2013年03月20日

追悼 ジェイソン・モリーナ

Fading Trails.jpg

ひさしぶりに会う友達に誘われて、計算上一人あたりワイン一瓶あけて帰ってきたところにこの訃報。こんな酔った頭で書くようなことじゃないとはわかっているけれど、酔った勢いで少しだけ。

ソングス:オハイアもマグノリア・エレクトリック・カンパニーも、僕にとっては常に追いかけているという対象ではなかったけれど、新しいアルバムが出たとなると、いつも少しだけ気にかけてはいた。安く手に入るとか、たまたま見かけたサイトで限定盤が売り出されているとか、そういうときには散々迷った挙句、買ったり買わなかったり。ああ、なんだか自分ののめり込んでなさが露呈してしまうような書き方だね。

数枚しか持っていないけれど、どのアルバムも、ふと思い出して聴いてみたらすごくいいんだ。いつも、なんで僕はもっとこの人のファンじゃなかったのかなと聴くたびに思ってしまう。

もう、この人が作った新しいアルバムを聴くことはないんだと思うと、なんでそんなもったいない聴き方をしていたのかなと思ってしまう。いいと思ったアルバムはもっとちゃんと何回も聴き返そうよ。たくさんCDを持っていることが別に必ずしもえらいわけじゃないんだと。

アルコール摂取過多による臓器不全だとか。39歳だったとか。酔った頭には辛い言葉だけれど、今この頭ではそれについてなんて書いていいかわからないよ。今CDラックを見てみたら、残念ながら彼のアルバムは全部東京に置いてきてしまっているな。なのでCDを聴きながらの追悼はしばらく先になってからか。

酔った勢いで夜中に書いた文章なんてあとで読み返してみるとろくなことはないけど、まあこんな感じで。
posted by . at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする