2006年07月07日

一つ目小僧と三つ目小僧に捧ぐ

今日現在僕のブログを訪れてくださっている殆どの方にはあえて紹介するまでもないでしょうが、「一つ目小僧と三つ目小僧、どちらが好きですか?」という、僕のお気に入りのブログがあります。初めて某所でそのタイトルを見たときの既視感のような感覚は忘れられません。

『これはきっと僕が気に入るサイトに違いない』。

いえ、別に僕はお化け評論家でもなければ手塚治虫の「三つ目がとおる」にとりたてて思い入れがあるわけでもありません(後者は大好きな漫画ではありますが)。

早速訪れてみると、案の定そのブログには(僕の読んだ範囲では)一つ目小僧も三つ目小僧も出てきません。あえて強調するなら、一反木綿もぬりかべもいませんでした。でも、そのブログでのちょっとした言い回し、採りあげられている題材のあれこれが、妙にツボにはまるのです。

ツボにはまるといえば、通常ブログタイトルの下にはなにかごにょごにょと書いてあるものですよね。僕のブログの場合だと「こないだ買ったCDがどうのこうの」ってやつです。「一つ目小僧」のタイトルの下には「水曜日は、燃えないゴミの日、生協の日」。それもまた最初から僕のアンテナにびんびんと来てたのですが、僕がブログを立ち上げたときにそのタイトル下の文章が「ブログ説明」だと気づいたときには(気づけよ、最初から)、もうケイレンするかと思うほどにウケたものでした。

そのブログのコメント欄で、ブログ主がご自宅に点取り占いを大量に保管されているということを知りました。点取り占い!ああ、思い起こせば僕が中学生の頃から大学にあがるに至るまで、なけなしの小遣いをはたいて毎月むさぼるように読んでいた「ビックリハウス」と「宝島」に、ひそかに、でも熱狂的に、毎回採りあげられていたものでした(もしかしたらビックリハウスにはあまり載ってなかったかも)。

当時僕が探し回った限りでは、僕の住んでいた大阪には点取り占いを置いていた駄菓子屋はありませんでした。毎月買ってくるそれらの雑誌が、僕にとって唯一の点取り様(そう呼ばれていました)との邂逅だったのです。もうそれは標語のように暗記したものです(だから咄嗟に「きみは くさいよ」とか出てきたってわけですよ。点数はさすがに忘れてましたけど)。

かの「一つ目」ブログの持ち主が自宅に大量に点取り様を隠し持っている(いや、別に隠してたわけではありませんが)。もう僕にとってはそれでビンゴでした。後にアップされた記事によると、ブログタイトルも実は点取り占いから引用されたとのこと。道理で最初から何か僕を惹きつけるものがあったわけです(僕はその占いの文言は知らなかったのですが)。

でもそのタイトルが点取り占いからの引用だったなんてことは最早どうでもいいです。おそらく決して万人受けするわけではないであろう点取り占いを小学生のころから気に入って、何十年(?)もたってから大人買いする気性。ブログでの言葉の端々ににじみ出るセンス。もし僕が高校生の頃にこんな女性に出会っていたら、村上春樹風に言うなら、僕はきっと宿命的な恋に落ちていたに違いありません。 …ちょっと酔ってるのかな。まだそんなに失礼なこと書いてないですよね。
「飛行機でお酒をのむと 早くよいがまわる 2点」 いや、そんな点取り様はいません。今勝手に作りました。

話は変わりますが、ピンク・フロイドというロックバンドがいます(一応音楽ブログですので)。有名なグループなので、洋楽を聴かない方でも名前ぐらいはご存知でしょう。彼らが1971年に発表した「Relics」というベスト盤は、オリジナルLPの、メンバーの一人によるイラストのジャケットを始め、再発CDも含めて僕の知っている限りでは4種類のジャケットが存在します。

アルバムを印象付ける顔とも言うべきジャケットを、何故そんなにコロコロ変えることになったのか、僕は知りません。でもピンク・フロイドというのはビジュアル面にも相当気をつかっていたグループで(ビジュアル系というわけではありませんよ。殆どのメンバーがむさくるしい親父ばかりですから)、この一連の「Relics」のジャケットも、ヒプノシスのデザインによる彼らの他の数々の名作に引けを取るものではありません。

その4種類の中で、今は廃盤になっているアメリカ盤LPのジャケットを初めて見たときから僕はずっとそれに取り付かれていて、既に同内容のCDを持っているにもかかわらず、先日ようやく中古盤を見つけて買ってしまいました。カブ子さんもこれを気に入ってくれるでしょうか。このジャケットを一つ目小僧と三つ目小僧に捧げます。










オモテ.JPG ウラ.JPG




posted by . at 14:24| Comment(11) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
yas兄ィさま

今日のおやつは鯛焼き、齧りながら読ませていただきました。
わわわ、わたしと宿命的な恋!?
いてっ、舌かんじゃったじゃないですか!!
気がつけば血染めの鯛焼き。鯛焼きから血。焼かれた鯛から血。
ぢゃなくて甘いあんこのタイ焼きから血。ちがう、私の血だってば。

きみどりを恭子さまへお見せしようとしただけの臨時ブログがたまたま
続いてしまって、役にたたないくだらない記事ばかりでコメント
いただくことに恐縮していた日々でございますのに、こんな評価を
されてしまって、これ以上どう縮こまれとおっしゃるのです?

機内で書いてくださったのですか? 貴重な時間を小僧のためにさいて
くださりありがとうございます。
こんなことは初めてで、思いもよらぬ内容にびっくりしながら
本当にうれしく拝読させていただきました。
いやぁ、はずかしいです…。
でも点取り占いに反応していただいた時はうれしかった。
画像のアップ本当に大変だったのですよう。
でもその反応があってこそ私は頑張れたのです。

「水曜日は、燃えないゴミの日、生協の日」
これ最初は「月曜と木曜は、燃えるゴミの日、更新の日」だったのに
決まった曜日に更新することが出来ず「生協の日」に
なってしまった経緯があるんです。

ピンク・フロイドのジャケット素敵ですね!
昨年何故かプログレの研究をするぞと思い立って、でもすぐにやめちゃったん
ですけど、そのとき買った本引っ張り出して読み返してみようと思います。
(私はソフトマシーンが好き♪)
ピンク・フロイド、聴きたくなってきたぞ!

本当にありがとうございました、yas兄ィさま〜!
「今日はほんとうに気分がよろしい 10点」
Posted by カブ子 at 2006年07月07日 17:26
>カブ子さま

舌をお噛みになったと?もしやこの“四つ目小僧”たちの真似をして舌を出しておられたのでは?鯛焼きを齧る際にはちゃんと舌は仕舞っておかれた方が懸命ですよ。

僕の経験では、このジャケットを見せたときに返ってくる形容詞は、圧倒的多数で「不気味」です。「素敵」と言われた方を初めて見ました。やはり僕の目に狂いはなかった。

さらに、なんと、ソフトマシーンですって!? ほんとうに、僕のことを釣ろうとしてわざと言っておられるんじゃないですよね?酔った勢いで宿命的な恋なんて書いてしまって、今日ブログにアップする際にはずかしいから消そうかな、と思っていたのですが、これで確信に変わりました(^^) 「追悼 アリフ・マーディン」の記事をあげる前に「追悼 エルトン・ディーン」を書いておけば、もっと早く意気投合できていたのに・・・

地味音楽と名乗りながら、最初からあまりに無名のアーティストを採り上げてしまうと皆に引かれてしまうかもと、PSBやノラ・ジョーンズあたりの話から始めましたが、こんなことであれば先日入手したソフトマシーン初の映像作品「Grides」をいきなり採り上げても、少なくともコメント一件はもらえたんですね。

僕の方こそ、素敵なコメントありがとうございました。またこれからもよろしくお願いします。また、秋のオフ会の際には是非その駄菓子問屋に連れてってください。僕も大人買いします。

「さあしっかりあくしゅしよう 8点」
Posted by yas at 2006年07月07日 20:16
私が住んでいたところから電車でロンドンへ向かうとき、いつも窓からBattersea発電所が見えました。
ブタは飛んでなかったけど、初めて見たときの感動!
特にファンだったというわけではなかったけど、CDを探して買ったのは言うまでもありません。
Posted by LoonyLuna at 2006年07月07日 20:32
>LoonyLuna様
そう!僕も初めてロンドンに行った時に電車からあれが見えて超感動でした。写真撮りまくりましたよ。

「Animals」はピンク・フロイドのアルバム中でも決して評価の高いアルバムではなかったですけど(僕は結構好きですけどね)、パッケージも含めた芸術作品として見た場合、その前後の名盤を遥かにしのぐ傑作だと思います。
Posted by yas at 2006年07月07日 20:55
っきしょー!1ゲットしそこねた!!くぅ〜〜〜っ。
何かと思えば小僧へのラブレター、いや、小僧へのオマージュ。
なんだなんだこのコメントの応酬は?

トリさんに言いつけてくる!
(バタバタバタバタ・・・・)
Posted by ひそそか at 2006年07月07日 21:05
>ひそそかさん
いや、あの、言いつけるのはちょっと。待ってってば。あなた、留守にするんじゃなかったの?なんでここにいるの?(^^)
Posted by yas at 2006年07月07日 21:44
さっきはバタバタとコメントしてしまって肝心なことを訊くのを忘れました。
このアメリカ盤LPジャケットの顔は四つ目。yasさんはそれにずっと取り付かれていたとのことですね?それを私に捧げるとおっしゃるのですね?!それは私が「四つ目」だということを知っていてわざと言っておられるんじゃないですよね? って、あれ?これちっとも質問になっていませんね…。いや、あの、いいんですけど…。本当に、なんというか、不思議なこともあるもんです。

ソフトマシーン…
そもそもCKBのキーボード奏者がカンタベリーバンド作ったってことで
そのライブに行ったんです。何故わざわざ「カンタベリー」を冠するのか謎で、興味を持ったのが始まりです。
ゲストにキャラバンのR.シンクレアとD.シンクレアが来てたんですよ。ピアニカで「グレイとピンクの地」を演奏してくれました。
で、そのへんのメンバー入れ替わり立ち替わりの何だかよくわからないところを探っているうちにソフトマシーンが気に入っちゃったんですよぅ。
梅子が単独で一日うちに遊びに来た時、アルバム“4”のとある曲を一緒に練習したんですけどね、もう忘れちゃったかな?梅子。
で、前にコメントしましたけど、私音楽ぜんぜん知らなくて、ぷろぐれ、このへんのピンポイントしか聴いたことないんであまりこわい質問しないでくださいね。
「これからもよろしくお願いします 7点」
Posted by カブ子 at 2006年07月08日 00:17
>yas兄ィ
窓を留守にしてなぜここに?ここにいるから窓が留守なのよ!
イカレタ妹ですが、今度ともなにとぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます。

>四つ目
私もそれにめっちゃ反応!

>プログレ
梅子、ちゃんと覚えていますよ。トリカブ子家から帰って、毎日ピアノで延々と引き続け、とうとうムッシュに叱られました。
「新しいプログレ、教えてー」byうめこ
Posted by ひそそか at 2006年07月08日 01:40
>カブ子さま
で、結局ご質問はなんだったのでしょう?何故カブ子さんが四つ目だと知っていたかということ?そりゃ、僕もそうですから。よく見えますよね。

最初に頂いたコメントでCKBとジャズロックがどう関係あるんだろうと思っていたんですが、そういうことだったんですね。そのキーボード奏者のバンドも是非聴いてみたいです。あとでググッてみますね。

>カブ子&ひそそかさま
「4」に小学生がピアノ練習に使えるような曲なんてあったっけ?だってあれはバンドがあまりにもテクニック至上主義に走り出したからという理由でロバート・ワイアットが脱退を決意する契機になったアルバムですよ。と思って聴きなおしてみたんですが、うーん、もしかして「Teeth」の4分30秒あたりで出てくるピアノのフレーズですか?梅ちゃん、すごいですよ。次の練習曲はぜひジェネシスの「Selling England By The Pound」から「Firth Of Fifth」をお願いします。

「音楽家になるだろう 9点」

>ひそそかさま
四つ目に反応していただいて、嬉しいです。

「お前のことならなんでも知っている 8点」
Posted by yas at 2006年07月08日 13:47
だぁーーーーっ!
ヒーヒヒヒヒヒヒ!
まちがいましたぁ! 「4」ではなく「7」でした!
ヒーヒヒヒヒヒヒ!
わたしったら何という間違いを!「4」今聴いてみましたけど聴いて笑ってしまいました!これピアノで弾けるかいな〜! いかん大ウケしてしまった。

「7」の5曲目タラボスです。これなら簡単でしょ?
リフリフリフリフリフ〜。

てゆーか、yas兄ィ、「4」持っていらっしゃるのですね。
え?もちろんだって?「7」は?

>そのキーボード奏者のバンドも是非聴いてみたいです。
その後活動してるのかな…? いくつかバンドに参加してるみたいですけど…。CKBのメンバー、テクニックを持て余している人が多くて、他で憂さ晴らししてるみたいに見えます。「テクニックの無駄遣い」をモットーとしたユニットがあったり。でも私はちょっとずっこけたCKBが好きなんですよ。いや、剣さんが。(きっぱり)
Posted by カブ子 at 2006年07月09日 00:17
「5」までしか持っていません。ジェンキンス氏が加入してからはどうも疎遠で。「7」にもなるとオリジナルメンバーはマイク・ラトリッジしか残っていないんですよね。でもこれを機会に聴いてみます。

ふーん、CKBって、そんな上手な人たちがいるんですね。「テクニックの無駄遣い」っていいですね(^^)最近のキング・クリムゾンなんてまさにそんな感じですが。
Posted by yas at 2006年07月09日 08:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

点取り占い様
Excerpt: 占いがブームなのですか? ジョージさまやひそそかのブログでテレビ占いが盛り上がってますね。ありゃ面白いっ! テレビ占いはハイテク占い、さあさあそろそろローテクアナログ占いはいかがです? yasさ..
Weblog: 一つ目小僧と三つ目小僧、どちらが好きですか?
Tracked: 2006-07-07 16:43