2006年09月16日

The Clash 「London Calling 25th Anniversary Edition」

僕の無人島レコを3〜4枚挙げた前回の記事で、当の「All Mod Cons」には誰もコメントしてくれなかったのに、併記した別のアルバムにLoonyLunaさんとかえでさんが反応してくれた。なんか日本でのジャムとクラッシュとスプリングスティーンの人気の差をうまく表しているようなエピソード。せっかくだから、それらのアルバムについても何か書いてみよう。無人島レコ有力候補三部作、第二弾はクラッシュの「London Calling 25th Anniversary Edition」。

London Calling.jpgユニヴァーサル・レーベルの「デラックス・エディション」に対抗し、ソニー・レーベルが「レガシー・エディション」というシリーズを出している。内容は前回説明したデラックス・エディションとあまり変わらないけど、まだ出ている枚数が少ない分、玉石混交のデラックス・エディションとは違い、本当に名盤と呼べるようなアルバムばかりがピックアップされている。このアルバムは、原題を見てわかるように、本来は1979年に発表された「London Calling」の25周年記念。日本でのみ「レガシー・エディション」という名で売り出されている。かなり分厚い紙ケースをパタパタと開けると、ディスクが3枚入っている。1枚目はオリジナルLPのリマスター盤。2枚目は今回の目玉、「London Calling」の録音に入る前のリハーサルをカセットで録音してあった通称「The Vanilla Tapes」。3枚目がDVD。

「The Vanilla Tapes」は、よほどのファンでないとちょっとお薦めできないような音質と内容。殆どがアルバム収録曲の初期バージョン。まだ最終タイトルになっていないものもある。歌は入っていたり入ってなかったり。未発表曲が5曲入ってるけど、ものすごく良い訳でもない(だからアルバムからは落とされたんだけど)。

元々発表するつもりのなかったリハーサルの録音だからしょうがないんだけどね。強いて言えば、誰かのホーム・ムービーを延々見せられてる感じ?それも音だけを。でも、僕にとってこれは「中学生のときに親しくしていた近所の兄ちゃんたちが映ってるホーム・ムービー」みたいなもの。しかも一番よく面倒見てくれた兄ちゃんは4年前に亡くなってしまったから、その人の声が聞こえるだけでもちょっと感傷的になってしまう。

「The Guns Of Brixton」の原型である「Paul's Tune」でのポール・シムノンのおっかなびっくりのベース。この人、クラッシュに入るまでろくにベースを弾いたことなかったし、この唯一の持ち歌「The Guns〜」をステージで歌うときも、歌いながらだとベースラインをキープできないから、ジョー・ストラマーのギターと交換してもらってたぐらい(それでも歌は下手)だったから、最終テイクでないこのバージョンがこれだけよれよれでも不思議はない。当時の仲間で言えば、例えばブロックヘッズのノーマン・ワット=ロイあたりにこの曲でベースを弾かせていれば、これはもっとグルーヴの効いた格好いい曲になってたかもしれないのに(そしたら今度はライヴでこの曲を演奏できなくなってしまうけど)。

どのリハーサル・テイクを聴いても、やっぱり一番テクニックがあるのはドラマーのトッパー・ヒードン。かつてジョーが彼を評して「このバンドにおける発電所みたいな奴」なんて言っていたのを思い出させる、タイトで小気味いいドラム。それだけに、この人が一番先にヘロイン中毒で脱落してしまったことが悔やまれる。

「The Vanilla Tapes」の最後から2曲目に入っている、最終テイクとは違う(ちょっとダサい)歌メロの「London Calling」のリハーサル・テイクを聴いたすぐ後に1枚目(リマスター盤オリジナル・アルバム)の1曲目(同じ曲)を聴いてみると、本当にいいプロデュースというのはこういうことだというのがよくわかる。

その、本当にいい(?)プロデューサーのことがよくわかるのが、3枚目のDVD。これは、@ドン・レッツ監督(偶然、前回のジャムのDVDもこの人が監督)の、メンバーのインタビューを中心にしたアルバムのメイキングビデオ、Aスタジオでの録音風景を撮った白黒ビデオ、Bプロモーション・ビデオの3部に分かれている。

@にはいろいろと興味深いエピソードが出てくる(彼らのことをしらない人が聴いても興味深いかどうかは不明)。僕はジャム・セッションでギターを弾くトッパーを初めて見た。ちなみにジョーはピアノ。ドラムを叩いている人は誰だかよくわからない。他には、予想はついていたとはいえ、ミック・ジョーンズ本人の口から出た「殆どの曲はジョーが詞を書き、俺が曲を書いた」という事実(それにしても、これだけ素晴らしい曲を書ける音痴を僕は他に知らない)。

しかし、意外とこのDVDの目玉なのはA。今回あえてこんなに画像の荒れたビデオを収録した目的が、これを観てよくわかった。スタジオでの録音中、メンバーが演奏してる横でハシゴを振り回したり椅子を床に叩きつけたりするプロデューサー(ガイ・スティーヴンス)。メンバー苦笑い。ピアノを練習するジョーの手の上に、鍵盤の端から端までワインを注いだとか(ピアノの修理費6千ポンド!)、とにかくメチャクチャな人。それでも、@ではメンバー皆が「今回のプロデューサーとはやり易かった」なんてコメントしてるところを見ると、前回のサンディー・パールマンってどんな奴だったんだって思ってしまう。

でも、その基地外プロデューサーが仕上げた作品が1枚目の「London Calling」。多くの人がクラッシュの最高傑作に挙げ(僕もそれに一票)、ローリング・ストーン誌が「80年代最高のアルバム」に選んだアルバム(それに対するジョーのコメント:「あれは79年に出たんだよ」)。全19曲、捨て曲なし。オリジナルのLPは二枚組。でも当時メンバーはそれを誰でもが買えるようにと一枚の値段で売り出した(そういうところが格好いいんだよね)。

格好いいと言えば、DVDのBにあたる3曲のプロモーション・ビデオ。最初は言わずと知れた「London Calling」。夜の埠頭、雨が降りしきる中を黒ずくめのメンバーが白い息を吐きながら演奏するこのビデオは、僕は世の中に存在する全ての音楽プロモ・ビデオの中で一番格好いいと思う。さすがに25年前の画像は今の基準からするとかなり貧弱だけど(こういうDVDに収録する機会にきちんとリストアしてほしかったんだけど)。

残る「Train In Vain」と「Clampdown」はライヴ風景。前者でキーボードを弾いてるのはブロックヘッズのミッキー・ギャラガーかな。後者を観て、僕は25年前の大阪公演を思い出した(あの時はこの曲の前にすこし変わったイントロがついてたと思うんだけど)。さっきも書いたように、ライヴでの演奏はどちらかというと下手なグループだったけど、こんなに粋なバンド、他にいなかった。とにかくステージで映える。こんなライヴ録画が残ってるんぐらいなら、この時のコンサート全部録画してるんだろうに。それはいつになったら出してくれるんだろう。もう一人メンバーが誰か死ぬまで温存しておくつもりか?

やれやれ、長くなってしまった。でもこれだけ僕を感傷的にさせるアルバムのことを短くまとめて書くなんて最初っから無理な話。ここまで読んでいただいた方、どうもありがとうございました。次回は無人島レコ三部作の第三弾、ブルース・スプリングスティーン。にんじんさん、お待たせしました(笑)。


posted by . at 21:27| Comment(6) | TrackBack(1) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんと、一番!
こんな音楽のわからないわらひが一番をゲットしてもいいものか...と思ったけど、折角来たのでゲットして帰ります。

>ポール・シムノンのおっかなびっくりのベース。この人、クラッシュに入るまでろくにベースを弾いたことなかったし...
このくだりを読んで武満を思い出しました。彼の自宅のピアノはアップライトで弱音ペダルがいつも下りていたそうです。ピアノが下手だから、おっかなびっくり弾いてたんですってよ。ピアノの曲いくつも書いてるのに。
Posted by minira at 2006年09月16日 23:01
全然関係ない話で申し訳ありませんが感動しているので書き込んでいいですか?

>ホーム・ムービーを延々見せられてる感じ?それも音だけを。
この一文読んで、ふと思い立ち、CKBのオフィシャルサイト見に行きました。「横山剣自宅録音シリーズ」のカセット、ずっと欲しかったんだけどいつもsold outでね、再入荷してないかなーと思って。そしたらナント自録シリーズの新しいのがCDで発売されてた〜! ありがとう兄ぃさん! 10代(!)の頃の剣さんの声が入ってる〜♪ 兄ぃさんのおかげで発見することが出来ましたよ、ありがとうぅ!!
はい、きっとすごく良い訳ではないんでしょうけどね(笑)。

ところでこのジャケの人、クラッシュの方ですか? もしかして名プロデューサーさんだったりして?! 荒くれ者なんですね。きみどりの彼氏にしたいです。紹介してくださいませんか?
Posted by at 2006年09月18日 13:47
しまったー! さっきのコメントに名前入れるの忘れた。でも入れなくても誰だかわかりましたね…。なので今回も入れませんよ、ふふふ。
Posted by at 2006年09月18日 13:50
●miniraさん
初1ゲット、ありがとうございます。世の中にはそういう自分の不得手な分野で人を感動させることのできる人たちがいるんですね。絵の下手な画家、字の下手な書道家みたいなものでしょうか。そういえば昔ある新聞に文章の不自由な作家が連載小説を載せていたこともありましたね。


●   さん
   さんは横山剣さんがお好きなんですね。ファンってそういうものまで手に入れてしまいたくなるんですよね。ちなみにこのジャケに載ってるのは、べーシストのポールさんです。このビデオに入っていた逸話によると、彼はベースを二つ持っていて、片方はいつもいい音が鳴り、片方はどうチューニングしても駄目だったそうです。このジャケはあるコンサートで撮られたものですが、ここで床に叩きつけられているベースはそのどちらだったかもうお分かりですね。

>きみどりの彼氏
彼女には半ケツ君がいるじゃありませんか。それとも半ケツ君は   さんが独占しようとされていますか?
Posted by yas at 2006年09月19日 18:43
生まれて初めて聴いたパンクのアルバムがこれでした。
衝撃、というよりは、訳もわからず聴いていて、気付いたら愛聴していたという感じです。
でも、その頃はあまりレコードが買えなかったので、レコードレンタルで。
その後、結局レコードを買うこともCDを買うことも無く、長いこと聴いてないです。
この3枚組みが出た時も買おうかなと思ったんですけど、そのままになってますが、いい機会でしょうか。
Posted by piouhgd at 2006年09月20日 10:39
●piouhgdさん
このアルバム、発表当時はガチガチのパンクスからはえらく評判悪かったんですよね。曰く「あんなのパンクじゃねぇ。クラッシュも終わった」と。それに対するジョー・ストラマーのかの名台詞「パンクはスタイルじゃない。アティチュードだ」。今になってみるとどちらが正しかったのかは明らかですが。

この3枚組はどうですかね。一応今回アフィ貼ろうとアマゾン・ジャパンを見てみたんですが、どうも日本盤はもう廃盤のようですね(一応初回限定生産だったので)。でも僕のよく行くCD屋では在庫過剰なのか$19.95(1500円程度)で投げ売られています。日本でも輸入盤ならお買い得で手に入るかも。でもこのDVD、インタビューばっかりなんで、字幕ないとつらいかもですね。悩ましいところです。
Posted by yas at 2006年09月21日 18:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

時空を超えて
Excerpt: 「横山剣自宅録音シリーズ」が届きました。3枚。 とある音楽ブログで、そのブログ主であるyasさんの思いが詰まったCDが紹介されている記事を読み、それがきっかけで買うことが出来たんです。思いっき..
Weblog: 一つ目小僧と三つ目小僧、どちらが好きですか?
Tracked: 2006-09-20 14:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。