2008年07月01日

ジミオン二周年記念対談

yas:いやあ、どうも。落ち着くねえ。

やす:やっぱり気持ちええねえ、アジアの街は。

yas:というわけで、ここ台北からお届けする、ジミオン二周年記念特別記事。今回も恒例のやっさんを迎えて、この一年を振り返ってみよう。

やす:やっぱりええねえ、アジアは…

yas:いつまでぼーっとまどろんでるんだよ。もう始まってるよ!

やす:ああ、さよか。まいど。久しぶりやね。

yas:お久し振り。一年振りだよね。

やす:そら一年ぶりやろ。前の対談以来、おまえ俺のこと全っ然呼んでくれてへんねんから。こないだかて、せっかく対訳の機会あったのに、おまえ自分でやってまうんやもんな。

yas:ああ、グランド・アーカイヴのやつね。悪いね。だってあれ、君が訳すと、単なる不眠症のおやじのうわごとみたいになるから。

やす:そらまたえらい言い草やな。

yas:ははは、悪い悪い。で、せっかく台北に来たんだから、ちょっと夜市にでも出かけようよ。

やす:そやね、あのガチャガチャした雰囲気がたまらんよね。あっちの屋台でおこわ食うて90円、こっちの屋台で臭豆腐食うて60円。これがまた臭いけどヤミツキになるんよね。

yas:お腹一杯食べても300円程度で収まるし。あと、このいかにもアジア製の意味不明日本語満載のTシャツとか、どれもこれも欲しくなるよね。

やす:おまえTシャツ好きやしな。なんかあれも値切ったら一着300円ぐらいになるらしいやん。

yas:最高だよね、こういう街って。

DSC00179.JPG

やす:せやなあ。そやけど、今日はこんなゆるーい世間話で済ますつもりかいな。前回みたいにあれやれへんの?あの、おまえの得意な、ほら、数えるやつ。偉そうに台北来てるとか言うてるけど、これって出張やねんし、あんまり時間かけて長い記事書いてられへんのやろ?手短に話進めなあかんで。

yas:ご忠告ありがとう。それじゃ、去年もやった、ジミオンよもやま統計コーナー!

やす:はいはい、ほなまず、あれやね。記事の数?この一年で、いくつ書いたん?まあとりあえず、読んではる人にとってみたら、一番どうでもええ話題やけどね。

yas:うるさいな。えっとね、48か。一年目の92と比べると激減だね。カテゴリ別にみると、こんな感じ。

 アルバム: 一年目40 ⇒ 二年目25
 コンサート: 10 ⇒ 7
 ビデオ: 2 ⇒ 0
 yascd: 10 ⇒ 0
 雑記: 24 ⇒ 11
 非音楽的: 6 ⇒ 2
 創作: 0 ⇒ 1
 日記: 0 ⇒ 2

やす:ふーん、だいたいどれも半減っちゅー感じやけど、やっぱり大きいのはあれやね、10個もあったyascdが全然なくなってしもたことか。楽しみにしてくれてるって書いてくれはった読者さんもいてはんのに、ほんましゃーないやっちゃな。すぐ飽きるねんから。

yas:いや、飽きたっていうか、ちょっとここしばらく忙しくて。またやりたいとは思ってるんだけどね。

やす:ほんまかいな。まあ、そない言うんやったら、気長に待ってるわ。

yas:え、君は待つ立場なの?作る方じゃないの?

やす:まあ、そのへんはちょっと、この会話体も人物設定が曖昧やしね。どうでもええねん、細かいことは。

yas:A型のくせにアバウトだね。じゃあ次は、どのアーティストが多く取り上げられたかってやつね。例によって、記事全部をそのアーティスト(または二組のアーティスト)が占めている「大特集」、一つの記事の中に複数のアーティストが登場する「小特集」とに分けて。

 一位:タマス・ウェルズ(大特集3、小特集0)
 二位:ブルース・スプリングスティーン(大特集2、小特集2)
 三位:マーク・コズレック/サン・キル・ムーン(大特集2、小特集0)
 四位:ジョー・ストラマー/クラッシュ(大特集1、小特集3)
 五位:恒松正敏/E.D.P.S.(大特集1、小特集2)

やす:なるほどなぁ。去年の上位が4回も5回も取り上げられてた人らばっかりやったのに比べたら、さすがに記事数全体が半減してるだけあって、今回は上位でもほとんど接戦やね。

yas:その中でも一位はやっぱりタマスか、って感じだね。しかも、一番最近になる5月15日の記事は、後からどんどん追記を入れて、しかも英訳までしてるもんだから、それらを一つ一つの独立した記事だとして数えると、もうぶっちぎりのトップだよね。

やす:今週末はいよいよ待望の再来日関東公演やしね。楽しみやな。あと、去年から連続して名前が挙がったのは、二位のスプリングスティーンだけやね。去年のアルバムがよかったっていうのもあるけど、今年はEストリート・バンドのダニー・フェデリーシが死にはったっていう悲しい報せもあったんやったな。

yas:そうだね、その記事のコメント欄にひそそかさんが書いてくださったけど、こっちが歳を重ねるにつれて、好きで親しんだ人の訃報を聞くことが多くなってくるんだよね。つらいよ。

やす:そういや、コメンターさんも、最近になってよう書き込んでくれるようになった人らもおれば、いろんな理由で離れていってしまいはった人らもおるしね。しゃあないことやとはいえ、こんな小さいコメント欄で親しくさせてもらった人に会われへんようになるのも、ちょっと寂しいもんやね。

yas:うん、コメンターの方たちもいろんな事情があるだろうから、しょうがないんだけどね。でも、そんな中で、しばらくお休みされていたクロムさんが、ひっそりとブログを再開されたのは(7月1日現在)嬉しい話だったよね。

やす:せやね、まだお忙しそうやけど、ゆっくりでも続けてほしいよな。あの人の記事もコメントも、めっちゃおもろいから好きやねん。

yas:そうだね。あと、個人的にこの一年の大きなできごとといえば、やっぱりニュージーランドを離れて15年ぶりに日本に戻ってきたことだね。

やす:せやなあ、近所にリアル・グルーヴィーっちゅう超安値中古CD屋がなくなったから、これでやっと買うCDの数も減るかと期待しとったら、全然変わってへんし。っちゅうか、同じペースで単価高いCD買うとるから、余計に始末に負えんわな。

yas:中毒だよね。なんとかしないと。さてと、今回はこれぐらいにしておこうか。

やす:なんや、もう終わりかいな。今回は画像もほとんどないし、なんぼ出張中や言うたかて、いくらなんでもこれは手抜きや言われんで。

yas:画像か。うーん、何かいいのない?

やす:あるある。このごろ日本で流行ってるっちゅう、あれ誰や、せんとくんやっけ?

yas:せんとくん?奈良の?その画像でも載せるの?それはまた場違いな。

やす:いやいや、せんとくんやないんやけど、うちにあるもんで一番せんとくんに似てるCDジャケ。ほら。

Last Record Album.jpg

yas:………

やす:せんとうさぎくん。どや?

yas:じゃあまた来年ね!

やす:おいおい!一年放置する気か!


posted by . at 23:59| Comment(16) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
二周年おめでとうございます! そしてやっさん、こんにちは。というか初めまして。
私もかれこれグランド・アーカイヴのときから今までずっと心配していました。お会いできると思ってなかったのでお元気そうでなによりです。

せんと卯詐欺くんなかなかイケメンです。ペットに欲しいです。

yas&やす、息の合った名コンビですね。是非意味不明日本語満載Tシャツをペアで着てM-1を目指してください。あ、R-1か。
Posted by ひより at 2008年07月02日 09:09
わあお!
2周年おめでとうございます!

またきますー。。。
Posted by ぺこぽこ at 2008年07月02日 10:31
2周年でしたか! 早いですねー(しみじみ)
半減とはいえ、忙しいなか48記事あげてるのはすごいですよ。パチパチパチ!

そう、最近yascdがなくなってしまって寂しいなあと思っていたところでした。私は今までの中では「秋の夜長に」が一番好きで、時々季節感無視で聞いてますよー。

ところでリアルの飲み会に来ているのは、いつも「やすさん」の方だったんですね。今度は是非yasさんに来てみてほしいです。全編標準語でお願いします。
Posted by にんじん at 2008年07月02日 23:19
満二歳おめでとうございます。
あやいものでしね。シミジミ・・・。
リアル・グルーヴィーが近所になくても、CDを漁り続けていて良かったです。なんだかyasさんがCDを買い続けてると聞くと、ああ、元気にやってるんだなー、と妙に安心します。
yasさんとやすさんに分裂して書くのはいいですね。お互いよく知った仲の、まったり感が和みます。
私も青とグリンに分裂してみたい誘惑にかられます。にんじんさんも、にんとじん、ひそそかさんも、ひそとそか、ひよりさんも、ひよとりー、皆で二倍になって集うとニギヤカでいいですね。
これからも音楽伝道師として更新し続けてくだサイッ!
せんとうさぎちゃん、かわいいです。
Posted by 青グリン at 2008年07月03日 00:18
7月から広告がウニになりましたね。
2周年おめでとうございます。お祝いにウニをクリックしておきました。

昨日FMでタマスにそっくりな曲がかかったのでお知らせしようと思ってアーティストを調べたら、なんと、タマスでした! タマス、聴覚学習の甲斐あって私の耳にも慣れてきたようです。

yascdは気長に待ってます。次は辺境派特集でしたっけ?
Posted by カブ子 at 2008年07月03日 01:00
あれれ・・・?もう2周年?と昨年の記事を掘り返してみてしまいました。
もう、1年たったのですね・・・。
あ、お祝いお祝いっと。おめでとうございます。花輪とコーヒーをお持ちしました。
パーティーに参加の皆様でお召し上がりください。

普段からPCのスピーカーの電源すらDVDを見る時以外通電しないような音楽を流す生活からは程遠い状況なので、yasさんとこは敷居が高くって・・・。ちゃんと読んではいるんですよ、理解できるかは別領域として。

せんとうさぎに対抗して「せんとうきてぃ」なるものを見つけてしまいました。リンク入れておきます。
Posted by 銕三郎 at 2008年07月03日 10:06
2周年おめでとうございます。
お祝いに菊水ゴールド納豆をクリックしておきました。
あ、せんとTシャツもどーぞ♪

やっさんキャラ、落ち着きますねえ。
週末タマスを聴きに行くのはyas兄ィですか?やっさんですか?
もしも標準語のyas兄ィがいらっしゃるならお話してみたいのでご一報下さい。近所なので家族三人でチャリ飛ばして行きます。お茶くらい飲めるかも。

意味不明の日本語満載Tシャツ欲しいです。
Posted by ひそ&そか at 2008年07月03日 12:46
>グリンちゃん
ぺこぽこちゃんなんて分裂させるのにぴったりのHNですね。
銕三郎さんはもちろんハサミ&三郎。
カブ子はどうする?カ&ブ子?
お出かけ中のLunaさんはル&ナ?
ナナちゃんはナ&ナ?
Posted by ひそそか at 2008年07月03日 12:51
2周年記念おめでとうございま〜す♪ & 出張お疲れさま〜!

文中に名前を出していただき、どうもありがとうございます。でも実のところ、あの記事は再開というよりは、当面の隠居生活の公式アナウンスみたいなものでしたんで、ホントの再開はまだ先になりそうです・・・。牛歩戦術並みの思考回路から脱却して、イキイキウキウキ音楽談義ができるようになるまで、もうしばらくこちらのコメントの方も欠席させていただくことになりそうですが、どうか無礼を許して下さいまし〜。

ところで最後のジャケって、ツッコミどころ満載ですね〜(笑)。せんとうさぎくんは動物のクセに笑ってるし、小さな人間は一体どこに立ってるんでしょ?ちなみに北海道には羊蹄山の近くに私が「プリン山」と命名した山があります。まさにこんな感じです。
Posted by クロム at 2008年07月03日 20:55
2周年おめでとう。
ここのおかげ聴くようになった音楽ありますよ。
人との出会いはいいもんだ。
Posted by Luna at 2008年07月03日 23:23
yasさんとやすさん、こんばんは♪
2年も経ったなんて信じられませんが本当なんですね。
例によって横文字のみゅーじっくにはコメントを持ち合わせていませんが、この間からずっと一人でツボってることがあって、ひよりさんのところで書き込もうかと思いながら機を逸してしまったので、ご祝儀がわりに?ここで書いちゃいます。
よく観光地でキャラの顔の部分に穴の開いた記念撮影用のボードがあるでしょ。
奈良のせんとくんのボードにyasさんが顔を出したら、すっごく可愛くて♪ピッタリだろうなと思ったのでしよ。
こんどyascdのジャケに採用してください。
Posted by gomame at 2008年07月03日 23:58
お久しぶりです。
ブログ、満2歳、おめでとうございます。

台北のごちゃごちゃした雰囲気いいですね。「アジア、待ってろよ〜!」と思わず叫びそうになりました。

Posted by minira at 2008年07月04日 01:09
最近めっきり音楽を聴いていないのはyascdが送られてこないからだと気がつきました。お暇になったら是非ヨロシク。
Posted by きんぎょ at 2008年07月07日 21:30
■ひよりさん
yas:どうもありがとうございます。長らくの放置、大変失礼しました。

やす:おまえが返事すなよ。俺に挨拶してはるんやから。

yas:なんだ、きみコメント欄にまで出てくるのか。

やす:そら心配してたとか言われたら出てこなあかんやろ。

yas:じゃあこの回はきみが全部返事する?

やす:いや、それはちょっと大変やし、やめとくわ。ほなまたな。

yas:なんだよ、まったく。

やす:あ、ちなみにせんとうさぎはペットショップには売ってへんで。

yas:わかったから。

やす:あと、俺もTシャツ好きやで。なんかええのあったら買うといてな。

yas:いいから、用がないなら帰れって。これから沢山返事書かないといけないんだから。


■ぺこぽこさん
無事出社されたでしょうか。とか言っても、一週間以上も前の話なので、もう覚えてませんよね。久しぶりに書き込んでいただけたのにすっかり放ったらかしにしてしまって、すみませんでした。また落ち着いたら、いらしてくださいね。


■にんじんさん
「秋の夜長に」が一番でしたか。季節感などムシして頂いて結構ですよ。だいたい僕があの記事を書いたのは春でしたからね。これからの蒸し暑い季節にも、本人が合ってると思えば合うものです。

僕がリアルの飲み会にですか?いいですよ、でもお酒が入ると人格が変わって標準語忘れますから気をつけてくださいね。モグワイみたいなものです。

>まだ台北ですか?
黙っていましたが、この記事をアップした当日は、既にシンガポールに移動してきていたのです。そして今は、上海から香港へのドラゴンエアーの機上でこれを書いています。たまに、目が覚めたときに自分がどこにいるのかわからない瞬間があります。


■青グリンさん
グリンさんは僕がCDを沢山買うといつも安心してくださいますね。どういう心境なのでしょうか。親心みたいなものでしょうか。指圧のこころ、母ごころ、ですね。葉っぱの手帳の7月号は、青さんとグリンさんの掛け合い記事になるのでしょうか。楽しみにしていますよ。

ツノがブームなのですか?ほかにどこかにツノが生えている人いましたっけ?


■カブ子さん
やっとナメクジの広告が終わりましたね。ウニになってもグニャグニャ度数は変わりませんが、僕はウニのほうが好きです。誰かがクリックしたら自動的に北海道産のウニが送られてくるシステムにしてもらいたいものです。クロムさんあたりがなんとかしてくれないものでしょうか。

なんと、タマスがFMでかかりましたか。どの曲でしたか?といっても、カブ子さんが曲名まで覚えていると期待するほうが浅はかですね。

>辺境派特集
高校のときに好きな女の子にそういうのを作って、海老のように引かれたトラウマがありますので、ちょっとそれはないかもです。


■鋏三郎さん
あ、お祝いありがとうございます。さすがコーヒーおいしいですね。花輪はちょっと口の中でモシャモシャしますが。

ちゃんと読んでくださってありがとうございます。無理されなくてもいいんですよ。たまにこういう民間人の方が読んでもわかるような記事をあげるように心がけますので、懲りずにまたいらしてくださいね。

せんとうきてぃ、Tシャツ好きの僕ですが、これにはちょっと惹かれませんでした。なにかの罰ゲームでなら着ることにします。


■ひそ&そかさん
どうしてこのHNで掛け合いコメントになっていないのか、理解に苦しみます。手を抜きましたね。ところで、菊水ゴールド納豆って、どこにあるんでしたっけ。実はこれを書いているのがオフラインの飛行機の中なので確認できないのです。せんとTシャツも罰ゲームに取っておくことにします。罰ゲームとしては、その前に、花子さんに送ってもらったやつをなんとかしないといけないのですが。

タマスを聴きに行ったのは、yasでもあり、やっさんでもありました。人格設定が適当なのです。でもせっかくご一報したのに、ムシされましたね。罰として日本語Tシャツはなしです。


■ひそそかさん
では、ここに登場された分裂症の方々に、それぞれのブログで掛け合いをやってもらいましょう。カ&ブ子さんのところは開店休業中なので、ササさんとミさんにお願いしますか。


■クロムさん
休養中のところをたたき起こして引っ張り出してしまい、すみませんでした。でも、久々のコメント嬉しかったです。気長に毎日一回ずつミークロをクリックしてますので、忘れた頃にまた更新してくださいね。

プリン山、死ぬまでに一度は見ておきたいです。


■Lunaさん
そう言っていただけるとほんとに嬉しいですよ。そのうちイナモト君とも音楽談義ができるようになるでしょうか。


■gomameさん
お久し振りです。うちに書き込まれるときはどうもいつもHNが横文字ですね。別人格でしょうか。ところで僕は最近、せんとくんに毛の生えた程度の髪型です。撮影用のボードは不要です。あとはツノが生えてくるのを待つだけです。でも恥ずかしいのでジャケには採用しません。


■miniraさん
お久し振りです。最近は久しぶりにブログを更新されたり、あちこちのブログに顔を出されたりしていますね。こちらに戻ってきたら、たっぷりアジアの町を堪能してください。でもそれより前に、最後のイギリスの夏をちゃんと満喫してきてくださいね。僕も最近、たまにNZのあちこちの風景が恋しくなります。


■きんぎょさん
かなり人任せな音楽ライフですね。次に暇になるのは僕が還暦を迎える頃か、あっけなくリストラされる頃かもしれませんが、なるべくそれより前に一つでもできるように鋭意努力しますね。
Posted by yas at 2008年07月11日 08:57
やっと見つけた、この記事。
先日ブックオフでせんとうさぎくんCDを見つけました。
大好物の500円棚にあったんですがなぜかディズニーコーナーに並んでいました。せんとうさぎくんはディズニーキャラなんでしょうか。千葉に行ったら会えますか?
実物を見た記念にジャケ買いしようかと思いましたが中身を知らないので放流してきました。
500円だったら買いでしょうか? 悩んでいます。
Posted by ひより at 2011年11月14日 17:30
■ひよりさん
古い記事に突然コメントが入るときは大抵スパムなので無視しようかと思っていましたが、投稿者の名前まで常連様を騙るけしからんスパム業者だと半信半疑で開いてみましたら、正真正銘のひよりさんではありませんか。5日間も放置してしまったのはスパム云々とは関係なく、単にサボっていたためです。大変失礼致しました。

本題に入りますが、このアルバムはリトル・フィートのカタログ中ではそれほど有名なものではありませんが、500円をドブに捨てるつもりがおありなら買いだと思います(そこまで酷いわけではもちろんありません)。しかもひよりさんが見つけられたのは日本でも珍しいディズニーバージョンなんですよね。マニア必須です。

これだけ放置してからの返答なので、もしかしたらもうどこぞのディズニーマニアにさっさと買われてしまったかもしれません。その場合は気長に250円コーナーを探して、先に買ってしまった慌てん坊ディズニーマニアの鼻を明かしてやってください。
Posted by yas at 2011年11月19日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。