2008年06月15日

Kyte instore live in Tokyo

Kyte.jpg Kyte 『Kyte』

先月マーク・コズレックのインストア・ライヴに行ったついでに、タワレコ渋谷店で激プッシュされていたこのCDを買ってきた。名前も聞いたことのない新人バンドのCDを、新品で2000円以上も出して買うなんてこと、僕にとっては結構まれなんだけど、試聴したらかなり気に入ったもんで。

そのときに、このカイトというバンドが6月15日に同じタワレコ渋谷店でインストア・ライヴをやるということで、整理券をもらった。16番。なんだ、あんまり人気ないのかな。

というわけで、今日はちょっとした用事があったついでに、久し振りに朝から渋谷をブラブラ。ライヴ開始が2時、開場が1時半だというので、1時半ちょっと過ぎに行ってみたら、会場は前回のようなインスタントなお立ち台なんかじゃなく、地下一階のちょっとしたライヴハウス級のステージ。しかも、地下一階から整理番号順に階段に並んでいる列の最後の方は、地上3階だか4階、整理番号で200番ぐらいになっているよ。16番って、もしかしてかなりラッキーだったのかも。

開場後、飲み物を取ってステージほぼ中央正面へ。最前列ではないけど、近い近い。これなら充分。

2時ちょうどに5人のメンバーがバラバラと登場。若いねー。CDのライナーによると、メンバーほぼ全員20歳。なので、客層はもっと若い女の子ばかりになるんじゃないかと危惧していたんだけど、意外と男女比半々ぐらいか。まあ、例によってきっと僕が会場内最高齢だっただろうけどね。

メンバーの名前と顔と担当楽器が一致しないんだけど(そんなことさえ書いてない不親切なライナー)、ヴォーカリストはテーブルの上になんか小さな機械を置いて、始終それを操作していた。彼のヴォーカルはヴォコーダーを通して加工されたように聴こえるんだけど、それがあの機械なのかも。

向かって右側のギタリストはキーボードも兼務。キーボードの上にはおもちゃみたいなオレンジ色の鉄琴。左側のギタリストは床の上にシンセを置いてるよ。奥にべーシストとドラマー。好感が持てたのは、彼らの楽器。右側のギターがフェンダーのジャズマスター。左側がエピフォンのセミアコ。ベースはフェンダーのジャズベース。なんだか、こういう新しい音楽を演ってる若い子たちが、こんなシブい楽器を使ってるってのが、いいね。

ほぼ真っ暗なステージの後方からのライティングなので、メンバーの顔がいまいちよく見えないんだけど、みんな背が高くて、結構ハンサム。ヴォーカリストは、ビリー・エリオットの子役の子がそのまま大きくなったようなというか、レディオヘッドのトムが若返ったというか、そういうちょっと華奢な感じ。僕は別にメンバーがイケメンだろうがブサイクだろうがあんまり興味ないけど、これは、うまくいけばブレイクするんじゃないだろうかね。

さて、肝心の演奏は、CDでもふんだんに使われているサンプリング音・ループ音を効果的に使って、シブい楽器の豊かな音と硬質な残響音を巧みにミックスした、非常に興味深い音。

と言いたいところだけど、まだライヴ慣れしていないのか、時差ボケなのか、たまに演奏がもたついたりひっかかったりしているよ。リズム隊はきちんとビートをキープしているんだけど、両側のメンバーが、ギターとシンセと鉄琴と、てな感じでちょっと忙しすぎる感じ。どっちかにしろ、といいたくなる。

オープニング「Planet」、続く「Sunlight」、そしてもう一曲(マイスペに上がってる新曲かな?)のわずか3曲で「アリガト」とか言って引っ込んじゃった。おいおい、たったの15分かよ。アンコールですぐ出てきて、これも多分新曲「Stars On The TV(だったと思う)」を演奏して終了。うひゃー、開場の30分も前から200人近くを待たせておいて、わずか20分ちょっとのライヴかよ。そりゃないよ。

続いて、メンバーとの握手会に移るとのこと。うーん、握手は…別にいいや。握手会といいつつサインでももらえるかなと期待して、一応前回買ったCDは持ってきてたんだけど、まあいいや。メンバーも、どうせなら女の子のファンと握手した方が嬉しいだろうしね。というわけで、僕はそこで退場。朝から歩き回って、コンクリの床でずっと立ってるのは、おっちゃんにはきついんだよ。


なんだか、けなしてばかりみたいだね(決して、メンバーが若くてイケメンだからではありません)。では、ちょっとCDのことも書いてみよう。だって、せっかく取り上げるからには、やっぱり褒めたいからね。

若干20歳のメンバーが作ったとは思えないほど、壮大かつ緻密な音。彼らのことを語るときに必ず引き合いに出されるのが、アイスランドのシガー・ロス。シガー・ロスとは若干テイストが違うとは思うが、さっき書いた生音とサンプリング音の融合具合が、このCDを聴いていると実に心地よく体に滲みてくる。

大半がゆったりしたリズムの、6分とか8分とかいった大曲がいくつも入っているのがまたいいね。僕はシューゲイザーのバンドをそれほど沢山は知らないんだけど、このバンドは結構上等な部類に入るんじゃないだろうか。この轟音にゆったりと身を任せる感じがとても気持ちいい。それがあったから、今日のライヴではどうも一曲一曲が短すぎるように感じられてしまったんだけどね(実際には各曲5分以上はあったと思うけど)。

ギター、ドラム、ベース、シンセの音に加えて、このバンドの音に鮮やかな表情を付け加えているのが、ライヴでも使われていた鉄琴。アルバムのあちこちでキラキラとした音を響かせているが、中でも白眉は、荘厳なアルバム最終曲「These Tales Of Our Stay」のエンディングを飾る、その透き通った音色だろう。

もう一度言う。新人が作ったとは思えない、見事な出来映えのアルバムだ。明日から始まる日本公演、特に東京公演は二夜ともソールドアウトのようだけど、僕はこのCDを聴いているだけで充分だよ。固いコンクリートの床を我慢しなくてもいいし。


久々の似てジャケ選手権

これと、
Kyte.jpg Kyte 『Kyte』

これ、似てない?
Sky Blue Sky..jpg Wilco 『Sky Blue Sky』


posted by . at 02:34| Comment(9) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
握手辞退したのは賢明でした(笑)

>メンバーも、どうせなら女の子のファンと握手した方が嬉しいだろうしね
これは、絶対正解だと思いますよ。同年代の息子がいるもんで、わかります。

ジェイミー・ベル(ビリー・エリオット役)に似てるって言うから写真を探したけど、小さすぎてわかりませんでした。
Posted by Luna at 2008年06月16日 08:47
ジャケット似てます。
砂鉄っぽいです。
Posted by きんぎょ at 2008年06月16日 12:27
ジャケ、にてるにてるー。パッと見、私もこれに似てると思いました。■や●まで似てますね(形状の違いは認識出来てます)。鳥のウィル子、見かけるたびに買おうかどうしようか迷うCDのひとつです。もしダブって買ってしまった際には一枚ください。

タワレコ渋谷店は剣さんにお腹をなでてもらった思い出の場所です。会場はリッパですよね。でもたったの20分とはケチですね。
Posted by カブ子 at 2008年06月16日 13:14
イケメンの片言「アリガト」がいいですね。日本語を教えてあげたくなります。「なんでやねん」とか。
シューゲイザーが分からなかったので調べてみたら「靴を見つめる人」だということだけは分かりました。

似てジャケ、似てますね。
地下走行中のテレビカーのテレビ画面のようです。
Posted by ひより at 2008年06月16日 20:42
こんばんは!
私のブログにコメント残してくださってありがとうございます!
今回のインストアはちょっと、ん??って感じでしたよね 笑
CDがすごく良かっただけにちょっと残念な気がしました。
でもまだまだ若いですしね!!
もっともっと練習してまた日本に来てほしいですねー!

今日のライブはどうだったんでしょうかね〜

私はリズム隊でも特にドラム君がKYTEのサウンドを支えてるんじゃなかろうか、と思って
それを本人に伝えようとしたんですけど、いかんせん英語が…
結局「I like your druming!」とよくわからない表現をしてしまいました。
Posted by chinami at 2008年06月16日 22:57
■Lunaさん
メンバーもそうなら、こっちだってそうですよ。ハタチぐらいの男の子と握手して何が嬉しいかと。そういった意味では、サイン会でなく握手会にしたのは、主催者の狙いは実に明らかでしたね。あんなに男の観客が集まったというのは誤算だったかもしれませんが。

ああ、あのぼうやはジェイミー・ベルというんですね。あの映画を見ていたときは、ポール・ウェラーに似ているとも思っていました。彼は今は何をしているのでしょうか。他の映画に出ているんでしょうかね。

はい、UKのバンドです。レスターシャーだそうです。どのへんだかよくわかりませんが(面倒なので調べてない)、名前からいって北部の方でしょうか。


■きんぎょさん
おひさしぶりです。砂鉄ですか。言いえて妙ですね。てっきり、ビリー・エリオットに釣られて出てこられたのかと思いましたよ。あ、ついでに、ジェイミー・ベルが最近どの映画に出たのか教えてください。


■カブ子さん
■と●の区別はつくんですね。正常に発育している証拠です。ウィルコのトリジャケ、ほしかったんですか?あと1ヶ月ほど早く言ってもらえれば、例のCD屋で半額で出てたのに。日本盤で解説付きでしたよ。まったくもう。

剣さん事件は渋谷のタワレコでしたか。地下でしたか?20分は、マーク・コズレックよりも短かったですよ。同じ4曲でしたが、コズレックさんは各曲10分ずつぐらいありますからね。

撮影不可でした。見つけたらカメラを取り上げるとアナウンスがありました。ちなみにマーク・コズレックのときは、見つけたらその場でライヴ終了させると脅されました。


■ひよりさん
今週大阪でライブがあるようなので、是非そちらに足を運んで「なんでやねん」を教え込んであげてください。ちゃんと手首のスナップも効かせるんですよ。

シューゲイザーは仰るとおり、靴を見つめる人です。何故そういう名かというと…やっぱり今日はもう遅いのでやめます(秘儀 肩透かし)。

テレビカー、やっぱり地下を走るときは砂嵐になるんですね。中ノ島近辺だけしか乗らない人は災難ですね。あ、そういう人は各停(関東名 普通)に乗るんですね。

立って聴いてましたよ。でもやっぱりこういう音楽は、ごろんと寝転んで「下柳サイコーやね」とか言いながら聴くのがサイコーです。


■chinamiさん
こんばんは。ようこそいらっしゃいました。しっかり握手会に参加してこられたんですね。ちゃんとプレゼントまで用意されていたなんて、メンバーさぞかし大喜びだったことでしょう。

確かに、ベース君はかなり地味なプレイでしたから、リズム隊の中でもドラム君がひときわ目立っていましたね。大太鼓を叩くようなスティック(あれなんていうんでしょう)に持ち替えたりして、色々と小技も効かせていましたね。「ドラムがよかったと言ってもらえて、本人も本望でしょう。

今日のO-nestはどうだったんでしょうね。そのうちどこかのブログでレポートが出るでしょうか。名古屋公演のレポートも楽しみにしていますね。
Posted by yas at 2008年06月17日 00:16
ビリー・エリオットが最初何かわからなかったですよ。邦題「リトル・ダンサー」ですね。
ジェイミー・ベル君、私も見た「ジャンパー」という映画で主人公と同じ能力を持つ青年の役ででてましたよ。たしか。この後は東欧を舞台にした戦争モノで三兄弟の末っ子をやるはずです。
何の役でも違和感なく出来そうなために「是非とも君に!」といってもらいにくい中途半端な男前に育ってますよ。
Posted by きんぎょ at 2008年06月18日 20:15
私も下のジャケットは砂鉄だと思いましたが、上のはこれからどんな人文字を作ろうとしているのか気になってしかたありません。え、鳥文字?
Posted by ひそそか at 2008年06月19日 00:35
■きんぎょさん
解説ありがとうございました。ジェイミー君、一応いろんな映画に出てはいるんですね。何の役でも違和感なく出来るというのは、うまく育てば大きくなってからいろんな役がこなせるような名優になる可能性を秘めているということなんでしょうか。いや、僕はあの映画の頃しか知らないのでまだ子供扱いしてますけど、実はもう大きくなっているんですね。

>主人公と同じ能力を持つ
手を触れずに耳をひくひく動かせる能力とかですか?


■ひそそかさん
すっかり脳裏に人文字が焼きついていますね。では今度オフ会があったら、10人程度で人文字を作って、店員に撮影してもらいましょうか。ひそそかさんは肩の部分をお願いします。僕は股間で我慢します。
Posted by yas at 2008年06月21日 10:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。