2006年07月09日

NZ音楽界の宝石   The Finn Brothers 「Everyone Is Here」

前回のCD評(PSB)をアップした後改めて自分で読んでみると、とにかく長い。論文じゃないんだからよっぽど興味なければこんなの誰も読まないよ、って文章でしたね。律儀にあんなの全部読んでくださった方には、厚く御礼申し上げます。まあでもあれは最近お気に入りのCDの感想を自分のために備忘録として書くことが目的だったからまあいいか。でもこのブログの最初の記事に付けていただいたコメントの中に、おすすめの音楽があれば教えて、と言っていただいた方がおられたことも考えて、これからはおすすめCDの紹介記事のときはせめてあの半分ぐらいの長さを目安にしますね(もうこの前置きからしてすでに長すぎですけど)。また、このブログを立ち上げようと考えていたときに、僕がいま海外に住んでいることから、海外についての話を期待していただいた方もいらっしゃいます。そこで、今回はその二つのご期待に少しずつ応えることにします。2004年発表のアルバムなので少し古いですが、ニュージーランドのアーティストです。

Everyone Is Here.jpg  フィン・ブラザーズ 「Everyone Is Here」

その昔、ニュージーランドにスプリット・エンズというグループがいました。NZ国内はもちろん、世界各国でアルバムを発売し、そのひねったポップなサウンドで一部の音楽ファンを惹きつけました。そのひねり具合は、Split Enz(枝毛)なんて変なグループ名からも少しは伺えるでしょうか。

やがてスプリット・エンズは解散し、中心メンバーであったティム・フィンとニール・フィンの兄弟は、クラウデッド・ハウスというグループを結成、これがスプリット・エンズ以上に全世界でヒットを飛ばすほどになります(細かいことを言うと二人が参加した経緯は少しこれとは違うのですが、それを書き出すとまた論文になってしまうので割愛します)。20年ほど前に洋楽を聴いていた方なら、日本でも流行った「Don’t Dream It’s Over」という曲をご存知かもしれませんね。

そしてクラウデッド・ハウスも解散。ティムとニールはそれぞれソロアーティストとしてアルバムを数枚ずつ発表。以前より地味な活動になりましたが、NZ国内では大御所アーティストとして確固たる地位を築いてきました。洋楽を聴かない方に説明するために、日本で言うと誰かなぁとずっと考えていたのですが、思い当たらないですね。強いて言えば、もし桑田圭佑が「稲村ジェーン」の後で映画にのめりこんでしまってサザンを解散してしまっていたとして、15年後に原由子と二人でアルバムを作った、という感じですかね。ちょっと違うか。まあお互い自国内ではそれぐらい大御所ってことで。

先の二つのグループが欧米で数々のヒットを飛ばしていたことから、その当時まだ若い音楽ファンだったであろう色んなアーティストが彼らのことをリスペクトしており、例えばCD・DVDにもなっているニールの数年前のコンサートツアーでは、パール・ジャムのエディー・ベダー、元ザ・スミスのジョニー・マー、レディオヘッドからの二人、などという、とんでもない豪華メンバーがバックを務めています。

また、当然それだけヒットした彼らの曲には誰が歌っても名曲という普遍性があり、これもまた色々なアーティストにカバーされています。nekoさんがブログに書いておられた、ジェームス・ブラントが日本のコンサートで演奏した“新曲”のうちの一曲は、おそらく彼らの「Fall At Your Feet」という曲ではないかと思われます(日本公演の少し前に録音された彼のライヴアルバムでその曲を演ってます)。nekoちゃん、読んでる?ほら、ちょっと興味でてきたでしょ?(^^)

その彼らが本当に久々に二人でスタジオに入り、2004年に完成させたのが、上に写真を載せたこのアルバムです。内容をひとことで言うと、“大人による大人のためのポップ”。息を呑む珠玉のメロディーが、素晴らしく芳醇なハーモニーに乗せて歌われています。2004年というのは僕がNZに来た年でもあるんですが、ちょうど今頃の時期(南半球では真冬)に街のあちこちでこのアルバムからの最初のシングルカット曲「Won’t Give In」が流れていました。いきなり赤道直下から真冬のNZに移り住んで、長年の熱帯暮らしで開ききった全身の毛穴にしみこむ寒さに死にそうな思いをしていた僕は、この曲の心温まるハーモニーとカフェで飲むロングブラック(エスプレッソをお湯で割ったNZのコーヒー)にずいぶん暖めてもらったものです。

もう前回のようにつべこべと曲ごとの解説はしませんが、とにかくアルバム冒頭の二曲「Won’t Give In」「Nothing Wrong With You」をまず聴いてみてもらいたい。もし2004年にブライアン・ウィルソンが「Smile」を完成させてさえいなければ、その年の僕のアルバム・オブ・ザ・イヤーになっていたはずのCDです。大人の方なら大抵の方に気に入ってもらえると思います(年齢的には大人でも、もしあなたの鼻と唇にピアスの穴が開いていたり、あなたのワードローブにドクロの絵が描いてあるシャツが二枚以上あるようでしたら、あとで他のCDをお薦めしますので、もうこの先は読まなくていいです)。じっくり聴いても素晴らしいし、押し付けがましくない音なのでBGMにも最適だと思いますよ。この人たちが今日本でどういう扱いなのかがよくわからないですが、恐らく町のCD屋さんですぐ見つかるような盤でもないと思いますので、上の写真にアフィ貼ってみますね(初挑戦!…でもどうやれば写真をクリックして別ウインドウに飛ばせるのかがわからなかった)。

彼らのことを知るにつけ、僕は誰かにこの二人のことを紹介するときには、“NZの宝石”と呼ぶようになりました。NZの音楽界というのは想像以上に層が厚いんですが、先にも書いたとおり、この二人は別格です。この次また二人でアルバムを作ってくれるのか、それともソロに戻るのか、まだわかりませんが、恐らく彼らの生涯最高傑作と思われるこのアルバムを凌ぐものを作ってくれるでしょうか。願わくは、僕がNZにいる間にまたニューアルバムを発売して、コンサートツアーをやってほしいものです。そのときは、皆さん、観光がてらNZに観にきませんか?


posted by . at 11:46| Comment(18) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
幸いドクロのTシャツ一枚しか持っていなかったので最後まで読みました。NZの情報って少ないから新鮮です(私のアンテナがへなちょこなのかな?)。NZは寒いなんてあたりまえのことすら忘れてますし。いい地球儀持ってるくせにね、私。
押し付けがましくない音楽、これ仕事しながら聴く私たちにとって大きなポイントかも。聴いてみたいですね〜ぜひ♪
それからyas兄ィさん、思いっきり長々書いてしまっていいんじゃないですか?
せっかくyas兄ィさんから溢れる思いや情報を端折ったり削ったりしちゃうともったいない気がしますよぅ。
Posted by カブ子 at 2006年07月10日 20:47
ひそカブ姉妹なら二人合わせて絶対ドクロTシャツの一つや二つは持ってるぞと思い、恐る恐る二枚と書いてみたのが幸いでした。最後まで読んでいただけて光栄です。

自分の文章にいまいち自信がないので、いつもカブ子さんのコメントには勇気付けてもらってます。前言撤回して、「長くても面白いと読んでいただけるような記事を目標にします」と書き換えますよ。PSBのLoonyLuna様のコメントもそうだったのですが、僕の拙い文章を読んでそのCDを聴いてみたくなったなんて言われるのが(お世辞だとしても)本当に嬉しいです。このアフィリエイトというシステムが、僕にコミッションが入るのでなく、僕のサイトを通じて買ってくれた人にコミッションが入るようなシステムならよかったのに(もちろんコミッションは僕もち)とさえ思ってしまいます。

そうですね、南半球は今真冬です。またちょくちょくNZネタも書いていきますね。ところで明日から雪山に出かけてくるので、しばらく音信不通になります。
Posted by yas at 2006年07月11日 18:18
もう雪山へ行ってしまわれた?
Posted by カブ子 at 2006年07月12日 01:30
今から行きます。今朝は4時起き。いつもこの時間に起きればそちらとリアルタイムで交信できるのに。戻ってきたらまたコメント等書き込みますね。では。
Posted by yas at 2006年07月12日 01:46
いってらっしゃーい!雪山気をつけてねー!
カブちゃん、カブちゃん、ドクロの模様のものは、お家に置いとくの良くないんやでー。美輪明宏さんがTVで、言うとったでー。
Posted by 青グリン at 2006年07月12日 13:11
兄ィ!まだ帰ってこないのかな?
また好きそうなもの見つけてきましたよ〜。

http://anoyoroshi.hp.infoseek.co.jp/flash/omaeda.html

アキラ君のブログ「光るナス」で紹介されてたの。
兄ィ、絶対好きだと思う。

>青グリンちゃん
おにいさまのブログでメッセンジャーに誘われて「TV見たい」と言っとったのは、おまえやろー?!
Posted by ひそそか at 2006年07月14日 12:32
ひそそかちゃん、な、なにそれ?
ワシ、知らん。ブログのメッセンジャーてなに?
うう?
Posted by 青グリン at 2006年07月15日 13:28
>青グリンさん
ただいまです。雪山レポート書いたんで読んでやってください。こないだ以来、みやげ物屋に行くとどうもカエルものが目に付くようになってしまいました。

>ひそそかさん
ははは。嘉門達夫ネタですね。関係ないけどこのAAのネコみたいなやつって可愛いですよね。

>青グリンさんアゲイン
にっけいさんのブログ見なはれ。
Posted by yas at 2006年07月16日 17:59
なな、なんですとー? ドクロと一緒に暮らしちゃいかんのー? いかんやろなー。
そういえばお義母さんがウチに来たとき「不吉や」言うて、壁にかけてあった知り合いが描いた絵、はずされてしもたの。ドクロの絵じゃなかったんだけど…。なんかわかる気がする。
Posted by カブ子 at 2006年07月17日 16:36
>カブ子さん

それ何の絵?気になる。今度見せてください。プリーズ。
Posted by yas at 2006年07月17日 17:49
こんにちわ。
なんと地球の裏側にいらっしゃるんですね。
NZには一昨年くらいに親父が行ってきました。
素晴らしい場所らしいですね。

>The Finn Brothers
良いと言う話しを聞いて購入したのですが、いまいちピンときませんでした。これを機会にもう一度聴いてみたいと思います。
もう一度興味を持つチャンスを頂けた事に感謝です。

そう言えばFolkのHollie SmithってNZじゃなかったっけ?違ったかな?ご存知ですか?
Posted by falso at 2006年07月17日 21:32
カブ子ちゃん
よーく聞いてなかったから、詳しいワケはよー分からんけどね、やっぱり縁起のいいものと違うからやないか。七福神置いとく?
いやーん、音楽に関係ないことばっかり書いてごめんね!
Posted by 青グリン at 2006年07月18日 00:25
>falsoさん(「様」はやめときますね)
フィン・ブラザーズはきっと、falsoさんのような方にはちょっとイージーリスニング過ぎるかもしれませんね。
僕は特にスプリット・エンズもクラウデッド・ハウスも熱心に聴いてきた訳ではないんですけど、あれだけキャッチーな(でもひねくれた)メロディーを書いて歌ってきた人たちが、こういう円熟味のある音を出し始めたっていうのが僕にとってはなんだか心地よくて。
これを機会にもう一度聴かれて、それでもご興味なければ、ごめんなさい。

ホリー・スミス、NZの人ですね。言われてみて調べたのですが、このEPのジャケットあちこちで見かけてます。実はこのジャケットの、タトゥーがびっしり入った腕を見て、こちらにありがちなマオリ系ヒップホップの人かと勝手に思い込んで、今までスルーしてたんですよ。それがなんと、ケルト系フォークですって?! 早速買いに行きます。ご教示ありがとうございました。聴いたらブログに感想載っけますね。
Posted by yas at 2006年07月18日 22:15
>青グリンさん
いいんですよ、音楽に関係なくって。僕が勝手にあちこちの音楽に詳しそうな方のブログに行って無理やり引っ張ってきて頂いてるんで、たまにコメント欄がそういうムツカシイ話になりますけど、僕は青グリンさんとカッパ&カエルの話してるだけでもすごく楽しいですから。あとドクロの話も。いつもコメントありがとうございますね。
Posted by yas at 2006年07月18日 22:20
こちらでは初めまして!いやーおもしろいです。ゆっくり読ませてもらってます。共感しっぱなしです。またたびたび来ます。よろしくお願いします。クラウディッドハウスってたぶん僕が観た外タレライブの何番目かのバンドなんですよ。メンバー無邪気にステージ上を駆け回ってたことを覚えてます。このアルバムも聴かねばならんですね。おそらく胸にぐっとくるんでしょうね。まぁ間違いないと思います(笑)。そういえば今思い出したんですが、職場の先輩でオーストラリア帰国子女がいて(男ですが)スプリットエンズを強力に薦められましたよ(笑)。
Posted by gaku69ab at 2006年07月19日 23:48
>gaku69abさん
こんにちは。ようこそいらっしゃいました。「おもしろい」なんて言われたの初めてですよ!いやー嬉しいなあ。ありがとうございます。

さっきこちら(NZ)のレコ屋に行ったら、スプリットエンズのアルバムが全部ボーナストラック入りデジパック仕様で再発されてましたよ。日本にも入荷しますかね。

ふむ、確かに男でも帰国子女って言いますね。そのうちこの言葉もポリティカリーにコレクトな言い方に替えられてしまうのでしょうか。
Posted by yas at 2006年07月20日 21:26
こちらの記事にも名前があるのは、もちろん気づいていましたよ!
でも、おすすめの最初の二曲だけでも聴いてからコメントしようと思っていたら、
すっかり遅くなってしまいました。

実はPCが新しくなったので、いまいち使い勝手がよくなくて。
とりあえず、real Player(もちろん無償の方)をダウンロードするところから始めて、
「Won’t Give In」と「Nothing Wrong With You」、30秒ずつくらいでしたが視聴してみました。確かにとっても聴きやすくてかなり好きな感じです。

「Fall At Your Feet」も、探して聴いてみたのですけど、ライブでやったかどうかが
私には判別がつかず。玉次郎はそういう音楽に関する記憶力が妙に長けているので、
聴かせてみようかな。どちらにしてもかなり好みな感じです。ノラ・ジョーンズの次はこれを買ってみたいです。

それと、アマゾンのカスタマーレビューを書いているひとたちの入れ込み具合がなんだか心にぐっと来てしまった私でした。いいものを教えてもらっちゃったな、という気持ち。

ところでこのPC、カメラがついているので、例のにっけいさんのアレ、できちゃうんですよねぇ(笑)。
Posted by neko at 2006年07月25日 18:52
>nekoさん
気に入ってもらえてよかったです。ジェームス・ブラントのライヴ盤はかなりよかったので、今年頭のライヴに行かれた方ならきっといろいろ懐かしく聴けるのではないでしょうか。

僕はこのアルバムが出たとき丁度NZにいたので町中でみかけるヒットアルバムだと思ってたんですが、きっと日本や他の場所で熱心に聴いておられた方にとっては、一人でも多くの人に聴いてもらいたい隠れた名盤だったんでしょうね(今、日本の人向けにこの文章を書いて、僕もそういう気持ちです)。

PCのカメラ、是非今からでもにっけいさんの過去記事に書き込みして(関係ないけど「かこきじにかきこみ」って早口言葉みたい)例のアレ誘ってみてはいかがでしょう。
Posted by yas at 2006年07月25日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。