2006年09月23日

今更ですがジェームス・ブラント

たった二つ前の記事にメジャーな音楽は採り上げませんって書いた舌の根も乾かぬうちにこの始末(笑)。でも数ヶ月前に買ったDVDをやっと今日観たので、それを記念(?)して記事にしよう。この人のことは、というか「You're Beautiful」という曲のことは、普段洋楽を聴かない人でも知ってるんじゃないだろうか。去年世界中で大ヒットして、確か日本では何かのCMにも使われたとか。

僕のオフィスで近くに座っているスタッフがいつも同じ局のラジオを聞いてるんだけど、どうもその時その時のヘビーローテーションを一日何十回もかけるのがその局の方針らしく、去年のある時期この曲を嫌というほど耳にして、しかも僕の隣に座っているセールスマネージャーが自分の携帯の着メロをこの曲にしてたもんだから、もう心底うんざりして「もうこんな一発屋、早く消えてくれ」と思ってた(そいつセールスマネージャーなもんだからやたらと電話かかってくるんだよ。しかも携帯机に置きっぱなしにして外にタバコ吸いに行きやがるし)。だからつい最近になるまでCDも買わなかったし、今年の初めに彼がオークランドに来たときにも観に行かなかった。

それは判断ミスだったね。何かのきっかけでアルバム通して聴く機会があったんだけど、その後迷わずそのファーストアルバム「Back To Bedlam」と、当時出たばかりだったライヴDVDとCDのセット「Chasing Time」を買いに走った。幸いなことに、もうその当時はブームのピークは過ぎてたから、中古屋に「Back To Badlam」が結構出回ってた。出遅れたことへのせめてもの抵抗として、今流通している鮮やかな青色のジャケットじゃなく、初期盤の地味な灰色のジャケットのやつを探して買った。

ジミー ハデー

何はさておきこの独特の声。一歩間違えたら「変な声」なんだけど、ここではこれがとてもうまく作用している。一回聞いたら忘れられない声、これは何より貴重。そして、曲作りが上手い。高いように聞こえるけど裏声使ってて意外と声域広くないから口ずさみやすいし。これは流石に売れるだけのことはあるね。アイドルノリだと思ってたら大間違い。

今回の記事はどっちかというと「Chasing Time」のことを書こうと思ってるんで、「Bedlam」に関してはひとつだけ。かの大ヒット曲はサビだけ聞いてると単なるラブソングかと思ってたんだけど(「You're beatutiful x 3. It's true」だもん)、でもなんだか歌詞ちゃんと読むと、「地下鉄で見かけた天使みたいな綺麗な女の子。男と一緒にいたけど僕に微笑みかけてくれた。すごく綺麗、だけど僕のものじゃない(意訳)」って、おいおいストーカーかよ、ってな内容にも読めるんだけど。なんでこんな歌詞にみんな感情移入して大ヒットしたの?

Chasing Time「Chasing Time」のことを書こう。これは副題が「The Bedlam Sessions」といい、大ヒットしたファーストアルバムの曲を中心とした、BBCスタジオでのライヴ、4曲のシングルの5つのビデオクリップ、それらのメイキング映像、ドキュメンタリー、インタビュー等が入ったDVDと、アイルランドでのライヴCDのセット。まだあるのかって思うぐらいの盛り沢山。確かにあれだけヒットした完成度の高いファーストアルバムを作ってしまうと、2枚目のプレッシャーは並大抵のものではないと思うから、それがずっこけないうちに便乗商法でこういう商品を出しておこうというレコード会社の気持ちはよくわかる(笑)。

CDもDVDも、ライヴは基本的にはスタジオ盤の演奏を忠実に再現してるって感じ。CDの方にはクラウデッド・ハウス(はい皆さん、覚えてますか?僕のブログに何回も出てきてるフィン兄弟のバンドですね)の「Fall At Your Feet」のカバー、CDとDVDの両方の最後を締めくくるのがピクシーズの「Where Is My Mind?」のカバー。DVDは画像が綺麗!顔のアップになったときなんて、無精髭の一本一本が数えられるぐらい。

そう、顔のアップが多いんですよ。この人のビデオクリップ見たことあるかな。一番有名なのがやっぱり「You're Beautiful」だと思うんだけど、終始正面からの顔のアップ。おまけに寒そうな小雨の降る中、シャツ脱いで上半身裸になるし。えい、説明するの面倒臭いからビデオつけちゃえ。

http://www.youtube.com/watch?v=Bu2QA5FUGRA

なんなんでしょう。基本的にナルシストなのかな。ライヴ映像もやたらと正面からの顔のアップが多い。そこが僕にとってはネックだったね。演奏は(ものすごく上手いわけじゃないけど)メンバー全員きちんとしてるし、さっき書いたとおり映像はものすごく精細だし、ちゃんとサラウンド音声でミックスされてるし、何も問題はないんだけど、延々彼の顔のアップを見てることになんだか気恥ずかしさを覚えてしまった。いや、ハンサムな人だとは思うから、特に女性のファンにとってはすごくいいライヴ映像なんだろうなとは思うんだけどね。ちなみに5.1チャンネルのサラウンドは、スネアの音がやたら派手にリアチャンネルまで回りこんでる以外は、極めてオーソドックスな音作り。ちゃんと歓声だけが全チャンネルから聞こえてくる。

テレビの音楽番組を殆ど見ない僕にとって、意外と掘り出し物だったのがプロモーションビデオ集。基本的にはどの曲もさっきの傾向の顔アップ+運動するジェームス君、というなんだか典型的なアイドルものビデオの作り。「You're Beautiful」では何十メートルもの崖から海に飛び込むし、「High」の後期バージョンでは森の中を走り回るし、って感じで。彼はこの仕事を始める前はイギリス軍隊に所属していてコソボにも配属されたという話だったから、すぐ裸になって締まった体を見せたい気持ちもわからなくはないんだけどね。そういえば、「You're Beautiful」の、CDでは「Fuckin' high」って歌ってる箇所、ビデオでは「Flyin' high」になってるね。やっぱりテレビ放送の方が規制厳しいんだね。

そんなクリップ集の中で異色なのが「High」初期バージョン。これはアルバムからの最初のシングルカットだったから、もちろん「You're Beautiful」で大ブレイクする前に作られたビデオ。さっきみたいな映像が何曲も続いた後でこれを見ると、ちょっと笑い出さずにはいられない。これもリンクつけておこう。最初はまたさっきのみたいなナルシスト映像かなと思うんだけど、まあ見てみて。

http://www.youtube.com/watch?v=vIe4DUjZbK0

これはちょっと、差し替えになるよねえ(笑)。イメージぶち壊し。

彼のこれまでの経歴をまとめたドキュメンタリー「Being Blunt」とインタビュー映像もなかなか興味深い。初期のライヴ映像なんかも出てくるし。僕がファーストアルバムで一番好きな「Goodbye My Lover」のことをアルバムで一番重要な曲だなんて言ってるし。影響を受けたアーティストを訊かれて「ピンク・フロイド、レッド・ゼッペリン、ピクシーズ、最近ではエリオット・スミス」なんて答えてるのを聞いて、ああそういう人なのね、とも思うし。

そうそう、そのインタビューで説明してるけど、さっき書いたストーカーまがいの歌詞、あれはその地下鉄で見かけた女の子が実は自分の元彼女で、今はもう他の男のものになってるから自分は一緒にはなれないと、つらいけど現実を見ろと、そういう解釈だったそうな。

結論。このセットは、ファーストアルバムを気に入ってる人で、彼の顔が嫌いじゃない人なら買って損はないよ。ほんとに盛り沢山。僕はライヴCDの方を中心に楽しもうと思ってるけどね。

posted by . at 19:45| Comment(20) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ビデオ見ました。
ナルシストですね〜。確かに気恥ずかしい。
ファンだったらうれしいのかな?

ところで、昨日、1回目のライブに行ってきました。53歳の男に「キャー」と叫んできましたよ。
Posted by LoonyLuna at 2006年09月24日 12:54
●LoonyLunaさん
じらしますね(笑)いつになったら誰のファンなのか教えてもらえるのでしょうか。あちこちのブログのコメント欄で情報を小出しにされているので、それを頼りに推理しますね。
Posted by yas at 2006年09月24日 20:06
●Lunaさん
わかっちゃいました…(笑)
Posted by yas at 2006年09月24日 20:31
>Lunaさん
私もわかっちゃった! その人、私のファンが大ファンですよ!
Posted by カブ子 at 2006年09月24日 20:40
●カブ子さん
「私のファン」ってカブ子さんのファン?
Posted by yas at 2006年09月24日 20:46
>「私のファン」
うっ。ニホンゴがへんだ。
うん、でも「カブ子さんのファン」ってことでもいいです。
Posted by カブ子 at 2006年09月24日 20:54
てことは、僕ですか?
Posted by yas at 2006年09月24日 21:30
ビデオ見ました。
「You're Beautiful」の顔のアップ、困ってしまいます。どんどん脱がれるのもちょっと…。身につけていたものが並んでいる様子は私物フリマのようです。そっか、濡れちゃイヤだったのか。

「High」初期バージョンはどうしちゃったんでしょう。本人たっての希望で埋められているのでしょうか。わかんない。変わった映像好きだけど、これ、よくわかんないです。どう反応してよいのやら‥。
Posted by カブ子 at 2006年09月24日 22:15
>yasさん
何で、わかったかと思ったら・・・そっか、関西の会場は知り尽くしているのね。

>カブ子ちゃん
私のファン?なんじゃこれ?
Posted by LoonyLuna at 2006年09月24日 23:32
お久しぶりです。ぺこり。
「You're Beautiful」最初聞いたとき、ロッド・スチュワートだと思ったんです。やっぱし、若い嫁はんをもらって、仕事も頑張っとるんじゃなーと、思ったの。ちょっと声質似てませんか?
ほんとにアップで見せてますね。淋しそうな顔立ちしてますね。雨に打たれる捨てられ子犬みたいな感じをねらったんでしょうか。砂に埋まってるのは戦場のメリークリスマスのD・ボウイみたいでした。
Posted by 青グリン at 2006年09月24日 23:44
Luna姐さんのお熱い方が誰なのか知るべく地味なお部屋にさぐりに来ました。みかです。
うふ!

みかの知ってるライブハウスでは、50すぎのプレイヤーに向かって、同じく50くらいのおやじが「えーちゃーん!!」と熱く野太い声援を送っていました。
うーん、らぶりー!
やっぱいい男は50からですわね(問題発言?)

>私物フリマ
わははは。わははははは。

それにしてもyasさん、カブさんと仲いいですわね。
Posted by みか at 2006年09月24日 23:58
私もLunaねえさんのダーリンを探りに来まして、そしてyas兄とカブ子さんの会話にあてられて、ちょっとどきどきしていました(笑)

私もあるピアニストの追っかけです。
昨日、今日とコンサートで彼が同じ曲目を弾くのですが、もちろんそんなこと構わず両日とも聴きにいきます。(うふっ)
Posted by minira at 2006年09月25日 00:43
私も大人の会話にドキドキしてしまいました。今度誰かに告白する機会があれば、「あなたのファン、私以外にいるの?」を使わせてもらいます。
さて、現在たった一人の私のファンである夫がこの曲を含むオムニバスCDをプレゼントしてくれました。必死で聞き耳たてましたが、地下鉄でニコッとしてくれた天使みたいな若い子、彼氏がいるみたいだけどボクにはいい考えがあるんだよねー。と、怖い感じにしか聞こえませんでした。
そういう過去と現在が交錯した意味を聞きとるのは不可能です。
このCD、すごく売れてるみたいですが、オリジナルも聞いてみたいです。
Posted by かえで at 2006年09月25日 15:21
うわー、こんなにいっぱいコメントが入ってる。って、ほとんどLunaさんの話題ですね(笑)。では上の方から返事します。

●カブ子さん
「High」初期バージョンは、僕には生首が唄っているようにしか見えません。あんな真剣な顔して歌われてもねえ。本当にデビュー当初はあの路線で行こうと思っていたのでしょうか。


●Lunaさん
関西の会場を知り尽くしているとは言っても、さすがにLunaさんが行かれる○○○市や○○市までは網羅していません(笑)。実を言うと、結構探し出すのに苦労したんですよ。限られたヒントを基に検索しまくりました。あの会場のヒントは最後の決め手になりましたが。


●青グリンさん
お久しぶりです。ぺこーり。ロッド・スチュワート、言われてみれば似てるかもですね。そういえばボウイも埋められてましたね。なんかナルシストは砂に埋められ願望があるんでしょうか。


●みかちゃん
「えーちゃーん!!」って、永ちゃん?ライブハウスなんかで演ってるんですか?それとも、永六輔?


●miniraさん
Lunaさんといい、みなさんよく同じコンサートに行かれてるんですね。いい年して追っかけなんてしてるの僕だけじゃなかったんですね(笑)。今度はこの「あるピアニスト」を推理ですか?クラシック系ですよね、しかもロンドン… これは難しいぞ。


●かえでさん
この曲とか、ダニエル・パウターの「Bad Day」とか、最近のオムニバスCDには欠かさず入ってるみたいですね。今回紹介した2枚、例の曲以外もいいですよ。機会があれば是非どうぞ。

恋愛マイスターのかえでさんに使ってもらえるような台詞を吐けて光栄です。もしそれでうまくいった暁には、成功報酬として何か美味いもの作ってください。


●以上三名様
僕がカブ子さんのファンだというのは、かの四つ目小僧の記事以来この界隈では周知の事実だと思っていたのですが、ここまで突っ込まれると気恥ずかしい思いがします。これ以上言うとコメント削除しますよ(笑)
Posted by yas at 2006年09月25日 21:10
人をひやかすって楽しいですね。偶然、みか、minira、青グリンのお仕置きトリオもいることだし、かえでも奄美大島に送り込まれる覚悟でもうちょい引っ張りたい気分ですぅ。
注)その昔、上記三名は人の恋路をからかったため、ブログ主の逆鱗に触れ、こってり甘いデザートをこれでもかと食わされた挙句、甘いものだらけの流刑地に修学旅行としてほりこまれた経緯があります。かえで、今回喜んでこれに同行したい。ちょうど時差の関係で、ここの管理人さんもう寝てる頃だし。
ヒューヒュー
(そのわりには冷やかし方が控えめなのは慣れてないから)
Posted by かえで at 2006年09月26日 06:17
私が追っかけているピアニストはこれまたひねりもなにもないほど世にも有名な人なのですぐに分かると思います。過去、演奏後に2度ほど花束を渡し、握手をしてもらい...ぐふふふふ。

>かえで様
そういえばその方とあの方の恋の行くへはどうなったのでございましょうか...その後の顛末などご存知でしたら是非お教えくださいませね。
Posted by minira at 2006年09月26日 18:32
minira様
その方とあの方のゆくへは、聞かぬが花でございやしょう。
じゃなかった、お嬢さん、そいつは野暮ってもんでぇ。
(うふ)
ああ、火炎を3回吹いていたあの甘い夜のことが、なつかしいですわね。
Posted by みか at 2006年09月26日 22:04
>みがはん
野暮ですまねぇ。
ついつい、かえでさんの話きいて、昔を思い出しちまったんさぁ。
御免なすって。
Posted by minira at 2006年09月27日 05:00
自分で蒔いた種、実りの秋ですし自分で刈り取りにまいりました。

花の色はうつりにけりなイタズラに…
かの女性、キャラのつくりこみが粗く、すぐに馬脚をあらわしてしまったようですよ。若葉もゆる季節に生まれた物語、萌え〜な時期は足早に過ぎ去って、紅葉する間もなく落ち葉となってしまったとか。
今はその腐葉土が新しいストーリーを育んでいることが、彼女の喜びなんですって!

秋ですわねー。
あら、雨?

飽き冷めじゃ、濡れてまいりましょうぞ。
Posted by かえで at 2006年09月27日 17:29
●かえでさん
>人をひやかすって楽しいですね
お陰様でかえでさんのヒューヒュー以降僕のことをひやかす人はいなくなりました。人払い、ありがとうございました。


●miniraさん
すいません、ちょっと立て込んでて調べる暇がありませんでした。

>花束を渡し、握手をしてもらい...ぐふふふふ
この「…」には何が入るんですか?もう、大人なんだから。


●みかちゃん&miniraさん
僕その会には参加してないんですよ。なんか楽しそうでよかったですね。またどっかのブログでやりませんかね。


●かえでさんアゲイン
お見事な〆です。よく考えるとこの記事のコメント欄、Lunaさんの追っかけ話に始まり、かえでさんの自叙伝に終わりましたね。これだけ沢山のコメントが入ったのに、殆どの方がオリジナルの記事に触れてもいないというのもまた可笑しいです。いえ、文句を言ってるわけじゃありませんよ。いつも僕が皆様のコメント欄でやってることですから(笑)

Posted by yas at 2006年09月28日 08:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック