2008年09月06日

待望! - Glenn Tilbrook / Squeeze

またおととしの話になるけど、この記事とかこの記事とかこの記事とかこの記事とかこの記事でさんざん僕が騒いでいたことを憶えている人もいるだろう。その年僕のブログで最も多くの回数取り上げられることになり、彼の一連のコンサートが僕にとって06年の最大の音楽的なイベントとなった、あのグレン・ティルブルックがまた日本にやってくることになった。

日程と公演地は、

  1月10日(土)吉祥寺 Star Pine's Cafe
  1月11日(日)吉祥寺 Star Pine's Cafe
  1月12日(祝)吉祥寺 Star Pine's Cafe
  1月13日(火)横浜 Thumbs Up
  1月15日(木)名古屋 TOKUZO
  1月16日(金)京都 Irish Pub Gnome
  1月17日(土)大阪 Shangri - La

前回は東京だけでの5回公演だったが、今回はなんと横浜、名古屋、京都、大阪も含めた全7回公演。falsoさんも今度は行けるだろうか。

詳細はこちら。今日の午前0時に発売開始になったばかりだから、今ならまだわりと早めの整理番号がゲットできるかも。僕も既に複数日分予約したから、これを読んで行くことにした人とは、どこかの会場で会えるかもね。

彼のライヴがどんなに楽しくて、毎日違う内容だからファンなら何回でも通う価値のあるものだというのは、去年のライヴ評に書いたとおり。

今年の初頭だかに出るという話だった新しいソロアルバムはいまだに完成していないようだから、マテリアル的には2年前から大きな変化はないかもしれないけど、彼自身にはこの2年間に大きな変化があったはず。おそらくソロアルバムのリリースが遅れていることもこれが原因だと思われる、去年7月のスクイーズの再結成だ。

もともと彼がここ数年ずっとソロで演っている理由も、長年のチームメイトだったクリス・ディフォード(Chris Difford)との関係がちょっとぎくしゃくしたからだったということらしいけど、一昨年の東京公演の際にはその場でクリスに電話をするなど、「なんだ、仲いいんじゃない」と思わせてくれる展開もあった。それが、その一年後には、ほぼ10年ぶりとなる再結成につながった。

再結成とはいえ、彼ら二人以外には重要メンバーは戻ってきていないんだけど、まあとにかく僕たちファンにとっては、グレンとクリスが一緒に何かを始めてくれたということが一番の大きなニュース。話によると、新しいスタジオ盤も作り始めていて、来年のリリースになるらしい(グレンのソロは一体いつになるんだろう)。

当初その再結成は、スクイーズの旧譜の再発を記念しての、UKとアメリカだけでの単発の企画だったと思ったんだけど、スクイーズのホームページを見ると、今月になってもまだツアーが続いているね。これを年内ぐらいまで続けてから解散し、1月にはソロで来日、ということなんだろうか。そういうことなら、いっそクリスにも一緒に来日してほしかったとつい欲が出てしまうんだけど…



数年前からのスクイーズの旧譜再発プロジェクトは、6月8日の記事で取り上げた名盤『Argybargy』期のライヴ録音とか、発掘音源が次から次へと出てくるという嬉しい展開になっている。そんな発掘音源がまた最近ひとつ発売されたので、早速入手した。エコ月間だけど、買わないといけないものは買う。

The Complete BBC Sessions.jpg Squeeze 『The Complete BBC Sessions』

メジャー・デビュー前の77年8月から、『Some Fantastic Place』発表後の94年まで、17年間、計8回にわたるBBCでのスタジオ・ライヴ録音の集大成だ。2枚組で全29曲というかなりのボリューム(「Pulling Mussels (From The Shell)」と「Labelled With Love」がメドレーで一曲としてカウントされているので、実際には30曲ある)。

前半には、ファーストアルバム以前のEPからの曲や、当時の未発表曲も何曲か入っており、きっと当時の彼らのコンサートはこんな曲をこんな順番で演奏してたんだろうな、と思わせてくれる。

中盤(89年)は、アコースティック・ギターだけでグレンとクリスが歌う『Frank』期からと過去の名曲。おととしのグレンの東京公演と同じスタイルだけど、やっぱりクリスの声が入ると、長年のファンとしてはちょっと感傷的になるね。

後半(2枚目)は短いスパン(92年〜94年)に4回の録音だから、結構同じ曲がダブって収録されている。「Some Fantastic Place」と「Third Rail」が2回ずつ、「Tempted」が3回。それぞれアコースティックとバンド形式とか、「Tempted」はオリジナル通りポール・キャラック(Paul Carrack)が歌ってるヴァージョンとグレンが歌ってるのとか、微妙に違うアレンジが楽しめる(そういうのを楽しめる人は、ってことだけどね)。

他には、国営放送で放送禁止用語規制が厳しかったのか、ファーストアルバム1曲目「Sex Master」はサビのところの歌詞を“Evil Master”と変えて歌っているとか、

セカンドアルバムではクリスがリード・ヴォーカルをとっている「The Knack」を、そのアルバムの発売前になるこの78年の録音ではグレンが歌っていて、アルバム収録までの間に一体何があったんだろうと想像させてくれたりとか、

アルバム『Frank』が出た直後のはずの89年10月録音の「Melody Motel」(『Frank』収録曲)を、オリジナルとは全然違う歌メロで歌っていてびっくりしたとか、

さっき書いたヴァージョン違い以外にも、オリジナルを聴き込んでいる人ならより深く掘り下げて楽しめる内容になっているよ。ライナーも、マニアックな情報をきっちり網羅しながらも読みやすい(かつ感情のこもった)文章で好感が持てるしね。欲を言えば、『Argybargy』からの曲が「Pulling Mussels」一曲しか入っていないことか。

彼らがBBCに出演した記録を全部は知らないんだけど、録音時期が78年から82年までぽっかり飛んでいて、全盛期の『Cool For Cats』〜『Argybargy』〜『East Side Story』期にBBCに全く出ていないとも思えないので、“The Complete”というタイトルとは裏腹に、その時期の録音がまた後で出たりするのかな。



全7日間の公演のうち、少しでも行ける可能性のある日のチケットはとりあえず全部押さえた。あとは、その週に出張や大きな会議がぶつかったりしないように、てるてる坊主とかわら人形とか作ってお祈りしておくだけ。

東京での会場、Star Pine's Cafeは、昔スラップ・ハッピーの来日公演で一度だけ行ったことがあるけど、なかなかいいハコだった記憶がある。もう今から楽しみでしょうがないよ。また前回みたいにリクエスト箱が用意されるのかな。前回一度も演奏しなかった曲とか、昔のアルバムで忘れ去られている曲とか、シングルB面曲とか、家にあるCDやレコードを全部おさらいして、リクエストしたい曲を今からリストアップしておこう。こんな楽しい気持ちがこれから4ヶ月も続くのか。うれしいな。
posted by . at 13:16| Comment(6) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。

来年の1月15日は、ボク成人式だからな(^^)/


>グレンとクリスが一緒に何かを始めてくれたということ

なんかね、不思議な感じがしたりします。
でもアルバム・プロジェクトで良いから新曲でのアルバムが聴きたいな。もう何度も聴いて「聴くなら、このアルバム」なんて風に聴くアルバムが決まってきちゃったから。
Posted by falso at 2008年09月07日 00:47
わら人形はともかく、てるてる坊主で出張や会議が防げるものなの…

falsoさんて、うちの息子と同い年だったんだ(笑)
Posted by Luna at 2008年09月09日 10:08
■falsoさん
>1月15日
最初から名古屋公演狙い撃ちで話されていますね(笑)

>成人式
名古屋公演に行けば、振袖姿のfalsoさんにお会いできるということですね。

>新曲のアルバム
全くそのとおりですね。来年が楽しみでなりません。もしかしたら、1月のコンサートで、その新作からの曲も演ってくれたりするのでしょうか。


■Lunaさん
てるてる坊主は大抵何にでも効きます。マキロンみたいなものです。

イナモト君、成人式ですか。ピンクレディーを聴いていた子供時代からずいぶん時間がかかりましたね。
Posted by yas at 2008年09月10日 22:49
来日決定おめでとうございます。4ヶ月間楽しみな気持ちが持続するなんて、これはお得なチケットの部類ですね。
出張や会議が重ならないよう、マキロンで消毒してあげますね。
Posted by カブ子 at 2008年09月11日 18:42
こんにちわ。
あっ来年元服だった(^^)/。
(よしっ、これでLunaさんのお子さんよりも年下だ/笑)


>振袖姿のfalsoさんに
と言う訳で残念ながら烏帽子をかぶってるくらいなので、それほど目立たないと思いますよ。


>最初から名古屋公演狙い撃ちで話されていますね(笑)
行けるとしたら、コレしか考えられません(^^)。でも、今は人前に出ると危険な状態が続いているので、1月も山の中で炭でも焼いてるかも。何とかして欲しいものだ(他人事)。


Posted by falso at 2008年09月11日 23:27
■カブ子さん
こちらは一枚5000円ですので、4ヶ月で割ると1ヶ月あたり1250円、一日あたり約40円也というお安さです。

マキロン消毒ありがとうございます。でも、カブ子さんならもっと特殊な液体とか持っていそうですね。本当に出張とかがかぶりそうになったら、そのとっておきのやつでお願いします。あとではがれなくなってもOKです。


■falsoさん
なんと元服でしたか。そのわりに最近物忘れが激しくなったと嘆いておられるのは、やはり若年性○○症というやつなのでしょうか(笑)

では、名古屋公演に行くことがあれば、烏帽子をかぶった人に一人ひとりインドネシア語で話しかけてみます。返事をした人がfalsoさんですね。

>人前に出ると危険な状態
この前の満月の夜に変身して以来、元に戻っていないとかですか?
Posted by yas at 2008年09月13日 14:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック