2013年01月20日

ウィルコ・ジョンソン

今回の来日のニュースを最初に読んだのはいつだったかな。逐一来日情報を追っかけてる相手じゃなかったから、「なんだ、また来るのか。つい最近来たばっかりじゃなかったっけ」というのが率直な気持ちだった。もちろんそのニュースを知ったときには僕はもうマニラに引っ越してきていたから、わざわざライヴを観るために日本に行くつもりもなかった。まさか、こんな話になっているなんて知りもせずに。

もう来日公演もとっくに終了し、ネット上のあちこちで沢山話題になっているから、今頃になって取り上げるのもなんだか間の抜けた感じではあるんだけど、やっぱりちょっと書いておきたくて。

今回の来日公演の初日だった東京公演の確か前日だったと思う、ウィルコ・ジョンソンが末期のすい臓がんだということを公表したのは。化学療法を受ければ延命の可能性はあったけれど、あえてそれを拒否して、予定通り来日公演を決行し、その後フランスでの短期ツアーと英国でのフェアウェルツアーを行い、最後のCDを発表して自らの活動を終えるとのこと。

もし、日本公演を発表したときにこのことを発表していれば、公演の売り上げなんて全く心配する必要なかったろうに、あえて公演前日までそれをひた隠しにし(もちろんそんな心配なんてする必要もなく、東京・京都の両公演ともソールドアウトだったようだけど)、そのうえで満員の観客に対しては、これが最後だとお互いに認識した感動的なライヴを行ったようだ。沢山のゲストが飛び入り出演したらしく、ファンにとってはたまらなかっただろうね。

東京公演では、知らせを聞いて駆けつけたけれども会場に入れなかったファンのために、会場の外にモニターを置いてくれたりしたらしい。そして、ウィルコは今回の公演の収益を全て東日本大震災の被災地に寄付するとのこと(自分もチケット代を払ったとかいう話も)。そのために病を押して最後の日本公演を決行したのか。

思えば、さっき僕が書いた「つい最近来たばっかり」というのは、東日本大震災の直後の11年4月のことだった。あの、来日公演が軒並みキャンセルされていた時期に(そりゃそうだろう、日本人だって東京から脱出するべきかなんて話をしていた頃だったからね)、そんな時だからこそと来日を決行してくれたんだった。そして、今回の寄付。なんでそんなにまでしてくれるんだろう。日本人として頭が上がらないよ。


最初に書いたとおり、僕はウィルコ・ジョンソンの熱狂的なファンというわけではなかった。唯一、彼のことを観たことがあるのは、87年にイアン・デューリー&ザ・ブロックヘッズと一緒に来日したときのことだ。確か前座としてウィルコ・ジョンソン・バンドが登場し、本編でもブロックヘッズの一員としてウィルコが(アンコールだけだったかな)演奏していたのを覚えている。ライヴ自体は物凄くよかったという記憶はあるものの、細部は全く覚えていない(そういうのがもったいなくて嫌だから、観たライヴの内容はこと細かく書き残しておこうと思ってこのブログを始めた。そのライヴより20年近くも後の話だけど)。でも、まだ髪の毛のあったウィルコがあの素っ頓狂な顔をしてステージの上をカニみたいに横走りする姿は今でも脳裏にくっきり焼きついているよ。

先日、英国でのフェアウェルツアーの日程が発表された。3月6日のロンドンから始まる、たったの4公演。ウォルヴァーハンプトン、ホルムファース、グラスゴーと、選択基準のよくわからない4都市(ホルムファースなんてどこにあるのか知らなかった。マンチェスターとリーズのちょうど中間ぐらいなんだね)。見たところ、どこも小さな会場のようだ。明日発売のチケットはきっと瞬時にソールドアウトだろう。行ってみたいとは思ったけど、再来月なんて到底無理。それに、彼のことをずっと追っかけてきたファンからお別れツアーのチケットを横取りするわけにもいかないしね。

そのかわりと言ってはなんだけど、先日出張のついでに日本に置いてあったウィルコ・ジョンソン関連のCDを持ってきた。これ以外にもドクター・フィールグッドのアルバムがいくつかあったはずなんだけど、探し出せなかった。せめて、これを聴きながらマニラで擬似お別れツアーをしよう。あとは、最後のCDが発売されたら、真っ先に正規の価格で買って、日本のことをずっと気にかけてくれた彼に恩返ししないとね。

DSC01575.JPG

posted by . at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする