2009年01月13日

Glenn Tilbrook live in Tokyo 2009 最終日

さあ、いよいよ東京最終日。まさか昨日みたいなイベントはもうないだろうけど、今日はどんな曲が出てくるのか、楽しみ。僕がリクエストした曲、演ってくれるかな。

DSC00064.JPG

開演時間になって、客電も落ちないうちに、どこからともなく「ハロー」というグレンの声。見回してみると、二階席からこっちをビデオカメラで撮ってるよ。そのまま一階に下りてきて、客席を通ってステージへ。またしても同じ服装。後でちらっと見せてたけど、Tシャツに書いてあるピンク色の文字は、バンド名のThe Fluffersではなく、FLUFFERだけだね。バンドであつらえたんじゃなくて、どこかでたまたま見つけたものなのか?

この日の第一部は、結構今回初(というか、前回も僕は聴かなかった)曲が多かったよ。オープニングの「No Place Like Home」、3曲目の「The Elephant Ride」、6曲目の「Mumbo Jumbo」など、そんな地味な、でも聴けて嬉しい、という曲をいくつか演ってくれたのが収穫。

個人的には、大好きなニルス・ロフグレンの名盤『Cry Tough』からの「Mud In Your Eye」のカバーを演ってくれたことが嬉しかった。グレンとニルスって全然つながらないんだけど、あの曲好きなのかな。

イントロなしの4曲目「I've Returned」は、サビのところを歌いだしたはいいけど、「キー間違えた!」とか言ってやり直し。ははは、隠れた名曲的なこれを毎日聴けるのはすごく嬉しいんだけど、長い間歌ってないとかであんまり慣れてないのかな。

7曲目「In Quintessence」に続いて、「次の曲は、今の曲と同じコードとリフを使ってるのは知ってるよね」とか言いながら「Neptune」を演奏。そう言われてみれば、よく似たリフだね。道理で、僕どっちの曲も好きなはずだよ。種明かしのように「Neptune」の最後で「In Quintessence」のリフをちらっと織り込んで終了。

昔、エルヴィス・コステロがステージで、自作の「New Amsterdam」にビートルズの「You've Got To Hide Your Love Away」を続けて演奏することで、その曲のコード進行がビートルズのかの曲のコード進行をそっくりそのまま借用していたことをばらしていたけど、それみたいなもんだね。

10曲目「Through The Net」ではもちろん、「昨日参加してくれた人たちはもうわかってるよね」と、コーラスを催促。もちろんわかってるよ、グレン。でもね、あの「♪ラララララララー」って、僕には音程が高すぎて声が付いていかないんだよ。しょうがないから、僕も歌ってるよという意思表示のために口パクしておくね。

「Vicky Verky」は13曲目で登場。前回は僕がリクエストして歌ってくれたけど、どうも今回はグレンのマイブームなのか、連日演奏してくれてるね。嬉しいな。

15曲目「Goodbye Girl」から間髪入れずに「The Truth」へ。そのつなぎはかっこよかったんだけど、あれだけギターの調弦を気にするグレンだから、2弦と3弦のチューニングが合っていないのがやたらと気になるらしく、小節と小節の合間で何度もペグをいじってた。一旦曲を止めてチューニングし直せばいいのに、せっかく格好よくメドレー風に決めたから、そういうのはいやなんだろうね(笑)。で、その曲の後半ではもうお馴染みの6弦を緩めるドローン奏法。実に忙しそうな曲だったな。

この日の第一部は、三日間で最多の17曲。初日から、前回の来日時に比べてステージで飲むアルコールの量を減らしてるなと思ってたけど、この日はそれまでの二日間よりも少し長めの第一部だったのに、ジョッキが空かなかったよ。よほど前回ステージで飲みすぎたのを誰かに叱られたのかな(苦笑)

12弦に持ち替えた第二部。調弦していた時に弾いていたコードが「未知との遭遇」のテーマ曲っぽかったからか、それともわざとなのか、調子に乗ってそのまま音を探りながら、たどたどしく最後までその曲を弾き終えてたよ。拍手されたら、「あんな出来、恥ずかしいからやめてくれ」って照れてたね。

さて、第二部のほんとのオープニングとなる18曲目は「Tough Love」。前の日は「この曲何だったっけ」とか考えながら聴いてたけど、この日は最初からじっくり腰を据えて聴けたよ。歌メロが変わって、もとから綺麗なワルツが、本当に滲み入るように響くよ。いい曲。

22曲目のキンクスの「Sunny Afternoon」からは、カバー曲特集と言ってもいいような内容。モンキーズの「I'm A Believer」に続けて、“本日のビートルズ”は「You Can't Do That」。そういえば、毎日第二部で被ってる帽子、ジョン・レノンが愛用してたやつに似てるね。

新譜からの26曲目「Best Of Times」では、スタジオ版ではスティーヴン・ラージがアコーディオンでソロを取る箇所でくるっと横を向いて「スティーヴン!あ、いない」とか一人でボケてたのが面白かった(ああいうのもノリツッコミっていうのか?)。

28曲目「Hourglass」では例の32回手拍子を説明しようとして、結局適当な説明になり、「うまく説明できなくてごめん」とか言ってたけど、みんなわかってるから大丈夫ということもグレンは先刻ご承知のはず。もうこの頃には彼もノリノリで、演奏が終わったときに床にバタンと倒れこんで、そのままヒップホップの人みたいに背中でグルグル回ったりしてたよ。よかったね、あんまり飲んでなくて。

本編ラスト2曲、「Pulling Mussels(From The Shell)」と「Annie Get Your Gun」では、客席に自分のビデオカメラを託し、好きなように撮っていいからって。ああいうのも、そのうちDVDとかに使われたりするのかな。僕にもカメラが廻ってきたから、周りの人とか二階席とかをぐるぐる映しておいたよ。

アンコールは、ステージのライティングをほとんど絞ってしっとりと「Still」。それから、お馴染みの「Is That Love」。「Another Nail」は演らなかったけど、しょうがないね。「Is That Love」の最後にまた「未知との遭遇」にトライ。でもやっぱりあまりうまくできなくて、自分で「ヘタクソ!」とか言ってたね(笑)。

そんな感じで組曲っぽく(笑)東京最終日は終了。時計を見るのを忘れたけど、多分前二日と同じぐらいの時間だったと思うよ。アンコールを含めて、全32曲。満足。


終演後、恒例のサイン会。長蛇の列だったから、今日はちょっとでもゆっくり喋りたいなと思って、後ろの方に並んだ。自分の番が来て、「昨日はニューアルバムにもうサインもらったから、今日はこれにお願いします」と、

The Last Temptation Of Chris.jpg

クリス・ディフォードのニューアルバムを差し出して「おっと、間違えた」とか言ったら、大受けしてくれたよ。よかった。

「新作から毎日同じ曲ばかり演ってるけど、他のは演らないの?Relentless Pursuitとか気に入ってるんだけど」とかサインしてもらってる間に訊いたら、「ああ、次に来たときに演ってあげるよ。She Makes Meだっけ?」って、どんだけ上の空なんだよ。「違うよ、She Makes Meも好きだけど、Relentless Pursuitが聴きたいな」って念を押して、「わかった、わかった」って言ってくれたけど、あれは100%わかってないよね(笑)

Signed BBC.jpg

そういうやりとりをしながら、この日サインをもらったのはこれ。ちょっと前に記事にしたっけ?ここ数ヶ月、事あるごとにグレンとスクイーズのことばっかり書いてるから、どれを書いてどれが脳内記事なのかわからなくなってるよ。えーと、過去記事掘り起こして、あったあった、9月6日に記事にしてるね。


というわけで、心底楽しかった三日間を終えて、明日からは現実に戻らないといけないから、終演後に何名かと一緒にパブに出かけて帰宅して、大急ぎでこれを書いたけど、もう1時半か。早く寝なくちゃ。

今日は、会場で出会った、(前回のグレン祭り以来)ほとんど二年振りにお会いした方や、ネット上でお名前だけをよく見かけていた方などに、ブログ見てますなんて言われてしまって、嬉しいやら面映いやらの一日だった。グレンともちゃんと少し話ができたしね(実は昨日までは自分のサインの順番があまりにも早く廻って来すぎて、緊張してろくに話したいことも話せてなかったのであった)。


セットリスト

1. No Place Like Home
2. Someone Else's Bell
3. The Elephant Ride
4. I've Returned
5. Happy Disposition
6. Mumbo Jumbo
7. In Quintessence
8. Neptune
9. Mud In Your Eye <ニルス・ロフグレンのカバー>
10. Through The Net
11. Product
12. Take Me, I'm Yours
13. Vicky Verky
14. Slaughtered Artist
15. Goodbye Girl
16. The Truth
17. Black Coffee In Bed

18. Tough Love
19. Letting Go
20. Labelled With Love
21. Black Sheep
22. Sunny Afternoon <キンクスのカバー>
23. I'm A Believer <モンキーズのカバー>
24. You Can't Do That <ビートルズのカバー>
25. Up The Junction
26. Best Of Times
27. Third Rail
28. Hourglass
29. Pulling Mussels (From The Shell)
30. Annie Get Your Gun

31. Still
32. Is That Love

12 January 2009 at Star Pine's Cafe Tokyo
posted by . at 01:41| Comment(7) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぎょ、新記事!

急遽「In Quintessence」と「Neptune」聴き比べてしまいました。えー、わかんないよー。

クリスのアルバムに大ウケしてくれてよかったですね。
Posted by カブ子 at 2009年01月13日 01:57
ミラーボールのきらきらがきれいに撮れましたね。
ノリツッコミに自虐ツッコミ、グレンかなりお茶目(笑)。
会場でブログ読んでてくれた人と話したり、あとで何人かで飲みに行ったり、なんかそんな暖かい感じもいいですね。
Posted by にんじん at 2009年01月13日 02:42
30曲以上も演ってくださるなんてスゴイですね。
グレンさん、連日同じ服なのは撮影してる関係かな。
毎晩ホテルの洗面所で、手洗い部屋干ししてるのかも。
このブログはファンの間でも有名そうですね。そうゆう繋がりが広がるのはいいことですね。
3日間、楽しんでこれて良かったですね!
Posted by 青グリン at 2009年01月13日 10:53
これまでもブログを拝見してましたが、(私にとって)最終日にようやくご挨拶する機会があり、良かったです。これからもどうぞよろしく。

詳細なレポートを読ませていただくだけで、3日間の記憶がまざまざと甦ってきて、あらためて感動してしまいました。「Vicky Verky」は、私も今回リクエストしていたのですが、3回も歌ってもらえたので、ほんとにうれしかったです。

関西ツアーのレポートも楽しみにしてますね。
Posted by タイコウチ at 2009年01月13日 21:41
仕込み(クリスのアルバム)がウケてよかったですね!
読んでるだけで楽しくなってくるライヴ、きっと生で観るべきものなんでしょうねー。グレンとっても良い人そうです。それと、
>ヒップホップの人みたいに背中でグルグル
こんなこともできはるんですね。

それから、
>あれは100%わかってないよね
そこはかとなく天然のかほりがします。

後半戦でも同じ服かどうかレポートしてください。
Posted by ひより at 2009年01月13日 23:52
こんにちわ。
現在外出が規制されています(笑)。
でね、出て行けないんです(真実)。
Posted by falso at 2009年01月15日 23:35
■カブ子さん
この日は急いで新記事を上げた甲斐がありました。次の日から残業続きで大変でした。おかげで未だに寝不足を引きずってます。

>「In Quintessence」と「Neptune」
わかりませんか?ジャンジャカジャカジャジャーンというのが前者で、ジャッジャッジャジャジャーというのが後者です。同じコードです。もう一度聴いてみてください。

>大ウケしてくれてよかったですね
はい、よかったです。クリスとは仲のよくない時期もあったので、もし機嫌を損ねられたらどうしよう、というのは頭をよぎりました。でもせっかく持って行ったのを出さない手はないですよね。

>また後でちゃんと読みます
読みましたか?新たな発見はありましたか?


■にんじんさん
>ミラーボール
日本のコンサートではアーティストを撮影してはいけないので、ブログのにぎやかしのために何か写真が欲しいと思ったのです。看板・ギターに続いてのこの三日目の記事用には、三日間通って開演前の各1時間ぼーっと眺めていたミラーボールのキラキラを記録に残しておこうと思ったのでした。

>グレンかなりお茶目
毎日盛り上げようと、いろんなギャグやパフォーマンスを披露してくれていました。ぼそぼそとつぶやくギャグと、それを誰もわかってくれないがために、それはなかったことにしようとするまたぼそぼそとした台詞が可笑しかったです。

僕はこう見えて決して社交的なタイプではないのですが、グレンのライヴのときはどういう訳か必ずこうなるんです。今回も、5回とも誰かと飲みに行ってから帰りました。きっと、グレンのライヴのあの雰囲気がそういう気持ちにさせてくれるんだと思います。まるで魔法のようです。


■青グリンさん
毎晩30曲以上歌ってくれるので、終わる頃にはいつも喉がガラガラです。それで、サイン会のときは毎晩美味しいお酒を飲みながらサインしてくれるのです。サインの列が長いと飲みすぎるのです。体は大事にしてほしいものです。

ずっと同じ服なのはナゾのままです。最終日は別のスーツを着てきたのに、第二部でわざわざいつもの服に着替えました。しかもその日はビデオ撮影などしていませんでした。ナゾです。

ファンの間で有名かどうかわかりませんが、今回仲良くなった人たちに売り込んできました。きっと読んでくださっているとは思いますが、皆マニアなので、あれこれ間違いや誇張や口から出まかせを見つけては言いつけたくてウズウズしているはずです。


■タイコウチさん
こちらこそ、お会いできて嬉しかったです。「Vicky Verky」をリクエストされていましたか。京都・大阪ではあれは演らなかったので、きっとあの3連続はタイコウチさんのリクエストに答えたものだったんですね。

僕は前回の来日で演らなかった曲を集中的にリクエストしたのですが、どれも演ってくれませんでした。きっと歌詞を覚えていなかったのでしょう。おかげで京都では強引な手段に出ざるを得ませんでした。


■ひよりさん
仕込みがウケてよかったです。上にも書きましたが、ウケるどころか怒られたらどうしようと内心ドキドキしていたのです。でも、見せずにそのまま持って帰ってきてたとしたら、もっと後悔したはずです。ウケてくれてよかった。でも本人はきっと酔っ払ってて覚えてないでしょうけど。

>背中でグルグル
決してヒップホップの人を想像してはいけませんいけません。寝転がってグルグルと転がっただけです。僕でもできます。今度やってあげましょうか。

>天然のかほり
そのとおりの人でした。愛すべきキャラクターです。

>レポートしてください
しました。

>ノリツッコミ
教えてくれてありがとうございました。


■falsoさん
残念でしたね。聞いたところによると、○古屋公演は比較的人口密度が低く、落ち着いて観られたようでしたよ。終演後もゆっくり話せたようでした。きっとまた来日してくれると思いますので、次回は是非どうぞ。
Posted by yas at 2009年01月23日 00:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック