2009年01月04日

2008年個人的ベストアルバム

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

と、一昨年昨年とまったく同じ書き出しに我ながら芸がないなと思いながらも、まずは同様に芸のない新年の集計をしてみよう。

フォーマット      枚数    対前年
CD              282枚    −71枚
CDシングル        14枚    −19枚
CD+DVD          19枚    −5枚
DVD/BD           6枚    −6枚
ダウンロード          1枚    −1枚
LP              10枚    +3枚
シングル            3枚    −3枚
ボックスセット         1箱    −3箱


というわけで、最近はMP3音源ダウンロード付きという嬉しい形態でのリリースが増えてきたLP以外は全て前年よりスリムダウンして、合計336枚。去年の記事のコメント欄で立てた目標その1:400枚以上買わないを大きくクリア。いいねいいね。

ちなみに、目標その2:平均単価1200円台は達成できず(1510円)。日本に帰ってきて結構高い限定盤とかを沢山買ったからね。その結果、目標その3:総額50万円を下回るについては、ほんの数千円及ばず、ということになってしまった。

では、目標その4:ハズレを買わないについてはどうだったか。売りCDリストは暇を見てちょっとずつ作成しているんだけど、そんなので判断するよりも、今回このベストアルバムを10枚選出することと、その中で1位を決めることがどれだけ難しかったかを考えると、ハズレの数はともかく、いかにアタリの数が多かった年だったかと思い知らされた。では、その強豪リストから勝ち残った10枚を紹介していこう。


<第十位>
Akeboshi 『Roundabout』
Roundabout.jpg

去年の僕の音楽的な収穫の一つは、この人を知ったこと。本当は、この記事の冒頭に載せた05年のアルバムを選出したかったところだけど、ほぼ同時に買った去年発売のこちらをランクインさせよう。この記事の後も、07年に出た『Meet Along The Way』や、シングル、ミニアルバムなど、彼のCDはもうほとんど全部入手してしまった。どれもよかったよ。


<第九位>
ジョシュア・ラディン 『Simple Times』
Simple Times.jpg

つい最近の記事で、読みようによっては無人島レコ扱いすらされていたこれが九位。正直言って、今現在の気分で判断すると、もう少し上の順位でもいいかと思ってしまうぐらいだけど、とりあえず今は冷静にこのへんに置いておこう。彼のアルバムも、この前に出た『We Were Here』は既に入手済み。あとは、入手困難なファーストをマサさんとどっちが先に見つけられるかの競争。


<第八位>
ポール・ヒートン 『The Cross Eyed Rambler』
The Cross Eyed Rambler.jpg

これもつい最近の記事で取り上げたばかり。こうしてまたさっきのと並べてランクインさせると、ますますカブ子さんが名前を区別できなくなるという仕組み。いや、別にそんなわけのわからない企みで八位にしたわけじゃない。最近はすっかりアメリカのオルタナ・カントリー〜SSWや北欧ものばかり聴くようになってしまった僕を、イギリス音楽にしっかりと引き止めておいてくれるに充分な魅力を持った素晴らしいアルバム。


<第七位>
ブライアン・ウィルソン 『That Lucky Old Sun』
That Lucky Old Sun.jpg

これを取り上げた記事にも書いたとおり、このアルバムをブライアンと『Smile』にまつわる長い物語を抜きに評価するのは難しいし、かといって『Smile』とセットで評価してしまうのはアンフェアでもある。素晴らしいアルバムだけど、『Smile』ほどではない。でも、この人のこんな力作を圏外に落としてしまうのは忍びない。という様々な思いのこもった順位。


<第六位>
ジェフ・ハンソン 『Madam Owl』
Madam Owl.jpg

これまた最近の記事からランクイン。年の後半に聴いて気に入ったものはどうしても高評価になりがちだとは思うけれど、このアルバムはその評価に値するはず。12月22日にこれを買って即気に入り、記事を書いた当日にファーストを、そして旅行中の29日にセカンドをそれぞれ安値で引き当てた自分の幸運をも含めての順位。出会うべくして出会った、ということで。


<第五位>
ジェイソン・ムラーズ 『We Sing, We Dance, We Steal Things. Limited Edition』
We Sing We Dance We Steal Things Limited Edition.jpg

12月14日の記事ではそのリリース方法について散々文句を垂れたこのアルバムだけど、内容自体には全く文句などあるわけもなく、この順位に。充実した内容のオリジナル・アルバムもいいけれど、アコースティック・ヴァージョン満載のボーナスディスクと、優れたライヴDVDがセットになったこの特別版を選ぼう。記事中にまだ観ていないと書いた『Tonight, Not Again』のライヴDVDも、あの後ゆっくり堪能したよ。


<第四位>
シガー・ロス 『Með Suð I Eyrum Við Spilum Endalaust Deluxe Edition』
Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endlaust Deluxe.jpg Med Sud I Eyrum Vid Spilum Endalaust.jpg

どうも並んだ日付で取り上げたアルバムが並ぶなあ。別に狙ってそうしているわけじゃないんだけど。さっきのアルバムの翌日に記事にしたこれが四位。優れたアルバムそれ自体と、思い出に残ったライヴと、この豪華な装丁と、全てを評価したうえでの順位。まあ、そんなことを言ってしまうと、ライヴを観なかった人が不利になってしまうんだけど、個人的ベストなのでそれはそれでよしとしよう。この特別版のジャケ写だけじゃあまりに殺風景なので、オリジナルのジャケも一緒に載せておこう。


<第三位>
グランド・アーカイヴス 『The Grand Archives』
Grand Archives.jpg

はっきり言って、ここから後に出てくる3枚は、どれを一位にしても不思議ではないぐらいの接戦。これを三位にしたのは、こいつが一位だと、二年連続でサブポップ勢がトップになってしまうからという、自分でも納得できないような(笑)つまらない理由だけと言ってもいいだろう。記事に書いた、マット・ブルックがかつて在籍したカリッサズ・ウィアードとバンド・オブ・ホーセズのアルバムは当然入手済み。どちらも、ここに至る彼の足跡がわかる好盤だった。そのうちブログで取り上げようかな。


<第二位>
タマス・ウェルズ 『Two Years In April』
Two Years In April.jpg

すると、これが二位なのは、一昨年に続いてタマスのアルバムは出るたびに必ず一位、なんてことになるのを避けるためか?と勘繰る人もいるかもしれない。あの素晴らしかった三夜連続のライヴも、聴き込めば聴き込むほどに書くことが出てきたためにどんどん長くなっていった成長型記事も、すべて忘れられない思い出。さっきも書いたとおり、この位置はもうほとんど同率一位ということで。タマス、ミャンマーで元気にしてるかな。今年もアルバム出したり日本に来たりしてくれるかな。


<第一位>
サニー・ランドレス 『From The Reach』
From The Reach..jpg

そして、タマス・ウェルズを押さえて堂々の首位に輝いたのは、4月29日の記事で予告し、7月20日の記事で大絶賛したこのアルバム。地味なSSWや北欧物ばかり聴いている最近の僕の耳に果たしてこの濃いアルバムがどう聴こえるかと思いながら久し振りに聴いてみたら、また病みつきになってしまった。彼の過去の名盤がそうだったように、これからも長期にわたって聴き込んでいけるアルバムになると思う。彼のことはもう20年も前に一度観たきりだけど、また来日してくれないかな。


という10枚。実はここから泣く泣く落とした2枚があるんだけど、それらのアルバムに陽を当てるためにも、久々にあの企画を復活させるかな(と、去年も同じことを書いて結局何も作らなかったんだけどね。まあ、芸の無い書き出しには芸の無い締めくくりを、ということで)。


posted by . at 22:49| Comment(11) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。
目標その1達成おめでとうございます。

この10枚のうち2枚は持っております。
ええ、おかげさまで。
楽しんでますから、文句は言いません。
もう1枚増やそうか思案中です。
Posted by Luna at 2009年01月05日 08:18
明けましておめでとうございます。

去年の目標のうちはっきりと達成されたのがひとつのみであることは、一応突っ込んでおくべきでしょうか。
でも大丈夫。野球でも最終的に話題になるのは、ヒット数とホームラン数と打率です。去年はアタリが多くて打席が減っているので、打率としては大幅アップということですね。おめでとうございます。

ベスト3は全部持っていました。はい、どれもすごく気に入っております。ご紹介ありがとうございました。
今年もよろしくお願いします!
Posted by にんじん at 2009年01月05日 12:22
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
第三位の、ジャケ買いしそうです。いつも見た目ばかりですみません。
私の丑年の目標は、次のyasさんランキングの中にひとつでも「あ、これ持ってる」と同調したいということです。
336枚が、きちんと並んでいるのか固まっているのか興味は尽きません。
Posted by 小桃 at 2009年01月06日 00:26
あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。
ジェフ・ハンソンやグランド・アーカイヴスはこちらで見てすごく気になっています。でもきっと欲しくなっちゃうのでまだマイスペなど訪れていません。
私もちゃんと買った数を把握しようと思います。反省。
Posted by xiao61 at 2009年01月06日 15:51
明けましておめでとうございます。
昨年は、多方面でお世話になりました。m(__)m
本年も宜しくお願い申し上げます。

やあ、ほんとにジャケットがステキ♪
ジャケットにしか反応できなくてすみません。
でもですね!
新年のアタイは一味違います!!

手前味噌で何ですが。。。
私が更新担当をしているサイトで、面白そうな番組があるので、ご連絡です。
1月5日〜10日までやっています。
※決して番宣書き込みではございません。

サイトに仕込みながら、やっさんに教えてあげよう!などと思って公開をウズウズしておりました。
タイミングがありましたらご覧下さい。
Posted by ぺこぽこ at 2009年01月07日 21:19
Akeboshiはこっちがランクインしたんですね。この猫ジャケ髭男爵バージョンを早く見つけて買うことを今年の目標にします(あちこちで目標立てまくり)。
シガー・ロスのオリジナルジャケを載せたのは正解だと思います。画面が華やぎました。
去年はライヴもたくさん行かれたようですので、ベストライヴも選出してみてはどうですか?
Posted by ひより at 2009年01月07日 22:17
あけすぎてしまいましたがおめでとうございます。
2008年もよく漁りましたね。良くがんばりました、偉いです。
去年はわりと本文も読み、試聴もマメにやりました。聴けば、どれもいいのですが、たくさん紹介されるため、誰のどの曲が特に良かったのか分からなくなっています。
本年も本文を良く読み、試聴後なにを試聴か忘れないようがんばりますので、やっさんもがんばって漁ってきてください。
去年の記事で一番心に残ったのはブライアン・ウィルソンの巻、あれを読んで、私はビーチボーイズのことよく分かってなかったって事が分かりますた。
2009年もよろしくお願いいたすます。
Posted by 青グリン at 2009年01月09日 19:24
年明け早々がんばってこの記事を書いたはいいけど、その後ちょっと忙しくしていて、ようやく返事ができるようになりました。皆さんのところにもまだ新年のご挨拶に伺っておらず、失礼しております。皆さんに新年の挨拶の言葉を頂いていますが、それについてはここでまとめて返させていただきます。あけましておめでとうございました。

■Lunaさん
10枚のうち2枚ですか。あれとあれですね。そして思案中なのは、以前コメントで気になっているとおっしゃっていたあれですね。もしかして最初のあれは沢山ディスクが入っているやつもお持ちなんでしょうか。まさか思案中のあれはボートラ入りのを買って僕を悔しがらせようという算段ではないでしょうね。


■にんじんさん
うちでは久々の2ゲット、ありがとうございます。なんと野球に持っていかれましたか。新たなマイフィールドですね。はい、去年は打率アップという言葉がしっくり来る気がします。一昨年は、リアル・グルーヴィーの1ドル箱とかを漁りながらコツコツとバントばかりしていたような感じと言いますか。

ベスト3全部お持ちでしたか。そうでしたよね。ありがとうございます。その中ではどれが一番お好きですか?


■小桃さん
おや?2009年に小桃さんがいますね。これはもしかしたらちょっとレアものでしょうか。なにか珍しい廃盤を掘り出した気分で嬉しいです(なんでもCDに例える)。

第三位のは、ジャケ買いでいいから買ってみてください。小桃さんの音楽のご趣味をあまり存じ上げませんが、これは悪くはないですよ。もし気に入らなければ、ちょうどおあつらえ向きに僕はこのアルバムのCDバージョンを持っていないので、僕が買い取りますから。

>丑年の目標
そんなことを目標にしていただけるとは、光栄です。どういう感じのがお好きか申告しておいていただければ、「こういうのはどうですか?」と、通販サイトのお薦めリストのような記事を書きますよ。一部の読者の方からは次々商法と呼ばれています。

336枚は、ジャンル別、ABC順にバラバラにラックに収まっています。12月の最後の方に買ったやつは、1月に入ってから買ったものと一緒に、今僕の右側に積みあがっています。倒れそうなので手の動きには注意しなければいけません。


■xiao61さん
その二つ、きっとxiaoさんならお好きじゃないかと思います。グランド・アーカイヴスのときにスミスを持ち出したのは、実はちょっと狙ってました。実際に聴かれて「全然違うじゃない」と言われるのが怖いですが(音楽的には似てませんから)。

では、買ったCDの数を数えてもらって、競争しましょう。もちろん、どっちが無駄に買っていないかの競争ですよ。


■ぺこぽこさん
サイト見させてもらいましたよ。面白そうですね。でも、平日はなかなかこの時間帯に家に帰れなくて、ずっと見逃してしまっています。今日・明日のは特に興味深い内容みたいですが、今日・明日はグレンのライヴなので、家に戻って来られる時間がちょっと読めないんですよ。録画できるかどうか後でやってみます。

>ジャケットがステキ♪
どちらがお好みですか?ここに載せたもので、ジャケのいいものは大体中身もいいですよ。というか、中身のいいものばかり載せてる企画なので、当たり前なんですけどね。


■ひよりさん
Akeboshiのもう一枚は05年のアルバムなので、08年のベスト企画には選ばれない仕組みなのです。過去二年の記事でそのルールを書いてきたのでさすがにもう浸透したかと思って今年はそう書かなかったら、やっぱり斜め読みされていましたね(あるいは縦読み)。

いわれのない誹謗中傷はそのくらいにしておいてあげますが、Akeboshiそんなに気に入ってもらえたんですね。嬉しいです。これもよいアルバムなので、是非見つけてみてください。それにしても、こういう帽子を被っているものはすべからく髭男爵なんですね。

シガー・ロスのオリジナルジャケを最初に引っ張ってきてくださったのはひよりさんでしたね。待ち受け画面に使ってますか?

>ベストライヴ
確かに、去年はインストアライヴも含めても10回しか行ってないはずなので、ベスト10というのは無理です。ではベスト3は?と聞かれたら、1位から3位まで全部タマス・ウェルズになってしまいそうです。シガー・ロスを入れたいところなのですが、タマスのどの日を落とせばいいのかわからなくて。


■青グリンさん
新年の決心、ありがとうございます。グリンさんはいろいろ試聴してくれて感想を述べてくださるので、嬉しいです。つい記事中にマイスペースのリンクとか貼ってしまいます。

>やっさんもがんばって漁ってきてください
はい、これを書き終えたら早速行ってきます。

ブライアン・ウィルソンの巻、そういう風に言って頂けると嬉しいですね。長文書いた甲斐があるというものです。

四十八箇所巡り、一応目標にはしておきます。


あ、目標と書いて思い出しましたが、今年のお買い物目標を立てときますね。

その1:去年以上買わない
その2:総額50万円を下回る

てなところでしょうか。枚数で毎年100枚ずつ減らしていくと、3年後ぐらいにゼロになってしまいますからね。

というわけで、皆さん今年もよろしくお願いします。
Posted by yas at 2009年01月10日 10:54
松の内も過ぎてしまいましたが…今年もよろしくお願いいたします。年末からの風邪?インフル?もようやく完治し、健康のありがたみをしみじみと。

今回は10枚の内5枚持っておりました!さらに1枚近々追加されそうですが…ジェフ・ハンソン。ちょっとまたまた失敗しまして、同姓同名のまったく別人のアメリカのSSWがいて、その人のアルバムを買ってしまいました…。や、そんなに悪くなかった、いや、結構良かったかなぁ…そういうことにしておこうかなぁ…。だって、余所のサイトでその別人のも一緒にディスコグラフィに入っていたんです…。『Here At Home』騙されちゃいけません。

この連休の間に自分のブログも少し更新予定です。いよいよミッドレイクに行こうかと思います。いかにオーストラリア/ニュージーランド盤を回避するかが読みどころかと思います。と言いながらまだ記事を書いていないのでどうなるのかはわかりません…。
Posted by マサ at 2009年01月10日 12:20
これにもコメント。

こないだ『From The Reach』を聴いてて、うーん、いいなぁと思ったら、「ルイジアナの風」でした。何故に間違えたかは深く追求しないでください・・。『From The Reach』もいいですよね。も一回買おうかな。

グランド・アーカイヴスとブライアン・ウィルソンは購入予定です。

>久々にあの企画
ぜひぜひ。ぜひぜひ。
Posted by カブ子 at 2009年01月13日 01:49
■マサさん

かれこれ8日間も放ったらかしにしてしまい、大変失礼致しました。ちょっと公私ともにキツキツの生活を送っておりましたもので。お体の具合はもうよくなりましたでしょうか。

>10枚の内5枚
シガー・ロスの左右の写真は合計1枚と数えていますよね?タマスはこのアルバムも買われたんでしたっけ。と訊いて後悔しましたが、マサさんが何か1枚聴いて心のお気に入り箱に入れた場合、関連CDを買わないわけがなかったですね。なるほど、その5枚と。

『Here At Home』の方のジェフ・ハンソン、どんなのだっけと思って検索してみたら、しばらく前にCDベイビーをうろちょろしていたときにお薦めされたやつでした。正規ジェフ・ハンソンがらみでなく、何かパワーポップ系のCDからたどり着いたんだったと思います。印象的なジャケですよね。あれだけでジャケ買いしそうになりましたよ。そうですか、マサさんのお好みには合わなかったんですね(きっぱり)。

ミッドレイクの記事は既に拝見して、コメントも入れさせてもらいました。その後のアイアン&ワインのにも何か書こうと思っているのですが、最近ちょっと子牛ともにキツツキなのです。


■カブ子さん
この日は4つもコメントをくださったんでしたね。ありがとうございました。現実逃避でもなさっていたのでしょうか。ようやくグレン祭りも終わって、コメント返しができるようになりました。今日はちょっと疲れているので少しだけにしておきますが。

>も一回買おうかな
なんと、おつかいものに出して以来、まだ買い足してなかったんですか?ぜひぜひ。ぜひぜひ。

>グランド・アーカイヴスとブライアン・ウィルソン
今度中古屋巡りをしているときに見かけたら、他の人に取られないように、辺境音楽のコーナーに紛れ込ませておきますから、ちゃんと後で見つけに行くんですよ。

>あの企画
先週までは案を練り始めていたんですが、ここ一週間、グレンとスクイーズ以外のものを耳が全く受け付けないのです。今は『Ridiculous』を聴いています。「Grouch Of The Day」が出てきたときはドキドキしました。なんで僕はグレンの記事に戴いたコメントに返事もせずにここでこんなことを書いているのでしょうか。
Posted by yas at 2009年01月18日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。