2008年07月22日

暑中お見舞い - Sigur Ros

In A Frozen Sea.bmp

Sigur Ros 『In A Frozen Sea』

暑いね。NZに移住する前はたいがい赤道直下の国に住んでいたんで、湿度の高い暑い夏には慣れっこのつもりでいたんだけど、この日本の夏の湿気はほんとに格別だよ。

いつも徘徊している友達のブログで「冷え冷え選手権」という企画をやってるのを見て、さむーい親父ギャグをそこに書き込むよりも、うちならではの呼応企画が何かできないかなと思い立って書き始めたのがこれ。まあ、おとといの記事があまりにも文字満載で暑苦しいんで、ちょっと軽めのを持ってこようかなと思ったというのもある。なので今日は文字数少なめ(のはず)。ブログのスキンの色だけは涼しげなものに変えられないのは申し訳ないけどね。うちのアイデンティティーなもので。

10月にめでたく再来日の決まったシガー・ロスの、7枚組LP『In A Frozen Sea: A Year With Sigur Ros』。いまやアイスランドを代表するグループに成長した彼らの、セカンド・アルバム『Agaetis Byrjun』から、サード『( )』、フォース『Takk』までの3枚のアルバムに、12インチでは未発表の『Smaskifa』を追加したもの。

音源としては殆どのアルバムを既にCDで持っていたので、ダブりもやむなしかな、でもこんなのすぐに廃盤になるし、記念に買っておくかなと思い、5000枚限定のこのセットがそう易々と手に入るものでもないかと思いながらも、駄目モトで某ネットショップで注文したものが、適度の紆余曲折を経たのちに、無事我が家に到着。

内容?もしあなたがシガー・ロスを聴いたことがないなら、こんな高いものから手を出す必要はない。最近出たばかりで評判のいいニュー・アルバム『残響』を聴いてみてもいいし、中古CD屋で比較的簡単に入手できる、彼らのどのアルバムからでも聴いてみればいい。彼らの音を聴けば、上にでっかく載せた写真がなにを意味するのかを、多少なりとも理解できるかも。

そしてもしあなたがシガー・ロスのいっぱしのファンなら?じゃあ、この先を少し読み進んでみればいい。大丈夫、もうほとんど文字はないから。


上の写真でもわかるように、これは30センチ四方のパッケージに、7枚のLPと30ページにも及ぶブックレットがセットになった豪華な仕様。それぞれのLPが収められた各ページとブックレットはこんな感じ。まさに、これぞ『アルバム』といったつくりになっている。

DSC00078.JPG


DSC00079.JPG


DSC00082.JPG


DSC00083.JPG


DSC00084.JPG


DSC00085.JPG


DSC00094.JPG


DSC00087..JPG


DSC00088..JPG


もうあちらこちらで廃盤、入手不可という話を聞きながらも、粘りに粘ってなんとか入手できた僕のセットのシリアルナンバーは4725番。

DSC00089..JPG


もしあなたがこのセットを買うことにしたなら、蒸し暑い部屋の窓を、あっちとこっち、ふたつ開けて、まずは風を通して。それから、レコードプレイヤーにこのLPを(7枚、14面のうちどれでもいいから)乗せればいい。確実に、部屋の温度が、下がるよ。ためしてみて。


楽しい企画を届けてくれた鈴木さんと、最近ちょっと凹みがちの(分解写真好きの)マサさんに、この記事を捧げます。まだまだ暑いし、試験とか他にもいろいろ辛いこともあるけど、がんばろうね。



<7月27日追記>
こういうので聴いてみたい。
連続再生装置シャツ


posted by . at 00:10| Comment(7) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鈴木さん宅から涼みにきました!
涼しい写真ですね。ブックレットの3枚目は錦鯉かと思いましたが、大きくすると違うようでした。なんの写真でしょうか。
これは試聴できないんですね。せっかく涼しそうなの・・・。
Posted by 青グリン at 2008年07月22日 02:12
フローズン
アイスランド
ああ、文句なしに冷えてるねえ。これはまさしく氷山だ。7枚組って。。。アンタ。。。

厚いよぅ

へー、(←※やっさん風に)音が涼しいんですね。うん、秋の曲とか、冬の曲とか、ありますね。歌詞じゃなくて、音を聞いてるだけでシーンと冷える。
あれってどうしてそう感じるのかしら?


関連記事ありがとうございました。
こういうときは、友情の証として、とらばをするものなのでしょうか。
Posted by 鈴木 at 2008年07月22日 23:27
涼しげなジャケ写ですね。
汗だくでキャンプから帰ってきたので、目に優しいです。

7枚組のLP!?・・・重くて動かすだけでも大変そう。
ジュークボックス(自分で使用したことがない方も多い気がする)のようにLP全盤をセットして手間なしに連続再生がしたいですね。
Posted by 銕三郎 at 2008年07月23日 13:10
書中で御見舞申し上げます。
涼しさを得るためには手段を選ばない今日この頃です。上のでかい画像を待ち受け画面にしようと写してみましたがPCの画面なのでうまく写りませんでした。ならばと思い立って暑いなかCD屋さんへ赴きましたが、この限定盤は当然のごとくありませんでした。
「残響」のジャケは別の意味でとても涼しそうでしたが(リンク先)、私がどこかで行き倒れて救急搬送された場合にイケメンの救急隊員に待ち受け画面を見られる可能性を鑑みて、倫理的に問題あろうとやめました。

ああ、落語家のようにマクラが長いですね。こんなことが言いたいのではないのです。

「()」買いましたよ。変わったタイトルですね。音を聴くと確かに体感温度が下がりました。省エネルック(別名クールビズ)を着ているようで、環境省にもきっと喜ばれそうです。
この音どこかで聴いたことがあると思ったら、やっぱりAmiinaと関係があるんですね。

それと質問です。
>3枚のアルバムに、12インチでは未発表の『Smaskifa』を追加したもの
これでどうして7枚組になるんですか。『Smaskifa』は4枚もあるんですか。
Posted by ひより at 2008年07月24日 21:29
■青グリンさん
3枚目の右側の写真は、クツです。きっと子供用の、ツルツルした素材の、赤と白のツートーンのかわいい靴ですね。後ろにもなにやらごちゃごちゃと置いてありますが。あ、もしや左側の写真の話をされているわけではありませんよね?念のために、これはベースギターです。

試聴してもらおうと思っていつものようにマイスペースでも貼ろうかと思ったのですが、今マイスペで聴ける最新アルバムの曲は、ちょっとニギヤカで趣が違うのです。あまり涼しいという感じではありません。でもこのグループ、グリンさんきっと気に入られると思いますよ。おすすめしようと思ってたらあっという間にひよりさんが買ってしまった『( )』とか、その次に出た本みたいなジャケの『Takk』とか、その次に出た2枚組(でもそんなに長くない)『Hvarf/Heim』とか、どれを最初に聴かれてもいいと思います。どれかひとつというと、本来のシガー・ロスさ満載の『Hvarf』と、アコースティックライヴ収録の『Heim』が両方楽しめる『Hvarf/Heim』がおすすめでしょうか。『( )』は名盤なのですが、ちょっと長いので、たまに眠くなってしまうことがあるのです。今のねむげなグリンさんならイチコロです。


■鈴木さん
どうもどうも、こちらではお久し振りです。お呼び立てしてしまい、恐縮です。厚苦しい思いをさせてしまいました。

そうそう、音だけで涼しくなるのもあれば、聴いてるだけで暑苦しい気分になる音楽もありますね。不思議なものです。今度それらのバンドの方々に、まったく正反対の歌詞を歌ってもらって、どういう気分になるか実験してみたいものです。まずはシガー・ロスには煮込みうどんとかジンギスカンの歌を歌ってもらいましょうか。アイスランド語なので意味がわからないのが難点ですが。

とらばは、どっちでもいいです。僕らの間の友情はとらば程度で左右されるものではありませんから。ほら、今日に至るまでとらばしてくれてないですよね。しょせんそんな程度の友情なんですよ(どっち?)。

グズムンズドッテルさん、お友達かどうかは知りませんが、どちらもアイスランドを代表するシンガーとバンドですから、日本で例えて言うと、松任谷由美とサザンオールスターズがお友達かどうかというものですね。少なくともお知り合い程度ではあると思います。ビョークさんも最初に聞いたときは不思議な名前だと思いましたが、このバンドのメンバーも、ヨンシーとかキャータンとか、なかなかかわいい名前がそろっています。


■銕三郎さん
お久し振りです。音楽関連の記事にコメントを頂いたのは、もしかして初めてではないでしょうか。ありがとうございます。暑い中、キャンプお疲れ様でした。

7枚組、結構重いです。試みにハカリに乗せて量ってみようと思いましたが、その秤は最小測定単位が1キロだったので、量れませんでした。1キロはないようです。ただ、写真を見ていただければご想像はつくと思いますが、この作りで中に7枚ものLPが入っていると、重量のバランスがかなり悪く、ページがいつ破れるか不安でしょうがないのです。

LPがかけられるジュークボックスがあればいいですね。連続再生してみたいです。実在するものかどうかは知りませんが、僕のお気に入りのTシャツの写真を追記しておきます。こういうのがあればマジで欲しいです。


■ひよりさん
長文コメント、恐れ入ります。『残響』のジャケまでチェックして頂いたんですね。あのジャケで一番前を走っているのはどうも女性に見えるのですが、どうでしょう。

あっという間に『( )』を買っていただけたんですね。ありがとうございます。あれは僕が最初に聴いたこの人たちのアルバムです。タイトルも( )ですが、収録されている8曲にはタイトルがついていません。どこまでもへそ曲がりなアルバムです。3曲目の途中、綺麗なピアノの音がふっと立ち現れてくる瞬間が大好きです。

実はこのアルバム、僕は以前一回中古屋に売ってしまったことがあるんです。あまり聴かないだろうと思って。でも、そうしてしまってから、聴きたい聴きたいと思うようになり、また同じものを買ってしまったといういわくつきのアルバムです。僕はボートラ付きとかデラックス・エディションとか、あるいはもう持っているのを忘れてたとか、いろんな理由で同じアルバムを二度買いすることは多いですが、こんな理由で全く同じものを二回買ったのは、後にも先にもこのアルバムだけです。先のことはわかりませんが。あれ?後でしたっけ(この議論をずっと昔どこかのブログのコメント欄でした覚えがあります)。

アミーナ、関係ありますよ。アミーナの記事を書いたときに、ちらっとこの人たちの名前を出しましたね。

ご質問に答えます。『( )』をお持ちですからわかると思いますが、8曲入りのあのアルバム、全部で71分以上もありますよね。1曲目からそれぞれ6分半、7分半、6分半、7分半、10分、9分、13分、12分の合計です。そんなのは到底1枚のLPには収まりません。片面2曲ずつに分けて収録されているのです。というのがアルバム3枚分。プラス『Smaskifa』1枚。おわかりでしょうか。もう少し愉快な答えを書こうかと思いましたが、つい真面目に答えてしまいました。かたじけない気持ちでいっぱいです。
Posted by yas at 2008年07月27日 12:04
こんばんは。マシュー・スイート…懐かしいです…ね。で、さてこのボックス、以前ユニオンの店頭で見かけたときにふらふらと手にしたのですが、その値段に驚き、慌てて棚に戻しておりました。その後も気にはかかりつつもうーん…と。

でも、この記事を読んでやっぱり!と思い立ち、HMVのオンラインショップを見れば、値段が安い!!と言うことで、取り寄せてみましたら、なんと無事に入荷…したのですが何故か手違いで実家に送られてしまいました。発送後のメールに書かれている発送先も今の住所になっていたのですけれど…。

で、ようやくこの週末に帰省した時に手に出来たのでした…。しかし、このディスク、takk以外、一体どれがどのアルバムか判別しにくいですね…。しかも、私の物はナンバリング、同じ4000番台ですが、yasさんのよりもずっと若いナンバーでしたよ!と言いながら何番だったのかすっかり失念してしまいました。とは言え、これはやっぱり購入して正解のアイテムですね。ついでに( )のスペイン盤だったかのブックレットCDが欲しくなりました。もうすぐ出来るのかなの新作の限定盤の装丁も楽しみです。
Posted by マサ at 2008年09月16日 22:12
■マサさん
やはり買われましたか。ご実家で受け取られたということは、レコードプレイヤーで聴かれたんですね。もしかして、先週末の帰省のお時間はこの7枚組に全て費やされたのでしょうか。それにしても、HMVはどうやってマサさんのご実家の住所を突き止めたんでしょうね。ナゾです。

>takk以外、一体どれがどのアルバムか判別しにくい
そうですね。僕は『( )』も持っているのでそれは曲で判断できるのですが、『Agaetis Byrjun』はCDでは持っていないので、どの盤がそれで、どれが『Smaskifa』なのかわからないのです。せっかくの未発表盤もだいなしです。

>ずっと若いナンバー
番号順に出荷しているわけではないでしょうからね。それにしても、まだHMVのサイトにもアマゾンにも在庫あるようですね。本当に5000部しか作っていないのかどうか怪しいものです。

日本盤の『( )』は時代遅れのCCCDなのですが、彼らのようにずっと手元に持っておきたくなるような作りの作品を届けてくれるアーティストに対して、それはレコード会社からのあまりの侮辱だと思いますね。新作の限定盤、サイトに問題があるようでオーダーに手間取っていますが、来日公演までには入手したいものです。
Posted by yas at 2008年09月20日 15:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。