2006年12月20日

1ルピーは約3円

ずいぶん久し振りに本を読んだので、今日はそれについて書いてみよう。しばらく前に書いたシルク・ドゥ・ソレイユのときもそうだったけど、こういう筋書きがあるものについて書くのって難しいよね。ネタバレしないようにしないと。

1Rupee
ヴィカス・スワラップ著 「ぼくと1ルピーの神様」。このタイトルと著者名でわかるかもしれないけど、インドのお話。簡単にあらすじを書くと、18歳の孤児の少年がテレビのクイズ番組で史上最高額である十億ルピーの賞金を勝ち取った挙句に逮捕されてしまい、果たして彼が本当に実力でそのクイズに正解したのかどうかを、彼の過去を遡ることによって明らかにしていくというもの。

いつも僕のブログを読んでおられる方は、日本に行ったときに僕がCDばっかり買ってると思っておられるかもしれないけど、そんなことないんだよ。実はLPも買って…って、そんな話じゃなくって、僕はわりと本もよく読むんだ。いや、よく読んだと言ったほうが正確かな。子供のときから本を読むのが好きで、こういう翻訳ものの小説もよく読んだな。それらを読むたびにずっと思っていたのが、登場人物がどこの人であろうと、いちいち巻頭の「主な登場人物」のページなんかに頼るなよ、ってことだったんだけど、最近ではしょっちゅうそのページを見ている自分に気づく。やばいなあ。かなり記憶力衰えてるぞ。

まあ、確かにこの本は殆どの登場人物があまり僕には名前に馴染みのないインド人で、しかも主な登場人物のページには30人の名前がずらっと並んでいるぐらいだから、名前を覚えられないのは特段僕の記憶力が悪いせいではないのかもしれないけど。しかも、読み進めて行くうちにわかるが、この本にはこの30人に含まれないエキストラみたいな人物が名前入りでわんさか出てくる。うーん、さすが人口10億人の国の物語。って、妙なところで感心したりして。

だからと言って、小難しい話かというと、全くそんなことはない。文章のあちこちにユーモアをちりばめた、とてもエンタテインメント性の高い、読みやすい物語だ。さっき名前のことを書いたが、宗教と登場人物の名前を絡めたエピソードなどもあり、多宗教国家ならではの話だなあと思わせるところもある。

具体的にいつの時代の話とは明記されていないが、基本的に「今」の話。僕なんかによくわかるヒントとしては、プレイステーション2はもう発売されているけれどもPS3はまだという、ああこれは1999年以降2006年までの間の話だなとわかるもの。何故そんなことを書くかというと、この物語に頻出する数々の犯罪が、本当にこんなことが今の世の中で起こっているのかと思ってしまうような酷いものばかりだから。もちろん物語自体はフィクションなんだけど、おそらくこれは今のインドで起こっている問題を反映したものだと思う。

きっと僕は前世でそういう被害にあったんじゃないかと思うほど自分では毛嫌いしているある種の犯罪が特に前半のエピソードに沢山出てきて暗い気持ちにさせられるし、途中には(日本だと)もはや都市伝説としか思えないような、目を覆いたくなるような犯罪の話もある。その他にも、インド=パキスタン戦争の話や、インド映画の内幕や、外交官がらみの犯罪(著者の本業は外交官)なども出てきて、ある意味現代のインドを勉強するいいテキストになるかも。ただ、暗い気持ちにさせられるとは書いたが、物語自体のトーンは常に明るく(それはこの主人公の少年の前向きな性格によるものでもあるんだけど)、読んでいて嫌な気分になるような類の話ではないよ。

もう少しだけネタをばらすと、主人公がクイズ番組で答えた問題は全部で12(本当は13なんだけど、まあその辺は読んでみればわかるから)。その12の問題にちなんだエピソードが全12章になっている。とは言え、もちろんクイズの出題が主人公の人生の時系列に沿っているなんてご都合主義な話じゃないから、例えば第一章は彼が13歳のとき、第二章は8歳のとき、という具合だ。これがまた、記憶力の減退した僕みたいな読者にはちょっと骨が折れる。例えて言えば、歴史の勉強を13世紀から始めて、次は8世紀のことをやって、今度は14世紀に戻って、という感じかな。あれ?彼はこのとき何故ニューデリーにいるんだっけ?と、少し前の章をぺらぺらめくってしまうこともしばしば。最後の方に出てくる重要人物の、名前だけが最初の方に出てきたりして、混乱させられることもあった。ただこれは、逆に言えば、一度読んで終わりというんじゃなく、二度・三度読み返せば、その時々に新しい発見があるということも意味していると思う。あ、この人は実はもうここで登場していたのか、ってね。

この話の殆どが主人公の回想という形になっているのだが、細かいことを言えば、そんな5年も10年も前のディテールまで覚えているわけがないだろうって言いたくなるんだけど、まあそれを言ってしまうとこの物語自体が成り立たなくなってしまうので、ここはこの主人公が僕なんかと違ってもの凄い記憶力を持っていたということにしておこう。その数々のディテールがあちこちに伏線を張っていて、この物語を面白く膨らませているんだから。

伏線といえば、やはり途中に出てくるエピソードが伏線となって最後に登場する場面がある(これはネタバレとは言わないよね)。ずっと不思議に思っていたことが、そこでパズルのピースがぴったり収まるように解き明かされるのは、結構な快感だった。でも、これぐらいの謎解きは、もしかしたらこの手の本を読みなれてる人にはすぐわかってしまうのかな?

全400ページ弱、しかも決して大きな活字ではない、実に読み応えのある分量。でも僕は一日半で読み終えてしまった。というか、後半以降、止めようにもやめられなかった。面白くて。インド文化のことをあれこれ調べて書いてある割にはちゃんと平易にまとめた和訳もいい。原題である「Q And A」は内容をスマートに表したいいタイトルだと思うけど、多分日本でこのままのタイトルじゃろくに見向きもしてもらえないから、そういう意味ではこのちょっとユーモアのある邦題にしたのも正解だと思う。

帯には「映画化決定!」と書いてあるな。観てみたい。ハリー・ポッターみたいに妙に子供向けにされていなければいいんだけど。

最初の方に、僕は本もよく買うと書いたんだけど、出張で日本に行くときは荷物がかさばるので大体文庫本しか買わない。だからこれは久々に手に入れたハードカバーなんだけど、1900円か。CD1枚分の値段でこれだけ楽しめるんなら、これは買って正解ですよ、皆さん(ええ、僕は物の価値を判断するときには、それがCD何枚分に相当するかという方法を用いています)。


posted by . at 18:54| Comment(38) | TrackBack(1) | 非音楽的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
yasさんが長文をサクサク書ける背景には、読書好きという一面が隠されていたのですね。私は集中力がなくて本はほとんど読みません。まともに読んだ小説は「裸のランチ」と町田康や中原昌也の作品くらいなものです。
Posted by クロム at 2006年12月20日 20:34
この本、品切れで重版の予定もないみたいで、値段が上がっています。

>クイズ番組
Quiz Millionaireみたいなのでしょうか?
出場者の家族や知り合いが、咳の回数で答を教えていたといういかさまが、イギリスでは実際にありました。


Posted by LoonyLuna at 2006年12月20日 22:01
そうか、手に入りにくいのか。
読んでみたいのに・・・
ネットの古本屋さんで探します!
Posted by 青グリン at 2006年12月21日 23:27
●クロムさん
バロウズに町蔵さんに中原昌也。クロムさんのイメージにぴったりですね。「裸のランチ」なんて、集中力なしでどうやって読めるんですか?(笑)


●LoonyLunaさん
今日アマゾン見てみたら、増刷されているようですね。ちゃんと1995円で買えますよ。中古価格で一時9800円とかになってました。増刷された今も6400円なんかで出品してる人がいますね。何を考えているんでしょうか。

そうそう、作品中にもクイズ・ミリオネアの話が出てきますよ。


●青グリンさん
そういう訳で、手に入りやすくなったようです。よかったですね。古本屋で安くなるのを待つというのも手ですが。
Posted by yas at 2006年12月24日 18:44
最後から三段落目まで記事を読んで、本のタイトルが「1ルピーは約3円」だったかなと思って慌てて戻りました。そんな邦題はシュール過ぎますね。(笑)
私も伏線がしっかりしていて、しかもほとんど忘れかけたくらいの頃にぴたりと本題に絡んでくるような作りこまれた話は好きですよ。なのでとてもこの本を読んでみたいです。その際には主な登場人物の頁を拡大コピーして壁に貼っておきますね。はい、私も名前を覚えるのが苦手です。
また読んだらネタバレにならない程度に感想を書き込むか、いっそ自分のブログで紹介してTBさせていただきます。
Posted by かえで at 2006年12月24日 23:29
●かえでさん
僕はこの本もわくわくして読みましたが、かえでさんの書くこの本の感想文も是非読んでみたいです。あとで、登場人物の名前をどちらが沢山覚えているか競争しましょうね。
Posted by yas at 2006年12月26日 18:17
こんにちは。本が届きましたよー。ちゃんと始めから読もうと思います(あ、ちょっと終わりの2ページだけ見ちゃおうかな‥)。
では装丁に使用されている紙の解説を少々。カバーはハンマーストーンGA。帯はタント-eのE-53、見返しはOKミューズカイゼルのからし色です。
Posted by カブ子 at 2006年12月27日 16:58
●カブ子さん
カブ子さんには終わりの2ページから読むことをお勧めします。是非せっかくの伏線を台無しにしてみてください。

紙の解説、すごいですね。きっと皆さんが僕のブログを読んでるときって、こういう気持ちになるんでしょうね。
Posted by yas at 2006年12月29日 13:29
トラバしてくれとったんで、後でこっちからもトラバさしてね!
Posted by 青グリン at 2007年01月04日 13:11
トラックがバックされないのです。時間がかかるのかと思って、何発もぷちゅんぷちゅんとうち込んだのです。後でいっぱい付いてたら、余分なのは消してください。
Posted by 青グリン at 2007年01月04日 20:03
●青グリンさん
何発ぷちゅんぷちゅん打ち込んでも、一つだけしか入らんようになってるみたいですね。トラバありがとうございましたー。この下の抜粋の2行半だけ読んでも可笑しいです。
Posted by yas at 2007年01月05日 14:55
ジミオン一周年記念対談を読んでコメント増やしに来ました♪
この1ルピは、そのうち日本から本をどっと取り寄せたときに読んでみようと思って、ずっと頭の片隅に置いているんですよ。
Posted by minira at 2007年07月02日 03:05
●miniraさん
出張から戻ってきました。過去記事掘り起こし作戦ありがとうございます。
今度日本から本を取り寄せるのはいつ頃のご予定ですか?もし秋に来日されるなら、そのときに買っていくという手もありますね。ハードカバーなんでちょっと重いのが難点ですが。その頃までに文庫になっていればいいですね。
Posted by yas at 2007年07月06日 23:20
映画、日本では公開未定のようですが、製作されましたよー!
トレインスポッティングの監督が撮ったようです。監督と脚本がイギリスで、登場人物もロケも全部インドだそうです。
アメリカでは公開されたようですから、出張先で見ることが出来るかもですよ!
Posted by きんぎょ at 2008年11月18日 20:43
きんきん、さすが!
情報早いです。
日本でも公開になるといいなぁ。
Posted by Luna at 2008年11月19日 08:03
■きんぎょさん
さすがに情報通。『スラムドッグ・ミリオネア』ってやつですね。今年のアカデミー賞なんて書いてあるレビューも見ましたよ。でも、原作がこの本だということがどこを見ても書いてないんですが、どうしてなんでしょうね。ストーリーは間違いなくこれと同じなのに。

アメリカへの出張予定はないですが、本当にアカデミー賞を取るようなら、きっと遅れてでも日本でも公開されるかもしれませんね。楽しみです。


■Lunaさん
“コメント欄で他のコメンターに話しかけ返し”ですね。でも一応返事しておきます。あ、でも僕が書いたこととほぼ同一ですね。日本で公開になったら観に行きましょう。別々にですけど。
Posted by yas at 2008年11月22日 13:10
僕からタレコミさせていただきますー。

映画評論家兼ライターの町山智浩さんのブログにて、
しっかりと「原作はインド人の外交官ヴィカス・
スワラップの小説『ぼくと1ルピーの神様』」と
書いてありましたよー。


http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20081118


なんか、めちゃくちゃ面白そうな映画に仕上がって
そうですね。
Posted by 一本道ノボル at 2008年11月22日 21:52
■一本道ノボルさん
おお、この話題に一本道さんが。ここぞというところで颯爽と登場するところがまるでスナフキンのようです。

確かにこの本が原作だと書いていますね。これを期に文庫化されたりしないでしょうか。映画も面白そうですね。ギャガ配給ということで、とりあえず一安心です。来年中には観られるでしょうか。
Posted by yas at 2008年11月22日 23:05
ゆうべ、ゴールデングローブ賞授賞式のダイジェストを見ていましたが、スラムドッグミリオネア
4部門とってましたね。ますます公開が楽しみです。

部門ごとに表彰されるたびに主題歌が流れるのですがかっこよかったですよ!サントラも要チェキです。
Posted by きんぎょ at 2009年01月31日 15:44
■きんぎょさん
このコメント欄がこの界隈向けのこの映画の掲示板になっていますね。報告ありがとうございました。4部門というのは凄いんでしょうね。そこまで話題になったら、日本公開確実ですね。最近はあまり映画館に足を運ばなくなってしまった僕ですが、これは観に行きたいと思います。公開日が決まったら、またここで報告お願いします。

主題歌は、この映画のサイトを開いたら流れる曲でしょうか。確かにかっこいいですね。そっちは僕の担当ですので、チェックしておきます。
Posted by yas at 2009年01月31日 23:13
楽しみ楽しみ!
Posted by Luna at 2009年02月01日 11:11
■Lunaさん
ぜひそちら方面の方々と一緒に観に行って、顛末を長屋にアップしてください。こっちではその役はひそそかさんがやります。
Posted by yas at 2009年02月01日 11:37
私もこれは観に行きますッ!
Posted by 青グリン at 2009年02月02日 11:36
■青グリンさん
是非おかんと一緒に見に行って葉っぱの手帳にメモしてください。こっちではその役はひそそかさんがやります。
Posted by yas at 2009年02月05日 20:59
映画、賞とりましたね。良かった良かった。
Posted by 青グリン at 2009年02月24日 19:52
アカデミー賞発表の、このタイミングで文庫本になったので読みました。面白かった〜!
予定では4月18日くらいから公開になるみたいですね。
Posted by きんぎょ at 2009年02月25日 23:38
今日の日経しんぶんの春秋にも書いてありました。
Posted by ひより at 2009年02月26日 00:06
↑↑↑観に行きましょうね。
Posted by Luna at 2009年02月26日 09:16
何をまるっと投げてるんでしょーか、やっさんときたら。
では私は誰とどこへ観に行った顛末をメモればいいのか、段取りはyas兄ィにお任せします。
4月18日は中学のオフ会…じゃない同窓会なので、その週ははずしてください。
Posted by ひそそか at 2009年02月26日 14:41
■青グリンさん
ご報告ありがとうございます。僕もちょうどこの日にどこかでこのニュースを見たところでした。めでたし。


■きんぎょさん
文庫になりましたか。それはめでたい。それはともかく、今まで読んでなかったんですか?きんぎょさんともあろうお方が。

4月18日ですか。ありがとうございます。情報が早いですね。さすがきんぎょさんともあろうお方。


■ひよりさん
日経新聞に書いてありましたね。僕もちょうどこの日にそれに気づきましたが、コメント欄に来る時間がありませんでした。ご報告ありがとうございます。すっかり有名小説ですよね。僕のこの記事も最近結構アクセスされているようです。お陰で変なTBも沢山付きます。10マソとかもらえるらしいですよ。


■Lunaさん
みなさんご一緒にどうぞ。そしてみなさんのブログであれこれ感想を書き合ってください。こっちではその役はひそそかさんが(以下略)


■ひそそかさん
あ、やっと来られましたね。では段取りはなんとかしますので、ブログに書いてくださいね。あっちではその役はルナさんとグリンさんときんぎょさんとひよりさんがするそうです。

>同窓会なので、その週ははずしてください
一週間ぶっ通しで同窓会ですか?壮大ですね。
Posted by yas at 2009年02月28日 17:52
文庫本、売れてますね。
うちの近所の本屋さんで、入ってすぐの所に平積みされていました。
Posted by minira at 2009年03月04日 14:04
■miniraさん
ほんとですね。文庫版840円。文庫本としては高い方なのかもしれませんが、あの内容でこのお値段なら安いものだと思います。お陰様でこのブログのこの記事もなんだかやたらと検索されているようです。お陰様でヘンなコメントやTBも花盛りで、削除するのに一苦労です。
Posted by yas at 2009年03月07日 17:31
著者のヴィカス・スワラップさんが大阪の総領事になられたそうです。昨日のローカルニュースに出てました。日本の作家で好きなのはハルキさんだそうです。

Posted by Luna at 2009年08月15日 17:15
■Lunaさん
ほんとにこの記事のコメント欄は息が長いですね。初めて読んだ時から面白い本だとは思っていましたが、まさかこんなに何年間も話題が続くなんて。

スワラップさん、言われてみれば元々外交官なんですもんね。実は来週、インドのビザを取る予定なのですが、もし彼が大阪の領事館でなく東京の大使館に就任されていたら、僕のパスポートにサインをもらえたかもしれなかったんですね。ルナさんも彼のサイン目当てでインドのビザ取りますか?
Posted by yas at 2009年08月16日 11:44
今朝の某国営放送全国ニュースでヴィカス・スワラップさんが出てはりました。大阪弁もちょっと喋れるみたいです。
Posted by ひより at 2009年09月29日 18:29
■ひよりさん
ほんとにこの記事のコメント欄は息が長いですね(このコメント欄の枕詞)。

8月に総領事に就任して、もう大阪弁を喋れるようになったんですね。さすが頭のいい人ですね。「もうかりまっか」と言われても、「あんたほどやおまへん」と言わざるを得ませんね、これだけ本も映画もヒットした後では。
Posted by yas at 2009年10月04日 00:20
頂き物の本を読み終わってから家の本棚を眺めていてびっくり。
この本の翻訳者を見てひっくり返りました。
みんな知ってたの?!
Posted by きんぎょ at 2009年10月20日 12:35
■きんぎょさん
ほんとにこの記事のコメント欄は息が長いですね。

>みんな知ってたの?!
いったい何のことを仰っておられるのやら…
Posted by yas at 2009年10月20日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

このにさんにち
Excerpt: それは出かけるときだった。 わ!評判になっとる本が来た。 おし、読みながら行こう。颯爽と歩く小粋なわたす。 電車で座って読みたいのじゃ。駅へゴーゴー。 アラファト議長似のジジと一緒にい..
Weblog: 葉っぱの手帳
Tracked: 2007-01-04 13:49