2011年06月19日

追悼 クラレンス・クレモンズ

RIPBIGMAN.jpg


かなりそそられるラインアップが揃っていたにも関わらず今一つ気乗りがしなかった今年のサマソニに、クラレンス・クレモンズがソロで出演するというニュースが僕の背中を思いっきり押してくれたのが5月25日。8月の中旬には週末にかかるような出張は入れないようにしないとなあ、なんて思っていた。

そんな嬉しいニュースのわずか3週間後、脳溢血で倒れたという知らせが入ったのが、日本時間で6月13日。ちょうど僕が今回のアメリカ出張に出かけるときのことだった。一命は取りとめたものの、予断を許さないという状況だったから、来日どころの騒ぎではなくなってしまった。

翌14日には、手術後麻痺していた左手を握れるようになったとか、話しかけると反応するようになったという、少しは慰めになる一報も入ってきた。15日には、スプリングスティーンのサイトにあった、notestoclarence@clarenceclemons.com宛てに励ましのお便りを送ったりもした。たいしたことは書いてないけど、またメールを読めるようになったら、こんなに沢山のメールが来たのかと喜んでもらえるように、一通でも貢献しようと思って。

一週間の出張を終え、アメリカ西海岸時間6月17日の深夜にLAXを発ち、羽田に到着したのが日本時間の今朝、19日早朝。バスと電車を乗り継いで家に辿り着き、PCを立ち上げてすぐ目に入ってきたのが、僕が空の上を飛んでいた間に、クラレンスが亡くなってしまったという悲しい報せだった。


A Night With Mr. C.jpg
『A Night With Mr. C』 Clarence Clemons

彼のソロアルバムの中で一番よく聴いて好きだったこのCDを、十数年ぶりに引っ張り出してきた。89年に新品で買ったのに、ジャケットの背中のきみどり色がもう何色だかわからないほど日焼けしてしまっている。ラストの「Forgiveness」のサックスソロを聴いて涙が出てきた。


アメリカにいたときに立ち寄ったウォルマートのCDコーナーに山ほど展示してあったレディ・ガガの新譜、ぜんぜん興味なかったんだけど、結局これがクラレンスの最後の参加作品になってしまったのかと思うと、買ってくればよかったと急に後悔しはじめた。たとえそれがもうこんなに覇気のない演奏になってしまっていたとしても(しょうがないよ、69歳だもんな)。



ダニー・フェデリーシの死からわずか2年。Eストリート・バンドからどんどん大事なメンバーがいなくなっていく。もう当分そんな話は聞きたくないよ。ほんとうはクラレンスについてならもっと沢山書きたいことがあるはずなんだけど、もうなんだか何書いていいのかよくわからない。


さようなら、今でも僕の一番大切な『The River』を30年も前に聴いたときからずっと、僕にとって貴方は世界で一番凄いサックスプレイヤーでした。長いあいだお疲れさまでした。

RIPBIGMAN2.jpg


posted by . at 11:22| Comment(9) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日曜日にCDや本の整理をしていて、この写真を目にしたばかりだったのに。
そうですか、お亡くなりになったのですか。ご冥福をお祈りします。
今週は、この人が演奏しているCDを聴くことにします。
Posted by Luna at 2011年06月21日 08:59
レディー・ガガの隣だと余計に大きく見えますね。大きな体を持て余すようにして吹いている姿を見てちょっと泣きそうになってしまいました。
これも素晴らしい演奏だと思います。

大好きな人がいなくなるのは寂しいことですね。
ご冥福をお祈りします。
Posted by ひより at 2011年06月21日 21:13
■Lunaさん
時間にもよりますが、先週の日曜日はちょうどクラレンスが亡くなった日(現地時間土曜日)です。きっと、何かに呼ばれたんでしょうね。

僕も今週はこの人が演奏しているCDを沢山聴きました。ソロアルバムでは沢山自分で歌ってもいるんですよ。


■ひよりさん
昔からビッグマンというあだ名だったので、レディ・ガガのビデオを見てやっぱり相変わらず大きいなと思いましたが、上に貼り付けた『Born To Run』のジャケットを見ると、それでも昔はそれなりに痩せていたんですね。

文中には「覇気がない」なんて書いてしまいましたが、おっしゃるとおりいい演奏だと思います。レディ・ガガはクラレンスが病に倒れて以来、ツィッターとかいろんなところで“クラレンス応援しよう”キャンペーンを展開していました。地震以来日本のことも応援してくれていますので、僕もこれから彼女のことを応援することにしました。決してこのビデオを見て服装につられたわけではありません。
Posted by yas at 2011年06月25日 21:24
こんにちわ。

変なタイミングでBlogを書いてしまいました。
彼名義のCDが、何処かに入り込んで出てきません。
あー、やだやだ。

Posted by falso at 2011年07月01日 23:36
■falsoさん
こんばんは。Blogを書いてしまいましたと言われたので、てっきりfalsoさんも同じネタで書かれたのかと思ってしまいました。

彼名義のCDはどれをお持ちでしょうか。やっぱり最初の3枚あたりがいいですよね。適当な作りのジャケのライヴ盤が2種出ていますが、それもなかなかいいですよ。どうしてもお持ちのものが見つからない場合はそれをお買い求めください。
Posted by yas at 2011年07月10日 21:54
はじめまして。

僕も悲しくてしょうがなかったです…。


http://8106.teacup.com/asukasan/bbs
Posted by jerry at 2011年07月13日 12:01
■jerryさん
はじめまして。先日リンクをたどってBBSをざっと読ませていただきました。なかなか興味深いお話が沢山あったので、また読んでみようと思ったら、今度は何故か辿り着けません。どうしてしまったのでしょう。
Posted by yas at 2011年07月18日 00:56
http://8215.teacup.com/tomtom/bbs?

yasさん、こんにちは。

すいません、移転しました。

また、おいでくださいませ。
Posted by jerry at 2011年07月18日 12:01
■jerryさん
長らくの放置、大変失礼しました。移転先、ブックマークさせてもらいましたので、時々覗きに行ってコメントさせて頂きますね。今トップに載っているボーダーラインはずっと昔に友達に連れて行ってもらったことがあります。今調べてみたら、もう四半世紀も前のことでした。まだ現役バリバリなんですね。

たまに地元大阪に帰って、子供の頃入り浸っていた東通り商店街あたりのレコ屋が今や全滅してしまったのを見ると、こういうお店には頑張ってもらいたいと本当に思います。またそのうち時間取って行ってみようかな。

そちらにコメントすればいいような内容でしたね。では今からこのコメントをコピペしに行きます(笑)
Posted by yas at 2011年07月30日 21:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。