このレコーディングで最も難しかったのは、全曲に鉄琴を入れたくなるのを思いとどまること」だったそうな。なんかわかる(笑)

このアルバム、上に写真を載せた通常盤でなく、米アマゾンで見つけた500枚限定だというアマゾン限定バージョンを買ってみた。
DSC01079.JPG

見てのとおり、ノート状になっていて、内側の各ページに1曲ずつ手書き(を印刷した)歌詞が載っている。後ろの方には4ページにもわたるライナーも。
DSC01080.JPG

お世辞にも読みやすい字ではないんだけど、曲によってはおそらくニール自筆のイラストなんかも載ってて、ちょっと楽しい。
DSC01081.JPG

CDは最後のページにスポンジみたいなので留めてある。こういうのってたまにあるけど、なんだか中央のスポンジがすぐ劣化しそうで、ついCDの出し入れも恐る恐るになってしまうんだよね。
DSC01082.JPG

このバージョン、日本アマゾンでも買えるみたいだけど、今見てみたら4270円なんてとんでもない値段がついてるね。写真いっぱい載せて自慢しておいてなんだけど、その価格ほどの価値はないと思うので(苦笑)、米アマゾンから取り寄せようという気のない人はおとなしく一番上のアフィリエイトのリンク踏んで日本で買ってください。この目つきの悪そうな(?)目隠しフクロウのイラストは同じだから。


posted by . at 20:15| Comment(2) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ある夏の日、心当たりのない黒い粉状の物体が私の肩を覆いつくす、という現象に見舞われた。もちろん近くに火山はない。
気のせいかとやり過ごしていたがそれが何日も続く。しかも左肩だけだ。
何の手がかりもないまま私は恐怖の粉の呪いの陵辱に耐え続けた。

と怪奇現象を紹介しましたが、これは仕事で使っているヘッドセットのイヤーパッドの粉塵でした。
ということでスポンジの劣化にはご注意ください。

久々のやすさんの登場ですが切ない歌詞ですね。
Posted by ひより at 2012年10月30日 17:26
■ひよりさん
白いスポンジでフケ扱いされなくてなによりです。僕はオーバーヘッド型のヘッドフォンを聴かないときに首にかけていると、ヒゲとの摩擦であっという間にイヤーパッドのところがボロボロに劣化してしまいます。お互いフケやヒゲには注意しましょう。

切ない歌詞ですね。本人に面と向かってこんなことを言われたらどう切り替えしていいものか見当もつきません。
Posted by yas at 2012年11月04日 20:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。