2012年12月23日

序幕 - The Milk Carton Kids

Prologue CD.jpg
The Milk Carton Kids 『Prologue』

普段からバンドキャンプとかで未知のアーティストをこまめにチェックしている人たちにとっては言わずもがなだろうけど、もう昔みたいに旺盛な好奇心を持って新しいバンドやミュージシャンを探すようなこともあまりなくなってしまった僕みたいな人間にとっても、何かの拍子に誰かに教えてもらったアルバムに心をわしづかみにされてしまうような瞬間はそれでも年に何度かという頻度で訪れる。

11月にマット・ジ・エレクトリシャンのライヴで鎌倉のカフェ・ゴーティを訪れた際に、それより少し前にゴーティの松本さんがつぶやいておられたアルバムを2枚、ほとんど音も聴かずに購入した。もう最近では松本さんがどういう紹介をしたらどういう音なのかまで大体わかるようになってきた気がするからね(笑)

LA在住のケネス・パッテンゲール(Kenneth Pattengale)とジョーイ・ライアン(Joey Ryan)という二人のSSWが組んだユニットがこのミルク・カートン・キッズ。2011年1月にカリフォルニア、ヴェンチュラのゾーイーズ・カフェ(Zoey's Cafe)で録音されたライヴアルバム『Retrospect』を二人の連名で出し、同じ年にこのミルク・カートン・キッズ名義のファースト・アルバムをリリース。さっき書いたもう1枚のアルバムというのはもちろんこのライヴアルバムのこと。

Retrospect.jpg

二本のアクースティック・ギターに二人のハーモニーという、まあありふれたと言えばもうこの上なくありふれたスタイルの音楽なんだけど、とにかく曲のクオリティが高い。アルバムを聴いていると、あれ?これサイモン&ガーファンクルだっけ?とか、CS&Nにこういう曲があった気がするとか、なんとなくランバート&ナティカムみたいだなあとか、そんな風に感じる瞬間が次々に現れる。もちろん、決してそれらのアーティストのマネだと言ってるわけじゃないよ。

どちらのアルバムにも「ケネスは1954年製マーティン0-15、ジョーイは1951年製ギブソンJ45を使用。どちらのギターもノリック・レンソンによって丁寧にケアされている」とわざわざクレジットされているように、ギターの音には細心の注意(と愛情)が注がれている。以前、ギター収集を趣味にしている会社の先輩がギブソンとマーティンのアコギの違いを語ってくれていたんだけど、こういうアルバムを聴くとそれがよくわかる。

「Michgan」とか「New York」とか(ライヴ盤収録の)「California」とか、やたら地名のついた曲が多い。歌詞は一通りざっと読んだけど、それほど凝ったことを歌っているわけじゃないね。ユニット名から冠詞を外して単数形にした「Milk Carton Kid」という曲があるから、何のことだろうと思って調べてみたら、昔のアメリカでは行方不明になった子供の写真を牛乳箱に印刷したりしていたんだね。ネットで調べていて、最初のミルク・カートン・キッドは30年経っても未だ消息不明とか書いてあるのを読むと、胸が痛くなる。

Milk Carton Kid.jpg

でもその曲は特に行方不明の子供のことを歌っているというわけじゃなく、自分の心の痛みがミルク・カートン・キッドのようにある日突然消えてしまったというような比喩に使っているだけ。うーん、アメリカ人にとってのこの単語がどれぐらいの意味合いを持つのかよくわからないけど、なんかこんな重い言葉をそんな風に使うのかと、ちょっとそこだけは違和感を持ってしまった。

『Prologue』の作曲クレジットはすべてユニット名義になっているけど、そちらとは1曲もかぶっていない『Retrospect』の方は、結構長いキャリアを持つ二人がそれぞれの持ち歌を持ち寄った内容のようで、ほぼ交互にケネスとジョーイの曲が並んでいる。それを聴くと大体どっちがどういう感じの曲を書くのかがわかる。

相方の曲のときにはもう一人がコーラスをかぶせるんだけど、二人とも結構似た声質だからなかなか判別しづらい。と思っていたら、NPRのタイニー・デスク・コンサートで二人が演奏しているのを発見。



『Retrospect』のジャケは二人とも顔が半分で切れているし、名前が書いてある箇所と本人の写真が逆になっているから、声どころか見た目もどっちがどっちだかわからなかったんだけど、このビデオでよくわかった。背が高いのがジョーイで、ちっこくてヘラヘラしてるのがケネスと。二人とも(特にジョーイ)、真面目な顔してぼそっと可笑しいことを言うところがなんだか親近感を持てるよ。それにしても、CDを聴いてても思ったけど、「I Still Want A Little More」でのケネスのギターの凄いこと。映像で観られてよかった。

一番上にリンクしたアマゾンでは在庫切れになってるね。米アマゾンにはまだあるみたいだけど、この手のCDが何度もプレスされるとは思わないから、気になったら見かけたときに入手しておいた方が得策。カフェ・ゴーティにはまだ在庫残ってるかな? 実はこの2枚のアルバム、ミルク・カートン・キッズのオフィシャルサイトでフリーダウンロードができるようになってるんだけど、ちょっと聴いてみて気に入った人は、ぜひこの味のあるジャケを手に取ってみてほしい。ゴーティさんの売り上げに貢献して、彼らを日本に呼んでもらうというというのもありだと思うし。

そうは言っても普通の人はダウンロードで済ませてしまうのかな。でも僕はこういうことに関してはあまり普通の人ではないから、LPまで取り寄せてしまった。一番上に載せたCDのジャケとは微妙にトリミングが違うのがわかるだろうか(わかったからといってそれに感心する人は皆無だと思うが)。

Prologue LP.jpg

何グラムだかわからないけど手に持ったときにちょっとずっしりくる重量盤。レコードが入っているインナースリーヴに、CD内ジャケ左側の写真(ビルの高層部)が印刷されていて、その上に歌詞が載っている。スリーヴを裏返すと、反対側の写真の下側の写真になっていて、この写真だけはCD版にはない。

Prologue Lp Insert.jpg

この部分を見ると、アルバムクレジットにある「NY42番街グランドセントラルステーション入口」という写真の意味がわかる。まだ路面電車や馬車が走っていた20世紀初頭のNYだ。ちなみに、CDだとブックレットに歌詞と一緒に載っているジョー・ヘンリーによるライナーは、LPの裏ジャケに載っている。

このブログの偏屈なルールのせいで2011年発表のこのアルバムは来年初頭の僕のベストアルバム記事に載ることはないけれど、そんな縛りさえなければ間違いなく今年初めて聴いたアルバムの中ではトップクラス。序章・序幕という意味合いのこのアルバム、まだ若い(であろう)この二人がこれからどんどん作り出す傑作の序幕役であってほしい。と思っていたら、さっき見た米アマゾンで、1月8日にニューシングル「Snake Eyes」が、しかもメジャー系のアンタイ/エピック配給で出るということを知った(MP3だけみたいなのが残念だけど)。これはいよいよこの人たちこれから注目されるのかもね。祈来日。


<12月24日追記>

ひとつ肝心なことを書き忘れてた。アナログ盤はB面ラストに「Des Moins, IA」というボーナストラックが入った全10曲入り(また地名タイトル)。「I Still Want A Little More」での見事なエンディングの後にはちょっと蛇足と思えなくもないが、まあそれでも未発表曲が一曲でも聴けるのは嬉しいこと。


posted by . at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

Sting live in Manila

DSC_0064.jpg

マニラにスティングが来ると最初に知ったのは確か9月ごろだったか。Back To Bassと名付けられたツアーは、上のポスターにもあるように、ここ数年ずっとライヴでは歌とギターに専念していたスティングが久しぶりにベースを演奏するというのが売り文句。08年のポリース再結成ライヴをチケットを買っていたにも関わらず見逃してしまった身としては、それはちょっと見逃せないなと、早速チケットを押さえた。

ただ、上の写真の下のほうに小さく数字が書いてあるのを読めるかもしれないけど、ここフィリピンのコンサートチケットの代金というのは、当地の物価をたとえ考慮に入れなかったとしても、暴利としかいえない価格。6種類あるチケットの代金が上から15840ペソ、10560ペソ、7920ペソ、5810ペソ、3700ペソ、1030ペソ。最近のペソ高騰のお陰で円換算がしやすくなって、1ペソ=約2円だから、それぞれの価格を倍にしてもらえれば円の金額になる。アリーナ席は3万円超ということだ。

僕が手にしたのは下から3つ目のグレードの席(それでもほとんど1万2千円近くする)。ステージをほとんど斜め横から見下ろす感じのスタンド中央あたりの席。まあ、これ以上安い席だともうほとんど見えないだろうし(ちなみに1030ペソの席はスタジアムのほぼ天井に近いところの早い者勝ち自由席)、かといって数万出すのもなあという妥協の選択。


「スティング公演の会場が変更になった」と風の噂で聞いたのは先月のこと。なんでも、元々の会場であった、アジア最大規模を誇る商業施設SMモール・オブ・エイジア(MOA)に隣接するMOAアリーナを運営するSMグループ(フィリピン最大の財閥)が、ルソン島北部のショッピングモールを拡張するために、環境団体の反対を押し切って松の木など182本を伐採したという話を聞き、急遽会場を変更したとのこと。さすが森林保護者スティング。

替わって会場となったのは、MOAアリーナとほぼ同規模(つまりフィリピン最大規模のライヴ会場)であるアラネタ・コロシアム。ちょっとここで問題が。僕は元々のチケットをSMチケットというところで購入していたのが、なんとSMチケットは上記のゴタゴタを一切顧客に知らせず、僕も“風の噂”で聞くまでそんなことは全く知らなかった。自社ウェブサイトからも、いつの間にか何事もなかったかのように、スティングのスの字すら消えてなくなっていた。

そのことを知ったとき、僕はちょうど地方出張中。どうやってチケットを交換すればいいのかをSMチケットにメールで確認すると、「MOAアリーナのチケット売り場に元のチケットを持ってくれば交換できます。締め切りは今日の7時」だと。あのね、僕マニラにいないんだけど。しかもそっちから一切連絡もして来ず、なにその仕打ち。

結局さんざん面倒なやりとりをした結果、マニラに戻った日にMOAアリーナにチケットを交換しに行くことに(「あなたのために延長してあげたんですからね」とまで言われる始末)。しかも、交換してもらったチケットは、なんだか微妙に元の席よりも上のほうだし。


と、かなりうんざりした気分で出かけたアラネタ・コロシアム。日曜だというのに夜8時なんて遅い時間に開演だし、チケット見てもサイト見ても何時開場なのか書いてないし、ただでさえ始終渋滞しているマニラで、終演後いったい何十分後に家に戻れるのかとか、到底ライヴを楽しむなんて気分とはほど遠い感じで辿り着いた。

DSC_0062.jpg

マニラは11月に入った頃からすっかりあちらこちらでクリスマス仕様。この写真だけではわからないけど、ARANETA COLISEUMの文字の下側の電飾がこのままあちこちに広がって、ネオン仕掛けの動物(何故かエビとかタツノオトシゴとか)や巨大なクリスマスツリーにつながっている。

入場して席に着いてみると、やっぱり相当上のほうだなあ。ステージ上にいる人間がタミヤの35分の1のミリタリーキットのプラモデルぐらいの大きさにしか見えないよ。ここのところずっと、下手したらアーティストに体がぶつかってしまうぐらいの勢いの小さなハコでしかライヴ観てなかったから、これはちょっと気持ちが醒めてしまうね。

これが僕の席から見たステージとアリーナ席。もうほぼ真横といっても差し支えないぐらい。まあ、これだけ高いお陰で、ステージ手前に置いてある黒い大きなモニタースピーカーでステージ上の誰かが見えないなんてことがないのが不幸中の幸いか。ちなみにこの写真を撮った時点ではまだ席はガラガラだけど、最終的にはアリーナから天井付近の席まで満席だった。

DSC_0066.jpg

まだかなり空席が目立った8時ちょうど(ほとんどのお客さんは売店とかトイレにたむろしていた)、突如客電が落ちた。まさかの定時開始?と思ったら、前座のフィリピン人バンドだった。おいおい、8時開始で前座まであるのかよ。これは今日中に帰れないかも。

子供みたいな声と体型のヴォーカル&ギターと、ベースとアコギの3人組。半分カバー、半分(タガログ語の)自作曲という感じのグループ、僕は名前は知らなかったけど、出てきた途端に大歓声で受け入れられてたから、もしかしたらこちらでは人気なのかも。歌も演奏もめちゃくちゃ上手かったよ。さすがフィリピンバンド、レベル高い。

前座がきっちり30分で終了、その後20分ぐらいしてまた客電が落ちる。さあ、いよいよスティングの登場だ。黒いぴったりしたシャツに、上のポスターと同じボロボロに塗装がはげたフェンダーのベースを肩から提げて、5人のメンバーと一緒にステージに現れる。スティングとギタリストがステージ向こう側から、その他3人はステージのこちら側から。

しばらく見ないうちに、スティングずいぶん禿げたなあ。でも、おでこの面積がどんどん広がっているという感じで、頭頂部はふさふさの金髪。両サイドを綺麗に剃りあげているから、見た目ほぼモヒカン。なんでこんな風にかっこよく禿げられるんだ?同様に前頭部から徐々に進行する例でいうと、ジェイムズ・テイラーなんか未練がましいまでに後頭部&側頭部だけ残ってたりするけど、頭頂部で進行が止まるという事例は他にあまり見たことないよ。

閑話休題。なにも言わずにスタートした1曲目のイントロで大歓声。すごいなこれは。「If I Ever Lose My Faith In You」がオープニング。この人全然声変わってないね。たまにオリジナルよりも下で歌うこともあったけど、よくもまあこんなこめかみの血管切れそうな歌ばかりあのトーンで歌えるよ。すごいな。

その曲が終わったところで早速メンバー紹介。ギターは確か最近ずっと一緒に演ってるドミニク・ミラー(Dominic Miller)だね。僕のほうから見て手前にいる青いシャツを来た黒人、デイヴィッド・サンシャス(David Sancious)だ! リアルタイムで知ってるわけじゃないのに、いまだに「元Eストリート・バンドの」と思ってしまう。すっかりお爺さんになってしまったなあ。

あとのメンバーは僕はよく知らない。調べてみたら、ドラムスがヴィニー・カリウタ(Vinnie Colaiuta)、ヴァイオリンがピーター・ティッケル(Peter Tickell)、女性のコーラスがジョー・ロウリー(Jo Lawry)。今どきコーラスだけのメンバーがいるというのも珍しいかも。

続けて演奏を始めたイントロの、このふわっとした浮遊感。「Every Little Thing She Does Is Magic」だ。どういうわけか、僕はこのツアーはスティングがソロになってからの曲(だけ)を自らベースで演奏するという趣旨だと思い込んでいたから、ここで早くもポリース時代の曲が出てきたことで大歓喜。

さらに続けて、「Englishman In New York」。頭から立て続けになんて贅沢な選曲。観客大合唱。ステージ上方に架かったスクリーンを見ると、スティングも終始ニコニコしている。そりゃ、これだけの大歓声に大合唱、嬉しくないわけないだろう。

続く「Seven Days」はオリジナルとがらっと変わった、なにやら拍を数えるのも大変なほどの難しいリズム展開のアレンジ。どのメンバーも超達者。まあ当然だろうけど。86年の名ライヴ盤『Bring On The Night』で聴けた、大きな波に乗っているかのようなうねりを持ったリズムは、当時とはすっかり代替わりしたメンバーでも依然健在。

二曲目となるポリース・ナンバー「Demlition Man」は、始まった瞬間どんなハードロックを演るのかと思ったほどの激しいアレンジ。ここらへんまで聴いてようやくわかった。今回のツアーって、単にスティングがベースを弾きますよというよりは、最近オーケストラと競演とかあれこれお上品な方向に触手を伸ばしていた彼が、まさにあの『Bring On The Night』時代のように、また“バンド”の一員としてツアーに出てみようと思ったんだ、きっと。手馴れた曲にも新鮮なアレンジを施したりして。

しばらく前に入手して聴いた、08年再結成ポリースのライヴ盤『Certifiable』での、現役時代と打って変わったやたらとゴツい音とどうしても比較してしまうんだけど、これだけのテクニシャンが集まってこれだけしなやかかつふくよかな演奏を聴くと、もう僕にはポリースの再結成なんて全く必要なく思えてしまう。ポリース時代の曲しか演奏できないなんて妙な縛りも気にしなくていいしね。

事実、終わってみたら全演奏曲目のほぼ半数がポリース時代、残りがソロになってからの新旧織り交ぜた選曲というバラエティは、実にいいバランスだった。単なるヒット曲集でなく、地味ながらも聞かせる曲も多かったし(多少中だるみした部分もなきにしもあらずだったけど)。

テーブルに置いてあった小さな狐のぬいぐるみを手に、「フィリピンに狐はいないだろう。イングランドには沢山いて、ニワトリを襲って食べたりするんだ。次の曲は雄と雌の二匹の狐の物語」と説明して始めた「The End Of The Game」。オーケストラと競演した最近の、その名も『Symphonicities』というアルバムに含まれた曲みたいだけど、元々は「Brand New Day」のシングルB面だったんだね。『Brand New Day』は僕が律儀に彼のアルバムを続けて買っていた最後の時代のアルバムだな。99年か。もう10年以上前になるのか。

これに続く「Fields Of Gold」とか、観客とのコール&レスポンスが延々続いた「Heavy Cloud No Rain」に続いた「Message In A Bottle」とか、曲の緩急のつけ方が抜群。ちょっとだれてきたなと思った瞬間、突然「Message In A Bottle」のあのイントロのギターリフが流れてきたときなんて、失神するかと思った。

同じく、静かな曲が3曲ほど続いてちょっと中だるみ感があったところにあの「De Do Do Do De Da Da Da」のイントロは破壊力抜群。盛り上がるのなんのって。こちらも観客に散々歌わせ、かなり長く続いたところで突如トーンが変わって、いきなりジャズっぽいインプロビゼーションに突入。リード楽器の3名がそれぞれソロを取る。デイヴィッドのジャジーなオルガンソロは予想の範疇だったけど、ピーターの超速弾きヴァイオリンは凄かった(このパート以前にも何かの曲で速弾きソロを披露)。

この人、スタジオ盤ではブランフォード・マルサリスが吹いているサックスのラインをヴァイオリンでそのまま(音色まで似せて)なぞったり、かなり聴かせたね。特にこの即興演奏パートでの、ステージを動き回りながら、弓をぼろぼろにしながらのソロは格好よかった。

この即興パート、どこのセットリストを見てもタイトル書いてないけど、これだけで独立した1曲と言われても違和感ないぐらいの充実度と長さだったよ。なので僕の中では今回のライヴの16曲目はこの曲。タイトル不明。

そして、またしても説明不要のイントロ。「Roxanne」だ。時計は見ていなかったけど、もう既にかなり長時間に及んでいたから、おそらくこれが本編最後だということは誰が聴いてもわかる。コール&レスポンスが延々と続き、大歓声の中、メンバーがステージを降りる。

アンコールの嵐の中、ほどなく再登場。「Desert Rose」、「King Of Pain」ときて、最後はお決まりの「Every Breath You Take」。こうして聴くと、イントロのリフ一発でどの曲かすぐにわかって観客大爆発、みたいな持ち歌がほんとに多いね、この人。

「Every Breath You Take」で大団円かと思いきや、一旦引っ込んだメンバーが再度ステージに登場。これも激しいスネア連打のイントロですぐにそれとわかる、ポリースのデビューアルバム冒頭を飾る「Next To You」。最後はバタバタバタという感じでルースに演奏を終え、ゆっくりとメンバー全員がステージ前方に一列に並んで肩を組み、大きく頭を下げて終了。またそれぞれが出てきた方向にステージを降りていく。

僕の周りではこれで席を立った人もいたけれど、依然として歓声は鳴り止まないし、客電も点かない。と思っていたら、またしても再登場。本日3度目のアンコールだ。スティングは片手にクラシックギター(ボディーの形はフォークギターっぽくカッタウェイが入っていたけど)を持っている。この日初めてスティングがベース以外の楽器を手にした瞬間。僕のところからはちょっと見えなかったんだけど、ドミニクがベースに持ち替えていたのかな。

「ミンダナオ島の台風被害者の方々にこの曲を捧げます」と、12月だというのに500人以上もの死者を出したつい先週のタイムリーな台風の話題を盛り込みながら、曲はお約束の「Fragile」。最後はしっとりと演奏を終え、今度はもう肩を組んで並ぶこともなく、それぞれ観客席に挨拶しながらステージを降りる。常にステージの向こう側から出入りしていたスティングも、このときだけは一旦こっち側に来て挨拶をしてから向こうに戻っていった。

この時点で11時直前。よくこんな大会場のライヴをこんな時間までやってるよ、皆帰れるのかなと思いながら外に出てみると、巷はまだ普通にラッシュアワー。さすがマニラ。とんでもない値段のチケット代に比べると比較的お手ごろ価格(1100ペソ=2200円)なTシャツを購入。いろんなデザインや、シャツの他にもスウェットやニット帽もあったけど(このくそ暑いマニラで誰があんなのかぶるんだ)、一番オーソドックスなツアーTにした。

DSC01510.JPG DSC01511.JPG

背中の開催地一覧に日本が載っていないのが、日本人的にはちょっとレアかも。

結局、待機していてくれた運転手との連携がうまくいき、大混雑の出口をすり抜けてすんなりと車に乗り、猛スピードで(これはいつものこと)帰ったら、当初の悪い予感に反して11時半前にはあっさり家に着けてしまった。なんか、出かける前のうんざりした気持ちとは打って変わって、すごくいい気持ちで一日を終えることができたよ。あれこれと困難を乗り越えて(笑)観に行ってよかった。

Setlist 9 Dec 2012 @ Smart Araneta Coliseum, Manila

1. If I Ever Lose My Faith In You
2. Every Little Thing She Does Is Magic
3. Englishman In New York
4. Seven Days
5. Demolition Man
6. I Hung My Head
7. The End Of The Game
8. Fields Of Gold
9. Driven To Tears
10. Heavy Cloud No Rain
11. Message In A Bottle
12. Shape Of My Heart
13. The Hounds Of Winter
14. Wrapped Around Your Finger
15. De Do Do Do De Da Da Da
16. (Improvisation)
17. Roxanne

[Encore 1]
1. Desert Rose
2. King Of Pain
3. Every Breath You Take

[Encore 2]
1. Next To You

[Encore 3]
1. Fragile


この記事をアップしようとして気づいたけど、今日は12/12/12のゾロ目だね。ゾロ目といえば09/09/09のビートルズ再発祭りとかあったけど、よく考えると今生きている人がゾロ目日付を経験できるのは今日が最後だ。だからどうってことないんだけど、せっかくなので今日一日この日付を堪能しよう。記事はもう書けたけど、せっかくだから12時12分まで待ってアップしよう。
posted by . at 12:12| Comment(2) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。