2011年03月22日

報道

書こうとしている音楽関係の記事もいくつかあるんだけど、どうもそんな雰囲気でもないしそんな気分でもないので、このごろ考えていることをちょっとまとめてつらつらと。今朝ツイッターで140字ぴったりつぶやいたやつの拡大版ってとこ。

今朝起きてテレビをつけたら、確かフジテレビだったと思うけど、ホウレンソウとか原乳から検出された放射能が人体にどう影響するのかという番組をやっていた。普段目につく報道って、国が定めた基準値の何倍の放射能が検出されたとか、それが何ベクレルだとかいうことばかりで、じゃあ一体それを食べたり飲んだりしたらどうなるの?ってことがさっぱりわからないので、こういうのはありがたいと思って観ていた。

その番組では、ベクレルという一般人にはいまいちよくわからない単位を、最近それより多少はポピュラーなシーベルトに換算したうえで、昨今ホウレンソウとか原乳から検出された放射能の濃度は、普通に食べてもほぼ人体には悪影響のないレベルであること、そもそもホウレンソウなんて必ず水洗いしてから食べるものだし(水洗いすることで付着した放射能は10分の1程度に減るんだとか)、原乳そのまま飲む人なんていないし、過剰に心配する必要はないんですよ、という説明がされていた。

今、日本に必要とされている報道って、こういうものじゃないのかな。さすがに最近は津波の映像を繰り返して流したり、被災者にマイクを向けて「今のお気持ちは?」なんて質問するような番組は減ってきたけれど、切迫した福島原発の現状以外に今やってる報道番組に観るべきものはほとんどないように思う(計画停電や電車の運行予定だったらネットの方がよほどアップデートされてるし)。

今朝の番組の情報や計算方法が鵜呑みにできるほど信用のおけるものなのかどうかは知らないけど、少なくとも僕はあれを観て、福島・茨城・栃木・群馬産の野菜や牛乳を買い控えるようなことはしないでおこうと思った(それを見分ける手立てが僕にあるならということだけど)。ただでさえ地震や津波や原発事故でひどい目に合っている地方の人達がこれまで一所懸命育てて出荷する野菜や牛乳を、これ以上そんな風評被害みたいな目に合わせたくないからね。

政府は出荷自粛をさせた業者に対して「補償することを考えている」でなく、本当に危険だったら「補償するから安心して自粛してください」と言うべきだし、“自粛”程度で済む程度の危険度なら、それが体内に入ったときにどういう影響があるのか(ないのか)を具体的に説明してくれるのが報道機関の役割だと思う。

ということで、僕はアエラみたいなクズ雑誌を発行している新聞社の刊行物については今後も不買運動を続けるけど、誰かが被災地産の野菜・牛乳が人体にどう危険なのか具体的に教えてくれるまでは、それらをあえて選んででも、積極的に食べることにするよ。

AERA.jpg

BGM:Noah And The Whale 『The First Days Of Spring』 
早く春になって、おいしい野菜をたくさん食べられるようになればいいな。


posted by . at 00:08| Comment(5) | TrackBack(0) | 非音楽的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
普段は〇経新聞ですがたまに実家とかで他紙を読むと記事が扇情的というか週刊誌的で驚くことがあります。事実にドラマを求めたらダメですよね。「荒唐無稽」は新聞小説だけにしてほしいものです。
記者の目を通すので完全に中立というのは難しいと思うので、受け手(私たち)が情報を読み取る力も必要なのでしょう。

ところで今日ホウレンソウ買いました。おいしかったです。
Posted by ひより at 2011年03月22日 23:17
その番組、私も見ました。キャスターの女性(タマちゃん)が好きなので覚えていますが、フジじゃなくテレ朝だったかと。

NHKだったかなー(こちらはうろ覚え)、被災地の人たちに「今具体的に何が足りないか、どんな支援が必要か」をインタビューしていて、こういうのはいいなと思いました。「女性用品が足りないけどなかなか言い出せない」という話を聞いて、被災地の妊婦さんや女性たちを支援する団体にちっちゃく寄付。

私も「buy東北・北関東キャンペーン」ひっそり展開中です。でもスーパーの野菜、圧倒的に東京より西の産地のものが増えていて、切なくなりました。何とか栃木産トマトと茨城産もやし購入。
Posted by にんじん at 2011年03月23日 16:05
>「補償することを考えている」でなく、本当に危険だったら「補償するから安心して自粛してください」と言うべきだし

同感。日本産の農作物が味よく作ってあるのも、輸入品にくらべて安心して食べられたのも、産地の努力があったから。なんの落ち度もない人たちです。農家が少しでも安心できるような支援や取り組みがされないとね。

>アエラみたいなクズ
私はアホみたいな雑誌と思ってました。とりあげる内容が興味本位で、掘り下げることなく浅く、それなのに話題の先端を行ってるかのような態度が気にさわるのですた。もう何年も手にとってませんが、今もやっぱりそうなのね(この写真の表紙見ただけで、中身の想像つく感じします)。
Posted by 青グリン at 2011年03月23日 18:57
人体に対する具体的な影響があまり報道されないのは、たぶん実際問題としてはっきりしたことがわかっていないからだと思います。
放射性物質が「直ちに」どう影響するかは研究できても、微量かつ長期的な影響なんて、大規模な人体実験でもしない限り、知る手だてがないんじゃないかと・・・。

今回の問題に関しては、個人的には「風評被害」という表現にすごく違和感を感じています。
現実的に「被害」があったでしょうが〜!
それを一見、生産者を守るようなフリして「風評」とか言って、結局のところ、補償問題をあいまいにするよう世論を誘導してるだけのようにさえ思えてきます。うがった見方かもしれませんけど。

疑わしいモノは出荷停止し、その補償をきちんと行なうことこそが、本来やるべき対応だと思います。
そして補償を実現するためには、「国」というより「ひとりひとりの国民」の協力が不可欠だと思います。たとえば、累進課税の目的税を早急に実施するとか。そのための増税なら、私は大いに賛成なのですが。
でも、たぶん政府は支持率ばかり気にして、震災救援に関する大した政策も打ち出せないまま、予算のやりくりがつかず右往左往して終わるんだろうなぁ〜と思うとガッカリです。

スミマセン、ついアツくなってしまいましたが、私くらいの年齢になってくると、もう多少有害物質を摂取したところで、寿命はそう変わらないことは十分承知です(笑)。
Posted by クロム at 2011年03月24日 21:33
■ひよりさん
故あって僕はここしばらく新聞を取るのをやめているので偉そうなことを言う資格はないのかもしれませんが、いろんな新聞があって、それぞれがそれぞれの色を持っているのは当然だし、いいことだと思います(あくまでも、読み手側が自分の読んでいるのがどういう色を持った新聞なのかを自覚しているなら、という前提ですが)。○経新聞にしても、○日新聞とか産○新聞とかに比べると無色っぽいかもしれませんが、トピックによってはけっこう偏った書き方をしているなと思うことはよくあります。主な読み手とスポンサーが経済界なので、そちら側に顔を向けた記事の書き方になるのはやむを得ないと思いますが。

おっしゃるとおり、あまりニュースにドラマ性を持たせることには違和感がありますが、そちらの方が人の頭に入っていきやすいし、感情に訴えかけるのが容易というのも事実なんですよね。だから、そういう紙面作りばかりをずっとしてきた某新聞があれほどのポピュラリティを得ているわけで。また、そういう紙面作りを当然だと思ってやってきた挙句、自分たちがやり過ぎたことに気づいていなかったのが、今回のこの事件(?)だったということだと思います。

ホウレンソウは放射性物質がついている・いないに関わらず、まず洗うことをお勧めします。ひよりさんの場合は虫がついていてもウエルカムなのかもしれませんが。


■にんじんさん
あ、テレ朝でしたか。それは失礼しました。奇しくも記事内で同系列の新聞社をこきおろしてしまいましたが、この場を借りて持ち上げておきます。あれはいい番組でした。ついでに、古館さんと一緒に夜のニュース番組に出ているキャスターも気に入ってます(そのわりに名前すら覚えていない)。僕の知っているタマちゃんはキャスターでもなければ女性でもありません。

なるほど、このお話はちょっと目からウロコです。たしかに必要だけれども大きな声では言えない(言うのがちょっと恥ずかしい)というものもあるかもしれませんね。水虫がかゆくてしかたないけどそんな薬は後回しにされるとか。にんじんさんが寄付されたような、行き先と用途がきちんとわかっている団体はいいですね。一応僕は会社経由でそれなりに大きな団体に寄付をしたのですが、それが具体的にどう使われているのかまでは、気になりながらもちゃんと追っていないです。あとでサイト見てみよう。街中で義援金を募っている人達や、あちこちの店先に置いてある募金箱には、冷たいと思われながらも残念ながら寄付をする気にはならないです。あの中に悪意のある人なんてほんの一握りもいないとは思うものの。

「buy東北・北関東キャンペーン」、気をつけてがんばってくださいね。今流通しているものはそれなりに安全なものばかりだとは思いますが、苦しんでいる農家の人達を支援しつつも、正しい情報を入手して自分たちの身を守るのも当然大事ですからね。僕はもう自分の寿命がほっといてもセシウム137の半減期程度だと思っているので、ある程度何が付着していても気にせず摂取するつもりですけど、子供やこれからまだ新しい子孫を残す予定のある人達はできるだけそういうものから遠ざけてあげたいです。そういう意味では、にんじんさんが別所でつぶやいておられたように、某高齢チヂが水道水を飲むというパフォーマンスは失笑モノでした。都民が何を心配しているのかわからない人に都政を任せてはおけないということをわざわざ強調するためにあれをやってくださったのでしょうか。


■青グリンさん
昨日になって首相が「農家や酪農家に確実な補償と支援を行うという点で万全を期したい」と、あいかわらず政治家らしいまどろっこしい言い方ですが、一応前向きな表明をしていましたね。もっとスパッと「補償しますよ、ごめんなさいね迷惑かけて」と言ってあげればいいのにね。一方で、シンガポールが日本の全然原発事故とは関係のない地方の野菜の輸入も禁止したというニュースもどこかでちらっと読みました。まあ、シンガポールのような潔癖症の国では仕方のないことなのかもしれませんが、ちょっと落ち着けと言ってやりたくなりますね。その分、おいしく安全な日本の野菜は僕たちが消費しましょう。

銀行とか病院とか空港のラウンジに行くとよくアエラ置いてあるんですよね。やっぱり○日新聞が主流の国ではあの雑誌にそういうステータスがあるということなんでしょうか。そういう場所で何度か手に取りましたが、つるつるした綺麗な紙に印刷された上品な夕刊紙という感じがしました。夕刊紙も電車の中で他の人が読んでるのしか見たことないですが、エッチな記事とか写真が載ってる分だけアエラよりもお得感がありますた。


■クロムさん
確かに、何十年にもわたって国を上げて発癌性物質を含んだ習慣性のある煙草を使った大量な人体実験を続けたうえで、民営化後はその結果をもとに具体的にどれだけ人体に影響があるかということを広告にでかでかと記載させているという壮大かつ滑稽な実験とは違って、放射能物質が長期にわたって人体に及ぼす影響なんて、これまで意図的に実験が行われたことは、第二次世界大戦末期以外にはほとんどありませんからね。奇偶なことに、ちょうどクロムさんのこのコメントを頂いたときにテレビで(これも確かテレ朝)専門家が話していたのが、チェルノブイリ事故のあとウクライナでヨウ素による子供の甲状腺癌がどれだけ増えたか、セシウム137による影響はどうだったか、という、結構具体的な数値を交えた説明だったのです。かなりブラックユーモア的ではありますが、専門家はあの事故を「大規模な人体実験」として使わざるを得ないのだと思いました(誤解のないように、もちろんあれが実験のつもりで起こされた事故でないことは100%承知のうえで)。

そうですね、まさにただでさえ甚大な被害にあった農家や酪農家をきちんと守るために、何が事実で、何が風評なのかをきちんと知る手だてが必要だということを言いたかったんです。どの地域(同じ県内でも差があるはず)の、いつ出荷されたどういう種類の野菜や原乳がどの程度危ないのか、はっきりいって今ぜんぜんわかりません。だから、少なくともかなり厳しめであったはずの日本の基準をクリアして今現在うちの近所のスーパーとかに並んでいる福島県や茨城県産の野菜は、自分は食べても大丈夫だという判断です。そして今後、その基準がどんどん曖昧で緩やかなものになっていきそうな気がします(原発事故に対応してくださっている方々の許容値が突然引き上げられたように)。だから、そういう基準には敏感になっておきたいな、「福島県産の野菜はなんでもかんでもNG」みたいな人にはなりたくないな、ということで。

電源開発促進税の増税が検討されていますね。結局それは、東京に住んでいたら東京電力から電気を買うしかないという今の日本の不条理なシステムを考えると、結果的にクロムさんのおっしゃるとおり国民(というより、もっとピンポイントで、僕も含めて、福島原発で作っていた電気を使っている地域に住む人達)ひとりひとりが負担することになるので僕も賛成なのですが、例によって何かひとつコトを決めるにあたってこの国では延々と時間がかかるのは明白なので、まずはひとりの国民として義援金でも出しておきますよ。ちょうどうちの会社でマッチングプログラムというのをやっていたので、僕が寄付した金額と同じ額がうちの会社からも義援金として出ていきます。僕の給料はちっとも上げてくれない会社の金、または放っておいたら税金として国に徴収されたはずの金を少額ながらも巻き込むことができたので満足です。同じ意味で、こないだブック○フに大量の本を売ったときに、「買取金額を義援金として寄付されませんか」というキャンペーンをやっていたのですが、「僕から30円で買い取った本を500円で売ったその利益をあなたたちが義援金として出すのならいいですよ」と、気の小さい僕は心の中でだけで思ってそのキャンペーンをスルーしてきました。

ひさびさのクロムさんのアツいコメントに触発されて、つい僕も沢山書いてしまいました。記事一つ分ぐらい書いたので、今週末はもう打ち止めです。ああお腹すいた。こないだ買い占めたカップヌードル食べよう(←ツッコミどころ)。
Posted by yas at 2011年03月26日 13:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。