2008年07月08日

Tamas Wells live in Tokyo & Kamakura

The English translation follows the Japanese text.

本当は一昨年のグレン・ティルブルックのときみたいに、三夜連続でライヴレポートをあげようかとも思っていたんだけど、ちょっと今回は無理。毎晩ライヴが終わって家に帰ってきたら日付が変わってたもんだから(鎌倉は遠かった…)、それからブログを書く気力がちょっと出なくて。なので、今回は三日間の出来事を、思い出す順につらつらと書いてみることにしよう。

今回は全6公演のうち、青山のグローリーチャペル、鎌倉のcafe vivement dimanche、自由学園明日館に行ってきた。それぞれちょっとずつ構成が違って、青山は前座+タマス・ウェルズ・トリオ、鎌倉は前座+タマス・ウェルズ・ソロ、明日館は前座なしのタマス・ウェルズ・トリオ。

DSC00003.JPG


教会で観るコンサートって、僕はオークランドでのホセ・ゴンザレス以来だけど、普通のコンサートホール以上に音響が素晴らしいよね。きっとこういう類の音楽でなければ、音が反響しすぎてよくないんだろうけど、こういった、声と楽器を一音ずつつぶさに聴いていたいような音楽には最適。二度目のアンコールは、マイクを通さずに一人で歌ったけど、きっと後ろの方の席まで綺麗に聴き取れたことだろう。

タマス・ウェルズ・トリオの基本フォーマットは、タマスが歌とギター、ときどきミャンマーのシタール。500円で買ったそうな。ちなみにギターは去年の800円ギターじゃなくて、“もうちょっと高い”(タマス談)新しいやつ。ネイサンがギターとタンバリン(だいたい足で踏んで鳴らしていた)、それから、歌詞のアンチョコをギターの上に置いての(笑)とても綺麗なコーラス。アンソニーはギターとマンドリン、最終日にはピアノも。

タマスのギターの弾き語りももちろんいいんだけど、複数の撥弦楽器の音が有機的に絡み合い、それに乗せたタマスのあの声とそっとかぶさるネイサンの高音のハーモニーを聴くのはまた格別。まさに、至福の時だった。

今回も演奏を始める前にいくつかの曲の歌詞について解説していた。実は現在のミャンマーの状況を歌っていたという「Signs I Can't Read」。「The Day That She Drowned, Her Body Was Found」で溺れるデニースの携帯から電話を受けたのは、彼女のことを知らない人だったこと(間違い電話だったなんて)。あの物語の一人称をずっと同じ人物だと思い込んでいたことが、ストーリーをうまく理解できなかった一因だったのか。

「14 Acacia Court, Sanctuary Green 3093」(ちなみにこれは架空の住所だそうだ。どこなのかと思ってあちこち検索したのに)を録音していたときに、階下で子供が叫んだ声がそのまま収録されてしまったエピソードも披露。この子供の声は、CDを聴いていても、フーフー鳥の鳴き声(去年のライヴレポート参照)よりもクリアに聴き取れるよね。そういうエピソードを話す際に、実際に歌の一部を歌ってから、子供の叫び声の真似とかフーフー鳥の声の真似をしたりするんだけど、この人って本当に喋るときの地の声と歌声が別人のように違うよね。喋っていて急にあの声で歌いだされるとびっくりするよ。

去年はお好み焼きを連日食べていたようだけど、今回は岡山で食べたキビダンゴのことも気に入ったようだ。

 タマス:「ナゴヤチキンワー、ドーデシタカ?」
 ネイサン:「オイシ」
 アンソニー:「オイシ」


という掛け合いが最高(笑)。

個人的に嬉しかったことがひとつ(いくつもあった中のひとつだけど)。ライヴ終了後にタマスと話をする機会があり、僕の『Two Years In April』のレビューを読んで、“あのブックレットのアートワークと物語の関連を読み解いたくだり、80〜90%は合ってるよ”と言ってくれたこと。“自分でも意識していなかったようなこともあった”って。おせじ半分だとしても、嬉しいよ。

ライヴ終了後は、去年同様に自発的サイン会。それほど長尺ではなかったライヴ自体の長さに匹敵するんじゃないだろうかと思えるほどのたっぷりとした時間を、タマスや他のメンバーは一人ひとりのファンと費やしていた。僕ももちろん、『Two Years In April』のジャケとTシャツにサインをもらったよ。

Signed Two Years In April.gif

DSC00016.JPG

鎌倉に来るのはもう15年振り以上になるけど、いい街だね。ライヴは8時からだったけど、数時間早めに着いて写真を撮ったり買い物をしたりしながらぶらぶらしていた。同じくお土産を買っていたネイサンとタマスにばったり出会ったりも。この写真、こないだ載せた台湾の夜市の写真にそっくりだね。日本もアジアの一部だと思い出させられるシーン。

DSC00059.JPG

会場のCafe Vivement Dimancheは、こじんまりとしたお洒落なカフェ。上の写真の商店街からちょっと入ったところにある。テーブルを取っ払って、70席近くの椅子をびっしりと詰め込んである。立見席も含めて80人限定だとのこと。一番前の席なんて、タマスのマイクから何十センチも離れてないよ。タマスも、“音が足りないと思ったらそこからギターの弦を弾いてくれていいよ”なんて冗談言ってたけど。

DSC00057.JPG


前日のライヴが終わった後にタマスと話した際に、ニューアルバムから演ってほしかったのに聴けなかった曲のことを訊ねた。「Fine, Don't Follow A Tiny Boat For A Day」、「I Want You To Know It's Now Or Never」そして「Writers From Nepean News」の3曲。“「It's Now Or Never」はハーモニーが難しいからできないんだよ。でも他の曲は明日演ってあげるよ”とのことだったのに、この日の5曲目でいきなり「It's Now Or Never」! あ、そうか、ソロだからハーモニーとか関係ないもんね。個人的にはこの曲がこの日のハイライト。ラスト近くで歌の途中にふっとブレークを入れたところが最高にしびれたね。

“どうしてもっとニューアルバムからの曲を演らないの?ニューアルバムのプロモーションツアーなんでしょ?”と訊いたら、“だって日本の人たちは最初によく売れた『A Plea en Vendredi』の曲の方をよく知ってるでしょ”だって。もう、どこまで謙虚な人なんだよ。

この日はネイサンがシャツを着替えてなくて臭いなんて話を何度もしてたなあ。自分がプロモーション写真と同じシャツを着て出てきたことの照れ隠しなんだろうけど(笑)。ネイサンの名誉のためにここに書いておくけど、前日とは違うシャツを着てたし、そんなに臭くはなかったよ(笑)

DSC09997.JPG


ネイサンといえば、前座のステッドファスト・シェパード(The Steadfast Shepherd)は、彼と彼の奥さんのユニット。今回はソロでその名義だったけどね。僕は彼のマイスペースでずっと同じ曲ばかりを聴いていて、いつになったらアルバムが出るんだろうと思っていたんだけど、この度このツアーに合わせて待望のEPをリリース。会場でも売っていたので早速入手。このCDについては、また機会を設けて別記事で取り上げることにしよう。

この日は前日に比べてセットが若干短め。まあ、開始時間自体が遅かったし、メンバーもほとんどのお客さんも、東京まで帰らないといけないからね。でも、お客さんの盛り上がり方は、前日以上だったかも。小さな会場はいいね。ああ、それにしても、鎌倉からほとんど終電近くのたくさんの路線を綱渡りのように乗り継いでの帰路は、ほんとうに遠かったよ。

そして、今回の日本公演の最終日は、明日館講堂という、これもまた素敵な造りのホールで行われた。二部構成+アンコールも含めて、たっぷり1時間半の(タマスにしては)長丁場。

全22曲のほとんどは、前二日に演奏した曲(青山では演奏したが鎌倉ではしなかったもの。またはその逆)の集大成といった感じで、目新しい曲といえば、昨年の東京公演でアンコールで歌われた「Open The Blinds」ぐらいか。

あ、いや、個人的にはこの日の目玉のひとつは、第二部と一回目のアンコール、それぞれのオープニングとしてアンソニー・フランシスがピアノで弾いた「A Dark Horse Will Either Run First Or Last」と「Melon Street Book Club」だったかも。ほんとに、心が洗われるように美しい曲だよね、どちらも。

DSC00072.JPG


この日もまた、日本の食べ物の話題。

 タマス:「キビダンゴワー、ドコー、デシタカ?」
 ネイサン:「オイシ」
 タマス:「違う、違う、ドコは場所だろ」
 ネイサン:「ああ…オカヤマ?」


と、先日よりも若干進歩した(でもネイサンいまいち覚え切れてない)日本語会話のレッスンを披露(笑)

アンコールの最後は、タマスが一人で登場。ステージから降りて、またもノンマイクで歌った「Grace And Seraphim」。『Two Years In April』のエンディングをしみじみと飾るこの曲を、こんなスタイルで眼前で歌われてしまったら、いくらもっと演ってほしくても、もうわがまま言えなくなってしまうよ。タマスたちにとっても、きっとすごく長かったろう10日間をも締めくくる、おだやかなエンディングだった。

ありがとうね、タマス、ネイサン、アンソニー。忘れられない、素晴らしい三日間だったよ。また来年来てよね。

DSC00069.JPG



Setlist 04 July 2008 @ Ivy Hall Glory Chapel Aoyama

1. Lichen And Bees
2. When We Do Fail Abigail
3. Reduced To Clear
4. Vendredi
5. The Day That She Drowned, Her Body Was Found
6. 14 Acacia Court, Sanctuary Green 3093
7. The Opportunity Fair
8. Stitch In Time
9. From Prying Plans Into The Fire
10. Broken By The Rise
11. Three Courses And An Open Canoe
12. The Northern Lights
13. Signs I Can't Read

[Encore 1]
1. Valder Fields
2. For The Aperture

[Encore 2]
1. Nowhere Man
2. Grace And Seraphim


Setlist 05 July 2008 @ Cafe Vivement Dimanche Kamakura

1. For The Aperture
2. When We Do Fail Abigail
3. Reduced To Clear
4. Vendredi
5. I Want You To Know It's Now Or Never
6. 14 Acacia Court, Sanctuary Green 3093
7. The Opportunity Fair
8. Broken By The Rise
9. The Day That She Drowned, Her Body Was Found
10. I'm Sorry That The Kitchen Is On Fire
11. The Northern Lights
12. Signs I Can't Read

[Encore]
1. Stitch In Time
2. Valder Fields
3. Lichen And Bees


Setlist 06 July 2008 @ Jiyugakuen Myonichikan Hall

1. For The Aperture
2. When We Do Fail Abigail
3. Reduced To Clear
4. Vendredi
5. I Want You To Know It's Now Or Never
6. 14 Acacia Court, Sanctuary Green 3093
7. The Opportunity Fair
8. From Prying Plans Into The Fire
9. Broken By The Rise
10. Valder Fields
11. Signs I Can't Read

12. A Dark Horse Will Either Run First Or Last
13. Open The Blinds
14. I'm Sorry That The Kitchen Is On Fire
15. The Day That She Drowned, Her Body Was Found
16. Nowhere Man
17. Stitch In Time

[Encore 1]
1. Melon Street Book Club
2. The Northern Lights
3. Three Courses And An Open Canoe
4. Lichen And Bees

[Encore 2]
1. Grace And Seraphim

DSC099999.JPG



Tamas Wells live in Tokyo & Kamakura

Originally I was going to write live reports three consecutive days like I did for Glenn Tilbrook two years ago. But I gave up. It was always after midnight when I came home after the show (Kamakura was so far away...), so I couldn’t have energy to carry on writing the blog. Instead I just want to note down some of my three days' memories randomly.

Out of the six shows at many places in Japan, I went to Glory Chapel in Aoyama, Café Vivement Dimanche in Kamakura and Jiyugakuen Myonichikan. They had slightly different formations each night. Opening act + Tamas Wells trio in Aoyama. Opening act + Tamas Wells solo in Kamakura. Tamas Wells trio with no opener at Myonichikan.

DSC00003.JPG


The last time I experienced live music at chapel was Jose Gonzalez in Auckland. It's always the great acoustic production better than the normal concert hall. Maybe it's not so suitable if it's for louder kind of music as the sound repercussion could be too much, but it's perfect when it comes to this kind of music which you’d like to listen to every single note and the voice. Tamas sang without the microphone for the second encore. I guess the audience sitting at the far end of the hall could clearly hear his song.

The basic format of Tamas Wells trio was; Tamas Wells - vocal, guitar and occasionally Burmese sitar which he bought for 500 yen. By the way, the guitar was not the last year’s 800 yen one, but "slightly higher" new one according to him. Nathan Collins - guitar, tambourine that he mainly played with his foot, and the beautiful harmony with the lyrics notebook on his guitar :). Anthony Francis - guitar and mandolin. And piano on the last day.

Tamas' solo guitar and the voice was of course good, but it was exceptional when the multiple plucking string instruments organically entwined, and Nathan's high tone harmony gently covers Tamas' voice. Supreme bliss, if I'd name it.

Tamas explained about some songs' lyrics again before he started to sing them. In fact Signs I Can't Read was about the current situation of Myanmar. In The Day That She Drowned, Her Body Was Found, the person who received drowning Denise's phone call was somebody who didn't know her (she called the wrong number). I thought the first personal pronoun in the story was always the same person. That was one of the reasons I couldn't really understand the whole story.

He explained the episode that a child yelled downstairs when he was recording 14 Acacia Street, Sanctuary Green 3093 (by the way, this is a fictional address. I searched here and there when I wrote the album review though). This child's voice is more clearly heard on the CD than the hoo-hoo bird (refer to the last year's live report). When he talks about those episodes, he actually sings a part of the song then imitates the child's voice or the hoo-hoo bird. It's amazing how his usual voice differs from his singing voice. I'm always surprised when he suddenly starts singing while he was explaining about the song in his normal tone.

Last year he ate Okonomi-yaki every day. This time he came to be fond of Kibidango along with other Japanese foods.

Tamas: Nagoya chicken wa dodeshitaka? (How was Nagoya chicken?)
Nathan: Oishi (Delicious)
Anthony: Oishi (Delicious)


It was funny to hear such Japanese conversation of theirs :)

One of the happiest things personally was something Tamas told me after the show. He had read my Two Years In April album review and told me my interpretation about the connection of lyrics and the booklet artwork was 80-90% correct. He also said there was something he hadn't been aware of. He might be just flattering, but I'm glad.

There was a spontaneous signing event after the show, same as last year. Tamas and the members spent abundant time (almost close to the not-very-long live show itself) for signing and chatting with each and every fan. Me? Of course I've got him sign on my Two Years In April cover and the T shirt.

Signed Two Years In April.gif

DSC00016.JPG

Kamakura is always a nice cozy town, though I went there after more than 15 years. The show would start at 8pm, but I went there a few hours before and strolled around. I met Nathan and Tamas who were buying some souvenirs. This photo resembles with the night market in Taiwan that I posted in my last article. It makes me realise Japan is a part of Asia.

DSC00059.JPG

The venue Café Vivement Dimanche is also a cozy stylish café. A short walk from the (pictured above) shopping street. They took out all the tables and put 70-odd chairs with almost no vacant spaces left. It was limited to 80 people including the standing seat. The front row is only less than a meter from the microphone. During the show Tamas joked that the front row audience was allowed to put some notes on his guitar.

DSC00057.JPG


After the previous day's show I asked for some songs that I liked in the new album which they didn't play. They were Fine, Don't Follow A Tiny Boat For A Day, I Want You To Know It's Now Or Never and Writers From Nepean News. Tamas said “It's Now Or Never has too complicated harmony, but I'll play the rest tomorrow”. But in Kamakura he suddenly started to play It's Now Or Never as the 5th song of the show! Ah, of course, he didn't have to worry about the harmony when he sang solo. Personally this song was the highlight of the day. It was really thrilling when he put the break near the ending of the song.

“Why don't you play more songs from the new album? This is the promotional tour of Two Years In April” I asked. Tamas replied “Because Japanese fans should know the songs from A Plea en Vendredi more”. How humble this guy is...

During this show he repeatedly saying Nathan was a smelly man as he hasn't changed the shirt. He must be embarrassed since he was the one who's wearing the same shirt as he wore in the promo photo. For the honour of Nathan here I testify, he was wearing the different shirt from the previous day, and wasn't too smelly :)

DSC09997.JPG


Talking about Nathan, the opening act The Steadfast Shepherd is the unit by Nathan and his wife Fairlie. This time it was Nathan alone. I have been listening to the same songs on their Myspace and wondering when they would release the album. Finally, in line with this Japan tour, they released the long-awaited EP. It was on sale at the venue and I got one. I will write a review about the EP in the separate article.

The show was slightly shorter than the previous day's one. Maybe because the starting time was already late, and both the members and most of the audience had to go back to Tokyo. But I thought the audience was more lively than the previous day, thanks to the small venue. From Kamakura I had to go home changing many last trains just like I was walking tightrope. It took me more than two hours.

And then, the final show of this Japan tour was held at the fancily built hall called Myonichikan. It was two parts show, plus the encores. One hour and half marathon show (for Tamas Wells).

Most of total 22 songs were already played in the previous two shows (some were played in Aoyama but not in Kamakura, or vice versa). Only Open The Blinds was new to me this time, though this one was played at the encore last year.

No, there was another. My personal highlight of this day was A Dark Horse Will Either Run First Or Last and Melon Street Book Club, which were played solo by Anthony with piano as the opener of the second part and the first encore respectively. They both were really soothing, beautiful tunes.

DSC00072.JPG


A topic about Japanese food again.

Tamas: Kibidango wa dokodeshitaka? (Where was kibidango?)
Nathan: Oishi
Tamas: No, no, doko means where.
Nathan: Oh, Okayama?


A little bit of progress (but not much for Nathan) than the previous day :)

The final song of this year's Japan tour was Grace And Seraphim that Tamas sang alone, off the stage, without the microphone again. Even though you wanted more, you couldn't demand anything after listening to this heartily closing song of Two Years In April right in front of your eyes. It was also a calm closing of their 10 days tour (it must've been very long for them).

Thanks Tamas, Nathan and Anthony. It was unforgettable three days. See you next year.

DSC00069.JPG



Setlist 04 July 2008 @ Ivy Hall Glory Chapel Aoyama

1. Lichen And Bees
2. When We Do Fail Abigail
3. Reduced To Clear
4. Vendredi
5. The Day That She Drowned, Her Body Was Found
6. 14 Acacia Court, Sanctuary Green 3093
7. The Opportunity Fair
8. Stitch In Time
9. From Prying Plans Into The Fire
10. Broken By The Rise
11. Three Courses And An Open Canoe
12. The Northern Lights
13. Signs I Can't Read

[Encore 1]
1. Valder Fields
2. For The Aperture

[Encore 2]
1. Nowhere Man
2. Grace And Seraphim


Setlist 05 July 2008 @ Cafe Vivement Dimanche Kamakura

1. For The Aperture
2. When We Do Fail Abigail
3. Reduced To Clear
4. Vendredi
5. I Want You To Know It's Now Or Never
6. 14 Acacia Court, Sanctuary Green 3093
7. The Opportunity Fair
8. Broken By The Rise
9. The Day That She Drowned, Her Body Was Found
10. I'm Sorry That The Kitchen Is On Fire
11. The Northern Lights
12. Signs I Can't Read

[Encore]
1. Stitch In Time
2. Valder Fields
3. Lichen And Bees


Setlist 06 July 2008 @ Jiyugakuen Myonichikan Hall

1. For The Aperture
2. When We Do Fail Abigail
3. Reduced To Clear
4. Vendredi
5. I Want You To Know It's Now Or Never
6. 14 Acacia Court, Sanctuary Green 3093
7. The Opportunity Fair
8. From Prying Plans Into The Fire
9. Broken By The Rise
10. Valder Fields
11. Signs I Can't Read

12. A Dark Horse Will Either Run First Or Last
13. Open The Blinds
14. I'm Sorry That The Kitchen Is On Fire
15. The Day That She Drowned, Her Body Was Found
16. Nowhere Man
17. Stitch In Time

[Encore 1]
1. Melon Street Book Club
2. The Northern Lights
3. Three Courses And An Open Canoe
4. Lichen And Bees

[Encore 2]
1. Grace And Seraphim

DSC099999.JPG

posted by . at 00:53| Comment(12) | TrackBack(1) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。先日はお世話になりました。
鎌倉も行きたかったなあと悔やみつつ、まだまだ余韻に浸っています。
最終日のラストの曲は、本当に、何も言えなくなるほど素晴らしかったですね。涙腺緩みました。
命の洗濯してもらったような気分です。

ネイサンくさかったんですか?
私は「イケメン来た!イケメン来た!」と内心大騒ぎしていたせいか、何も気にならず。
Posted by xiao61 at 2008年07月08日 14:48
すごい!タマちゃんづくしですね。

私、教会でやるクラシックのリサイタルによく行くんですよ。
ロンドンではあちこちの教会でランチタイムや土曜日にコンサート開かれます。会場が安いので、若手音楽家がコンサートを開くのです。教会は音がよく響くから、ピアノもバイオリンもチェロもフルート、声楽もみ〜んなすご〜くいい感じに聴けます。

タマちゃんの声は教会にぴったりですね。美しく響いたんだろうなー。
Posted by minira at 2008年07月08日 18:53
美しい思い出がまた増えましたね。

蝶の羽音を耳元で聴いたことがありますが、タマスのノンマイクの歌声はきっとそんなふうに空気を震わせたのではないかと、ふと思いました。

ここの写真で見る限りでは、ネイサンとアンソニーは似ていますね。ヒゲ兄弟のようです。

鎌倉土産はちゃんと鎌倉キユーピーを勧めてあげましたか。

それにしてもキビダンゴがそんなに大ウケアイテムだとは知りませんでした。キビダンゴなら鬼退治に行けるほどお届けしますよ。味は3種類ありますし、ついでにキビダンゴをさらに美味しく食べられるレシピと清水白桃もお付けしましょう。

来年のライヴは頑張って行こうかな。もしチケット取れなかったらネイサンのアンチョコ持ちとか労働しますので。
Posted by ひより at 2008年07月08日 20:31
今回の記事からもつくづく感じることなんですけど、自分にとってホントに特別な存在の音楽ってのは、音楽そのものだけじゃなくて、むしろそこから滲み出てくるアーティストの人間性みたいなものに惹かれてるのかな〜って。
コレ読むと、ライヴの素晴らしさと同時に、タマちゃんがいかに水晶のように美しく純粋で繊細な心の持ち主かってことも伝わってきます。
音楽を聴くって行為は、結局のところ、誰か好きになったり、共感したりできる対象を求める行為に近いのかも・・・。そういう存在がないと人間生きていけませんものね。

な〜んて、マジメに書いてみましたよ〜。
間違いなくyasさんは、日本で最もタマちゃんを深〜いところで理解してる人物の1人でしょうね!
Posted by クロム at 2008年07月08日 21:34
出張を力技でブッちぎって三日間行かれたんですね!さすがです!シメごときで断念した自分が(以下略。しかもマジで間に合わないそうにないし)。
レポートを読んでいて、去年の心温まるコンサートを思い出し、ほんとに行きたかったなあと改めて思いました。

>複数の撥弦楽器の音が有機的に絡み合い…タマスのあの声とそっとかぶさるネイサンの高音のハーモニー
うーーん! 聞きたかった〜(←しつこい)。

関係ないけど、鎌倉、私も18年ぐらい行ってません。鶴岡八幡宮より確実に清水寺のほうに多く足を運んでいます。鳩サブレー買いましたか?

タマちゃんたち名古屋コーチン食べたんですね。
オイシくてよかったです。
ネイサンとアンソニー、他の日本語はきれいさっぱり忘れても、「オイシ」だけはきっと覚えていると思います。
Posted by にんじん at 2008年07月09日 05:01
教会や神社って、一歩入ると外との空気が変わりますね。タマスと教会のライブ、すごく合いそうな気がします。いいライブでよかったですね。
知ってる曲をやって喜んでもらおうってキモチが、タマちゃんの人柄の良さですね。
やっさんのレビューも、読んで良く評価してくださって良かったですね。やっさんはタマスのCD普及に貢献してると私は思うます。エライでし。
来年も来てくれるかな。今回、京都に行かなかったのですが、これを読んで不思議と行けばよかったなー、と悔やむ気が起こらないのです。やっぱりいいライブしたんだなー、とほのぼのしました。タマちゃんは、どこで何をしてる時でも、真面目にいい人らしく仕事してるんだろうなー、とあたたかい気持になります。
さ、タマス聴いて寝よ。
Posted by 青グリン at 2008年07月09日 23:03
一番下の写真いいですね。

鎌倉か明日館かさんざん迷った挙げ句、結局明日館へ。ここは何度来てもいいです。さすが重要文化財。

凛とした空気の中で始まったライヴ。弦を弾く繊細な指を見ながら、こんなに美しいメロディだったっけ?と思ってました。いや、ボケているわけではありません。何度も聴いたはずなのに、こんなに心に滲みたのは初めてです。今まで何を聴いていたのでしょう、私は。
涙腺緩みまくり。心の洗濯後、脱水機にかけてしてしまったような気分です。

タマスの、足をきっちり揃えて歌うとことか、話す声と歌う声の違いとか、同じように思った去年の記憶が甦りました。
個人的に気に入ったのはアンソニーのズボン。味が出ててかっこよかったです。

素晴らしいコンサートでしたね。ありがとう。
Posted by カブ子 at 2008年07月10日 05:29
とてもいいコンサートだったんですね。

忘れられないコンサートは、その時の会場の
温度や、明るさや、人のざわめきの声まで、
記憶に残っていきますよね。

素敵な時間を過ごされた事が伝わってきました。
よかった。
Posted by nao at 2008年07月10日 14:20
■xiao61さん
こちらではほぼ1年ぶりのご無沙汰です。季節柄、七夕様のようですね。さすがにxiaoさんのところから鎌倉は遠いですよね。僕が名古屋公演に行くようなものでしょうか。まあ、きっとまた来年来てくれるでしょうから、そのときは一緒に地の果てまで追っかけましょう。

ネイサン全然臭くなかったですよ。シャツも毎日どころか、リハーサルと本番でも着替えるほどの念の入り様でしたから。本人も、鎌倉公演終了後に「あいつは俺のことを臭い臭いと何度も言いやがって!」と怒っておりました。文中でああ書いたのは、あれを英訳して本人に読ませることまで見越しての冗談です。ネイサンはイケメンでしたか。あの風貌で三人の中で一番若いなんてびっくりでしたけどね。


■miniraさん
教会でのクラシックのコンサートもよさそうですね。日本に戻ってきたらそういうのはあまりなさそうなので(クラシックはよくわからないので知らずに適当なことを書いてますが)、是非そちらにいる間に沢山観てきてくださいね。

タマちゃん、きっと来年も来てくれますよ。今度は一緒にいきましょう。


■ひよりさん
いきなりお得意の虫噺に持っていかれましたね。なんだかロマンチックそうな書き方ですが、それは耳元で蝶々が飛んでいたということですよね。その光景を想像するだけで身の毛もよだつ方々がほらそこここに。

ネイサンとアンソニーは一見似ています。でもしばらく一緒にいるとすぐ区別がつくようになりますよ。巷の噂では、ネイサンはイケメンです。

鎌倉土産、みな一様にそれぞれのものを買っていました。僕は鳩サブレグッズを買いました。あとお香。

ひよりさんは虫マニア・鉄道マニアだけでなく、キビダンゴマニアでもあったんですね。奥が深いです。

来年是非行きましょう。僕が関西方面まで行ける日程かどうかは定かではありませんが。ところでネイサンは最終日にはアンチョコをひざの上に置いて歌っていました。ギターの上に置くのはさすがに間抜けっぽいと気づいたのでしょうか。それとも目が遠くなったのでしょうか。
Posted by yas at 2008年07月11日 09:04
■クロムさん
以前、確かジョー・ストラマーの記事に書いたことなんですけど、音楽って別にそれを演奏している人の性格が良かろうと悪かろうと、本来はその人の音楽自体には何の影響もないはずなんですが、本人の人となりを知って、一層その人の音楽に惹かれてしまうというのはありますよね。

おっしゃるとおり、タマスは僕にとってはそういうアーティストの一人です。近々オーストラリアに帰るという話を聞いていたので、てっきり本帰国するのかと思いきや、いくつかの用事ついでに来月2年ぶりのコンサートを(メルボルンの教会で!)開いたあと、またミャンマーに戻るそうです。「よりによって混迷を極めるミャンマーに、どうして?」って訊いたら、「ミャンマーの人たちが好きだから」とのことでした。そういう人です。


■にんじんさん
>出張を力技でブッちぎって
そういうことはここには書かないように。ところで仕返しに聞きますが、締め切り日は過ぎたようですけど、無事間に合ったのでしょうか。どっちみち間に合わないなら、いっそのことタマスのコンサートに行っておけば(以下略)。

>鳩サブレー買いましたか?
買いませんでしたが、鳩サブレグッズを買いました。

タマスたちの言うナゴヤチキンとは、手羽先のことのようです。僕も一度ナゴヤに行ってコーチンを食べてみたいです。案内してください。気に入ったら「オイシ」と言います。


■青グリンさん
>知ってる曲をやって喜んでもらおうってキモチ
そういうところにも人柄が出ますよね。でも、僕がリクエストした残り2曲は、とうとう最終日まで演ってくれませんでした。きっと練習してなかったのでしょう。最終日にはアンソニーがピアノを弾くということだったので、てっきり歌伴で演ってくれるんだと思っていたら、ピアノソロの2曲とあと1曲だけでした。「もっとたくさん演ってくれればよかったのに」と言うと、「三人で合わせる時間がほとんどなかったから」とのことでした。いっそのことアンソニーとネイサンにもミャンマーに住み着いて、毎日練習してほしいです。

行けばよかったと思わなかったのはグリンさんだけですね。でも来年は行きましょうね。この年末には延期になっていた上海公演があるそうですから、なんならそっちでもいいですよ。

>前髪
去年とは別人のようでした。僕も髪型的にはかなり去年とは別人風だったのですが、それでもタマスはすぐ気づいてくれて、すれ違いざま「Hi, yas」って言ってくれましたよ。


■カブ子さん
>一番下の写真いいですね
僕も気に入っています。写真ブログの人にほめていただいて光栄です。あ、それは別人でしたか。

明日館はいいところでしたね。本当に古い学校の講堂みたいでした。本当に古い学校の講堂なんですけど。もし次回あの場所で二回公演があれば、一度は二階から観てみたいです。

正面であんなにぽろぽろ聴いてもらえて、タマス様ご一行もさぞかし喜んでおられることだと思います。僕も普段は誰かのコンサートが終わった後は、次の記事を書くために別のCDを聴き込むことが多いのですが、今回だけは、いまだにタマスばかりを聴いています。この週末の記事は、この回を英訳することぐらいしかできそうにありません。

そうか、なんだか見た目が昔の学生のフォークソングの人っぽいと思ってたら、タマスは足を揃えて歌うんですね。最終日のアンソニーのズボンと青い作業服(?)、アジアの労働者ぽくてよかったです。彼、最終日にはピアノを弾いていたこともあってあれこれ喋っていましたが、それまではステージでは本当に無口で、いかにも教授という風貌だったんですよ。ライヴ終了後に話すと、一番ニコニコして話してくれるんですけどね。

>やっぱりCD持っていこっと
どこに?


■naoさん
はい、いいコンサートでした。82年のクラッシュ、85年のブルース・スプリングスティーン、87年のガーランド・ジェフリーズ、僕にとって何十年経っても忘れられないコンサートはいくつもあって、おっしゃるとおりそのときどきの会場の細部までありありと思い出せるほどですが、去年と今年のタマスのライヴもきっとそうなると思っています。もし来年機会があれば、naoさんも行かれればいいですね。これだけ書けば、Impartmentの人もまた来年呼んでくれることでしょう。あとはタマスにやる気を出して来年までにフォース・アルバムを作ってもらうだけです。
Posted by yas at 2008年07月11日 09:05
すっかり出遅れて今ごろ身の毛をよだたせつつのこのこやってきました。
「お茶しよー」とか声を掛けておきながらブッチしてしまって大変すまなく思っています。出張ではなかったのですが諸般の事情により…ごめんごめん。
yas兄ィの臨場感溢れるライブレポートのお陰で、ちょっとだけ行った気にさせてもらいます。でもやっぱり行きたかったな。来年もきっと来ますよね、待ってろよ、タマス!!(「待ってるよ」が正しい)

明日館、いいでしょう?アンソニーが弾いていたピアノは、毎年梅子も弾いているものです。高級品ではないけれど、あの空間ではいい音を出して響きます。きっとメンテが丁寧にされているのでしょうね。

ところで二周年記念対談もぜひ英訳してください。
Posted by ひそそか at 2008年07月17日 10:51
■ひそそかさん
のこのこ来ましたね。おひさしぶりです。今回は一緒に行けなくて残念でしたね。来年は梅子さんも落ち着いて、少しは余裕ができるでしょうか。そのときは是非。タマちゃんもきっと待ったり待たれたりしてると思いますよ。

明日館、よかったですよ。あの建物の佇まいもいいですよね。文化財の方の建物は残念ながら時間切れで見学できなかったのですが、そのうちまた機会があれば訪れてみたいです。あのへんでお茶しましょう。

>ところで二周年記念対談もぜひ英訳してください。
イヤです。
Posted by yas at 2008年07月17日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102259365

この記事へのトラックバック

TamasWells@青山アイビーホールグローリーチャペル,7/4
Excerpt: 夢のような時間があっという間に過ぎていきました。この感動を早く言葉にしなくてはいけないと思っていましたが、なかなかうまくまとまりません。以前、TamasWellsがニューアルバムをリリースしたとき、私..
Weblog: goodtimesgonnacome...
Tracked: 2008-07-08 14:49