2015年08月23日

Elliott Murphy live in Tokyo

ロックンローラーとして長いキャリアを築いたアーティストが、そのキャリアの途中でぽつりと生ギターの弾き語りライヴアルバムを出すことがある。雑誌なんかで取り上げられるライヴの名盤リストに名を連ねることはないけれど、そういう類の地味なライヴアルバムの中には、僕にとっては珠玉の名作といえるものが少なくない。たとえば、グレアム・パーカーの『Live! Alone In America』。たとえば、ウォーレン・ジヴォンの『Learning To Flinch』。

エリオット・マーフィーの25年ぶりの来日になるという昨日のライヴを観ながら、もしこれが録音されていたら、きっとそれらの名作に匹敵するんだろうな、なんて思っていた。いいライヴだった。

DSC00104.JPG

僕はけっしてこの人の優秀なファンだったわけではない。2年半前に観たスティーヴ・フォーバート同様、それこそ中学の頃から入口は常に開いていたのに、どういうわけかその扉をちゃんとくぐったことはなかった。僕がエリオットのCDやLPを買い始めたのも、サニー・ランドレスやガーランド・ジェフリーズが参加してるからという、極めて副次的な理由が主だった。

それでも、そういうアルバム群を聴いてみれば、いいのはもちろんわかる。もっと聴いてみたくなる。そうしてたまに中古ショップで手頃な値段のアルバムを見かけるたびにぽつぽつと買い足して、何年にもわたって何十年も遅れて少しずつこの人のことを聴くようになっていた矢先に発表されたのが、今回の25年ぶりの来日というわけだ。もちろん、1990年には僕はこの人のライヴに出かけるどころか、アルバムの1枚も持っていなかったから、本当に待ちわびた真のファンの人たちと一緒に感慨にふけるのはおこがましいんだけど。


ライヴ中にエリオットも「この会場の名前はいったいどういう意味だ?」と言っていたぐらい読み方も意味もよくわからないZher The Zooという、代々木駅から至近の便利な会場。こんなところにこんなハコがあったんだね。会場の大きさとしては、数か月前にヒュー・コーンウェルを観た高円寺Highをやや小さ目にした感じかな。立ち見で満員まで押し込めば200人は入るかも、という程度の手頃な規模。

そこに、入場してみたらずらりと椅子が置いてある。ざっと見たところ、50脚ぐらいかな。そうか、残念だけどそんな程度の売れ行きなんだね。もちろん、直近になって花田裕之との共演が発表された今日の新宿公演はもっと大きなキャパでもっと沢山の集客があるんだろうけど。

興行的にはやや残念かもしれないけど、観ているこちらとしては、こんな小さなキャパの会場で、しかも僕は発売とほぼ同時にチケットを入手できて、かなりの良席をゲットできたんだから、もちろん文句なんか言うつもりはまったくない。

こんな小さな会場で、開場から開演まで1時間はさすがに間延びするなぁと思っていたら、最近にしては珍しく開演時刻の19時を過ぎてもなかなか始まらない。結局、19時15分過ぎぐらいだったかな、テイラーのアコギを手にしたエリオットが登場したのは。カフスボタンのついた白いシャツのボタンを胸の下ぐらいまで開き、その上には黒いベスト。黒いズボン。黒い革靴。茶色いパナマ帽の下には水色のバンダナが見え隠れする。もうほとんど白いといっていいぐらいの金色の長髪に、同じく白い不精髭。かなり度の強そうな遠視の眼鏡をかけている。

かなりスローにテンポを落とした「Last Of The Rock Stars」を弾き語り始めた瞬間から、僕の頭には冒頭に書いた感想が浮かんできた。これは、かなりいいライヴになりそうだ。

さっき書いた程度のにわかファンだから、知らない曲もどんどん出てくる。でも、そんなこと全然気にならない。同じようなアーティストのライヴだと、たとえばグレアム・パーカーやジョン・ハイアットのときは、それこそイントロの一音(もしくは、イントロを弾き始める前に弦を爪弾く音)でそれが何の曲だか全部わかってしまって、それはそれで楽しくはあるんだけど、こうして、ほとんど初めて聴く曲でも同じように楽しめてしまうのは、やっぱりアーティストの力量と曲の良さゆえなんだろう。

きっと日本人向けだからなんだろうけど、かなりゆっくり喋ってくれる。これが3回目の来日で、前回は1990年の10月だったこと。そのときは息子さんが生まれた直後で日本にいる間も気が気じゃなかったけど、今や25歳の息子はもう両親がツアーに出ていることで羽を伸ばしているだろうなんて冗談。35枚もアルバムがあるから、今回どんな選曲にしようかかなり迷ったこと。テーブルに置いてあったエヴィアンを指さして、「フランスの水だ」とか言ったり。先日のパイレーツ・カヌーの後だからすごく可笑しいMCとは思えなかったけど(変な免疫ができてしまった)、来てくれたお客さんにゆっくり話しかけよう、楽しませよう、というのがよく伝わってくる。いい人なんだろうなということがよくわかる。

僕でも知っていた「Sonny」とか、「昔からのファンに捧げるよ」と言って始めた「You Never Know What You're In For」とかの曲では特に、間奏のハーモニカがとても沁みた。ギターソロなんて呼べるような間奏はほとんどなかったけど、そのかわりと言ってはなんだが、あのハーモニカソロには、時折本当に涙が出そうになった。日本のトンボ製をずっと使ってるって言ってたね。

10曲ほどもそうやって時折MCを挟みながら続けた後だったろうか、「誰かリクエストはある?」ときた。聴きたかった曲がなくもないけど、にわかファンは黙ってますよ。そうすると、客席のあちこちからパラパラとリクエストの声があがる。びっくりしたような顔をしていたり、手首をぐるんぐるん回して「そいつは難しそうだ」なんて言ってたのを見ると、結構レアな曲だったんだろうね(もちろん、最初のリクエスト曲「Anastasia」は僕でも知ってたけど)。

2つのリクエスト曲を挟み、またセトリ通りの進行に戻って、「And General Robert E. Lee」のときかな、歌ってる途中で咳が止まらなくなってしまったんだけど、演奏は止めずに、「どうして咳が出たかわかってる。ウソをついたからだ。今“2本のギター”って歌ったけど、ここには1つしかない」って冗談を挟み、1本のギターという歌詞に替えて歌いなおした。あのせいでもうライヴ盤になることはないだろうけど(元々そんな予定もなかっただろうけど)、あんなアクシデントまで見せ場に変えてしまうなんて、さすが。

本編ラスト2曲は名盤『Just A Story From America』からの「Rock Ballad」と「Drive All Night」(後者は、さっきリクエストを募ったときに客席から声があがって、「それは後で演るから」と言っていた曲だ。この手の代表曲はあんな中盤でリクエストするもんじゃない。そういえばこないだのジョン・ハイアットのときも中盤で「Have A Little Faith In Me」なんてリクエストしてた客がいたな)。


アンコールでも、出てきた途端にリクエストを募るエリオット。NYの高層アパートに住んでいたときに眼下の街明かりを見ながら書いたという2曲目の「Diamonds By The Yard」を紹介するときに「今回東京の高層ホテルに泊まって、これはDiamonds By The Yard Part 2を書かなければと思ったよ」だって。

2曲のアンコールを終え、「もう全部演ったかな?」と問いかける。「Just A Story From America」演ってないじゃないかとは思ったけど、にわかファンが何か言う前に「Niagara Falls」と後ろの席からリクエストが。「僕より曲を覚えてるね」とエリオット。

案の定、恐る恐る始めたその曲は途中で歌詞がわからなくなり、でもやはり演奏は止めずに、パリに旧友のルー・リードが訪ねてきた時の話を始めた。おお、なんかこういうのもいいねと思っていたら、「じゃあせっかくだからルーの曲を歌おうか」と言って、偶然なのかほとんど同じコード(だったはず)の「Walk On The Wild Side」にメドレーでつなげた。うわ、すごいよこれ。こんな貴重(たぶん)なのが聴けたよ。

歌い終えてギタースタンドにギターを置き、楽屋に歩いていこうとしたときにシールドに足を引っ掛けてしまい、ギターが倒れそうになってしまった。慌ててギターに戻り、上を見て「ルー、見てたのかい?」と言ってからステージを去る。


終わっても、50人ほどの客のほとんどが誰も会場を去らない。もちろんサイン会あるんだろうね。と思っていたらすぐに出てきた。ライヴ本番は出てくるのにあんなに時間かかったのに。そして、ほとんどのお客さんが何枚ものCDやレコードにサインをもらい、一緒に写真を撮ったりしている。僕もせっかくだから、CDは持って行かなかったけど、開演前に買っておいた白いTシャツの背中にサインをもらった。Tシャツのサインって洗濯したらどんどん薄くなっていってしまうから迷ったんだけど。

DSC00116.JPG

終演後は、せっかく代々木まで来たからということで、友達と一緒にひさしぶりのひつじやへ。ほんとにここは安くて旨い。ワインのボトルがどんどん空いてしまうよ。いいライヴといい酒。最高の夜だった。


Setlist 22 August 2015 @ Zher The Zoo
1. Last Of The Rock Stars
2. Benedict's Blues
3. Sweet Honky Tonk
4. Take That Devil Out Of Me
5. Sonny
6. Take Your Love Away
7. You Never Know What You're In For
8. Hangin' Out
9. On Elvis Presley's Birthday
10. Blissed Out In The Land Of Nod
11. Anastasia
12. Deco Dance
13. And General Robert E. Lee
14. Even Steven
15. Rock Ballad
16. Drive All Night

Encore
1. Graveyard Scrapbook
2. Diamonds By The Yard
3. Niagara Falls / Walk On The Wild Side

DSC_0438.JPG
終演後に写真を撮らせてもらったセトリ。予定されていたアンコールの3曲は演奏されなかった。
posted by . at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

The Deedees live in Kyoto

11745791_396380727226936_635969077807885227_n.jpg

観に行きたいと思うライヴ全部に行ってしまうこの自分の性格はなんとかならないものか。前週に鎌倉で観たパイレーツ・カヌーがあまりによくって、次のツアーが待ち遠しいなぁなんて思っていたけど、よく考えたら今回のツアーまだ終わってないんだ、エリザベスまだ日本にいるんだ、と思うともう居ても経ってもいられず、京都まで日帰りで追っかけることにした。世間的にはフジロックの日曜日に。

事前に調べていたとおり(実はアクセスを調べるのにもちょっと手間取るような、そんなに普段からライヴが行われているような場所ではなかったんだけど)、京都駅からバスに揺られること約40分、地図で見るかぎりは金閣寺からそう遠くない、でもバスを降りたらライヴハウスどころか喫茶店の一軒も見当たらないような、何の変哲もないごく普通の街並みだった。

これは間違えたかなと思いながら道を歩いていたら、これまたごく普通の三階建ての住宅の外階段を上がったところにPapas Door 12Bと書いた小さな看板が。あ、これなの? 思ったより早く着きすぎたのを割り引いても、外には誰もいない。階段のところに並んでようかと思ったけど、並ぶもなにもそんな民家の外階段に一人で立ってたら単なる不審者。中からリハーサル中っぽい音が聴こえてきたので、ライヴがあることだけは間違いなさそうだから、ちょっと安心してその辺をうろつきながら時間を潰すことにした。

ところが、7月末の真昼の京都なんて、とてもうろつけるはずがないと気付くまでに5分もかからなかった。あっという間に汗だく。しょうがないので正面のコンビニに入って汗を乾かしていると、さっきの外階段を誰か降りてくるのが見えたので行ってみる。ああ、ドブロの名手、岩城さんだ。僕が近づいていったら、すぐ気付いてくれた。「ほんまに来てくださったんですね」と。

しばらく話してると、他のメンバーも降りてきた。前週のライヴで一回会っただけなのに、皆さんすぐ思い出してくれて嬉しい。開場時刻の14時になった頃に、メンバーの昔馴染みらしいお客さんも一人現れ、じゃあそろそろ上がりましょうかと皆で会場へ。

まったく普通の家のリビングルーム。キッチンカウンターがあって、オーナーの日向さんと奥さんがその中で飲み物なんかを用意している。カウンターのこっち側にはこないだのゴーティのようにいろんな楽器が所狭しと置いてある。客席側、壁に沿って椅子が確か八脚、床には座布団が八枚。キャパ16名か。たぶん今までに行ったライヴ会場で最小だなこれは。一応最初に来たので、ステージ近くの楽そうな椅子に座らせてもらおう。

開演予定の14時半まで、ぞろぞろとお客さんが入ってきて、ほとんどの席があっという間に埋まる。お客さんの大半はメンバーやオーナーとは昔からの知り合いみたいだね。日向さんは、パイレーツ・カヌー結成前にメンバーの何人かが一緒にバンドを組んでたらしいし、彼らがエリザベスの歌を初めて聴いたのもこの場所だったんだって。メンバーとそれぞれ別々に話していて、皆が異口同音に「ここは思い出の場所なんですよ」と言っていたのが印象的だった。

エリザベスのお父さん、オウエン・ハントとも開演前なのに色々と話させてもらった。セトリを見ながらこれは誰の曲だとかこれは知ってるかとか。いや、かなりディープなフォークソング集ですね。半分もわかりません。「ディーディーズってどういう意味ですか?」「父ちゃんと娘」ああ、そういうことね。

そんな風に会場のあちこちで和気藹々と話の輪ができていたけど、やがて時間になって、そういえばライヴだみたいな感じでおもむろにエリザベスとオウエンがそれぞれアコギを持って座る。オウエンのはクラシックギター。エリザベスのはあまり見たことない不思議な形のギターだったな。

DSC01852.JPG

こないだのパイレーツ・カヌーのとき同様、一曲目は伴奏なしのコーラス曲「Canaan's Land」。見事なハーモニーが決まってほっとした表情のエリザベス。「始まりの合図するの忘れてた」と、歌い始めてから天井のライトの調整をすることになってしまった日向さんに照れながら謝ってたな。ライヴ前にあんなになごやかにお客さんたちと話してたのに、やっぱり緊張してたのかな。

次からも、歌い始める前にオリジナルアーティストと簡単な曲紹介(ときどき歌詞の内容なども)を話しながら進めていく。僕なんかは全然知らないような曲でも、紹介した途端に拍手をするようなお客さんもいて、皆さんやっぱりこういう類の音楽に精通してるんだなあ。オウエンの日本語はそれほど流暢というわけではないけど、ときどき言い間違えたのをエリザベスが補足したりして、それがなんだかいい感じのボケと突っ込みみたいで可笑しかった。

二人で6曲(セトリにはもう1曲書いてあったんだけど、時間の関係か残念ながらそこまで)、最後は僕でも知ってるリチャード・トンプソンの「Withered And Died」で締め。30分ほどの短いステージだった。でも、失礼ながらこの二人だけのこの前半セットがこんなに本格的なものだとは想像もしていなかった。開演前にオウエンが自分たちは素人みたいなもんだからなんて謙遜しながら話してたのは話半分に聞いていたつもりではいたけれど、もう3曲目ぐらいまで聴いて僕は京都までの往復新幹線代の元は取れたと思ったね。

休憩をはさんで、今度はパイレーツ・カヌーの男性陣三名がバックについてのセカンドステージ。キッチンカウンターと壁際に置いてあるピアノとの間に全員が無理やり入ることになるから、なんだか電車ごっこでもしているかのような二列縦隊の不思議なポジション。エリザベスの真後ろにドラムスのヨッシー、オウエンの後ろに各種弦楽器の岩城さん、そのまた後ろにベースの潤さん。それぞれほぼ身動きできない状態で。

うわぁ、やっぱりこのバンドが入ると全然違うな。さっきも書いたとおり、ファーストステージも決して悪くなかった、というか僕はファーストだけでも数万円払って来た甲斐があったと思えたほどだったんだけど、このセカンドステージはそれのさらに豪華版。特に、曲ごとに演奏する楽器を持ち替える岩城さんがすごい(確か、1曲目がドブロ、2曲目がバンジョー、3曲目がマンドリン、あとは何曲目か忘れたけどウクレレも弾いてたし。なんであんなに違う楽器をそれぞれあんなに見事に弾くことができるんだ?)。ところであのウクレレは自作で、日向さんに売ったものを使わせてもらってたんだって。

ほとんどがカバー曲だったけど、後半にエリザベスとオウエンの自作曲を数曲披露。すごくいい曲だったのに、ディーディーズでCDを出す予定もないし、もちろんそれらの曲はパイレーツ用ではないんだって。なんてもったいない。

DSC01855.JPG

自作曲を演ろうとしたときに、イントロを演奏し始めてから歌詞を書いた紙を忘れたことに気付いたエリザベスが笑いながらバンドを止め、お父さんに歌詞カードを探してもらい、再び演奏開始。と思ったら、歌おうとした途端にそれが別の曲の歌詞だったことに気付いて大爆笑、みたいなこともあったな。

セカンドステージはほとんど一時間近くあったかな。最後の方はエリザベスがほとんど一曲ごとにお父さんに「今何時?」って聞きながら進めてたから、よっぽど時間に制約でもあったのかな。結局、セトリに書いてあった残り2曲を残して「これで最後です」と。当然、アンコールの拍手が出る。

「じゃあ最後にもう1曲やります」と言いながら、エリザベスがバンジョーとドブロをそれぞれお客さんに手渡して回る。戸惑いながらもすんなり受け入れる二名のお客さん。きっと、普段一緒に演奏している人たちなんだろうね。そしてエリザベス自身はギターからアコーディオンに持ち替えて、(セトリからは結局1曲飛ばして)ラストの「Goodnight Irene」へ。ろくに練習もしてないのに無茶振りされた二人のお客さんもそれぞれ少しずつのソロを決めて、和やかに終演。

ライヴ中、キッチン内でぐつぐつと煮立っていたカレーがもう夕方の腹にはとても耐えられないほどのいい匂いを放っていたので、終演後はお客さんもメンバーも即座にカレーを注文(鎌倉常連にはお馴染みの、ゴーティ商法ですね)。帰りの新幹線はちょっと余裕を持って遅めのを予約していた僕も、カレーと何杯目かのアルコールを注文し、ひき続きメンバーやエリザベスのお母さんと談笑させてもらった。いろんな裏話みたいなのや楽しい話も沢山あったけど、プライベートな話はどこまで書いていいものかよくわからないので割愛。

お客さんも名残惜しそうにぽつぽつと帰られ、やがて僕と最初に来ていた数名ほどのお客さんになった頃に、僕もそろそろ出ないと新幹線に間に合わない時刻になってしまった。別に僕に気を使って皆さんゆっくりしていてくれたわけじゃなかったんだろうけど、おかげでライヴ前後にも本当に沢山楽しい会話ができたよ。なんだか、ほんの一週間前に知り合ったばかりの友達のホームパーティーに誘われたような錯覚に陥ってしまった。あんな豪華なバンド入りのホームパーティーになんて呼ばれたことないけどね。

「じゃあ、お先に帰ります」と部屋を後にしようとしたら、エリザベスは玄関のところまで見送ってくれたし、ヨッシーはわざわざ階段を下りたところまで来てくれた。嬉しいな。

会場から数分歩いた先のバス停でなかなか来ないバスを待っていたら、道の反対側の駐車場に停めてあった車に戻るハント一家が見えたので、そのまま通りを横切ってまた会いに行ってしまった。なんか個人的な最後のアンコールみたいな感じで、車に乗り込む直前のエリザベスに挨拶して(そのとき彼女が手に持っていたプルーンの種は、捨てようと思って持ってるだけで別に渡そうと持ってきたわけじゃないと、最後の最後までちょっと可笑しな話で締めくくって)最高に幸せな気分のままバスに揺られて京都駅に向かった。

DSC01854.JPG
posted by . at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする