2006年07月17日

追悼 シド・バレット

なんかブログ始めて二週間でまだ10回も記事書いてないのに、やたら追悼記事ばかりになるな。

先週しばらく外の情報から隔離された生活をしていた間に、シド・バレットの訃報が出回っていたようです。帰って来て開いたall musicのトップページに「The Madcap Gets The Last Laugh」という記事を見つけてびっくりした。

日本語・英語を問わず、もう既にものすごい数の追悼文がネット上に出ているので、今さら僕が駄文を重ねる必要もないんだけれど、でもやっぱりこの人のことは自分で書いておきたい。

PinkFloyd_ANicePair

いろんなブログでいろんな人がこの人にまつわるアルバムの画像をアップしてるけど、僕の場合はこれ。確か最初に買ったピンク・フロイドのLP。

僕がピンク・フロイドを聴き始めたのなんて、もう末期もいいとこ「The Wall」からなんで、当然このファースト&セカンドの音は買う前に期待してたものと全然違ったんだけど、でもこのファーストは、同じ名前の別グループ(間違った言い方だけどある意味正しい)が作った傑作アルバムとして、それからずっと聴き続けてる愛着のあるアルバム。うちにはいろんなバージョンが3種類もあるよ。2006年に入ってもまだ同じアルバム買い続けてるし(発売30周年記念モノラル・バージョン!やっと中古で見つけた)。

90年代の頭ぐらいかな、当時購読してたロッキング・オンって雑誌に禿げて太ったシドの写真が載せられてて(それは確か今で言うパパラッチが撮ったUKのタブロイドからの転載。いまやネット上にそんな写真ばっかり溢れてるけど)、ああこの人はもうこういう形でしか話題に上ることはないのか、って妙に淋しくなったのを憶えています。

そのときから常に頭の片隅にあったのは、この人が死んでしまったとしても、もうちゃんとしたニュースにはなるまい、もしかしたら報道さえされないんじゃないか、という悲しい気持ち。

今あちこちのブログに書いてあるように、彼が音楽の世界に貢献したのなんて1960年代末期からのほんの数年間だけだし、当然僕も含めて同時代から熱心に聴き続けているファンなんて殆どいるはずもないから、そんなにショック受ける方がおかしいし。

もう30年も死んだも同然の生活をしていた彼が実際にこの世からいなくなったとしても、きっと誰ももうそんな大騒ぎはしないよね…

それが、さっきのall musicの心のこもった長文追悼記事を始め、いろんな人たちのしんみりとした文章を読んでいくうちに、なんだかやけに感傷的になってしまって、涙なんて出てきたりしてしまった。あれ?僕だってそんなに思い入れがあったわけでもないのに… でも、嬉しかった。こうして世界中のファンが彼の最期に忘れずにきちんとお別れの文章を残しているのを見て。


さようなら。お疲れ様でした。うちには聴ききれない程のレコードがあるけど、その中でも貴方の作ったやつは40年近く経ってもまだ抜群にピカピカした音を出してますよ。

Syd Barrett 1946-2006
posted by . at 17:42| Comment(9) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
書き込みありがとうございます。
今TBをしてみました。こちらからは出来るようです。

Sydが、こんなにも認知されているとは、私もビックリしました。
彼の作った音楽と彼自身が、そろそろ分離しだした頃ではないかと思います。
もしかしたら彼の心が、それに反応してしまったのかもしれませんね。

古い音楽ばかり聴いているので存命してくれるだけで嬉しくなります。
残念ですが、受け入れる事が出来ないほどピュアな心の持ち主ではないのです。

人それぞれが自分の納得できる形で受け入れれば良いと思います。
Posted by falso at 2006年07月17日 21:24
七夕の日の記事の数日後、この人の訃報を読みました。いずれ何か書かれるかな、と思っていました。

Posted by LoonyLuna at 2006年07月17日 21:38
ブログ開設おめでとうございます!!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/freshman_box/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/freshman_box/?mode=edit&title=%3Fn%3F%3F%3F%3F%3Fy%3F%3F%3F%3F%3F%3F%3F&address=http%3A%2F%2Fyasjimi%2Eseesaa%2Enet%2F


お問い合わせはコチラから
http://blog.livedoor.jp/freshman_box/?mail

Posted by みんなのプロフィール at 2006年07月18日 21:26
>falsoさま
ありふれた言い方ですが、この人が30年遅れてこの世に出てきていたら、きっと本人も周りももっと幸せになれたんだろうな、なんてことも思います。別にロマンチックな言い方をするつもりはありませんが。

スキップ・スペンスが亡くなったときに世間の反応がどんなだったのかは知りませんし、もし例えばアーサー・リーが亡くなったとして、これだけの追悼文が世に溢れるのかな、なんて考えると、もう殆ど音楽業界的には忘れ去られていたはずの彼の死がこれだけ大きくとりあげられたことに驚き、またそれについていろいろな方が書かれていることに共感してしまっただけのことです。

個人的には、これをきっかけに沢山の素敵な音楽系サイトにたどり着けたのも収穫でした。これからもよろしくお願いします。
Posted by yas at 2006年07月18日 22:50
>LoonyLunaさま
ふふふ、ピンクフロイドの記事になるといつも一言コメントを残していただけるLoonyLunaさまがいて嬉しいです。

こないだの一つ目小僧の記事以来、なんとなく個人的にピンクフロイド関連ばかりまた聴きだしていて、次はデイヴィッド・ギルモアの新譜の話でも書こうかな、と思っていた矢先のことでした。

僕なんだかこういうことがよくあって、ずっと昔ルー・リードのビデオを観ていて、客席にアンディー・ウォーホールが映っているなあ、なんて思っていたら、その数日後に新聞で彼の死を知ったなんてこともありました。

そういえば、本当に偶然ですが、件の一つ目小僧(a.k.a.ピンクフロイド)の記事を書いた日が7月7日だったんですね。
Posted by yas at 2006年07月18日 22:55
>みんなのプロフィールさま
いらっしゃい。せっかくのお誘いですけど、別にそんなぎょうさんの人に見てもらおと思て書いてるわけでもないですさかいに、遠慮しときますわ。せっかく誘ってくれはったのに、すんませんな。おおきに。
Posted by yas at 2006年07月18日 22:58
こんにちわ。
書き込みありがとうございます。
Hollie Smithのリアルな話は、ちょっぴり感動しました。
日本に居ると全く見えないんですよね。
「リアル」と言う事の凄さを感じさせていただきました。

今気が付いたのですが、リンクまでしていただきありがとうございます。
よろしかったら、こちらからもリンクさせていただけませんか。
よろしくお願いします。
Posted by falso at 2006年07月21日 00:39
>falsoさん
トラックバックありがとうございます。ホリー・スミス聴いてみました。今感想を頭の中で固めてるんで、近いうちに書きますね。

それにしても、日本には全然情報など入らないようなこういうアーティストにお詳しいですね。
Posted by yas at 2006年07月21日 16:53
>もし例えばアーサー・リーが亡くなったとして

本当にアーサー・リーさん亡くなっちゃいました。8月4日、61歳。記事書くほど知ってる人ではないので、このコメント欄でお茶濁します。合掌。
Posted by yas at 2006年08月05日 17:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

また一人、居なくなっただけの事。
Excerpt: また一人、居なくなっただけの事。 蒸し暑い朝だった。ワールドカップのせいで寝不足だったのも治まりかけていたのに、今度は暑苦しさが睡眠時間を奪う。 汗でベトつく布団を蹴飛ばしてトイレに行こうと部..
Weblog: Quem tudo quer, tudo perde.[全てを求める者は全てを失う]
Tracked: 2006-07-17 21:15

シドバレットのブルース。
Excerpt: こちらの世界では すこし奇妙な響き方をするブルースだけど 自分の中にもしかしたら存在してるかもしれない あちらの世界のことを少し感じさせてくれた。 人の心の中はねじれた部分がきっとあって ..
Weblog: ROCKの心象風景
Tracked: 2006-07-20 16:10