2008年07月13日

ホバートからの挨拶状 - The Steadfast Shepherd

The English translation follows the Japanese text.

タマス・ウェルズ症候群とでも言おうか。あの三晩連続ライヴからもう丸一週間も経つというのに、どうも他の音楽が聴けない。いや、聴いてはいるんだけど、なんだかうまく気持ちの中に入ってこなくて、ついタマスばかりを聴いてしまう日々が続いている。昨日・今日とこんなにいい天気なのに、新しい音楽を求めてCD屋に出かける気さえ起こらない。以前コメント欄で、同時にいろんな種類の音楽が聴けるなんてまるで異星人のよう、なんて言われたこともあるのに、これじゃすっかり地球人に戻ってしまったみたいだ。

リハビリのため、というわけでもないけれど、少なくとも今現在そんな状態の僕が無理なく聴けるこのCDのことを書いてみることにしよう。

The Open Sky.JPG The Steadfast Shepherd 『The Open Sky』

前回の記事を読んでくれた人には紹介は不要だろう。タマス・ウェルズ(・バンド)のドラマーであり、タマス・ウェルズの傑作セカンドアルバムやブロークン・フライトのデビューアルバムのプロデューサーでもあり、今回のタマス・ウェルズ(・トリオ)来日公演ではギターとコーラスを担当し、そして、そのほとんどの開催地で前座を務めた、ステッドファスト・シェパードことネイサン・コリンズの初EP。

より具体的には、ステッドファスト・シェパードとは、ネイサンと彼の妻であるフェアリー・コリンズのユニット。ジャケットには楽器クレジットがないので、どちらが何を担当しているのかはわからないが、いずれにせよそんなに沢山の種類の楽器が演奏されているわけではない。アコースティック・ギター、タンバリン、ハーモニカ、キーボード、といったところか。そして、ネイサンとフェアリーのヴォーカル。主にネイサンだけど。

CDのジャケは、ゲイトフォールド(見開き)と呼ぶのがためらわれてしまうような、手作り感満載の厚紙ジャケ。クレジットを見ると、今年の5月に友達の家などで録音されたばかりのようだ。

ところで、僕は数ヶ月前から彼らのマイスペースを訪れていたんだけど、ちょっと彼らのビジュアル的なイメージと音のイメージが掴みづらいところがあった。例えば、漫画っぽい羊のイラストに手書きのロゴというこの牧歌的なイメージが、彼らが2月に行ったコンサートの告知ポスター。

Feb Show Poster.jpg

そして、5月に行われたコンサートの告知ポスターはこうだ。一転して、中世風の装飾文字と馬の骨格というアーティスティックなイメージに変わる。

May Show Poster.jpg

それが、今回のEPは、上に載せたように、冬枯れの大木にシンプルなロゴという、アシッドフォークなのか、あるいはもしやゴス系なのかと思わされるデザイン。しかも、裏ジャケを見ると、一曲目のタイトルが、エクスクラメーションマーク付きの「Disaster!(災害!あるいは、大失敗!)」だ。一体どういう音を想像すればいいのか、知らない人は戸惑ってしまうことだろう。

では、早速聴いてみることにしよう。予想に反して、一曲目「Disaster!」は、ネイサンとフェアリーのリード・ヴォーカルが交互に出てくる、かなり牧歌的というか、レイドバックした曲。結局あの2月のポスターのイメージが彼らの本質だったのかと思ってしまうような。

しかし、二曲目以降へ聴き進むにつれて、次第に趣が変わってくる。あたかも、春の牧場から徐々に木枯らしが吹く枯野へと向かうように。

三曲目がこのEPのタイトルトラック「The Open Sky」。この曲は彼らのマイスペースでも聴いてダウンロードすることができるし、僕が観た両日のライヴでも必ず演奏されていた。

こちらもライヴで演奏された、四曲目「Recurring Dream」は1分ほどの小曲。よく聴くと、これは先に出てくる二曲目「Would You Tremble?」と同じメロディーを、より陰鬱にした感じ。歌詞を全部聴き取ったわけではないけれど、この短い6曲入りEPの中で、この二曲がちょっとしたプチ組曲を成しているようだ。

その短い四曲目をイントロのように使って、五曲目「Painting The Leaves Back On The Trees」が始まる。この曲もマイスペースにアップされていて、ジャケのイメージも含めて、僕はこれが(タイトル曲の「The Open Sky」は別として)このEPの核になる曲だと思っているんだけど、何故かこれはライヴでは演奏されなかった。一曲目のレイドバックした雰囲気と、それ以降の荒涼とした雰囲気がうまくミックスされた曲だと思うんだけどな。

最終曲「Thou Art My Son...」は、わずか3分の曲のうち1分強がイントロ、エンディングはふっと途切れるように終わるという、ちょっと異色な曲。低音のハーモニーが荘厳な雰囲気を醸し出している。二曲目のタイトルを思い出させる“How you tremble”なんて歌詞が出てくるあたり、ここでもまたプチ組曲風の仕掛けが。

マイスペースにずっとアップされていて、今回のライヴでもそれぞれオープニングとエンディングに演奏された「Sticks And Bones」も「Golden Point」も、このEPには収録されなかった。きっとそれらは、現在製作中だというフルアルバムに入ることになるんだろう。

それ以外にも、このEPには収録されていないが、今回のライヴで演奏された曲が(僕が聴いただけでも)通算で4曲あった。中でも、確か両日ともに三曲目で演奏された、ハーモニカを吹き、タンバリンを足で踏みながら歌った曲を僕は結構気に入ったので、おそらくそれが収録されることになるアルバムがとても楽しみだ。

それまでは、このEPを何度も聴いておくことにしよう。言っちゃ悪いが、決して「本年度ナンバーワン!」とかいった出来ではない。だけど、タマス・ウェルズの最初の二枚のEPや、ブロークン・フライトの『Ray Of Youth』も、彼らのその後のアルバムに比べると、少し物足りないあっさりした内容だったことから考えても、このEPはきっと、後にステッドファスト・シェパードのデビューアルバムが出たときにこそ、彼らのルーツとしてよりよく味わえるようになるんだと思う。

今回のタマス・ウェルズのコンサートに行けなくてこのCDが買えなかった人も、彼らのマイスペースを通じて10オーストラリアドル(+送料2ドル)で買えるよ。興味があれば是非どうぞ。

もともとタマスと同じくメルボルン出身の彼らだが、現在はタスマニアのホバートという街に移り住んでいるとのこと。タスマニア、どんなところなんだろうね。きっとこれからとても寒くなるオーストラリア最南端からの、短いけど気の利いた挨拶状を今日は紹介した。



Greetings from Hobart, Tas

Should I call it Tamas Wells syndrome? It's been a whole week since the three nights show, but I still can't listen to the other music. No, actually even if I hear the other music, they just don't reach my heart. And I stop them and play Tamas again. It's been sunny days this weekend, but I don't feel like going out to the CD shops to search for the new music. In the comment column I used to be called as an Alien since I could listen to various kind of music at the same time, but now I am an earthling.

Not exactly for the rehabilitation purpose, but let me try to write about this CD that I am able to listen to in my current mood.

The Open Sky.JPG The Steadfast Shepherd 『The Open Sky』

If you have already read my article last week, this CD doesn't need the introduction. The drummer from Tamas Wells (Band). The producer for the masterpiece second album of Tamas Wells and Broken Flight's debut album. The guitarist / backing vocalist for Tamas Wells (Trio). And the opening act for most of the Tamas Wells' shows in Japan this time. This is the debut EP from Nathan Collins a.k.a. The Steadfast Shepherd.

To be precise, The Steadfast Shepherd is a unit by Nathan and his wife Fairlie Collins. As there's no instrument credit on the CD cover, I only can guess which played what instruments. Anyway, there aren't so many of them - just acoustic guitars, tambourine, harmonica and keyboards. And of course the voices of Nathan and Fairlie. Mainly Nathan's though.

The CD is in the paper-sleeved gatefold cover. It looks like a real hand-made. According to the credit, this CD has only been recorded in May in some of their friends' houses.

By the way, since I started to visit their Myspace some months ago, I've been struggling to grasp their visual & musical images. For example, this is the poster for their concert in February. A pastoral image with the cartoonish sheep illustration and the hand-written logo.

Feb Show Poster.jpg

And this is the poster for their concert in May. Turns into an artistic image with the horse skeleton and the medieval calligraphy.

May Show Poster.jpg

And this time, the cover art of the EP is (as per the above photo) the withered big tree and the simple logo. You may wonder if this artist is an acid folk singer or maybe a goth. Not only that, the title of the first song on the back cover is Disaster with the exclamation mark. If you don't know them, you will wonder what sort of music is in this CD.

Ok, let's have a listen then. Contrary to the estimation from the cover or the exclamation mark, the first track Disaster! is rather pastoral laid-back song featuring both Nathan's & Fairlie's lead vocals. You may want to jump to the conclusion that the February poster image was their real nature.

But if you keep listening after the second tune, the atmosphere gradually changes, as if you're heading from the warm spring sheep farm to the wasteland with a wintry blast.

The third tune is the title track The Open Sky. This can be listened to and downloaded from their Myspace. And this was also played at the two shows that I saw the other day.

The fourth track Recurring Dream is a 1-minute short song. This was also played at the two shows. If you listen carefully, this song has the same melody as the second track Would You Tremble?, with more gloomy touch. I haven't caught all the lyrics, but these two songs seem to form a petit-suite in this 6-song short EP.

Using the fourth track just like its introduction, starts the fifth track Painting The Leaves Back On The Trees. This song is also posted on their Myspace. Considering the CD cover image, I think this song is the core of this EP (beside the title track The Open Sky), but this was not played at the Japan shows. I don't know why... Still I think this is a good song with the nice mixture of the laid-back touch from the first song and the desolate atmosphere from the later songs.

The last track Thou Art My Son... is a little unique song with one-minute-long introduction out of 3-minute, and the ending part suddenly fades out. The low tone harmony gives the solemn atmosphere. There's a line saying How You Tremble which reminds you of the second tune. Another trick for the petit-suite.

Two songs, Sticks And Bones and Golden Point, which have been posted on their Myspace, and were played respectively as the opener & the closer of his show, are not included in this EP. I guess they will be in the forthcoming album that Nathan told me he's making now.

Beside those two, there were 4 more songs (as far as I listened) played during his show this time. I liked the third song of both shows (if my memory's correct) that he blew harmonica and played the tambourine with his foot. I'm looking forward to hear that again in the new album.

Till I hear that, I keep listening to this EP. Sorry to say, this is not a This Year's Best! kind of CD. However, if you recall the first two EPs of Tamas Wells or Broken Flight's Ray Of Youth were very simple and not as good as their later full albums, this EP must sound profoundly as their roots when you eventually listen to the debut album of The Steadfast Shepherd.

If you didn't go to Tamas Wells' concert this time and couldn't get this EP at the venue, you still can purchase it through their Myspace. It's only A$10 (+ A$2 postage worldwide) if you're interested.

Originally they were from Melbourne same as Tamas, but now they reside in Hobart, Tasmania. I wonder how you feel to live in Tasmania. Today, I introduced a short but fancy greetings from the south-end of Australia, where the weather is getting harsher.
posted by . at 13:47| Comment(6) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あぁ、またこんな素敵な音楽を…。

ジャケットも言うこと無しですね。さっそくマイスペースのサイトでポチらせていただきました。

ちょっと最近ふさぎこむことがあって、どうにもやりきれないのですけれど、音楽の力も借りながら、なんとか前を向いていかなければ…と言う状態です。いや、大したことではないのですけれどね…。

とりあえず催促いただきましたので?グランド・アーカイヴス取り上げましたよ(yasさんの予想通り、CDはすでに注文済みでした…なぜ、バレテシマッタノカ!?)。
Posted by マサ at 2008年07月13日 17:28
しばらく地球人に戻って休息されたらいかがです?

ヒツジのポスターは子供の本の表紙みたいですね。
Posted by Luna at 2008年07月14日 09:39
hi yas,
thanks for the review. its great to read what other people think of the recording.

the song that you mentioned from the live show has been recorded for the album. however, its quite different to the live performance. the recording has violin, cello, piano,drums, slide guitar, bass etc

you'll have to wait for the release!
Posted by nathan at 2008年07月14日 19:28
せっかくの行楽日和にCDホリに出かける気になれないなんて重症ですね。おだいじに。でもこの症候群は悪性のものではなさそうなので、しばらく地球人を楽しむのもいいかもしれませんね。

ポスターで音楽のイメージが随分変わりますね。アートワークとの連携の重要さを感じます。
Posted by カブ子 at 2008年07月15日 02:08
yasさん、そして皆様、はじめまして。

私もタマスとネイサンのライブを体験できたラッキーな一人です。
いやー、ホント良かったですね。参加者全員が終始ニッコニコだったのが印象的でした。

「昔、好きだったオーストリア(ラ抜き)の男女デュオ『ペーパームーン』のメロディと歌声にそっくりだなー、こりゃ」とアルバム購入に踏み切ったタマスのセカンド。めちゃくちゃに聴き込みをする、というよりはずっーーと手元にあってふと聴きたくなる。そんな在りし日のあの子的な立ち位置のアルバムでした。初来日は残念ながら参戦できなかったのですが、念願叶ってようやく鎌倉にて生タマスに逢うこと叶いました。

そんな初タマスはなんだか、関係ないですが、選ばれし者マーク・ハミルとダブって見えました。タマちゃーん、マタキテクダサイです、ハイ。



Posted by ゲデバン at 2008年07月16日 18:48
■マサさん
ちょっと、全然大したことなくなんてないですよ。何があったのかよくわかりませんが、がんばってくださいね。

そろそろこのCDが届く頃でしょうか。手張り厚紙ジャケ、ぜひ糊を剥がして分解してみてください。


■Lunaさん
ご無沙汰でした。久々のロンドンはいかがでしたか。しばらくCD買いは休息しますよ。それでなくても買ったはいいけど聴けていないのが発酵しそうなほどありますからね。ルナさんは最近何か新しいものを買われましたか?


■Hi Nathan,
Thanks for the message. Yes, I'm really lookin forward to the album, and I'm sure all the people who purchased your EP at the venue feel the same.


■カブ子さん
そうですね、しばらくこの状態を楽しみます。CDはいつでも買えますからね。ただでさえ今年前半無制限に買いまくってましたから、ちょうどいい機会です。

ディクスにも枝のコメントを読んで、いつの間にカブ子さんもこのCDを買われたのかと思ってしまいましたよ。ネイサンのマイスペースを見られたんですね。気が向いたらローマ字で注文してみてください。どうせ相手も「オイシ」しか話せませんから。


■ゲデバンさん
はじめまして。ようこそいらっしゃいました。あのギュウギュウ詰めのカフェにいらっしゃったお一人なんですね。どのあたりに座っておられました?

ペーパームーン、全然知りませんでした。検索したらチラホラ出てきましたので、早速聴いてみることにしますね。

マーク・ハミルですか。言われてみればそんな感じがしなくもなくないですね(どっち?)。顔とか見かけというよりは、なんだか彼の佇まい的なところが似ているのでしょうかね。

コメントありがとうございました。お暇でしたらまたきてくださいね。
Posted by yas at 2008年07月17日 22:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック