2008年07月27日

生涯現役 - Raspberries

Live On Sunset Strip.jpg Raspberries 『Live On Sunset Strip』

懺悔その1:このかっこいいジャケを僕が初めて目にしたのは、確かリアル・グルーヴィーだったから、少なくとも去年の11月以前のことだ。実際にいくらだったかは忘れてしまったけど、DVDを含んだ3枚組のそれは、ちょっと欲しいなと思った気持ちを打ち消すに十分な値段だった。そのアルバムを、先日(結局それほど安くなったわけでもないけど)ようやく入手。早速聴いてみたら、ほんのちょっとのお金をけちって半年以上もこれを聴かずにきた自分を責めたくなるような内容だった。

主に僕のブログだけから音楽の知識を仕入れている一部の方々は、もう2年近く前になるyascd002に取り上げられていたことで、このグループ名を記憶されているかもしれない。その記事のコメント欄で、当時まだLoonyという枕詞が付いていたLunaさんが好きだと仰られていた、ラズベリーズ。これは、彼らが2005年にオリジナル・メンバーで30年ぶりに再結成したときのライヴ録音だ。CDのディスクも綺麗なラズベリー色。

「Go All The Way」や「Overnight Sensation」をはじめ、ヒット曲満載。驚きもないけれど、破綻もない。完璧なショーを完全収録した、極上のパワーポップがCD2枚にわたってぎっしり詰まった、ジャケ同様、最高にかっこいいアルバムだ。フーの「I Can't Explain」とロック・クラシック「Needles And Pins」のカバーも、彼らのオリジナルかと見紛うほどしっくりきている。

あちこちで見かけたレビューでは、エリック・カルメンの声が現役時代と比べて苦しそうだとか書いてあったけど、どこの誰が60近くになって、20歳の頃と同じキーで歌えるというんだ。現役時代の瑞々しい声を聞きたければ、当時のLPでも再発されたCDでも聴けばいい。それよりも、どういう経緯で再結成されたのかは僕は知らないけど、一時は不仲説もあったというエリックとウォーリー・ブライソンを中心に、オリジナル・メンバーが4人揃って、こんなに活き活きとしたライヴ録音を残してくれたことの方が、僕は嬉しいよ。

昨日本屋で見かけた、若き日のジョニー・ロットンが表紙に載ったクロスビートに「再結成の功罪」という特集があった。中身までは読まなかったんだけど、きっと今週〜来週にかけて日本にこぞって来ているセックス・ピストルズやヴァーヴやマイ・ブラディ・ヴァレンタインに絡めた話が載ってるんだろうね。ピストルズの再結成なんて、功罪の「罪」の最たるものだと想像がつくんだけど、きっとクロスビートには取り上げられていないこのラズベリーズの再結成(僕が聞き逃していたせいで、もう3年も前の話になるんだけど)は、うまくいった再結成の好例にあげられるんじゃないだろうか。

音楽的には僕の好みど真ん中だけど、世代的に僕には少し早すぎた彼ら。同傾向のバンドでいうと、僕の世代ジャストミートだとナック。少し後にはポウジーズとかね。極甘のメロディーを場違いなほどハードに演奏する、どういうわけかあんまり売れないところまで共通した、最高のバンドたち。実は、僕がラズベリーズのことを知ったのは、自分が音楽を聴き始めてからも結構後のことになる。

僕の世代だと、ラズベリーズという名前よりも、「All By Myself」という激甘ピアノ・バラッドを歌う甘いマスクのエリック・カルメンの方を先に知るのが普通だったから、ロックを聴き始めた中学生としては、そんなものは真っ先に避けて通るべき対象だった。カルメンという名前がピンク・レディーを即座に連想させたのも(彼のせいではないけれど)、77年以降の日本では彼にとって逆風だったかも。とにかく、あのエリック・カルメンが昔在席したバンドなんて聴く必要もないと、僕はずいぶん長い間思い込んでいた。これが、懺悔その2だ。

僕の買った3枚組の3枚目は、5曲入りDVD。このライヴから5曲を選ぶならこれだろうと誰もが思う、まさにベスト・オブ・ベスト的内容。若いころはあんなにハンサムだったエリックが、まるで白髪のみのもんたみたいに顔中しわくちゃにして、実に楽しそうに歌っているのがいいね。パンパンに太ったウォーリーが、コンサートのオープニングで歌ったはずの「I Wanna Be With You」でも、アンコール最後の「Go All The Way」でもずっとガムを噛みながらコーラスを入れてるのがやけに気になる。2時間ずっと同じガム?とっくに味なくなってるでしょ。あるいは、次から次へと新しいガムを噛んでる?そんなにガム好き?とか。

「Ecstasy」のあのリフは12弦で弾いてたのか、と発見したのも嬉しい。ジミー・ペイジ風のギブソン・ダブルネックを持ったウォーリーが、その曲で6弦の方からさっと12弦に持ち代えるところがかっこいいね。

YouTubeで、その5曲のサワリだけを編集したビデオを見つけたよ。投稿者を見たら、ラズベリーズオンライン。ああ、これは正規のプロモ・ビデオだね。6分半と長いけど、ちょっとこのゴキゲンなベスト・オブ・ベスト(・オブ・ベスト)を観てみて。


さっき驚きも破綻もないなんて書いたけど、そんなに目を引くことをやっているライヴじゃないんで、僕が買った5曲入りぐらいの量がちょうどいいのかも知れない。ライヴDVDはいろんな人のをたくさん持ってるけど、1時間半とか2時間とか、なかなか集中して観てられないことが多いからね。

実はこのアルバムも、初回300枚限定でコンサートを全て収録したDVDの入った特別バージョンの3枚組が存在してたことも知ってたんだけど、それは即座に売り切れていたというので、「欲しかったな」というなんでも完璧に揃えたがる自分の気持ちと、「$125もする、どうせ何回も通して観るわけでもないそんなDVDは、自分が気づく前に売り切れていてよかった」という気持ちが複雑に絡み合っていた。

とか書きながら何気なくラズベリーズのオフィシャルサイトを覗いてみたら、あっ!特別バージョンが再プレスされてる!どうしよう…マサさんにでも相談してみようか(買う気ですね?)。

そのサイトには、去年の11月にこのライヴ盤が収録されたのと同じサンセット・ストリップのハウス・オブ・ブルーズでのライヴ・クリップがアップされているところを見ると、きっと彼らまだ地道に再結成を続けているんだね。バンド、ソロを通じて、鳴かず飛ばずの時期も長かった彼ら、この勢いでずっと生涯現役で続けていってほしいね。日本にも来てくれないかな。懺悔のつもりで、毎回観に行くのにな。


<8月2日追記>
Fresh Raspberries.jpg
posted by . at 17:52| Comment(12) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何で1週間の間隔で私が欲しくなるようなものを紹介するんですかっ!
そんなに頻繁に衝動買いはできないんですからねっ!

みのもんたはひどい。
楽しそうに歌っていますね。
素肌にウエストコートがいいですね。

ダブルネックギター(っていう?ツインかな?)のメリットは?
Posted by Luna at 2008年07月27日 21:28
カルメンといえばカルメン・マキなひよりです。いえ、年は誤魔化していませんよ。ピンクレディー世代です。
どの曲も耳に心地よくて楽しく聴けました。全曲聴きたいのに思わせぶりなビデオですね。いいところで終わってしまうは、目星をつけていた回転寿司の好きなネタが直前で取られてしまうようながっかり感です。
私はみのもんた、似てると思いましたよ。この人になら思いッきり生電話の人生相談で説教してもらいたいですが、相談することがないのが悩み事です。
あと、ギターの人がガムを喉に詰めないか心配でした。噛んでいるのがこんにゃくゼリーでないことを祈ります。この人は昔は太ってなかったんですか?
みのもんた見たさにDVDが欲しくなってきました。
Posted by ひより at 2008年08月01日 21:03
■Lunaさん
まさか怒られるとは!だから間に一回、あんまりルナさん好みでなさそうなあっさりしたのを挟んだじゃないですか。最近お勧め物が少なかったので、ちょっと奮発してみたくなったんですよ。で、買っていただけたのでしょうか。なかなか良かったでしょ?

ではお詫びのしるしと、1ゲットしていただいたお礼に、また長くなりすぎるので記事には書かなかったルナさん向けのエピソードをひとつ、ここに書くことにしますね。このCD、上に載せた写真では左下にラズベリーズのロゴがありますが、僕のCDにはそれがないんです。その代わりに、CDをラッピングしているビニールの上に大きな丸いラズベリー色のステッカーが貼ってあって、そこにバンド名、タイトルと一緒に煽り文句が書いてあるのですが、それが「ブルース・スプリングスティーンによるライナー・ノーツ入り」なんですよ。

全文は長すぎてとてもここには訳せませんが、とにかくベタ褒め。「70年代の終わり頃、サウスサイド・ジョニーと一緒に俺のC-10ピックアップでアズベリー・パークに帰るときは、いつもラズベリーズのベスト・アルバムがカセットプレイヤーの常連やったよ」といったリアルな話で始まる、まるで彼が目の前であの暑苦しい口調で滔々と語っているかのごとき、アツい文章です。最後にはエクスクラメーションマークが4つもついています。ついでに、その次のページに載っている写真は、ラズベリーズのロゴ入りシャツを着たジョン・レノンです。

あの服はウエストコートというんですね。ぱっと見、ウエストコーストかと思いました。年齢といい、イメージといい、なんとなく、Kさんとカブるところがあるでしょうか。違いますか。すみません。

>ダブルネックギター(っていう?ツインかな?)のメリットは?
確かにダブルというよりはツインですね。調べてみたら、どちらでもいいみたいです。僕は子供の頃からダブルネックと言い続けてきたので、ついそう言ってしまうのです。でもこれからは通っぽくツインネックと呼びますね。

さて、メリットですが、これはもちろん、一つの曲の中で一人のギタリストが違う音色を出したいときに、わざわざギターを持ち替えなくてもいいようにするためです。ここに載せたビデオで実例を挙げるなら、「Ecstacy」のイントロの野太いリフは下側の6弦で、サビのところのちょっとキラキラしたリフは上側の12弦で演奏しているのがわかるかと思います。この6弦と12弦という一般的な組み合わせのツインネックの他にも、同じ6弦同士で一方はハムバッキング・ピックアップ、もう一方をシングルコイルにしてある種類もあります。中には、一方が6弦ギター、もう一方が4弦のベースというのもあるようですが、その奏者がギターの方を弾いているときは、その曲ではベース音が鳴っていないのかと心配になります。

ちょっと余談が過ぎましたね。まあ、どうせルナさんは最初と最後しか読んでおられないでしょうから、長さはあまり関係ないですが。真ん中あたりに悪口を忍ばせておきましたので、戻って読まないようにしてくださいね。


■ひよりさん
気に入ってもらえましたか。よかったです。このビデオ、予告編としては実によくできていますよね。これからよくできた予告編を回転寿司ビデオと呼ぶことにします。DVD付き、是非買ってみてください。125ドルのやつを買うと、2時間近くに亘ってみのもんた似を堪能できますよ。

>この人は昔は太ってなかったんですか?
ラズベリーズの72年のセカンド・アルバム『Fresh Raspberries』のジャケを追記しましたので、ご覧ください。ウォーリーを探せ!遊びをするまでもなく一発でどれが彼かすぐにわかる、20代にして立派なメタボ予備軍です。ちなみに未来のみのもんたはこの中の誰かわかりますか?

ピアノも弾くようですが、何故かこのビデオではあまり手元が映っていないですね。何を隠しているのか逆に気になります。
Posted by yas at 2008年08月02日 22:11
いよいよクライマックスが来る来る!と気力がみなぎっているときに、はいそこまでーと情け容赦なくシャットダウンするのがよくできた予告編ビデオですね(「来る来る」と回転寿司の「くるくる」はもちろんダブルミーニングです)。

追記拝見しました。
『Fresh Raspberries』、本当にもぎたて『Fresh』ですね。
え、意外に難しいじゃないですか。Freshウォーリーは後列左ですか。ガムの摂取量には気をつけようと思いました。
Freshみのもんたは前列左ですか?
Posted by ひより at 2008年08月04日 22:30
なが〜〜〜〜〜〜いコメント返しありがとうございます。

今は買わないかごに入れておいたのを、取り出してカートに入れました。
ア○○ンの在庫が5点から4点に減ったのは私のせいです。

今日届きました。
このラズベリー色のスティッカーはとっておくものですか?
Posted by Luna at 2008年08月05日 22:50
■ひよりさん
くるくるのダブルミーニングの説明、ありがとうございました。言われなければ孫の代まで気づかないところでした。

ウォーリーは正解です。若い頃から太り気味の人は大人になっても痩せることはないという見本のような人ですね。

みのもんたはハズレです。前列左の方は当時イケメンかもしれませんが、上のビデオを見ると一番経年変化のハゲしい人でもあります。


■Lunaさん
お買い上げいただきましたか。今は聴かないカゴに今は入れてあるんですね。

>このラズベリー色のスティッカーはとっておくものですか?
当然です。僕は周りのビニールまで取ってあります。
Posted by yas at 2008年08月06日 22:31
こんにちわ。
若い頃は痩せ気味でも大人になったら太りやすくなるという見本のような私です。
ウォーリーは正解だったんですね。4択で正解を叩き出すとは再難関を突破したということでしょうか。
みのもんたも自信あったのに。不正解とはアタック25なら屈辱的に立たされているところです。

>前列左の方は(中略)経年変化のハゲしい人
これは、前列左の人も当てろということですね。問題増えてるやん。
えーと、ハゲしいということはドラムの人に10000点。頭髪のあるなしでこうも印象が変わるという見本です。そういえば若いころから結構きていますね。

みのもんたは後列右ですか?
Posted by ひより at 2008年08月09日 00:38
■ひよりさん
>こんにちわ
falsoさんかと思いました。

この気候でも太りますか。それでは是非、せんとくんの着ぐるみを着て平城京址で営業してきてください。激痩せ確定です確定です。中は見ませんから。

ドラムの人は当たりです。10000点あげます。点数が何の用途にも使えないのがいささか残念ですが。

>みのもんたは後列右ですか?
わざとですか?後列右の天パは年をとったからといってそう変わるものではないでしょう。でも、この6分半のビデオ中、天パのベーシストはわずか4秒ぐらいしか映らないので、わからなくても仕方ないですね。5分ちょっと前とちょっと後(「Ecstasy」)と、6分過ぎ(「Go All The Way」)でアップが確認できます。

さて、未来のみのもんたはどの人でしょう?当ててみてくださいね。
Posted by yas at 2008年08月09日 12:23
この気候では551の棒アイスを食したりしますから季節に関係なく太ったり太ったりします(2回言う)。
せんとくんの着ぐるみはマスク部分もしっかりしているので小顔効果も期待できますね。是非やってみたいです。絶対に中は見ないでください。

さて本題です。
天パ度合いでは前列右の人も引けをとらないほどです。
どうもこのジャケでは一番年少っぽく、フィンガーファイヴでいうとアキラ君のようなので彼をみのもんたと判断するのが憚られました。

ではこの鳥の巣のような頭がみのもんたなんですね。ちょうど北京オリンピックですし。
Posted by ひより at 2008年08月10日 03:20
■ひよりさん
しばらく南の国に出張に行って帰ってきたら、なにやら東京は少し過ごしやすい気候になっていました。せんとくん着ぐるみの着心地も楽になってきたのではないでしょうか。顔の大きさは握りこぶし大程度にまでなりましたか。

さて本題です。
>一番年少っぽく
調べました調べました。将来禿げるドラマーが1948年12月生まれ、天パのベーシストとウォーリーを探せが1949年7月生まれ、そして未来のみのもんたが1949年8月生まれと、一応彼が一番の年少であることは間違いないようです。しかしそれにしても、ハゲ以外はやたらと誕生日が近いですね。天パが生まれた8日後にデブが生まれ、更にその24日後にみのが生まれています。

>あと10000点ください
わかりました。差し上げましょう。20000点貯まっても相変わらず何ももらえませんが。
Posted by yas at 2008年08月14日 23:32
うふふ、これbaby満載ですね。
Posted by Luna at 2008年08月20日 20:04
■Lunaさん
ようやく今は聴かないカゴから出されましたか。今はCDラックに入れてあるんですか?ルナさんもここ1−2年で結構CD増えたでしょうね。どうやって収納されているのでしょうか。僕は他人の家のCD収納が気になるのです。ルナさん家のCDコレクションはどういうわけかかなりの内訳を僕は既に知っているのですが。行ったことないのに。

>baby満載
特にヒット曲になるにつれてベイビー率が高くなっているような気がします。ということは、歌詞にベイビーを織り交ぜるとヒットするということなのでしょうか。世の中にはルナさん系のファンが多いということがこれで証明されましたね。
Posted by yas at 2008年08月23日 14:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック