2006年10月29日

心の鎮痛剤 Tamas Wells 「A Plea En Vendredi」

Plea en Vendredi Tamas Wells 「A Plea En Vendredi」

先日、友人に会うために訪れた小さな街のCD屋でふと見かけたアルバム。
僕はそのグループの名前さえ聞いたことがなかったのだが、この無機質なジャケットにまず惹かれて手に取った試聴機のヘッドフォンを、最後の曲まで耳から離すことができなかった。

タマス・ウェルズ。ミャンマー出身のオーストラリア人シンガー・ソングライターが自分の名前を冠した4人編成のグループ。とはいえ、リズム楽器は非常に控えめに、タマスの声とギター、そしてピアノをサポートするにとどまっている。

なんというデリケートで儚い音だろう。こんな紹介文を書いておきながら甚だ申し訳ないが、僕は自分の拙い日本語でこの美しい音楽をきちんと説明することができない(いや、他の言語ならできるという意味じゃないよ)。

二つのインストゥルメンタルを含む全11曲。わずか33分の、ささやかな短編集のようなアルバム。

ライナーノーツによると、彼はオーストラリアからのNGOで医師として働く妻とともに、ミャンマーでエイズ教育の地域医療プロジェクトに関わっているという。そのライナーが結論付けているように、彼のその経験がこの美しい音楽を生み出したのかどうかは、僕にはわからない。

でも、日本盤CDの帯にある、

  「すべての痛みを除去する、この世で最も純潔な歌声」

というコピーが、このアルバムを如実に表現していると思う。心が痛んだときに聴いていたい音楽をまたひとつ見つけたことを喜びたい。
posted by . at 16:54| Comment(26) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わあ〜実に興味深い音楽のご紹介ですね!私にとっての「心の鎮痛剤」といえば、以前はキンクス、ここ数年はラファエルズ(故スチュアート・アダムソンとマーカス・ハモンのユニット)でしょうか。このアルバム、是非チェックしてみますね。これからも(私を破産させない程度に)良い音楽を教えて下さい。
Posted by クロム at 2006年10月29日 20:31
前の記事をやっと読み終わったと思ったら、もう次のエントリーが立っているんですね。算数の計算をしている暇もありません。

>「すべての痛みを除去する、この世で最も純潔な歌声」

今、この歌声を届けたい大切な友人がいます。
いいものを紹介してくださってありがとう。
Posted by ひそそか at 2006年10月30日 01:00
言葉を並べずに伝わることもありますね。
別人のように短い記事ですが、美しい音楽、伝わってきましたよ。
Posted by カブ子 at 2006年10月30日 08:45
●クロムさん
最近は「奴隷」記事じゃなくても書き込んで頂けてすごく嬉しいです(笑)。さすが、スチュアート・アダムソン マニアのクロムさんですね。それは彼が亡くなる直前に組んでいたユニットなんですね。初めて知りました。ビッグ・カントリー風なのかな。探して聴いてみようと思います。


●ひそそかさん
これで算数の計算から逃れられたと思ったら大きな間違いですからね(笑)

もしお友達がこれを気に入ってくれたら嬉しいです。


●カブ子さん
別人のように真面目なコメントですね。こんなつたない文章で何かが伝わったのなら、よかったです。
Posted by yas at 2006年10月30日 19:03
スクロールせずに読めるなんて、はじめてかしら。

心の痛みを鎮めてくれるCD、いいですね。覚えておきます。

ところで、怒りを鎮めるCDありません?
こんな時間に、今日ご飯いらないとメールしてきた輩がいるんです。私に、どうせよと?
Posted by LoonyLuna at 2006年10月30日 21:26
>yas兄ィ
早速アマゾンから友人に送る手配を済ませました♪

>Luna姐さま

今日は家で食べないとばかり思っていたのに、9時過ぎてから「何か食べるものある?」とメールを寄越された怒りを想像して、どうかお鎮まりください。
こともあろうに10時を過ぎてメールしてくることもあります。
もちろん「ない!!」と即返信します。
Posted by ひそそか at 2006年10月30日 22:14
>Luna姐さま

それ、胸痛いっすよ(; ;)15年ほど前のおいらそのものですΣ( ̄□ ̄;)!!
残ったご飯、うちに送って下さい(笑)
今晩と同じになるはずだった明日の朝ご飯にします♪

>yas兄
うー、気になるCDっす。今のぐれことおいらに必要な気もする(笑)
Posted by あんぐれっちーに at 2006年10月30日 23:34
大人になったら痛みとは決別できると思っていたはずが、時に襲ってくる痛みは若い頃よりも深刻なあまりに激しさを増しているように思えます。けれども大人には蓄積された抵抗力と、このような癒しの道具があることが強みでしょうか。

趣味:書くこと 仕事:書くこと 気晴らし:書くこと 特技:書くこと というくらいに書くこと好きを自負している私も、時に言葉の無力さにうちひしがれることがあります。

結局言葉探しとは感情の近似値を求めているだけで、そのものにはなれないのだと諦めそうになることも。だからこそ、このCDを聴いてみたいです。それでyasさんとこれらの音楽を表す言葉を手探りで見つけてみたいですね。若者の身体がみるみる蝕まれていく状況下で生きる人間の作る曲が、それらと無関係ではありえないと思います。分からないなりに、心を研ぎ澄ましてみませんか。

偶然私も小さな街の住人なのですが、この小さな街の中でも大きなCD屋さんがどうやら潰れたようです…。店で見つけて買いたかったのですが無理なので、ネットで注文しようかしら。アマゾンを利用するのは愛ルケ購入以来なんですけれど。

お友だちに会ったりオフ会に行ったりライブに行ったり、スケジュールいっぱいの訪日だったようですけれどお仕事もあったようですね。奇遇ですね。

私の生活時間とはまったくズレた時刻に書き込んでしまいました…。こういう文章は後で読むと、ろくなことがありません。
Posted by かえで at 2006年10月31日 02:27
よ、良さそー。
最近、この近所で、罪のない弱いもの達に、殴る蹴るの暴行を加えているようですが、ホンマはyas兄やん気が優しいね。

これは聴きたいです。

Posted by 青グリン at 2006年10月31日 21:32
●LoonyLunaさん
僕は会社で使ってる11インチの小さいスクリーンで見ながら書いたんでスクロールせざるを得なかったんですけど、そういえば家の大きなモニターで見たらスクロールしなくてよかったですね。これは便利。これからもこのサイズを目指します(ウソ)。

夜中の9時半にごはん要らないコールですか。それはそのまま翌朝までちゃぶ台の上に置いといて、にっこりと「朝ごはんですよー」と呼びかけるのがいいでしょうかね。ハエがこないようにちゃんと半球状の金網をかぶせておくのを忘れないように。


●ひそそかさん
僕のブログのアフィリエイトご利用第一号!です。ありがとうございました。僕のセンスを信用してくださって、自分で聴きもしないうちに大事なお友達にプレゼントするために買って頂いたなんて、光栄です。「なにこれー。全然よくなーい」とか言われた暁には、僕はブログを閉鎖します(ウソ)。


●あんぐれっちーにさん
ぐれこ君、0歳にして早くも心の痛みをお持ちですか(笑)。これは基本的にフォーク系なので、あんぐれさんにもとっつきやすいかもしれません。機会があれば是非どうぞ。


●かえでさん
記事より長く深遠なコメント、ありがとうございます。

ロッド・スチュアートの名唱で有名な(キャット・スティーヴンス作)「The first cut is the deepest」という歌がありますが、この歳になっても、必ずしもその言葉が真実を表しているとは思えないこともあります。過去のどんな痛みの思い出も今現在の痛みにはかなわないと感じてしまうのは、僕が大人になりきれていない所為ではないんですね。励みになりました。

かえでさんの言葉で描写されたこの音楽を、ぜひ読んでみたいです。この界隈の方々に強く影響を受けなければ(特に今は亡き恭子さんに)こうして不特定多数に向けて(いや、ほぼ特定かな?)自分の文章を発表するなんてことを考えもしなかったはずの僕です。これを機会にかえでさんの表現を少しでも吸収することができればと思います。

CD屋受難の時代ですね。僕も数ヶ月に一回渋谷に通っているのですが、かつては「世界一レコ屋密度の高い街」といわれたあの場所も、今や惨憺たるものです。

前回の訪日は本当に充実したものでした。そして、やたらと偶然の神様が僕にちょっかいをかけてきた時期でもありました。ふと出かけた街でこんな素敵なCDを見つけたことも含めて。


●青グリンさん
殴る蹴るって、また人聞きの悪い(笑)
これグリンさん気に入りはると思います。梅田あたりのでっかいCD屋でどっか試聴さしてくれるとこありませんやろかね。それか、騙されたと思って、僕のこと信じて買うてみてください。もしよくなかったら、100かっぱ返しますから。
Posted by yas at 2006年11月01日 18:58
聞きましたー!教えてくれてありがとう。
きれいな、いいCDでした。yasの教えにハズレなし。何度も聞きます。
Posted by 青グリン at 2006年11月05日 23:36
●青グリンさん
わぁ、聴いてくれはったんですね。
気に入ってもらえて、よかったです。
これでちょっとでもグリンさんの気持ちが楽になりますように。
僕は今のとこ、2曲目が一番好きです。
また何かいいのあったら載せますね。
Posted by yas at 2006年11月06日 16:53
私も聞きましたー。
「心の鎮痛剤」ということばがぴったりなCDですね。大切な友人に贈りたいと思いました。
Posted by にんじん at 2006年11月09日 19:35
早速注文したところ、到着は10日以降になるということでしたが、はやばやと到着しました。得した気分です。

ライナーに、幻を視せる力「幻視力」とありましたので、私も私がみた幻について描かせていただきますね。

ガラスの管をガスバーナーにあてて、両端を引っ張ると細く伸びますよね。それを極限まで引っ張っるとやがて切れると思います。その先はごく細く、まるで手招きをするようにゆるやかなカーブを描いているのではないでしょうか。音楽を聴くうちに、それをたくさん集めて作った小さな刷毛が心に浮かびました。

タマス・ウェルズの音楽を聴いていると、その刷毛でそっと心の柔らかな部分をなでられているような気持ちになります。カーブした外側はひんやりと冷たくてつるつると優しい感触。そして内側を使って引き戻す際には、かすかに突き刺さるような鋭い痛みを伴います。絶え間なくなでられる心はそれでも心地よく、優しさがあるから鋭さが気持ちよいのか、鋭さがあるから優しさに癒されるのか、それともその両方なのか自分でも分からなくなるくらいに、その相反する感覚に酔ってしまいます。

どのように捉えてよいものか分からない難解な歌詞ではありますが、無理に韻を踏んだわけでもなく、ただそのメロディにふさわしい言葉を選んだらこうなったのではないかとさえ思わせますね。どんな風にでも解釈できる余地を残してくれることは、さまざまなバックグラウンドを抱えた聴者にとって、この上なくありがたいことでしょう。

ちなみに私は
He likened to me but I wondered if he were to see
の部分が好きです。

付けたしですが、私も以前仕事で紹介文などを書いていたことがあります。
場合によりけりなのですが、たいていの場合、文章を書く際には
その人、その物を心底愛してラブレターをしたためるがごとく書いていた覚えがあります。そういった意味でも
このCDに入っていた紹介文は、筆者からアーティストへの溢れる愛情を感じることが出来、とても素晴らしいと感じました。

ずらずらと言葉を並べる以上に、私がこのCDを気に入ったということを伝えるにはこの言葉しかありませんね。
毎朝、毎晩聴いています。
好きなCDがいっぱいある現在においてさえも。

※先日いただいた長いコメントへの返礼です(別名:お礼まいり)。
Posted by かえで at 2006年11月11日 07:26
●にんじんさん
長い間返事もせずに放ったらかしてすみませんでした。なんだか結構沢山の方々がアフィリエイトでこのCDを買ってくださったみたいで、本当に嬉しいです。いや、僕に入ってくるお金なんて全然大したことないんでそんなのはどうでもいいんですけど、それより僕がこうして紹介した音楽を聴いていただいて、「よかった」って言ってもらえるのがなにより嬉しいです。ありがとうございました。


●かえでさん
流石ですね。素晴らしい文章です。これから僕がどうやって書いたらいいかわからないものは、かえでさんにCDを送りつけて代筆してもらうことにしますね。短いコメント返しですが、しょうもないことを長々と書いてこのかえでさんの名文を汚したくないので、この辺にしておきます。毎朝、毎晩聴いていただいて、ありがとうございます。すごく嬉しいです。
Posted by yas at 2006年11月12日 17:58
tamas wellsで検索してこちらに辿り着きました。はじめまして、一本道ノボルと申します。あらためて、このような素敵なお言葉でtamasの音楽をご紹介いただいたお礼を言わせてください。本当にありがとうございます。

実のところ、あのただ長いだけのライナーを書いた者です。7000字に及んだ(ぶっちゃけ、当初の規定字数は3000字でした・苦笑)あのライナーを読んでいただき本当にありがとうございます。弟の提案でTamas Wellsのこのアルバムを日本盤化することを決意したとき、レーベルで働く彼はこれが売れなければ退職する決意でした。名前なんて関係ない、ただ素晴らしい音楽がこの日本で受け入れられないのならば、それは自分が身を粉にして働く価値の無い場所だと。だから、僕たちは音楽の可能性を信じることにしました。「試聴してもらえさえすれば、なんとかなる。ならなければ嘘だ」と、8割の不安と2割の楽観に支えられながら。


ライナーを書いてくれ、と言われました。本来、そのような不退転の決意を持った男が書くべきだったのでしょうけれど、彼は俺に託してくれました。ライナーなんて一度も書いたことなかったのに(一方の弟は今まで10作以上の作品を書いてます)。「形式なんてどうでもいいから。とにかく書きたいように書いて。字数はこっちでなんとかする」。その言葉に導かれて仕上がったのがアレだったんですが、上梓して発売になってちょうと一ヶ月が過ぎた今も、後悔ばかりが募っていました。


彼の作る「うた」と向き合ったとき、本当に己の言葉の無力感を感じたこと。この素晴らしい音楽を前に何を紡ぎ出せばいいのだろう・・・。きっと9割以上の人が名前すら初めて聴くアーティストであるわけで、情報として何を伝えるべきか、情緒として何を伝播するべきか。対訳に踏み込むべきか。サウンドに深く斬り込むべきか。結局、自分が感じたことを願いと共に書き連ねたのですが、もっと上手く書けたんじゃないかと悩むばかりで(誤解を招きやすい表現が多かったことも反省点で)。

それでも、こうして聴いていただいた皆さんがそれぞれのイメージを膨らませてくださり、そして自分が願ったとおりに痛みを和らげる処方箋として彼らの音を日常の端々に染み渡らせてくださっていることに、感動と感謝の想いが溢れ出てくるばかりです。


Tamasは現在もミャンマーに滞在して彼のライフワークに従事しています。来日公演に関して、レーベル側からも提案があったりしたのですが、彼のスケジュールが空いて、こちらの準備も整えばなんとか実現させたいですね。オーストラリアなんて欧州米国に比べたら本当に気軽に来てもらえる国ですから。
Posted by 一本道ノボル at 2006年11月14日 19:59
●一本道ノボル様
初めまして。びっくりしました。まさかライナーを書かれたご本人からコメントを頂けるとは。ライナーに署名されたお名前とは違うようですが、きっとどちらかがHNですね(こちらに決まってますね・笑)。

こちらこそ、こんな素敵なCDを日本発売にこぎつけて頂いて、お礼を言わせてもらいたいぐらいです。大手レーベルのように大々的なプロモーションが打てるわけでもないでしょうから、ここに書かれたこと以外にもさぞかし沢山のご苦労があったことと察します。上にかえでさんも書かれていますが、あの心のこもったライナーがこの日本盤CDの価値を高めていることは言うまでもないですから、そのご苦労は報われていると思いますよ。

僕もこうして稚拙な文章ながらもこのCDを応援させてもらい、このコメント欄に書き込んでくださっている数名の方々に実際に買って聴いていただくことができたのがとても嬉しいです。ほんの小さなサンプル数ですが、聴いてくださった方は全員揃ってよかったと言ってくださっています。これからも自信を持って良い音楽を日本に紹介してくださいね。

僕は今ニュージーランドに住んでいるのですが、隣国でありながら彼のCDは入手困難なようです。これを聴いてすぐにファーストも手に入れようとしているのですが、なかなか見つかりません。アマゾンで4-6週間配送となっているので、駄目もとで注文してみようと思っているところです(アマゾンのその手の表記って、数ヶ月待たせた挙句に「やっぱり廃盤でした〜」とか言われるケースが多いんですよね)。

日本公演、実現すればいいですね。できれば僕が出張で日本に滞在している期間にしていただければありがたいのですが(笑)
Posted by yas at 2006年11月15日 18:38
おっ、yas兄、すごい出会いがありましたね。おめでとうございます!!
このCDを買わねば...と思ってタイトルチェックするために戻って来ました。
近くのレコード店で買おうと思ったのですが、どのジャンルに売っているかが分からず、レコードやで数日迷いに迷って...結局アマゾンで頼むことにしました。
レコード店は行きなれていなくて、どうも苦手なんです。
Posted by minira at 2006年11月22日 01:33
うっ、UKのアマゾンにはなかった...
Posted by minira at 2006年11月22日 01:50
●miniraさん
買おうとしてくださって、ありがとうございます。でも、アマゾンUK、置いてないですね。日本とアメリカにはあるのに。日本のアマゾンは海外発送してくれると思いますけど、送料もバカにならないですよね。ついでに例の女性歌手のCDも一緒に注文して、一枚当たりの送料を減らしますか(笑)

Posted by yas at 2006年11月23日 23:07
日本のアマゾンかUSのアマゾンで...とも思ったんですが、送料もだけど、問題は税金なんです。馬鹿にしてるんじゃないの?!と思うぐらい高〜くとられるんですよ。例の女性のCD購入して既に経験済み(笑)
今、日本にお正月に帰る友人に頼んで買ってきてもらおうかなと考え中です。
Posted by minira at 2006年11月27日 23:37
●miniraさん
税金って12%ぐらいでしたっけ。日本で消費税込みの代金を払って輸入してるのに、それはないですよねえ。
先日渋谷のHMVに行ったら、このCDが試聴機のところにずらっと並んでいましたよ。ご友人にも簡単に買って来てもらえそうですね。
Posted by yas at 2006年11月29日 09:52
日本にいる奇特な友人がクリスマスプレゼント何がいい?って聞いてきたので、迷わず、このCD欲しい〜!ってリクエストしました。
クリスマスシーズンは郵便の混雑でちゃんと届かないことが多いから、年明けに届くようにしてもらいました。もうすぐ、「すべての痛みを除去する、この世で最も純潔な歌声」が聴けるんです!ああ、楽しみだー!

イギリスは消費税は17.5パーセントです。でも、CDを海外のお店から直送してもらうと、輸入税みたいの取られます。4割ぐらい取られるような気がするんですけど。
最近、香水を通販で海外から取り寄せた知人も、ひゃ〜税金高いってあえいでましたよ。
Posted by minira at 2006年12月23日 08:46
●miniraさん
日本からのプレゼントと言われて、真っ先にこれを思い出していただいて、すごく嬉しいです。早く届くといいですね。

4割って、めちゃくちゃですね。逆に、僕がここからアマゾンUKにオーダーすると、表示価格から結構引かれた値段で買えますよ。それが税金分なんでしょうけど。もともとの表示価格が高いんですけど、その引かれた税金分と送料がちょうど相殺するぐらいの感じで、なんだかちょっと得した気分です。
Posted by yas at 2006年12月24日 21:17
やっとこさ聴きましたよー。
友人に贈ろうと思って取り寄せたのですが、思わず開封してしまいました。きれいな曲ですね。じっくり聴いたりエンドレスでBGMにしたりいろんな聴き方をしています。気に入りました。
Posted by カブ子 at 2007年06月19日 18:34
●カブ子さん
おや、Lunaさんが9ヶ月越しにスプリングスティーン記事を掘り起こしたかと思えば、こちらでは約8ヶ月ぶりにタマス記事発掘ですか。ありがとうございます。

そうか、カブ子さんはこれ聴かれていなかったんですね。カブ子さんのようなヘンテコなご趣味の方に気に入って頂けるかどうか不安でしたが、よかったとのことでなによりです。

お友達にも喜んでいただけるでしょうか。
Posted by yas at 2007年06月19日 19:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック