2012年02月19日

The Pains Of Being Pure At Heart live in Tokyo

DSC02784.jpg

純真無垢でいることの痛み、なんて青臭すぎるアーティスト名と、あからさまにジャケ買い心を誘うオシャレな白黒ジャケを見て、へそ曲がりな3年前の僕は逆に手を出さずにおこうとしていた。

それが、あまりにも話題になっていたので、中古で安くなっていたのを買って聴いてみたらなかなかいいなと思ったものの、最近移動中にウォークマンで曲名も見ずに聴くことが多いせいか、アルバム全編似たような曲調ばかりでろくに曲の区別もついていなかった。彼らの曲ってサビのところで曲名がリフレインされないのが多いから、余計にわからないんだよね。

活動初期の入手困難な音源が収録された2枚組編集盤も、なんだかそれまでとは打って変わってちょっと不気味な感じのジャケになってしまったセカンド『Belong』も欠かさず聴いてきたけれど、曲名すら全然覚えられない状態がずっと続いていた。

去年の結構早い時期に発売された今回の来日公演のチケットも、年明けからこんなに沢山のライヴに行くことになるのがもし当時わかっていたら多分僕は買わなかったかもしれない。それぐらい、僕にとってはどうしても観てみたかったというアーティストではなかった。

と、まずはネガティブなコメントを洗いざらい。最近ちょっとライヴ三昧になってしまっているので、どうしても気持ちがちょっと贅沢になってしまっていたというか、慣れからあのライヴ前のわくわくした気持ちが欠けてしまっていたのは事実。

なんて反省の言葉が出てくるほど、思いがけずいいライヴだった。4曲のアンコールまで含めてわずか1時間という潔いライヴに負けないように、簡潔明瞭に書いてみよう(まあ、大方無理だとは思うけどね)。

さすがの人気バンドの再来日公演ということもあって、開場のクラブ・クアトロは(この前のベイルートほどではないものの)開演30分前にはすでに満杯。

前座はウィークエンドというどこかで聞いたことのある名前のスリーピース・バンド。申し訳ないけど僕は3曲ほど聴いたところで飽きてしまった。本編のペインズ・オヴ・ビーイング・ピュア・アット・ハート(長いので以下TPOBPAHと略。略してもまだ長い)の曲がいかに魅力的で、この手の有象無象のシューゲイザー軍団から頭一つ飛びぬけているかということを逆説的に理解させてくれる、そういう意味では最適な前座だった。皮肉な言い方で悪いけど。

凄くタイトなドラムスの音だけは僕は気に入ったんだけど、終演後に一緒に観ていた友達と話していて、あのドラマーきっとフー・ファイターズとか好きなんだろうねと言われ、なるほどと納得。確かにデイヴ・グロールを軽量化したみたいな感じだったね。

前座30分、セットチェンジに30分で、ほぼ定刻通りにTPOBPAHのメンバー5人が登場。ギター&ヴォーカルのキップはセットチェンジのときにずっとドラムキットのところに座っていたので、僕はてっきり彼がドラマーなのかと思っていた(冒頭に書いたとおり僕はそれほど熱心に彼らのことを追っていたわけではないので、アー写を見ても紅一点のペギー以外はどれが誰なのかよくわかっていなかったから)。

セットチェンジの最後に、他のスタッフがチェックした全部の楽器を自分で触ってみて確認していたほどの完璧主義者のキップ、ステージに出てきても「チェック、チェック」とギターやマイクのチェックに余念がない。と思ったら、どうやらベースのアレックスとトランスミッターが入れ替わっていたらしく、交換したトランスミッターを腰につけてようやく開始。1曲目はファーストアルバムから「This Love Is Fucking Right!」。

たぶん演奏曲名が全然わからないだろうと予想した僕は、前日一夜漬けで自分の持っている3枚のCDをちゃんと歌詞を読みながら聴いて予習し、ついでに直近のオーストラリア・ツアーのセットリストを調べていたから、おおよその曲順は予想がついていた。このオープニングも最近のツアーセットそのままの予想どおり。

時々あいさつや感謝の言葉を入れる以外はほとんど曲間もなくどんどん進行していく。僕が聴いていた場所が比較的スピーカーの近くだったということもあって、かなりの爆音。まあ、この手の音楽を小さい音で聴いてもしょうがないからね。轟音に体を委ねる心地良さ。

一応予備の楽器もステージ上には置いてあったけど、最後まで全員が同じ楽器を使い続けた。キップは白のフェンダー・マスタング。アレックスも白いマスタング・ベース。ペギーが赤いノード(赤以外って見たことないけど)。ドラムキットは覚えてないや。セカンドアルバムから新加入のセカンドギタリスト、クリストフは黒いスタインバーガー。スタインバーガーのギターの音を生で聴くのは僕は初めてだったんだけど、あんなにギシギシしたメタリックな音が鳴るんだね。

どちらかというとファースト・アルバムの曲を軸にしてライヴが進行(一夜漬けの甲斐あって、だいたい演奏し始めた曲がどのアルバムに収録されているかぐらいは聴いててわかった)。なかでも、8曲目に演奏したファーストからの疾走ナンバー「Come Saturday」から「Young Adult Friction」、そして疑似モータウンみたいなビートの「A Teenager In Love」という流れが最高だった。似たような曲調ばかりなんてさっき書いてしまったけど、こうして聴くとしっかり盛り上げるべきところにいい曲を持ってきているね。

その3連発の後かな、キップがやっと長いMCを入れたのは。「このあとアシカを観に行ってDJをするんだ。モスコミュールとチューハイ飲んで」とか言ってたから何のことだろうと思って、帰ってから調べてみたら、シー・ライオンズという同じレーベルのバンドが来日していて、この同じ夜にパーティーをやってたんだね。

「日本にはいいものが沢山あるけど、いちばん気に入ったのはレインボーバスとチューハイ。ストロングゼロ、8%」とか言ってたね。レインボーバスって何だ?観光してたのかな。そういえばアメリカにはきっと缶入りのチューハイなんてないよな。

キップに続いてペギーがMC。ところが、ペギーが喋ってるのにかぶせて新人がギシギシとうるさいギターを鳴らして調弦。なんて間の悪いやつなんだ。キップが思いっきり睨みつけてたね。

本編は12曲、わずか40分ほどで駆け抜けた。アンコールの拍手に応えてキップが一人で登場。ファーストアルバムのオープニング曲「Contender」をエレキで弾き語り。アルバムとは全然違うアレンジなのに、これが全然違和感なし。これを聴いて、いかにこのバンドがこの人のワンマンバンドなのかということに気づいた。アルバムもライヴもびっしりと音の壁を築いて構築しているけど、素はこの人のギターとメロディアスな唄だけだということ。アソビ・セクスもそうだったけど、こういうシューゲイザー・バンドがアクースティック・アルバムを作ると意外に曲のよさが引き立ったりするよね。TPOBPAHのアクースティック・アルバム、いつか聴いてみたいな。

アンコール2曲目からメンバー全員が再登場。3曲目、彼らの曲の中で唯一ギターソロのある「Everything With You」でソロを弾くのはやっぱりキップ。うん、ワンマンバンドだね。最後にアルバム『Belong』の最終曲「Strange」で締め、終了後に続いていたフィードバックノイズがぶつっと途切れたところでおしまい。アンコール込みできっちり1時間。アルコール度8%のチューハイみたいにきりっとすっきりしたライヴだった。

日本公演直前のオーストラリア・ツアーや、その前のヨーロッパ・ツアーのセットリストを見ても、だいたい本編10曲程度、アンコールも演ってなかったりしたようなので、本編12曲+アンコール4曲というこの日のライヴは、短かったとはいえ彼らの基準から見ると長いライヴだったのかも。

物販でサイン入りCDとかポスターとか売ってたけど、とてつもない人ごみで近づく気にもなれず(おまけに、クアトロの物販って喫煙所のすぐ隣にあるから、いくら扉付きの喫煙所でも煙がもれてくるから長時間立ってたくないんだよ)。

外に出ると、雪が降り出していた。遅めの晩飯を求めて渋谷の街をさまよっていると、どんどん大粒のボタ雪に変わっていく。楽しい。最近ライヴの後に雪の中を歩くことが多いね。次のライヴはもう3月だからきっともう少し暖かくなっているはず。


Setlist 17 February 2012 @ Shibuya Club Quattro

1. This Love Is Fucking Right!
2. Belong
3. Higher Than The Stars
4. The Tenure Itch
5. Heart In Your Heartbreak
6. Say No To Love
7. Falling Over
8. Come Saturday
9. Young Adult Friction
10. A Teenager In Love
11. Heaven's Gonna Happen Now
12. The Pains of Being Pure at Heart

[Encore]
1. Contender
2. My Terrible Friend
3. Everything With You
4. Strange


posted by . at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

2011年個人的ベストアルバム

本当ならこの週末はメタル・ボックス・イン・ダブのライヴに出かけて、今年に入って連続6つ目のライヴレポートを書いているはずだったのが、直前になってまさかのキース・レヴィン入国不可。楽しみにしてたのになあ。「中止」でなく「延期」ということだから、とりあえず新しい日程が決まるまで、払い戻しはしないでおこう。

そういうわけで、今日は延び延びになっている2011年のベストアルバム記事を書いてしまおう。2月にもなって去年のベストアルバムもあったもんじゃないけど、まあ一応けじめということで。まずは、例年どおり去年一年間で買ったものの集計から。

フォーマット   枚数   対前年
CD         286枚    +61枚
CDシングル     9枚     -2枚
CD+DVD(BD)   8枚     -8枚
DVD/BD       1枚     -4枚
ダウンロード     0枚     -1枚
LP           6枚    -21枚
シングル       5枚     -3枚
ボックスセット    4箱     -1箱


せっかく2010年に300枚切ったのに、去年はトータル319枚。内訳を見てみると、前年より20枚増えたのは全部CDアルバムのせいで、それ以外のフォーマットはすべて減っている。なかでも、おまけDVD付きのCDや、DVD/BDがごっそり減っている。なにしろ部屋に座って映像をゆっくり観ている時間がほとんど取れなくて、数年前に買ってそのままになっているのが沢山あるから、おのずとそういうのは買い控えている。世の中のCD店がどんどんDVD店化しているのとは完全に逆行しているね。

同じ理由で、LPの枚数もごっそり減ったなあ。部屋に座ってレコードをターンテーブルに乗せて、なんていう時間がなかなか取れない。余裕のない生活してるよな。

総枚数が増えたかわりに、一枚当たりの平均単価はぐんと下げたよ。平均1067円は僕がレコードやCDを買い始めた1979年以来の最安値。ここのところ数年間なかなか1200円台を下回れなかったのを、一気に200円近く下げられたのは、やはりこまめに3ケタ円CDを買い続けた成果だろう。

と、例によって誰のためにもならない自画自賛はこれぐらいにして、本題の2011年ベストアルバム選出に移ろう。去年の年末に友達の家に集まって年間ベスト発表会を催したときの僕のセレクションとは、10枚のうち2枚が入れ替わっている。年末ぎりぎりに買って、苦慮の挙句に差し替えたものだ。あのとき集まった友達以外にはどうでもいい話だけど(あのとき集まった友達にとってもどうでもいい話だけど)。


<第十位>
Hauschka 『Salon Des Amateurs』
Salon Des Amateurs.jpg

去年の5月に買ってすぐに気に入り、それ以来いつブログに書こうかとあれこれ文章を考え続けて早や9か月。結局このベストアルバム記事で初登場ということになってしまった(僕のパソコンのデスクトップで9か月間ずっと出番を待っていたこのジャケ写がようやく日の目を見ることができた)。

この細密画のようなジャケットに惹かれたのが、CDでなくわざわざLPを取り寄せた一番の理由。そして、このジャケットに包まれた音が、まさにこの繊細なイラストレーションを体現している。最近の僕が普段聴いている音楽や、このあと出てくる9枚のアルバムと比べるとかなり異色だが、このプリペアドピアノを中心に複雑に構築されたぎこちないダンス・ミュージックは、むかし中学生の頃にニューウェーヴやオルタナティヴと当時呼ばれた類の音楽を初めて聴いて、どこか知らない土地に連れて行かれたような気持ちになったことを久しぶりに思い起こさせてくれた。


<第九位>
Matt The Electrician 『Accidental Thief』
Accidental Thief.jpg

去年10月のライヴで初めて聴いたこの人。ジム・ボジア目当てで出かけたそのライヴに出演していた4人の中ではなんだか一番ミュージシャンらしからぬ風貌で(名前も“電気屋”だし)、最初はほぼノーチェックだったんだけど、その柔らかい歌声とすっとメロディの立った曲に惹かれて数日後に訪れたカフェ・ゴーティで試しに1枚買ってみたのをきっかけに、その後こつこつと旧譜を買い足して(最後はゴーティのセールで一気に大人買いで)、あれから約3か月後の今ではもうほとんど全部のアルバムが手元に揃ってしまった。僕にとってはある意味2011年という年を代表するアーティストの一人になった。

なんだかちょっと手に取るのを敬遠してしまうヘンテコなジャケからはちょっと想像つかない、(ひと昔前のお洒落なサーフミュージックみたいなのとは一線を画す)あくまでも朴訥としたオーガニックな音が心地良い。また生で観てみたいよ。今年も来日してくれないかな。


<第八位>
The Sonic Executive Sessions 『2011』
Sonic Executive sessions 2011.jpg

上にリンクを貼った昨年末の発表会で半数のメンバーに選出され、見事うちの仲間の2011年ベストアルバムの座を獲得したのがこのアルバム。もともとオリジナルは2010年に発表されていたようで、ネット上でもよく見かけるジャケ写は2011でなく2010と書いてあるものが多いんだけど、アカペラバージョンなどボーナストラック満載の日本盤が出たのは去年なのでOK。それにしても個人的には去年のかなり早い時期に買ってずいぶん聴き込んでいるので、このアルバムがわずか1年前のものだというのはちょっと信じられない感じだけど。


<第七位>
Ron Sexsmith 『Long Player Late Bloomer』
Long Player Late Bloomer.jpg

続いてこれも、昨年末の発表会で3名に選ばれた、うちの仲間の2011年第二位作品。デビュー作は聴いたけどその後のアルバムはしっくりこなかったという僕みたいなにわかファンにとっては、このタイトルは実にしっくりくる。今まで素通りしてきた過去盤(それでも一応チェックはしているのでジャケットにはすべて見覚えあるけど)を全部今から入手しようという気にはならないものの、こんなに優れた曲の詰まった作品を作ってくれるなら、これからはもう少しきちんと注目していこうと思った。まあ、これでまた来日なんてことになったら、その予習のために慌てて旧譜の中古を探しまくるんだろうけどね。


<第六位>
David Mead 『Dudes』
Dudes.jpg

友達に勧められて聴いた前作『Almost & Always』のなんとなくゴシックな雰囲気のジャケットのイメージをずっとこの人には持っていたんだけど、お正月のテレビ番組で何度も見かけたザキヤマみたいな風貌のこのジャケに完全にイメージ持っていかれてしまった。

なんてくだらない話はさておき、年末ぎりぎりに入手したこのアルバムはかなりの拾い物だった。静かなイントロで始まる冒頭の「I Can't Wait」の芳醇なメロディーで聴き手を掴んでおいて、あとは見事なまでに様々なタイプの(でも決してとっ散らかった印象はない)佳曲の数々を繰り出してくる。ちょっとラテンっぽい小曲「Knee-Jerk Reaction」であっさりアルバムが終わるときにはいつも「あれ?もう終わりか。もう一回聴こう」と思わせられる。


<第五位>
Fountains Of Wayne 『Sky Full Of Holes』
Sky Full Of Holes.jpg

2007年版の個人的ベストアルバム記事に前作『Traffic And Weather』を選出したファウンテンズ・オヴ・ウェイン、4年振りのこの新作も奇しくもそのときと同じ第五位というポジションになった。そして、今作を聴いての僕の感想も4年前と同じく、一般的な意味でのパワーポップ・アルバムとしての完成度は、今回これより上位にたくさん登場する他のパワーポップ・アルバムには全く負けていないということ。

そして、そのときの記事では一足違いで来日公演が観られなかったことを悔やんでいるけれど、今回違うのは、来月ようやくライヴを観られるということ。2年前のティンテッド・ウィンドウズの来日ついでに行われたアクースティック・ライヴには行けなかったから、これが僕にとって初のファウンテンズのライヴ。楽しみ。


<第四位>
The Leisure Society 『Into The Murky Water』
into the murky water.jpg

最初はグレン・ティルブルック目当てで買ったMOJOのビートルズのカバーアルバムで知ったこのバンド、そのときの記事に僕は「キンコンと可愛い音の鳴る打楽器と、ストリングスとウクレレで奏でられるイントロを聴いただけで、これが掘り出し物だというのはすぐにわかる」と書いている。あれから2年強、ファーストアルバムとそれ以前のEPがセットで再発された2枚組LPと、ここに写真を載せた親指のところに切り込みのあるセカンドアルバムと、切り込みのないUK盤にアウトテイク集のボーナスディスクを付けたセカンドと、盤の枚数で数えると合計5枚のこの人たちのディスクが僕の家には揃っているほどお馴染みのバンドに成長してしまった(付け加えて言うなら、先着特典で戴いた「This Phantom Life」のサイン入りシングル盤もある)。

去年の暮に運よくロンドンで観ることのできたライヴがよかったというのもあるけど、決してそれだけが理由でこのアルバムをこの高位置に置いたわけじゃない。キンコンと可愛い音の鳴る打楽器とストリングスとウクレレはそのままに、メジャーなポップ・フィールドでも十分に太刀打ちできるだけのクオリティの曲を満載したアルバムを出してきたこのバンド、そのうち大化けするよ。


<第三位>
David Myhr 『Soundshine』
Soundshine-Cover-800x800@72-RGB.jpg

ライヴといえば、これも運よくつい最近すごくよかったライヴを観ることができたこの人。ライヴ記事に紛れてそのときほとんど買ったばかりだったこのアルバムのことも書いてあるね。その、アルバム以上にビンビンと声の響いた彼のパフォーマンスがこの高位置ゲットに影響したかと言われたら確かにそうかもしれないけれど、そんなのはたいした問題じゃない。これを読んでこのアルバムを聴いてみようと思ってくれる人が少しでもいたら、きっとそう遠くないうちにあるだろう彼の次の来日公演に足を運んでみてほしい。僕が書いたことの意味がわかるから。


<第二位>
The Wellingtons 『In Transit』
In Transit.jpg

去年結局2つしか書けなかった“アルバム”カテゴリーの記事のひとつ(もう一つはスクリッティ・ポリッティのベスト盤)に、さっきのファウンテンズ・オヴ・ウェインと一緒に取り上げたのがこのアルバム。その後、単独パワーポップ・アカデミーと、2度もライヴを観ることができた。なんかライヴ観て盛り上がったのばかりを上位に持ってきてるんじゃないかと思われるかもしれないけど、そんな風に勘ぐる人がいればまず聴いてみればいい。全13曲、捨て曲なしとはこういうアルバムのことを言う。


<第一位>
Radical Face 『The Family Tree: The Roots』
Family Tree The Roots.jpg

この上までの9枚のアルバム、あれだけべた褒めしておいて今さらなんだと言われるかもしれないけど、正直言って去年はほとんど年末近くまで、ダントツでいいと思えるアルバムがないなと思っていた。たとえば2010年のタマス・ウェルズやロッキー・エリクソン、2009年ならグレン・ティルブルックのような。それも、10月に発売されたこのアルバムを聴くまでの話。ラディカル・フェイスは前作『Ghost』も気に入って聴いてはいたけれど、この新作はそれと比べても、そして2011年に僕が聴いたあらゆるアルバムと比べても、あきらかに別格。このアルバムについてはじっくりと長文を書きたかったな。

ノースコート家という架空の家族の壮大な物語を描いた三部作の序章となる今作は、そこで描かれている1800年代に使われていた楽器のみを使って制作されているせいもあって、実にシンプルな音作りだ。ピアノ、アクースティック・ギター、フロアタム、それだけ。あとはラディカル・フェイスことベン・クーパーの声だけ。それら限定された楽器と声が、三拍子を基調とした様々な曲を奏でている。重い。けれど、あくまでも美しい音楽。この三部作がこれからどう展開していくのかまだわからないけれど、少なくともこの物語の幕開けに立ち会うことができたというだけで、僕は2011年という年に300枚以上ものディスクを買ってこのアルバムに辿り着いた価値があった。


以上が昨年の僕の10枚。2010年はアメリカ、アイスランド、カナダ、スウェーデン、オーストラリアというセレクションだったけれど、今回もそれに負けずドイツ、アメリカ、UK、スウェーデン、オーストラリアと5か国産のバラエティに富んだ選定になった。意識してそうしたわけじゃないんだけどな。
posted by . at 13:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。