2008年08月03日

CD増殖予定表 - Jason Mraz

We Sing, We Dance, We Steal Things.jpg Jason Mraz 『We Sing, We Dance, We Steal Things』

そのうちブログに取り上げようと思いながらも、なんやかんやで後回しにされているアルバムの一枚。正直に告白すると、最初に聴いたときから凄く気に入って、何度も聴いているのに、どうにも記事にしにくいアルバムではある。何故だかわからないけど。そうこうしているうちにLunaさんが一年前の記事を発掘してコメントをくださったので、これを機会に何か書いてみよう。短めにね。よく見れば、去年の記事もちょうど8月3日。何の脈絡もないけれど、これから毎年8月3日は僕の中ではジェイソン・ムラーズの日ということにしよう。

最初は何の冗談かと思ったこのデジパックのジャケに包まれていたのは、まぎれもないムラーズ印の良質ポップ12曲。相変わらずの早口言葉ソングから、超絶ソプラノ、しんみりバラッドまで、前作から3年のブランクを微塵も感じさせない磐石の出来。

ホーンが豪華なオープニング「Make It Mine」も、元カノ トリスタン・プリティマンのお株を奪うような心地よいサーフ系「I'm Yours」もいいけれど、僕は「Love For A Child」や「If It Kills Me」、「A Beautiful Mess」などのスロー・バラッドが今のところのお気に入り。

フジロックに参加ついでに先週単独公演もあったんだけど、残念ながら出張に重なっていたために、僕はそれには行けなかった。こっそり大阪公演に行かれたLunaさんにそのあたりのレポートをコメント欄で披露してもらうとして(多重人格ブログには書かれないのですか?)、行けなかったその他大勢の僕たちは、彼のマイスペースにアップされている「Love For A Child」の録りたてほやほやの大阪公演でのライヴ録音を楽しんでいよう(いつまで聴けるかわからないので、興味のある人は急いで)。大阪公演なのにわざわざ曲が終わったときに「メルシー・ボクー」とか言ってるし(笑)。日本での思い出を写真と一緒に綴った彼のブログもちょっと面白いよ。

しばらく前にマサさんがブログの記事にされていたEP、CD屋に行くたびに買おうかどうしようか迷っているんだけど、やっぱり買うべきかな。2枚とも、4曲ずつぐらいしか入ってないくせに、2000円近くするんだよね。痛いよな。でも、この人のこういう貴重盤、意外と再発も日本盤化もされずに高値で取引されることが多いからね。オリジナル・アルバムはかなりクタクタな値段で中古屋に出回るんだけどね。

そう、去年彼のことをよく知るようになる前は、僕も中古屋で結構な安値で出回っている彼のCDを見かけるたびに、どうせこんなハンサム君はすぐ消えるんだろうと思っていた。彼自身、前作『Mr.A-Z』に収録されていた「Wordplay」という早口ラップ曲で、“どうせみんな俺のことを一発屋やと思ってるんやろ。なんとかせなあかんな”と自虐的に歌っていたように。

だけど、これまでの全てのアルバムを聴いて、ダウンロード・オンリーのライヴ録音を聴いて、そして、この新作を聴いて、最早そんな気持ちは欠片も残っていない。アルバムの豪華なプロダクションと、ヒュー・グラント似の甘いマスクと、アトランティックというメジャー・レーベル発なのが邪魔をして、どうしても色眼鏡で見られてしまうところがあるのは仕方ないけれど、この陽気なエンターテイナーが今この時代にもっとも優れたシンガー・ソングライターの一人なのは間違いないと思うよ。

僕の買ったUS盤はエンハンスドCD仕様になっていて、PCに入れると、30分近くにも及ぶ、ヨーロッパ・ツアーの様子とジェイソンのインタビューを中心としたドキュメント・ビデオが観られる。あと「Make It Mine」のPVも。かつてのシングルB面曲だった「I'm Yours」がどうしてこのアルバムに収録され、新たにシングル・カットされることになったのかについて話していたり、ライヴ中にファンと携帯で話し、その携帯をひざの上に置いて「この曲は君と君のガールフレンドに」とか言って「Live High」を歌い始めたりと、話している内容が全てはわからなくても、興味深く観られるビデオ。完奏している曲はないが、僕は「Plane」のスローなヴァージョンを聴いてちょっとほろっときたよ。

実は中古で手に入れたこのUS盤、もし聴いてみて内容がよかったら、ボートラ入りの日本盤に買い換えようかと思っていたんだけど、どうやら日本盤はCDエクストラ仕様で「I'm Yours」のPVが入っている様子。なんだよ、それじゃ日本盤を入手しても、このUS盤を手放せないじゃないか。結構華奢な作りのこのデジパック、あまりに何回もCDを出し入れしているために、端のほうが破れてきたんで、買い換えるのにちょうどいいと思っていたのに。また買い増しか…


posted by . at 23:10| Comment(7) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>そのうちブログに取り上げようと思いながらも、なんやかんやで後回しにされているアルバムの一枚

そうだったのか…
私は発売日に買ったのに、全然取り上げないから、まだ聴いていないのかと思っていました。
「Love For A Child」いいですよね。

こっそり行ってきましたよ。私、最年長だったかもしれません。

>どうやら日本盤はCDエクストラ仕様で「I'm Yours」のPVが入っている様子
ええ〜〜〜〜っ!
帯を引っ張り出して、メガネを探して読んでみる。
今、知りました。ありがと。

日本盤のジャケも、破れやすいです。左下を1.5cmほど破いてしまいました。
Posted by Luna at 2008年08月04日 08:13
やっと書いていただけましたね。
私もあのEP欲しいんですが、高くて…でもジャケのヘロヘロ加減が気に入っているので、やっぱり買おうかなあと思っていたりします。

フジも楽しかったですよ。帽子にトンボが止まっている写真を見つけて、虫すら味方にするのかこのオタクくんは、と笑っちゃいました。
ちなみに、メルシーボークーのほかにダンケシェーンも言ってました。アリガト言わなかったのに。

私のジャケも盛大に破れてます。
Posted by xiao61 at 2008年08月04日 21:38
人は見かけで判断したらいけませんね〜(笑)。ジャケもイケメンで勝負していないところが好感が持てます。
私もこの夏のヘヴィーローテーションはこのアルバムです。記事中に挙げられている曲全部好き。

この人のスロー・バラッドを聴いていると、遠い夏の日に洗い立てのシーツの海でバタ足の練習をしたり、その中で疲れて眠ってしまったりした子供の頃を思い出します。懐かしくて直視できず、またすぐにしまい込みたくなる切ないような気持ち。
曲のシチュエーションは全然違うのに、なんでなんでしょうね。

8月3日、来年まで覚えておくようにします。
ブログもおもしろいですね。画像の使い方とか参考にしたくなりました。

余談ですが、「I'm Yours」に「こっちにおいでよ そっと耳をかじらせて」とありますが、日本人の90%がドラえもんかよ、と突っ込んだことでしょう。(さらに余談ですが、関西人の50%はメッセンジャー黒田かよ、と突っ込むはずです。関西で言うと少しウケると思います。でもあまりにニッチな情報なのでwikiを貼っておきます)。
Posted by ひより at 2008年08月04日 22:17
連投すみません。
「I'm Yours」の3分30秒くらいのところ最後の「アイム ユア〜〜〜〜ッザ」、充分ためたあとの「ッザ」をタイミングよく同時に歌えるととっても気持ちがいいです。一度やってみてください。書き忘れでした。
Posted by ひより at 2008年08月04日 23:41
■Lunaさん
ブログ拝見しました(既にコメレスまでされてるのでご存知でしょうけど)。そうですか、発売日に買われたんですね。気合入ってましたね。僕はしばらく待った挙句に中古で輸入盤を買いました。お陰で歌詞カードもついていません。こんなことではダメですね。

最年長、いいじゃないですか。これからもお互いあちこちのライヴで最年長記録を樹立しましょう。

「I'm Yours」のPVはどうでしたか?僕はあのCDエクストラというやつがあまり好きではないのですが、でも入っているとつい得した気分になってしまうのです。なんとかしてください、この性格。

日本盤も破けやすいですか。左下とは、どこの部分ですか?まさか表ジャケ?僕のは内側に折りたたむ部分の右下(We Sing. We Dance. We Thank Youのページ)の部分約7mmです。

増殖してますか。他には何を買われました?僕は今日の通勤電車では、去年の記事に書いたライヴ盤を聴いていました。重ね重ね、発掘ありがとうございました。


■xiao61さん
はい、やっと書けました。もうすっかりトラバするにも季節はずれになってしまいましたが。

ヘロヘロジャケEP、某サイトで一枚1600円台で買えたので、まとめて買ってしまいました。例によって取り寄せに時間のかかるものと一緒にオーダーしてしまったので、まだ届かないのですが。

フジ楽しそうでよかったですね。ブログ拝見しましたよ。ダンケシェーンも言ってましたか。きっと再来週のイタリアあたりのライヴでは「ドモアリガト」とか言ってるはずです。

あ、xiaoさんのも破れてますか。きっとこれは、再販価値をなくして、ブッ○オフに叩き売られないようにするための仕組みなんですね。うまくできているものです。


■ひよりさん
へヴィーローテーションでしたか。ヴィの部分がブログ主の意向を反映していますね。バタ足 on 洗い立てのシーツ、あどけないひよりさんの姿が目に浮かぶようです。そのまま疲れて寝てしまい、つい洗いたてのシーツにヨダレをたらしてしまって叱られるところまでもです。せめて背泳ぎにしておけば、ヨダレ被害は防げたのですが。いったい僕は何を書いているのでしょうか。せっかくの美しい思い出なのに。

>ブログもおもしろいですね
一瞬喜んだのですが、うちのブログのことではなかったですね。いえ、いいんです。なんでもありません…

>こっちにおいでよ そっと耳をかじらせて
この下に貼ったリンクのような感じでしょうか。

メッセンジャー黒田、僕は知りませんでした。勉強になります。ところで日本の芸人はすべからくここまでの情報がウィキに載っているのですか?

>ッザ
僕は最近たいてい電車の中でヘッドフォンで聴いているので、つい同時に歌ってしまわないように気をつけます。
Posted by yas at 2008年08月06日 23:14
↑ぎゃっ!
こんなのはいやだ。nibbleなんだから…

きんぎょさんとひそそかさんと一緒に歩いていたときに、若い子たちがこの人らのチケットを求めているのに遭遇した記憶があります。
Posted by Luna at 2008年08月08日 20:09
■Lunaさん
これは失礼しました。マキシマム・ザ・ホルモン、僕は『ぶっ生き返す』一枚しか持っていませんが、かなりいいですよ。病み付きになります。ルナさん好みかどうかはわかりませんが。なにやら3枚組のDVDや最新シングルとかがオリコンで二位になったりしているようですね。
Posted by yas at 2008年08月08日 23:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。