2006年08月02日

青春の光と影 〜影編〜

僕が愛読しているとあるブログで昨日音楽の話題について触れられており、ひょんなことからコメント欄で「夢のコラボ」を持ちかけられました。本来あちらは恋愛系(?)ブログ。そこが音楽の話題を振ってこられたということは、もしや僕の音楽ブログで恋愛の話をしろということなのでしょうか(違うって?)。

他の音楽ブログを辿ってこちらに来られた方、そういった経緯で今日のお題はヘビメタと恋愛です(笑)。貴重なお時間を無駄にしないためにも、今回は素通りして頂いた方がよろしいかと思われます。週末にでもまたプログレの話を上げますので、乞うご期待ください。



…さて、これで今読まれているのは窓まわりの人たちだけですね。ではいきます。

僕が洋楽を聴き始めたのは70年代の終わりから80年台の頭にかけて。それまでのプログレッシブやグラムロックのバンドが急速に影を潜めだし、英米ではパンクムーブメントが起こり、UK発のNWOBHM(ニュー・ウェーブ・オブ・ブリティッシュ・ヘビー・メタル)のバンドが次々に世に出始め、やがてパンクはニュー・ウエーブやハードコア・パンクなどに枝分かれしていくという、ロック界の先カンブリア期のような時代でした。

そんな多感な時期に今までまったく聴いたことのない類の音楽が次々に目の前に現れてくるのです(それまではごく真っ当に日本の歌謡曲やニューミュージックを聴いておりました)。新し物好きの僕がこれにはまらずにおれるでしょうか。本当にいいタイミングに生まれたものです。

当時、ロックの種類が細分化されていたのと同様、ロックファンも細分化されておりました。プログレはヘビメタをけなし、ヘビメタはパンクを馬鹿にし、パンクはプログレを嘲っていました。それぞれに言い分があり、その頃「ミュージックライフ」や「音楽専科」などをむさぼるように読んでいた僕は、それぞれの言い分に最初は納得していたものです。

が、すぐに僕は自分の趣味がおかしいことに気付きます。プログレもヘビメタもパンクも皆かっこいいんですよ。例えば、僕のマル秘メモによると、僕は1981年の2月にUFOの「Strangers In The Night」を買い、翌月にはピンク・フロイドの「A Nice Pair」とポップ・グループの「For How Much Longer Do We Torelate Mass Murder?」を買っています。そんなこと言われても今読まれている方には何のことやらさっぱりでしょうが、UFOはかえでさんが書かれていたマイケル・シェンカーが自分のバンドを結成する前に在籍していたハードロックバンド、ピンク・フロイドは僕のブログでおなじみのプログレバンド、最後のは(この自虐的な名前とは正反対の)アヴァンギャルド・パンクバンドです。

UFO PinkFloyd_ANicePair 赤ん坊キッス

かえでさんのお友達がそうであったように、僕も自然の成り行きで自分で楽器を演奏したくなりました。最初に自分でエレキギターを買ったときのことは忘れられません。当時思いを寄せていた先輩のTさんに、学校の中庭越しに大声で「ギター買うたー!」って叫んで赤面されたことを思い出すと、今でもこっちが赤面します。

でも、僕にはひとつの大きな問題がありました。それは音楽の嗜好です。洋楽を聴く友達も周りに何人かいたのですが(かえでさんの高校のように学年で10もバンドができるほどの人数などとてもいませんでした。時代の違いでしょうか)、揃いも揃って嗜好がはっきりしているのです。こいつはヘビメタ。あいつは60年代ポップス。パンクも演りたいがプログレも好き、なんて奴はどのグループにも入れないのです。

他にも問題はありました(ひとつじゃないのかよ)。ギターを買ったはいいのですが、実は僕の好きな楽器はベースだったのです。「なら最初からベースを買えよ」これがチャットなら即座にそう突っ込まれているところですね。ところがそうはいかないのですよ。先にも述べたとおり、僕はいろんなものを同時に好きになってしまうのです。

しかし最大の問題はそれらではありませんでした(まだあるのか)。僕は楽器が下手なのです(爆)。下手な上にどうしても弾きたい(全然別の種類の)音楽が次から次へと出てくるため、練習がまったく追いつきませんでした。

こうして僕のバンドへの夢は絶たれてしまいました。そのとき買ったギターは今でもすぐ取り出せるところに置いてあり、明日にでも練習しようともう何十年も思い続けています。理想の体重、みたいなものですね。

神

かえでさんの中学の先輩と同様、当時の僕のギターヒーローはマイケル・シェンカーでした。彼は最近も地道に活動を続けていますが、悲しいかな当時の輝きは既にありません。6年前に出張で帰国した際に横浜でライヴを見ましたが、どう聴いても一番いいのが最初の2枚のアルバムからの曲、ないしはUFO時代の曲ばかりでしたから。最近マイケル・シェンカー・グループ結成25周年記念アルバムというのを出しましたが、相変わらずジャケットがお姉ちゃんなのも、彼の悲しいビジュアル・センスを物語っています(誤解しないでくださいよ。けなしてはいますが、僕はこのアルバム買いますから)。

下痢

ゲイリー・ムーアも大好きなギタリスト&シンガーでした。彼の場合はキャリアの途中でころっとブルースに転向し、あたかも過去の自分などなかったかのように振舞って成功を収めています。ロック界の片岡鶴太郎とでも呼んでおきましょう。

治療不可

(僕の場合はレインボーから入った)ディープ・パープル一派にもお世話になりました。皆さんご存知かもしれませんが、ディープ・パープルは未だに存続していて、旧メンバーが入れ替わり立ち代り出たり入ったり、演奏するのは相も変らぬ「Smoke On The Water」他という、まさに伝統芸能の世界です。元リーダーであったジョン・ロードが数年前に「年齢的に続けていられないから」と脱退を決めたときは、まさに笑点を見ているかのようでした。

逆にアメリカ勢はあまり僕に訴えかけてくるものは少なかったですね。やはり僕的には英国系の憂いをもった音が性にあうようです。キッス、エアロスミス、ヴァン・へイレンなど、レンタルでまめに録音してはいましたが、自分でCDを買い出したのは大人になってからです。


さて、高校に入った瞬間からその後何年にもわたって片思いを続け、社会人になるまで通算2回(いや、3回かな)僕が振られる羽目になるTさんという相手(?)はいたものの、それ以外の恋愛経験など何もないに等しいです。だいたい僕の恋愛話など読むぐらいならティッシュペーパーでも読んでいた方がましだというものです。

皆さんの場合はどうだったか僕にはわかりませんが、こと恋愛に関しては、僕の周りではクラス内階級がまるで間に実線が引かれているかのようにはっきりとしていました。

常にステディーな相手がいる、もしくは頻繁に異性から交際を申し込まれる、恋愛の上流階級。かえでさんなどまさにこの階級でしょう。さすが前世はセレブキャラ。

修学旅行などのイベント前になるとどういうわけかくっつきだす中産階級もいましたね。イベントが終わると自然消滅、というところまで同期していました。

僕?もちろんその他大勢、労働者階級でしたね。別に労働はしていませんでしたが。いい歳して何をするにもつるむのは男同士。僕の場合はひとりでいることが圧倒的に多かったですが。楽しい宴会からはいつまでも帰れない性分ですが、つまらないパーティーからは何も言わずに消えますから。

大学のときに仲のよかったYちゃん曰く「yasさんは絶対30過ぎた頃にもてると思いますよ」。口語に翻訳すれば「おととい来な」という意味ですね。Yちゃんとは仲のいい友達で終わってしまいました。ただ、今にして思えば彼女には先見の明があったのかな、とも思います。いや、べつにもててるわけじゃないですよ。ただ少なくともあの当時よりはまともに人付き合いもできるようになり、知恵も知識も経験も積み重ねましたからね。

酔ってもいないのに長々と赤面話を暴露してしまいました。耐えられなくなったらそのうち非公開にしそうです。とにかく、僕の場合は一般的に言う楽しい青春はなかったですね(まあ自分ではそれなりに楽しんでましたけど)。そんな僕にかえでさんの発したコメント「(彼氏が)6年間で4人なら少ないでしょう」。貴女はマリー・アントワネットに菓子を食えと言われた民衆の気持ちを実感されたことはおありでしょうか(はあと)。
posted by . at 18:09| Comment(14) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
私は幼い頃に聴いていた映画音楽やクラシックから音楽に興味を持ったので、わりあいジャンルには疎く、何でもO.K.で聴いてきました。ただ若い頃は音楽とポリシーが同調するものの様な気がしていたのも確かです。

幾つくらいから幾つまでを青春と呼ぶのか知りませんが、大人としての自覚を持つまでが青春と言うのなら1980年前後は本当に青春でした。
テクノ・カットの子に好かれたり、Rockなんて聴いた事も無いお嬢様タイプの女の子に声がかけれなかったり(笑)。

良く有るパターンは「あの頃、気になってた」って後々に言われる事です。「あの頃、俺はフリーだっただろ!あの頃にそう言ってくれよ」って訳ですね(涙)。


>耐えられなくなったらそのうち非公開にしそうです。

私のBlogは、そんな記事が山ほど有ります。年を取ると面の皮が厚くなると言うのは事実だと実感しています(笑)。
Posted by falso at 2006年08月02日 19:34
どひゃー! falsoさんっ!入るなって言ったのに(笑) いえ、1ゲットありがとうございます。

いやーこっ恥ずかしいですよ。こうしてどんどん面の皮が厚くなっていくのでしょうか(笑)

>「あの頃、気になってた」
それは、今も気になってるから言ってるんですよね(笑) 今フリーでなかろうが、とりあえず「俺も」と進展させるべきでしょう(笑)
Posted by yas at 2006年08月02日 19:53
ごめんなさいごめんなさい。
笑いなしには読めませんでした。このアップ。
あー、楽しかった。

ティッシュボックスひとつ分の恋愛物語、200組入りなら表裏400ページ、二枚重ねなら800ページの大作ですね。ああ、読んでみたい。

私がこれらの曲を聴くようになったのは80年代の後半ですね。なので、衝撃の登場というよりは、すでに土台が熟成されていて「これはいいよ」と教えてくれる誰かの存在があってのことです。自分で暗中模索しながら探し出した音楽ではなかったのは、今思えば残念なことです。
マイケルシェンカーグループのジャケ、左上の小さなロゴを見て「あああああ!」と叫んでしまいました。そうです、これなのです。私はこのロゴの入った袋を雑誌の裏表紙の広告かなにかの通販で買い求め、彼へのプレゼント(多分セーター)をラッピングする袋に使ったのでした。
多分、その後体操着を入れる袋に使っていてくれたはず、そしておそらくセーターよりも活用されたことでしょう…。今思えばなんと無骨なロゴ「松尾真鍮銀メッキ商会」とかそんな小さな企業のロゴかと思えるのに、あの頃はかっこいいと思って机に書いたりしていたのでした。

私の高校時代は「いかすバンド天国」という番組があって、いわゆる「イカ天」ブームで、猫も杓子もバンドバンドでした。学園祭で演奏するための学内オーディションが必要だったくらいなので。しかし私の知る限り、その後音楽の道に進んだ人は一人もいません。彼らの部屋には、夏休みの宿題のように残されたギターが今もあるのでしょうか。理想の体重か…ドキ!

私は斬首刑覚悟で申し上げますが、そんなに華やかな上流階級の恋愛はしておりませんよ。地道な片想いを経て、ようやく気持ちが通じて恋愛関係になることがほとんどです。でも、それが長続きしないんですよね。片想いが好きなのかもしれません。2度も3度も告白してくれる人なんてもちろんいませんでした(笑)。

30過ぎたらもてるようになる
これは褒め言葉です。
あんたの人気も30までだよ。
これを言われた時のショックを想像すれば、最初の言葉のありがたみも分かるというものです。

30過ぎてしまったかえでと対面した時、がっかりされることが申し訳ないですが、私はyasさんに会ってみたいですね(はあと)。
Posted by かえで at 2006年08月02日 23:33
どうもどうも、みかです。
洋楽のことはあんまりくわしくないので、いや、どうも・・・もじもじ。
yasさんはそういえばどことなくベースっぽい。
みかの音楽仲間には、ベースと思って買ったらギターだった、というやつがいます。わかるやろ!

それにしてもマリーアントワネット、おそるべしですね。
Posted by みか at 2006年08月02日 23:47
ひょえー!yasさん、アタシも同じ事言われたことある!「30過ぎたらモテモテになってるよ!」って。
それが当たっていたかどうかはよくわかりませんが、多分、嫌われてはいないかな?と楽観的に思っている今日この頃であります。

音楽については、アタシはどちらかというとアメリカンでした。kiss、Cheep Trick、Blondie、Joe Jackson、Christpher Cross、Kate Bush、Sheera Eなんぞをよく聞いておりました。あ、その他にも、ベストヒットU.S.Aで流れてた曲もよく聞いていましたが。AHA!のTake on meなんかはスキーのテーマソングにしちゃったし。
#kate Bush は大好きでした。声が色っぽくて。

え?恋愛話をしろ? いやです!逃げよう..
Posted by ジョージ at 2006年08月02日 23:52
アイドルも、バンドも、洋楽も…あぁ、私の青春は音楽とは無縁でした。残念ながらどれも自分にしっくりこなくて…。もう意固地になって「音楽なんて嫌い!」とまで言ってのけてました。電車の音の方がおもしろいわ!なーんて言って(笑)。

幼少期に聴いた音楽、カリキュラマシーンやアタック25、サスケやルパンのテーマなど自覚していたのかどうかわかりませんが、そんなのが好きだったんです。で、大人になってヤマタケのCDを発見し、カリキュラのビデオを買って(点取り様と同じノリ?)、少しづつ開拓していきました。そして今はめでたく狂剣病。超遅咲きです。

ああ、いいなぁ、うらやましいです。青春時代の音楽を語れるって。

そうだ、思い出した!「麻生真美子&キャプテン」はなんか面白かったな。存在が。
やっぱり大人になって、有線でリクエストして流れた時には笑った〜。
大人っていいなぁ。

昔のカレはベースやってて名刺の肩書きはBassist。それ見て「バシストって何?」と言ったらおこられました(笑)。

まだまだ私は開拓中。yas兄ぃさんのブログでお勉強させていただきます。ペコリ。
Posted by カブ子 at 2006年08月03日 01:48
>かえでさん
突貫工事で仕上げた記事でしたが、気に入っていただけたなら何よりです。

MSGロゴ、僕もそこら中に描き散らしていましたよ。「松尾真鍮銀メッキ商会」爆笑でした。何故子供というのは好きなバンドのロゴを描きたくなってしまうのでしょうかねえ。僕の中学の友達は、ノートにキッスのロゴを描いて、先生に「キスやて。お前、やらしいのう!」と言われていました。平和な時代の話です。

イカ天では僕は圧倒的にたまが好きでしたね。それで、前回の記事に「疾走感のある たま」という比喩が出てきたのです。おそらく、かえでさんの元カレはそんな変なバンドは好きではなかったでしょうが。

会ってみたいなんて言って頂いて、光栄です。近いうちに機会があることを願っています。その際には、ティッシュボックスひとつ分のイタい話を聞かせてあげますね(笑)


>みかさん
どうもどうも、ようこそいらしてくださいました。どうぞご遠慮なさらないで。ここのコメント欄には洋楽のことがわからない人ばかりが来ますから(笑)

邦楽ですね。もしよろしければ、そのうちスピッツのネタでも書きますよ。さっきから「Cycle Hit」をぶっ通しで聴いていて、気持ちはすっかりスピッツモードなので。

>ベースと思って買ったらギターだった
どうフォローしていいかわかりませんね。僕の場合は話のネタでしたが、実際にそんなことをしでかす方がいらっしゃるとは。きっと、弾いていてどうも音が高いな、とか思っておられたことでしょうね。


>ジョージの旦那
旦那も同じ事を言われましたか。それではちょっと30過ぎが雁首揃えてナンパでも行きますか(笑)

僕もアメリカン聴いてなかったわけではないですよ。ハードロック系はどちらかというとブリティッシュだったというだけで。チープ・トリックなんかは大好きでしたね。揚げ足取りますが、ジョー・ジャクソンとケイト・ブッシュは英国人ですね。まあ、ジョー・ジャクソンは「Steppin Out」の頃からはニューヨークに住みだしたので、アメリカ発の音楽ということで間違いはないのですが。ちなみに僕は日本に住んでいた頃、ジョー・ジャクソンの来日コンサートには必ず行っていましたが、どの回も素晴らしい出来でしたよ。もし今後機会があれば是非どうぞ。

>いやです!逃げよう..
何を言っているのですか。もうバトンは渡っているのですよ(笑) さあ、是非旦那も生き恥をさらしてください。その次誰にバトンを渡すかはお任せします。おせっかいな方が話したくてうずうずしているようですよ(笑)


>カブ子さん
これが音楽の話でなければ、そのあからさまにニッチな趣味、またしても僕の心の琴線に触れまくっていたところです。

>バシスト
しばらく前のリンコリンネタといい、筋金入りのローマ字ストですね。

勉強できるようなことは書いていませんが、これからもカブ子さんに受けるジャケットなどを載せていきます。もうツボは押さえていますから(笑)
Posted by yas at 2006年08月03日 19:23
やられたぁ!
いやね、Kate Bush は投稿してから「あれ?彼女は英国人だったか?」なんて思ったんですが..
Joe Jacksonはお察しの通り、Sttepin' Outが大好きなんですよ。いい曲ですよねー!

そうそう、Cheep Trickはその昔、銀座NOW!(覚えてますか?)の洋楽ヒットチャートにいきなり10位で出てきて大騒ぎした経験がありますよ。まだ、そんなに有名じゃない頃だったと思います。Clock Strikes 10でしたね。

>バトンは渡った。
って、これバトンだったんすか??知らなかった..
Posted by ジョージ at 2006年08月03日 22:40
取り込みまくっていてすっかり出遅れてしまいました。
「たま」私もいちばん好きでしたよ。LP持ってるもん。
あと「お江戸」とか歌ってたグループも妙にツボでした。

>30過ぎたらモテモテになってるよ!
兄ィ&旦那、当たってるじゃないですか!!周りを見回してごらんなさいませ。姫に囲まれてハーレム状態のバラ色ブログライフ。オフ会で鼻の下をぐぃ〜んと伸ばさせて上げましょうね。

>おせっかいな方が話したくてうずうず
なにげに次のバトン走者までご指定?それじゃコメント欄で書くのは控えさせていただきましょう。そうね、旦那が書いたら書くよ。みんな、驚けよ!!
Posted by ひそそか at 2006年08月04日 01:59
たま、
「着いた〜!」と雄たけぶ、アレですよね。
確かさくらももこさんと仲良しだったような気が。そのあたりで何かが繋がっている気がします。

>ひそそかさま
驚いて椅子ごとひっくり返ると言えば、桂三枝師匠です。新婚さんいらっしゃい、のように「ぶぶぶぶぶっ」と言いながら倒れて、山瀬まみに起こしてもらう気満々ですので、ぜひお願いします。あ、まず旦那からか。4649!
Posted by かえで at 2006年08月04日 07:18
同じく出遅れてしまいました。
洋楽で、レコードを買ったのはローリング・ストーンズくらいかな。他はラジオで聴くだけとか、友だちから借りるとかでしたね。昔好きだったのを、大人になってから、買ったものが多いです。
日本のバンドで好きなのがいて、そっちにつぎ込んでたから。これが原因で、昔、男の子とうまくいかなくなった(笑)どっちとるかって訊かれて、そげん言い方は好かん、って言っちまった!大笑いの時代です。

Posted by LoonyLuna at 2006年08月04日 08:14
>ジョージの旦那
「今夜は帰さない」ですね(笑) 邦題わからなかったんで、アマゾンで調べてしまいましたよ。銀座NOWって、知らないです。その名前からして多分大阪ではやってなかったのでは。

知らなかったではすみませんよ(笑) ほら、やっぱりひそそかさんをその次に指名してよかった。後ろと前からプレッシャー。


>ひそそかさん
たまのLPって、もしかして「しおしお」ですか?僕5月の日本出張のときも、中古でたまのライヴ盤見つけて、懐かしくて買っちゃいましたよ。

>みんな、驚けよ!!
さすが、ジャイアン。


>かえでさん
たまとさくらももこさんが仲良しだったとは知りませんでした。彼女のセンスも僕は結構好きです。


>LoonyLunaさま
そこまで好いておられたその日本のバンドが気になります。誰なのでしょう? あと、Lunaさん九州ご出身なんですか?
Posted by yas at 2006年08月04日 17:52
へヴィメタと恋愛がらみのイタイ話といえば、中学生時代…。まさにど真ん中にツボなんですが、あまりにこっ恥ずかしくてのたうちまわってしまいそうなので、やっぱり封印!(ぺたり)
でも…うわ〜思い出しちゃったよ〜。どうしてローティーンってあんなにおバカで恥ずかしいのでしょうか??私の場合、現実とアタマの中身の乖離があまりにも激しかったのが主な原因だった気がします。すいません、これじゃ何言ってんだか、ですよね。
その後高校生になってからは、現実とアタマの中身が徐々に歩み寄りはじめ、多少はまともな女子高生になった(はず)なんですが。

Posted by にんじん at 2006年08月07日 01:50
>にんじんさん
お久しぶりです。ふふふ、もしにんじんさんがブログ持っておられたら、ひそそかさんの次に順番が廻ってくるはずだったんですけどね(笑)

オフ会でその封印話を聞かせて頂けることを楽しみにしています(笑)
Posted by yas at 2006年08月08日 15:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

エアロスミス 10
Excerpt: NO.00482 エアロスミスのライヴアルバム『ライヴ・クラシックス』 エアロの“青盤”はライヴです。 実はこのアルバムは「ジョー・ペリーが弾いてないのでは?」と噂された曰く付きの代物で..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2006-08-23 22:38