2010年04月25日

上級者向け入門編 - Pet Shop Boys

Pandemonium.jpg Pet Shop Boys 『Pandemonium』

そういえば最近全然ペット・ショップ・ボーイズのことを書いてないな。このブログが始まった頃はなにかにつけて彼らのことを書いて、「最初の一年に最も多く取り上げたアーティスト第二位」にもなったというのに。

上に写真を載せたこれ、昨年末のロンドンはO2アリーナでのライヴを収録したDVDとCDのセット。DVDとしては07年の『Cubism』以来、CDとしてはその前年の『Concrete』以来の久々のライヴ作品。ちなみに『Cubism』は僕がNZで観たのと同じツアーの半年前の記録。そっちについても書きたいけど、長くなるのでまた今度。

さっきリンクを貼ったどちらかの記事にも書いたと思うけど、ペット・ショップ・ボーイズのステージって、本当に様々な趣向が凝らされていて、生で観てももちろん楽しいし、映像パッケージになっても十分繰り返しの視聴に耐えうるものだ。普通は音楽もののDVDって、いくら気に入ってても、そう何度も観ることってないのに。

今回のも例に漏れず、2時間半弱にも及ぶ本編+追加映像、全部観たら3時間はかかる超充実した内容なんだけど、この久々の家でのゆっくりした休日にもうすでに繰り返して観てしまっている。ステージのセットも、ダンサーの動きも、すごく練られているよ。

これは去年のツアーのもしかしたら最終日だったのかな。おそらくその日のライヴがほぼ丸ごと収録されているようだ。いつもながらのヒットパレード+初期のアルバムからのマニアックな選曲。いつもと違うのは、いつも僕が楽しみにしているアクースティック・セットがないことかな。

DVD本編には22のトラックが収録されていて、そのうち4つに複数の曲名が書いてあり、おそらくメドレーで演奏しているんだろうな、ぐらいのことは裏ジャケを見ればわかるんだけど、観てみると実はちょっとそれどころではない。

たとえば、「Pandemonium/Can You Forgive Her?」と題された3曲目。イントロで「Can You Forgive Her?」のメロディーラインを弾いたかと思えば、そのまま曲は「Pandemonium」に入り、歌の途中で急に「Can You Forgive Her?」になるとか、

リストでは4〜6曲目に入っている「Love etc.」「Building A Wall」「Go West」がほぼメドレーで繋がっていて、しかも4曲目から5曲目に移る際にはリストにない「Integral」の歌詞まで歌っているとか、

同様に、8曲目「Why Don't We Live Together?」と9曲目「New York City Boy」の間に「Left To My Own Devices」の一節を歌って繋ぐんだけど、その「Left To My Own Devices」は11曲目でまた正式に出てくるとか、

そういう、単なるメドレーとかじゃなく、新旧の自分たちの曲をまるでコラージュのように切り貼りしている。僕はコンサートを観に行ったときにはなるべく曲順を覚えてくるようにしている(時々メモ取ったりもする)けど、もしこれを観に行ってたら、どれが何曲目だったのか、絶対に途中でわからなくなっていたことだろう。

こういうのもいいね。彼らの曲を知っていればいるほど、そのコラージュの妙というか、ごった煮的なミックスの様子を楽しめるよ。まあ、自分の好きな曲がそうやってほんの一節だけで終わってしまうのはちょっと消化不良ではあるけれど。

最近のライヴではもうあまり演っていないんじゃないかと思う初期の「Two Divided By Zero」とか「King's Cross」とかに混じって、超有名曲がぞろぞろと出てくるから、別に彼らの曲を昔からよく知ってる人だけが楽しめるというわけでもない。「Always On My Mind」とか「Suburbia」とか、一撃必殺みたいなイントロを聴いたときのカタルシスは格別だしね。

『Cubism』ツアーでクライマックスに使われて以来、それ以降のライヴの定番の一つになると信じていた「The Sodom And Gomorah Show」が入っていないのが個人的には残念だけど、それ以外は概ね満足なセットリスト。

ちょっと不思議に思ったのは、本編でなく追加映像の方に収められている、この当時の最新シングルだった「It Doesn't Often Snow At Christmas」と「My Girl」。同日の収録のはずなのに、どうして本編から外れたんだろう。特に「Christmas」の方はかなりいい演奏だと思うんだけどな。

追加映像は他に、『Yes』からのPVが3曲と、09年のBRITアワードでの演奏。ここでも自分たちの過去から現在までのヒット曲をメドレーでつなぎ、途中でレディ・ガガやキラーズのブランドン・フラワーズなんかも登場する。まあ、僕にとってはあまり興味のないゲストだけど、このメドレーはなかなか聴き応えあり。

前回のライヴDVD『Cubism』と違って今回嬉しいのは、同内容のCDが付いていること。とはいえ、2時間半弱の内容をそのまま1枚に収録できないから、17曲に削られた短縮版になっている。

重要曲はほぼ残っているからまあ大丈夫なんだけど、一点だけあれ?と思ったのは、さっき書いた「Love etc.」から「Go West」までのめまぐるしいまでのメドレーが途中でぶつんと切られていて、真ん中の「Building A Wall」が(「Integral」の歌詞ごと)なくなっていること。これはちょっといただけないなあ。

とはいえ、2時間半きちんと座って観ないといけない映像付きですら繰り返して観てしまうだけの魅力的な内容を、どこにでも持っていける音だけで聴けるというのはありがたい。昨日別の記事のコメント欄に小さく書いたけど、僕は先週の出張から戻ってきて以来、もうこのCD(をウォークマンに落としたもの)をすでに15回以上は繰り返して聴いているよ。

たまにはまると抜けないんだよなあ、この人たちの音って。これからしばらく、旧譜もひっくり返してきて、PSBばかり聴いてそうな予感。


posted by . at 17:48| Comment(6) | TrackBack(0) | ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
面白そうですね。
インターホンや電話に邪魔されずに鑑賞したいです。
Posted by Luna at 2010年04月27日 08:21
■Lunaさん
そんなに頻繁にインターホンや電話に邪魔されているんですね。そんなときは夜中に観るといいですよ。

PSBとLunaさんの組み合わせが懐かしいです。これを書くときに昔の記事を掘り出してきて読んでいたのですが、最初期のコメント欄の「はじめまして、LoonyLunaと申します」というのを読んで、すごく新鮮な気持ちになりました。そのコメント欄を下の方まで読み進むと、僕は同じことを書いています。2006年12月のことです。きっと2014年頃にまた同様に新鮮な気持ちになることでしょう。
Posted by yas at 2010年04月29日 18:30
上級者ではないのに読んでしまいました。
まったく似ていないのに柴咲コウの髪型を美容院でオーダーしてしまったような気分です。

>映像パッケージになっても十分繰り返しの視聴に耐えうるもの
私もそういうDVDを持っています。同じくPのつくやつです。奇遇ですね。

GWもPCB祭でしたか?と聞こうとしたら新しい記事が上がっていました。今はロボット祭なんですね。
Posted by ひより at 2010年05月05日 21:13
■ひよりさん
早速新記事にコメントが。と思いきや、一つ前の記事でした。時間差攻撃、流行っているのでしょうか。

>柴咲コウの髪型を美容院でオーダーしてしまったような気分です
してしまったのですか?僕がしばらく前にシンガポールでアジア盤の柴咲コウのCDを買ってきて愛聴していることと何らかの関係があるのでしょうか。

PのつくDVDの話はブログには書かないのですか?今見てみましたが、もうトップ記事が先々月です。リーダーの時代が長いですね。

>PCB祭でしたか?
あれは発癌性が高いので最近は止めるようにしています。PSB祭ならまだ続行中です。実はこの記事の前に一本書こうと思っていたのがあったのですが、のんびりしているうちに時間切れになってしまったのです。そのうち書くかもしれません。ロボット祭はそろそろ終了です。

>Pのつく人のライヴCDが欲しいです
ポール牧とかパパ・ウェンバとかでもよろしいでしょうか。
Posted by yas at 2010年05月05日 23:20
トップ記事がいつまでも先々月のままなのはPSじゃなくてPCがイカレていたからです。
つーかPCBって。やっちまったな!@自分。

Pのつく人のライヴSDはパンクブーブーのがいいです。
Posted by ひより at 2010年05月06日 22:23
■ひよりさん
>Pのつく人のライヴSDはパンクブーブーのがいいです
SDは阪神の星野さんみたいなものでしょうか。もしくはメモリーカードの一種?

PCがイカレてしまったのですか。それはやっかいですね。僕も最近このPCと会社のPC、両方とても遅くて辟易しています。
Posted by yas at 2010年05月08日 17:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。