2008年08月23日

エコ月間レビュー - Josh Ritter

CD買い過ぎの何が悪いって、金がかかるとか家の中のスペースがCDに占領されていくとかいった物理的な弊害はさておき、最悪なのは、せっかく買ったCDをちゃんと聴く時間がないということ。一体自分は何のためにCDを買ってるのかという、シンプル且つ根本的な質問にたどり着くには、それほど出来のいい脳ミソは必要なかった(そこにたどり着くのに相当の時間がかかったことはさて置き)。

年間400枚だとか600枚だとか買っているCDのうち、第一印象がイマイチだったり、一緒に入手したものがとんでもなくよかったりしたために、つい1〜2回聴いただけでラックにしまいこんでしまったようなものも沢山ある。なんとももったいない話だけど。

新しいCDを次々に買う前に、そういうCDをちゃんと聴き直してみよう。ちょっとしばらく、よほどのことがなければ、新しいものを買うのは控えよう。聴き直した結果、どうしても気に入らなければ手放そう。当たり前のことばかり書いてるようだけど、こうして僕のエコ月間が始まった。いつまで続くかわからないけど、とりあえず今月に入って買ったCDは今のところまだ2枚。まだ一週間あるから最後までどう転ぶかわからないけど、ひと月に5枚も買わなかったのなんて、記録によると、2003年の3月以来、約5年半ぶりのことだ。

というわけで、最近自分のCDラックから掘り出してきて、やたらと気に入って聴き続けているのが、これ。

The Historical Conquests.jpg 『The Historical Conquests Of Josh Ritter』

最初に2006年11月17日の記事で取り上げ、その後2006年度の個人的ベストアルバムの第八位に選出した、このジョシュ・リターの前作『The Animal Years』を聴かれた方はどれぐらいいるだろうか。

まあ、その年610枚買ったCD類の中で第八位に選ぶぐらいだから、僕がそのアルバムをどれぐらい気に入っていたかは想像に難くないと思うが、そのアルバムに続く彼の5枚目となるフルアルバムが発売されたのは、去年の後半のこと。僕がそれを入手したのは、去年の10月、今となっては懐かしいリアル・グルーヴィーにて。

僕にしては珍しく新譜でこれを入手した理由は、当然その前作をそれだけ気に入っていたからこの新作にも充分期待していたということと、それが初回限定2枚組だったからということ(マサさん、読んでますか?)。

ところが、僕が前作を気に入っていた理由のひとつが、アイアン&ワインの『The Shepherd's Dog』の記事にも書いたとおり、その両方のアルバムのプロデューサーであったブライアン・デック(Brian Deck)による、硬質ながらも繊細な音作りにあったのだが、別のプロデューサーの手になる今回のアルバムの音が、去年の10月の僕にはちょっと散漫でとっ散らかったように聴こえてしまった。

よくよく聴き直してみると、このアルバムがとっ散らかったように聴こえるのは、アルバムの大部分を通低音のように流れている、ピアノやパーカッションやヴァイオリンによる様々な装飾音のせい。それらはほんの小さなボリュームで曲中や曲間のあちこちにちりばめられているのだが、曲のリズムと無関係に鳴り出すそれらの音が、ときには効果的に、ときには意表をついて流れ出すのが、今となってはとても面白い。

ストイックなブライアンの音作りとはかなり違うが、このある意味刺激的なプロデュースをしたのは、前作『The Animal Years』でも“ピアノ、オルガン、シンセサイザー、効果音”を担当していたSam Kassirer(発音がわからない)。

AMラジオから流れてきたかのようにリミッターがかかった狭い音域のまま、初期のスプリングスティーンばりに弾丸のごとく言葉を紡ぎだす一曲目「To The Dogs Or Whoever」を皮切りに、次から次に出てくる曲の全てが粒より。ありとあらゆるソングライターの名前を列挙して褒め称えた前作に収められていた曲よりも、全体的には今回の方が上出来かもしれない。とんでもなく綺麗なメロディーというわけでもないんだけど、一つ一つ特徴のある曲が、きちんと前後の曲とメリハリをつけられて並んでいるので、全然飽きずに聴いていられる。

さっきも書いたように、ほんのささやかな通低音を伴って、まるでメドレーのように繋がっているそれらの曲が、7曲目の美しいインストゥルメンタルの小品「Edge Of The World」で、まるで森の中をあちこちから流れてきた湧き水が小さな泉に注ぎ込むように集約される。おそらくここが、LPでいうとA面のラスト。

LPならB面の頭にあたる「Wait For Love」という幻想的な曲は、このアルバムのラスト「Wait For Love (You Know You Will)」でシングアウトっぽくリプライズされるという構成になっているのだが、それ以外にも、ラスト一曲前「Empty Hearts」に“And we sing to the dogs or whoever”と、アルバム一曲目の題名がこっそり歌い込まれていたり(一曲目にはその歌詞はない)、あげくは前作でのキーワード「狼」がここにも再登場するなど、ちょっとプログレ者の心をくすぐるような凝った展開が楽しめる。


そんなわけで、さらっと聞き流しただけで済ませていた、こんなに優れたアルバムを再発見することができて、自分内エコ月間もまんざらじゃないと思っている次第。ただ、あまりにこのアルバムを気に入ってしまっているため、ここ数年、フルアルバムの後に必ずそのアルバムに伴うツアーを収めたライヴ・ミニ・アルバムを出している彼の最新作『Live At The 9:30 Club』を買いたくてうずうずしているんだけど、どうしよう…


<8月27日追記>

Josh bunkai.JPG


posted by . at 21:46| Comment(8) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっさんほど買いこんでて、その上ゼンブ聴きこんでいたらコワイでし。そんなことに今頃気が付くなんてどうかしてるでしッ!前々から思ってはいたけど、ハッキリ認めるのがイヤさに、考えないようにしていたのに違いあるませんッ。キッ!
私もここに来ると、わりと真面目に、試聴できるものは試聴したくなるので時間がかかり、つい読みためてしまうのでしッ。
やっさん、自宅掘り返し頑張るでしよ。
Posted by 青グリン at 2008年08月24日 13:34
>ライヴ・ミニ・アルバム
それは是非買うべきアルヨ(俄か中国語)。
「よほどのことがなければ」
「いつまで続くかわからないけど」
「最後までどう転ぶかわからないけど」
という文言がせっかく畳みかけています。

加油!
ミニ・アルバムだし火に油を注いで燃費よくエコ運転できるかもしれません。
Posted by ひより at 2008年08月24日 14:26
同じく私もエコ月間推進中でございま〜す♪
もしもこのままきちんと聴き直す機会がなかったなら、生涯その作品の良さに気付かずに死んだであろう自宅内掘り出し物に出会えたときは、九死に一生を得た思いで、稲川淳二の会談並みにゾ〜ッとしますよね〜。
最後の段落、よ〜くわかります(笑)。私もエコの結果、張震嶽の熱烈ファンになったおかげで、今月は彼のアルバムを4枚も買ってしまい、それゆえCD購入枚数が2桁入りしてしまいました・・・。
Posted by クロム at 2008年08月24日 17:29
買わなきゃ、体に悪いですよ。
Posted by Luna at 2008年08月25日 08:58
読んでます、読んでます!!…2枚組ですかぁ…。それがデジパックだったり、紙ジャケだったらもう即効購入決定なんですけれど、確かプラケースですよね?

以前にお薦めいただいてからもずっと気にはなっているのですけれど、むぅ。

エコ月間、確かに必要ですよね。僕もあまり聴き込んでいないCDをひっくり返さなければなんですけれど、最近は以前良く聴き込んでいて、最近になってあまり聴いていなかったCDを掘り起こすことが多いです。

ライブ盤。ミニアルバムならば購入決定ですよ!ライブ盤といえば、DVDと2枚組になっているものを見かけますが、こちらも良い作品なのかなぁ?
Posted by マサ at 2008年08月25日 09:50
■青グリンさん
怒られてしまいますた。確かに、前々から考えたり考えなかったりしていました。考えてもすぐ忘れるのが秘訣、というか難点なのです。

グリンさんよく試聴してくださってますね。最近では何か気に入ってもらったのがありましたか。

はい、自宅掘り返し頑張ります。何を持ってるかは、まだほぼ大丈夫です。一応きちんと整理してるし、買ったものはリストにしてあるからです。そろそろ売るものリストを作り始めないと。


■ひよりさん
俄か中国人ですね。ニイハオ。

実はこのミニアルバム、あと一歩で買おうとしていた直前にこの人のサイトを見たら、なんと9月にボートラ&ライヴビデオ入りでアイルランドのみで再発されることになっていました。この記事を書いた時点ではそんな情報載ってなかったのに。間一髪で旧盤を買ってしまうところでした。たまには躊躇してみるものです。でもお陰でミニアルバムとは呼べない分量になってしまいましたが。


■クロムさん
クロムさんは自宅内未開封CDの開封作業中でしょうか。お互いがんばりましょうね。

実は、この記事を書いた日に近所のブ○クオフから20%オフという情報が載った悪魔のメールが舞い込み、そのうえ、某通販サイトで遥か昔にオーダーしたものがこの時期を狙って入荷済みになったようで、本日届いてしまいました。でも、それらを含んでもまだ辛うじて一桁です。まだ4日ほどあるので最後までわかりませんが、今月はクロムさんに勝ちますよ。


■Lunaさん
はい、クロムさん宛ての返事にも書きましたが、ちょろちょろとガス抜きはしていますので、大丈夫です。でも、買いたいものがどんどん溜まっていくので、今月一桁で押さえても、その分の反動が来月以降に来てしまいそうでコワいです。


■マサさん
追記した写真を見ていただければおわかりかと思いますが、立派な三方見開き紙ジャケです。ボーナスCDはカードボード製スリーヴケース入り。確か日本盤は通常プラケースだったかもしれませんね。即購入決定ですね(笑)

DVDとの2枚組、06年発表の『In The Dark』ですね。実はこの記事を書くときに、そのアルバムのことも一緒に書くことも頭をよぎったんですが、どれだけ長い記事になってしまうかと恐れをなして止めておいたんです。時期的には前作『The Animal Years』発表後のライヴですし、彼の人気が特に高いアイルランドでのコンサートということもあり、とてもいいライヴ録音になっていますよ。映像の方も、本当に楽しそうに演奏する彼とバンドの面々が観られます。最初に買う盤としてはどうかな?と思いますが、『The Animal Years』かこの『The Historical Conquests』をまず聴いてみて、お好きなようでしたらそちらも是非どうぞ。DVDとの2枚組のわりにはそれほど高くもありません。
Posted by yas at 2008年08月27日 18:09
試聴していいかな、と思っても、そもそも知らんバンドの知らない曲ばかり、いつ試聴したどれが気に入ったか、後でわけが分からなくなっています。
最近、Sigur Rosの試聴を探してみましたが、冷え冷えのジャケのはありませんでした。男が裸で走ってるのを試聴しますた。短すぎて良さがもうひとつ分かりませんですた。引き続き、冷え冷えを探してみます。
Posted by 青グリン at 2008年08月28日 15:03
■青グリンさん
もう先月のお話になってしまいました。ちょっとゆるゆるしていたり忙しかったりしていました。どうもすみません。

試聴して気に入った曲は、その場でメールに名前など書いて下書きに保存しておいて、一定量が貯まったら僕のところに送付すればよいですよ。別に何も起こりませんが。

もう全然関係ない記事のことをここに書いてますね。シガー・ロスの冷え冷えジャケはLPですってば。このジャケではCDになっていないのです。

今、シガー・ロスの記事の、グリンさん宛ての僕の返事を読み返してみたら、ちゃんとお薦めしてあるアルバムがありますよ。裸の男のは「ちょっとニギヤカで趣が違うのです」と書いてあります。お薦めのはどんなジャケットか覚えられるように、リンク張っておきますね。

これとか、
http://www.amazon.co.jp/Sigur-Ros/dp/B00006JYMW/ref=sr_1_9?ie=UTF8&s=music&qid=1220622791&sr=8-9

これとか、
http://www.amazon.co.jp/Takk-Sigur-Ros/dp/B000AJJNPY/ref=sr_1_5?ie=UTF8&s=music&qid=1220622839&sr=8-5

これでし。
http://www.amazon.co.jp/HVARF-HEIM~%E6%B6%88%E3%81%88%E3%81%9F%E9%83%BD-%E3%82%B7%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%B9/dp/B000VZE190/ref=sr_1_17?ie=UTF8&s=music&qid=1220622896&sr=8-17

このうち上の二つは、冷え冷えの一部です。

一番上のやつの日本盤は、CCCDというワルモノCDなので、見つけても買ってはいけません。
Posted by yas at 2008年09月05日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。