2006年08月08日

グレン・ティルブルック来日! 僕も来日!

昨日からこの興奮をどう書こうかずっと悩んでるんだけど…

誰か僕に好きなアーティストを挙げてみろって訊いたら、1984年以降の僕なら必ず5番目以内に名前を挙げるグループがいる。いや、いた。それがスクイーズ(Squeeze)。

僕が説明し出すとまた止まらなくなるんで、詳細知りたい人は適当にどこかのサイトで調べてください。いや別に投げやりなんじゃなくって、本当に好きな人のことはそんな簡潔にまとめて説明できないから。僕がCDやLPを持ってる何百っていうアーティストの中で上から5番目っていうだけでわかってもらえるかなあ。やっぱり投げやり?

今はもう解散してしまったそのグループの中心人物(リードヴォーカル、リードギター、作曲担当)、グレン・ティルブルック(Glenn Tilbrook)が昨年に続いて今年もソロで日本公演を行う予定っていうのは知ってた。でもいつものことで、いくら僕の行きたいコンサートが日本であっても、そのためだけに日本まで飛ぶわけにはいかないから、今回も涙を飲んで見送ってた。

昨日会議のためにシンガポールに行って、次の東京での会議予定のことを小耳にはさんだ。まだ100%確定ではないけど、10月12日から週末をはさんで10日間程度、とのこと。ということは11日の夕方に東京に着いて…

「えっ?」一瞬、わが耳を疑ったよ。だって、グレン・ティルブルックのコンサートって、10月11日から15日まで。こんな偶然って…

今必死で自分を抑えてるのは、なんとか5日間全部のチケットを買ってしまわないこと。だって話によるとこの人ソロだとセットリストも作らず、毎晩全然違ったセットを演るって話だよ。僕の行かない日にあの曲とかあの曲とか演ったらどうするの。とはいえ、一晩5500円のチケットでしょ。うーん、どうしよう…


One For The Road

しばらく前に買って観てなかったDVD、「Glenn Tilbrook: One For The Road」をこれをきっかけに観た。内容をかいつまんで言うと、スクイーズ時代はマディソン・スクエア・ガーデンをソールドアウトにし、豪華リムジンで五つ星ホテルを渡り歩いていた彼が、今はソロで、キャンピングカーで全米横断ツアーをするっていう話。

まあそれだけじゃ単に落ちぶれたかつてのスターの後日談みたいだけど、負け惜しみじゃなくてこれが本当に彼が心から楽しんでやってるっていうのが見えてくる。数十人単位の客を前にアコースティックギターで唄い、そのまま唄いながら客と一緒に路上に出て行って、挙句の果ては見知らぬ車にドア開けさせてそこに唄いながら乱入したり、客の一人の家に押しかけてそこで小コンサートを続けたり(爆)

そこで唄われるのがあのスクイーズの珠玉の名曲の数々のアコースティック・ヴァージョンなもんだから、もうたまらない。またこの人って、ギタリストとしてはあまり注目されないけど、ギターもすごく巧い。このDVDで初めて見たけど、ジミ・ヘンドリクスの「Voodoo Child」なんてのをアコギでコピーしてたりする(びっくり!)。


いつも僕のブログを読んでもらって、いくら僕が薦めても実際に音が聴けないんでよくわからないよ、って思っておられる方、もしお時間があれば一緒に行ってみませんか?まだ観てないけど、内容は僕が100%保障するから。

(ここの文言は自然消滅しました)。

コンサートの詳細はこちら。ちょっと冷静になるとやっぱり全日程は無理なんで、多分僕はまだ比較的空いてそうな11日か12日に一回、それから最終日にもう一回行こうと考えてるところ。あ、別に誰のことも無理強いしてるわけじゃないから、興味のない人はいつも通り普通のコメントしてね。一人でライヴ行くのには慣れてるから。

以上。でもこれだけじゃ普通のコメントしにくいか。じゃあね、数あるスクイーズのベストアルバムの中で僕が一番選曲がいいと思ってるこのアルバムのジャケット、どう? いつものように「そそる」ジャケじゃないけど、ベストアルバムなのに意味なくアイロンの裏、ってのが気に入ってるんだけど。これじゃ駄目?(って誰に訊いてる)

裏


posted by . at 20:34| Comment(15) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
Squeezeずっと大好きです。
ひねくれたポップ感と涙のメロディが沢山詰まった素晴らしいBandだと思います。
勿論、それぞれのソロも素晴らしいと思います。
Bestならどれでも良いと思いますが、そのアイロンのは始めて見ました。
2枚組みで(確か)シングルのA面B面を集めたヤツが有った気がします。
オリジナルならArgybargyが一番好きです。

The Music Plantって、ちょっと面白いですよね。
Posted by falso at 2006年08月09日 00:45
おはようございます。昨日と今日の記事を読むと、世の中には、まだ聴いたことのない音楽が、なんと多いことかと思います。

Glenn Tilbrook、聴いたことありません(たぶん)が、DVDの内容――スクイーズ時代はマディソン・スクエア・ガーデンをソールドアウトにし、豪華リムジンで五つ星ホテルを渡り歩いていた彼が、今はソロで、キャンピングカーで全米横断ツアーをするっていう話――がとても、気に入りました(笑)

2日間でいいんですか?煽ったり(!)唆したりしている(!)わけではありませんが、セットリストが毎日違って、そんなに好きな人ら5日間、27,500円かけても惜しくないですよね。仕事で〈絶対〉行けない日以外は、買っちゃえ!
やっぱり、扇動してますね(笑)
Posted by LoonyLuna at 2006年08月09日 07:52
そうだそうだ、ディナーショーに比べても安いもんだ。
時間もずっと長いぞ。買っちゃえ買っちゃえ〜。
Posted by カブ子 at 2006年08月09日 09:59
>falsoさん
ああよかった。わかってくれる人がいたよ!嬉しい。しばらく前に暇にまかせて調査したところによると、僕の知る限り10種類存在するスクイーズのベスト盤の中で、この「Excess Moderation」は、「一番選曲がいい」というよりはどちらかというと「一風変わった」ベスト盤です。1996年発売、ということは「Domino」以前までは全部網羅しているはずなのですが、内容はシングル曲(別に全部押さえてるわけでもない)、アルバムのちょっと目立たないけどいい曲、B面曲、などなど。僕やfalsoさんみたいにスクイーズのアルバムは全部持ってるよ、てな人向けのベスト盤です。例えば「Tempted」はグレンがリードヴォーカルを取るヴァージョンが入っていますし、「Love's Crashing Waves」のB面曲なんて渋いところが2枚組のうち2枚目の頭を押さえていたり、それでいてオーラスは曲単位では僕の一番好きは「Some Fantastic Place」で締めるなど、もう僕としてはこれを選曲した奴をちょっとその辺のパブに連れ込んで朝まで語り合いたくなるような内容です。もしスクイーズがお好きで、でもシングルまでは集めてないよ、ということでしたら、是非お勧めします。

falsoさんの仰るシングルのA面B面を集めたヤツとは、おそらく「Big Squeeze」かそれの廉価盤の「Gold」だと思いますが、そこに収められているB面曲ともなにげに選曲が違い、マニアなら両方買わないといけないという曲者です(笑) 当然僕は両方持ってます。強いて言えば、「Big Squeeze」はDVD付きの3枚組です。

ちなみに僕は大学の卒業旅行でイギリスを巡回し、各地のレコード店でスクイーズのシングル盤を全部集めたんですが(「Pulling Mussels」の5インチ盤なんて珍品までありましたよ)、残念ながら数年前に他の多数のシングル盤とともにそれは全部紛失してしまいました。なのでこのB面集は今となっては僕にはそれらを聴ける唯一の音源です。

「Argybargy」が一番好き、に一票です。例えばビートルズのアルバムをいい順にずらっと並べて、そのちょうど真ん中にこのアルバムを置いても、僕は誰にも文句を言わせない自信があります。うちには既にこのアルバムが2枚ありますが、なんならあと2枚ぐらい買ってもいいぐらいです。

ああすみません。だから僕にスクイーズの話をさせると長くなるって言ったんですよ…
Posted by yas at 2006年08月09日 19:12
>LoonyLunaさん
あ、昨日の長ったらしい話もちゃんと読んで頂けたんですね。ありがとうございます。

>世の中には、まだ聴いたことのない音楽が、なんと多いことか
僕もつくづくそう思います。僕が聴いたこともないものすごくいい音楽を、僕が死ぬまでに聴けないこともあるかと思うと、心配でしょうがないです。

あの、あんまり扇動しないでくださいね(笑) 別に27500円が惜しいわけではないんですよ。一応大人として自制心を持っているところも見せないといけないかな、と。夜行バス代(せこい!)ぐらいは出しますから、Lunaさん一緒に行きません?(^^)


>カブ子さん
ディナーショーなんて行きませんよう。そんなに言うならカブ子さんも是非どうですか? え、きみどりちゃんのお世話?それは僕がやっといてあげますから。

あれ?それだと僕がコンサート行けない? ああ自分が二人欲しい…
Posted by yas at 2006年08月09日 19:27
ディナーショー行かないんですか? 行きましょうよう。
もう一人の兄ぃに、トリときみどりの世話お願いして。
あれ? 話がおかしなことになりました?

アイロンの裏がこっち向いてるのは、とっても挑発的ですね。
で、バックはオレンジの皮? それも挑発ですか? ぶしゅ、ウッ、目に滲みる。

ところで何でアイロンの裏に「e」なんですか?
Posted by カブ子 at 2006年08月10日 01:01
5番目(後4人これより好きな人がいるんですよね?)に好きなアーティストで、この語り!!!!?このアルバムの集め方!

行け!絶対5日間行け!
何が大人の自制心だ!そんなもの捨てっちゃえ(笑)
後悔しますよ。自分が行かなかった日の話を聞いたら。

夜行バス?ダメ。たとえ新幹線グリーン車でもダメ。だって、9月の終わりから10月の始めは、30年来好きなシンガーのライブを聴きに近畿2府1県に出掛ける予定なんですもの。大人の自制心なんて捨てちゃって(笑)
だから、その前後はひたすらおとなしくしているのです。
Posted by LoonyLuna at 2006年08月10日 07:58
Squeeze、残念ながら名前しか知りません。
なぜかPrefab Sproutとイメージ的にごっちゃになってます。
そんなものと一緒にするな!というスタンスでしたら、謝ります。(笑)

ライブは、時間の許す限り、行っとくべきでしょう!
そんな偶然、なかなかありませんから。
Posted by piouhgd at 2006年08月10日 15:36
●カブ子さん
了解しました。では和菓子の詰め合わせをトリさんへ、ウェタのゴム人形をきみどりちゃんへのお土産に、ちょっとお世話をしてきます。
ただ僕は二人に分裂すると身長が半分になるんで、ディナーショーの際には見失わないようにお願いします。

アイロンのバックは残念ながら、オレンジ色のペンキを塗った壁のようです。カブ子さんならきっとペンキの種類まで気にかかることでしょうけど、残念ながら僕はそこまでのマニアではありません。修行して出直します。

「e」は、多分アルバムタイトルの頭文字ですね。何のひねりもないですが…


●Lunaさん
熟考の結果、おそらく木・金・日に行くことにしそうです。水は僕が来日する日で、開演時までに会場にたどり着けない恐れがあること、土は秘密の飲み会を予定していることから、そう決定しました。さっそくチケットを申し込みます。

5番目って言うよりは、頻繁に入れ替わる上位のアーティストの中で常に5位以内に入っていると言った方が正確ですね。

ねえ、こないだからずっと気になってるんですが、そのLunaさんがずっと好きな歌手って誰なんですか?気になるー。


●piouhgdさん
いえ、そんなものなんて滅相もない。スクイーズほどではありませんが、プリファブ・スプラウトも大好物であります。メロディーが綺麗でリードヴォーカルがちょっと高めの声、ってところが似てるんですかね。

おそらくあまりpiouhgdさんのお好みのタイプではないと思うので無理強いはしませんが、このバンドのキーボーディストだったジュールス・ホランドのアルバムにはビッグバンド風の結構面白い奴がありますよ。機会があれば是非どうぞ。
Posted by yas at 2006年08月10日 19:58
●カブ子さんアゲイン
今投稿し終えて何の気なしにアイロンジャケットを見てみたんですが、「e」の下にはどうも「x」の上部が見え隠れしてますね。ということは、その下には「c」「e」「s」「s」「m」「o」「d」「e」「r」「a」「t」「i」「o」「n」と続いているはずです。

なんという長いアイロン!
Posted by yas at 2006年08月10日 20:02
>とにかく、僕はそういう子供だった。そして、今も僕はそういう大人だ。

村上春樹かと思った。。。
Posted by ひそそか at 2006年08月15日 04:03
うわーん、どうして〜?
上のコメント、11日の記事に対してしたつもりだったのに!
兄ィ、ごめん、間違えちゃった!!
Posted by ひそそか at 2006年08月15日 04:05
●ひそそかさん
>村上春樹
真似したわけではないんですけど、そんな風に言われると恥ずかしいです(褒めていただいているのではないというのはわかっていますよ)。
僕は文体的にはえのきどいちろうさんを目標としているんですが、つい本来の才能が村上春樹似の文章を書かせてしまったのでしょうか(何を書いているのだ)。

>移動できません?
できるんでしょうけど、嫌です(笑) このまま晒しておきます。このおっちょこちょいめ(笑)
Posted by yas at 2006年08月15日 17:33
>えのきどいちろう

私、しばらくの間「えのき どいちろう」さんだと信じていました。
イカす名前だなぁと・・・。そう思ってた人たくさんいると思うんだけど。
Posted by ひそそか at 2006年08月16日 14:27
●ひそそかさん
確かご本人の本にもそのネタがありましたよ。よく間違えられるんでしょうね。

>イカす名前
ではもしご長男を授かることになった際には是非そのお名前を。どいちろう君(笑)
Posted by yas at 2006年08月17日 19:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。